房総閑話

廉価版コンデジでどれだけ撮れる?

ヒナキキョウソウ(雛桔梗草)

2019-06-26 11:30:09 | 写真
歩道にはみ出した紫色の花がありました。這っている様な感じで咲いていました。
花はキキョウの花です。キキョウソウかと思ったのですが、葉っぱを見ると茎を抱いていません。ヒナキキョウソウです。初めて見る花はわくわくします。

ヒナキキョウソウ。漢字で、雛桔梗草。学名は『キキョウ科キキョウソウ属の2つの花』の種です。2つの花とはどういうことでしょうか。
アメリカ大陸原産の帰化植物です。ちょっと「帰化植物」の説明。外来植物の中で日本で種を作って、さらにその種が発芽して発育した植物を帰化植物といいます。発見されたときは外来植物で日本の土壌で次世代を作っていたことが確認されれば帰化植物です。日本の環境で育って種を作れても、その種が発芽しない外来植物は帰化植物ではありません。

花は茎の先端にひとつ咲いています。



キキョウソウと同じで、自家受粉を防止するための雄性先熟で初めに雄しべが熟して花粉を出してを雌しべにつけます。葯に花粉がなくなると雄しべは雌しべから離れていき、枯れてしまいます。雄しべが枯れる頃に雌しべについた花粉がなくなります。花に花粉がある期間が雄性期です。雌しべについた花粉がなくなると雌しべの先端から柱頭が出てきて3裂しながら熟していきます。花粉を受け取れて受粉できる期間が雌性期です。

茎が細くて直立出来ないような感じでした。



花びらはキキョウソウより大きく開いています。



閉鎖花と開放花の2つの花があります。

葉っぱは茎を抱いていません。茎の先端の花以外はすべて閉鎖花です。



閉鎖花はすぐに閉鎖花を咲かすようです。



キキョウソウと同じで果実に窓がありそこから種子を出します。
窓の位置はキキョウソウは真ん中でしたが、ヒナキキョウソウは上の方にあります。

果実の窓は上のほうにあいています。



次の日には花は枯れていました。花が咲いている最後の1日だったんですね。

図鑑などには枝分かれは少ないと書かれていますが、結構枝分かれしています。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)

キキョウの記事です。
キキョウソウの記事です。


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ゼニバアオイ(銭葉葵)

2019-06-24 11:03:26 | 写真
アオイ科と言えば、フヨウやムクゲ、ハイビスカス、ゼニアオイ、タチアオイまたはワタやケナフなど背丈が高い植物を思い浮かべます。
アオイ科にはウサギアオイみたいな地を這う種類もあります。フヨウ、ムクゲ、タチアオイが混乱するように、今回紹介するアオイ科もかなり混乱します。

ゼニバアオイ。漢字で、銭葉葵。学名は『アオイ科ゼニアオイ属の目立たない種』です。ゼニアオイと比べると相当目立ちません。

小さくて可愛い花です。



葉っぱは葵の形。



畑の道路わきで見ることが出来ます。



花が目立たないのかも知れません。



薄紫色で花びらの筋が可愛いアクセント。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

アミガサダケ(編み笠茸)

2019-06-16 10:20:54 | 写真
4月にヒトリシズカを見つけたその向かい側の木の根元になんとも変わったキノコを見つけました。



アミガサダケ。漢字で、編み笠茸。学名は『アミガサダケ科アミガサダケ属の食用の種』です。学名の属名 Morchella はドイツ語でキノコを意味するようです。学名を直訳すると、「食べられるキノコ」ということになります。ヨーロッパの人から見ても、余程食べられないキノコに見えるんですね。

この木の根元の両側に生えていました。この木の向かい側にヒトリシズカがあります。





窪みの内側(キノコの中)に胞子を作るそうです。成熟すると頂部の円形の部分がはずれて、胞子を噴くそうです。

もう成熟して蓋がはずれたキノコ。中には何も入っていませんでした。もともと何も無いそうです。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)(2019年4月18日撮影)

学名のように外国では食用らしいですが、日本ではそんなに食べられていないようです。やはりキノコは秋のイメージからかな。
毒があるようなので食べ過ぎには注意したほうがいいようです。


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

キキョウソウ(桔梗草)をよ~く見てみよう!

