さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

TPP=トータルポイズンプログラム(完全毒物プログラム) → 憲法の停止 小野寺光一

2015-07-30 21:50:36 | 日記
<「総理が史上最大の馬鹿で俺の言うなりだからありがたい」と官邸の怪人><総理が馬鹿すぎてふるえる> 小野寺光一 2015/07/30
http://archive.mag2.com/0000154606/20150730195501000.html

「日本を売り渡して莫大な賄賂を外資からもらいたいために官邸の怪人や政治関係者が一生懸命日本人をだましてTPPを締結しようとしているのが実態>


おそらく、官邸の怪人はこのTPP条約を締結することで

「また スイス銀行にお金が振り込まれる。うれしいなあ。

このTPPの影響で日本人が、みんな苦しむだろう。
ざまあみろ
また日本人をだませて金儲けができる。楽しくてやめられないな。
東京地検特捜部長は
俺が人事指名したようなものだから、俺に歯向かえない。マスコミは機密費をばらまいているから批判してこれない。
なにしろ俺はC○Aとモ○ドに守られていて
日本を戦争国家にする戦争法案や、郵貯を戦費につかえるようにする郵政民営化も
結局うまく外資のものにできた。だから多国籍企業が、俺を見放すことはありえない。総理が馬鹿でありがたい。
俺の影響で、多くの日本人が泣いてくらすようになるなんて、なんて楽しいことなんだ。ゾクゾクしてたまらないな」

と考えているのかもしれない。

また、交渉官僚も、このTPP条約を締結することで
「ものすごく厚遇な、外資の天下り先を用意するよ」と多国籍企業から
約束されているのではないか?
だからこの日本人にまったくいいことのない交渉を締結しようとしているのではないか?


日本を売り渡すTPPは、官邸の怪人の金儲けと交渉官僚の外資への厚遇天下りが目的

TPP=トータルポイズンプログラム(完全毒物プログラム)と表現するのがぴったりのとんでもない不平等条約

超絶わかりやすいTPP解説
http://ponkiti2015.blog.fc2.com/blog-entry-66.html

安倍政権の良いところを探してみた
http://ponkiti2015.blog.fc2.com/blog-entry-59.html
ひとつもありませんでした


TPP 交渉差止め 違憲訴訟の会
http://tpphantai.com/

参考資料:米国市民団体がTPP協定に警鐘を鳴らす(字幕)
https://www.youtube.com/watch?v=WFY-z1PcjT8&list=PLbEblF5PPOjR-ZEqDkX1wTx3M28ack17a

本日発表されたウィキリークスによる「国有企業」に関するリーク文書の日本語訳
https://mobile.twitter.com/uchidashoko/status/626487609368428544
http://uchidashoko.blogspot.jp/2015/07/blog-post.html

<山田正彦・元農林水産大臣のコメント>

始めに、ウイキリークスのリークは米国では「非公開の公式文書」として認められていて、
日本でもTPP差し止め訴訟の証拠として提出できるものである。

1、ここでの国有企業とは国(公共)の支配下にある法人の行う事業をさすもので、日本の場合は国民健保、共済健保、建国保険組合、国立、市立、離島などにある県立病院、及び畜産振興事業団エーリックなどの野菜、砂糖、畜産物の価格安定資金の事業もすべて含まれるもので、TPPでは例外があるとすれば、すべて明記して、他の11か国の同意を得ておかなければ、ネガテブリスト方式なので全てが該当する。

2、国民皆保険制度は政府はそのまま堅持すると言ってきたが、今回明らかになったように、外国の保険会社との関係では、明らかに国有企業として、政府の関与が差別的で不公平な競争であり、「相手国企業の不利益」をもたらす「反競争的な行為」であるとの攻撃を受けるものと思われる。

その結果、国民が安心して利用可能な安価で公平な医療制度が壊されることになってしまうものと思われる。

例えば薬価は日本の場合、薬価審議会の決定を経て厚生労働大臣が決めて2年に1回引き下げることになっていたが、これからは、政府は米国の製薬会社と協議して決めなければならなくなる。

3、また中小企業などの政策金融公庫、住宅金融公庫などの公的な金融機関、労働組合、生協、農協などの共済保険にも適用されて、政府による税制上の優遇措置などもすべて該当する。

例えば、郵貯の簡保に、政府が癌保険を認めれば、郵貯銀行は国有企業なのでアフラックと自由で公平な競争にならないとして、日本郵便でアフラックの癌保険を売り出したように。

4、新聞でも一部報道されたが、国だけに限らず地方自治体の公共事業も国有事業に準じて、例外、工事の限度額がTPP協定で明記されない限り、日本の中小の企業と米国のベクトル、ゼネコンなどと英語と自国語との競争入札になる。

5、今回のリークされた内容からすれば、これらの「差別的」「公平な競争」「相手国企業に不利益を与えない」「反競争的」は条項に反したらISD条項によって解決されることになっている。

政府は莫大な損害賠償を求められることになる。

しかも、これらの規制そのものが、非常に曖昧で広範なものになっているが、ISDでは外国資本の投資から賠償を求められたら、日本政府がそうではないことを立証しなければならなくなる。

極めて困難である。

6、それに大事なことは、漁業補助金の禁止は報道されたが、

農業、医療、国立大学などに出される補助金も日本政府は自由に決めることはできなくなる。


今回明らかになったのはTPPでは、政府が補助金を出すにしても一定の基準定めることが求められている。

平たく言えば米国の同意がなければできなくなるのではないかと思われる。

7、さらに相手国、米国などの企業に「不利益を与えるような行為」、は禁止されることになる。

例えば自治体が行っている「地産池消」の学校給食も、現在韓国で問題になっているが、カーギルなど米国の企業にとっては「不利益を与える行為」にあたるものと思われる。

8、さらに、大切なことは、今回のリークされた内容では、日本政府による外資企業に対しての「反競争的な行為」は禁止されている。

例えば食の安全で、私自身も訪米の際「遺伝子組み換え食品の表示を法律で義務つけしているのは止めてほしいと言われたが、まさにこれらの法律は「反競争的な行為」に該当するものと思われる。

9、今回、リークされた国有企業の章は2013年12月7日から10までに出されたものであることを注目してほしい。

今回次々に新聞で報道された牛肉、豚肉の関税もかつて読売新聞がリークしたが、その通りになっているにかかわらず平気で誤報であると言い張った。

この間2年近く交渉を重ねての今日なので、リークでの疑問部分はすべて解決済みであると考えられる。

それの情報開示を先ず、私達は求めなければならない。


以上引用

しかし
TPPの知的財産権条項などの非親告罪化が締結されれば、今のように記事をコピーアンドペーストするだけで逮捕されるようになる。会社で、雑誌の記事や新聞の記事をコピーするだけで逮捕。

「アベ政治を許さない」というロゴも著作権があることはあるからそれをコピーしたら、勝手に警察が逮捕できるようになる。むしろそういう「表現の抑圧」が目的である。



またネット上である人の記事がコピーアンドペーストされて拡散していくことについても

勝手に警察があなたは人のものをコピーしましたねと言い出して逮捕するようになる。

また、YOUTUBEの動画をはりつけても著作権違反だといって逮捕。


二次創作の面でも、たとえば、ネットでとりあげられてウルトラマンやウルトラセブンなんかが

二次創作でつくられたり紹介されたりするがこういうものがなぜ、今の現代によみがえるかというと

今の政治状況と「地球人のふりをしているがひそかに侵略をねらう宇宙人」という設定は、まさに今の日本の政治状況そのものを表している。

「正義の味方のふりをしているが、実態は、日本人に対して敵意に満ちていて外資から賄賂をもらっている政治関係者」なんてのは非常に多い。

そういう状況をあらわすには、実はウルトラマンやウルトラセブンの侵略宇宙人というのはぴったりしている。これを使うのも逮捕。



また、最近のウルトラマン、ウルトラセブンのリバイバルブームや、仮面ライダー、宇宙戦艦ヤマトや、または、コンプレックスの

BE MY BABY、YMOのリバイバル、バービーボーイズ再結成、レベッカ再結成などは、最初にネットで火がついたからである。

つまり誰かがネット上で「あの時代のことを思い出したいな」と思って紹介する→それに賛同する人が多くなる→一定以上になると、

テレビや雑誌などでも同じように実験的に紹介される→それが好評なので、賛同する人間が多くなる→商業的になりたつと思われて

具体的な再結成になる→多くの人が喜ぶ となる。この流れでは、「当時のことを思い出したい」というニーズが元にあるため

当時のものをそのまま再現したほうがヒットする。

しかし、当時の話が優れているとか考えて、原作は同じで違うキャスト、作り直しをやっているところは、たいてい、あまりヒットしない。

なぜかというと「当時の気持ちをそのまま再体験したい」というニーズに欠けているからだ。

当時というのは、本人が小学生だったり、中学生だったり、高校生だったりしたときにテレビを見ていたときの気持ち、感情のことである。

その動画を見ることで、当時の友達を思い出したりする。家族を思い出す。「あの楽しかったころはよかったな」という感情を味わいたいからだ。

またヒット曲だったら、「当時よくカラオケでうたったな」という楽しかった感情のこと。

だからリバイバルというのは、当時の感情を思い出すためにあり、それでヒットする。

そこをよくわかっていないと、宇宙戦艦ヤマト2199で、別人の森雪が出てくるため、さっぱり「なつかしくない」となる。

一方で、最近TBSが、ムー一族の「お化けのロック」「りんご殺人事件」を一日再結成で放映したらしいが涙を流して喜んでいた人が多くいたらしい。これは「当時の楽しかったころ」を思い出したからである。

.完全版『林檎殺人事件』『お化けのロック』(郷ひろみ&樹木希林)音楽の日 .
https://www.youtube.com/watch?v=B8Z-A2g3cgI


もし「ムー一族」を何にも「当時とまったく変えない形」でゴールデンタイムに放送すれば、とんでもない大ヒットになる。

しかしキャストを変えて、再び、撮りなおし、作り直しなんてことをやったらヒットしない。

そういったブームをつくってきたのは、実はネットであり、メルマがでの紹介やニコニコ動画などだった。

今回のTPPの非親告罪化で、そういったものは、すべて抑圧される。

過去の日本の優れたアニメや文化はたぶんすべてだめになる。

総括すると、非親告罪化(警察が自由になんでもかんでもコピペを逮捕できるようにすること)で

ネット上や漫画の言論の自由は別件逮捕されて抑圧される。むしろそれが目的である。


サザエさんとTPP (きっこのブログ)
http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2015/07/post-5449.html
きっこさんも非親告罪化の危険性をいっているが

なぜ、知的財産権の非親告罪化(注 親告罪とは、著作権を侵害された本人以外は訴えられないこと。非親告罪化とは、誰かがそれを見つけたら誰でも訴えられること。)がおかしいのか?

これはネット上での表現の自由を、C○Aやモ○ド、警察が奪えることになる。



たとえば、911事件についても、311事件についても、おそらくきたるべき米イス○エルの自作自演事件についても、いろんな動画を調査すると矛盾が生じているため、犯人が何者かがわかる。

.内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はア○○カとイ○○○ルの裏権力が核兵器を使った!』 .
https://www.youtube.com/watch?v=ZCEmFIMrRVE
201,763回再生

911事件の実行者はモ○○である。311事件も同様。

監視カメラが大爆発している。なぜ、第一原発だけ大事故になり

第二原発が大事故にならなかったのかというと監視カメラが第一原発だけにしか納入されていなかったから。

だから第一原発の方は、USBをさされててスタ○クスネットというウイルスがはいっていたらしく、制御装置が完全にコントロール不可能となった。

一方、第二原発は監視カメラが納入されていなかったので、業者がUSBをさせなかったのでスタ○クスネットも入っていなかった。

だから第二原発は収束した。

米国のスリーマイル島原発事故と同じく
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%B3%B6%E5%8E%9F%E5%AD%90%E5%8A%9B%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80%E4%BA%8B%E6%95%85

外国で保安研修をうけた直後の保安作業員が、非常用電源を切って逃げているが、この作業員は、おそらく操作を「逆に」教わっている可能性が高い。

つまり何か大事故があった場合に、「スイッチをこうやれば、非常用電源が入るからやるように」

と教えられている作業は、実は、「非常用電源のスイッチを切る」作業を教えられていた可能性が高い。

この作業員二人は、なぜか外傷があった状態でかなり後になって死体として発見されているが、暗殺されてしまった可能性が高い。

この二人が、存命であれば「非常用電源を切った作業」というのが、実は、逆に教わっていたことだったというのが、ばれてしまうからではないか?


<TPPという売国で得するのは誰か>

おそらく、官邸の怪人はこのTPP条約を締結することで

「また スイス銀行にお金が振り込まれる。うれしいなあ。

このTPPの影響で日本人が、みんな苦しむだろう。
ざまあみろ
また日本人をだませて金儲けができる。楽しくてやめられないな。
東京地検特捜部長は
俺が人事指名したようなものだから、俺に歯向かえない。マスコミは機密費をばらまいているから批判してこれない。
なにしろ俺はC○Aとモ○ドに守られていて
日本を戦争国家にする戦争法案や、郵貯を戦費につかえるようにする郵政民営化も
結局うまく外資のものにできた。だから多国籍企業が、俺を見放すことはありえない。総理が馬鹿でありがたい」

と考えているのかもしれない。

また、交渉官僚も、このTPP条約を締結することで
「ものすごく厚遇な、外資の天下り先を用意するよ」と多国籍企業から
約束されているのではないか?
だからこの日本人にまったくいいことのない交渉を締結しようとしているのではないか?

以下の本を、不正選挙訴訟で最高裁に上告しているメンバーは提出したほうがいい。

証拠理由は、
違憲で選出された国会議員が、違憲であるTPPを締結しようとしている。

事情判決の法理を適用すべきではない(事情判決の法理とは違憲な選挙であるが、無効にするよりは、現在のまま、国会議員が国政を行うほうが、破壊や混乱が少ないとして、違憲だけれど選挙無効としない判決時に使われる理由のこと)


モンサント―世界の農業を支配する遺伝子組み換え企業
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784861823923



内容説明
世界43か国で、遺伝子組み換え種子の90%のシェアを誇るモンサント社―。この世界最大級のバイオ化学企業は、これまで、PCB、枯葉剤…と、史上最悪の公害をくり返し、多くの悲劇を生み出してきた。そして現在、遺伝子組み換え作物によって、世界の農業を支配しようとしている。

いかに同社が、政治家と癒着し、政府機関を工作し、科学者に圧力をかけ、農民たちを訴訟で恫喝することによって、健康や環境への悪影響を隠蔽し、世界の農業を支配下に収めてきたか。本書は、3年にわたる調査によって、未公開資料、科学者・政治家・農民たちの証言をもとに、その驚くべき実態を明らかにした、世界が瞠目した話題騒然の書である。


私たちはなぜTPPに反対するのか 原中 勝征/TPP阻止国民会議【編著】
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784396440213

内容説明
これはアメリカ絶対有利の「不平等制度」、日本の「国損」システムだ!農林水産業、医療・薬品、生産業、保険、知的財産…日本国民の知恵と汗の結晶が、一瞬にして崩壊する!

目次
「国損」を生み出すTPPは、阻止しなければならない―このままでは、日本の農林水産業、地域経済、医療、薬品、保険、製造業、知的財産がズタズタになる(TPPはこの国を壊す(TPP阻止国民会議代表世話人原中勝征(前日本医師会会長))



堤 未果 「アメリカが日本の医療を餌食にしようとしている!盲腸が200万〈沈みゆく大国アメリカ 逃げ切れ!日本の医療〉」 2015.06.06
https://www.youtube.com/watch?v=4aDEoGpRUh8

堤 未果 「TPPのISD条項の問題点」2015.06.19
https://www.youtube.com/watch?v=OgjXGmpEkzk
12,362回再生

堤 未果×蒲田 健 「土俵際まできているかもしれない日本の医療。」
https://www.youtube.com/watch?v=gqurLli5xf8
2015.06.23
昨日配信した首相の豪華会食で新党改革の荒井氏がなぜか二回も会食をしている。彼は次回、参院選改選である。
そう思っていたらなんと昨日、荒井氏質問の時間で質問をせず持論をとうとうと述べたあげく、「集団的自衛権は違憲ではない」ととんでもないことを言い始めた。明らかにアベノタメである。
もしかしたら、次の参院選で
自民に戻って立候補するという密約がかわされたのかもしれない。
https://mobile.twitter.com/GengaRapido/status/626050305843593218


TPP 交渉差止め 違憲訴訟の会
http://tpphantai.com/

会員は現在4100名を超えている。

TPPとはなにか?TPPとは、多国籍企業の金儲けが目的の制度

TPPとは、各国の憲法を無効化して、上位に、多国籍企業を置くものである。

各国の主権がうしなわれる。

TPPの目的は、
日本の健康保険をなくさせて、国民全員が、欧米の生命保険に
入らないといけないようにしむけること。

TPPの条約をむすぶと、健康保険は「著しく、日本国民に有利な制度」であり、多国籍企業が、日本でビジネスをしたいのに、これが邪魔をしているから撤廃せよと主張されて、本当に健康保険はなくなる。

そうなると欧米と同じく、歯医者に行って、治療するだけで5万円
一本、歯を抜くと、20万円
盲腸の手術をうけると200万円
ということになる。

そして健康保険はなくなっているため、欧米の保険会社に加盟しないといけなくなりその料金は、健康保険にかかるお金の何倍もする。


知的財産権を主張しているが、モンサント社が、種子を独占しようとしているためこの「種子」に対して、知的財産権を設定しようとしている。

種子は、成長しても、種を生まないとんでもないものがつくられている。ターミネーター種子という。つまり農家は、この種子をモンサントから購入して、一年ごとに毎回毎回、買わないといけなくなる。

殺虫成分入り大豆(遺伝子組み換え大豆)にしても殺虫成分入りとうもろこし(遺伝子組み換えとうもろこし)もそう。

食料は、完全にモンサント以外のものはたべられなくなる。殺虫成分入りの植物を大量につくるため、毒性が高い。

なぜ、農協の中の監査役をになっている全中を廃止したかというと
監査というのは、「品質のよくない農作物」を各農協が生産することをチェック、防止する役割を果たしているから。


だから、全中を廃止して、農家が、品質の悪いものを生産するように仕向けることができる。


要するに、TPPというのは日本人をだますことが目的なのである。




TPP 交渉差止め 違憲訴訟の会
http://tpphantai.com/

これだけある!

