労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

アーヤと魔女 原作の物語を知っていて当たり前で作られているんだろうか…この映画は…、やから正直よくわからんかってんけど…。

2021-09-24 | いい映画観てますか?(アニメ)

【🎦30】今読んでいる長編小説が、残り90ページで、通勤の行き帰りに居眠りしないと120ページは読んでしまうので、中途半端やと思って、それは部屋で読むとして、違う本を持って出たら、なんと既読の本やったという衝撃😭

 思いのままにできる子供の家で生活していた身寄りのない少女アーヤ。ある日、ベラ・ヤーガという青髪の女とマンドレークという名の怪しい雰囲気の長身男が現れ、アーヤは彼らの家に引き取られる。家に迎えたのは魔女である自分の助手にしたかったからと語るベラ・ヤーガに対し、アーヤは魔法を教えてもらうことを条件に助手として働き始めるが、一向に魔法を教えてもらえず怒りを覚える。そんな中、彼女は魔法の秘密を知る黒猫トーマスと出会う。

 イギリスの作家ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジー小説「アーヤと魔女」(Earwig y la bruja / Earwig and the Witch)を原作にしたスタジオジブリの3DCGアニメ、身寄りのない少女アーヤが、魔法を教えてもらうことを条件に魔女の助手になるという映画。


 身寄りのない子供の家で暮らしていた少女が、せっかく家庭に引き取られたと思ったら、そこでは、虐待を受け、酷使されるという、まるで少女残酷物語みたいな設定で「❓❓❓」。
しかしこのヒロインのアーヤが、そんな環境の中で、どこまでも強気でしたたかで負けず嫌いなのが実に頼もしく、持ち前のポジティブさや狡賢さを存分に発揮し、次々と逆境をはねのけていく姿がとても痛快。
いや、逆境やと思っていたそんな境遇を、いつの間にやらしたたかにその上手を行ってしまって、「主導権どっち?」ってなるのが救い!


 辛辣なブラック・ユーモアを盛り込んだ軽妙な語り口は面白い。
ただ、ジブリ映画では初となる3Dアニメの完成度は高いのだが、ただただよく出来ただけの3Dであったってこともあって、ジブリらしい暖かみがスポイルされていることが残念だ。
猫の毛の濡れた質感など3Dのメリットはあるんだが、リアルであったらそれでいいというわけではない気がするからな。

 見終わって、実はさっぱりお話が解らなくて…。
原作の物語を知っていて当たり前で作られているんだろうか…この映画は…、やから正直よくわからんかってんけど…。



コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

竜とそばかすの姫 高知ってことでサイバースペース「U」でも鯨が悠然と泳いでいる!鰹のたたきも大活躍(笑)

2021-08-06 | いい映画観てますか?(アニメ)

【🎦20】 高知の田舎町で父と暮らす17歳の女子高生・すずは周囲に心を閉ざし、一人で曲を作ることだけが心のよりどころとなっていた。ある日、彼女は全世界で50億人以上が集うインターネット空間の仮想世界「U」と出会い、ベルというアバターで参加する。幼いころに母を亡くして以来、すずは歌うことができなくなっていたが、Uでは自然に歌うことができた。Uで自作の歌を披露し注目を浴びるベルの前に、ある時竜の姿をした謎の存在が現れる。

 細田守が監督を務めたアニメーション、“もうひとつの現実”と呼ばれる巨大インターネット空間の仮想世界を舞台に、心に傷を抱え自分を見失った17歳の女子高生が、未知の存在との遭遇を通して成長していくという映画。
ネットのサイバー空間がテーマというのと、主人公のアバターの顔がちょっと好きでなかったので、観に行かないつもりでいたが、舞台が高知だと言うことを知って、俄然、鑑賞する気満々に!


 主人公すずが、→Bell→Belleとサイバースペース「U」でのアバター名が変化していることで示す通り、ディズニー映画「美女と野獣」のオマージュであることは明らか。
竜のお城の造形なんて、まんま美女と野獣。


 しかし、細田守監督の味付けは、二番煎じと感じさせることなく、リスペクト感とオリジナル感はほどよいバランスで表現。
しかも美女と野獣で語られたテーマについて、作品全体でしっかりと押さえているところも憎い。


 「デジモン ぼくらのウォーゲーム!」「サマーウォーズ」と、約10年ごとにヴァーチャルな電脳世界を描いてきた細田守監督だが、今作でも時代や世相に合わせて、ばっちりと核心を突いてきた。