2019-06-08 11:06:14 | 写真
5月の終わり頃から小さな青紫色の花が目に付きます。
調べたら、キキョウソウでした。




キキョウソウ。漢字で、桔梗草。学名は『キキョウ科キキョウソウ属の茎が葉をつらぬく種』です。アメリカ大陸原産の帰化植物です。
別名は、ダンダンキキョウ。
茎の周りに丸い葉っぱが段々についています。学名通り茎が葉っぱをつらぬいているように見えます。
1本だけ咲いているところもあるし、3,4本ずつ咲いているところもあります。

茎が1本で枝別れしないので幅をとらないのですっきりしています。


茎の途中辺りから上に向かって花が咲いています。

まだ白っぽいツボミです。



青くなってきてもうすぐ咲きます。


キキョウ科なので雌雄同花で雄性先熟です。
雄しべと雌しべがひとつの花に同時期あるのではなくて、雄しべが先に熟して花粉を出して、花粉を出し切ると雌しべが熟しだして柱頭が現れます。このとき雄しべは枯れてしまっています。このように、雄しべが先で、雌しべが後に成熟することを雄性先熟といいます。
雄しべが花粉を出している時期を「雄性期」、雄しべが枯れて雌しべの柱頭が花粉を受け取れる時期を「雌性期」と呼んでいます。自家受粉を防止するための植物の計略です。

雄しべは雌しべに張り付いています。これから雄しべは花粉を出していきます。



雄しべは花粉がなくなると、雌しべから離れていきます。雌しべに花粉がついていますが、雌しべは成熟していないので受粉は出来ません。



雄しべが枯れて、雌しべについた花粉がとれて、雌しべが成熟すると柱頭が雌しべの先から3裂しながら現れてきます。



雌しべの柱頭は3裂しています。



先ほど花は茎の途中から咲き始めると書きましたが、実は下の方から花がついています。しかし、咲きません。そうです。閉鎖花です。咲かないで、ツボミの中で受粉を完了して結実します。
なかには、茎の上のほうまで閉鎖花のキキョウソウもあります。

ここからがキキョウソウの面白いところです。
キキョウソウの果実はガクを残して実になります。閉鎖花と開放花の区別はガクの枚数でわかります。閉鎖花はガクの枚数は3~4枚、開放花のガクの枚数は5枚です。

閉鎖花の果実。ガクの枚数が4枚だから閉鎖花ですね。



開放花の果実。ガクの枚数が5枚だから開放花ですね。


写真をよく見ると、果実の表皮の色が一部分違っているのが気がつかれましたでしょうか。コケ類では蒴のキャップがとれて胞子が飛んでいきますが、キキョウソウはこの色の変わったところがカーテンコールのように巻き上がって窓ができて、そこから種が風に揺られてこぼれます。

種が熟すと果実の色の変わった部分の表皮が巻き上がって窓が開いて種がこぼれます。閉鎖花。


葉っぱが茎を取り巻いているので、こぼれた種はすぐには落ちないで葉っぱに溜まっています。


開放花の窓です。


窓の部分の巻き上がった表皮はリボンのようですね。

さらに閉鎖花と開放花では窓の数が違います。閉鎖花の窓は2箇所で、開放花の窓は3箇所です。


果実の横に次の閉鎖花が育っています。写真の上の果実が開放花、下の果実が閉鎖花。


6月中旬ではこれらのことが全部みられれるのが、キキョウソウの楽しいところです。

開放花の果実の隣に閉鎖花が出来ています。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)

キキョウソウに似ている植物は、
キキョウソウで葉っぱが茎を巻かない、ヒナキキョウソウ。
キキョウの花が小さくてひょろっとしている、在来種のヒナギキョウ。
などがあります。