TPP交渉の憲法違反

1. 生存権(憲法25条)
市民の暮らしといのちへの影響は計り知れず、国民が人としてあたり前に生き、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利が侵害される。

2. 幸福追求権(憲法13条)
国政の上で最大の尊重が必要とされる生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利が侵害される。

3. 司法主権(憲法76条1項)
ISD条項によって国が提訴されれば、規制や法制度が覆されかねず、国の司法主権が侵害される。

4. 知る権利(憲法21条)
発効後4年間秘匿とする義務を負う秘密保持契約によって、国民の知る権利が侵害される。

日本は主権在民の国家です。

憲法に違反するTPPは、私たちの手で阻止できるはずです。今こそ、国を相手に声を上げようではありませんか。

自由貿易やグローバル化といわれると、いいイメージがありますが、本当にそうでしょうか? 環太平洋経済連携協定(TPP)は、関税・非関税に関わらず「自由貿易」を妨げる障壁の例外なき撤廃を目標としています。農産物の関税だけの問題では決してなく、その大半が非関税の多岐分野にわたり、食の安全、公的医療制度や保険、労働、公共事業、知的財産に関わる制度など、「暮らしの仕組み」「いのちの仕組み」に直結する問題です。

交渉参加国は「秘密保持契約」に署名しているため、交渉内容や過程の情報は公開されず、批准後も4年間秘匿とされ、国会も市民も、知ることができません。さらに「投資家対国家紛争解決制度(ISD)条項」が含まれており、市民の生命や財産を守るために国や地方公共団体が行う規制に対し、外国企業や投資家が提訴する可能性さえあります。

このように、TPPは様々な違憲、違法な内容を含んでおり、多くの人々に対して大きな不利益、権利侵害、生活不安が生じることは明らかです。TPPが優先するのは利益を得たい大企業の都合ばかりで、市民の暮らしといのちへの影響は計り知れません。まさに、私たちのあたり前の暮らしを壊す“異常な条約”なのです。


すでに、廃業に追い込まれるなど生活・生業に打撃を受けている人たち、発効後に生じるさらに大きな不安や苦痛、不利益、取り返しのつかない壊滅的打撃を被る危険性に直面している人たちの切実な声が出されています。こうした状況下にあって私たちは、「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」を設立しました。被害者の切実な声を受け止め、被害者の救済を第一の目的とし、併せてその原因となっているTPP交渉の停止・差止めを求める「TPP交渉差止・違憲訴訟」の準備を進め、目的達成のために必要な諸活動を行っています。(設立趣旨全文へ)


<民主は衆議院議長不信任案をなぜ出さないのか><TPPはネット言論弾圧、精神医薬支配、食糧支配目的>

http://archive.mag2.com/0000154606/20150729083144000.html


<民主は衆議院議長不信任案をなぜ出さないのか><TPPはネット言論弾圧、精神医薬支配、食糧支配目的>

https://mobile.twitter.com/GengaRapido/status/626050305843593218
安倍さん。戦争法案審議中、最初の1ヶ月だけで、これだけの飲み食い・豪遊。ほぼ2日に1回。
20日 黒岩 神奈川県知事らと安部 
オテル ド ミクニ
https://www.oui-mikuni.co.jp/hoteldemikuni/dinner/

デイナー 一回2万600円

14日 維新 橋下氏と
虎の門ヒルズ アンダーズ東京
http://tokyo.andaz.hyatt.com/ja/hotel/dining.html

24日
朝日 毎日 読売 日経 NHK 日本テレビ 時事通信
銀座 日本料理店 あさみ
http://r.gnavi.co.jp/7m9bdutn0000/

ギンザステーキかわむら
体験記 (ある芸能人の人が 上記と関係なくまったく別に個人的に行ったときの体験記)
10万円のお肉
http://ha-chu.blog.jp/archives/1001011370.html



しかし民主党は
衆議院の議長の不信任案をなぜ出さないのか

国対政治をやっているのか

本気で

とめるつもりがあるのか

衆議院で
委員長の不信任案を提出して

戦争法案に賛成した
閣僚の
不信任案を提出すべきである。

それは今出すべきだ。

そして
TPPは おそろしいことに

憲法を越えようとしている。

官邸の怪人をもうけさすために

締結されようとしている。

これを停止しないといけない。

おそらく交渉している官僚は、外資への天下り先を提示されている。

そして賛成している政治家は買収されているはずである。

このTPPはネットの言論弾圧と
種子を独占するモンサントによる「食糧支配」
各国の憲法を無視して憲法より上位に多国籍企業を位置づけるためのISD条項
など国家主権を失わせて
多国籍企業に国家を支配させるためのものとなっている。

日本人よ団結せよ
http://archive.mag2.com/0000154606/20150724083037000.html


コメント

30年前から憲法の機能停止を準備していた米国支配層の動きを知らん振りしてきた日本のマスコミ 櫻井J

2015-07-29 20:12:58 | 日記
30年前から憲法の機能停止を準備していた米国支配層の動きを知らん振りしてきた日本のマスコミ 櫻井ジャーナル 2015.07.28
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201507280000/

 集団的自衛権が認められた場合、その歯止めはない。日本国内では公的な情報を官僚機構が独占しているわけで、庶民にはチェックのしようがなく、権力の奴隷になっているマスコミには事実を追及しようという意思は感じられない。これまでと同じように、支配層にとって都合の良い情報を流すだけだろう。「安全保障関連法案」に批判的な風を装っているマスコミもアメリカが自国軍だけでなく「テロリスト」やネオ・ナチを使い、侵略を繰り返している事実には触れたがらない。

 世界的に米英支配層による情報支配が問題になったのは1970年代の前半であり、80年代に入ると膨大な量の情報を保存し、分析するシステムの開発が注目されていた。さらに、アメリカやイスラエルの情報機関がダミー会社を利用してトラップ・ドア付きのシステムを世界中で売りまくっていることも問題になっていた。

 その中でアメリカ司法省が民間企業のINSLAWが開発したシステムPROMISを横領したという話が浮上、1988年には破産裁判所が、89年にはワシントンDCの連邦地裁がそれぞれ横領を認める判決を出している。1992年には下院の司法委員会も同じ趣旨の報告書を公表している。

 その後、1997年には最高裁が司法省の言い分を認める判決を言い渡しているが、その根拠になったのはイラン・コントラ事件で偽証して有罪になったロバート・マクファーレンや証券詐欺や銀行詐欺などでロサンゼルスの連邦地裁で有罪の評決を受けるアール・ブライアンの証言。こうした「信頼できる証人」の話だけを最高裁は採用したわけだ。

 警察による盗聴にしろ、「住民基本台帳」や「マイナンバー制度」にしろ、こうしたアメリカ支配層の意思が日本にも波及しているだけの話。日本はアメリカの属国だということを認識し、アメリカの動向に敏感でなければならないのだが、日本の場合、記者、編集者、学者、政治家、活動家といった類いの人びとの多くは支配層による情報支配の問題に関心を示さなかった。外部の団体に出向していたときは興味をもっていた人物も新聞社に戻ると急に興味を失ったようだ。これは1990年代半ばの話。

 しかし、支配層は違う。例えば、法務総合研究所はPROMISに注目、その概説資料と研究報告の翻訳を1979年と80年に『研究部資料』として公表している。このシステムの調査でINSLAWに接触していたのは敷田稔(後に名古屋高検検事長)、そのときに原田明夫(後の検事総長)が駐米日本大使館の一等書記官だった。原田は法務省刑事局長時代、『組織的犯罪対策法(盗聴法)』の法制化を進めた。

 アメリカが憲法の機能を停止させるCOGプロジェクトを始めたのは1980年代の前半で、それが愛国者法として始動したのは2001年。20年近い準備期間があったのだが、その間、このプロジェクトの存在は漏れていた。

 例えば、1987年に開かれた「イラン・コントラ事件」の公聴会において、ジャック・ブルックス下院議員が「NSCで、一時期、大災害時に政府を継続させる計画に関係した仕事を担当したことはありませんか?」とオリバー・ノース中佐に質問したのだが、これはCOGプロジェクトを指していた。



 ノースに付き添っていた弁護士のブレンダン・サリバンは動揺、委員長のダニエル・イノウエ上院議員は「高度の秘密性」を理由にして質問を遮っている。ブルックス議員はマイアミ・ヘラルド紙などが伝えていると反論し、緊急時に政府を継続する計画が練られていて、それはアメリカ憲法を停止させる内容を含んでいると説明したが、質問は禁じられた。

 日本のマスコミもワシントンDCへ特派員を送り込んでいるはずで、これだけ注目された遣り取りに関する取材をするのは当然だろう。マイアミ・ヘラルド紙に目を通している日本人記者はひとりもいなかったのだろうか?

 アメリカで憲法の機能を停止させた以上、日本で憲法を守る義務はないと考える政治家や官僚が出て来ても不思議ではない。>1982年にエール大学、シカゴ大学、ハーバード大学の法学部に所属する「保守的な」学生や法律家によって創設された「フェデラリスト・ソサエティー」は議会に宣戦布告の権限があるとする憲法や1973年の戦争権限法はアナクロニズムだと主張、プライバシー権などを制限、拡大してきた市民権を元に戻し、企業に対する政府の規制を緩和させることを目指していた。2001年に始まったジョージ・W・ブッシュ政権では、この団体が司法を支配している。新自由主義の司法版とも言えそうだ。


 日本でも2001年には新しい内閣がスタートしている。小泉純一郎を首相とする政府だが、その背後にアメリカの巨大資本が存在していたことは間違いないだろう。新自由主義に基づく政策で日本の社会を破壊、自民党も絞め殺されてしまった。その小泉政権を日本のマスコミは支えていた。集団的自衛権が認められたなら、マスコミが侵略戦争を止めることはないだろう。

 アメリカで民主主義を葬り去るためにCOGプロジェクトが始められてから30年以上が経過している。その間、日本のマスコミはアメリカがファシズム化するのを傍観、それに追随する日本の支配層に手を貸してきたのだ。マスコミに情報を依存している限り、破滅への道から抜け出すことはできない。




以下一部再掲

内閣総理大臣 安倍晋三君 + マクドナルド ベネッセ 日本ユニセフ 2015-02-28
http://beingtt.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

FEMA=実在する悪魔の世界政府
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-355.html

史上最凶の悪魔の組織FEMAが今アメリカで動き始める。

災害救助法により、米国の全公務員は、「私的機関」FFEMAの指揮下に入る事が義務付けられている。

FFEMAはロックフェラー、ブッシュ一族をはじめとした麻薬組織、黒人リンチ組織KKKにより運営されている「私的機関」である。

FEMAの悪魔の実験

リンダは86日間麻薬で昏睡状態にされた上、脳に電極棒を突き刺され100回以上強い電流を流される電気ショックの人体実験を強制された。
彼女は病気でたまたま病院を訪れた所、突然誘拐されアラン記念研究所へと連れ去られ人体実験の被害に遭った。
現在、彼女は過去の人生の記憶の全てを失い、自分が誰だか分からなくなっている。彼女は夫と自分の4人の子供の記憶を全く失い、人生の全てを失ってしまっている。」


棺桶の山がFEMAにあるのはなぜか?


http://ameblo.jp/fukeiki01/entry-10373272806.html

全米預金封鎖か!FEMA出動へ!

国家緊急事態宣言を発令したオバマ政権

25日~27日にシカゴで抗議デモ
(金融界・ウォール街に対する一般市民の抗議デモ)

金融機関に対する暴動発生!

国家緊急事態管理庁FEMA出動



オルタナティブ通信より転用
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49426506.html

FEMAによるクーデター計画

1. ハリマン銀行、シティバンク(ブッシュ一族)、麻薬密売組織CIA(ジョージ・ブッシュ情報センター)、CIA創立の実働部隊ニコラス・デューク一族、デューク一族の運営する黒人リンチ組織KKK。

 こうした組織の生み出す麻薬の売上げ金により運営されているFEMA連邦緊急事態管理庁。近い将来、大規模なテロあるいは災害が起こる事を前提に、この「私的機関」FEMAに米国の世界の全権限が集中する法案が、既に出来上がっている

 9.11でも明らかなように、米国政府は、いつでも自由に「政府自身がテロを起こし、危機を管理すると称して、市民からあらゆる権利を奪う」事が出来る。


2. 既報の災害救助法により、米国の全公務員は、FEMAの指揮下に入る事が義務付けられている。
他にFEMAによる、

●アメリカ合衆国大統領特別命令第10995号「全報道機関の接取」。

●第10997号「全ての電気ガス石油エネルギーとその施設の接取」。

●第10998号「全食料と農場の接取」。

●第10999号「車両等の輸送手段、高速道路、港の接取」。

●第11000号「全市民への強制労働命令権」。

●第11001号「全病院、福祉施設、教育機関の接取」。

●第11002号「全市民の個人情報の政府への登録義務化」・・郵政長官が実行義務の実施機関となる。

●第11003号「全航空機、空港の接取」。

●第11004号「住宅予算局を窓口とした全市民の強制移住命令」。

●第11005号「全鉄道、運河、倉庫の接取」。

●第11490「政府の全権利、機能のFEMAへの移譲」。

が既に決定されている。

 これはFEMAによるクーデターであり、選挙で選ばれていない者達による独裁体制の確立である。

 既報のように、これは憲法の停止と抱き合わせであり、これは選挙によって選ばれた者による統治、選挙によって選ばれた者達の作った法による統治、つまり近代国家の統治原理の終焉、近代国民国家(ネイション・ステイツ)の終わりを意味している。


3. こうして独裁体制を完成させたFEMAによる世界統一政府?の中枢として、現在、地下に政府機関を移す準備が行われている。

もはや民 主主義は「終わった」のであり、議会を開く必要もなく、議論された内容を公開する必要もない。行政機関に市民が苦情を言う権利もない。行政、政府は市民の 目に見えない場所で、立入り禁止区域、軍隊に守られた地下都市で「密かに一方的に」物事を決める。市民は黙ってそれに従うか、既報の強制収容所に収監され るだけである。

 ワシントンから西に70km程のヴァージニア州ブルーモントにFEMAの「闘争統制作戦本部」、通称マウント・ウェザー基地が作られている。

 ここは数十万人が居住可能な巨大地下都市であり、発電施設・住宅・政府機関・地下交通網等を備えた完全独立政府組織となっている。

 ここが、「アメリカ合衆国」が消滅した後の「新しい政府」の中心となる。同様の「見えない政府」機関、地下巨大都市は複数作られており、これにより複数のネットワーク型地下政府が形成される。

 メリーランド州オルネイからレイトンスビルに向かい、108号線を進んだリッグス・ロードにも地下10階の巨大地下政府都市が建設され終わっている。

 他に、ペンシルベニア州、テキサス州デントン、コロラド州デンバー、ワシントン州ボセル、ウェスト・ヴァージニア州、ノース・カロライナ州にも、同様の巨大地下政府都市が建設を終了している。


4. FEMAを創立した政権が、モルモン教徒カーター政権とそれを生み出したモルモン教徒ロックフェラーである事は既報したが、モルモン教の中心地ユタ州ソルトレーク・シティには、FEMAの全米通信基地本部が置かれている。

 この通信本部は、レーザー光線、赤外線による監視システムを完備した上、基地周囲を複数の中型戦車で完全包囲する厳戒体制を常時取っている。ペンタゴンでさえ取っていないこの異常な警戒体制は、この通信基地の重要性を示しているとも言える。

 このユタ州の通信基地のコンピューターには、全米、全欧州の市民のID番号が登録され、それは全米の各地方警察・CIA・FBI・国税庁IRSのコンピュー ター、さらにベルギーのブリュッセル(ランベール銀行のEU本部のある場所・・)にあるNATO軍指令部のコンピューターと連結され、市民の個人情報の蓄 積を拡大し続けている(何のため?)。

 同時にFEMA は、ヴァージニア州を拠点とした全世界の銀行間財務処理システムSWIFT、また全地球規模電子資金転送システムEFT、さらにニューヨークを中心とした 手形交換決済システム・コンピューターCHIPSと連結され、全地球規模の市民・企業の活動・資金の動きを完全把握している。

 今後、カードや電子マネーによる支払いが浸透すればする程、FEMAに「問題のある人間」と認定された人物は、「どこで缶ジュースを買ったか」まで完全に把握され、さらには缶ジュースを買うための資金さえ口座を凍結される事で奪われ、生存する権利を奪われる事になる。

 繰り返すが、この全世界の市民の生存権を握るFEMA は、ロックフェラー、ブッシュ一族をはじめとした麻薬組織、黒人リンチ組織KKKにより運営されている「私的機関」である。


5. 大規模な麻薬密売では通常紙幣は使用されない。紙幣番号や紙幣を引き出した口座等から犯人が特定されてしまうためである。

 麻薬売買の決済は巨額になればなる程、金GOLDで決済され、アヘンの収穫季節になると、金GOLDの需要は急増する。当然金価格と麻薬価格はリンクし、金への投機では、麻薬業者からの情報が勝敗を決める(と言うよりも麻薬業者と金業者は同一である)。

 麻薬取引のため、季節的に急増する金需要を満足させている金GOLD=麻薬の「元締め」が、世界最大の金生産国、南アフリカの南ア準備銀行のトップ、エドモンド・サフラ[Edmond Safra, 1932-99]である。サフラは麻薬決済のために金GOLDを提供し、使用し終わった金をサフラ経営のスイスのジュネーブ貿易開発銀行で紙幣に換金させる。 同時に紙幣はFEMAと連結したEFTを通し、一瞬で世界各地の銀行の様々な口座を走り抜ける。

 麻薬取締局が数十年かけても決して把握出来ない資金の動きが、こうして作り出される。FEMAに連結されたこの決済システムは、FEMA創立の一翼を担った 麻薬業者、世界最大のタバコ業者デューク一族によってこそ必要とされ、有効活用されてきた。これがFEMAを動かしている人物達の正体である。

 金価格を決定しているのが、スコシア・モカッタ銀行=シティバンク=デル・バンコ(ウォーバーグ銀行=リーマン銀行)である事は既報した。

 南アのサフラは、売上げ高世界4位のブラジルの兵器密輸商人サフラ一族であり、親会社がリーマン銀行とカード会社のアメリカン・エキスプレスである。

 サフラのアジア・香港での麻薬決済の支部が、英国クェーカー教徒のヤペテ一族の経営するチャーター・ハウス・ヤペテ銀行である。

  このEFT麻薬決済システムを最も有効に活用しているのが、デュークをはじめ、かつて麻薬取引を自身で認め、米国司法省に3億円の罰金を支払ったアメック ス(リーマン銀行の親会社)であり、銀行ドレクセル・バーナム・ランベールである。ランベールがイスラエルを建国した事、AOLタイムワーナー・ランベー ルとCNNTVの経営者である事は既報した。

 デュークのボスがブッシュ一族であり、ブッシュのハリマン銀行トップ、エイブリル・ハリマンがリーマン銀行のトップであり、リーマンとランベールがCNNTVの共同経営者である事は既報した。ブッシュが政権から去っても、この「構造的支配体制」は何ら変化しない。


6. FEMAは、第二次大戦中ドイツ軍将校の家族の住む住宅地を集中的に爆撃し、ドイツ軍の「やる気を無くさせる」目的で作られた、米軍戦略先制爆撃司令部を原型にしている。

 それは戦後、ブッシュ一族のハリマン銀行経営者エイブリル・ハリマンを指揮官とした、トルーマン大統領直属の「心理戦争局」に引き継がれFEMAとなる。

https://www.trumanlibrary.org/photographs/view.php?id=113


 FEMAの目的は一貫して「いかに市民を無気力にし、支配するか」であり、抵抗心を無くさせ、支配を完了するために麻薬の密輸も行われてきた。

 FEMAと、日本に原爆を投下させたロスアラモス国立研究所は、長年提携関係を持ってきた。第二次大戦末期、米国そしてロスアラモス研究所は、日本が米国に降伏の準備を行っているのを知りながら広島・長崎に原爆を投下した。

 ロスアラモスの目的は、原爆兵器の効果を広島・長崎で「人体実験」する事にあった。米国は日本に対し戦争で勝つ事は十分に知った上で、人体実験のために広島・長崎に原爆を投下した。

 何故ならロスアラモスもFEMAも、新型兵器の効果とそれが「どの位抵抗心を失わせ支配を容易にするか」の実験、研究を元々専門にした機関、つまり「心理戦争局」だったからだ。



7. FEMAとロスアラモス研究所は、継続して「ブラック・ビューティ」作戦という名の提携作戦を実行している。

 それは麻薬LSDを使用した市民からの抵抗心の剥奪、抵抗心を司る脳の前頭葉を外科手術で摘出するロボトミー手術、さらに特殊な電磁波を照射する兵器で脳の神経伝達物質を変容させ、突然目の前に居る人間への凶暴な殺意を生み出させる(テロリスト養成とテロ対策としての強固な管理体制の確立)、あるいは特殊な電磁波を用い、人間から抵抗心を失わせ無気力人間を作る等の人体実験を内容としている。