 なんと言っても、見事なまでの音楽劇。
ミュージカルではないが、中村佳穂が歌い上げる劇中歌のメロディ・編曲・歌唱力が素晴らしく、説得力もあって、この音楽があって成立するこの物語だ。


 舞台は高知、母の実家があり、物心つく頃から小六までは夏休みいっぱい過ごしていた街。
中学の頃は冬休みにお年玉集めのために、16歳以降は波乗りをするために通っている高知。
主人公すずが通学時に渡る沈下橋のモデルは仁淀川にかかる浅尾沈下橋(西の谷第二バス停そばの沈下橋は名越屋沈下橋だが、主人公の住む対岸の風景は浅尾沈下橋)、普段利用しているバス停は県交北部交通(とさでん交通の子会社)の西の谷第二バス停、鉄道駅はJR伊野駅。


 学校帰りに歩いているのは鏡川の山之内神社の対岸、総合運動場のあたり。
この柳原橋と上流にある月の背橋の間に公園とプールがあってよく遊んだ。(叔母の住んでた団地の近く)
さらにもうひとつ上流にある新月橋の南詰めに祖父母のアパートがあって、その前の鏡川で毎日泳いでいた。


 で、高知ってことでサイバースペース「U」でも鯨が悠然と泳いでいる!
鰹のたたきも大活躍(笑)

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画 えんとつ町のプペル 信じる勇気が、未来を変える。

2021-01-06 | いい映画観てますか?(アニメ)

【🎦42 うち試写会2】【6 💪部屋4-4 SitUp BicycleCrunch TrunkTwist5kg BallLegRaize Plank】2020年、最後に観た映画。

 煙に覆われたえんとつ町で暮らす人々は空を見たことがなく、ましてや空には輝く星があるなどと信じる者は誰もいなかった。だが、えんとつ掃除人の少年ルビッチだけは父親の教えを信じ、空を見上げては、煙の向こうにはきっと星があるはずだと思っていた。町の住人たちはそんなルビッチを笑い者にし、一人ぼっちになってしまった彼が出会ったのは、ゴミ人間プペルだった。

 お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣が手掛けた絵本、「えんとつ町のプペル」を原作にした劇場版アニメーション、煙に覆われた町を舞台に、えんとつ掃除人の少年と、ゴミから誕生したゴミ人間の冒険を描き出すという映画。


 ダイナミックにゴミ人間プペルが誕生したと思ったら、なぜか子供達のハロウィンダンスに混じって、キレッキレで踊り出す、ってなオープニングで開いた口がふさがらなくなったが…。
「はぁ?」ってなのはそこまでで淡々とストーリーが展開し出すのかと思いきや、次はルビッチによるプペルの救出劇がこれまた大騒ぎで…と、いったいぜんたいどんな話しやねんっ💢



 いやいや、環境汚染と独裁国家という今時な問題を抱えた不思議な場所で起きるファンタジックな物語のようだ。
ジブリのようでジブリでない独創的な絵で、ダイナミックかつ躍動感にあふれたアニメーション、そして重層的な風景描写による独特な世界観。
繁華街が、なんとも道頓堀ちっくで吉祥寺っぽくもあるどっかでみた景色。


 信じる勇気が、未来を変える。

「あの煙の向こう側を誰か見たのかよっ! 誰も見てないだろっ!? だったら、まだ分かんないじゃないかっ!」
「黒い煙のその先に、お前が光を信じたのなら、行動しろ。常識に屈するな。信じ抜くんだ、たとえ一人になっても。」

 なんといっても俳優中心のボイスキャストが適材適所で、声優の手法とは違ったリアルな演技で、違和感なくお話しに入り込める。
ルビッチを演じた芦田愛菜ちゃんの子供らしくはつらつとしつつ彼のもつ悲しみをもにじみ出す演技は素晴らしいし、また、抜け感が心地よい窪田正孝の好演と立川志の輔による終盤の口上がさすがや、聞き惚れた~。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トロールズ ミュージック★パワー 人種や国境の垣根を超えた多様性の尊重こそが大きなテーマ、お話しは意外と深い。

2020-12-18 | いい映画観てますか?(アニメ)

【🎦40 うち試写会2】 歌と踊りとハグが大好きな妖精トロールズが暮らすポップ村で、元気いっぱいなみんなの女王として日々を過ごすポピー。実はトロールズの村はかつて王国として繁栄していたが、音楽のジャンルごとに6つに分裂した過去があった。自分たちとは違うジャンルの歌や踊るをするトロールズがいることに興味を抱いたポピーだったが、ロック村の女王バーブが、ほかの村を乗っ取ろうとしていることを知る。ポピーは世界を守るために仲間とともに旅に出るが……。