キキョウの記事

生物の繁殖戦略は面白いですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント (4)

大規模造成地に群生している、オニノヤガラ(鬼の矢柄)

2019-06-01 11:58:45 | 写真
大規模造成地の一画に茶色の植物があっちこっちにニョキっと出現しました。
すでに群生している区画もあります。

茶色の茎にクリーム色の花、そして枯れたような花が見えます。





調べてみると、
オニノヤガラ。漢字で、鬼の矢柄。学名は『ラン科オニノヤガラ属(膨れた塊根をもつ)の背の高い種』です。



葉がありません。
茎も緑色をしていないので、茶色だらけです。

他の草たちのより丈が高いので目立ちますが、近寄ってみると小さいのもあります。


花はラン科特有の花びらです。



葉緑素は葉だけではなく、茎の緑色のところにもあります。葉が無くても茎が緑色であれば光合成をしていますが、緑色がまったく無いということは光合成をしていないということです。




茎についているは咲き終わった花です。


ラン科特有の菌従属植物ですが、自分で栄養を作り出せないので100%菌に依存しています。
オニノヤガラの菌根菌は木材腐朽菌のナラタケ菌です。
オニノヤガラとナラタケ菌の共生関係はちょっと変わっています。
ナラタケ菌はオニノヤガラの塊根(塊茎、ジャガイモのような物)の表面に取り付き皮表中に侵入し皮相組織を破壊しながらオニノヤガラから栄養をもらいます。
ナラタケ菌が皮相組織からさらに奥の塊根の消化細胞に到達すると、逆にオニノヤガラはナラタケ菌を吸収、消化してしまいます。オニノヤガラがナラタケ菌を食べてしまうのです。
オニノヤガラが一方的にナラタケ菌から栄養を搾取しているのではなくて、自分を食べさせて、ナラタケ菌を成長させて食べているのです。ナラタケ菌からしてみると自分を食べさせて、オニノヤガラの塊根を成長させて食べているということになります。
両者がお互いに寄生関係を持っているのですが、オニノヤガラのほうが寄生関係は重要で、ナラタケ菌がいなくなると塊根は年々退化していきやがて消滅してしまうそうです。



この大規模造成地は幹線道路に近いほうから沢になって下っていき、奥は雑木林と畑が広がっていたところです。この沢が都川の上流部高田排水路の最上流部の東調整池につながっています。
この区画はその沢のあったところで、最後に埋め立て造成したところです。そのため埋め立て土砂は場外から搬入していました。
その土砂の中にオニノヤガラの塊根が含まれていたと考えた方がいいのでしょう。



オニノヤガラは花が咲くと地上部は枯れてしまい、地下の塊根も小さくなるそうです。塊根は時間をかけて大きくなりまた花を咲かせるそうです。それが何年後になるか・・・
今咲いている塊根が発芽(つくしの大きな感じ)して次に咲くまでには家が建っているかもしれません。

オニノヤガラは、千葉市のレッドリストには掲載されていませんが、千葉県のレッドリストには掲載されています。


(Canon IXY DIGITAL 510IS)

オニノヤガラは漢方薬で、強壮薬だそうです。
塊根はふかして食べるとジャガイモのような甘さがあるそうです。


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ヒエンソウ(飛燕草)

2019-05-30 22:34:28 | 写真
図書室の前の広場に変わった形の花びらの花が咲いていました。

1m近くあって細くて大きいです。


セリバヒエンソウを見ていたのですぐにヒエンソウの仲間とわかりました。




ツボミがイルカのような形です。


帰って調べると・・・
学名も和名も混乱しています。
ヒエンソウ。漢字で、飛燕草。と言うのと、
チドリソウ。漢字で、千鳥草。
どっちが別名の和名かわかりません。学名も種小名は同じですが属名が Delphinium と Consolida の2つあり、和名の属名がはっきりしません。

とりあえず、キンポウゲ科デルフィニウム属またはヒエンソウ属またはチドリソウ属です。



さらに、園芸種名はラークスパーと呼ばれています。




葉っぱは掌状に細く裂けて、独特です。


有毒植物なので取り扱いには注意が必要です。やはりキンポウゲ科は危ないです。
あくまで観賞用ですね。

隣に白い花もありました。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)

セリバヒエンソウの記事

ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

エケベリア

2019-05-29 21:00:58 | 写真
図書室に行く途中で、おかしな花を見ました。
エケベリアという植物だそうです。



多肉植物と言うそうです。
ベンケイソウ科エケベリア属です。



サボテンとかの括りになるようです。



園芸品種なので、園芸品種名が多くて正式な名前は分かりませんでした。






多肉植物は、花を観賞するのではなく葉を観賞するようで、花から調べるのにちょっと苦労しました。


(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ユキノシタ(雪の下)

2019-05-28 10:09:04 | 写真
ユキノシタ。漢字で、雪の下。ユキノシタ科ユキノシタ属の走出枝を持つ種です。

6月に近づくとよく見かける花です。花と葉っぱの印象が結びつきませんね。
花は上に3枚の小さな花びら、下に長い2枚の花びら。上の3枚に赤と黄色の斑点模様と子房を覆う黄色いカバー(花托が大きくなって花盤になって子房を覆っている)が可愛さを引き立てています。
写真で花の後ろに写っているのがユキノシタの葉っぱです。














ユキノシタとホソヒラタアブです。ホソヒラタアブはよくホバーリングして空中で静止していますね。



ユキノシタとヘビイチゴです。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

マムシグサ(蝮草)

2019-05-24 11:26:38 | 写真
撮影記録ログをみると2018年5月1日にマムシグサを見られたようなので、ちょっと早い2019年4月23日に探しに行きました。
マムシグサを見た場所は、農道を挟んで東側が田んぼで西側が雑木林のちょっと開けたような空間のある雑木林の中でした。

目的の場所に着いて雑木林の中を覗き込むとあたり一面ホウチャクソウで覆われていました。
こわごわ雑木林の中に入っていき探すとありました。

マムシグサの芽です。


芽が出たばかりなのでもう一度来ることにしました。

場所がわかれば農道からでも確認できました。



2019年5月10日。大きくなっただろうマムシグサを見に行きました。

農道からでも立派になったマムシグサを確認できました。


こわごわ雑木林に入って近くで見ました。




マムシグサなのだけど種類はよく分かりません。2018年は種類が分からず記事を断念しましたが、1年たってもマムシグサの種類の分類は確定できないようなのでマムシグサで記事にします。素人からみると原因は地域による変異がありそれぞれに名前が付いていて、その変異が種類差なのか個体差なのか見た目でわからないからさらに分類を困窮させているようにみえます。




紫がかっています。






あたりをさらに探すともうひと株ありました。
青いマムシグサです。

葉は幅があるように見えます。






紫の縦線は無く全体的に緑色です。



茎の模様がマムシに似ていることよりマムシグサという名前が付いたようです。花柄が短いように見えます。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ハナガサギク=特定外来生物指定種 ~ 学名から解説

2019-05-22 10:07:35 | 写真
ハナガサギク、漢字で花笠菊。別名はヤエザキハンゴンソウです。ヤエザキハンゴンソウはハンゴンソウの八重咲き種ではなくオオハンゴウソウの八重咲き種です。

説明に行く前に、環境省のホームページ、日本の外来種対策の特定外来生物のページにオオハンゴンソウ、ハナガサギク、ヤエザキハンゴンソウと書かれているので特定外来生物指定種です。

名前が違うじゃないかと思われる方がいると思います。オオハンゴンソウもハナガサギクもヤエザキハンゴンソウも日本名であって、正式な生物名ではないのです。そこを理解してください。
オオハンゴンソウとハンゴンソウは生物的にキク科という分類が同じだけで関係はありません。日本名から想像するとハンゴンソウの大きいのがオオハンゴンソウになるけど、似ているのは葉っぱだけで花はまったく違う形をしています。ただ単に葉っぱが似ていてハンゴンソウより大きいからという理由でオオハンゴンソウという日本名が付いただけなんです。

ハンゴンソウの花(三河の植物園さんからの写真)    オオハンゴンソウの花
           


ハンゴンソウ Senecio cannabifolius キク科キオン属の多年草。
オオハンゴンソウ Rudbeckia laciniata キク科オオハンゴンソウ属の多年草。
それでは、ハナガサギクとヤエザキハンゴンソウの学名はというと、
Rudbeckia laciniata var.hortensis です。

Rudbeckia laciniata まで同じです。Rudbeckia はスウェーデンの植物学者の名前で、laciniata は細かく裂けたという意味です。キク科オオハンゴンソウ属で葉っぱが細かく裂けている種ということです。

オオハンゴンソウの葉


では var.ってなんでしょ。var. はヴァリエーションの略です。変種の記号です。hortensis は庭園栽培種のこと。つまり、ハナガサギクやヤエザキハンゴンソウはオオハンゴウソウの庭園用につくられた変種ということです。

栽培種なんだからいいのではと思われるかもしれませんが、環境省のオオハンゴンソウのリスト名は Rudbeckia laciniata としか書かれていませんので、オオハンゴンソウの変種もすべて含まれると解釈されます。

学名の var. の表記と解釈にルールがあって、var. がある場合 Rudbeckia laciniata しか表記していない場合は変種をすべて含むとされています。ハナガサギクを含まないで一重の花のオオハンゴンソウを示す場合は
Rudbeckia laciniata var. laciniata
と var. の後にもう一度 laciniata を表記しなくてはいけないのです。

ちょっとややこしいですが、日本名で生物を判断してはいけない。すべて学名で判断されます。

一番重要なことは、変種は基本種(母種)と交配できるということです。ハナガサギクとオオハンゴンソウは交配してオオハンゴンソウの種を作ることが可能です。このことからハナガサギクはオオハンゴンソウと同様に特定外来生物に指定されています。


外来法について

特定外来生物・維管束(植物)は平成28年10月1日に16種類になりました。

また、平成25年6月12日に特定外来生物法つまり外来生物法が改正されました。

罰則は、目的によって違っています。
1.許可なく輸入した場合
  個人 3年以下の懲役または300万円以下の罰金 法人 1億円以下の罰金

2.許可を受けていない者に対して販売や配布をした場合
  個人 3年以下の懲役または300万円以下の罰金 法人 1億円以下の罰金

3.販売・配布目的のために許可なく飼養した場合
  個人 3年以下の懲役または300万円以下の罰金 法人 1億円以下の罰金

4.愛玩(ペット)などの目的のために許可なく飼養した場合
  個人 1年以下の懲役または100万円以下の罰金 法人 5千万円以下の罰金

5.偽りや不正をして飼養等の許可を受けた場合
  個人 3年以下の懲役または300万円以下の罰金 法人 1億円以下の罰金

6.許可なく野外に放ったり、植えたり、まいたりした場合
  個人 3年以下の懲役または300万円以下の罰金 法人 1億円以下の罰金

となっています。
植物の場合、飼養は栽培と解釈してよいでしょう。4は栽培して自分で楽しむ場合の事と解釈されます。これを見る限り、4以外は植物の場合は死んでいない種(たね)を移動させたら違反になります。それから、告知期間は終わったので、特定外来生物の種類を知っていなくても特定外来生物を許可なく輸入・栽培・販売・譲渡したら程度の差はあるだろうけど確実に違反です。

また規制が厳しく除草作業がしづらいという観点から、除草日時を行政に申請して外来生物法に抵触しないように指定された通りの作業・処分すれば除草作業はできます。
作業・処分状況を写真に撮っておくのがいいでしょ。

特定外来生物と知らないで栽培してるお宅のハナガサギク。種ができる前に刈ってしまうことをすすめました。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)(2018年7月18日撮影)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント