館長のひとり言

「貯金箱」の博物館 にしざわ貯金箱かん

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(ますむらひろしデザインの猫の貯金箱)

2017-10-30 08:45:22 | 日記

 昨日は強く弱く一日中雨降りの日でした。台風の影響の様ですが、今月は何か曇った雨降りの日が多いと感じます。今朝は天気雨から始まりました。日中は晴れそうです。

 昨日は、日本招猫倶楽部を運営している、板東寛司・荒川千尋のご夫妻が来館されました。会報誌「福の素」に当館を掲載頂けるとのことでの取材です。猫を中心にした著作などに 大活躍のお二人です。

 いろいろのお土産を頂きました。右側の冊子、「福の素」が最近発行の会報誌です。

 そんなお土産の中にもう一つ、変わった珍しい貯金箱を頂きました。

 上の写真、ますむらひろしデザインの猫の貯金箱、陶器製、高さ14センチです。

 ご夫妻経営の(有)風呂猫が企画・発売したものです。

 独特の風貌の顔、マント?の様なものを身に着け、シンプルなスタイルで正座しています。猫の毛の雰囲気が良く出ていて暖かそうです。

 何とも変わっているのは正面真ん中のお腹にお金の入れ口があることです。貯金箱では珍しいですね。

 軽い綺麗な焼き上がり、叩くと軽い音がして薄手かなと感じるけど、特に弱いということはないでしょう。貯金箱機能もしっかり、丸々としていて使い勝手も良さそうです。でも、飾りとしての魅力が勝るかな。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(大きなクラシック・プーの貯金箱)

2017-10-28 12:45:51 | 日記

 今や昼過ぎ、どんよりとした曇り空、寒いですね。これから雨降りになりそうです。来館の方から、そろそろ暖房の要望が出そうです。

 間もなく11月、新企画展「心癒されるクリスマス貯金箱展」が11月4日オープンです。もうそんな時期なんですね。現在の企画展が30日に終わり次第展示替えに入ります。忙しくて寒さを忘れるかも。

 さて、原作者A・A・ミルンによる「クラッシック・プー」の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、大きなクラシック・プーの貯金箱、陶器製、高さ25センチです。

 賑やかなディズニー・プーと異なり、表情の変化もなく、地味だけれど、何となく癒されるクラシック・プーです。

 大きくて厚手の焼で重く、無骨な感じが良いですね。飾れば興味を惹くだろうし、貯金箱として使えば、沢山貯められ、丈夫で長持ちしそうです。

 地元にこんな折り込み広告を出しました。

 広告文の出だし、「何とか」は「何かと」の校正ミスです。

 こちらもご覧ください。

  開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」が間もなく終了です。企画展の正面、山脈展示の紹介です。招き猫・七福神・お多福・達磨が見えます。鑑賞に堪えられる貯金箱、奥深く楽しいです。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(戦時下のカラクリ貯金箱)

2017-10-27 12:33:04 | 日記

 10月も終わりに近づいてきました。朝・晩が寒くなりました。室温15度前後になると暖房が欲しくなります。最近ではほぼ毎日の暖房です。

 外の風景も紅葉が始まり多彩な濃い色に変わりつつあります。落葉も多くなりました。冬に向かってまっしぐらです。

紅葉が始まった隣の南部公園

 さて、大日本帝国の陸軍・海軍・空軍の兵器などを貯金箱の全面に描いている貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、戦時下のカラクリ貯金箱、木製、一辺が9.3センチの正方形です。

 カラクリになっていて、写真の様に、一面を下げると、関連の他の面が外れてお金が出せます。

 戦車・軍艦・戦闘機などが全面に描かれた珍しい貯金箱です。経年のものでそれなりの汚れ傷みがあり、カラクリを無理に開けようとしたのか欠け箇所があるものの、時代を映し、当時の状況が分かる貴重なものです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」も間もなく終了します。展示中の一寸珍しい光景を紹介。ええ!! いろいろな土人形貯金箱がズラリ。これ本当に貯金箱? お金の投入口が確認したくなります。これらはお金の入れ口のみで、出し口はありません。地獄落としです。

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(子供のどじょう踊り貯金箱)

2017-10-24 10:56:57 | 日記

 ここ数日の風雨から一転、晴れ上がった空からは弱そうな陽が射しています。やはり秋、陽か射していてもうすら寒いです。

 休館日なので畑に行ってきました。とり残していた柿とイチジクを収穫しました。後年内は、大根の収穫と木々の選定を残すのみとなりました。

 大根もご覧の通り順調に成長しています。

 楽しみな4種類の大根が成長しています。

 総太りが大きく成長しています。

 さて、島根県安来市の民謡、安来節のどじょう踊りを踊る可愛い子供の貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、 子供のどじょう踊り貯金箱、陶器製、高さ16センチです。

 観光土産なんでしょうか。なかなか立派なものです。厚手で綺麗な焼き上がり、可愛い顔に描かれた子供のどじょう踊りの貯金箱です。

 比較的大きめで飾り物として見栄えがします。勿論貯金箱としての機能がしっかりしていて利用価値は高いものです。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。横綱の土俵入り貯金箱です。陶器製、高さ13センチです。何時ころのものか分かりませんが古いもの、良い笑顔で丁寧に作られています。古さが良く出た美品です。

 

コメント

にしざわ貯金箱かん つれづれ雑記(天使の男の子貯金箱)

2017-10-23 08:43:23 | 日記

 よく降り続きました。前日からですが、昨日は風は無かったものの、最近では体験のない強い降り方が連続していました。千曲川も増水しています。昨日の夜半からは風も強くなり、朝方雨は止んでいます。でも強い風が吹き続け建物を鳴らしています。

 随分と長い台風21号の影響です。現在、午前9時、台風通り抜けの終わりの様です。

 台風が通り過ぎ中、一寸風が止んでいます。未だ未だ落葉のシーズンには早く、強い風にも関わらず左程落葉はありません。

 さて、小ぶりの清潔感のある天使の男の子貯金箱を収蔵しました。

 上の写真、天使の男の子貯金箱、陶器製、高さ12.5センチです。

 背中に羽を付けた真っ白な体、手前に赤いリンゴを抱いていて象徴的です。顔の表情も個性的、よく見れば可愛いです。

 貯金箱としての利用価値はともかく、貯金箱を付加価値に、一寸したインテリアとして面白いですね。

 こちらもご覧ください。

 開催中の企画展「伝統的な貯金箱展」の展示品からの紹介です。地位ある力士?の土人形貯金箱です。高さ23センチです。着流しながら風格があります。経年のものでしょうが、美品で珍しい。

 

コメント