 ドリームワークスアニメーションによる2017年に日本でビデオスルーされた『トロールズ』の続編アニメ、トロールズが、村の乗っ取りを阻止しようと立ち上がる。


 トロールズの種族が実はポップ、テクノ、ファンク、クラシックカントリー、ロック(マイノリティとして、ヨーデル、レゲエ、スムースジャズ 、K-POPなどもあり!)など幾つもの音楽ジャンルで分かれており、その中のロック・トロールズが全ての種族を支配してロック色に染めようとする…。
人種問題を、音楽ジャンルとして捉え、人種や国境の垣根を超えた多様性の尊重こそが大きなテーマ、お話しは意外と深い。
ポップでキュートでカラフルなトロールたちが、多彩な音楽を通じて我々に必要なのはハーモニー(調和)だと教えてくれる。


 しかし、有名楽曲のカバー、アレンジ、マッシュアップで畳みかけるセットリストで、とにかく飽きさせない! 
声優には、唄うキャラのところには、アナ・ケンドリック、ジャスティン・ティンバーレイク、レイチェル・ブルーム、ジェームズ・コーデン、ケリー・クラークソン、アンダーソン・パーク、ジョージ・クリントン、メアリー・J. ブライジ、J.バルヴィン、グスターボ・ドゥダメル、オジー・オズボーン、ズーイー・デシャネル、そしてKポップ・ギャングには韓国の5人組女性アイドルグループ「レッド・ベルベット」を配置、音楽映画としてほんまもの。
自分自身が、「あなたのIpod、脈略なくジャンル問わずなんでもかんでも入っていておかしい」と友人全員に昔から呆れられているからか、こんなセットリストに感涙だ!🤣
安心して親子で楽しんでください🎶

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

STAND BY ME ドラえもん 2 「TENETっかっ!?」ってのはちょっとオーバーか(笑)

2020-11-25 | いい映画観てますか?(アニメ)

【🎦36 うち試写会2】観に行く気はなかったのに、テレビでの前作放映をうっかり見てしまって、その勢いで観に行ってしまった。

 のび太は、幼稚園のころに他界したおばあちゃんが繕ってくれた、くまのぬいぐるみを見つける。大好きだったおばあちゃんを思い出したのび太は、タイムマシンを使って再会したいと考え、様子を見たらすぐに帰るとドラえもんを説得して3歳だったころの過去に戻る。のび太は陰から様子をうかがっていたが、おばあちゃんに見つかってしまう。

 3DCGアニメ『STAND BY ME ドラえもん』のシリーズ第2弾、原作コミックの一編「おばあちゃんのおもいで」を基に、タイムマシンで過去に戻ったのび太と、亡くなった祖母の再会を描くというCGアニメ。
「のび太の結婚前夜」を描いた前作から6年後、いよいよのび太としずかちゃんの結婚式当日を描くのだが、そこはやはりのび太、とっても複雑な大事件に発展してしまう。


 「TENETっかっ!?」ってな具合に(ちょっとオーバーか)入り組んだ時間移動やし、おなじみの道具もそうなるのかと感心させられるし、けっこう地味な道具が重要なアイテムになるし、そしてたくさんの伏線は綺麗に回収されるし、ってことで、とても良くできた物語になっているのはさすが。


 ただ、ツッコミどころが満載なのはしかたないか~。
「現在」ののび太は10歳、この時代設定は昭和60年頃な感じで描かれているが、3歳の頃は、どう見ても昭和40年前後くらいの感じにしか見えないし、のび太25歳は22世紀かって、21世紀の現代を遥かに通り越してのめっちゃ未来都市、夢があるっていえばそうやねんけど、現在過去未来とメリハリはあるけど。
もっとも気になったのは、理不尽ないじめや暴力が満載に描かれているところ、それはジャイアンのことだけではなくって…。
その他、山盛りツッコミどころがあるが(そもそも、ドラえもんが街を歩いていてもみんな普通に受け入れているってとこが根本的なツッコミどころ)、それはまあ見ないふりをするとして、とにかくやっぱりしずかちゃんは「神」や!
大人ののび太の声は妻夫木聡なんやね。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

アダムス・ファミリー  まさかアダムスファミリーが、多様性の時代に相応しい共存をテーマとして示してくれるとは(笑)

2020-10-13 | いい映画観てますか?(アニメ)

【🎦27 うち試写会1】 モンスターのカップル、ゴメズとモーティシアは人里離れた山の中で結婚式を挙げる。だが、突然人間たちに襲われ、故郷を追われた彼らは丘の上に建つボロボロの屋敷にたどり着く。月日は流れ、ゴメズとモーティシア夫妻の間にはウェンズデーとパグズリーという2人の子供も生まれ、家族4人と執事のラーチは穏やかな日々を送っていた。

 『アダムス・ファミリー』シリーズで知られる、チャールズ・アダムズの一コマ漫画を原作に描く劇場版アニメーション、丘の上の屋敷で暮らすモンスター一家の、一風変わった日常を映し出すという映画。
たたらったら~ん、これって好きやった~って喜び勇んでの鑑賞やったが、あれ?こんなお話しやったっけ?


