館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(可愛い一年生貯金箱)

2018-06-25 09:09:11 | 日記

 雲一つない青空、明るく陽が射す良い天気、間もなく7月、今日は暑くなる真夏日の予報です。

 昨日は開館中の暇をみて、貯金箱かんの通用口にあるサツキの剪定をしました。開館以来手付かずで10年、花はいっぱい咲かせても見栄えが悪くなっていました。花が散った後、一挙にスリム化、さて、どんな結果になることやら。あと三ヶ所が同じ状態なので続けて剪定するつもりです。

 さて、「春だ春だ一年生」の名札を付けた女の子の可愛い貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、可愛い一年生貯金箱、陶器製、高さ13センチです。

 ランドセルに制服・制帽、おかっぱ頭も素朴な初々しい一年生です。今の一年生はどんな格好なんだろう。

 貯金箱のニーズが現状に合わなくなり、人気の落ちた今では、昭和時代の様に何でも貯金箱で表現ということは無くなりました。

 残念ですが時代の趨勢、何かをきっかけに人気復活があるかもしれません。でも、時代を映してきた貯金箱は、文化遺産としての価値が高まっています。この様な貯金箱は大事ですよね。

 これはTOKAIの提供です。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(可愛い女の子貯金箱)

2018-06-24 08:07:40 | 日記

 どんよりと曇った朝方でしたが、今は陽が射し、今日は一日良い天気になりそうです。朝は少し寒く肌がひんやりとしましたが、これが凄く良い気持ち、この時期のお得気分です。

 さて、明日の午前中で、開催中の「縁起物貯金箱展」が終了し、午後からは30日オープンの新企画展「キャラクター貯金箱展」の展示替えに入ります。時代を映す人気キャラクター貯金箱を登場年代順に展示、また、長期間に渡って人気のあるキャラクターの貯金箱をいろいろな切り口で展示するなど、楽しい企画展となっています。ご期待ください。

 さて、目がパッチリと愛くるしい女の子の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、可愛い女の子貯金箱、陶器製、高さ18センチです。

 厚く焼かれ、重く丈夫な貯金箱です。白が基調の中に淡い色の彩り、パッチリとした目が印象的です。

 坐り心地も良く、貯金箱機能もしっかりしており、見飽きないフィギュアで楽しく貯められそうです。

 底裏に「さくら人形」と書かれたシールが貼られ、HOLIDAY FAIR N.Y.C 1973 JAPANと印字されています。 

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(プーさん貯金箱)

2018-06-22 08:30:43 | 日記

 「ほーたる来い、ほーたる来い。こっちの水が甘いぞ。」だったかな。昭和20年代、私の小学生時代、家族や遊び仲間と夜に蛍狩りに出かけました。これと言ってレジャーの無かった時代、良い思い出になっています。簡単な蛍籠が売られており、捕まえた蛍を入れて飼育、夜には家に居ながらにして蛍の灯りを楽しみました。今はどうなっているのでしょうか。当地の蛍の情報が寄せられています。こちらからどうぞ。http://chuo-hotel.net/yukemuri-info/2018-06-21/2979/

 さて、プーさんが仲間と一緒に舟遊びの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、プーさんの貯金箱、ソフビ製、高さ14センチ、横幅24センチ、奥行き15センチです。

 プーさんの仲間が勢揃いして楽しんでいる、一寸珍しい貯金箱です。飾って癒されるも良し、大きくて、しかも貯金箱機能もしっかりしているので沢山貯めるも良しです。

こちらもご覧ください。

 今日から25日午前中迄開館しています。その後展示替えに入り、30日に「キャラクター貯金箱展」をオープンします。好評開催中の「縁起物貯金箱展」は間もなく終了します。数多くの収蔵品の中から厳選された縁起物貯金箱、貯金箱の奥深さに感動します。お出かけください。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(頑丈な貯金箱)

2018-06-20 07:58:16 | 日記

 朝からシトシトと小雨が降り続き、やっと梅雨らしくなりました。落ち着いた朝を迎えましたが、メデアはワールドカップの勝ちスタートで大騒ぎです。悲観的な予想も出ていた中での堂々たる勝利、気持ちが分かります。今の若者はと感じる時も多々あるものの、オリンピックにしても、今回にしても、世界の中で、しっかりとした姿を見せてくれます。日本を託せる若者が育っていることを感じます。

 雨に映える、当地の花情報が寄せられています。こちらからどうぞ。http://chikuma-kanko.com/2018-06-19/post-5648/

 さて、千両箱風で、頑丈に作られた貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、頑丈な貯金箱、木製、高さ9センチ、横幅26センチ、奥行き14センチです。

 かなり大き目です。お金の入れ口は、上部の金具の所に開けられています。500円硬貨は入らないので、500円硬貨発行年の昭和57年以前に作られたものと思われます。

 お金は引き出しに貯まります。鍵で開け閉めします。鍵は左側に回して閉め、右側に回して開けます。

 昭和時代のものなんでしょうが、見栄え良く、本格的な貯金箱に作られています。丈夫で長持ち、インテリアとしても最適です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。土人形、高さ16センチ、大黒の貯金箱です。小ぶりのものですが、大きな顔、リアルな表情から大きく見えます。経年のもので、多少の色落ちがあるも欠け無く美品です。変わった容姿で珍しいです。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(裃姿のタヌキ貯金箱)

2018-06-18 08:22:02 | 日記

 朝からどんよりとした曇り空です。今日はこれから雨になる様です。梅雨と言っても、まとまった雨が無く、少雨の状態が続いています。この時期に相応しい雨が降ってこそ、今年も穏やかな日が過ごせるというもの、異常気象が続く近年、いつも通りの雨降りであって欲しい。

 

渇水で中州が広がる千曲川

 さて、福助人形風、袴姿のタヌキの貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、裃姿のタヌキ貯金箱、陶器製、高さ12.5センチです。

 何かネズミにも似ているし、判断に迷うタヌキ貯金箱です。太めの尻尾からタヌキと判断しました。

 カラフルな色がしっかりと焼き付けられた小奇麗な貯金箱です。変わったスタイルの貯金箱で、やはり商売繁盛の縁起物なんでしょう。

 愛嬌のある顔に癒される貯金箱、手ごろな大きさで丈夫そう、しっかり貯められます。

 加藤工芸の提供品です。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「縁起物貯金箱展」の展示品からの紹介です。陶器製、高さ12センチ、鮮やかな色取りの姫ダルマ貯金箱です。赤の下地に目一杯に松竹梅が描かれた目出度さに溢れた姫ダルマ、顔も高貴と慈愛に溢れて?います。経年のもので地獄落としです。

コメント