 人体実験の中心人物の1人、スタンフォード大学メディカルセンターのグレイ・レイン博士は、200人以上の「囚人」、患者に対し、こうした実験を行った事を認めているが、既報のニューオーリンズのハリケーン行方不明者、そして既報の非合法・強制収容所の「囚人」達は、こうした人体実験に「使用」されている可能性が高い。



http://alternativereport1.seesaa.net/article/49427707.html


2006年11月18日
FEMA連邦危機管理庁、CIAの人間ロボット化計画

1. 「1940年代末、CIAとカナダ政府が協力し無差別に病院に入院している一般市民に対し、麻薬を投与の上、脳に電極棒を突き刺し電流を流し、その反応を見る人体実験を繰り返していた事をカナダの法務大臣キム・キャンベルが認め、カナダ政府は被害者1人当たり7万9千ドルの賠償金支払いを決定した。

 この人体実験は米国CIAのユアン・キャメロン博士が中心となって行い、舞台となったのはモントリオールのアラン記念研究所であり、現在分かっている被害者数は80人にのぼる。



 これは被害者の1人リンダ・マクドナルドがカナダ政府を告訴し、政府が全面的に敗訴した結果の措置であり、リンダは86日間麻薬で昏睡状態にされた上、脳に電極棒を突き刺され100回以上強い電流を流される電気ショックの人体実験を強制された。

彼女は病気でたまたま病院を訪れた所、突然誘拐されアラン記念研究所へと連れ去られ人体実験の被害に遭った。

現在、彼女は過去の人生の記憶の全てを失い、自分が誰だか分からなくなっている。彼女は夫と自分の4人の子供の記憶を全く失い、人生の全てを失ってしまっている。」米国新聞オレンジ・カウンター・レジスター紙 1992年11月19 日付


2. 1940年代末、ブッシュ一族の経営するハリマン銀行の経営者エイブリル・ハリマンを局長とした米国政府の心理戦争局はFEMA創立者であるズビグニュー・ブレジンスキーの指示の下、人間の脳に電極棒を突き刺し全ての記憶を消失させ、何でも政府の指示に従うロボット人間を「作る」実験を繰り返していた。

  これはEDOM計画=エレクトリック・デソリューション・オブ・メモリー=記憶消滅計画と言われ、英国諜報組織MI6、カリフォルニアのエサレン研究所、 CIA創立メンバーで麻薬王、黒人リンチ組織KKKの経営者ニコラス・デュークの創立したデューク大学超心理学研究所が協力体制を取っていた。
デュークはタバコのマルボロ、ケント等を製造している世界最大のタバコ王でもある。

 FEMAはこの計画で、記憶を失った人間を新たに洗脳し政府要人を暗殺し、または路上で無差別殺人を起こすテロリストを「製造」するマインド・コントロール技術MCの開発を目的としていた。FEMAの創立資金を出資しているロックフェラー財団の言う「生きる価値の無い一般市民を大量に殺害・処分する必要がある」という考えに沿ったものだった。

 CIAの内部文書、ファイルナンバー1951・11・26によると、EDOM計画は麻薬と電極棒を使った人間の「精神操作=ロボトミー計画=通称ブルーバード計画」と呼ばれていた。

 また特殊なアイスピックを人間の眼の上方部分に突き刺し、瞬時に自発的な思考能力、行動能力を奪う「ロボトミー用兵器」も開発されていた。

(CIA内部文書、ファイルナンバー1952.2.7)


3. 「ロサンゼルスからラスベガスに向かう途上に米軍のエドワーズ空軍基地とチャイナレイク海軍武器センターがある。チャイナレイク海軍武器センターでは、カ トリック系児童福祉施設から連れて来られた子供と全米から誘拐されて来た出産間もない子供に対し、麻酔もかけずに頭を切断し、あるいは腹部を切開し 臓器をひとつづつ取り出し、子供の反応を見る人体実験が繰り返されている。

 子供は米海軍が金で福祉施設から『購入』してきたものと、海軍に協力する医師が母親に死産であると嘘の説明を行い、健康に出産された子供を誘拐してきたものであった。」コネチカット州の地方新聞グローブ紙1980年8月19日付


4. チャ イナレイクで子供に対し人体実験を行っているのは、第二次大戦中ナチスのアウシュビッツ強制収容所で過酷な人体実験を繰り返していたメンゲレ博士 (チャイナレイクでは通称ドクター・グリーン)と、



冒頭で記載したユアン・キャメロン(チャイナレイクでは通称ドクター・ホワイト)である。




 メンゲレは、 アウシュビッツで2人の子供の全ての血管を結合させ1人の人間として合体させ、片方の子供の心臓を摘出しその合成人間が何日生きられるか等の残虐な実験を行っていた。メンゲレは第二次大戦後、ブッシュ一族に雇われチャイナレイクに移住していた。

 アウシュビッツでユダヤ人大量虐殺に使用された毒ガスを製造していたIGファルベン社の経営者であったブッシュ一族は、ファルベン社に資金を融資していたユニオン銀行の経営者でもあった。このユニオン銀行のナチス担当の取締役でありブッシュ直属の部下であるアレン・ダレスが、戦後初代のCIA長官になるとダレスとブッシュは、友人メンゲレをチャイナレイクに呼び寄せ人体実験を行わせていた。


5. 1953年、米陸軍化学兵器部隊はテニス・プレイヤーのハロルド・ブラウアを誘拐し、ブラウアが死亡するまで麻薬を投与し脳に電極棒を突き刺し電流を流す人間ロボット化の実験を繰り返した。中心となったのはニューヨーク州の精神衛生局長ポール・ホックである。

 テュレイン大学病院でも女性患者に麻薬を投与、電極棒を使用した実験を繰り返し、脳の一部を手術で順次取り出し、どこまで摘出すれば死亡するかの人体実験が行われている。担当したのはロバート・ヒース博士であり、女性患者は死亡している。


6. 「ボストンの複数の病院で患者の脳に電極棒を差し込み、さまざまな電磁波を流し、人間の脳をリモートコントロールする人間ロボット化実験を1年間以上に渡り継続して行った。」米国連邦議会議事録1972年2月24日P1602~1612


7. 「麻薬と電極棒、脳細胞の手術による摘出、人間ロボット化実験は185人の医師、80の政府機関、病院、刑務所で行われ、44の医科大学が協力体制を取った。 最も実験の多かったのはカリフォルニア州の医療施設であり、その司令部はFEMA通信施設本部のあるユタ州ソルトレークシティだった。」

元CIA 長官スタンフィールド・ターナーの証言。

1977年8月3日 米国上院議会公聴会議事録(※注1)

※注1. ソルトレークはモルモン教の中心地であり、ここでは人類大量虐殺用の生物兵器研究者達が年に複数回「研究集会」を開いている。


8. 「人間の脳に埋め込まれたコンピューター・チップに政府のコンピューターから指令を与える事で、政府は市民を完全にコントロールする事が出来る。

 今日米国政府の人間コントロール技術は、政府の意見に市民が従うよう強制し、市民の思想、人格、感情の持ち方を政府が命令出来る段階に達した。」

1973年、米国上院議会「人間の行動変更に関する小委員会」におけるサム・J・アービン委員長(上院議員)の発言。


9. FEMAとCIAが人体実験に使用した麻薬LSDはスイスのサンド社が第二次大戦中に開発したものだった。サンドはベネチアのデル・バンコ一族の経営する製薬会社である。

 米国内でLSDを大量生産しているのは製薬会社イーライリリーであり、この企業は父ブッシュの副大統領ダン・クエール一族の経営する企業である。

  またイスラエルのランベール銀行の創立者メンバーでもあるマイヤー・ランスキーの組織、ザ・モッブが米国内でのLSD販売を仕切ってきたが、モッブはイス ラエル建国時から対立するアラブ人を虐殺してきたテロ組織であり、モッブが無ければイスラエルは建国出来なかったと言われている。そのモッブの活動資金が このLSD販売から得られていた。

 現在、世界中 で公然と市販=密売されているLSDは、メキシコやカリブ海の無人の島々で密造されたもので、密造しているのはブッシュ一族と共にメキシコ油田の開発を 行ってきた世界最大のアルミニウム・メーカー、メロン財閥である(脳の働きを劣化させ政府に対し従順な人間を作るフッ素入り歯磨き原料メーカーでもあ る)。


10. メロンは現在、世界中にパトリオット・ミサイルを売り歩いているヘリテージ財団の創立メンバーである。他の創立メンバーには麻薬王ニコラス・デューク (CIA創立メンバー)の経営するレイノルズ・タバコがいる。セーラム等のタバコを製造するレイノルズの経営者デヴィッド・レイノルズには、電極棒を使っ た人間の脳の支配コントロール技術についての著書「神経電気の研究」がある。

 LSDと電極棒・・人間ロボット化計画の中心メンバーがヘリテージ財団に集まっている。

 既報のように中国にミサイル技術を売ったのもこのヘリテージである。こうして「作られた中国の軍事的脅威」に対抗するため日本にパトリオット・ミサイルを売っているのもヘリテージである。

 今後、台湾問題等で日本と日本の米軍基地を脅威と考える中国は、さらに高度なミサイル技術をヘリテージから購入する事になる。つまり日本は中国に脅え、中国は日本に脅え、日中がヘリテージから兵器を買う事になる。

 アジアを分断する事で、分断された両者が共に米国を「頼り」、米国の「支配」に服する。「分断して統治せよ」・・
これが古くからある「心理戦争=MK戦争」の基本である。


「恐怖による支配、恐怖によるMK」これがミサイルの販売促進戦術である。

 LSD、電極棒、ミサイルに共通するのは、ヘリテージの専門である「人間コントロール=MC技術」である。




11. ヘリテージは元々共和党のイスラエル勉強会として、イスラエルを「世界の中心」とするグループにより結成された。

 現在のヘリテージの理事スチュアー ト・バトラー[Stuart Butler]は、イスラエルを世界の中心と考えるモルモン教(ソルトレーク・・)の指導者である(引用注:2014まで。現在は、Brookings Institution)。



また同僚の理事には現大統領ブッシュの命の恩人パット・ロバートソン[[Pat Robertson]がいる。ロバートソンはモルモン教の宣教師であり、スコットランド銀行の米国代表である。



 現在のヘリテージの指導者ウォルター・ヴィッカース[Walter Vickers]は英国軍事産業ヴィッカース[Vickers]の経営者である。



12. ヴィッカースは第一次世界大戦で対立する英仏国とドイツの両者に機関銃を大量に販売して富を成した。かつてのギリシア・トルコ戦争でも対立する両者に機関銃を大量に売却した。

米西(スペイン)戦争でも対立する両者に機関銃を大量に売却した。

第二次大戦でも英国フランス米国そして対立するナチスの両者に兵器を大量に売却した。

日清戦争でも日本と中国、対立する両者に機関銃を大量に売却した。

ヴィッカースは現在、ヘリテージを通じて日本と中国、対立する両者にミサイル(技術)を売却している。




13. 対立を激化させ対立する両者に武器を大量に売却する・・「分断支配のMC技術」を活用し、ヴィッカースを大企業に成長させた経営者ベージル・ザハロフ[Zacharias Basileios Zacharoff, 1849-1936]は、第一次世界大戦を「生み出した死の商人」として悪名が高い。


Basil Zaharoff, 1849-1936, a Director of Rothschild-owned Vickers that produced guns and armaments in two world wars. "The Zaharoff System" involved selling arms to both sides in a conflict and even instigating conflicts. ..


 ザハロフの死後、子供の居なかったザハロフの巨額な資産を引き継ぎ、それをイスラエル建国に注ぎ込んだのがイスラエルの「巨人」ドレフュス社である。


14. かつての共産主義ルーマニアの独裁者チャウシェスクは、食料の飢餓輸出を行っていた。国民に食べ物を与えず、それを輸出に回し金を稼いでいた。

その輸出を担っていたのがドレフュスであり、チャウシェスクはドレフュスの「あやつり人形」に過ぎなかった。

 チャウシェスクの親衛隊の兵士は、出生と同時に親から離されチャウシェスクを親と教育され、麻薬により「手なづけられ」MKされていた。

 ヴィッカース=ドレフュスのMK技術は、こうして軍隊の忠誠心生産にこそ使用されてきた。

 米国にはCIA職員、シークレット・サービス、将校クラスの軍人全てに「MK訓練」を行うグリーンズボロ訓練センター(ノース・カロライナ)があるが、 MK技術の世界的中心地はロシアのモスクワ・メディカル・アカデミーとロシア精神矯正研究所である。

両研究所の中心人物イーゴリ・スミルノフ博士のMKプログラムで、「どのような残虐な殺人も平然と行うように」MKされたロシア人傭兵が、既報の北米に配置された膨大な数のFEMA傭兵の中心をなしている (FEMAはイーゴリの指導を受けている)。

 現在FEMAは人体実験の場を病院や研究所から、カルト宗教組織へと「実践の場」に移行させている。ロシア軍と協力関係にありMKを駆使していたオウム真理教の問題はFEMAの問題である。

 既報のように麻薬資金洗浄、麻薬売買(パーミンデックス=ドレフュス)のネットワークもFEMA・イスラエルに集中し、また麻薬を使用したMC技術も FEMAに集中している。

傭兵と強制収容所による「生きる資格の無い市民の大量虐殺」、生き残った市民の人間ロボット化=奴隷化の準備は完了している。




邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/15837437/

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/15837449/

邪悪な場所:IRS本部、メリーランド by Vigilant
http://satehate.exblog.jp/19105034/

モルモン教とイスラエル/ブリティッシュ・イスラエリズム/「クリスチャン」・シオニズム
http://satehate.exblog.jp/15166812/

原爆産業の裏側 by オルタ
http://satehate.exblog.jp/9356555/

邪悪な場所 - イスラエル最高裁判所  By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/17426306/

国際金融資本家達の世界政府:人々が知るべきだと我々が決めたことを報道する
http://satehate.exblog.jp/9631831/

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/19126340/

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/19126378/



コメント (37)

弾圧一筋:TPP:「著作権」決着へ 「死後70年」と「非親告罪」 毎日 +

2015-07-28 20:26:54 | 日記
TPP:「著作権」決着へ 「死後70年」と「非親告罪」 毎日新聞 2015年07月27日 20時35分(最終更新 07月28日 07時53分)
http://mainichi.jp/graph/2015/07/28/20150728k0000m020060000c/001.html

画像略
TPPで著作権保護が20年延びる?

◇28日から閣僚会合 ルール作りで合意する見通し

 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で参加12カ国が著作権分野のルール作りで合意する見通しになった。米ハワイで28日に始まる閣僚会合で最終決着する見込みだ。著作権保護期間は「作者の死後70年」で統一する方向。また、著作権侵害を、作者など著作権者の訴えがなくても、捜査当局や一般人も訴えることができる「非親告罪」として扱う見通しだ。日本は保護期間を「作者の死後50年」、著作権侵害は著作権者の訴えが必要な「親告罪」としてきたため、大きなルール変更になる。

 TPP交渉参加国の著作権保護期間は50年(日本など)、70年(米など)、100年(メキシコ)とまちまち。交渉では映画や音楽で海外からの著作権料収入の多い米国が、TPP域内で自国の70年に統一することを強く主張していた。

 日本では、著作権保護期間が20年間延びる見通しになったことで、著作権を持つ遺族や出版社は、収入源を長く確保できるメリットがある。政府はクールジャパン戦略で、アニメやキャラクターなどの著作権ビジネスの海外展開強化を打ち出しており、著作権保護で後押しする形だ。日本が2014年に海外から受け取った著作権使用料は約2000億円、支払いは米国向けを中心に約1兆円と約8000億円の赤字だった。日本はまた、第二次大戦の敗戦国に課せられた「戦時加算」と呼ばれる著作権保護期間の上乗せ(約10年)の撤廃をTPPで実現することを目指す。加算対象の米、カナダ、豪州で保護期間が「80年」と長くなる事態は避けたい考えだ。

 一方で、保護期間が過ぎた文学作品はネットで無料公開されたり、低価格の文庫本で出版されたりして、新たな文学ファンの掘り起こしや、名作に気軽に触れられる仕組みが生まれていた。インターネット上で著作権切れの作品を無料で読める「青空文庫」では、ボランティアが過去の作品を文字データにして公開しており、1万3000を超える文学作品などを読むことができる。今年からは、没後50年が過ぎて著作権が切れた三好達治の「測量船」などの公開が始まった。TPPは大筋合意から発効まで1、2年かかるとみられ、著作権が来年に切れる江戸川乱歩や、再来年の亀井勝一郎は公開が期待できるものの、3年後の山本周五郎は難しくなりそうだ。すでに公開された作品は影響を受けない見通しだ。

 また、著作権侵害の「非親告罪」化は、オリジナルをヒントに作品を作る「2次創作」の行為などが問題になるとの懸念が上がっている。【横山三加子、ラハイナ(米ハワイ州)清水憲司】

++
ご存じ、当局が恣意的に勝手に弾圧できる呆


魔術とイルミナティ
http://satehate.exblog.jp/7393770/

 三二三頁―――『論爭するな。受け入れろ。順應しろ。從へ。』

 四一一頁―――『どこの政府であれ、政府が持つ唯一の權力は犯罪を取り締まる事である。まぁ、大して犯罪が無くても政府は犯罪者を作り出す。政府はあまりに多くの事が犯罪に結び付く爲、人が法を犯さずに生きて行く事は不可能であると斷言する。』

 五〇三頁―――『せつかく自由になるチャンスが與へられたのに、結局は失敗した。だから、もつと嚴しい管理が必要だ。人は問題を解決する事が出來ないし、自發的に進んで解決しやうとする事も無い。だから無理にでもさうさせる必要がある。』

 五一四頁―――『罪を理由にしか人から武噐を取り上げる方法は無い。罪であると受け入れさせる事を理由にして。もし誰かが十セント硬貨を盜んだら、銀行強盜を企み、さうしやうとしてゐるとして刑を科す事が出來る。彼はどんな不幸にも我慢し、刑に服する他無いと感じるだらう。世界に罪と云ふものが殆ど無くなれば、我々は罪を作り出さなくてはならない。もし我々が、春の花を觀賞する事が邪惡であると人に教へ込ませ、彼が我々の云ふ事を信じ、それを實行するなら―――我々は彼を喜ばせる事は何でも出來るだらう。彼は自分を守りはしないだらう。さうする價値があるとも思はないだらう。だから我々に立ち向かつて來る事もあるまい。だが、自己の限界まで生きやうとする者からは、我々は身を守らねばならない。心の清い持ち主からも身を守らねばならない。そいつは我々を滅ぼす者だからだ。






邪悪な不正政府は民衆を弾圧したくてしょうがない。しかし、やり過ぎが命取りになるのではないか?言うまでもなく、徳を失えば天命を失うからである。


投票年齢引き下げ、安保法制、マイナンバーのセットで若者を戦場へ 安倍首相が水面下で画策する「18歳徴兵制度」の恐怖 2015年7月27日(月)14時0分配信 週刊実話
http://news.nifty.com/cs/domestic/governmentdetail/jitsuwa-20150727-9251/1.htm

 永田町では恐ろしい噂が流れている。それは、「いずれ政府が『徴兵制』に手をつける」というものだ。

 現在、約22万人いる自衛隊員の主な活動は、レーダーなどによる周辺の監視と、災害時の救援・復旧である。PKO(国際連合平和維持活動)の一環としてカンボジアなどに派遣されたこともあるが、隊員たちに「実戦投入される」という意識は低く、近年は若者にも人気の職種だった。

 「特殊車両も含めた運転免許や土木などの各種資格がタダで取得できる上に、航空自衛隊ならパイロットの道も開ける。収入も安定した公務員とあって、不況に突入して以来、じわじわと人気が出てきたんです。近年は男性隊員に対する女性からの評価も高く、『婚活パーティーで隊員1人に10人の女性が集まる』と言われるほどでした」(自衛隊関係者)