 あのアダムス一家が、現代社会で暮らしていたらどうなるか…、やはり周囲の人々の異物を排除しようとする力は強くなるのだろうか…。
ドナルド・トランプを意識した差別主義者がいて、SNSを使った偽情報でさらに煽ろうとする人物がいて、ってアメリカのアニメとしてはとっても現在的な問題だ。


 そんな社会背景に、我らがアダムスファミリーを、がちで絡ましていくから、彼らのせっかくのダークなパワーが、受動的になってしまっていたことが残念、もっとブッ飛んだことをやってもいいはずやったのに。
とは言いながら、多様性の時代に相応しい共存のテーマを子どもたりにも分かりやすく説いたストーリーは、とってもよかったんやけどな😀

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

天気の子 確かに前作のような、一般受けするような作品にはなっていないな

2019-08-21 | いい映画観てますか?(アニメ)

【22 試写会4】【21 N10-55 VerticalChestPressM61kg PeckFryM34kg DertoidM24kg OverHeadPressM46kg Situp】 土曜に作った牛すじカレー、【日】火を入れ⇒冷蔵庫に入れ⇒【月】火を入れ食べて⇒冷蔵庫に入れ⇒【火】火を入れ食べて⇒そのままコンロに放置して出勤、冷蔵庫に入れ忘れた。
昨日帰って見てみたら大丈夫そうやったけど、不安やからFacebookでみんなの意見を聞いてみたら、総合的には「ジャガイモが入っていたらアウトっ!🙅‍♀️」とのこと。
泣く泣く捨てた~🤣

高校1年生の夏、帆高は離島から逃げ出して東京に行くが、暮らしに困ってうさんくさいオカルト雑誌のライターの仕事を見つける。雨が降り続くある日、帆高は弟と二人で生活している陽菜という不思議な能力を持つ少女と出会う。

 新海誠監督が、「君の名は。」以来およそ3年ぶりに発表したアニメーション、天候のバランスが次第に崩れていく現代を舞台に、自らの生き方を選択する少年と少女を映し出すという映画。
爆発的ヒットした前作と違って、今作では、本来の新海ワールドにこだわると言っておられたそうで、確かに前作のような、一般受けするような作品にはなっていないなと感じた。
世界観に素直に入り込めなかったり、そうとう世俗的風刺的要素も多く、一般人への外連味のない仕上がりだ。


 しかし「君の名は。」以上にすばらしい映像と作画、背景美術、特にほんと圧倒的な風景描写!
より高度となった、RADWIMPSの織りなす楽曲と映像とのクロスオーバー!
魅了させられる作品であることは間違いない。


 ただ主人公穂高の行動と感情に賛否は両論だろうし、そして物語の仕上がりとして「どうよ」「?」「怒」ってな人も多いのだろうとは想像に難くない。
自分的には「あり!」やったけど、でも、面倒くさいから、観た人と感想の議論はしたくない感じや。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

トイ・ストーリー4 ほんと奥深いぞ~っ、オモチャ!

2019-07-23 | いい映画観てますか?(アニメ)

【20 試写会4】孫1号はミューツーが観たかったようで、長女もミューツーに連れて行って貰っいたかったようだが、じいじはこっちがいい!

 ある日ボニーは、幼稚園の工作で作ったお手製のオモチャのフォーキーを家に持って帰る。カウボーイ人形のウッディが、オモチャの仲間たちにフォーキーを現在のボニーの一番のお気に入りだと紹介。だが、自分をゴミだと思ってしまったフォーキーはゴミ箱が似合いの場所だと部屋から逃亡し、ウッディは後を追い掛ける。

 人間とオモチャの物語を描き大ヒットした「トイ・ストーリー」シリーズ第4弾、外の世界へ飛び出したオモチャのフォーキーとウッディたちの冒険を描くというアニメ映画。
子供に愛されることだけがオモチャの幸せだと信じていたウッディ、これまでのトイ・ストーリーはそこがテーマだったが、今回のは今までとはちょっと違う!


