終活の日々

後期高齢者、気ままな人生・日常を日々楽しみながら記録していきます。

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(癒される招き猫貯金箱)

2019-05-31 10:47:03 | 日記

 卯(う)の花の、匂う垣根に 時鳥(ほととぎす)、早も来鳴きて 忍音(しのびね)もらす、夏は来ぬ

 今日は朝から曇り空、好天続きから、一転雨降りのようです。暑からず、寒からずの良い陽気、当館の垣根にも卯の花が咲き始め夏が近づいている様です。

卯の花、沢山の蕾も開花を待っています。

 目を瞑っている様ですが、微笑んだ結果なんでしょうね。何とも優し気で癒される両手招き猫の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、 癒される招き猫貯金箱、陶器製、高さ20センチです。

 真っ白な体に控えめな画と色取りで個性的です。招き猫の脇の下には可愛く恵比寿・大黒が描かれています。シンプルに描かれた招き猫の顔の表情が良いですね。

 厚厚として重く丈夫そう、お金の出し口は底裏でゴム蓋、使い勝手が良さそうです。平成の貯金箱です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展、「変わり種・面白貯金箱展」の展示品からの紹介です。変わっているグレダルマ貯金箱なるもの、硬質樹脂製、高さ15センチです。頭(髪型)がリーゼント風、「悪」と書かれ、以前の不良をイメージさせるユニークなダルマです。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(リアル? な梟貯金箱)

2019-05-29 08:27:43 | 日記

 大雨と言うわけにはいかないけれど、今朝の早朝までの二日間、久しぶりの良い雨でした。草木の緑が、射しはじめた陽の光に艶やかに映えています。

 当館のサツキも満開にはもう暫くですが、鑑賞に堪える咲きぶりになってきました。彼方此方のポイントとして植えていますので、冗長ですがご覧ください。

正面入り口の両サイドに植えられています。

館名の下、緑の中に沢山の蕾が隠れています。

掲示板の下

通用口の脇

通用口の対面の一角

 これから満開に驀進、ピンクのサツキの花に溢れかえります。

 さて、梟の貯金箱の中では結構リアルと思われるものを収蔵しました。最も実物の梟をじっくりと見たことが無いので、リアルと言っても確信がないのですが。

 上の写真、リアル? な梟貯金箱、硬質樹脂製、高さ・横幅・奥行き共16センチです。

 ランランとした目、鋭い嘴、足の爪も怖そうです。全身の羽毛、その色もリアルに凝って作られています。飾り物としての価値も高そうです。

 かなり大きく、丸々としていて重く丈夫そうです。お金の出し口は底裏でゴム蓋 、使い勝手が良さそうです。

 平成時代の製造販売ものです。

 最近、地元で配布したチラシです。貯金箱永久保存の大切さを訴えました。

 

 こちらもご覧ください。

  開催中の企画展、「変わり種・面白貯金箱展」の展示品からの紹介です。 え~ ! 何だこれは。陶器製、高さ24センチ、ウサギ の貯金箱です。変わっていて面白い。詳しくはこちら。https://blog.goo.ne.jp/chokinbakokan/e/550691e3c7d182fdc54033e25c8a4393

コメント (1)

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(スパナで開ける貯金箱 その2)

2019-05-27 09:27:19 | 日記

 今日も良い天気です。最高気温も35度前後になる様で真夏日になりそうです。夏本番では異常気温にならぬ様祈るばかりです。

 こんな陽気の中で、去年より多少遅れ目ながら次々と花が咲いていきます。

当館駐車場のシャクヤク

高く伸びた垣根のバラ

 昨日は「北國街道ポタリングin千曲市」のイベント、ポタリングとはウォーキングサイクリングのこと、数組の来館者がありました。初めてのことで大変だったでしょうが、ご苦労様でした。

 昨日の午後、長野県立歴史館の館長さんと学芸部 総合情報課長さんが見学に来館されました。展示内容を大変褒めて頂き嬉しい思いをしました。

 さて、一見したところ、何だろうと考える様な貯金箱、光り輝くステンレス製の変わった・珍しい貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、スパナで開ける貯金箱、ステンレス製、直径14センチ、 奥行き25センチです。

 この貯金箱は、500円硬貨で2000枚、100万円を貯めることが出来ます。

 個性的な貯金箱、絶対に貯め込むという、貯金箱の本質に中実であり、実物を見ればビックリするほど光り輝き綺麗です。インテリアとしても十分に注目を浴びることでしょうが、素材が素晴らしいので、もう少し形に工夫があればと思います。

 新潟県燕市の金属製品製造販売の漆原工業㈱の提供です。

 こちらもご覧ください。

 

  開催中の企画展、「変わり種・面白貯金箱展」の展示品からの紹介です。真っ赤な食いつかれそうな唇、硬質樹脂製、高さ15センチ、横幅22センチ、奥行き10センチの大きなものです。貯金箱利用も良いけれど、インテリアとしても話題を呼びそうです。

 

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(珍しい? タヌキの貯金箱)

2019-05-25 08:45:34 | 日記

 朝から爽やかな良い天気です。日中は真夏日との天気予報です。暖かく、清々しい今時期ですが、極端な暑さが続くとなると寒さが懐かしい、何ともわがままなものです。ここ数日良い天気が続く様です。暑いと言っても行楽には晴れ天気が一番、大いにリフレッシュする週末にしてください。

 明日の日曜日、戸倉上山田温泉では、こんなイベントが開催されます。「北國街道ポタリングin千曲市」です。

イベント内容です。

今朝の長野市民新聞にも紹介されています。

 何か面白そう、出かけてみるのも良いかも。

 バラの時期、バラ祭りのこんな情報もあります。http://www.town.sakaki.nagano.jp/www/contents/1001000000576/index.html

 さて、リボンを付けた女の子のタヌキ貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、女の子のタヌキ貯金箱、陶器製、高さ21.5センチ、横幅13センチ、奥行き13センチです。

 アレ! と言う様な、何か可愛らしい仕種の女の子貯金箱です。「用心」なんて提灯を持って、何か意味深ですねー。まあ、変わった珍しい貯金箱です。

 厚手でかなり重く、丈夫に作られています。飾って置いても面白く、話題になりそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展、「変わり種・面白貯金箱展」の展示品からの紹介です。オレンジとブルーのバイアイ(左右の目の色が違うこと)のアヒルの貯金箱です。アメリカ製の金属製、高さ13センチ・横幅11.5センチ・奥行7センチです。随分と古そうで珍しい。詳しくはこちら。https://blog.goo.ne.jp/chokinbakokan/e/26051467646803cb1a4ea535678699eb 

 

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(スパナで開ける貯金箱 その1)

2019-05-23 07:52:13 | 日記

 歳を取ると老化からか、機能障害か、疲れからか、目の違和感が常に付きまとっています。そんな中、緑一色の今の時期は目に優しく、気分をスッキリさせます。久しぶりに若き自分に戻った感じです。いいなあ―、今の時期、一年、一年、この時期を迎えるために頑張ろうかなー、なんて考えます。

当館の周りも緑一色

今やバラの出番、緑の世界の中で彼方此方で自己主張しています。

 一見したところ、何だろうと考えるような光り輝くステンレス製の貯金箱を収蔵しました。

 

 上の写真、スパナで開ける貯金箱、ステンレス製、直径14センチ、奥行き47センチです。

 途中で挫折して、簡単にお金が出せない様、何か所もボルトでしっかり締められています。500円硬貨で300枚、150万円を貯めることが出来ます。

 この製品は、洋食器など金属製品製造で有名な新潟県燕市にある会社、金属製品製造販売の漆原工業㈱が製造販売しているものです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展、「変わり種・面白貯金箱展」の展示品からの紹介です。顔も姿も模様も奇抜、陶器製、高さ24センチのウシの貯金箱です。何となく可愛いし、愛着が湧く、こんなのも身近なインテリアとして面白い。昭和時代のもの、お金を貯めようとする一方で、一寸気分を癒してくれそうです。

 

コメント