労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

沈まぬ太陽 よくもまあこんな映画が創れたもんだ

2009-11-04 | いい映画観てますか?(邦画)
【 53 -12- 1ヶ月フリーパスポート=2 】 昨日は映画「BALLAD 名もなき恋のうた」を観た後に仕事があって、そしてその後に今度は妻と待ち合わせしてまたまた映画(1日に2本観たのって学生時代以来?)、観たのは山崎豊子原作を映画化した「沈まぬ太陽」。とりあえずびっくりしたのは、この映画、若い人観に来てね~年齢層高~っ、でも満員だった。

 昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れの生活で焦燥感と孤独に追いつめられ、本社への復帰を果たすも不遇な日々は続くのだった。そんな中、航空史上最大のジャンボ機墜落事故が起こり…。

 この映画はフィクションですってちゃんと断りがあるけど、誰もそんなの信じない、日本航空とそれに群がる自民党族議員や政府と運輸省(当時)の官僚を、厳しく厳しく糾弾している映画。よくもまあこんな映画が創れたものだ、死人は出ていないのか?圧力はかからなかったのか?折しも、日航の再建をどうするのか新政権の下で論議されている昨今、この映画を観てしまうと、「う~ん、日本航空はとことんスクラップ&リビルドすべきかな」といきなり飛躍して感じてしまう、いやいやちょっと待てなんだけど。年末手当交渉で要求通りの回答を得るために、首相が飛行機に乗る日にストライキ日程をぶつけてきた組合の戦術設定、その時の渡辺謙演じる恩地執行委員長(実在の日本航空元社員小倉寛太郎氏がモデル)への差別的人事という不当労働行為、またその他の組合役員に対しても執拗に不当労働行為を。また昔流行った手法だが、団結力を崩すために会社が裏で手を引いて第2組合を結成させて、もともとの労組の組合員を差別的人事処遇によって脱退させてしまうという不当労働行為も描かれていた。「これじゃあ、日航機が事故が多いのも納得やわ~」と妙に得心してしまう(笑)←笑い事ではない。この映画では国民航空(ナショナル・エア・ライン =National Air Line 略してNAL(ナル))とされているナショナル・フラッグ・キャリア(その国を代表する船会社や航空会社のことで、現実の日本ではJALのこと)、ナルって「(形動)主に若者語で,自分で自分に酔うさま。「―・な人」→ナルシシスト(自己陶酔型の人。うぬぼれや。)」だけど、これは洒落かな?


 1985年の日本航空123便墜落事故が描かれていた(あくまでもフィクションとして)。映画化されていたけど観には行けなかったが先日原作を読んだ「クライマーズ・ハイ (文春文庫)」も、この事故を題材にしたものだったが、その本でもこの映画でも共通して感じたのは、JR西日本の経営体質に対するのと同じ感じの怒り。映画の最後の最後に『この映画があらゆる交通機関の「安心・安全」促進の一助になることを願います。』と出ていたが、ここまで酷い交通の会社は、そしてこの映画が参考になるような交通関係の会社は、そうは無いってば。「矜持」(自信と誇り。自信や誇りを持って、堂々と振る舞うこと。きんじ。プライド。)、呵々(大声で笑うさま。あはは。)、一応、意味を確認しておきたかった言葉。ついでに参考までに「アカ」(〔旗の色が赤色であるところから〕共産主義・共産主義者の俗称。)言葉といえばついでながら、長い映画だから(3時間22分)途中に10分間の休憩があるんだけど、その休憩のことを「インターミッション(休憩)」とアナウンス・表示している、わざわざ英語を前面に出して意味を括弧書きにしなくても、普通に「休憩」と日本語にしとけばいいのに。