 ボニーが、使い捨ての先割れスプーンなどを使って、幼稚園の工作で作ったお手製のオモチャのフォーキー。
ボニーの一番のお気に入りのおもちゃになったのに、彼のアイデンティティはゴミなままなんで、とにかくゴミ箱に帰りたがる。
そんなフォーキーのせいで、ウッディが思いもけずに巻き込まれた冒険の旅を通じて、彼がこれまで信じてきた価値観が試される。


 ウッディは、人生には(オモチャ生?)幾つもの選択肢があること、自分とは異なる価値観があることに気付き、そしてオモチャにとって様々な幸せの形があることにも気付く。
そして、彼はどう選択するのかって、ほんと奥深いぞ~っ、オモチャ!
孫1号はフォーキー一推しやったが、しかしじいじはデューク・カブーンが最高やった!!

  
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

きみと、波にのれたら  波乗りがテーマではなくて「波に乗る」を描くアニメ映画やった😅

2019-06-24 | いい映画観てますか?(アニメ)

【18 試写会4】今朝、仕事始めたらいきなり地震、そしてBSで放映されるWCTバリの試合を録画したくて大急ぎで(トレーニング断念して)帰ってきたとたんの緊急地震速報、焦るわ~、たいしたことなくてよかったよ!

 大学入学と同時に引っ越してきた向水ひな子は、サーフィンが大好きで波乗りは得意だが、将来が不安だった。ある日ひな子は、火事騒ぎで消防士の雛罌粟港と出会い、波乗り初心者の彼とサーフィンを楽しむうちに、恋に落ちるものの、その彼が不慮の出来事であえなく死亡。生きる目的も気力も失ったヒロインだったが、ある時ふと2人の想い出のメロディを口ずさむと、そのたびに彼の姿が水の中に現れるようになる。

 湯浅政明が監督を務めた長編アニメ、サーフィンが大好きな女子大生と消防士の青年の恋を描くという映画。
前半で展開される、ややもすればバカップルなリア充感満載のラブストーリーは賛否あるかもしれないが、もともとサーフィンが大好きだったひな子が、彼の死によって心に受けた傷によって、波に乗ることができなくなってしまう、そんなひな子の悲しみと、立ち上がっていく姿を描いている。


 波乗りのアニメ映画かと思っていたが、波乗りはモチーフであって、波に乗れたらイコールSurfingを主題にした映画ではなかった。
というより、いわば人生を上手く生きていくということのメタファーでもある「波に乗る」ということを、「上手く波に乗れない」「波に乗った」などのエピソードを散りばめながら、主人公であるひな子が、どう自分の力で波の上に立とう、波に乗るのかを描いていた。
なんでも器用にこなし、消防士として立派に活躍している港、一方で、しっかりしているように見えて、様々なことに不器用な女性で、将来の夢も見つけられていないひな子や、世間との折り合いが付けられない港の妹、消防士という職業を選んだことを後悔している港の後輩わさび。
港は自分の人生の波に乗るために奮闘していたことを知ったひな子は、何でもこなす港が、スーパーマンのように優れた存在ではなく、じつはもともとは自分とそれほど変わらなかったということに気づいていく…。


 波乗りに関して言うと、一生懸命に波乗りを勉強してくれて、出来る限りのリアリティを出そうと頑張ってくれたとの敬意は表す。
しかしながら、波乗り初めて半年の港が、エアリバースを、しかもロングボードで決めてしまうってのは…ない…😱
ってか、映画冒頭のひな子のライディングって、10点満点で15点くらい出そうな完璧すぎる波乗り、ありえな~~~~いっっ💦
不案内ながら、銚子市やオリンピック会場となる釣ヶ崎海岸(志田下のことやんね?)、千葉ポートタワーなど千葉県に実在する場所が舞台のモデルとして使用されているし、初めて波乗りする港の練習場所に、「波が小さいところ」としてわざわざアクアラインを渡って茅ヶ崎のサザンビーチまでやってきてた。
波乗りにリスペクトしてくれているが、しかしきっと誰も波乗りはやったことがないねんな~、クライマックスでは、サーファーは抱腹絶倒間違いなし!爆

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リズと青い鳥 試写会でないと絶対に観なかったが、いい映画だった

2018-04-17 | いい映画観てますか?(アニメ)

【12 うち試写会2】今日から金曜まで,岩手県花巻でお仕事~( ̄。 ̄;)

