労組書記長(←元)社労士 ビール片手にうろうろと~

労組の仕事している勤務社労士がもしや誰かの役に立ってるんかな~と思いつつ飲んだくれて書いてるっす~(* ̄∀ ̄)ノ■☆

本日はNo Surfing 地元の八百屋さんを見直した今日この頃

2018-01-28 | おすすめ その他

 今朝は波がないのでNo Surfing、しかも二度寝してもうたので、ビーチクリンにも不参加、行ける時には顔を出したいと思っているのに不甲斐ない…。
ところで、年末に妻と買い物に行った時に野菜の高さに驚いたということがあった。
年末は忙しくて(夜な夜な飲んだくれで自炊少なく)単身赴任先でもほとんど買い物に行ってなかったので気付いてなかった。
で、年が明けて神奈川に戻って自分で買い物に行った際には、大阪だけではなくてそれは神奈川でもそうなんやということをようやく確認。
秋の台風被害のせいだが、たいへんなことになっとるなって思っていた頃に、たまたま早く帰ってこれる日があって、そういえばって思って、うちの近所にある八百屋さんを覗いてみたら…。


 安いの!
ここって、今まで手土産の果物を買う時しか使ったことなかったが、売られている野菜を見ると、全体的に安くて、しかも湘南産って書かれた白菜や大根やキャベツが、最近のスーパーではあり得ないサイズのものが、日頃の値段程度で売ってるの!(湘南産ってなだけで白菜までがお洒落に見える!ww )
で、いくつか買ってみたが、しかも美味しいし、スーパーで買ったものより日持ちもするし、言うことなし!(一人暮らしには大きすぎるってのが難点か)
野菜、果物だけではなく、乾物なども売っているという、昔どこでもあった、言うなら「三丁目の夕日」時代のコンビニ。
このお店、早く店仕舞いするし、日曜はやっていないので、買い物に行けるチャンスは限られているけど、今後積極的に活用しようと思った。
さ~って、大阪に帰ろう、この記事は羽田空港にてPost。
コメント

俺の健康の秘訣は卵をしっかり取ることやねん、俺が正しいって説もある、だからもっと卵食べる、特に美味しいのを!

2016-12-01 | おすすめ その他

 コレステロール含有量が高い、として「避けるよう」指導されてきた卵やけど、最近ではまったく反対で、毎日3個の全卵摂取で、脂質バランスが改善され、糖尿病の原因となるインスリン抵抗性が改善されたというような報告もあるらしい。
自分も、健康診断ではちょくちょく「卵は週に2~3個」ってな検査結果が出ていたが、そもそも「一日2~3個」やから無理~って抵抗しきりやから、この報告は「ほら~、俺の健康の秘訣は卵をしっかり取ることやねん、俺が正しい」って自画自賛!


 卵と豆腐は、基本的に全て美味しくて、そして、選べばもっと美味しいのが色々あるというのが自分の持論。
しかしながらセブンイレブンでたまに緊急的に卵を買うと、殻が薄くて割ったらぺったんこで味わいが無く、不味いたまごもあるのかと単身赴任になってから知ったが。
スーパーで購入する時、普通のと、ちょっと良いのとを、使い分けるために複数購入したりするが、愛知県田原町に行ったら、渥美たまご牧場の卵は、ちょっとお高いけど、むちゃくちゃ美味いので、是非買ってしまう。


 太陽の光を浴びる大きな遊び場で、元気に遊び回り、しかもものすごい生存競争にさらされた鶏たちが、抗生物質などの薬剤はもちろん使わず。自然に近い餌と環境で産んだ卵。
無洗卵だから生なら1ヶ月、火を入れるなら3ヶ月ほどもつらしく、卵のアトピーの人でも食べれることもあるらしい。


 卵かけご飯にするのが一番美味しい、ゆで卵にしたら塩は不要、目玉焼きにするのはちょっともったいない。
やっほ~、愛知県田原市南神戸町長坂2ってとこにあるんで、伊良湖に波乗りに行った際には、みなさん、思いっ切り、ちぇきらっ!
コメント

苛めか!な「大量干物詰め合わせ」(*゜∀゜*)

2016-04-15 | おすすめ その他

 昨日は津での仕事を終えて、近鉄特急のアーバンライナーで大阪の家に戻る、アーバンライナー、初めて乗ったけど快適だ~。


 で、家に帰ってシャワーを浴びてると(今回は家の鍵は変わってなかった)、ドンピシャで宅配便が届く!
こないだ高知の最終日に寄ったとっしーさんとこで注文した干物だ~!

マルア海産 高知県幡多郡黒潮町田野浦2857 0880-43-2082


  アジ・サバ・サンマ・カマスの干物とみりん干し、そしてちりめんじゃこ。
送料込み3500円で適当にってお願いしたのだけど、「いじめかっ!」てなぐらいの量だ~!
冷凍庫を空けとかないけんよって言われたけど、ほんま、えらいことになっとる~。
とっしーさん、老眼の近眼のボケ老人気味なんで、量の加減が出来ないのか…もはや…。

 とっしーさん、ありがとうございます、娘夫婦たちにも分けてあげます。
皆さんも、マルア海産さん(とっしーさん)にご注文なさって、わたしの名前、もしくは書記長社労士と告げていただけると、こんな素敵で「苛めか!」な「大量干物詰め合わせ」を注文できるかも知れませんし、名前を出したのが災いしてお断りされるかも知れませんよ~。


 そして今日は大阪でお仕事。
ひさしぶりにミュンヘンに行って、美味しいビールと鶏の唐揚げを食ったが、ここをスタートに都合3軒(ビアホール→居酒屋→寿司屋)で、延々10時間も飲み続けてしまった、死ぬ。
コメント

今日は寝坊したので(波も小さいので)波乗りはなしっ!んで、最近のもらい物のお酒。

2016-03-06 | おすすめ その他
 今日は、波が小さいからと自分に言い聞かせながら朝寝坊してしまい、波乗りはなしっ!


 左の2本、 博多の華や譚高譚の福徳長酒類株式会社ってとこの、麦焼酎「金箔入り極上琥珀蔵」と「金箔入り本格芋焼酎極上さつま美人琥珀のまどろみ」。
さすが、そもそも微妙な酒蔵、金箔はインパクトあるけど、焼酎の仕上げとしては、あかんな~(__*)
左から3本目は、天鷹純米大吟醸「天鷹心」、那須高原の酒蔵、塩原に出張行った際にいただいてしまったお酒、淡麗辛口酒ながら濃醇なお酒で飲み応えあり、美味しかった~。
右端は、太田酒造麦焼酎「弥満富貴(やまぶき)」、琵琶湖のそばにある太田道灌の末裔の酒蔵、明治7年創業、これは5年貯蔵の、バーボンのような芳香と軽い味わいの麦焼酎、ロックで飲んだらたまらね~。


 んで、長女夫婦が先日新潟にスノボに行ったときに買ってきてくれた酒粕と酒「『越の誉』大吟醸無ろ過生原酒原酒生搾り」
今年最初に仕込まれた大吟醸酒を搾ったまま無ろ過で瓶詰めしてあるという「原酒生搾り」、本来蔵元でしか味わえないダイナミックな香りや味わいを楽しめるとの触れ込み通り、淡麗ながらしっかりと深い味で、冷やして飲んでもがっつりとした味わいを舌に残してくれる。
酒が飲めない、婿殿だが、嬉しいお土産やんか~っ(≧∀≦)
コメント

湘南平塚名物「弦斎カレーパン」

2016-02-17 | おすすめ その他

 明治から昭和にかけて、小説家・ジャーナリストとして活躍した村井弦斎(1963年~1927年)。明治36年発刊の「食道楽」は当時10万部を超えるベストセラーとなりました。この食道楽に出てくるレシピから、弦斎カレーとパンを融合させて開発しました。パン生地の中にお米を混ぜることで、カレーライスのようなカレーパンになっています。また具の中にはカレーに欠かせない福神漬けを入れ、歯ごたえを良くしました。歴史を背景に湘南平塚から発祥したカレーパンです。


 OSCというショッピングセンターに行くときにいつも前を通る高久製パン(株)の工場前で直売しているこの弦斎カレーパン。
平塚に住んで3年以上経って、こないだようやく初めて買ってみて食ってみた。
米粉を配合した揚げパンなんでカリカリ、パン生地には、ターメリックが練り込んである。
カレーはスパイシーながら甘め、福神漬けがコリコリして独特の食感があるし確かに独特のカレーパンで美味しい、ただもうちょいカレーの量が欲しいかな。
今回は買って帰って翌日の朝に電子レンジで温めて食したから、今度はちゃんと揚げたてを買ってその場で即食べてみようっと。
で、それよりも気になったのは、このカレーパンの由緒となった村井弦斎の「食道楽」。

 

 愛知県豊橋市出身の明治・大正時代のジャーナリスト「村井弦斎」って人の食道楽(食道楽(上) (岩波文庫)食道楽 (下) (岩波文庫))、ヒロインの お登和(おとわ) が料理をつくり、それについての薀蓄を語るという食道楽をテーマにした物語で、1903年(明治36年)1月から1年間、報知新聞に連載され、大人気を博したことで単行本として刊行されると、それが空前の大ベストセラーになったそうだ。
春・夏・秋・冬の4部に分けられており、登場する料理・食材は、例えば、シチュー、牡蠣フライ、ワッフル、肉まん、オムライス、ケチャップライス、プリン、ロールケーキのように現在はごく一般的となったものから、牛の脳味噌料理、腎臓料理、イチゴライスなど、今も日本ではなじみの薄い料理、さらには奉天汁など消滅したと思われる料理も含み、和・洋・中華など、実に六百数十種類に及ぶという奇書。
う~ん、読んでみたい、この小説!
コメント

中島の塩粒うにが高級で美味しかった件

2016-01-12 | おすすめ その他

 年末の山口波乗りの時に買ってきた中島の塩粒うに。
前回のトリップの時はふじやってとこのを土産屋で買ったが、今回はか○のくん一家御用達の中島商店海産部のうに。
しかも土産物屋でなく、地元のスーパーマーケットで購入したので外装箱はなくて、地元の日常用で値段も安いようだ、と言っても70グラムで1500円ほどする。
この「中島商店海産部」(山口県下関市豊北町和久北134)ってのは「明治17年創業元祖」って謳っていて、「北浦海岸一帯で採取したばかりの『うに』を新鮮なうちに、創業以来120有余年受け継いできた伝統的技術にて製造し、その芳香美味は、最高です。」とのこと。


 炊きたてのご飯に載っけてチビチビと食べる、美味い、美味すぎてご飯が進むすすむ。


 んで、これがむちゃくちゃやばい、蒲鉾に載っけて食べる、やばい、美味い、美味すぎて酒が進むすすむ。
う~ん、贅沢すぎる、口が腫れそうだ。


 ちなみに、瓶はそうとうな上げ底~、中身はほんまに僅かで、やっぱ高級品です。
というわけで、今から、山口のちょっと手前、島根は出雲に出張行ってくる。
コメント

石川は能登七尾湾の「能登かき」、まさに海のミルクの美味しさ!

2015-12-30 | おすすめ その他

 寒風の中、妻とチャリンコでの買い物から帰ってきた孫。
「さぶかってん、じいじ、そとさぶいで~」と報告してくれながら、靴下をとにかく脱ぐ。
こないだ、長女夫婦と焼き肉屋さんに行って、掘りごたつの座敷に通してもらったとたん、やはり靴下を脱ぎだした。
妻曰く、「保育園育ちはとにかく靴下脱ぐから恥ずかしい~」って。
そういえばそうだ、うちの娘たちもどこ行っても靴と靴下はセットで脱ぐという習慣だった…。
俺は保育園育ちではないけど、一緒やけどね~。


 「世界農業遺産」になっている能登の里山里海、日本海側でありながら、能登の七尾西湾では真牡蠣の養殖に適しており、「能登かき」ブランドとして有名なのだ、と、自分の部下は日頃から自慢しまくってくれていた。
しかし一度も食べさせてもらったことはない…(-_- )
先日、急遽始まったうちの局の忘年会は貝料理専門店、そこでも「うちの牡蠣は…」っててんこ盛り自慢する部下、「ふ~ん、食ったことないし…」とすねる俺。
その甲斐あって、やっと送ってきよったで~v(o ̄∇ ̄o) ヤリィ♪


 1年ものがもっとも美味しいということながら、1年ものとは思えない大ぶりな牡蠣。
まずは生牡蠣のままでレモンを搾って食したが、海のミルクの名を欲しいまま滋味深く濃縮のうま味、そして身の張りが強く歯応えが小気味よく、「生牡蠣」を味わった感が感動、あんだけ自慢していただけあると確信。
次にバター焼きで食す、大量のバターとともに強烈強火のフライパンで、身が縮む寸前の出来を狙って慎重に火を通す、香味旨味濃縮完成、生とはまた違った濃厚な牡蠣の味わいが素晴らしい、美味しいヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ
そして牡蠣フライ、見栄えは捨てて、旨味成分が逃げないぎりぎりの衣で揚げて、牡蠣の身が少し縮んだタイミングで油からあげて、しっかりと油を切り、惜しみない生レモンの果汁で食す、やべ~、三種類の食べ方甲乙付けがたく美味い!(*゜∀゜*)
酒、進みすぎたで~(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*) !!

 こんだけ食っても余ったので、残った牡蠣は水分をしっかり切ってラップで空気を極力抜いて冷凍保存。
大晦日に次女夫婦が来るので、二人の希望の食べ方で食わせてやろうという作戦(お好み焼きnightにするかも知れないので牡蠣玉に使うか、牡蠣フライかバター焼きか牡蠣ご飯か牡蠣のどて焼きか…)。
せもちゃん、ありがとうございました、石川は能登、七尾湾の「能登かき」はほんとに美味しかった!
コメント

インバウンドや地域振興でいかに勝つかを、TVドラマや小説で勉強してしまったかも

2015-10-05 | おすすめ その他

 今朝は大阪の家から直接品川の職場に出勤、朝焼けが綺麗だった。
んで、ちょっとネタ切れってなわけもないが、テレビのお話し、夏のクールでやっていたテレビドラマの中では「ナポレオンの村」が一番おもしろかった。
毎週日曜日21:00からTBS系の「日曜劇場」で放送されていたが、高野誠鮮の『ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?』を原案に、消滅寸前の限界集落を立て直すために改革を巻き起こす「スーパー公務員」の奮闘を描くドラマだった。
全7話と短かったけど。明確な仕立てとテンポ良い演出で、いろいろと「そうなのか~」と唸らせてくれる展開もあって、「役人は役に立ってこそ“役人”」をモットーにしているやり手の東京都庁職員浅井栄治を唐沢寿明を人間性豊かに演じていた。


 折も折、「メリーゴーランド (新潮文庫)」ってのを読んだ(最近、荻原 浩に凝ってます)。
「過労死続出の職場を辞め、Uターンしたのが9年前。啓一は田園都市の市役所勤務。愛する妻に子供たち、あぁ毎日は平穏無事。…って、再建ですか、この俺が?あの超赤字テーマパークをどうやって?!でも、もう一人の自分が囁いたのだ。“やろうぜ。いっちまえ”。平凡なパパの孤軍奮闘は、ついに大成功を迎えるが―。笑って怒って、時々しんみり。ニッポン中の勤め人の皆さん、必読。 」ってな小説なんだが、日本の公務員批判を凝縮したような「正解主義」「前例主義」「事なかれ主義」「いかがなものか」「癒着」「もたれあい」「天下り」「既得権益」「どっぷり首まで浸かった」「正規のルート」「焼き直し」「後れを取りたくない」「追従」「税金は」「使わないと損」…この小説、徹底的だ。

 昔、時々、自治体とも仕事をしたことがあるが、例えば、1995年11月26日に運行が開始された、東京都武蔵野市の「ムーバス(Mubus)は、その運行形態などから「コミュニティバス」という概念を全国的に広めたことで知られるが、なぜ武蔵野市で成功したのかってことを満足に検証せずに「後れを取りたくない」ってだけで邁進して失敗した自治体の屍がどれほど日本中に積み上げられたか…。
大阪の箕面市が策定した「違法駐車防止条例」の成功例を「前例主義」でまんま導入してさほどの効果も無く税金をどぶに捨てた自治体がいかほどあったか。
原発利権に群がって、原発が止まったら、交付金なんかで作りすりすぎた箱物なんかの維持ができなくて、(国民)の安全なんか二の次で、再稼働に突き進むってのも同じか。

 訪日外国人が急増していて、爆買いなんかが話題になっているが、自分は訪日外国人が、「え?ここなの?」ってなところに、密かに群がっているってことに注目したい。
共通点は、これっぽっちも時代や流行や前例や遅れなどには目もくれない頑固な地域だ。


 このドラマでは、けっして公務員批判をしているわけではなく、自分たちの良さはどこにあるのか、いかに自立するか、そしてどうそれを展開していくか、諦めるな徹底的にこだわれ、ってことが理念として徹底されている。
これからの日本の地方自治体、勝ち組と負け組の違いは、このドラマやこの小説に描かれているところなのかな~って、真面目に感じてたが、どうだ?
ドラマの原作である「ローマ法王に米を食べさせた男 過疎の村を救ったスーパー公務員は何をしたか?」はぜひ読んでおく。

 ついでながら、ドラマの話しで、痛快って意味でおもしろかったのは「花咲舞が黙ってない」の第2シリーズ、毎週水曜日22:00から、日本テレビ系の「水曜ドラマ」枠で放送されてた。
東京第一銀行の臨店班、花咲舞と相馬健のコンビが、銀行内の様々なトラブルを解決してゆくというストーリーで、一話完結の形で、閉鎖的な銀行内部の問題を、バッタバッタと切り込んでいく内容が、単純明快にすっきりさせてくれた。
池井戸潤の経済小説『不祥事』『銀行総務特命』などを原作とするテレビドラマ化作品だ。

 そしてナンセンスすぎておもしろかったのが、毎週金曜日23:15からテレビ朝日系の「金曜ナイトドラマ」枠で放送されてた「民王」。
ひょんなことから、総理大臣の武藤泰山と、息子で大学生の翔の人格がある日突然入れ替わってしまうという奇想天外のお話しで、これも原作は池井戸潤の小説だそうだ。(民王)。
国を背負うはずの大人たちに、一体何が起こったのか、本物の大人とは、国を動かす政治とは何か、とテーマはでっかいのだけど、話しは極めてちゃちで、セットなんかもほんまにお金が掛かってなくてちゃちで…、でもなんか痛快でおもしろかった。

 それから、毎週木曜21:00からTBS系の「木曜ドラマ劇場」で放送されてた「37.5℃の涙」、訪問型病児保育「リトル・スノー」で働く新人病児保育士・杉崎 桃子が成長していく物語で、37度5分っていうのは、保育園で児童を預かってもらえるかもらえないかのボーダーラインである体温のこと。
これはコミックが原作で(『Cheese!』37.5℃の涙)、次女が保育士で、そして長女が子供を保育園に預けながら働いているということもあって、興味津々でついつい観てた。

 あと、「受けた地上波テレビ局全ての就職試験に落ちたテレビ局女子アナウンサー志望の女の子が、失意の中訪れた鉄道専門のケーブルテレビ局「鉄道テレビ」への就職が決まったが、その局は、全員「鉄オタ」ってな、これまたあり得ない設定のドラマ(ん?ドラマ?)の「鉄子の育て方」。
原作は月間ヤンマガのコミック(鉄子の育て方)、さほどおもしろいわけでも無いのに、あまりにもマニアックすぎるところに惹かれてしまって結局全話観てしまった。
もともとは名古屋テレビ放送(メ~テレ)にて放送されていたのが、TOKYO MX2で月曜 0:00から放送されたのを自分は観ていたようだ。
コメント

たこパティエ

2015-09-29 | おすすめ その他

 ちょっと前のことだけど、大阪から東京に飛行機で戻るときのこと、友人が空港まで車で迎えに来てくれることになってて、それならなんかお土産買っていこうってなり、伊丹空港で物色していたときに見つけた瓢月堂のたこパティエ
ふだん大阪土産を買うことなんてないから知らなかったが、密かに大阪土産の定番の一つになっているらしい、これが、けっこう売れてるらしい。


 「パティシエが大阪伝統の味、たこやきを追求したら新しい味が生まれました。 ソース、青海苔、鰹節などたこやき本来の味に加え、 クルミやキャラメリゼ、パティシエならではのこだわりで、 初めて食べる味を実現しました。」
知らなかった〜っ!


 一つ、自分ももらって食べてみた。
ちゃんとたこ焼き味で(笑)、食感はもちろんパイで、後味はちゃんとスイーツ、食べ終わった後に歯に青のりが付いてないか無性に心配する感覚まで、笑える、このお菓子!
うちの職場のみんなは食べたことあるのかな〜、今度、一度買っていってあげようっと。
自宅から職場・平塚の部屋に戻る場合、京都駅から新幹線に乗ることが多いので、京都駅では売ってないから、いつになるかわからんけどね。


 今日は米子へ出張。7月に台風直撃で延期になった会議。米子は皆生グランドホテル天水、今年3回目だ。(^o^)/~~~
コメント

東京カレー屋名店会

2015-09-09 | おすすめ その他

 台風第18号 (アータウ)は本日朝に愛知県に上陸、このまま日本海に抜けていくようで、湘南の波は明日の朝、風向きが変わったときが良さげ、しかしサイズは一気にダウンしそうだ。
そしてハワイ生まれの台風第17号 (キロ)は日本の東をすり抜けていく感じで、週末から週明けくらいに波が届くかな~、とはいえ進路的には期待薄。
今朝は出勤できるか心配していたけど、な~んもなく東海道線は正常運行してくれていた、よかったよ。


 ところで先日、有楽町にて遅い昼飯を食べようとうろうろ店を物色していたら、有楽町イトシアB1Fに「東京カレー屋名店会」というカレースタンド風な店構えのお店を発見。
いい匂いが漂ってきて食欲をそそる、ふらふらと絡め取られてしまうかのように入店。
最初のうち、このお店のコンセプトが解らず、メニューを眺めながらしばらく呆然となっていたが、ようやく理解が出来た。
なんとこのお店、神田神保町の「エチオピア」、「共栄堂」、湯島の「デリー」、三宿の「ビストロ喜楽亭」、半蔵門の「プティフ・ア・ラ・カンパーニュ」という東京の人気カレー店のカレーがこの店舗だけで楽しめてしまうということなのだ。(人気というのは俺が言っているのではない)
「エチオピア」というのはFacebookで友人がたびたび取り上げているし以前から興味があったカレー、よし、それならばと自分が選んだのは、エチオピアのチキンカレーと名店会の牛すじカレーが同時に味わえるサービスsetC(960円)、辛さが苦手だという友人はデリーのバターチキン(ハーフサイズで770円)を選択。
エチオピアのチキンカレーはトロトロ丸ごとチキンが1個入っててスパイス感が強いとろみ感のあるカレー、名店会の牛すじカレーはすっぱ辛い感じの洗練された辛み抑えめのホテルカレー的な感じ、少し食べさせてもらったデリーのバターチキンはバターにつけ込まれたチキンを甘いトマト味のクリーミーカレー。
うん、それぞれ個性的であり美味しいカレーだった、他のカレーもいろいろ食べてみたいって思わされた。
場所が場所名だけにCPがいいとは言えないけど、カレー好きには楽しいお店だ。
ランチタイムをかなり外していたのでがら空きだったので、お昼時の混み具合は不明、でも有楽町で昼飯食べる時の有力な選択肢となりそうだ。
コメント

京急「みさきまぐろきっぷ」満喫♪

2015-08-22 | おすすめ その他

 京急電鉄のおとくな切符シリーズ「みさきまぐろきっぷ」、職場や巷ですごく評判がいいので、一度行ってみたかったのだが、妻が1年ぶりくらいにこっちに来たので、この機会だってことで行ってきた~。
横浜駅からなので、電車バス乗車券・みさきまぐろきっぷ限定選べるまぐろ食事券・選べるレジャー施設利用券のsetで2960円也~。


 京急横浜から快特に乗って三浦海岸駅、早速ランチってことで、駅前のいろは寿司にてみさきまぐろきっぷ限定選べるまぐろ食事券を使って「花咲か爺さんのおすすめ寿司」、生のほんまぐろが目玉ってことでもちろん美味しかったのだけど、自分たちが一番美味しかったのがイサキ(うりんぼうってお店の人は言ってた)、脂がのっててその脂がお上品に甘くふくよか~、最高っ♪
食後に三浦海岸海水浴場まで歩いて、湘南と違ってケバさが無い(ビキニねーちゃんが少ない)ファミリー向けの海水浴場なのだということを確認、ちなみに台風15号の波で湘南は波でかくてクローズアウトだけど、東京湾側に入いるここでもset腰くらい(ショアブレイクなんで波乗りは不可能だけど)。
三浦海岸駅に戻り三崎口駅へ、そこから京急バス(三4)に乗って、京急油壺マリンパークへ。
選べるレジャー施設利用券を使うと入場料1700円が不要、海遊館や美ら海、えのすいに比較すると、ゆる~い展示とショーに、なんかほのぼのと癒やされる~、これはこれでいいのだ~(*^▽^*)


 再び京急バス、油壺入り口で(三4)から(港7)にバスを乗り換えて三崎港へ。
三崎フィッシャリーナ・ウォーフうらりでマグロ屋さんなどを冷やかしてから、なぜかお寿司が廻転していない三崎廻転寿司さん和へ、「まぐろ三昧贅沢盛」、大トロ2貫・中トロ2貫・ネギトロ2貫・赤身4貫で税抜き1700円、そのほか地アジと地タコとかんぴょう巻き~、廻転寿司なのに美味かった~(ん?寿司は廻転してないから普通の寿司屋?)。
満腹ほろ酔いになりつつ京急バス(三9)に乗って城ヶ島へ、城ヶ島は、神奈川県三浦半島の南端に位置する島で神奈川県最大の自然島、海食崖や波食棚が発達していて、風光明媚な景観だが、それにも増して、品川からほんのちょっと南に来ただけでこんな場所があることに感動!
ほんまに大阪・関西と、東京・関東ってのは、地勢的環境が、真反対かのように違う。
三崎口駅へ戻って、次は京浜急行金沢八景駅で途中下車、シーサイドラインに乗り換え、海の公園柴口駅へ、金沢まつり花火大会にて本日の総仕上げ~( ̄∇ ̄)
「みさきまぐろきっぷ」、畏るべし、内容濃すぎる、満喫したで~!

 ところで東京・神奈川って毎日毎日、花火大会しすぎちゃうか~、どんだけ景気ええねんっ、大阪なんか今年、天神祭とPLと十三しか花火大会ないで~(T_T)

コメント

さすが西宮の日本酒!「純米吟醸しぼりたて原酒『徳若』」

2015-03-06 | おすすめ その他

 昨日はうちの産別の「15春闘勝利!交通政策要求実現!3.5私鉄総連中央総決起集会 ー賃上げかちとる15春闘 交渉重視で意思統一 ~組織をかため 統一自治体議院選挙勝利 交通政策要求実現~ー」の集会を日比谷公会堂で開催。
キャパ2000人の会場にそれ以上の組合員さんが参加してくれて、消防法の関係で立ち見が駄目なので、入場できない皆さんは、会場外で待っててくれて、その後は、日比谷公園から東京駅手前の鍛冶橋まで、うちら鉄道軌道・バス・タクシーの現状や春闘勝利をシュプレヒコールしながらデモ行進。
今春闘、絶対に成果を上げるで~っヾ(^▽^)ノ


 で、お話し変わって…、今年のバレンタインもいつもどおり、自分の出身労組の職員さん2人からのチョコレートだけだろうと思っていたら、今年はそれに加えて、友人が断捨離した本を送ってくれるついでに(?)「徳若」というお酒をバレンタインプレゼントしてくれたっ!(*^▽^*)(決して本命ではないでしょうが…)
妻や娘2人にさえにもスルーされているのに、ありがたいことです!

 万代大澤醸造株式会社という西宮市にある酒蔵で、創業が平成17年と新しい酒蔵のようだ。
ホームページを見てみると、「『徳若』は三河万歳(まんさい)などの詞章にどず使われる『常若』(とこわか)の訛りで『施者に御万歳』とも言われ、いつも若々しく長寿を保つようにの意の祝い詞が由来です。南部杜氏が真心をこめて丁寧に造った手づくりのお酒です。大吟醸、純米吟醸、純米酒など各々のお酒の本来の味を味わっていただくため加水を一切せず、原酒の味をお楽しみいただいております。又、冬のにごり酒は大好評をいただいております。」と書いてあって、かなりこだわっている酒蔵の思いを感じる。


 いただいたお酒は「純米吟醸しぼりたて原酒」。
要冷蔵となっていて、温度管理が必要だったようだが、残念ながら常温で送ってこられたので、しかも自分もそのことに気付かず、開封するまでの2週間を常温で保存していたので、その間にもしかしたら実力が落ちていたかも知れない。
ガンバの応援のために大阪から来ていた友人たちと飲んだのだけど、華やかな香り、キメ細かくまるみのある飲み口、なめらかな甘みで、芳醇であり存在感のある味わい、「美味すぎる!」と絶句してしまった!
基本日本酒を飲まない友人妻にさえ「これなら飲める、日本酒のイメージが変わってしまう」と言わしめた!
いいお酒です、やばいです、ほんとうにありがとうございました~m(__)m


 昨日は仕事終わってから職場の人たちと居酒屋寄って(ティップに行けなかった(ToT))、カラオケ歌いにスナック行って(桧原村の歌を見付けたww)、その後、上司たちとは別れたが、一緒に品川駅でタクシーを降りたうちの職員が1000円しか持っていないくせに「もうちょっと飲みたい」って言うので、「電車のあるうちに帰るけど、それでいいなら」とおでん屋へ。
出張で東京に来ている頃から、こっちで働くようになっても、ちょこちょこ行くおでん屋さん(大阪人的に言えば関東煮ーかんとうだきー屋さん)「浜路」(東京都港区高輪3-26-33 03-3443-6954)。
東京のおでんは基本的に口に合わないねんけど、ここのお店と、田町の湯浅のはなんとか食える。
ちゅうても、あのスポンジみたいなはんぺんと、小麦粉の固まりとしか思えんちくわぶは食えないが。
コメント

(単身赴任者にとって)魔法のスパイス「マキシマム」

2014-11-05 | おすすめ その他

 宮崎生まれの万能スパイス!「マキシマム」、中村食肉オリジナルの魔法のスパイス『マキシマム』!!
【原材料】食塩・胡椒・コーンスターチ・野菜粉末・醤油・ナツメグ・パプリカ・カツオエキス・クミン・ローレル・唐辛子・調味料(アミノ酸等)・カラメル色素・(原材料の一部に大豆、小麦粉を含む)
なんと宮崎空港には特設の販売コーナーまである!(前に宮崎来たときには絶対になかった)

 こないだ宮崎に行ったときに、大阪から宮崎へ移住したKちゃんに久しぶりに会って、そのときに、「ひさぴさん、これ、気になるって言ってたからプレゼント~」。
スパイス好きな自分がKちゃんのブログでこのスパイスのことを書いていたときに反応したのを覚えてくれていたんだ…しかし自分は軽く忘れていた、ごめん!
でもありがとう、ほんまに感謝!


 Kちゃんからいろいろとレシピのアドバイスをいただいたんやけど、その中で自分としては、まずは素材に対してどんな風になるのか試してみたかったので、ポークソテーから。
うっひょ~、さほどいいポークでもないのに、なんか塩胡椒ガーリックだけでは出せないそれなりの深い味わいの、単身赴任者の押っつけ料理ではない、かなり手の込んだっぽい仕上がりになった、すげーっ!


 ポテサラは最強ですよ~ってKちゃん。
やってみましょう~ってことで、こないだ「夕陽ヶ丘ファーマーズ」で購入した無添加馬鈴薯を使って、ポテサラを作ってみたら、どっかのビストロの賄い料理的なおされ~なお味のポテサラが完成、マヨラーなおれがいつも作るマヨネーズだけではない、ちょっとかっちょい~ポテサラになっちまった(*^O^*)

 宮崎って、戸村本店の焼肉のたれとか、しゃぶしゃぶたれとか、ヤマエ チキン南蛮たれとか、妙に調味料に美味しいのがあるねん。
宮崎の人って、ある意味、なんか、料理に対してひじょうに淡泊ではないやろうかって以前から思っているが…。
宮崎生まれの万能スパイス!「マキシマム」で、さらにその思いを強くした今日この頃、でもこのマキシマムは是非常備しておきたいわ♪
コメント

TPP反対って言ったら割引あり! ってなことはないか~?な農林水産省の食堂

2014-09-30 | おすすめ その他

 各中央省庁内にあるレストラン・食堂の中で、もっとも美味しいと噂の農林水産省の食堂へ、こっち来て2年経過して、先日、ようやく行ってきた。(国交省にある食堂は見事に全部不味い!←断言しておく!)
やっぱ農林水産省だけあって権力で、日本中の美味しい食材を集めてるのだろうか(笑)
和食カフェテリア「手しごとや 咲くら」、農林水産省の北別館1階にあって、入館証なしで誰でも気軽に入れるようになってる。

「日本の食料自給率・主食の米・国産食材にこだわって、まごころとやさしさを感じることのできる手作りのおかず、お総菜、温かいご飯にお味噌汁が皆様をお迎えします。」

 北別館入り口から入り右へ、突き当たりにゲートが見えるが気にせず進んでゲートの手前の左側がこの食堂の入り口。
そこにでっかくセットメニューが掲示されている。
初めて行ったときはシステムがわからず、このメニューから選ばなければならないかと思ったが、そうではなくて、セットメニューを食べたい人は右のコースへ、カフェテリア形式でおかずなど好きなものを組み合わしたい人は左のコースへ進めばよい。


 ま、初めてだからセットメニューでいいやってことで、丼ぶりセットの中から「まぐろ漬け丼(サラダ・味噌汁付き)」650円にミニ冷うどん+100円を選択。
たっぷりの梅肉のトッピングとのバランスを考慮してか、やや控えめな漬け具合のマグロの切り身が「これでもか!」と笑えるくらいたくさん乗っかっていて、ご飯だけ余るなんてことはない、サービス満点のどんぶり。
さすが農林水産省となっとくの美味しいご飯(お米)、うどんも味わいあっていい小麦粉使ってんだろうなという感じ、うどんのおだしも醤油の香りがほのかにいい感じ。
冷うどんをセットしたら味噌汁は付かないかと思いきやそれとこれとは別のようで、ちゃんと味噌汁も付いてきて、この味噌汁もお出汁がしっかり効いていて味噌も香ばしい。
750円ってことと、あくまでも職員食堂ってことを考えると、これはかなりのレベルで、ほんま美味しい!
次来たときには、おかず選択コースにするぞと、気合いが入った。

 で、昨日、国土交通省と厚生労働省での仕事が終わると11時50分、省庁のお昼休みでごった返す前に今なら入店できるぞ、と厚労省からいったん外に出て、合同庁舎をぐるっと回ってお隣の農林水産省へ大急ぎで行って(自分たちは通行証持ってるから中から通り抜ければ早かったかも?)、公約通り、おかず選択コースへ。
自分が選択したのは、アジフライ・サバと大根の味噌煮・インゲンとオクラの和え物・生卵・味噌汁・中ご飯、これで880円。
これらもコストパフォーマンスに優れていて、美味しかった!
ご飯が美味しいし醤油がいいものなら、卵かけご飯がきっと美味しいだろうと思い生卵を選択したのだが、この卵、割ってみるとこんもりと黄身が盛り上がってぷるんぷるん、見るからに新鮮そう、だから卵かけご飯というチョイスは完璧やった!

 「職員食堂で、この値段で」ということがもちろん大前提なのだが、この農林水産省の食堂はいいと積極的に推薦しておきたい!

 この農林水産省内には、他にそばうどんの「日豊庵」(ここは長蛇の列だ!)とお持ち帰り専門の「おむすび権米衛」というのがあって、次回の機会には、そばを食べてみようと積極的に企み中。

 これも農林水産省らしく、すべてのメニューに、食糧自給率が明記されている。
ちなみに「まぐろ漬け丼(サラダ・味噌汁付き)」はセットメニューの中でもっとも食糧自給率が高くて「62%」、しかし食糧自給率の低い小麦粉を使ったうどんを組み合わしたので、トータルではもう少し下がったかも。
資源のない日本国であるから、せめて食料くらい積極的に食料自給率を上げていかなあかんのに、自民党の議員さんの利権や様々なしがらみから、自給率を下げて、諸外国に尻尾を振った方がいいという方がおられるようで、こんな数字。
一緒に行った皆との会話で「レジのとこで『TPP反対!』って言ったら100円くらい割引になるとかって裏技あるんちゃう?」をしたが、言ってみた者は誰一人いなかった。

 で、昨日から第187臨時国会が開会、「だめなものはだめ!」、安倍政権の暴走に歯止めをかけることが出来る国会となるか!
コメント

よっぱらいは日本を豊かにする。

2014-08-13 | おすすめ その他

 こないだ平塚のスーパーのお酒売り場を見ていたら、ずばり「湘南」という日本酒を見つけた。


 熊澤酒造という酒蔵のお酒で、ロゴマークは烏帽子岩。
明治5年創業、湘南で最後に残された酒蔵だそうで、社是は「よっぱらいは日本を豊かにする。」となんともええ感じ。


 自分が飲んだのは吟醸酒湘南なんだが、正直言って残念なお味やったけど、しかし、サイトを見ていると、この蔵元の主力はこの湘南ではなくて、一番の自慢は「天晴」であり、創業以来続く伝統的なお酒は「曙光」のようだ。
一度、このへんのお酒を飲んでから、蔵元の実力を試してみた方がいいな。
酒蔵まで、うちから約8km、ちゃりんこで行ける距離やし、酒蔵には直営のレストラン「蔵元料理天青」というのもあるようなので、「天青風烏賊の塩辛」とか「地野菜のお漬物」なんてのをつまみにしながら、「天青4酒ききくらべセット」とか「天青 秘蔵三酒ききくらべ」で、いろいろなお酒を飲み比べつつ、「よっぱらいは日本を豊かにする。」を実践してみたいな。
誰か、一緒に、行ってみん?
コメント