 海外ロケにしても、日本国内のスタジオ外での撮影にしてもたいへんだっただろうな。60年代、そして80年代、当時の車や建物や電話機をはじめ様々な小物、突っ込みどころがなかったように感じた、たいへんな美術の質だ。ところでこの時代を舞台にした映像をみてよく感じること、「う~ん、昭和って今からは想像がつかないほど、どこでもかしこでもタバコが吸えていたのね、そしてものすごく煙もくもくだったのね」、この映画でも思いっ切りそうだったよ
コメント (13)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
« BALLAD 名もなき恋のうた マ... | トップ | あなたは私の婿になる 80年... »

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
わっ!!! (☆mitsu☆)
2009-11-04 17:19:02
これ観たいな~って思ってるんだよね。
でも3時間22分もあるの!!??
ながっ!!!(゜∀゜ ;)タラー
でも、観る価値はありそうだね!
  観る価値あり! (  ☆mitsu☆ちゃんへ)
2009-11-04 21:47:02
  ただmitsuちゃんの場合、感情移入できるかどうかが
  微妙なお年頃かな(笑)

  途中にトイレ休憩があるから、パンパースは要らないよ!
  安心してね!
この映画いいみたいですねぇ (ひら莉)
2009-11-04 22:18:58
最初ビックリしたわ
いきなり、書記長さんかと、、
でも、髪の毛がぁ多くないので、
違うと、、

パスポートの顔写真、あれにしたの?
余計に怖いよね~、、

良い映画最近ビシバシだね~、
行きたいけど全部はいけないので、
チョイスしていきたいとおもいます。

まあ、ここあるから行かなくてもいいんだけどね~
  え゛~っ!似てないやろ~! (  ひら莉さんへ)
2009-11-05 09:34:03
  あんまり評判が悪いので、写真の顔をちょっとすり替えてみました。
  この映画は良かったよ。
  内容的には今年の邦画で一番と言いたいけど
  「長い」という掟破り(?)の手法を使ったのでちょっと減点しとくけど(笑)
  だから未だにおいらの今年邦画№1は「剣岳」やね。
TBありがとうございました (sakurai)
2009-11-05 15:11:51
見ごたえ十分でしたね。
3時間半弱じゃ、短く感じるほどにとんとんと話は進むし、中身はぎゅっと詰まってるし、見た甲斐のあった映画でしたね。
「わたしの矜持が許さない!」なんて、口語ではないと思いますが、こういう台詞が渡辺謙さんは、よ~く似合ってました。
私が見に行ったときも、平均年齢高!かったのですが、若い人にも見てもらいたいですね。
若い人にも十分伝わると思います。
  若い人にも見てもらいたいです (  sakuraiさんへ)
2009-11-05 16:27:06
  が、父親たちの時代に慟哭し、そして今の自分たちの時代の因果に
  驚愕するのでは・・・なんてのは考えすぎでしょうか?

  3時間半は短く感じましたね、ほんと。
やはり・・ (キャサリン)
2009-11-06 11:27:21
この映画を撮るにさいし、かなりの圧力がかかってしまい今までに何度もポシャってるらしいよ。
なので、山崎豊子さんは、かなりの思い入れがあるらしく、『自分が死ぬまでには、世に送り出したかった。』と滅多にメディアには姿を見せないらしい彼女が、テレビのインタビューに出て答えていたよ。

ちなみに、大好きなMichael Jacksonの映画は見に行く予定~!
  俺の知らないキャサリンさんのコメントかとおもった (  キャサリンへ)
2009-11-06 23:44:01
  くらいに固めのコメントやんか!びっくりや(笑)
  しかしほんまに怖いよね、ある意味映画にするのは。
  訴えられるかも知れないけど、でもうけてたつって感じかな。

  Michael Jacksonは絶対に映画館で!
  踊りたかったよ!
  手を叩きたかったよ!
  歌も絶叫したかったよ。
  でも、映画館ではおとなしく・・・
ハッハッハ~ (キャサリン)
2009-11-07 10:18:50
あの固いコメントを書くのに、どんだけ時間かかったか!(笑)
電車に乗ってるほとんどを費やしたわ~。
やっぱ、慣れん事したらあかんね~
  レッスンに悪影響が無かったらよかったけど (  やはりmy love きゃさりんやったね)
2009-11-07 22:36:09
  頭から煙が出てなかったらいいんやけど・・・

  ところでパラオ行こうよ!

コメントを投稿

関連するみんなの記事

51 トラックバック

沈まぬ太陽 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品...
沈まぬ太陽 (だめ男のだめ日記)
「沈まぬ太陽」監督若松節朗原作山崎豊子出演*渡辺謙(恩地元)*三浦友和(行天四郎)*松雪泰子(三井美樹)*鈴木京香(恩地りつ子)*石坂浩二(国見正之)*香川照之(八木和夫)*木村多江(鈴木夏子)*清水美沙(小山田修子)*鶴田真由(布施晴美)*柏原崇(恩地克己)*....
劇場鑑賞「沈まぬ太陽」 (日々“是”精進!)
映画『沈まぬ太陽』オリジナル・サウンドトラック「沈まぬ太陽」を鑑賞してきました『白い巨塔』『華麗なる一族』の人気作家・山崎豊子が綿密な取材の基に書き上げた渾身のベストセラー巨編を壮大なスケールで映画化した社会派ヒューマン・ドラマ。激動の昭和30年代から...
映画「沈まぬ太陽」を観ました!!(2009-18) (馬球1964)
映画「沈まぬ太陽」を観ました!!2009年の第18作目です。
映画「沈まぬ太陽」 (アンナdiary)
吾郎ちゃんが月イチゴローで1位に選んだ「沈まぬ太陽」 時間の長さを感じさせなかった。。。と言ってたけど やっぱり長かった(笑)
沈まぬ太陽 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2009/10/24製作国:日本上映時間:202分鑑賞日:2009/10/24監督:若松節朗出演:渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、大杉漣、西村雅彦、宇津井健、小林稔侍、加藤剛+あらすじ+国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に...
沈まぬ太陽 (なりゆき散策日記)
 新宿ピカデリーで「沈まぬ太陽」をみた。初回。スタートは9:30。それで終わったのは13:00。 時間的には長い。原作を読んでいたから理解できる。映画だけをみると納得できないシーンも多いのではないだろうか? はじめてインターミッション(休憩)のある映画を体験....
『沈まぬ太陽』を見てきました (ワノログ)
 昨日、『沈まぬ太陽』を見てきた。  21時30分スタートのレイトショーで見た。
沈まぬ太陽 (Akira's VOICE)
輝き続けるからこそ太陽!  
沈まぬ太陽  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  山崎豊子の社会派小説を、壮大なスケールで描いた会心の大作である。また映画の背景が、1985年に実際に起きた「日本航空123便墜落事故」を題材にしたものなので、説得力もあるし迫力も満点であった。久々に凄い映画に触れることが出来て、今感動に打...
「沈まぬ太陽」沈む日航 (再出発日記)
監督:若松節朗原作:山崎豊子出演:渡辺謙、三浦友和、石坂浩二、松雪泰子、鈴木京香、山田辰夫、香川照之、木村多江、清水美沙、鶴田真由、柏原崇、戸田恵梨香、大杉漣、西村雅彦、柴俊夫、風間トオル、神山繁、菅田俊、草笛光子、宇津井健、小林稔侍、加藤剛、品川徹、...
「沈まぬ太陽」鑑賞 (帰ってきた二次元に愛をこめて☆)
JAL幹部は恥知らずの最低人間ばかり!!あ、ごめん、NALだっけww腐敗政治家と癒着、金と物欲まみれの畜生ばかり。だからあんな会社になってしまったのですねえ・・タイムリー過ぎて笑えないですよ。あ、あくまでフィクションのNALの話ですからww長くて退屈で...
「沈まぬ太陽」みた。 (たいむのひとりごと)
インターミッション付きの映画を劇場で見るのは初めて。長時間なだけに良いシートを設置している劇場で見たいもの。軽く3時間を超えているだけに息抜きとトイレ休憩が有難いと思うけれど、インターミッションを入れ
【沈まぬ太陽】理不尽な夕日 (映画@見取り八段)
沈まぬ太陽 監督: 若松節朗    出演: 渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二 公開: 2009年10月 この会社は何も答えをくれ...
『沈まぬ太陽』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:日本映画、山崎豊子原作、若松節朗監督、渡辺謙主演。
「沈まぬ太陽」よくぞ映画化したな・・・と拍手 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
フィクションと言ってはいるものの、ついJALと重ねて見てしまうのもやむを得ないお話です。
人は何の為に働くのだろうか。『沈まぬ太陽』 (水曜日のシネマ日記)
高度経済成長期の時代から日本の航空会社に勤め続ける社員の生き様を描いた作品です。
沈まぬ太陽 (映画通の部屋)
「沈まぬ太陽」 製作:2009年、日本 202分 監督:若松節朗 原作:山崎豊子
沈まぬ太陽 (勝手に映画評)
山崎豊子の、とある航空会社の腐敗を描いた長編小説。小説なので、この国民航空は【一応】実在しない架空の航空会社と言う設定ですが、モデルとなったのは日本航空と言うのは一目瞭然です。 また同時に、小説の登場人物も実在の人物を髣髴させところが多々あります。しか...
「沈まぬ太陽」 (のほほん映画鑑賞)
皆、それぞれの事情で生きていく。 信念に拘る者。 のし上がる者。 権力を振るう者。 組織の中は、伏魔殿。 その組織を使う人の命は、蚊帳の外・・・ 昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海...
沈まぬ太陽 (いい加減社長の映画日記)
「きみがぼくを見つけた日」も迷ったんだけど。山崎豊子原作、渡辺謙主演となれば、見ないわけにはいかないだろう、ということで、「沈まぬ太陽」を鑑賞。「UCとしまえん」は、意外と少ない感じ。「沈まぬ太陽」は、大きめのスクリーンで、4~5割。【ストーリー】昭和...
『沈まぬ太陽』(@シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----さあ、今日はいよいよ話題の『沈まぬ太陽』だよ。 この映画、久々の邦画超大作。 何といってもインターミッション付きだからね。 それって何のこと?と思った人は、 「シネマのすき間」を訪ねてね。 そこに詳しく書いてあるから。 ね。驚いた? まずロゴからして違う...
『沈まぬ太陽』 (めでぃあみっくす)
沈まぬ太陽、恩地元。彼こそまさに昭和のラスト・サムライ。 己の信念を絶対に捨てない、己への信義を絶対に忘れない、そして己への信頼をも絶対に裏切らない、最もサムライらしい男。そんな男の半生を描いたこの叙事詩映画は昭和という時代の空気を知らない若い世代には...
沈まぬ太陽 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
この映画の秀逸な面は、史上最大の航空機事故を再現しながら、労働組合運動に熱心だったという理由だけで左遷を強いられた主人公恩地のリアルな描写だ。脚本が非常にいいと思う。今まで報道されなかった舞台裏も見ることができるので、是非お勧めしたい。
沈まぬ太陽 (Yuhiの読書日記+α)
山崎豊子の同名作品を映画化した社会派ドラマ。監督は若松節朗、キャストは渡辺謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、西村雅彦、柴俊夫他。 <あらすじ> 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じら...
[映画『沈まぬ太陽』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆本日は、朝5時に家を出る早番の仕事であったが、帰宅して、午後8:45からの<ワーナーマイカル・日の出>のレイトショーで、この作品を観た。  眠気との戦いが起こるかなと思いきや、私の心を、骨太の大河ドラマがグイグイと引っ張ってくれて、三時間半の長尺を全...
沈まぬ太陽 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
社会性と娯楽性を兼ね備えた力作で見応えがある。大企業・国民航空の社員・恩地は、労働条件の改善を求めて奔走し勝利するものの、会社の懲罰人事で僻地の海外勤務を強いられる。10年に及ぶ孤独な日々に耐えて本社復帰を果たすが、ジャンボ機墜落事故という未曽有の惨事の...
「沈まぬ太陽」 (みんなシネマいいのに!)
 上映時間202分。 ここまで来るともう映画は暇つぶしではなく、仕事になってしま
「沈まぬ太陽」会社と政府の思惑に翻弄されても揺るがない自らの信念を貫き通した男の生き方 (オールマイティにコメンテート)
「沈まぬ太陽」は山崎豊子原作の映画で日本の航空会社の労働組合委員長を務めた男が懲罰人事で僻地の海外勤務を9年務めた後墜落事故のお世話係として犠牲者遺族の補償に当たるが、会社の方針などで社員は厳しい労働環境などの改善と利権に走る経営陣、さらには政治家の圧...
沈まぬ太陽 (映画の話でコーヒーブレイク)
先週金曜日、ムービル横浜のレディースデイに駆けつけました。 映画館に着いた時はほぼ満席、予告編が今まさに始まろうとしていました。 しか~し、年齢層高いなぁ~。 以前ここで「剣岳 点の記」を見た時も年齢層高かったっけ。 週末興行ランキングでは2位、観客は30...
沈まぬ太陽 (あーうぃ だにぇっと)
監督: 若松節朗 キャスト 恩地元☆渡辺謙 行天四郎☆三浦友和 三井美樹☆松雪泰子 恩地りつ子☆鈴木京香 国見正之☆石坂浩二 利根川☆加藤剛 竹丸☆小林稔侍 堂本☆柴俊夫 桧山☆神山繁 八馬☆西村雅彦 山田辰夫 他 【ストーリー】 国民航空の労働...
沈まぬ太陽 (映画道)
チェック:人気作家・山崎豊子による同名ベストセラー小説を、壮大なスケールで映画化した社会派ドラマ。 日本が経済大国へと急成長した激動の時代を背景に、巨大企業に翻弄(ほんろう)されながらも自らの信念を貫く男の姿を描く。 監督は『ホワイトアウト』の若松節朗、...
沈まぬ太陽 (迷宮映画館)
3時間半では足りないほどの内容だった。
「沈まぬ太陽」 サラリーマン必見 (はらやんの映画徒然草)
上映時間3時間30分、途中休憩あり。 途中休憩がある映画を観たことがあるのは、「
『沈まぬ太陽』 (きららのきらきら生活)
「沈まぬ太陽」観てきました♪
超大作「沈まぬ太陽」 (Thanksgiving Day)
映画「沈まぬ太陽」を観てきました。 スケールの大きい超大作でした!! この作品は、映画化されることを知ってからずっと楽しみにしてたんですよ。 今ドラマ化されている「不毛地帯」や、「白い巨塔」「華麗なる一族」などでも知られる、山崎豊子さんの原作で、全5...
沈まぬ太陽 (ぷち てんてん)
☆沈まぬ太陽☆(2009)若松節朗監督渡辺謙三浦友和松雪泰子鈴木京香石坂浩二香川照之ストーリー 国民航空の労働組合委員長を務める恩地元。職場環境の改善を会社側へ訴えていた彼はやがて、海外赴任を命じられる。それはパキスタンやイラン、ケニアなど、まともな路線就...
沈まぬ太陽 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[沈まぬ太陽] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:8.5/10点満点 2009年93本目(87作品)です。 【あらすじ】 国民航空の労働組合の委員長をしている恩地元(渡辺謙)は、副委員長の行天(三浦友和)とともに労使交渉を勝ち抜いたものの...
【沈まぬ太陽】 (日々のつぶやき)
監督:若松節朗 出演:渡辺謙、三浦友和、鈴木京香、松雪泰子、香川照之、宇津井健、清水美砂    魂が、震える。 「国民航空の社員の恩地はかつて労働組合の委員長を務めていた。その結果、9年もの間通常では考えられない海外僻地勤務を強いられた。同期でかつ...
