終活の日々

後期高齢者、気ままな人生・日常を日々楽しみながら記録していきます。

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(スイマー(swimmer)の貯金箱)

2018-04-30 08:30:43 | 日記

 当館の垣根のテッセンが咲きました。未だ沢山の蕾が付いており、咲き揃えば見ごたえのあるものとなるでしょう。

 さて、服飾・生活雑貨ブランドのスイマーの貯金箱を収蔵しました。

 年齢不詳の男性が、似つかわしくない姿で野球のバットを持ち、ボールを腰の周りに付けています。陶器製、高さ14センチです。

 意味不明ですが、何かクールな感じの貯金箱です。比較的丈夫な焼きの貯金箱、丸々としていて使い勝手は良さそうですが、小さなものなのでインテリアとしての活用がメインでしょうか。

 このブランドは、2018年1月末を以って終了したそうです。

 以下、同じブランドの貯金箱です。

材質・高さ同じ、何か?を持つ女性

材質・高さ同じ、黒人の水兵?

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。 大きくて、頑丈そのもの、丈夫な達磨太子の立像貯金箱です。高さ35センチあります。怖い顔、両足は何を意味するのか、包帯巻き? 一寸不気味です。お金の入れ口は背中に大きくしっかりと開けられていますが出し口はありません。 

 

 

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(古い!! ドナルドダックの貯金箱)

2018-04-29 09:31:15 | 日記

 今日からゴールデンウイークがスタート、朝から陽が射し、雲もない、一面青空の良い天気です。幸先の良い楽しいレジャーの始まりです。

 今朝は早朝に畑に行ってきました。ジャガイモの成長に合わせての芽かきで先ず二本立てにしました。そして軽く土寄せです。一本立てにし、ぐんぐん大きくなるまで、一寸手を加えます。その後は特になすこともなく手のかからない野菜です。

二本立て土寄せしたジャガイモ

 さて、随分と古めかしいドナルドダックの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、ドナルドダックの貯金箱、陶器製、高さ15センチです。

 擦れや色落ちが厳しいけれど、欠けは無く、容姿が分かります。古いものの良さがあり、何処で作られたものか分かりませんが見栄えがします。

 形の良いセーラー服の背にお金の入れ口がありますが、出し口は小さな穴で、大きなコインは貯められそうにありません。

 インテリアとしての価値は十分です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。天使の羽根を持つ地蔵の貯金箱です。陶器製、高さ18センチです。一見、地蔵風ですが、眼鏡を掛けた俗ぼっい顔、姿も変です。でも、やはり地蔵の一種なんでしょうね。貯金箱だから許せます。首を捻りながら楽しく貯められそう。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ガタ―ちゃんの貯金箱)

2018-04-28 08:17:38 | 日記

 一週間ぶりに畑に行ってきました。先日はしっかりと雨が降り、お陰様でジャガイモが芽を出しました。芽を出すのに種イモを植えてから実に一カ月かかりました。去年もほぼ同じくらいで心配したのですが、今年は経験済みで気楽にしていました。

 芽を出すと成長が早いです。この後、成長具合をみて二本立て、一本立てにしていきます。

 周りの木々、向こうの山、どこも緑が濃くなり初夏?入りです。

柿の木も新芽が成長し蕾を付け、間もなく開花です。

 さて、ボーリングのピンが擬人化されたガタ―ちゃんの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、ガタ―ちゃんの貯金箱、陶器製、たかさ18センチです。

 昭和40年代はボーリングブームでした。彼方此方にボーリング場ができ、地域でも会社でも何かといえばボーリングでの親睦でした。そんな当時に提供されたものでしょう。投げた玉が溝に落ちガタ―で零点、渋い顔がよく分かります。

  厚手で丈夫な作り、眺めていると、あの当時を思い出し、楽しく貯められそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。大正以前の地獄落としの福助貯金箱です。陶器製、高さ13センチです。立ち姿で畏まっている福助は珍しい。経年の割には容姿が明瞭、色落ち少なく美品です。清楚な顔がイケメンです。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(パンダ郵便ポスト貯金箱)

2018-04-26 07:40:51 | 日記

 朝からサンサンと陽が射している良い天気です。これから30日まで、前半ゴールデンウイークは好天気続きの様です。心身ともにリフレッシュしてください。

 信州・長野県にお出かけの際のご案内です。

 http://www.nagano-tabi.net/

 こちらもお忘れなく。

 http://www.nagano-tabi.net/modules/enjoy/enjoy_16016004.html

 さて、非売品で、「7万円貯まるパンダポスト貯金箱」がキャッチコピーの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、パンダポスト貯金箱、陶器製、高さ12センチです。

 非売品と言うことで、郵便局が提供しているものでしょうか。7万円が貯まると言うけれど、どんな金種で貯められるのか不明です。何かと大雑把な感じのパンダ貯金箱ですが、珍しいので収蔵しました。

 全体がパンダ似、郵便局のマークもしっかり付いています。厚手で丈夫な焼き、坐り心地も良く、使い勝手が良さそうです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。一寸大きめの陶器製、ダルマ貯金箱です。お金の入れ口があっても出し口が無い地獄落とし、大正時代以前の経年のものでしょう。顔が極めて立体的で明瞭・リアル、古物としては珍しく、貴重です。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(戦時中の兵隊貯金箱)

2018-04-25 07:57:58 | 日記

 今日は朝から雨降りです。久しぶりの雨で歓迎の気持ちもあって癒されます。これから一寸大降りとなり、午前中で上がる様です。明日からは素晴らしい天気が続き、ゴールデンウイークへとつながります。

 地元観光団体がいろいろ観光情報を発信しています。参考にしてください。

 http://chikuma-kanko.com/2018-04-24/post-4752/

 さて、太平洋戦争時代に提供されていた空軍兵士の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、戦時中の兵隊貯金箱、陶器製、高さ9センチです。

 戦時の士気高揚と軍備調達のための貯蓄増強意識向上で貯金箱が宣伝品として活用されました。

 いろいろな種類の軍事物貯金箱が提供されています。極小のものが多く、貯金箱としての実用に適さないものがほとんどです。

 このデザインの貯金箱は初収蔵です。経年のもので、擦れ・色落ちがあるものの欠けは無く、容姿が明瞭に分かる美品です。

 これ等戦時物貯金箱も、戦後70年を過ぎ、あまり市場に出回らなくなりました。

 この貯金箱の足元にはマルTの刻印があります。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。大きくて軽い張子の「たまるだるま」貯金箱です。高さ30センチあります。一日100円、定額貯金と書かれています。100円玉が貯まってきたら壊れないかと心配です。でも、貯蓄の意識付け、富を招く今様の縁起ダルマです。

コメント