房総閑話

廉価版コンデジでどれだけ撮れる?

ヒトリシズカ(一人静)=千葉市要保護生物指定種 ~ 千葉市緑区

2019-04-26 17:00:49 | 千葉
キンラン(千葉市重要保護生物指定種)を探して雑木林の林道を下って行くと都川に出ました。あと1kmも行かないで都川の最上流になる場所です。目の前の田んぼは水を入れ始めたばかりなのか乾いた土から湿った土に色を変え、ところどころに水溜りを作っています。いくつもの水溜りが合わさって田んぼに水が溜まり、田植えの季節を迎えます。
田んぼと都川を渡ると林道は西に90度折れ上り坂になります。林道の南側は切り立った斜面、北側は徐々に下に見える都川です。南側が斜面なので北斜面で直接日が当たりません。ウラシマソウがあっちこっちに。なんでウラシマソウは2種類の本葉の出方があるんだろうなどと考えながら斜面を見ながら歩いていると、白い色が目を横切りました。斜面に近づいてよく見るとブラシのような花です。ヒトリシズカです。




キンランが見つけれなかったことも疲れも忘れてしまいました。

ヒトリシズカ。漢字で、一人静。センリョウ科で日本のチャラン属の種(学名の小種名が「日本の」です)。



横に這う地下茎を根茎と呼びます。ヒトリシズカは根茎で、根茎から数本から十数本の茎が直立します。

数本から十数本のグループで群生をつくります。あたり一面という群生にはならないそうです。



あらら。「4枚しかない葉っぱなんだよ。食べ過ぎないでね」


ヒトリシズカは花びらもガクもありません。
花びらのように見えるのは花糸です。花糸とは雄しべの葯の付いていない部分です。雄しべの方がわかり易いですね。
雄しべは3本でひと組になっていて茎についている部分で合着しています。3本の雄しべの外側の雄しべの茎とくっついている部分に黄色い葯があります。
雌しべは3本の雄しべの真ん中の上側に緑色の子房から1本出ています。

ブラシの毛のように見えたのは雄しべです。



黄色い葯が見えます。花粉があるところです。



3本の雄しべの真ん中の上側に突出した器官があります。わかりますか。


ガクも花びらも雄しべも雌しべもすべて葉から作られたものです。
あるとき、「ガクも花びらも雄しべや雌しべを守るもの。花びら作るの面倒だから葉っぱで守ってもいいよね。ガクも作るの面倒だから最初から葉っぱでくるんであげるから、いいよね」
ヒトリシズカは進化の神様に言い包められてしまったのでした。
遺伝子情報からヒトリシズカは被子植物では早い段階で分かれて、そのときはガクも花びらもあったことがわかっています。何らかの要因による進化でガクと花びらをなくしたようです。初めからガクも花びらもなかったわけでなく、退行的進化をしたようです。
まあ、生育環境を見ても花びらをなくして4枚の葉っぱだけにした方が生活エネルギーの省エネになったのでしょう。近くに生育しているウラシマソウは2枚の葉っぱだけですから。

4枚の葉に包まっている雄しべと雌しべです。



奥から葉っぱ開いてきているのがわかりますか。


葉の付き方は2枚の対生で、対生同士があまりのも近いため輪生に見えます。このように輪生に見える葉の付き方を「偽輪生(ぎりんせい)」と呼びます。

緑色の光沢ある葉は対生で、鋸歯があり、鋸歯の先は尖っている場合もあります。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ヤブヘビイチゴ(藪蛇苺)

2019-04-24 11:08:19 | 写真



ヤブヘビイチゴ。漢字で、藪蛇苺。バラ科のインドのキジムシロ属の種で、在来種です。
なにかヘビイチゴと言われると毒があるんじゃないかと思われますが、日本には毒のある苺はありません。ただ、味が・・・・です。



ちょっと細長めの葉っぱがヘビイチゴと区別できるところです。ヘビイチゴの方がちょっと横長の葉っぱです。ヘビイチゴの方がヤブヘビイチゴより花びらは小さいと説明されても、その場に両方の植物があればわかりますが、片方だけしかない場合では同定の基準の表現としてどうだろうと思います。

大きい目立つガクはヘビイチゴの特徴です。
花びらのひとつ外側の器官を「がく片」、そのまた外側の器官を「副がく片」と呼びます。
オランダイチゴ属、キジムシロ属に見られ、副ガク片はガク片とともにつぼみを保護しています。

ガク片は尖がってます。



副ガク片は先端が3裂していて大きいです。葉っぱがついているように見えます。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)

植物の器官の名称は平仮名表記が普通です。「がく」は「ガク」と片仮名では表記しません。「が」は一字で格助詞や接続助詞に使われので読み間違え易いので片仮名にしました。


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ミツバアケビ(三葉木通)の雌花と雄花

2019-04-22 10:36:01 | 写真
ミツバアケビはアケビを基本種(母種)とした変種とか品種ではありません。
ミツバアケビ。漢字で、三葉木通、三葉通草。アケビ科アケビ属の3枚の葉の種です。学名 Akebia trifoliata、属名はアケビ属、小種名は3枚の葉です。
それでも、似ています。花が咲いていれば違いはわかりますが、花期以外は小葉の枚数を数えて5枚なら「アケビ」、3枚なら「ミツバアケビ」で区別できます。

ミツバアケビの花は濃紫色です。
雌雄同株の雌雄異花で大きめの雌花と小さめの雄花が咲きます。

アケビの雌花と雄花の記事です。比較してみてください。 新しいタブに表示されます。

雌花です。



雄花です。



掌状複葉で、小葉の枚数は3枚です。アケビと違って、葉っぱの縁は不規則な波状の鋸歯があります。



総状花序に雌花数個と総状に小さな雄花を10数個つけます。






アケビと同じで、雌しべの柱頭には甘い液体があるようで、虫が集まってきます。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

アケビ(木通)の雌花と雄花

2019-04-22 09:20:23 | 写真
アケビ。漢字で、木通、通草。アケビ科アケビ属の5つの部分からなる種。学名の属名 Akebia は日本名のラテン語形で、日本語のアケビは世界共通呼び名です。つる性の落葉低木です。秋にはどこを食べたらいいんだ?種はどうしたらいいんだ?と思う甘い実をつけます。
雌雄同株、雌雄異花でひとつの蔓から雌花と雄花に分かれて咲きます。

雌花です。棒状の雌しべ(柱頭)が6~9本放射状に広がっています。


3枚の花びら(花弁)に見えますが、ガク(がく、萼片)です。

ミツバアケビの雌花と雄花の記事です。比較してみてください。
新しいタブに表示されます。

雄花です。雄しべは6本が房状に中央に集まっています。



掌状複葉で5枚の全縁、先が丸い小葉がつきます。学名の小種名の5つの部分は小葉5枚の意味でしょう。



雌花のつぼみです。


色は白~薄紫です。

蜜のない花です。花粉の移動をどう誘っているのでしょう。



雄花は雌花よりひと回り小さく、まとまって咲いているのを見ることが出来ます。

(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント

ホタルカズラ(蛍蔓)=千葉市要保護生物指定種 ~ 千葉市緑区

2019-04-19 11:44:18 | 千葉
図書室のある住宅地の花壇に瑠璃色の星を見つけました。



ホタルカズラ。漢字で、蛍蔓。ムラサキ科ムラサキ属のオランダの植物学者ツォーリンゲルさんが命名した種で、つる性の多年草です。
他県ではレッドリストに指定されて種なので調べてみると、千葉市でもカテゴリーCの要保護生物に指定されていました。

つぼみのときは紫色、咲くと瑠璃色になります。


花の時期は茎は立ち上がり、つるの様に横には這いません。花期が終わると横に這っていくそうです。
雑木林に瑠璃色のたくさんのホタルカズラが咲いていたら神秘的でしょうね。



つっこみどころ満載の花の構造ですね。何しろ雄しべも雌しべも見えない。あの白く膨らんだ間の5つの穴と中央の穴に長いストローを持った昆虫が、ストローを挿し込むと見えないけど中にある雄しべに触れて花粉が落ちて、雄しべに囲まれた雌しべに花粉がついて受粉する。自家受粉ですね。

花の構造を調べてみると、中央にあるリング状の柱頭を持った雌しべを覆い囲うように5本の雄しべがありました。そして、穴のように見えるのは5枚の花びらが重なったしわのようなもので、独立していなくそれぞれ行き来できます。合弁花で花びらを中央ですぼめたと想像してください。

他家受粉で考えてみます。雄しべの葯は中央にある雌しべに覆いかぶさるように中央に集まってます。雄しべが邪魔をして中央からストローは挿し込めないので、外側から挿し込むようになります。このためストローは雄しべの横を抜け花びらの奥までいくので、奥にある蜜を吸うまでは花粉がつきません。ストローを抜くときは外側ではなくて中央から抜けるようになるので、雌しべのリング状の柱頭の側面、雄しべの葯という順番に触れて抜かれます。雄しべに触れたストローは花粉がついています。次の花では、花粉のついたストローを雄しべに触れることなく挿し込み蜜を吸って、抜くときに前の花の花粉がついたストローが雌しべの柱頭をこすって花粉をつけます。さらに雄しべの葯にも触るので新しい花粉がストローについて次の花にいきます。


(Canon IXY DIGITAL 510IS)


ブログランキング・にほんブログ村へ   人気ブログランキングへ   
コメント