【映画】沈まぬ太陽 (新!やさぐれ日記)
▼動機 渡辺謙、凱旋 ▼感想 この物語こそ3部作でやるべきだったのでは? ▼満足度 ★★★★☆☆☆ そこそこ ▼あらすじ 国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え...
沈まぬ太陽 (ころちゃんねる)
【ストーリー】昭和30年代。巨大企業・国民航空社員の恩地元は、労働組合委員長を務めた結果、会社から10年におよぶ僻地での海外勤務を命じられた。かつて共に闘った同期の行天四郎が組合を抜けてエリートコースを歩みはじめる一方で、恩地は家族との長年にわたる離れ離れ...
映画「沈まぬ太陽」 (おそらく見聞録)
監督:若松節朗(ホワイトアウトの監督さん) 出演:渡辺謙(怪物)三浦友和 松雪泰子 鈴木京香 石坂浩二 香川照之 宇津井健  出演:戸田恵梨香 柏原崇 大杉漣 西村雅彦 小林稔侍 風間トオル 柴俊夫 木村多江  30年間、企業の不条理に翻弄されても...
「沈まぬ太陽」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                              「沈まぬ太陽」 新宿ピカデリーにて。 途中に休憩が入る長編と聞いていたので、なかなか観る勇気(?)がなかったが、丁度新宿での用事が早く終わったので、映画館へ飛び込んだ。 3時間20分・・あっとい...
「沈まぬ太陽」プチレビュー (気ままな映画生活)
3時間22分…事前に10分間の休憩を知っていましたが 長いと思わせるシーンはなくのめり込んで見てしまいました。 ただ、休憩前後で展開が大きく変わったのが残念な部分もあります
♯50 「沈まぬ太陽」 (cocowacoco)
映画 「沈まぬ太陽」     監督:若松節朗  製作総指揮:角川歴彦 原作:山崎豊子 2009年 日本        面白くて見応えがありました。 なのに、観て数日経っても難しくて私にはなかなか書けませんでした。 主役の恩地は、会社からあんな酷い仕打ちを受け...
映画「沈まぬ太陽」は現実の姿をどこまで描けたのか? (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の核が大企業という組織の中で個人がいかにズタズタにされ、その中で信念を持って生きていくことの困難さを描くことにあるとすれば、この映画は、そのことに成功したとは言えない。その理由は皮肉なことに、ここに描かれる御巣鷹山の事故の描写である。もちろんこ...
サラリーマンはつらい 「沈まぬ太陽」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
航空会社に勤務する恩地(渡辺謙)は、組合活動で目立ちすぎて睨まれてしまい、その後カラチ、テヘラン、ナイロビなどの僻地へばかり赴任さ...
沈まぬ太陽 (映画的・絵画的・音楽的)
 「沈まぬ太陽」を吉祥寺で見ました。  かなりの話題作であり、また主演の渡辺謙がこれまで出演している映画(「明日の記憶」や「硫黄島からの手紙」など)が総じて良かったこともあり、3時間を超えるという長さにはたじろいだものの、見に行ってきました。観客は、普...
沈まぬ太陽 (みやこのThinking World!)
やっとこさー 観に行って来ました! やっぱり映画は一人で観るより誰かと一緒のほう
映画 沈まぬ太陽 (単館系)
国民航空の労働組合委員長・恩地(渡辺謙)は職場環境の改善に奔走した結果、海外勤務を命じられてしまう。10年におよぶ孤独な生活に耐え、本社復帰を果たすもジャンボ機墜落事故が起き、救援隊として現地に行...
『沈まぬ太陽』/TV地上波 (京の昼寝~♪)
     □作品オフィシャルサイト 「沈まぬ太陽」□監督 若松節朗 □原作 山崎豊子 □脚本 西岡琢也 □キャスト 渡辺 謙、三浦友和、松雪泰子、鈴木京香、石坂浩二、香川照之、木村多江、柏原 崇、戸田恵梨香、大杉 漣、       西...