CHIKU-CHANの神戸・岩国情報(散策とグルメ)

神戸・岩国の最新情報を中心に紹介していきます。歴史や時事について調べた結果を紹介。

キルギス共和国 イシク・クル湖へのバーチャル訪問

2020年07月01日 05時16分19秒 | バーチャル探訪

2020年6月27日(土)の15:30~17:00、NHKBS3chで【行くぞ!最果て!

秘境×鉄道「疾走!シルクロード」】を視聴しました。2018-7-14の再放送です。

ウズベキスタン、カザフスタン、キルギスの3か国を舞台にシルクロードを俳優の

古原靖久がレポートする番組で大草原の絶景や遊牧民の暮らしが紹介された。

この番組の中でキルギス共和国のイシク・クル湖について興味を持ったので

Googleアースなどでバーチャル訪問することにしました。

まず、キルギス共和国(キルギスタン)についての概要を調べてみました。

写真の出典で特記が無いものは上述のテレビ番組によります。

キルギス共和国の基本情報

英文表記:Kyrgyz 面積:20万㎢(日本の約半分) 人口:

正式国名:キルギスタンKirgzstan 首都:ビシュケクBishkek(旧名フルンゼ)

国体:共和制国家  独立国家共同体 (CIS) 加盟国

近隣国:北から時計回りにカザフスタン、中華人民共和国、タジキスタン、ウズベキスタン

政治:旧ソ連を構成していた中央アジア5カ国で「最も民主的」、2005年と2010年

   に野党勝利による政変があった。しかし、キルギスの大統領たちは政権交代

   による第一野党勝利後にそれぞれ国外に亡命している。 

ブルタニカ百科事典による紹介:https://www.britannica.com/place/Kyrgyzstan/History

観光情報(トリップアドバイザー):https://www.tripadvisor.com/Tourism-g293947-Kyrgyzstan-Vacations.html

上の写真はキルギス共和国の位置を示しました。完全な内陸国です。

出典:成美堂出版 2005年版世界地図 Page150-151

キルギス共和国の世界遺産(3つ)についてのサイトを下記に添付

 http://whc.unesco.org/en/statesparties/kg

今回のブログの主題であるイシク・クル湖は東側端に位置する湖で大きさは

琵琶湖の9倍あるそうです。水の透明度は世界で2番目だそうです。

Wikipediaより引用紹介します。 英文表記はIssyk-Kul

長さ182km、幅60km。面積は6,236 km2。周囲は688kmで、琵琶湖の9倍。
最大深度は668m。標高は1,606mという高地にある。周囲から流れ込む河川が188存在するが、
イシク・クルより流出する河川は認められない。塩分濃度は0.6%程度である。
透明度は20mを超える。数少ない古代湖の一つである。 
標高が高く、冬季は厳寒の気候であるが、夏の水温は20度、冬の水温は3度程度ある。
塩分濃度が比較的低いにも拘らず、冬でも湖面は凍らない。
原因は不明だが、これは湖底から温泉が湧き出ているためという説がある。 
イシク・クル周囲には多数の鉱山が存在する。
その為、ソビエト連邦支配下では、外国人の湖畔への立ち入りは禁じられていた。
しかしキルギスが独立した後は、貴重な観光資源としての活用が行われている。 
イシク・クルの湖底には、多数の遺跡が水没している事が確認されている。
湖畔の砂浜には陶器など、湖底遺跡から流れ着いたものが打ち寄せることが有る。
なぜ遺跡が存在するかは未だに謎である。この件に関しては何度か潜水調査が行われ、
遺跡は1つではなく、様々な時代の遺跡が水没している事が判明した。
その内の1つに、曾て湖畔に存在したという烏孫の赤谷城がある。 
昔の文献によると、この湖には少なくとも16世紀頃までは島が有り、
更にその島には城が存在していたという事だが、今はその面影は全く無い。 
イシク湖には旧ソ連時代から魚雷の試験場があったため、旧ソ連時代にはイシク湖に外国人は立ち入れなかった。

上の写真はイシク・クル湖

上の写真はイシク・クル湖の湖底と解説する考古学者のドミトリーさん

4万人の町は地震による地殻変動で湖底に沈んだとの解説もありました。

この町はシルクロードの交易ルートであったと思われます。

「シルクロード:長安ー天山回廊の交易路網」として2014年にUNESCO世界遺産に

認定されています。構成要素として中国22件、カザフスタン8件、キルギス3件。

詳細は下記サイト(Wikipedia)

https://ja.wikipedia.org/wiki/シルクロード_(世界遺産)

 

シルクロードに関するキルギス共和国内の世界遺産サイトは以下の通りです。

 1)The city of Suyab(Site of Ak-Beshim)

    2) The city of Balasagum(Site of Burana)

    3) The city of Nevaket(Site of Krasnaya Rechka)

写真などの簡単な解説は下記サイトで見れます

https://news.cgtn.com/news/2019-06-14/Kyrgyzstan-s-world-heritage-sites-along-Silk-Road--Hwn8zFnV8Q/index.html

 

上の3枚の写真はGoogle Earthからのもので湖畔での様子が伺えます

イシク・クル湖の透明度の高さも写真から感じることができます。

上の写真はGoogleの地図でイシク・クル湖が右端(東端)にあり湖より西側に

80Kmほどの所に首都のビシュケクがあります。

 

イシク・クル湖東側の町 Karakolを中心とした観光案内(写真が素晴らしい)

 https://www.kathmanduandbeyond.com/what-to-do-around-lake-issyk-kul-kyrgyzstan/

イシク・クル湖の北側のチョルボン・アタを中心とした観光案内

 https://caravanistan.com/kyrgyzstan/north/issyk-kul/

イシク・クル湖の観光プランのリスト

 https://silkroadexplore.com/places/lake-issyk-kul/

日本からの観光ツアー例

 西遊旅行

 

イシク・クル湖の南の湖岸の旅行記のyoutube動画(2013)

Exploring The South Shore of Lake Issyk Kul in Kyrgyzstan


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今日は何の日 6月30日 | トップ | 中国 全人代 常務委員会が... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

バーチャル探訪」カテゴリの最新記事