ミスターさわのマジック活動

マジックを演じるのは見る以上に楽しいものです、マジックの情報と趣味の写真を時に応じ掲示したいと思います。

長野県喬木村の「リンゴの樹オーナー」の開園式に参加して

2018-05-15 09:32:32 | イベント参加

今年初めて「りんごの樹オーナー」なった、先日開園式があり参加した。

場所は長野県下伊那郡喬木村のリンゴ園である、開園式は10時からあり 

オーナーおよそ200人が参加した、式典は農園代表の挨拶のあと、喬木村

村長の歓迎の挨拶、来賓紹介がありました、

式典の後餅まきがあって、開園を祝った、この後オーナーはそれぞれの、

参加農園の果樹園に行き、受付けでもらったオーナー札を、希望する

リンゴの樹に取り付けた、後の管理はそれぞれの農家にお任せする形で、

今度は11月の収穫祭に集まる事になる。

 

 

 

 

この建物の2階から餅まきがありました 

 

ここで受付けオーナー札を受取ります 

 

参加賞の五平餅をここで貰います 


色々な特産物の即売所もオープン 

 

オーナーがぼちぼち集まってきます 

 

 

農園代表の挨拶 


喬木村村長の歓迎の挨拶 


 来賓の紹介


リンゴ園に来ました 

 

リンゴの花です 

 

 この中から希望する樹に名札を付けます

 

 

帰路元善光寺に立ち寄り参拝しました、楽しい一日になりました

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

羽島市映画資料館を訪ねて

2018-05-10 22:50:41 | 博物館シリーズ

 

かって、岐阜駅前に日本劇場と言う名の映画館が有った、この映画館は昭和27年に

オープンし昭和56年閉館するまで28年4カ月に亘り営業を続けた、この間の上映

本数は2,826本でこのほど、新聞広告などから、詳細な映画の題名、上映期間など

克明に調査され、その結果が「駅前日本劇場の生涯展」とし羽島市歴史民俗資料館

に併設されている、羽島市映画資料館で開催されており先日訪ねた、学生時代に

見た懐かしい映画の数々に時間の経つのも忘れて見入った、またこれだけ詳細な

資料を作られた.近藤・八千代氏に敬意を表したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この羽島映画資料館は竹鼻朝日館という映画館の跡地に造られており、この歴史も

旧朝日館コーナーで展示されているので、これを紹介します。

 

 

 

  

 

 

 

 

この映画資料館では、定期的になつかしい映画の上映会が開催されています、

毎月第二土曜日午前10時と午後2時の2回上演します、今年の上映計画です。

平成30年度映画のつどい、(今月は5月12日 伊豆の踊子)

 

 

 

映画のつどい上映会場 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

岐阜県大垣市にある「大垣城」を訪ねて

2018-05-09 11:50:52 | お城めぐり

 

今回は岐阜県大垣市にある大垣城を訪ねた、ここはJR大垣駅の約300南に位置し

極めて便利な場所にある。

大垣城は天文4年(1535)宮川安定の築城と言われる、水門川の流れを外堀に利用

した小さな城であった、天守は慶長元年伊藤祐盛によって造営された、この城は

四層四階建で総塗りごめ様式で大変優美な城として名高く、歴史上からも重要な

役目を果たした、昭和11年には国宝指定されていたが、先の大戦で焼失し昭和34

年に再建された。

 関ヶ原の合戦ではこの城が重要な役割を果たしたといわれているが詳細は割愛する

 

 

大垣市教育委員会・大垣市文化事業団のパンフレット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お城の入り口 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藩主戸田氏鉄公騎馬像 

 

公園側からみた大垣城

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

竹鼻別院の藤まつりを訪ねて

2018-04-23 23:41:26 | 花紀行

4年振りに羽島市にある竹鼻別院の藤まつりを訪ねた。

友人からの情報で今が一番見頃との事、早速訪ねた。

竹鼻別院の藤は樹齢300年以上の古木で、羽島市唯一の県指定天然記念物で

枝張りは東西33m,南北15m,樹高2.4mと見事なものである、例年5月の始

が見頃であるが、今年は10日ほど早く開花した、竹鼻まつりの5月3日には

かなり散った後になりそうである、先ずは見事な花をご覧下さい。





 



 

 

 














コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

東京上野不忍池を訪ねて

2018-04-16 22:26:27 | 桜紀行

 

東京桜紀行もいよいよ今回が最後となりました、今回は東京上野「不忍池」を訪ねます。

不忍池は上野公園の西の一角で動物園と並んで有ります、池は3つに仕切られており、

蓮池。ボート池、鵜の池となっています、桜並木はボート池と蓮池の境にある道路の

両側にあり、ところところトンネルになっています、中央には弁天堂があります。

弁天門から弁天堂までの道の両側には露天商が並んでおり大変な賑わいとなっています、

訪れたのは3月27日で桜は丁度満開でした。



正面の六角の屋根が弁天堂











 





 

 





ボート池には色とりどりのボートが浮かびのどかな風景でした


コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

東京上野公園桜まつりに参加して

2018-04-14 22:58:09 | 桜紀行

 

子パンダシャンシャンで賑わう上野公園は、東京の花見の名所でも有る、訪れた3月27日

は桜の満開で、平日にも拘わらず大勢の花見客で賑わっていた、園内各所に桜はあるが、

花見会場は文化会館の前を進み南に折れた広い道路の両側で、長さはおよそ500mの区間で

西郷隆盛像のある公園までである、中央が通路で両側に花見場所が設定されており、青い

シートで場所取りされている、宴が盛り上がっているグループ、一人で場所番をしている風

も見られる、この様子は写真をご覧下さい。

 

 

 

 

 

東京文化会館の前を進む 


注意看板 

 

この先を左に曲がるとフェスティバル会場である 


 

 

 

さくらトンネルの中を進む 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枝垂れ桜の大木 


 

有名な西郷隆盛像 


 

 

 観音堂前から不忍の池の弁天堂方面を望む


不思議な形の松の木 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

都立庭園の「六義園」を訪ねて

2018-04-13 18:50:08 | 庭園めぐり

 

東京都文京区本駒込に有る、都立庭園「六義園」を訪ねた、ここは五代将軍・徳川綱吉の

信任厚かった川越藩主・柳澤吉保が元禄15(1702)年に築園した和歌の趣味を基調とする

「回遊式築山泉水」の大名庭園である、明治時代に入って岩崎弥太郎の別邸となりましたが

昭和13年に都に寄付され、昭和28年に国の特別名勝に指定された貴重な文化財である。

 今回(3月28日)訪れる機会があり撮影しました。


 

 

 

 

 

 

 

  

この庭園の名所しだれ桜満開の時期は過ぎていました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 説明文はパンフレットより引用しました

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

東京国立博物館の庭園を訪ねて

2018-04-12 14:04:36 | 博物館シリーズ

上野公園の北にある東京国立博物館の庭園を訪ねた、この庭園は通常は公開

されていないが、春と秋の2回開放される、2018年春は3月13日から5月

20日まで開放、また2018年秋は10月23日から12月2日まで開放される、

時間は10時から16時である、天候によっては中止される事も有る。

本館の東横から入り、1周して西側から出るルートである、なおこの博物館

の敷地に入るには入場料大人620円高校生410円が必要である、

訪ねた時3月27日は本館で「博物館でお花見を」と題する展示が行われて

いた、これは3月14日から4月7日であるので、現在は終了している。

 




 

 

 

 

茶室 春草庵

 

 

 

 

 

本館の裏側

 

茶室 転合庵

茶室 六窓庵

 

 

 

 

 

表慶館(休館中)

本館から上野公園方向を観る

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ホテル椿山荘(ちんざんそう)東京の庭園を訪ねて

2018-04-11 11:02:29 | 桜紀行

バスツアーの途中昼食会場 として立ち寄った「ホテル椿山荘東京」の庭園

を紹介します、場所は東京都文京区関口にあり、かっては黒田豊前守の下屋敷

跡地で広大な敷地の中に造られた庭園で、歴史的な建造物も多く、多彩な桜の

競演が広がる約20品種120本の見事な桜を、庭園内の名所と共に楽しめます、

訪れた日は3月28日で丁度満開を迎える桜も多く、1時間では回りきれない

状況であった。 

 

 

 

 

 

 

 

中央に見える三重の塔は、広島から大正14年に移築したもので 文化財指定されている


 

 

 

 

 

 

羅漢石 

 

 

 

 

 

 

中央は十三重の塔は織田有楽由縁のもの 



 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

北の丸公園から千鳥ヶ淵までの桜

2018-04-09 23:13:25 | 桜紀行

 

 

少し遅くなりましたが、乾門を出て北に向かうと

北の丸公園があります、ここには国立近代美術館、

科学技術館サイエンスホール、日本部道館、等が

有ります、この先田安門があり、千鳥ケ淵,牛ケ淵

が有りますその様子をご覧下さい、撮影日4月28日


 

 

 

 

 

八角形の日本武道館

 

 

 

田安門

 

 

 

千鳥ケ淵

 

 

 

こちらが牛ケ淵

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加