 北宇治高等学校吹奏楽部所属の鎧塚みぞれと傘木希美は、それぞれオーボエとフルートを担当する親友同士。高校3年生の二人にとって最後の出場となるコンクールで選ばれた自由曲「リズと青い鳥」には、オーボエとフルート掛け合いのソロパートがあった。希美はその曲が自分たちのようだと無邪気に話していたが……。


『映画 「聲の形」』などの山田尚子が監督を務め、武田綾乃の青春小説「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏学部、波乱の第二楽章」をアニメーション化、高校最後の年を迎えた2人の少女が過ごす日々を映し出すという映画。
試写会にて鑑賞、まったく予備知識なく、そして展開の遅さと何を描こうとしているのかまったく理解不能で、実は、途中で席を立とうかと思ったほどだったが、見終わった後の感想としては「いい映画を観た」ということだった。


 童話「リズと青い鳥」の話に重ねて、希美とみぞれ二人の岐路を切なさと儚げさな雰囲気で描きつつ前向きな気持ちにさせてくれる展開。
とても丁寧な描写、物語性はないが、仲の良い友達とずっと一緒にいたいという気持ちが、ほんとにきめ細かく描かれていた。
試写会でないと絶対に観なかったが、いい映画だった。

    

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ボス・ベイビー しかしほんまに憎らしいガキやねん…

2018-04-16 | いい映画観てますか?(アニメ)

【11 うち試写会1】今朝は絶対に波が良かったのに、アラームセットし忘れて寝坊…(゜◇゜)ガーン

 両親に愛され、幸せな毎日を送っていた7歳の男の子ティム。ある日突然、彼のもとに弟だという赤ちゃんがやってくるが、黒いスーツとサングラス姿で手にはブリーフケースを持っていた。困惑するティムを尻目に、両親は赤ちゃんに絵本を読んだり、ハグをしたりと言いなりだった。やがてティムは、弟がベイビー株式会社の社員で、世界の愛情の比率が赤ちゃんより子犬に傾く中、発表される予定の新種の子犬の正体をつかむよう命じられていることを知る。


 「怪盗グルー」シリーズなどのユニバーサルスタジオと、「シュレック」シリーズなどのドリームワークスアニメーションが組んだコメディー、大人並みの知能を誇る赤ちゃんが巻き起こす騒動を描くというアニメ映画。
一見、荒唐無稽な設定に見えるが、弟ができた兄の成長物語という普遍的な設定。
両親の愛をひとりじめしてきた少年ティムは、自分の下に生まれた赤ちゃんに嫉妬を感じている、と書けば、よくある話しになるのだけど、その弟が一筋縄ではいかないボス・ベイビー。


 「愛はシェアできない、愛は全部にいきわたるほどない」と語るボス・ベイビー。
お兄ちゃん・お姉ちゃんは、弟や妹が産まれると、今まで独り占めしていた親や周囲の愛の方向の変化に敏感で、時には赤ちゃん返りも起こす。
うちの長女の方の孫1号も、昨年末に次女が産んだ孫2号が実家にやってきた際、「何かがおかしい…」と感じ入ったようで、明らかに従妹にヤキモチを焼いていたが(笑)
ボス・ベイビーのミッションは、赤ちゃんが永遠に世界で一番かわいい存在で、誰よりも愛を受けられるよう、 永遠に子犬のままでいる新種の犬を破壊することなのだ!
 

 「子供にしか見えない世界が真実」というシニカルなテーマ
映画もティムの視点と、彼が描く想像の冒険世界とで描かれるが、その映像表現の自由さ奔放さは、子供の想像力のまんま。
その映像が、子供時代の自由な感覚を思い出させてくれる。
しかしほんまに憎らしいガキやねん、ボス・ベイビー、しかし時々見せる赤ちゃんらしい愛くるしさが、ずるすぎる!(-.-#)
孫1号(4歳)が観たがっていたが、彼は観に行けたのかな、そして観たとすれば4歳児にも物語は理解できたのかな。

    

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

映画ドラえもん のび太の宝島 ひみつ道具さえあれば、どうにでもなるってのは、ほんと便利やね~(笑)

2018-03-06 | いい映画観てますか?(アニメ)

【8 うち試写会1】これもレビュー書いておきます…σ(^◇^;)

 ジャイアンたちに宝島を発見すると宣言したのび太は、ドラえもんのひみつ道具「宝探し地図」を頼りに宝島を探す。その地図には太平洋上に突如出現した島が表示され、のび太たちはノビタオーラ号と命名した船に乗って、島を目指す。だが、島に上陸する一歩手前で海賊の襲撃を受け、しずかが海賊船にとらわれてしまう。

 テレビアニメ「ドラえもん」の演出を多数担当した今井一暁が、映画版初監督を務めた劇場版『ドラえもん』シリーズ第38作、宝島を舞台に、ドラえもんとのび太たちが冒険を繰り広げる様子が描かれるという作品。
孫1号に乞われて鑑賞、映画館でドラえもんを観たのは初めてだ。


 お話しのテーマは「父と子」、キャッチコピーは「見つけたのは、宝物以上の、宝物。」「勇気と友情は、海賊にも奪えない宝物だ。」「その島を作ったのは、愛でした。」。
お話し自体が少し難しいテーマで、場面展開や位置の展開もめまぐるしく、そして回想シーンが挟まれることも多いので、小さな子どもに理解できるのだろうかとは感じた。
でも4歳児には4歳児なりの楽しみ方があるようで、十分に楽しめたようだ。


 出て来た秘密の道具は、宝探し地図、どこでもドア、組み立て帆船(ノビタオーラ号)、ビッグライト、なりきりキャプテンハット、ミニドラ、フエルミラー、重力ペンキ、海上トランポリンスプレー、ウオライダー、サメライダー、桃太郎印のきびだんご、蛍光方向クラゲの種、名刀電光丸、名刀電光丸・改、スーパー手ぶくろ、ひらりマント、時限バカ弾、透明マント、こけおどし爆弾、空気砲、タケコプター、みず手ぶくろ、四次元くずかご、風神うちわ、救命イカダ、てばり、ころばし屋、ころばし屋・ネオ、とおりぬけフープ、ほんやくコンニャク、タンマウォッチ。
どれほど無理あるシチュエーションでも場面展開でも、このひみつ道具さえあれば、どうにでもなるってのは、ほんと便利やね~。(ミニドラが大活躍、めっちゃけなげっ!)
しかしドラえもんがやってきた22世紀の時代よりも、海賊船はもう少し先の未来からやってきたようで、その辺の微妙さが、お話しにとっても重要やったようだ。
ところで、星野源の主題歌「ドラえもん」がめっちゃ良かった♪
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

リメンバー・ミー ピクサー初のミュージカル作品と言われてるけど、さほどミュージカルミュージカルはしていない

2018-02-28 | いい映画観てますか?(アニメ)

【6 うち試写会1】今年初めての試写会、去年は忙しくて、試写会自体への応募もあまり出来ず、そしてたまに当たっても行けないってことが多かったが、今年もその状況は続く。
でも、昨日は行けたっ!

 過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。

 1年に1度だけ他界した家族と再会できるとされる祝祭をテーマにした、ディズニー/ピクサーによる長編アニメ、死者の国に足を踏み入れた少年が、笑いと感動の冒険を繰り広げるという作品。
英題は「COCO」、なぜココがタイトルなのか、映画を観れば解るのだけど、邦題を「リメンバーミー」にしたのは商業的な思惑もあったのだろう。
だから日本のキャッチコピーは「それは、時を超えて―家族をつなぐ、奇跡の歌。」(主題歌を売りたいものね~ リメンバー・ミー オリジナル・サウンドトラック


 ピクサーの長編映画としては「カーズ/クロスロード」に次ぎ、「トイ・ストーリー」から数えて19作目となり、また初のミュージカル作品。
でも、ミュージカル作品と行っても、セリフが唄になるわけではなく、情感を唄で説明させるという感じ。
試写会は日本語吹き替えだったのだけど、唄の歌詞も重要なので、吹き替えの方が字幕版よりお話に入りやすかったのかもと感じた。(が、字幕版も見たいな)


 自分には夢があるのに家族に反対されて、というのは、よくある設定。
だが、そこに死後の世界や祖先の秘密などの要素が混じってきて、ストーリーは思いもかけなかった方向に展開していき、なかなか見応えあり。
舞台はメキシコで、メキシコの死生観がこの通りかどうかは不明ながら、しかしこの映画のテーマに良くフィットしたのだろうな(ある意味、日本でもわりあい感覚が近いかも)。
孫が観たがっているが、パパとママと一緒にこの映画は行くらしく、「じいじとはドラえもん行こうね」って言ってて、自分もリメンバーミーの方がいいなって思っていたが、ぐふふふ、孫より先に観てやったぜ~(^O^)v
しかし4歳児にこの物語が理解出来るかな~、絵的には喜ぶとは思うけど、カーズとかとはちょっと違うからな~。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

怪盗グルーのミニオン大脱走 自分は、わちゃわちゃ騒ぐミニオンを楽しむだけやから~

2017-08-18 | いい映画観てますか?(アニメ)

【29うち試写会1】 いろいろなガジェットを使い犯罪を繰り返すバルタザール・ブラットを逃したことで、反悪党同盟を追い出されてしまうグルー。意識消沈する中、生き別れになっていた双子の兄弟であるドルーの存在が判明する。対面を果たしたグルーは、豊かな金髪に輝く笑顔で父親からばく大な遺産を受け継いだ、自分とは違い過ぎるドルーに驚く。一方、グルーが悪の道に戻らないことがわかり彼と決別したミニオンたちは、新たなボスを探す中で思わぬ事態に……。


 『怪盗グルー』の第3弾、アグネス、イディス、マーゴの姉妹と家族になったグルーが、突如として現れた怪盗バルタザール・ブラットによって思わぬ事態に直面するというアニメ映画。
スピンオフ作品の「ミニオンズ」は映画館で鑑賞したし、シリーズ1作目の「怪盗グルーの月泥棒」はテレビで放送されたものを見たが、前作の「怪盗グルーのミニオン危機一発」を観ていなかったので、グルーが悪い人で無くなっていたこととか、結婚していたこととか、ネファリオ博士の状況など、つながらないエピソードが多く困った。
英題は、「DESPICABLE ME 3」、シリーズ一貫してこの題名で、和訳すると「卑劣な俺」。
邦題のように怪盗グルーってのもないし、副題的な言葉も付いていなくて、えらくあっさりしたものだ。


 物語的には予定調和でわかりやすいものの、おもしろみには欠けるってのは、基本、子供向けなのだからしかたないか。
ただ、バルタザール・ブラットがむっちゃ80年代で、使われている懐かしい楽曲も含めて、自分らの世代にはむっちゃうけるっ!


 どっちにしろ、自分は、わちゃわちゃ騒ぐミニオンを楽しむだけのために観に来ているようなもんなんで、細かいことはええか~。
ミニオンたちが集団で刑務所に収監されたときのエピソードが、意外な一面を発揮していて、楽しかったな~(@^▽^@)

   
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

カーズ/クロスロード 思いっきりオヤジ泣かせやんか~(ToT)

2017-07-21 | いい映画観てますか?(アニメ)

【27うち試写会1】 迷い込んだ田舎町ラジエーター・スプリングスで、ドック・ハドソンをはじめとする心優しい仲間との触れ合いを経て、自分勝手だった性格を改めたスポーツカーのライトニング・マックィーン。目覚ましい活躍を見せてきたマックィーンだったが、最新型レーサーが次々と台頭してきて苦戦を強いられる。いつまでも第一線にいたいという焦りに駆られたマックィーンは、ある日レース中にクラッシュ事故に遭遇。運にも世間にも見放され、頭の中に引退という文字がちらつき……

 自動車たちの世界を舞台に、スポーツカーのライトニング・マックィーンの活躍を描いた人気シリーズの第3弾、最新型のレーサーに勝てなくなった上に、事故でクラッシュしてしまった彼が引退を考えて苦悩する姿を、仲間たちとの絆を絡めながら追うという映画。
孫が遊びに来ていたから一緒に鑑賞したのだが、1作目「カーズ」は封切り前のテレビ上映でみただけで、2作目「カーズ2」もまだ見ていなかった。
英題はシンプルに「CARS 3」、邦題のクロスロードは「十字路」のことだが、「岐路」という意味もある。


 天才的なスター・レーサーとして突っ走ってきたマックイーンが世代交代の問題に直面、若手の台頭から過去の人となり、人生の「岐路」に立たされたマックィーン…。
昔からの仲間やライバルはことごとく駆逐され、自らも体力的に太刀打ちできずトップから転落…、果たしてこのまま朽ち果てていくのか、それともトップへ返り咲くことが出来るのか、ってことがストーリーの軸。
誰もが避けられない老い、過ぎ去りし栄光の日々への郷愁、世代交代のほろ苦さ、子供向けアニメにあるまじき重いテーマで、完全に子ども置いてきぼりな展開で、これでいいのかと脳内「?」マークだらけ。
孫の反応が見たかったが、うちの孫は、本編上映後、間もなくで夢の中やし。


 レースシーンの迫力は目を見張るものがある、明朗快活な展開も安心感満載、またまさかのラストも泣かせてくれる、子ども向けの作品ではないのだ、ってことを、鑑賞後にテレビ放映で見たカーズ2と合わせて納得、まじで深い含蓄があるのだ。
そして、シリーズ3作すべてが、思いっきりオヤジ泣かせやねんな~。

 
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする