気まぐれフォトダイアリー

富士山、風景、身近な花の写真ブログです。読んだ本の感想も載せています。
カメラは主にNikonD800で撮影。

東沢大橋からの紅葉~八ヶ岳

2017年10月31日 17時16分51秒 | 紅葉


(10:55)

2017年10月30日(月)

台風22号が過ぎたので、翌日の天気予報は晴れマークがついていました。



紅葉を探しに、久しぶりに八ヶ岳清里方面に出かけてみました。

まず東沢渓谷の赤い橋からの紅葉を撮影したかったからです。



着いたばかりの時間では後ろの山に雲がかかっていました。

どのくらいか待っていると、雲が取れてくれました。



↑赤い橋と紅葉です。


観光客がたくさん来ていました。






縦撮りで撮影。







少し陽がさしてきて明るくなりました。







左側の山の紅葉です。







橋の上から撮影しました。








深い谷です。













近くの木の紅葉です。







赤く色づいたモミジです。







赤い橋に来る途中の林の中の紅葉です。







とてもきれいでした


雪化粧した富士山~大月市

2017年10月27日 17時15分27秒 | 富士山


(10:55)

2017年10月27日(金)

昨日テレビで雪化粧した富士山のニュースを見ました。


今日も朝からとても良い天気だったので、いつもの富士山撮影スポットに出かけてみました。

今年初めての雪化粧した富士山が見られました。


↑ススキと富士山です。






大月の町と中央道です。

富士山はやはり雪化粧するときれいでした。







望遠で撮ってみました。













下の建物は百蔵浄水場です。






道端に咲いていた黄色い花です。



※花の名前はセイタカアワダチソウだそうです。
m様いつもありがとうございます。






赤い実もなっていました。


パインズパークの芝生と色づき始めた紅葉~富士吉田市

2017年10月25日 19時16分34秒 | 風景写真


(15:19)


2017年10月18日

滝沢林道を降りてから、パインズパークによってみました。

いつもそうですが、広い芝生がとてもきれいでした。






芝生の周りの木が少し紅葉し始めていました。







芝生の中に生えている大きな木。













広い芝生です。







花がきれいに咲いていました。


紫陽花の季節~遠い記憶

2017年10月25日 18時53分01秒 | 




今では遠い遠い昔の想いで・・・



ちょうど紫陽花が咲いている今頃の季節だった。

私はとても好きだった人に別れを告げた。

本当は別れなど言いたくはなかった。

好きだった、とても。



あの人を思い出すだけで涙が出て来た。

本当に優しかった。



でもいつの間にか、あの人は私から離れて行った。

寂しかった。

でも、別れようとまでは思わなかった。



ある日、ある事が分かった。

あの人は誰にでも優しい同じ言葉を言っていた。

私に言っていたと同じように。



辛かった。

それでも、私はあの人の心が分からず、ずっと甘えていた。




ある日から、あの人は何も言って来なくなった。

あれほど優しかった人が、

信じられなかった。



今度はあの人といると、辛くなった。

わざとらしく、他の人にやさしい言葉をかけていた。

まるで拷問でもされているようだった。



もう、以前のように、私に優しくしてはくれなくなった。

私は別れる事を決意した・・・



さようなら、私の愛しかった人。

さようなら、私の大切だった人。

いつまでもお元気で。



台風一過の富士山と川の濁流~都留市

2017年10月24日 13時00分06秒 | 富士山


(12:46)

2017年10月23日(月)

昨日は衆議院選挙の投票日でした。

大型台風21号も近づいて来ていて、大変でした。



台風もそれほど被害もなく過ぎていき、翌日は天気になりました。

都留市に用事があったので、どこかで富士山が見えるかもしれないと思い、カメラを持っていきました。



山側に入り、富士山の見える場所に行ってみました。

午後だったので、少し雲が出てしまいました。

朝早ければ、、、といつも思うのですが、なかなか朝早く出かけられないのです。






富士山の下の道路は中央道です。

車はあまり走っていませんでした。

時間帯が悪いせいか、富士山もあまりきれいに見えません。






道路のそばの紅葉です。

青空に映えてきれいです。












山道のような狭い道路を走り、場所を移動しました。

富士山と川が見えました。

台風の後なので、すごい濁流でした。







水がすごく増えています。







川の水を望遠で撮ってみました。







見ていて怖いようでした。









滝沢林道に紅葉を探して②終

2017年10月21日 22時15分10秒 | 紅葉


ガスがだいぶ出てきました。







カラマツの黄葉がきれいです。







岩の上のコケです。













きれいな黄葉の場所もありました。


















大きな木が倒れています。







赤い紅葉は目立ちます。






林道の様子です。

車が意外と多かったです。

キノコ狩りの人がいたのかもしれません。






側溝のふちに松の芽が育っていました。

左側が水の流れる側溝です。


すごい生命力ですね~!

でも大きくなると、邪魔だからと言って切られてしまうのでしょうね。

仕方ないですね。








これで「滝沢林道に紅葉を探して」を終わります。

ご覧いただきありがとうございました。


滝沢林道に紅葉を探して①

2017年10月20日 23時01分10秒 | 紅葉


(14:03)

2017年10月18日(水)

山中湖パノラマ台から滝沢林道に来てみました。

山中湖や河口湖ではまだ紅葉が始まっていないからです。

少しでも標高が高くなれば、紅葉が見えるかなと思いました。

本当は富士山と紅葉を撮影したかったのですが、もう富士山は雲が出て期待はできませんでした。







木に絡まった紅葉です。







林の中の紅葉。












林道に落ちている黄葉。

とてもきれいでした。











赤く色づき始めた紅葉を見つけました。












地面にキノコが落ちていました。

キノコ狩りの人が山に入っているようです。

このキノコは毒キノコなのでしょうか?






滝沢林道で一般車が入れる終点です。

枯れかかったフジアザミが咲いていました。






湿気があるからか、あたりから木の香りが漂ってきました。

「あぁ~、いい香り」


久しぶりに木の香りをかいだような気がしました。

木の香りの中にいると、なぜか心が癒されるような気がします。








滝沢林道に紅葉を探して②に続きます。


紅葉とちょっとだけ見えた富士山~山中湖パノラマ台

2017年10月18日 22時26分44秒 | 富士山


(11:59)

2017年10月18日(水)

久しぶりに富士山の撮影に行ってきました。


最近は天気も悪いけれど、いろいろな用事が多くてあまり出かけられませんでした。

国道139号線を富士吉田に向かっているときは、富士山が見えたのですが、そのうちに雲が出てきてしまいました。


朝の内は見えたようですが、時間が遅かったので、駄目でした。


富士山は期待できませんでしたが、山中湖のパノラマ台に行ってみました。

桜の葉っぱが紅葉して、ススキがきれいでした。







桜の紅葉とススキです。








富士山の頭がやっと少しだけ見えました。







この写真が一番見えた富士山です。







紅葉の間の富士山です。







桜の葉の紅葉です。







アザミが咲いていました。







空の雲がきれいでした。




パノラマ台の駐車場に福岡ナンバーの車が停まっていました。

60代くらいのご夫婦が乗っていました。


その奥様とちょっとお話をしました。

九州の福岡から車中泊と旅館に泊まって旅行に来ているのだそうです。

私も親戚が小倉にいるので、お話をしていて懐かしくなりました。


もうかなり前に亡くなった叔父が、家に遊びに来た時に、話している言葉に似ていたからです。

北九州の方言なのだと思いました。


言葉を聞いていたら、なぜかほのぼのし、叔父さんの顔を思い出しました。


そのご夫婦は娘さんが東京に住んでいるので、これから東京に行くのだと話してくれました。


「そして誰もいなくなった」を読み終わる

2017年10月15日 15時52分45秒 | 読んだ本の感想
お題「好きなミステリー小説は?」に参加中!
アガサ・クリスティー原作の「そして誰もいなくなった」を読み終わった。


そして誰もいなくなった (クリスティー文庫)
アガサ・クリスティー,青木 久惠
早川書房



この本を読んだのは2度目である。

初めて読んだのはも何十年前になるのだろうか?

当時、アガサ・クリスティーが好きで、何冊か読んでいたが、「そして誰もいなくなった」は内容をまったく知らなかった。


読んでいるうちに、だんだんと引き込まれていった。


孤島の兵隊島に10人がオーエン氏によって招待される。

オーエン氏は現れなくて、額に入れられた古い童謡の歌詞の通り、一人、また一人と去っていく。

最後に10人がいなくなる。


犯人は誰だ?



以下はエピローグに書かれている文の一部です。





「ですから、島にはほかに人間がいたはずなのです。

すべてが終わったあとに後始末をした人間が ー 

しかし、そいつはそれまでの間、いったいどこにいたのでしょうか。

そして、どこに消えたのでしょうか。

スティクルヘイブンの村人は救助の船が着く前に島から出たものがいるはずはないと、自信を持って言っています。

しかし、そうなるとーー」


メインはそこで口をつぐんだ。


「そうなると」と、副総監も言った。


ため息をついた副総監は首をふってから、体を乗り出した。


「だが、そうなると、いったいぜんたい、誰が10人を殺した犯人なのだ」









去年だったと思うが、BSプレミアムで、「そして誰もいなくなった」のドラマを3回に分けて放送した。


これをブルーレイにダビングしておいた。

本を読んでからもう一度見てみた。


最初に読んだ本からは時間がたっていたので、今度はよく理解できた。



大好きなアガサ・クリスティー、改めてミステリーの女王だと思った。


ミステリーの女王 アガサクリスティー (再)

2017年10月06日 19時00分52秒 | 読んだ本の感想
お題「好きなミステリー小説は?」に参加中!

私は子供のころから本が好きでしたが、特にミステリーが好きでした。



このお題が出る前に、アガサ・クリスティーの「そして誰もいなくなった」を本屋で買ってきて、今読んでいます。

以前に読んだことがあり、テレビでもドラマ化されました。

けれど、もう一度本を読んでみたいと思ったからです。



一緒に買ってきたのはやはりアガサ・クリスティーの「アクロイド殺し」です。

この本は、小学校のころに子供版で読んでいますが、もう一度、改めて読みたいと思ったからです。










お題に参加が「お好きなミステリー小説は?」だったので、2009年5月に載せたブログを探してみました。



もう1週間くらい前になるだろうか。


NHK BSハイビビョンで、世界の歴代のミステリー作家についての座談会をしていた。



ポー、エラリークィーン、レイモンドチャンドラー、アガサクリスティーについてだったと思う。



私は子供の頃から、探偵小説が好きだったので、録画をして後で見ることにした。



ポーは子供の頃読んだ「黒猫」くらいしか知らなかった。


読み終わったとき、とても怖かった記憶がある。



エラリークィーンは大人になるまでに何冊か読んだ。


「Xの悲劇」「Yの悲劇」など・・・


もう内容はほとんど覚えていない。



ここで驚いたのはエラリークィーンは一人の作家ではなくて、従兄弟同士の二人の人間だったということだった。


二人で一つの小説を書くなんて、難しいだろうなぁ~と思った。




いや、待てよと、私はふと別のことが頭をよぎった。


エラリークィーンを二人で書いていたのは、以前に本の解説で読んだことがあるはずだった。


私が覚えていなかっただけだ。


何と私の頭は、あやふやな記憶なんだろう・・・


こんなで大丈夫だろうかと、心配になってしまった。




それはさて置き、私が特に気になったのはアガサクリスティーについての座談会だった。


アガサクリスティーの小説はとても好きで、何冊か分らないが、大人になっても読んでいた。


最初に読んだのは小学校高学年の頃だと思う。


子供用に書かれた「アクロイド殺し」だった。


これは意外な人間が犯人だったので、子供心に驚いた。


その後、「オリエント急行殺人事件」や「ミスマープルの事件」など色々読み、そのたびに結末に驚かされた。



テレビの座談会でも話題になっていたが、私がクリスティーの作品の中で、一番衝撃を受けた小説がある。


それは「そして誰もいなくなった」だった。


これは当時、何の予備知識も無く読んだからか、読み終わったときは本当に驚いた


アガサクリスティーが「ミステリーの女王」と呼ばれる訳が分るようだった。


小学校の運動会を見に行ってきました♪

2017年10月01日 22時44分47秒 | 写真と日記


①(10:02)

2017年9月30日(日)

小学校の運動会を見に行って来ました。

ものすごく暑くもなく、過ごしやすい天気の1日でした。









6年生のメートル競走です。









珍しいことに1位になりました!

(どういう風の吹き回し?)

(いえいえ、よく頑張りました!)
























応援部の児童たちです。

















疲れて寝ているお父さんもいるようです。

スマホを見ているお母さんもいます。


後ろを見たら、本を読んでいるバアバもいました。

皆さんいろいろでした。


























































高学年のリレーです。

リレーの選手だけあって、みんな速いです。









ゴールの瞬間です。



運動会も見ているのは楽しいですが、家に帰ってからだいぶ疲れてしまいました。