 ところが、戦争法案が衆院を通過し、いよいよ自衛隊の実戦投入が現実味を帯びてきたため、“ある問題”が発生しているという。

 防衛省関係者が声を潜めこう語る。

 「安保関連法案には8割の国民が反対している以上、今後は入隊者志願者が増えるはずがない。それどころか、既存の隊員たちも、アベノミクスの影響で景気の良いうちに民間企業への転職などを考えている。この隊員激減の危機を乗り切るため、『徴兵制度』の導入が水面下で真剣に議論され始めた。安倍首相も、この危機は織り込み済みだと噂されています」

 にわかには信じがたい話だが、「安倍政権がこれまで推し進めてきた数々の政策を見れば、すべてが徴兵制の復活に結び付いている」と指摘する声まである。

 「まずは、来年の参院選から始まる『18歳への投票年齢の引き下げ』。お隣の韓国では、18歳から男性の身体検査を始め、20~30歳の間に2年間兵役に就く徴兵制度を導入しています。そのため野党筋からは『投票年齢の引き下げも、韓国と同じ制度の導入が真の狙いではないか』との恐ろしい見方も出ているのです」(民放の政治部記者)

 また、来年1月から本格導入される「マイナンバー制度」も、戦争法案とセットで見ると、極めて怪しい制度となる。

 「この制度は、国民一人ひとりに番号を割り振り、個人の収入や支出、税金などを完全透明化するのが目的ですが、仮に『徴兵制』が導入された場合には“兵役逃れの検知システム”に様変わりする可能性もある。国民の詳細な個人情報を、国がコンピューターで一括管理するシステムですから、いかようにも運用できるというわけです」(同)

 さらに安倍首相は、安保関連法案成立の流れを作る前段階として、昨年4月に「武器輸出三原則」も事実上の撤廃に持ち込んでいる。

 もはや安倍政権の“暴走”は、後戻りできないところまできていそうだ。


【ヤバイ】安倍政権がTPP交渉でアメリカの要求を丸呑み!医療や著作権、米輸入、関税、ISDS条項で譲歩へ!28日に最終決着 真実を探すブログ 2015.07.28 06:0
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-7375.html


暴政安倍政権崩落が秒読み段階に入ってきた 植草一秀 015年7月27日 (月)
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/post-eed2.html


【緊急アップ!】安倍総理とメディアの会食は「業務妨害罪」「贈収賄罪」の可能性!? 学者の会で刑事法学者・高山佳奈子氏が指摘!元共同通信・浅野健一氏も批判「御用メディアと闘わないといけない」 IWJ Independent Web Journal
http://iwj.co.jp/wj/open/archives/254388




DARK法成立は、アメリカ政治家の傲慢さの証し 廃棄されたGMO表示法 Scott C. Tips 2015年7月25日 National Health Federation
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2015/07/dark-gmo-63ff.html 2015年7月29日 (水)

2015年7月23日、アメリカ合州国下院は H.R. 1599、別名DARK法として知られる、いわゆる“2015年、安全正確食品表示法”投票を行い、(275対150の多数決で)通過させた。

これから上院で取り上げられるべき法案の表現として、DARK法というのはより正確な表現だ。つまり“アメリカ人の知る権利を否定する(Deny Americans the Right to Know)”の略語として、議会が一体何をやろうとしているかを適切に語ってくれるのだ。既存の全ての、そして将来の州や地方レベルのGMO表示法を無効にし、遺伝子組み換え作物を規制する、連邦法でない無数の法律を廃絶し、消費者が十分な知識を得た上での選択をできなくするのだ。

特に、DARK法は - もし上院を通過し、オバマの署名によって、法律となれば:

GMO食品の表示だけでなく、GMO作物の製造と販売に関する州と地方の法先手を打って阻止し

“GMO禁止”地帯を無くし

伝統的農法の農民や食料生産者が、食品に“GMOを含まない”という表示をするには、GMO推進派の米国農務省からの証明書を必要として、不公平に負担をかけ

“自然”食品の定義を一層曖昧にして、食品がたとえGMOを含んでいても、企業がパッケージに“自然”と表示できるようにし; 更に

遺伝子組み換え食品を飼料として与えられた動物による乳製品や、遺伝子組み換え処理や酵素を利用して生産された食品でも「非伝子組み換え」と表示するのを認める。


GMO表示法規の“混乱した継ぎ接ぎ細工”を終わらせるものとして喧伝されているが、DARK法は、実際は、食べ物や飲み物に何が入っているのかをアメリカ人が知る権利を奪うことの偽装以外の何ものでもない。法律が“混乱した継ぎ接ぎ細工”状態を終わらせる手口は、フン族の王アッティラが、破竹の進撃途上にある諸部族の“混乱した継ぎ接ぎ細工”状態を終わらせた手口と同じだ。彼は諸部族をひたすら絶滅させたのだ。我々全員が十分な知識を得た上で選択ができるようにするには本当のGMO表示が必要だ。

この法案に賛成票を投じた、多くの共和党議員と、少数の民主党議員は恥じるべきであり、これに反対票を投じた、多くの民主党議員と、少数の共和党議員は称賛されるべきだ。有権者の願望に対する、資本家権益の勝利だった。90%以上のアメリカ人が、GMO表示の義務化を要求している、あらゆる本格的な世論調査が示しているように。共和党支持者ですら、89%が表示の義務化を支持している。ところが、私の長年の友人、ダナ・ローラバッカー下院議員(共和党-カリフォルニア州)を含め、議会は法案に賛成票を投じた。明快なGMO表示に対する、圧倒的支持を無視したのだ。皮肉にも、NHFの代替医薬・医療選択自由運動に対して長年反対していた議員達の多くが、この問題で正しい方に投票した。(下記を参照。https://www.govtrack.us/congress/votes/114-2015/h462)

次の戦場は、アメリカ上院だ。ジョン・ホーベン上院議員(共和党-ノースダコタ州)は独自のGMO表示法案を用意しているが、下院版に対する改良とは思えない。それでも、上院は、DARK法、または、ホーベン上院議員の法案、あるいは、近い将来には、おそらくは別の、より消費者志向の法案さえも検討するだろう。GMO産業(モンサント)が、連邦議会の最も暗い一角の影響力行使に手をこまねいているはずがないのだから、これを実現させるか否かは我々にかかっている。

我々の健康が危機に瀕しているのだ。ロバート・コーヘン(GMO食品と、その健康に対する危険に関するNHFの常任専門家の一人)が、最近気づいたが、“2015年9月号のChemosphere=化学圏 (135:53-60ページ)には、モンサントから金をもらった評者に、ぎりぎり間に合うように、研究が載っている。‘ラウンドアップ曝露が、アマゾンの硬骨魚コロソマ・マクロポムムの、えらと肝臓の機能障害、DNA損傷や、脳のコリン作用の阻害を促進する’ことを研究者達は発見した。‘我々の研究結果は、コロソマにおける生体指標は、臓器特異的で、(ラウンドアップ)濃縮に依存していることを示している。

えらと気道上皮の構造的変化の後に、ヘモグロビン濃縮等の血液学的パラメーターの変化が起き …更に、(ラウンドアップ)濃縮は、コロソマのえらの生体内変化過程に悪影響を及ぼした。一方、肝臓の反応は(ラウンドアップに)曝された魚で、生体内変化や、抗酸化系の不均衡で見られるように、活性酸素種(ROS)の産生が起きたことを示唆している。(ラウンドアップに)曝されたコロソマの赤血球中のDNA損傷増大は、この仮説と一致する。’海洋科学者達は、こう結論づけている。‘かくして、我々は(ラウンドアップ)が、コロソマに対して有毒な可能性があり、あるいは他の熱帯魚類に対してもそうでありうると考える。’(強調は筆者) 現在の情報は、金を貰ったモンサントの詐欺師連中によって、歪曲されかねない。真実はつらい。事実は苦しいものだ。連中からたっぷり金をもらった代弁者を利用して、モンサントは、事実が事実であることを無視し続けている。



NHFは、ジュネーブ、スイスで、国際食品規格委員会が、遺伝子組み換えウシ成長ホルモンの標準を採択するのを打ち負かすのを手伝い、帰国したばかりだ。我々の健康に対するこの国産の脅威を打ち負かすためには、皆様の助力が必要だ。世界を汚染するものは、我々を救うことなどなく、我々も汚染するだけだ。国際食品規格委員の場合と同様、この最新の脅威を打ち負かそう。皆様の積極的なご参加が、巨大食品企業に対するNHFの活動継続には不可欠だ。是非下記をご覧の上 http://www.thenhf.com/donations-historical/ ご支持を表明頂きたい。


記事原文

The Passage of the DARK Act Shows the Arrogance of Our Politicians GMO Labeling Laws Ditched By Scott C. Tips July 25, 2015
http://us9.campaign-archive1.com/?u=974a0a0c84c2e0a0d9ecb0998&id=eaf6133707&e=b3505f619d

-----------

国名を日本に変え、DARK法を「戦争法案」、下院を、「衆議院」、上院を、「参議院」にすれば、そっくりそのまま。

何度も書く。「属国は宗主国を模倣する」。

生物学では、ヘッケルの法則「生物の個体発生は、系統発生を繰り返す」

というわけで、宗主国の事情を見れば、属国の将来がわかる。



DARK法を採決した宗主国、TPP後の属国の状況を先取りしている。

「戦争法案」丁寧に説明する意図など始めから皆無。はなから数の力で押し切るつもり。TPPと全く同じ。宗主国支配者・戦争産業の為にしかならない法案。

TPP、情報を全く開示しないものを、ヨイショする売国奴洗脳大本営広報部、許すことはできない。闇鍋ではないのだ。開示しろと文句をいわないで丸飲みするから、正確に大本営広報部と書いている。


『戦争法案廃案!7.28日比谷集会&デモ』

集会開始前、様々な曲が流された。英語の三曲、ベトナム戦争反対の歌とばかり思っていたが、戦争法案反対の歌でもあった。

風に吹かれて
悲惨な戦争
勝利を我等に
善良な市民

忌野清志郎の『善良な市民』通りの筋書き。

泥棒が憲法改正の論議をしてる
コソ泥が選挙制度改革で揉めてる
でも善良な市民は参加させてもらえず
また間違った人を選ぶ
泥棒が建設会社から饅頭をもらってる

泥棒が国際貢献をしたがっている
大義名分を掲げまた二枚舌を使う
でも善良な市民は見知らぬ土地で
弾に当たって死んじまうだけさ

善良な市民は新しいビールを飲んで
プロ野球に熱中するだけさ
競馬で大穴を狙うだけさ
飯代を切り詰めたりして
Jリーグを見に行くだけさ


傀儡政府、「国民の理解を頂けていないため」ではなく、「国民の理解が深まっているため」支持率が順当に、急速に落ちていることは、もちろん十分承知しているだろう。

実に気味悪い肉塊によるプレゼン。放送をみたわけではないし、youtubeでみる気力もないが、画像でみるかぎり、火事というより、砲撃された市民から飛び出た内臓、心臓に見えた。一流広告会社が本気で考えたのだろうか?わざわざ反発を食らう作戦なのだろうか?

強引に成立させたあと、岸首相が退陣し、所得倍増の池田首相に代わってガス抜きをしたように、強引に成立させたあと、孫も突然の劇的退陣が予定されているだろう。

後釜は、噂されている有力者の可能性もあるが、宗主国で女性の戦争推進大統領が実現する先鞭として、属国で、先に女性戦争首相が出現しそうな気がする。

そうなったからといって、売国政党二党の支持率が回復するガス抜き効果はないだろう。

新国立競技場の白紙撤回が、支持率挽回に全く効果がなかったのと同様に。

参院選2合区成立。衆院可決という。賛成した諸氏、自称「野党」だが実質自民党別動隊。

中には郵政選挙で果敢に立ち向かった人もいる。著書も読んで、応援していた自分の浅はかさを恥じている。

自称野党、将来の参院選、衆院選で、のこのこ登場して受かるのだろうか?彼等ではなく、国民の資質が問われている。

自称野党、いずれも『戦争法案廃案!7.28日比谷集会&デモ』に参加していなかった。


++
グローバル2000そのもの

国家と個人の品格  投稿者:Legacy of Ashes の管理人 投稿日:2015年 7月27日(月)11時59分8秒
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/3344

* 3月11日の翌日は12日土曜日(土曜日は自由研修日)、松下政経塾前の中華料理店でスーツ姿の男女多数がビール10数本をあけ,さらに餃子や紹興酒を注文し祝杯を上げていたということを忘れてはならない。

*中華大新という店(住所:神奈川県茅ヶ崎市常盤町5-20)で彼らは松下政経塾の人間であることは確認した。

* その後,彼らの一人が店を出るや、塾の前をランニング中の生徒に「お~い,こっち来い」と声を掛け,また中で祝杯を上げていた。

* 政経塾へ入る条件は知りませんが、田布施の朝鮮人部落の遠縁しか入れないということは考えられなくもない。

* こういうことに我々は今後注意しなくてはならないだろう。

* 我々の選んだ政治家が、日本国土を消滅させようとしていることに。毎日浮かれている場合ではない。

もう今更どこかの国の元なんとか大使が出てきて騒いでも手遅れなのです。グローバル2000という皆殺し計画に基づいているだけなのです。3.11が人工的に引き起こされた地震であり津波兵器を使用したことには議論の余地はない。これが田布施システムなのです・・




細菌戦争ならば効果があるかもしれない by バートランド・ラッセル
http://satehate.exblog.jp/8752829/

デンヴァーの壁画で識別された反キリスト
http://satehate.exblog.jp/16297474/



白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15912246/





コメント

信濃町もまたデモで取り囲まなければいけない 天木直人 +

2015-07-26 09:29:43 | 日記
原爆を投下した米国を糾弾することこそ対米自立の切り札である 天木直人 2015年7月25日
http://new-party-9.net/archives/2289

 今朝(7月25日早朝)の「朝まで生テレビ」のテーマは国際情勢と安保法案であった。

 いつもなら不毛の言い合いで終わるガス抜き番組だ。

 ところがこの時は違った。

 被爆地広島から放映したこともあり、出演者も視聴者も広島の被爆体験者が多かった。

 話が米国の責任に及んだ時、思わぬ発言が飛び出した。

 あの原爆は人体実験だったということについては、今では少しでも勉強をしたものなら知っている。

 田原総一朗も、その通りだ、ポツダム宣言を受け入れて全面降伏したのに落としたのだ、と盛んに繰り返していた。

 しかし、驚いたのはそのあとに続いた広島の関係者の発言の数々だった。

 被爆者救済のために治療したはずが、被曝が及ぼす人体への影響を調べ、その調査資料は今もって米国が独占していると。

 原爆投下の人体実験にとどまらず、放射能物質を体内に注入しいわゆる放射能物質による攻撃まで当時研究していたと。

 これらが、当時の資料で判明していることが明らかにされたのだ。
(引用注:内容は当初よりあたりまえですが、テレビで流れたというのは「驚き」なのでしょうか)

 極めつけは司会者の、そのような米国との対等な日米同盟はありうるのかという質問だ。

 あの青山繁晴が、自分は記者をしていたからよく知ってるが中曽根首相をはじめ、米国に対等に外交をした首相は一人もいなかった、と暴露した。

 宮家邦彦に至っては、米国と対等に接することのできる国など世界でどこにもいない、などと捨て台詞を吐く始末だ。

 最後は、こんな原爆投下した米国を許していいのか、日本は言うべきことをもっとはっきり言うべきだ、の大合唱となった。

 これは米国議会で日米は和解したと追従演説をして喜んでいる安倍首相に対するこれ以上ない批判だ。

 その安倍首相が国民の意思に反して安保法制案を強行採決しようとしている。

 まともな日本人なら賛成できるはずがないことを証明する番組で終わった。

 私がこの番組を見て思ったことは、原爆を投下された日本は最強の切り札を持っているという事実だ。

 日本の政治家が本気でこのことを世界に訴えたなら、核保有国は誰ひとり抗弁できないはずだ。

 いまこそ日本は最強の切り札を切る時である。

 広島、長崎の体験を最大限に活用しない政治は犠牲者に対する冒涜だ。

 福島の悲惨さを隠して原発再稼働に踏み切る安倍政権は末代まで禍根を残すことになる(了)


広島・長崎への原爆攻撃の目的の一つ「人体実験」 ”被爆者を「治療」せず「実験動物」のように「観察」”
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/31be81928e337fc4fc475c251a51abac

「広島と長崎に測定可能な放射能なし」
http://satehate.exblog.jp/12097202/

だから人をああいう目にあわせて殺した側は、完全犯罪だよね 肥田舜太郎
http://satehate.exblog.jp/17391709/

「昨日はウサギだった、今日は日本人だ」 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/17748295/

迫りくる恐怖、生き抜いた原爆患者たち 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/17754766/

二重被爆 その意味
http://satehate.exblog.jp/16324908/






信濃町もまたデモで取り囲まなければいけない
http://new-party-9.net/archives/2297 天木直人 2015年7月26日

 国会をデモで取り囲むのもいいが、米国大使館への反米デモこそ重要だと書いた。

 しかし、いまこそ公明党・創価学会の本部がある信濃町をデモで埋め尽くさなければいけない。

 そう思わせる記事をきょう7月26日の読売新聞に見つけた。

 公明党の山口代表がきのう25日に札幌で記者団に語ったという。

 「与党として60日ルールは使わない」と。

 だったら安保法案は先送りしかない。

 ところが、続けて山口代表は次のように述べたという。

 「参院が主体的に議論して結論を出す事が重要だ」と。

 これは参院で可決・成立させることだと、読売新聞は解説している。

 驚くべき発言だ。

 安倍首相より強引だ。

 公明党が反対すれば、安保法案などたちどころに廃案になるのに、強行採決しなくても可決させてみせると言っているのだ。

 安保法制案の廃止を訴えるデモは、公明党・創価学会の本部がある信濃町に押しかけなければウソだ。

 安倍首相は誰が見ても戦犯だ。

 しかし平和の党を標榜するだけ創価学会・公明党は悪質である。


 紛れもない憲法9条の敵である
(了)



SWCと「創価学会」の連携
http://satehate.exblog.jp/16803963/ 一部再掲

日本に圧力をかけるシオニスト組織「SWC」 ~ 「サイモン・ヴィーゼンタール・センター(SWC)」の実態 ~
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc600.html#04 より


■■第4章:「SWC」と「創価学会」の連携

●ところで、現在、「SWC」は「創価学会インターナショナル(SGI)」と連携している。

池田大作(会長)が最初に「SWC」のロサンゼルス本部を訪れたのは1993年1月である

この時、「SWC」は池田大作に対して「国際寛容賞(人類愛国際賞)」を贈り、池田大作を称えた。


Rabbi Hier (center) meeting Mr. Ikeda at the Wiesenthal Center's Museum of Tolerance (January 31, 1993)

そして、この訪問を機に「SWC」と「SGI」は連携し、「ホロコースト展」の日本での開催の準備が始められた。そして、戦後50年の1995年8月15日、「ホロコースト展」が広島の国際会議場で開催されたのである



「創価学会」の池田大作会長



「SWC」と「創価学会インターナショナル」が協力して、1995年8月15日、広島で開催された「ホロコースト展」 8月24日まで開催され、入場者は8万人を越えた




 

●この「ホロコースト展」のオープニングには、「SWC」のマービン・ハイヤー[Rabbi Marvin Hier]館長、アブラハム・クーパー[Rabbi Abraham Cooper]副館長、ジェラルド・マゴーリス(マーゴリス)[Dr Gerald Margolis]事務長、アルフレッド・バリッツァー博士[Dr. Alfred Balitzer]らの一行が列席した。

マービン・ハイヤー館長は、「SWC」を代表して次のようにあいさつした。

「本日、ここに『ホロコースト展』広島展が開幕の運びとなりましたが、これは創価大学の皆様、並びに創立者・池田大作SGI(創価学会インターナショナル)会長のひとかたならぬご尽力で実現したものです。」



「SWC」のマービン・ハイヤー館長


アブラハム・クーパー副館長

 

●「ホロコースト展」が無事成功に終わると、翌1996年には、「SWC」による「マキグチ記念人権講演会」がスタートした。その第1回に招待を受けた池田大作は、「SWC」が運営するロサンゼルスの「寛容の博物館」で記念講演を行なった。

参加した識者からは、「池田氏の闘争に強く心を揺さぶられました。人間の権利、そして平和のために、世界で繰り広げておられる『限りなき闘争』に」、「教育で『人類愛』『兄弟愛』を分かち合う──この一点こそが池田氏の講演の魂でしょう」などの感想が寄せられた。



※ ちなみに現在、創価大学はヘブライ大学と提携している。




酒鬼薔薇、日本で表舞台に「デビュー」から11年
http://satehate.exblog.jp/8931734/



世界権力構造の秘密 Eustace Mullins 2 原爆ホロコースト
http://satehate.exblog.jp/7590315/

「原爆ホロコースト」の実態
http://inri.client.jp/hexagon/floorA4F_ha/a4fhc700.html

第9章:原爆投下を肯定する在米ユダヤ人組織「SWC」



〈原爆投下に関して〉

新潮社編集部の「第二次世界大戦で人類に対する明らかな犯罪が2つあったと思います。ひとつはホロコースト、もうひとつは原爆投下です。その責任追及を『SWC』がする予定はないのでしょうか?」の質問の中で、次の問答がある。

◆編集部 : 原爆による無差別爆撃の事実は明らかで、これは戦争犯罪ですから、アメリカの戦犯追及を考えるべきです。

◆クーパー: 率直にお話ししますが、個人的に言うと、私は原爆投下は戦争犯罪だと思っていません。


◆編集部 : それは納得できません。非戦闘員の殺害は明らかに戦争犯罪じゃないですか。

◆クーパー: ノー。戦争というのは非常に悲惨な出来事なわけですけれども、2つの原爆を落としたことで、戦争が終わったという事実はあるわけです。もしトルーマンが原爆を落とさなければ、さらに多くの死傷者が出たでしょう。


●上の取材記事からも分かるように、「SWC」に代表されるシオニスト・ユダヤ人勢力は、「自分」たちのホロコースト体験は世界に向けて盛んに宣伝するが、他民族が体験したジェノサイド(ホロコースト)に対しては無関心(冷淡)のようである。現在、パレスチナで進行中のホロコーストに対しても冷淡で、むしろユダヤ人によるパレスチナ人の虐殺を積極的に支持している有様だ。




●ところで、「マルコポーロ廃刊事件」の時、「SWC」の背後で「創価学会」が暗躍していたという情報がある。『マルコポーロ』の記事を最初に「SWC」に告発したのは「創価学会」の信者だったという。

また、『マルコポーロ』廃刊号には、ガス室の記事と並んでもう1つ重大な記事が掲載されていた。それは、「徹底調査・新興宗教に入っている有名人一覧」という記事である。


この中で、創価学会に入信している有名人がリストアップされていたのである。(創価学会の日蓮宗破門も詳しく報じられていた)



『マルコポーロ』が廃刊になったのは、ガス室の記事よりも、この有名人信者の「一覧リスト」が原因だったとの見方がある。

その『マルコポーロ』廃刊号に掲載されていた
「新興宗教に入っている有名人一覧」は↓ここで見ることができる。
http://yiori.tripod.com/ref/yuumei1.html リンク切れ
http://www.asyura2.com/sora/bd7/msg/35.html




●現在、「SWC」は、「統一協会」とも友好関係を結んでいる。

「統一協会」は、1982年にアメリカで新聞『ワシントン・タイムズ』を創刊したが、イスラエルのシオニズム活動を熱烈に支持し、最近ではイスラエルの右派リクードを支援している。

教祖である文鮮明は、次のような言葉を口にしている。

2012年までには神の摂理のすべてを完成させなければなりません。イエス様が2000年前に受け入れられずに失敗したすべてを蕩減(とうげん)しなければならない。キリスト教徒はユダヤ人と共にそれを成し遂げなければならない。



私は私の100%の力を投入し、イスラエルを救うために歩む覚悟でいます。すべてのアメリカ人が目覚め、そのことのために働かなくてはなりません。皆さんもそのようにお願いします。皆さん、キリスト教の指導者はキリスト教の統一のために働いて、それを成し遂げてください。」

 
「統一協会」の教祖・文鮮明











President Bush and Rabbi Hier light the flame of remembrance after touring the Wiesenthal Center's Museum of Tolerance in Los Angeles during the Presidential campaign.

Rabbi Marvin Hier, Haim Saban and Abraham Cooper
http://www.everyjew.com/photo/rabbi-marvin-hier-haim-saban-and-abraham-cooper


Los Angeles, CA - Netanyahu Speaks About Iran At Los Angeles Museum
http://www.vosizneias.com/157429/2014/03/06/los-angeles-ca-netanyahu-speaks-about-iran-at-los-angeles-museum/






アンネ・フランク生きてんじゃん。 The Anne Frank Hoax
https://www.youtube.com/watch?v=uY3db-hEKUM


※ 追加情報:

■「SWC」と「公明党」の幹部が会談

2001年3月、「公明党」の神崎武法代表は、国会内で「SWC」のアブラハム・クーパーらと会談し、第二次世界大戦中の歴史的事実を調査する「恒久平和調査局」を設置する法案(国立国会図書館法改正案)の早期制定について要請を受けた。

また、「アメリカ創価大学[Soka University of America]」のアルフレッド・バリッツァー博士[Dr. Alfred Balitzer](元ブルネイ大使で現在SWCの幹部)は、次のように述べたという。



「公明党は在日外国人への地方選挙権付与や、歴史教科書問題で努力されていると聞いた。この法案成立にも尽力してほしい。」



Dr. Marinoff and Mr. Ikeda (Soka University campus)


★2001/03/15付『公明新聞』掲載より (集合写真あり)
http://www.k-shirahama.jp/report/post_66.html




David Rockefeller speaks about population control(日本語字幕)テキストあり
https://youtu.be/lRBnHIO3vEk








土鍋 ソフトバンク ボス 2時46分
http://satehate.exblog.jp/18531772/


動物農場の住人たち リトルボーイとファットマン 
http://satehate.exblog.jp/16724782/









公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 1
http://satehate.exblog.jp/16795099/

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 2
http://satehate.exblog.jp/16795126/

神経ガスによるマインドコントロール 3 地下鉄「サリン」事件
http://satehate.exblog.jp/7739630/

日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ ijn9266 1
http://satehate.exblog.jp/21687334/

日本征服計画⑦創価学会を悪魔教日本出張所として利用せよ ijn9266 2
http://satehate.exblog.jp/21687596/

子宮頸がんワクチン
http://satehate.exblog.jp/20557999/

恨日プロトコール + 日本の恩人?
http://satehate.exblog.jp/18384632/

衆参不正選挙:創価学会員の方から「幹部からの指令で偽票を書いた。」との内部告発です RK
http://satehate.exblog.jp/22197963/




山口代表、北側副代表は集団的自衛権に「反対」と回答していた!~二枚舌の公明党に鉄槌を~ 2015年 7月 28日 醍醐聰:東京大学名誉教授
http://chikyuza.net/archives/55110



コメント

債権国インディアン日中共倒れを希望いたします by バフォメット

2015-07-23 23:21:14 | 日記




巨大資本が国を支配する米国は戦争法案で日本と中国を共倒れにし、TPPで環太平洋支配を目指す 櫻井ジャーナル 2015.07.19
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201507190000/

 新国立競技場にしろ、「安全保障関連法案」にしろ、安倍晋三政権が国民の利益に反することを強行していることは間違いない。マスコミや野党も政府を批判するようなことを言っているが、支配層から「チェックメイト」、あるいは「王手」を宣言されるまで彼らは反対らしい反対はせずに黙認、推進派も少なくなかった。

 安倍晋三首相は4月29日、アメリカ議会の上下両院合同会議で「安全保障関連法案」を夏までに成立させると宣言6月1日には官邸記者クラブのキャップとの懇親会で、この法案は「南シナ海の中国が相手」だと口にしたという。この報道が事実なら、このクラブへ記者を送り込んでいるマスコミは発言を知っているはずだが、国内は静か。むしろ国外で問題になっていた。「海外で戦争する国」という漠然とした目的ではなく、明確に中国が意識されているのだ。

 安倍首相が中国との戦争を準備しているのはネオコンが命令しているから。現在、アメリカの世界戦略は1992年に国防総省で作成されたDPG(通称、ウォルフォウィッツ・ドクトリン)に基づいている。当時の国防長官はリチャード・チェイニー、執筆の中心にはポール・ウォルフォウィッツ次官をはじめとするネオコンがいた。

 1991年にソ連が消滅、アメリカは唯一の超大国になったと認識したネオコンは潜在的なライバルの出現を許さず、世界を支配するというプランを描いたのだ。ロシアを属国化したと考え、重点を東アジア、つまり中国と日本へ移動させるのは当然のことだった。思考力の足りない日本の「エリート」に謎をかけ、中国と戦う気にさせ、最後は両国を乗っ取ろうという算段だろう。

 ネオコンが台頭したのはジェラルド・フォード政権(1974年から77年)時代。この政権ではデタント派が粛清されたが、粛清の中心にいたのがドナルド・ラムズフェルドとチェイニー。ネオコンと手を組んでいたのは軍や情報機関の好戦派、その後ろ盾には平和を恐れる巨大資本が存在していた。

 こうした勢力は庶民が主権者だとは認めず、自分たちは憲法を超越した存在だと見なすようになる。その象徴的な存在が1982年にアメリカで生まれた法律家の集団、「フェデラリスト・ソサエティー」だ。彼らは事実上、民主主義も立憲主義も否定している。

 経済面から民主主義や立憲主義を否定しているのが新自由主義者。平等、あるいは公平を嫌悪、自分たちに都合の良いルールを作り、最後は力尽くで全てを奪うのが彼らの遣り方。彼らはアメリカという国も略奪の対象でしかない。

 1938年4月29日、フランクリン・ルーズベルト大統領(1933年から45年)はファシズムについて次のように定義している。

 「もし、私的権力が自分たちの民主的国家より強くなるまで強大化することを人びとが許すなら、民主主義の権利は危うくなる。本質的に、個人、あるいは私的権力をコントロールするグループ、あるいはそれに類する何らかの存在による政府の所有こそがファシズムだ。(引用注:ジツハ、ワタシモソウナンデスガネ、ハッハッハ)

 新自由主義によって「私的権力」は国家を上まわる力を獲得、今ではアメリカだけでなく西側の全政府をコントロールしている。ルーズベルトの定義に従えば、西側はファシズム体制だ。TPP/TTIP/TISAは巨大資本が国家を支配する仕組みにほかならず、ファシズム化の総仕上げだと言えるだろう。「安全保障関連法案」はTPP/TTIP/TISAと一心同体の関係にあり、片方には反対だが片方には賛成だということはありえない。





米国の歴史は先住民の虐殺から血塗られ、今では民主化や人道を口実に破壊と殺戮を繰り広げる 櫻井ジャーナル 2015.07.22
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201507220000/

 アメリカとキューバの国交回復を受け、バラク・オバマ政権は「キューバの人権問題の改善が大きな課題だ」と考えていると書いた新聞があった。本当にそう思っているのだろうか?選択肢のない選挙が行われ、特定の勢力が流す偽情報を広めるだけのメディアが存在しているからといって、民主主義国家だとも人権国家だとも言えない。

 1898年に占拠、キューバを支配下においたアメリカは、1934年の「5月条約」をたてに今でもキューバのグアンタナモに海軍の基地をおいたままだ。 そこでは捕虜として、あるいは容疑者としての権利を奪われた「敵戦闘員」が拘束され、拷問を受けてきた。殺された人間もいる。アメリカの情報機関、CIA は28カ国に約50の秘密刑務所を設置、船を利用した施設もあると言われている。キューバよりアメリカの人権問題は遥かに深刻だ。

 そもそもアメリカは先住民を殲滅して作り上げられた国。クリストファー・コロンブスがカリブ海に現れた1492年当時、北アメリカには100万人とも 1800万人とも言われる先住民が住んでいたと推測されている(引用注:Leslie Marmon Silkoの『死者の暦』が、物語るには、一五〇〇年  七二〇〇万の人々が北、中、南アメリカに住んでいた。)が、1890年にウーンデット・ニー・クリークで先住民の女性や子供が騎兵隊に虐殺された時には約25万人に減少していた。生き残った先住民は「強制移住法」によって「保留地」と名づけらた荒野へ押し込められた。先住民を殲滅した後、ラテン・アメリカを侵略したわけである。いわゆる「棍棒外交」だ。棍棒外交の手先になったのが海兵隊。

 戦後は情報機関が秘密工作で民主的に成立した政権を軍事クーデターなどで倒し、アメリカの巨大資本にとって都合の良い体制を作り上げてきた。クーデターを起こしたり、民主化運動を押さえ込むため、アメリカは1951年にパナマでSOAという軍事訓練施設を創設した。そこでは反乱を鎮圧する技術のほか、狙撃訓練、ゲリラ戦や心理戦、軍事情報活動、そして拷問法などを教えていた。軍事クーデターの首謀者や「死の部隊」の指揮官は多くがSOAの出身者だ。

 キューバもアメリカ資本の支配下にあった国のひとつだったが、それを1959年にフィデル・カストロを中心とする革命軍が倒している。マイケル・ムーアが監督したドキュメンタリー映画『SiCKO(シッコ)』ではアメリカの貧困な医療制度が批判され、その中でキューバに助けを求めている。

 アメリカの情報機関は秘密工作と麻薬密輸をセットにしている。例えば、ベトナム戦争では東南アジアの山岳地帯(黄金の三角地帯)でケシを栽培、ヘロインを製造し、犯罪組織を使って売りさばいていた。ニカラグアの革命政権を倒そうとしたときはコカイン、アフガニスタンやコソボでの秘密工作はパキスタンやアフガニスタンの山岳地帯でケシを栽培して資金を調達していた。そうした麻薬資金は「CIAの銀行」で処理される。(詳しくは拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を)



 ソ連消滅後は軍隊を使う傾向が強い。例えば、ユーゴスラビアを先制攻撃したほか、アフガニスタン、イラクも先制攻撃、リビアはアル・カイダ系の武装集団 とNATO、シリアはNATOの投入に失敗してアル・カイダ系、そしてタグを変えて今はIS(イラクとレバントのイスラム首長国。ダーイシュなどとも表記)と呼ばれている戦闘集団を使っている。ウクライナの場合はネオ・ナチだ。

 アメリカ軍を使おうと、アル・カイダ系武装集団、IS、ネオ・ナチといった傭兵を使おうと、ターゲットになった国では破壊と殺戮が繰り広げられる。勿論、そこには民主主義も人権もない。

 1980年代の前半にアメリカでは「プロジェクト・デモクラシー」を始めている。勿論、本来の民主主義とは関係ない。アメリカ資本にとって都合の悪い国家、体制を破壊することが目的だ。侵略の口実として「デモクラシー」という用語を使い、人びとを操ろうというわけである。(引用注:これこそ「デーモンクラシー」)



 ユーゴスラビアを攻撃した頃から「人権」とか「人道」という言葉が使われる傾向が強まる。人びとに攻撃を受け入れさせるため、西側の有力メディアは偽情報を盛んに流したが、その一端は拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』でも触れた。ボスニアでは「死の収容所」が宣伝された。その発端になったイギリスの放送局の取材チームは鉄条網で囲まれた貯蔵所の敷地へ入り、そこから外にいる難民を撮影して「死の収容所」が存在しているかのような印象を作り出し、ほかの有力メディアも広めている。(その1その2その3

 リビア、シリア、ウクライナなどでも西側のメディアが偽情報を流し続けていることは本ブログで何度も指摘してきた通りだ。2001年にアメリカで成立した愛国者法が民主主義と人権を否定していることを知らないマスコミの人間はいないだろう。アメリカは民主的でも人道的でもない。





米国も侵略を宣言して侵略することはなく、その侵略を直視せず日本人は集団的自衛権を語れない 櫻井ジャーナル 2015.07.23
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201507230000/ 

 他国を侵略する場合、正直に侵略すると宣言する国はないだろう。相手が先に手を出した、自国民を助ける、最近では「人道的介入」をアメリカは演出、NGOも盛んに使っている。日本は「積極的平和」だ。

 前回も書いたが、アメリカが「人道」を侵略の口実に使い始めたのはユーゴスラビアを先制攻撃したころ。1980年代の前半には「プロジェクト・デモクラシー」を開始、「民主化」を掲げてターゲット国を破壊していた。

 そうした工作が本格化する前、ポーランドの反体制労組「連帯」が登場して「民主化」が掲げられた。1970年代にアンブロシアーノ銀行が破綻、バチカン銀行を巻き込んだ不正融資が発覚し、その資金が流れていった先に「連帯」があることが後に判明する。

 この労組には資金だけでなく、当時のポーランドでは入手が困難だったファクシミリのほか、印刷機械、送信機、電話、短波ラジオ、ビデオ・カメラ、コピー機、テレックス、コンピュータ、ワープロなどが数トン、アメリカ側から密輸されたという。(Carl Bernstein, "The Holy Alliance", TIME, February 24 1992)「連帯」の指導者だったレフ・ワレサも自伝の中で、戒厳令布告後に「書籍・新聞の自立出版所のネットワークが一気に拡大」したと認めている。外部からの強力な支援がなければありえない話だ。

 日本では理想化されて語られた「連帯」だが、CIAとの関係を隠すべき事実だとは考えていなかったようで、公然とつきあう。そのため、西ヨーロッパでは冷めた目で見られていた。

 アメリカは「偽旗作戦」もよく使ってきた。



バチカン銀行のスキャンダルで非公然結社のP2が明るみに出るが、この結社は「NATOの秘密部隊」、グラディオと表裏一体の関係にあったと言われている。このグラディオはイタリアの情報機関と連携しているが、その背後にはアメリカの情報機関が存在、1960年代から80年頃までの期間に「極左」を装って爆弾攻撃を繰り返していた。いわゆる「緊張戦略」だ。

 歴史を振り返ると、1898年にキューバのハバナ港でアメリカの軍艦「メイン号」が爆沈した事件も「偽旗作戦」だったと疑う人は多い。アメリカはスペインが爆弾を仕掛けたと主張、「米西戦争」を開始、ラテン・アメリカを植民地化する。フィリピンもこの戦争で手に入れた。

 ベトナムへ軍事介入する口実として使われたのが1964年の「トンキン湾事件」。アメリカの駆逐艦が北ベトナムの魚雷艇に砲撃されたとアメリカ政府は宣伝、1965年2月には「報復」と称して本格的な北ベトナムに対する空爆を始めているが、この事件の背後にはOPLAN34Aと呼ばれる計画が関係してい た。

 これは1964年1月に大統領から承認されたもので、統合参謀本部直属の秘密工作部隊SOGが編成された。メンバーは陸軍のグリーン・ベレー、海軍のSEALs、そして空軍特殊部隊の隊員。同年2月に破壊工作をスタートさせた。 (蛇足寄り道参考:SEALDs のアイコンは何故か?イルミナティ御用達のやつ!? SEALDs代表の奥田愛基は、なぜTPP推進の広告塔であるNIKEのキャップをかぶっているのか?? → 「お祈りインディアン」なのだろう 失われた環:「ユダヤ」犯罪ネットワークが9/11を実行した も参照)

 その工作の一環として1964年7月に南ベトナムの哨戒魚雷艇が北ベトナムを攻撃、北ベトナムが派遣した高速艇が到着したときには姿を消してしまい、そこには情報収集活動をしていたアメリカの駆逐艦、マドックスがいただけだった。攻撃の翌日、SEALsの隊員に率いられた南ベトナム兵約20名がハイフォン近くのレーダー施設を襲撃、その報復として北ベトナムはマドックスを攻撃したと言われている。マドックスを攻撃した北ベトナムの艦船は米軍機などの攻撃で撃沈された。

 アメリカでは北ベトナムからの先制攻撃で戦闘になったとされ、議会は「東南アジアにおける行動に関する議会決議(トンキン湾決議)」を可決、1965年2月からアメリカ軍は「ローリング・サンダー作戦」を開始、ベトナムへの本格的な軍事介入になる。

 アメリカの好戦派が1963年の後半にソ連を先制核攻撃する予定だったことは本ブログで何度も書いてきた。その直前、彼らはキューバ軍を装って軍事攻撃 やアメリカの都市での爆弾攻撃、最終的には無人の旅客機をキューバの近くで自爆させて撃墜を演出し、「報復」としてアメリカ軍が直接、キューバへ軍事侵攻する計画を立てていた。これが「ノースウッズ作戦」。ジョン・F・ケネディ大統領に阻止されたが、計画は存在した。なお、ケネディ大統領は1963年11 月に暗殺されている

 最近の例では、イラク攻撃の前にアメリカ政府は「大量破壊兵器」という大嘘をメディアに広めさせ、リビア、シリア、ウクライナでは「民主化」や「人権」 を侵略の口実に使い、戦闘員は外部から投入している。トルコから大量の物資が運び込まれ、ISの手にわたっていることも判明している。「安全保障関連法案」を議論する場合、「アメリカの戦争」という表現が使われているようだが、「アメリカの侵略」とすべきだ。国防、防衛、自衛といった類いの話ではない。

 その侵略プランのベースにあるのが1992年に作成された「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」で、アメリカが「唯一の超大国」であり続けるために潜在的ライバルを潰すとしている。アメリカの支配層が世界の覇者として君臨する仕組みを作るという意味で、この法案はTPP/TTIP/TISAとリンクしている。





関連

生贄祭りの五輪 ブログ上杉機関
http://satehate.exblog.jp/20715322/

アンブロークン & マリフィセント
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d43164852ff189719d71426bca8b2b3b

絶歌
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4362247482dd8222c3ddeba34f94d63a


いやー、日中ともに戦争のためには、是非とも米国債を売らせていただきたい。お願いします。あ、イルミナティさんは、それがご希望でしたよね







コメント

戸締まり用心

2015-07-22 19:01:45 | 日記
火の用心

何度でも繰り返さねばネ


666にこだわる秘密保護
http://satehate.exblog.jp/21043975/

2005年10月25日、26日、ブッシュの支持基盤であるネオコン派の政治家、知識人が集まるワシントンの政策研究所、AEI・アメリカン・エンタープライズ・インスティテュートが主催して日本の国会議事堂裏のホテル、キャピトル東急で「政策研究集会」が開かれた。 テーマは「日本と中国をどのようにして戦争に突入させるか、そのプラン作り」である。

 参加者はAEI所長[1986-2008]クリストファー・デムス[Christopher DeMuth, 1946- 現在はHudson Institute のフェロー]、



次期総理・安倍晋三、鶴岡公二(外務省総合外交政策局審議官)、山口昇(防衛庁防衛研究所副所長 陸将補)、民主党前党首・前原誠司、その他自民、民主の複数の議員。



テーマは「有事、戦争にどう対処するか」では無く、「中国と日本をどのようにして戦争に持って行くか」である。





 以上は裏付けが取れた正確な情報である。

 以下は裏付けの取れていない未確認情報(裏付けの取りようがない)である。

 今後2年前後に、日本海側の都市に「米軍の」ミサイルを着弾させ、死傷者を出させ、それが北朝鮮からのものである、とマスコミ報道を行い、一気に日本国内の世論を戦争賛成、治安維持体制に持って行く。

 また京都、大阪付近で新幹線の爆破テロを起こし、世論を戒厳令体制、戦争賛成方向に誘導する(テロは米軍と自衛隊の共同作戦で実行し、イスラム原理主義または北朝鮮のテロと報道する)。


 「京都、大阪方面」と場所が特定されている点、テロ作戦の準備を知った軍内部からのリーク情報の可能性がある。が、真偽の確認のしようがないので情報の「信用度は低い」。

 ただし、万一本当にテロがあった場合には、北朝鮮やイスラムのテロではなく「戦争をするための米軍と自衛隊の画策」である事を事前に明らかにしておくため、日本を戦争賛成の方向に誘導させない「クサビを打ち込んでおく」ため、あえて信用度の不確かな情報を流します。 by オルタ





2006年版「日本沈没」にみるテロ予告 7月15日注意 その1 2012/7/13(金) 午前 11:03
http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/9239472.html



2006年版「日本沈没」にみるテロ予告 7月15日注意 その2 2012/7/13(金) 午前 11:18
http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/9239516.html



ちきゅう号 維新の会 橋下さんの素性  児玉 笹川 岸 小泉 竹中平蔵 根っこはみな同じ  つれづれ 2011~ / 2012-02-16 06:10:35
http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/f60d7400fc53889a9a960c714cfd4be7

岸・児玉・笹川とCIAと統一教会①~巣鴨プリズン釈放組の勝共連合~ 福島健  06/10/15 PM09
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=134409

地震が起こる海域に行き掘削活動をすることで名高いちきゅう号を管理しているのは、笹川財団。

笹川財団は、国土交通省の管轄するギャンブル、モーターボート競争を独占経営している。(国土交通省の歴代大臣に注意)

この笹川財団=日本財団=東京財団こそ、郵政民営化で日本を売り飛ばした竹中平蔵の所属していた団体であり、民主党の『事業仕分け』を企画し、震災対策関連の予算を大幅に削除した組織。

先日、大阪市長戦で大勝した橋下知事もまた、笹川財団=日本財団=東京財団の支援をうけているそうだ。マスコミが橋下徹氏の動向を取り上げる、そのやり方は、かつて小泉純一郎氏が持ち上げられたのと非常に似ている。マスコミ=彼ら わかりやすい図式である。
ともにある意味で被差別の出身であるふたりの出自をかんがえたとき わたしは偶然の一致かとすこし怖い気がする。

ところで 1945年12月、児玉はA級戦犯指定で入獄。この巣鴨には、 笹川良一、岸信介もいた。児玉は、巣鴨プリズンで尋問された際、CIAの前身の情報機関(OSS)にタングステンを提供している。これを国防総省に売却したCIAはその資金を対日工作の秘密資金にあてた」と云われている。笹川良一も同様。

1948.12月に「隠匿物資と機密情報の提供を条件に、GHQから釈放されている。一説には、現在価格で7兆円以上という隠匿物資は、戦後日本の政治家の操作に使われた」。

1968年4月、統一協会の主導により韓国にて、児玉誉士夫・笹川良一・岸信介らが「勝共連合」(会長に統一教会の初代会長・久保木修己、名誉会長に笹川良一)を結成し、これと日米韓の軍部とCIAが連携プレーをするようになった。
→ 統一教会 ソウカ オウムとも関連

児玉は死期が近づいた時、「自分はCIAの対日工作員であった」と告白している。
→ 児玉誉士夫[1911-84]

笹川 良一(ささかわ りょういち、1899年(明治32年)5月4日 - 1995年(平成7年)7月18日)は、日本の政治運動家、右翼活動家、社会奉仕活動家。CIAエージェントであったと報じられている。
→ 笹川良一[1899-1995]

ここにある動画はドイツのもの 笹川について興味深い記述あり
→ CIAの手先として反共活動を請け負った児玉と笹川

・・・笹川が海軍の命により、児玉を上海に送り、略奪の限り(阿片販売も含む)を尽くし、総額3兆円もの物資を隠匿していることをアメリカは把握していた。
マッカーサーはそれを知るや、両人を釈放。かなりの裏取引がされたと言われている。

このことは05年に一般公開されたCIA機密文書により明らかにされているが、日本の新聞がこのことを記事にした記憶は俺には無い。

1968年4月1日 - 「国際勝共連合」発足(韓国 1月13日)。会長に統一教会の初代会長・久保木修己[1931-98]、名誉会長に笹川良一。

http://www.chojin.com/person/kishi_uc.html

左から李相軒・統一思想研究院院長、文鮮明(ムン・ソンミョン)師(統一教会創始者)、岸信介・元首相、韓鶴子(ハン・ハクジャ)女史(文師夫人)、金栄輝・元韓国統一教会会長、久保木修己・元日本統一教会会長 (1973年11月23日 統一教会本部)


ある日突然 ハムレットの水車小屋 2009/7/29
http://angel.ap.teacup.com/applet/gamenotatsujin/15/trackback

ある日の午後池袋サンシャインの水族館は親子連れでごったがえしていた。今ではこのビルが「巣鴨刑務所」の跡地であったことを知る人もめっきり少なくなった。

ある日突然A級戦犯で拘束されていた「岸信介」「笹川良一」「児玉誉士夫」の三人が米国特務機関によって自由の身になった。岸は戦時中の内務大臣,児玉は中国大陸で制服の威力で阿片の取引によって財をなし松本清張「けものみち」のモデルとして知られる「右翼」のドン。


 笹川良一は統一協会の地盤を確固たるものにした。写真は文鮮明主宰の統一協会の集まりに笑顔で参加する岸信介。


 福田赳夫元首相(故人)と文鮮明。このような流れは今も続いている。


 文鮮明は莫大な献金によってニクソンに近づいた。ニクソンはキッシンジャーを介して ロックフェラーに紹介したがアメリカの国益に資する日本の指導者を選ぶというCIAの利害関係が見事に一致した。何も契約書が存在するわけではないが日本 の代理人は統一協会と決まった瞬間でもある。協会員たちはその末端に至るまで価値ある食いぶちとしてまるで灯に群がる蛾のごとく膨張した。

正力松太郎もそうだった。メディアを抑えるのは常套手段。

代理人は,彼らの忠義を彼らの国ではなく,風の征するモレア=イルミナティに捧げるのである。彼らの狙いは彼らの愛すべき国を破壊して,その殺戮から利益を得ることである<ヘンリー・マルコウ>。

 統一協会に価値あるくいぶちとしての賛辞を送る売国奴たち参照

 児玉機関の関連記事


 笹川は公認の博打(競艇)のドンとなり現在は日本財団として引き継がれている。裏話として児玉が金塊や現ナマでGHQと裏取引をしたとされる。日本で反政府運動が起きつつあり,社会主義運動ともかさなり 危機感を抱いた米国特務機関(G2-Dとして知られるドーマン機関)はCIAと調整し3人を釈放することで利害が一致した。

 A級戦犯が13階段を上った1948年12月24日のクリスマスイブ,発狂した東条英機は天皇陛下万歳を繰り返していた。翌日男達は三名にタバコをすす めていた。「いいか,お前達,よく聞くがいい。13階段で死ぬ人間はあと三名残っている。これからお前達に言う役割を忠実に実行するならば明日釈放しよ う,You son of the Bitches!と。三名はションベンをちびりながら「Yes,I do」と小さな脅えた声で返答した。男達が姿を消した瞬間三名は号泣した。アメリカに魂を売り,日本を売った瞬間である。東条英機の収監されていた横に居 たのはB級戦犯細谷義男。岸の後輩で内務省の高級官僚であった。戦時中は司政官をしていたが4年前に狂死した。この男は母が再婚した相手である。

 あまり知られていないが戦時内閣の大蔵大臣賀屋興宣(かやおきのり)がいる。戦犯として13階段直前で終身刑となり1955年釈放され,1958年に赦免され岸の側近となり自民党外交調査会のキーパーソンであった。いわば米国のCFRの日本版と言ったほうが分かりやすいであろう。

児玉の資金はCIAの資金とともに児玉機関をつくった。そしてありあまる資金で自由民主党は発足した

東西冷戦時代の1960年代後半に、自民党の岸信介(安倍晋三の祖父)や右翼の児玉誉士夫、笹川良一らの協力を得て、教団は反共主義の政治団体、「国際勝共連合」を韓国と日本で設立。共産主義を神と人類の敵として徹底的に批判し、それぞれの国の与党や保守勢力を支援し、関係を深めた。

岸信介は日米安全保障条約の締結 笹川良一は多様な役割 児玉誉士夫は天皇制護持の役割を与えられた。戦後の日本のドラマは米国の東アジア太平洋地域の極東戦略図の中に刻印を押されることになる。

それを間違いなくうらずける資料として面白い記述がある。ヘンリーキッシンジャー(ベトナム戦争当時の国務長官)が引退後書いたMY WHITE  HOUSE YEARS があるが原書版333ぺージにこう書いている....Sato arrived at the White House on  November 19,1969.He represented a country that had rested its entire  security and foreign policy upon the United States.(佐藤は1969年11月19日ホワイトハウ スに到着した。彼はその安全保障と外交政策の全てを米国に依存している国を代表して来た。)また面白いことにキッシンジャーは和平条約締結当時の北ベトナ ム政府代表団の毅然とした態度を褒めちぎっていたのが印象に残った。個人的にもテレビに映ったあの時の女性外務大臣の堂々とした態度には感動した記憶があ る。

三人の釈放は東条英機などが絞首刑になった1948年12月24日の翌日である。岸はその後保守合同実現し,自由民主党が生まれ 55年体制と呼ばれる政治の暗黒時代が続く。いわゆる保守合同に名を借りた「米国傀儡政権」の誕生である。それは政治だけではなく 教育 文化 すべての分野において介入された。

戦前の駐日大使館付(ジョセフ・グルー大使)であった米国特務機関工作員ユージー・ドーマンを中心とする米国対日評議会(ACJ)はGHQの民生局(GS)にたいし圧力をかけ占領政策の主導権は治安情報局(G2)に移った。このG2が通称ドーマン機関人脈と呼ばれている。

1957年岸内閣成立 G2のD機関は同時に動き出した。その後長い年月が経過した。集団的自衛権を認めさせ, 北朝鮮攻撃をもくろんでいたD機関は しびれをきらし新進党をつくらせ 集団的自衛権の成立をせまった。 

しかし一度は行使を認めるといった男は,急に自説を翻した。米国の北朝鮮爆撃は一歩も二歩も後退した。翻した男を米国は見限った。米国にとって真の意味での味方はいなくなった。あとは日本の政治家 大蔵省 日銀の弱体化を図るしかない。

CIA工作員の多数入り込んでいるY新聞は川崎市の助役をリクルート事件でスクープした。芋ずる式に実力政治家は失脚した。米国の許可を得ない外交をした 政治家は次々罠にはまっていった。ある政治家は謎の死を 中国と勝手に国交回復した罪でロっキードでは手先のコーチャンの罠にかかり 北朝鮮にわたり金日 成にあった金丸も脱税という罠をしかけられた。これで一応大物は始末できたが あとはだんだん知恵をつけてきた国民と共産主義勢力をどうするか。

反共対策の手先であるフジ産経グループのフジテレビに触手を伸ばし, 軽薄番組を夜の八時に全国放送することによって若者の白痴化をはかる。いわゆる軽チャー路線がはじまった。 他のテレビ局も追随し 今では類を見ない軽薄番組が多数を占めている。教養的な番組は視聴率が全く伸びない これに輪をかけるよ うに偏差値教育が取り入れられた。とにかく選挙の投票へ行かないでくれれば自民党安泰なのである.

森前総理が言っていた言葉を思い出してください(選挙当日寝ていてくれたらいいと口をすべらせた)。G2のD機関は今も虎ノ門にある巨大な米国大使館内にあり 日本のすべての報道 雑誌新聞などすべて監視下にある。

そんな中何も知らない天真爛漫な「ほりえもん」はフジテレビに仕掛けた。必然的にD機関は検察にも触手を伸ばした。堀江をやれ。見えない像 聞こえない声は 誰にも見えないし聞こえない。

 佐藤栄作元総理はその後ノーベル平和賞を受賞した。受賞した理由は米国の望むままに沖縄を引き受けたからだ。核は残された。あるのにないという国会答弁は何百回聞いたことだろう。

1989年日本のバブルは絶頂期を迎えた。ついに米国ユダヤの逆鱗にふれるときが来た。三菱地所がユダヤの象徴ロックフェラーセンターを買収した。日本はいつの時代も最後は平衡感覚を失う。

国務省はジョウジソロスに税金免除と引き換えにヘッジファンドを手先に日本の株式市場つぶしにかかった。いわゆる確立微分方程式を駆使した「裁定取引」が 始まった。日経平均は無残な下がり方を続けた。1993年クリントン政権下の財務長官ルービンはクリントンの全幅の信頼を受けある策謀を計画していた。

1995年になると米国の累積国債発行残高(赤字国債)は4兆9000億ドル 国債の支払い金利が6.5パーセンとして3185億ドル 円にして約41兆 円(当時)これが当時の年間の利払いです。1995年9月の赤字はGDPの69パーセント。このまま行くと1997年には累積赤字がGDP比100パーセ ントになりドルの紙くず化は目前でした。ニュウヨークダウを限りなく上げ 分母であるGDPをあげないと米国は崩壊する。

 ウオールストリート(元ゴールドマンサックスの会長)出身のルービンはその条件として長期金利を下げ株を上げるためには 猛烈な円高に持って行く。外国 為替特別会計という特殊な法律を持つ日本の当局は徹底してドル売りに対してドルを買ってくる。 買ったドルが米国債に流れ込む仕組みは出来ていた。

 日銀をあざ笑うかのように最後はノックアウトオプシオン80円(80円を瞬間的にでも割ればすべてを失うゲーム)を組み日本企業に売り込んだ。 ほとん どの企業が罠にはまった。一番悲惨だったのは当時の日産自動車であった。その後ゼロ金利となった円をシンガポールのユーロ市場で調達し タックスへブンを 通して米国に還流した。そしてダウは1万ドルをこえた。

ゼロ金利政策で老人の預金はあぶりだされ株式の暴落で多くの老人は一文無しとなった。これが金利をあげられないからくりです。まさに人間の草刈場となることによって米国は生き返った。(と言っても一時的に)


 参考:The Men behind Barak OBAMA

安倍政権は、どうして、これ程、愚かなのか オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/07f5990c06a22470568fa8fe9f7e4e81


 『占領日本を支配したダグラス・マッカーサー元帥は,CIAをその草創のころから嫌い,信用していなかった。1947年から50年まで,東京のCIA支局を極力小さく弱体にして,活動の自由も制限していた。元帥には同時のスパイ網があっ たのだ。広島、長崎に原爆を投下した直後から構築し始めたものだった。CIAはこのスパイ網を,元帥から受け継ぐことになったが,これはいわば毒の盛られ た遺贈品だった。

 マッカーサーを軍事諜報面で補佐していたのはチャールズ・ウイロビー少将だった。ウイロビーの政治的立場は,米陸軍の将官の間では最も右よりであった。 ウイロビーは1945年9月,最初の日本人スパイをリクルートすることで,敗戦国日本の諜報機関を牛耳ることになった。この日本人スパイは,戦争終結時に 参謀本部第二部長で諜報責任者だった有末精三である。有末陸軍中将は1945年の夏,戦勝国に提出するための諜報関係資料を秘密裏に集めていた。

 それが,敗戦後自分自身の身を守ることになると考えていた。多くの高位にある軍人同輩と同じように,戦争犯罪者として起訴される可能性もあった。が,有 末はかつての敵の秘密工作員となることを自ら申し出たのである。それはドイツのラインハルト・ゲーレン将軍がたどったのと同じ道だった。ウイロビーの最初の指示は,日本の共産主義者に対する隠密工作を計画し,実施せよというものだった。

 有末はこれを受けて,参謀次長の河辺虎四朗に協力を求め,河辺は高級指揮官のチーム編成にとりかかった。1948年,アメリカの政治戦争の生みの親であるジョージ・ケナンは,日本については政治の改革よりは経済の復興の方がより重要であり,実際問題としても,実現が容易であると主張していた。日本の産業 界を解体し,解体した機材を戦争保障のために中国に送る,共産主義者が今にも中国を制覇しようとしているときに,そうした措置をとることにどういう理屈があるのか,とケナンは問いかけた。ケナンの力によって,アメリカの対日政策は1948年までに急転換を遂げた。日本の当局者に対する戦争犯罪訴追の脅威と 占領の懲罰的な性格は,緩和され始めた。これでウイロビー指揮下の日本人スパイにとっては仕事がやりやすくなった。

 ウイロビーはその年の冬,暗号名「タケマツ」という正式な計画を発足させた。この計画は二つの部分に分かれていた。「タケ」は海外の情報収集を目的とするもの,「マツ」は日本国内の共産主義者が対象だった。河辺はウイロビーにおよそ一千万円を要求し,それを手にした。スパイを北朝鮮,満州,サハリン,千島に潜入させること,中国,朝鮮,ロシアの軍事通信を傍受すること,それに中国本土に侵攻して制覇したいという中国国民党の夢を支持し,台湾に日本人の有志を送り込むこと,などを約束した............CIAはその実体を知り,驚愕する。日本人スパイは諜報網などというものではなく,右翼団体の復活を狙う政治活動であり,同時に金儲けのためのもの,というのが結論だった。「地下に潜った右翼の指導者」は諜報活動を「価値ある食いぶち」とみなしていた,とCIA報告は当時の状況を要約している。

 アメリカの諜報機関が日本で行った「お粗末な仕事のやり方」の古典的な見本は,政治的マフィア児玉誉士夫との関係だった。児玉は 1911年生まれ,21歳の誕生日を迎える前に,帝国議会議員に対して殺害の脅迫をしたかどで五ヶ月間,投獄された。21歳のとき,暴力団・右翼反動派の 集まりである「天行会」とともに政治家と政府当局者に対する暗殺を計画したが発覚,投獄されたが,四年と経たないうちに釈放されて極右青年運動に着手,これが戦前の日本の有力な保守派の指導者の支持を得た。

 戦時中は上海に足場を置き,五年間にわたって戦時の最大規模の一つと言われる闇市を取り仕切った。占領中の中国を舞台に数千人の工作員が,戦略金属から阿片に至るまで,日本の戦争遂行機関が必要とするあらゆるものを買い付け,盗み取った。戦争が終結したとき,児玉の個人財産はおよそ一億七千五百万ドルに上った................児玉は1948年,アメリカ占領下の拘置所から釈放され,日本の政治の行く末に重要な役割を果たすことになる.......アメリカがその狙いを達成するのを助ける,真に強力な日本人工作員を雇い入れるまでには,さらに数年を要することになる。その任務はまさに,アメリカの国益に資する日本の指導者を選ぶことに尽きていた。CIAには政治戦争を進めるうえで,並外れた巧みさで使いこなせる武器があった。それは現ナマだった。CIAは1948年以降,外国の政治家を金で買収し続けていた。しかし世界の有力国で,将来の指導者をCIAが選んだ最初の国は日本だった』。<LEGACY OF ASHESより一部転載(文芸春秋発行:CIA秘録)



バフォメット=メンデスの山羊


 現在日本は米国債をいくら保有しているかご存知でしょうか。国債ですから金利はつきます。半端でない金額です。それがどのように使われているのかご存知ですか。民主党もそのことに触れていません。というか全ての政党がそうです。ロンドンやバンコックなどでも早朝カラスなどは一羽も見かけませんでした。そんなこと駆除すればいいことなのにそれすら出来ない(やらない)国も珍しいですが食料品に消費税をかけても苦情がでない民は操縦しやすいことは間違いないでしょう。

このシナリオを描いているのは誰だ?

参考:ブッシュとナチの結託


時々東京方面へ出かけるとき電車に乗ります。最近は耳栓をかならずするようにしています。そうでないと精神に異常をきたすえげつない音の連続でたまりません。ロンドンやパリの地下鉄では遭遇しない音です。それらは一体何なのでしょうか?

・・







【超基本】自民党・自称愛国保守・統一協会・自民党清和会・CIA(軍産複合体&国際金融資本)を知らないと多分権力に殺される Barrierbreak 2014年10月28日
http://s-system4.seesaa.net/archives/201410-1.html



コメント

安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ たんぽぽ日記

2015-07-20 19:41:10 | 日記
安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/20440834 これを再掲

安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ たんぽぽ日記 2013年06月30日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11235070.html リンク切れ

今や都市伝説の代名詞と化したフリーメイソン。だが、その本当の目的を知る人間はまずいない。なぜフリーメイソンという秘密結社が存在し、その目的を明らかにしないのか。そして安陪晋三が日本国民に隠しているフリーメイソン同様の目的とは何か。

自民党などの改憲勢力が100議席を超えれば、日本国民が戦争という地獄に投げ込まれる危機を迎えている今、その真実をあらためて解き明かす!

「フリーメイソンと錬金術」吉村正和著 人文書院より



「ソロモンの神殿とフリーメイソン建築」

「ソロモンの神殿」はフリーメイソンにおける最大の象徴であり、フリーメイソンの建築神秘主義もこのイメージを中心に構築されている。

「ソロモンの神殿」は、神の設計による完全な建築物というだけでなく、神自身が臨在する神聖空間としてユダヤ人の信仰生活の中心を占めていた。

この神聖空間は、キリストの霊的神殿思想の登場とともに大きく変化する。「幕谷」から「ヘロデの神殿」に至る旧約聖書の〈石の神殿〉は、キリストの登場とともに内面化されてゆくのである。

外的な建築物としての石の神殿は、精霊をその内部にもつ人間自身を指すものとして読み替えられると同時に、ユダヤ人のためにだけ用意された聖堂から、すべての人間が民族の障害を超えて普遍的に受け入れられる霊的神殿へと変容する。


吉村正和は日本におけるフリーメイソンの代理人である。吉村正和はここで「すべての人間が民族の障害を超えてー」と書いているが、すべての人間がフリーメイソンでないことは現実が証明している。(日本人のフリーメイソンは僅か200名程度だとも言われる)

すべての人間が加入できない最大の理由は、「人間の自由」を目的だと主張するメイソンにその「自由がまったくない」からである。フリーメイソンの最大の看板である「自由」「平等」「博愛」のすべてが偽りである。

フリーメイソンに加入したものは、フリーメイソンの目的や組織で知りえた秘密を部外者に語ることは絶対に許されない。フリーメイソンが組織の目的を外部に漏らせば「組織により処刑される」という掟が現存する。

「大衆には理解できない目的を持っている」と口外しているフリーメイソンには、我々に知られてはならない秘密があるのだ。


「フリーメイソンと錬金術」吉村正和著 人文書院より

フリーメイソンは内面化された神殿思想を継承するが、その過程において神と人間の伝統的関係を転倒させることにより、神殿建築の象徴的意味を人間と社会の完成の過程へと移行させる。

したがって、フリーメイソンにおける「ソロモンの神殿」は、形式的にはユダヤ=キリスト教の文脈に属するように思われるが、実際にはそこに盛り込まれている思想は近代人文主義そのものにほかならない。



ここで吉村が明言しているように、フリーメイソンは神と人間の伝統的関係を逆転させた。つまりメイソンは神を悪魔とし、「この世の神は人間(すなわちその秘密を知るメイソン等)である」とした。

これによって唯一の神キリストを掲げ、ヨーロッパ社会を支配していたローマカトリックとフリーメイソンは戦争状態に入った。フリーメイソンはローマカトリックへの対抗策として新たにプロテスタント(新教徒)を組織し、キリスト教を内部から解体してゆく。(メイソン国家であるイギリスもカトリックから独立した)

この戦争は「宗教戦争」として歴史的に知られているが、実際にはフリーメイソンとカトリックによる、ヨーロッパ社会(つまり世界)の支配権を巡る争いであった。そして最終的にフリーメイソン(プロテスタント)が勝利するー


安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ その2 安陪晋三の歴史的使命とは
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11235098.html

「フリーメイソンと錬金術」吉村正和著 人文書院より

徒弟・職人・親方の参入儀礼を通して人間と社会の完成を目指すフリーメイソンの体系には、西洋神秘主義の源流を成す古代密議宗教における神化の夢とその神秘思想が巧妙に取り込まれていることは間違いない。

ー中略ー

『魔笛』がフリーメイソンの参入儀礼であるというのは紛れもない事実である。

ー中略ー

オペラの主筋は、主人公のタミーノが夜の女王の娘パミーナとともにザラストロのイシス=オシリス密儀というエジプト密儀に参入するまでの過程である。

しかし、名称はイシス=オシリス密儀という古代密儀宗教の名前を借りてはいるが、 タミーノに用意されている参入儀礼はフリーメイソンの参入儀礼そのものと理解してよい。

『魔笛』には、イシス=オシリス密儀、エレウシス密儀、オルペウス密儀など、いくつもの古代宗教の要素が組み込まれている。

エレウシス密儀の中心をなす神話において、デメテルの娘ペルセポネは冥界のプルトンにさらわれる。デメテルは、ペルセポネを冥界から救出しようと必死の努力を続ける。

『魔笛』では、夜の女王の娘パミーナがザラストロにさらわれ、その救出をタミーノの委ねるという設定になっている  ー中略ー

夜の女王のザラストロへの憎しみは、デメテルの冥界の神プルトンへの憎しみに置き換えるとよく理解できる。

オルペウス密儀の中心を成す神話において、オルペウスは、毒蛇に咬まれて死んだ妻エウリディケを取り戻そうとして冥界まで降る。彼は魔術的な音楽によって冥界の神々を魅了して、妻を地上に連れ戻すことが許される。 ー中略ー

『魔笛』においてパミーノの救出に向かうタミーノの姿にはオルペウスの姿が重なる。オルペウスが魔術的な音楽を奏することができたように、タミーノもまたいろいろな野獣を宥めることのできる魔術的な笛(魔笛)を携えてゆく。




オ ルペウスは音楽を使って野獣(すなわち密儀を知らない無知な我々大衆)を宥め、幻惑して殺してしまう。なぜなら彼の妻であるエウリディケとは、大地の女神であるデメーテル=コレー=ペルセポネであり、彼女が死んだ(冥界に連れ去られた)理由とは、我々大衆が現在のように地上に溢れかえり、大地であるエウリ ディケ=ペスセポネを殺してしまったのだから。

エウリディケ=ペルセポネを冥界から連れ戻す(復活させる)ためには、この地上を覆い尽くす人間どもを大地から麦のように刈り取るしかないー

古代エレウシスで営まれたデメテル=ペルセポネの儀式では、デメテルは刈り取った麦を参入者に差し出している。

麦(人間)を地上から刈り取ることで、大地の女神ペルセポネ=エウリディケは復活するのだ。

そのためにオルペウス=タミーノ(すなわちフリーメイソン)は、この大地から人間を刈り取るために、魔笛=宗教(政治、哲学、音楽、舞踏)、そしてメディア(宣伝術、現代のテレビや新聞)などを使って、人間どもを戦わせ、殺し合わせていた。



ーすなわち、政治や宣伝によって人間の精神を操り、戦争に向かわせる術こそが、古代の密儀の本質であり、フリーメイソンが「非結社員に話してはならない」とする最大の秘密なのであるー

日本の人口が1億人を超え、国家財政が破綻寸前の今、また地球の人口が70億人を超えて、人間を支える大地の女神エウリディケ=ガイアが悲鳴を上げている今、

安倍晋三が平和憲法を廃して日本人を「大量間引き戦争」に引きずり込むことこそが、フリーメイソンとしての安倍晋三に求められている唯一の、使命なのである。安陪晋三は前掛けを付けていないフリーメイソンである。




ちなみに大地の女神は現代では「白雪姫」や「シンデレラ」としてよく知られている。



我々人類は白雪姫(ペルセポネ)やシンデレラを苦しめた魔女であり、継母や姉妹と見なされ、殺されるであろう。


世界から戦争がなくならない理由、政治家が戦争を開始する理由、それはフリーメイソンという秘密結社の思想、すなわち自分自身をこの世の神と見なすユダヤ人が、世界の国家同士を古代の密儀(ユダヤ思想)によって戦わせているからである。 (引用注;マハティールも指摘)

そして最後に生き残るのは、聖書に書かれているようにユダヤ人と、それに従う僅かな結社員だけである。

我々はすべて殺されるであろう。(引用注:中性子爆弾?65億人ほど?)



聖書の予言どおりに、テレビのアニメや映画が人類の戦いと破滅を訴え続けているように、安陪晋三も中国や北朝鮮との戦争を求めている。

これが古代の密儀、そしてフリーメイソン等が言う、人類を騙して幻惑し、戦争に向かわせる魔術なのである。

タミーノやオルペウスが大衆を戦争に巻き込むためにかけた魔術、それこそが「アベノミクス」の正体である。マスコミはそのアベノミクスを宣伝するためにユダヤ人によって作られた。


(これほど人気はないようだが、無理矢理続行中)



全世界の人間を、キリストが言うように網(戦争)にかけるために。


※昨日はハングル語かと思ったが、嫌がらせ電話に出た人間は英語を喋っていた。(ほとんどは電話に出る前に切れてしまうのだが)ユダヤ人が私に真実を明かされ、日本人が戦争の罠に気づくことを妨害するためにかけているのだろう。

私はユダヤ人の最終目的である「人類の終わりの時」にまったく賛同しない。

私は「非戦争」を貫き通す。たとえ殺されても。戦争で人を殺して殺人者になるよりも、その方が正しいと確信するからだ。

中世においてユダヤ人が悪魔とされてきたのは、正しかったのだ。人間を憎む存在が悪魔でなくてなんであろうか。

肉体が生命ではなく、霊が生命だと主張する「ユダヤ思想」がこの世のものであるはずがない。

悪魔は人間を騙して殺し合わせる。



まさにユダヤ思想カバラこそ、悪魔が人間に植え付けた、全世界の諸悪の根源である。

それゆえ、ユダヤ人が全世界に広まるとともに、近代戦争や西洋政治、経済(つまりユダヤ政治・経済)が全世界に広まったのだ。




安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ その3 血に塗られた歴史 フリーメイソンが人間を殺す口実
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11235172.html

なぜ現代社会が行き詰まり、定職を持たないフリーターの若者たちが戦争を求めるようになるのか。



なぜ国家は国民を幸福にしないのか、その秘密をフリーメイソンと戦争、安倍晋三と平和憲法という視点から解き明かす。

以下「フリーメイソンの失われた鍵」マンリー・パーマー・ホール著 人文書院より



すべての生きているものの成長過程には、自分が囚人であることを自覚する時期がある。

明らかに自由に動き回り、自分の存在を持ってはいるのだが、苦闘する生命は、より大きな媒体を通じて自分の限界を知る。この時点で人間は、束縛から解放されることを強く求める。

その束縛は、人の目には見えないが、実際の牢獄よりはるかに恐ろしい枷で彼を強く縛り付けている。

-中略ー

その永遠の囚人とは、物質という暗い石壁の中に生まれた「生命」である。



フリーメイソン幹部のマンリー・パーマー・ホールが明言しているように、フリーメイソンは、物質(人間の肉体)という石壁の中に生まれた生命を嫌悪している。

ーつまり、人間の生命を否定するー

メ イソンらは、人間の肉体が聖書の神である悪魔やヤハウエが造った「呪われた器」であると主張する。それゆえ、悪魔が造った器である「人体を破壊する行 為」、真の神である宇宙の霊の欠片である「人間の魂」を肉体から開放する行為である「戦争」が、神の魂を救出する「聖なる作業」であるというのだ。

こ うした悪魔的な口実(本質はプラトン等の哲学)により、フリーメイソンと彼等の思想によって動かされてきた西洋政治家たち(明治維新以降の日本の政治家を 含む全世界の政治家)が、このフリーメイソン(ユダヤ)の思想を根拠とし、人類を殺して肉体から魂を開放する作業に勤しんできた。これが世界から戦争がなくならない唯一の理由である。



安陪晋三もこのユダヤ思想=フリーメイソン思想を根拠とし、平和憲法を廃して戦争に突き進む道を国民に説いている。



全国民の魂が靖国神社に祀られた時、安陪晋三のフリーメイソン的使命が終わりを告げる。

その安倍を自民党議員や公明党議員、そして維新やみんなの党が支えることであろう。

世界が終末を迎えることを、ユダヤ人が明言している。



そして遂にその日は近づいた。



フリーメイソンが悪魔の結社であるとされてきたのは、人間の生命を憎む、悪魔的思想によるからだ。

今、テレビ番組は「孔雀明王」を賛美している。孔雀明王は真言密教で信仰されている。

なぜ孔雀明王が持て囃されるかと言うと、孔雀が蛇を食べてこの世を救うからだ。だが、その蛇とは我々土着の人間を指す言葉だということを大衆は知らないのだ。つまり、孔雀明王とは大地を蛇の様に這う人間どもを喰らう「戦争」を意味しているのである。

神話や古代史における蛇とは土着の人間(日本列島であれば日本人)、そして馬は外国から来る侵略者を意味する。

歴史を学んでゆくと現代になぜ戦争が起きるのかが見えてくる。まさに「歴史は繰り返す」のだ。

なぜなら歴史とは戦争であり、戦争は彼ら結社員である政治家や哲学者、宗教家や世界的企業家たちが協力して作り上げる、「人類の間引き計画」だからである。



※こうして記事を書いている今も、嫌がらせの電話が何度もかかっている。私が殺されれば、犯人は当然彼等に関わる人物であろう。

安陪晋三もフリーメイソンも、そしてユダヤ人も、人間の肉体を悪魔とみなして破壊する。

ヒトラーがユダヤ人であり、自殺していなかったという歴史の真実が明らかになる日、そして私が明らかにした人間の肉体を悪であるとする哲学思想や、すべての宗教から人類が開放されたときーそのためには人間自身が宗教から離れることであるーこの世に真の夜明けが訪れるであろう。

ユダヤの悪魔思想から、人類を解放する役割を私は担っている。この世から戦争がなくなる日を求めてー

安陪晋三が主張する「平和憲法の廃止」が正しい行いか、それとも私が説いている「平和憲法死守」のどちらが正しいかを判断すのはあなた自身だ。

ー戦争か平和かー

正しいのはどちらの道なのかをー


※NHKでは綾瀬はるかが銃を手に勇ましく戦っている。「国を守るのに男も女も関係ないそうだ。



まさに日中戦争の外堀は固められた。(中国も国内暴動を外に向け、「余剰」人員を減らしたいということはあるだろうが、果たしてイルミナティの意のままに、インディアンのアホ戦争を繰り返すのだろうか?)

国民の一人ひとりが安倍の右翼思想と戦わない限り、日中戦争は避けられないであろう。(日本としても、アホ踊りはもうたくさん)



ラビ・ライヒホルンの重大講演 1869
http://satehate.exblog.jp/8494254/

彼らはお互いに殺し合い、われわれのために道をきれいにしておいてくれるだろう



インディアンたち
http://satehate.exblog.jp/15477269/

森や沼地のゲリラ戦のにがい経験は、白人達にインディアンとインディアンを戦わせる利点を教えた。インディアンのスカウトを利用すれば、森で道を失うおそれはない。

彼等の間の昔からの敵対関係をも十分利用した。

白人宣教師たちの努力によって多数の「お祈りインディアン」も存在したし、森の中からも、次第にフィリップ(本名メタカム)を裏切る連中がふえていった。





関連

・・・戦争  フリーメイソンの哲学 たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/18540912/

汝自身を知れ 戦争の真実 魂の救済を口実とした人類の間引き たんぽぽ日記 ほか
http://satehate.exblog.jp/20662991/

ユダヤ人はなぜ原子爆弾を作ったのか? 安陪晋三と核戦争の夜 たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/20601432/

「耳をすませば」 戦争の足音 たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/20468868/

「黄金の豚」とは たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/20473975/

マギ 人類を滅ぼすユダヤ王ソロモンの知恵 たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/19767230/

橋下徹の「独裁者」 日本維新の会「危険な公約」 たんぽぽ
http://satehate.exblog.jp/18934588/

破滅へのアジェンダ 大陸との戦争迫る  平成維新で日本が戦火にまみれる日 タンポポ日記
http://satehate.exblog.jp/17367503/

戦争で死ね死ね団  「いい人」を演じる破壊者たち たんぽぽ
http://satehate.exblog.jp/18863716/

日本の君主米国のホンネは日中戦争 leben blog
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8ed6ed8088e7a08e68afee6ba4622344

安倍政権は、どうして、これ程、愚かなのか オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/07f5990c06a22470568fa8fe9f7e4e81

フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12055304/



おまけ

安倍首相、生出演 「戦争法案、徴兵制、全部間違ってます」 フジテレビ系(FNN) 7月20日(月)20時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150720-00000929-fnn-pol

安倍首相が20日の「みんなのニュース」に生出演。さまざまな疑問について直撃した。

(衆議院を通過した安全保障関連法案。最大のポイントは国民の理解が広がっていないという点だと思うが?)

よく、「戦争をしたいんですか?」と言われるんですね。
「戦争法案」ともいわれています。
これ全く逆でしてね。
むしろ、戦争を未然に防ぐための法制なんです。
言ってみれば、戸締まり(=殺人強盗の手助け)をしっかりやりましょうねと。


戸締まりは殺人強盗だった



町内みんなで協力して戸締まりをしていきましょうという法案であって、誰か特定の泥棒をやっつけようということではなく、しっかりと戸締まりをしていこうという法制を今、進めているということで、そのこともよく理解していただけるように、説明していきたいと思ってるんです。

(まだ理解は広がっていないという認識?)

いわば、ある種のイメージを張りつけられてしまったなと。
ずいぶん、それから誤解もあって、今、最初に申し上げたように、戦争法案とか徴兵制とか、これ、全部間違ってます。
間違っているということを、次の参議院の審議を通じて、わかりやすく説明していきたい。
ただ、国会の議論はどうしても、法律論・憲法論に偏りがちですので、なかなか一般の皆さんにはわかりにくい議論に、残念ながら、なってしまっているのかなと思いますので、そういう意味で、きょう番組にも出させていただいて、できるかぎり、わかりやすく説明させていただきたいと思います。

(視聴者からは、「アメリカから言われたから?」、「メリット、デメリットをはっきり知りたい」、「なんでそんなに急ぐんですか?」など、さまざまな疑問の声が上がっているが?)

なんで、そんなに急ぐのと、こう言われるんですね。
それは、先ほども申し上げましたように、戸締まりをしっかりしていこうということなんです。
かつては、雨戸だけ閉めておけばよかったんです。
雨戸だけ閉めておけば、泥棒を防いで、自分の財産を家に置いておいても守ることができたんですね。
でも、今はどうでしょう。
例えば、振り込め詐欺だとか、電話がかかってきますね。



それへの対応もありますし、口座が電子的にとられてしまうという事態にもなっています。
そういう事態に、やっぱり備えていなければいけない。
たまたま今、何も起こっていないかもしれませんけど、備えていなければ、そういう事態が起こるかもしれない。



まさに、そうした戸締まり


戸締まりは放火殺人強盗


国民の命や自由や幸福を守るためには、今からしっかりと備えをしておくことによって、何か、よこしまな考えを持っている人は(ワタシノコトデスガ)、日本を侵略するのをやめておこうということになっていくんですね(それはありがたいでつね)




つまり未然に防ぐための法律は、もうずいぶん、安全保障環境厳しくなっていますから、わたしは、政治家の責任というのは、国民の命や、幸せな平和な暮らしを守ることですから、その責任を果たさなければならないと思っております。



戦争は平和
不正は公正
腹黒は公明
民主は命令
酷怪は国会
自由は隷従
守るは殺す



最終更新:7月21日(火)10時54分

Fuji News Network



「後方支援」のドイツがアフガンで見た惨劇 2015-07-21 06:30:22
http://ameblo.jp/aries-misa/entry-12052801033.html



アメリカ仕込みの嘘しか言わない心臓くん、でつか?



墓穴を掘った安倍首相のフジテレビ出演 天木直人
http://new-party-9.net/archives/2272


日本、戦争開始が容易に 開戦理由は秘密、秘密情報取得した人は逮捕起訴 文=林克明/ジャーナリスト 2015.07.22
http://biz-journal.jp/2015/07/post_10813.html

・・  以前から、「安保関連法を実際に運用させるためには、秘密保護法は不可欠な存在」と指摘されていたが、ここにきてその姿をはっきりと現し始めた。

 7月1日、中谷元・防衛大臣は、衆院特別委員会において重大発言をした。集団的自衛権を行使するか否かを判断する情報について、(1)特定秘密保護法の適用される情報が含まれる場合もある、(2)情報源や具体的な数値は明示しない、という趣旨である。

 つまり、根拠となる情報や情報源を秘密にでき、なおかつ政治家や官僚が責任追及されないのだから、安心して開戦を決定できる。秘密保護法は、戦争を実行可能にするために利用できることが明確になった。


秘密保護法案「絶対必要」―安倍首相
http://satehate.exblog.jp/20829303/

【秘密保全法】安倍政権からのメッセージ「聞くな。言うな。語るな。黙って死ね for U.S. Armed Forces」
http://satehate.exblog.jp/20910972/

米国に情報垂れ流す秘密保護法 長周新聞
http://satehate.exblog.jp/20948082/

++
どんなにバカゲタ強行であろうが、マッチポンプテロを介して、これで押し切ることもできる。油断禁物である。



安倍首相が、集団的自衛権の行使を進める「事情」 オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/da14bdc69dd1bd4056bd45e17c1a7109




コメント (1)

この国の終わり 日本民族 怪死の謎を解く 林 秀彦 2015版絵本

2015-07-18 23:28:08 | 日記
この国の終わり 日本民族 怪死の謎を解く 林 秀彦・著  成甲書房  2006年9月刊  なわ・ふみひと抜粋紹介
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/library411.html

18年ぶりの日本、我が祖国は誰の餌食になるのか?血涙と共に送る、日本人への最後の警告、この命、最後の本。



日本人なぶり殺しの条件は整った

  この章では、考えることのできない日本民族の明日の運命が問題だ。
  その運命は‥‥、
  喩えれば、10メートル先の線路は切断されていて、目前の千尋の谷に渡した鉄橋は影形もなくなっているのに、時速5百キロほどの速度で突っ走る無人列車に乗っているような状態が日本民族の現実なのである

  しかもそれは自然とそうなっているのではなく、完全に「彼ら」によって仕組まれている。

  それに気づき、かつ確認する方法は2つしかない。

  ひとつは私がここで紹介する何冊もの本を読み、その内容をまず最初に疑った後で、自分の努力で検討し、真偽を探り、試行錯誤を繰り返しながら深刻に悩み、時には身の危険を冒した個人的なリサーチを試み、また世界各地を自分の足で回り、最低1、2年の期間その場所に滞在し、実地に自らの経験を積み、見聞を広め、再び文献を洗い直して真贋を探るといった努力をすることである。

  だが、これはほとんど、というより確実に不可能だろう。

  もっとも、もしあなたがまだ若く、かつて私がしたように、十代のうちから海外に渡り、無謀に近い放浪を試みるなら、必ずしもありえないことではない。

  問題は、私の時代と違って、それだけの時間的余裕がまだ残っているかどうかであり、それに関して私は百パーセント悲観的である。日本滅亡の必然を学び取り、納得したときに、もうこの国はない。

  もうひとつの、より安易だが、さりとてしないよりはずっとましな方法は、この私の文章を最後まで読み、内容を信じ、私と一緒に立ち上がり、行動することだ。

  しかし(そうするとしても)、最初からもう一度はっきり断っておこう。

  まず九分九厘すべては手遅れである――と。
  この国は終わるのだ。

  仮に私たちがその無人暴走列車に乗っていることを確認できたからといって、それを止める方法は何ひとつないのだから。何しろブレーキが「彼ら」によって破壊されているのだから。これは一種の完全犯罪なのだ。

  となれば、またしても奇跡が必要である。
  昭和では吹かなかった神風が、平成で吹くだろうか?

  私たちは新しい『立正安国論』が生まれるのを祈るしかない。日蓮の若い生まれ変わりが現れる奇跡を待つしかない。しかもその新しい日蓮は、本物の百倍の力がなくてはなるまい。
  なぜホンモノでは間に合わないのか。
  簡単に言う。時代が違うのだ。
  彼が『立正安国論』を書いた時代と現在は、空恐ろしいほどの類似点がある。彼の嘆きと救国の論は、いま読み返しても教えられることが多い。彼の偉大さは今後も時代ごとに再認識されるものであり、色褪せることは永遠にないだろう。

  しかしそれでも――、時代が違う。21世紀の安国の実用にはならない。

  たとえば、確かに天変地異は当時もいまも世界中で起こっているようにも見えるが、それはかつてのような神罰ではない。そのほとんどはハイテクを使った人為的な災害だ。天罰ならば何とか太刀打ちできた日本の宗教家も、原爆をはじめとした意図的、人為的、綿密な陰謀的、シオンの議定書的な体系化された人災、強大な財源を駆使し、世界最高の頭脳を組み入れたイルミナティの確信犯的犯罪などに対しては、もはや、いかんともしがたいのである。

  いまは、エスタブリッシュと呼ばれる一部のグローバル・エリート人間が、神に代わり、何でもできる。
  できないことは何もない。

  海底地震や巨大津波を起こすことも、異常気象と異常潮流を起こすことも、エイズを蔓延させることも、やろうと思えば地軸を操作することさえできる。世界中の人間に不安と恐怖を浸透させるための先端技術はすでに完璧に整っている。最終的な「とどめの一撃」は、いつでも実行可能な状態にある。

  いまはネズミをなぶり殺しすることに無上の喜びを味わう猫のように、ごろごろと喉を鳴らしながら「破局の小出し」を楽しんでいるのが彼らである。

  小は電磁波を使って日本人の脳を狂わせたり、癌を増殖させたりすることから、大は富士山を噴火させたり、日銀を破産させたりすることなどは、その気にさえなれば今日でも実行可能な、いともたやすいことなのだ。

  ロスチャイルドやロックフェラーといった世界の超・大財閥から流れる彼らの資金は潤沢・膨大にある。見返りはそれ以上に膨大なのだから、彼らの出資を躊躇させるものは何もない。

  後は世界の他の部分の征服との兼ね合い、つまり一極支配へのスケジュール的なタイミングに過ぎない。即ち彼らの言う「アジェンダ(実行予定順位)」だ。

 
日本の余命はあと僅かである

  どの時代でも、彼らの邪悪な発想(考える能力)は私たちの発想をはるかに超えていた。彼らの悪辣さの度合いは、日本人の常識ではとてもついていけない。そのため私たちは、世界を覆っている真実に対し、考えることを放棄し、信じることをやめる。

  福沢諭吉は彼の『文明論之概略』の中で、開国を迫る列強の真意を次のように要約している。即ち彼ら毛唐(=「外国人」の蔑称)の本音は、要するに「自分たちと商売をせよ、さもなくば殺す、と言っているのだ」という看破である。

  その性温厚にして軟弱な江戸時代までの日本人にとって、この考え方は常識をはるかにはずれた奇想天外の暴言であり、だからこそ福沢もわざわざその事実を本の中でコメントしているのだ。

  しかし彼らにとっては常識も常識、至極まっとうな言い分であり、数万年の歴史をそれのみ集中して生きてきたといっても過言ではない。

  そのような「彼ら」が、いままでは局地的な侵略と征服のみで過ごしてきたのは、ただ単に地球を一極支配するだけの能力が、いま少し足りなかっただけのことである。

  あるいはIT革命、情報革命といった、新しい最終的な手段が出そろっていなかったためでもある。彼らはそれらが出そろうまで、辛抱強く臥薪嘗胆してきた。虎視眈々と、いまに見ていろと舌なめずりをしながら、それでもその時々にできうる最高の手段で、一極支配の地ならしをしてきたのである。

  そしていますべてを手中にし、すべての条件が整ったというわけだ。

  福沢は彼らの言い分を「商売をせよ」と、当時の日本人がやっとフォローできる表現を使って解説したが、本当はそんな生易しいものではない。

  彼らが歴史で実証していることは、「自分たちの奴隷になれ、さもなくば殺す」ということなのだ。商売は、金儲けは、とっくに済んでいる。


  金儲けの最終段階は、いまも昔も奴隷制度の貫徹である。

  さらに、究極の奴隷化とは、頭脳の奴隷化なのだ。つまり、マインドコントロールのことである。


  いまこそ彼らは堂々と宣言する。

  「我々の家畜になれ、奴隷になれ、ロボットになれ、さもなくば殺す」 (引用注:奴隷として不十分な「無駄飯食い」は殺す。「ハタラカザルモノクウベカラズ」としてソ連で実験したし、もちろんナチスドイツでも実験した)



  それが最後の「お触れ」なのだ。


西暦2012年、日本の惨状

  テレビこそ、その最も安上がりで効果的な彼らの武器だ。



  どんな小さくて安いものでも、よくよく考えれば不必要な品物をテレビのCMを見た潜在意識で買ってしまえば、すでにあなたは完全にマインドコントロールの被害者になっている。「これは便利だ」「これはいい」「へえ、そんなこともできるの」と思った瞬間、マインドコントロールはあなたの脳を侵している。

  完全に誤っているか、あるいは一定の方向に誘導しているニュースを、それとも知らずに、笑うにしろシカメ面をするにしろ、反応を起こした瞬間も同様だし、ヨンサマのファンになった瞬間も同様だし、完全にイルミナティの資本下にあるメジャーな出版物(新聞、週刊誌など)を読んでイラクやイスラエルやイランを理解したと思った瞬間も同じである。

  小泉首相を大根役者化し、三文文士の売文的発言をさせ、ミーハー日本人の総白痴化現象に乗じて郵政民営化を実現させることなど、タヴィストック(=タヴィストック洗脳研究所)の最も得意とする幼稚園並みの技術である。無論彼(=小泉)がイルミナティの傀儡であることは、親分のブッシュがそうであるのと同様、明々白々の事実である。

  日本は誰が首相になろうとも、イルミナティの傀儡になる以外に生存の可能性がゼロなのだ。

  「日本に国家主権が影も形もなくなっているということが、われわれの日常と将来にどんな影を落とすのか」という質問を、高校生にしてみたまえ。キョトンとした顔で、一言も言葉が出てこないことに、私は太鼓判を押す。 (引用注:もちろん、若者だけではない。周囲の「大人」たちに質問してみたときはどうだろうか? しかし、昨今さすがに、自覚はでてきたかも → 「授業やり直しになった柳井高校」)

  マス・大衆全般をターゲットにし、マインドコントロールのテクニックがどれほど多岐にわたり巧妙であるか、その細部はともかく、「そういうものがこの世に厳然としてあるんだ。しかもその力はいまや神々をも越えるほどに強力なんだ」ということを信じてほしい。

  自分は完全に洗脳され尽くしていると自覚することを、今日から新生活の第一歩としてほしい。その上で、日本の近未来の姿を、あなたの持っている限りの想像力で描いてみてほしい。

  たとえば、次のような風景である。

  ――主権を完全に失い、経済や土地をはじめあらゆる面でガイジンに簒奪(さんだつ)され、ほとんど毎日定期的に百人単位の日本人が北朝鮮に拉致され、靖国神社は焼き払われ、その跡の敷地には、ユダヤ資本の五芒の星の旗がはためく高層建築が建ち(前述したように、すでに東京のど真ん中にユダヤ系大保険金融会社のビルがそびえ立っている)、皇居はブッシュをはじめブレアやロックフェラーやロスチャイルドの共同別荘になり、北海道はロシア、九州は中国と、完全に分断され、その頃になれば完全に化けの皮を自ら投げ捨てた小泉は彼らの代理人として政権に復帰、ポル・ポト(ジュン・ポト)傀儡政府で一層の権力を振るい、倭民族根絶やしジェノサイド(集団殺戮)を本州各地で起こしている――といったところだ。(引用注:代わりに現在、安倍晋三君が活動中「内閣総理大臣 安倍晋三君 + マクドナルド ベネッセ 日本ユニセフ」)

  以上が2012年の日本の姿である。

  いや、たぶん、もっと悲惨なものになるだろう。(引用注:2015年、FEMA弾圧前夜、《彼ら》は、奴隷にマクドナルドの秘密をリークして楽しむステージに入った。《彼ら》の「哲学」では、家畜には共食いさせねばならない。そして、いよいよ「絶歌」を繰り出してからかっているわけである)

  洗脳は、洗脳されたと本人が気づけば対処のしようもある。だがマインドコントロールは、それ自体が自己認識を拒絶する仕組みになっている。自分が記憶を失ったという記憶すら失っている。マインドコントロールのマインドコントロールたるところは、マインドコントロールされていることを否定するマインドコントロールなのだ。(引用注:例として、いくらからかわれても、まだマクドナルドを食べ続けている家畜人間もいる)

 「家畜人間」破壊方法は、国によって異なる

  2006年の現在、われわれ人類を包み込んでいる難問と危機は、日本と日本人に限られた現象ではない。

  アメリカ人を含めた「家畜人間」たちは、それぞれの民族特質別の実験材料にされている。たとえば実際の医学実験で、内容によって、これはモルモット、これは猿、これはウサギといったような実験材料としての動物分類が、人間にも当てはめられているわけだ。この実験にはドイツ人を使うのが適当、これは中国人が最適、これは日本人でやってみよう――というように、世界中の人間に、実験材料としての役割分担が与えられている。

  つまり各国民の歴史と文化の違いによって、破壊工作の方法も違うわけだ。
  共通する要素は、全員マインドコントロールの下にあるという点である。
  無論その巨大に組織化された優秀無比な陰謀の目的も、各実験の共通項だ。



  すなわちニュー・ワールド・オーダーとか、一極支配とか、グローバリゼーションとか、そのほかさまざまな呼称は与えられているものの、要は全人類一括統制のファシズム、究極のファシズムである。

  確かにどの民族であろうと、その核となっている性質までを完全に抹殺できないかもしれない。先述の議定書(=シオンの議定書)を読めばわかるように、奴らもそれを望んでいるわけではなく、家畜並みの日本人なら、日本人のままでも一向に痛痒を感じない。それは単に鼻の高い豚と低い豚の違いだけなのだから。

  天才画家・山下清はすべての順位を「兵隊の位」によって区別したが、イルミナティのトップ数人が大元帥ならば、以下二等新兵にいたるまで等級はその民族の核の詳細分析によってすでに定められている。

  やはりいつまでたっても皮膚の白い豚は黄色い豚より豚小屋の広さが違うことになるのだろう。だがどの豚小屋にも、その民族から選ばれる牢名主的「番長豚」がいることになる。奴らの命令を現場で仕切る役で、いまなら日本の番長豚は小泉(=元首相)だ。



  これはアウシュビッツの番長たちが同じユダヤ人だったのと同じシステムである。

  いままでで、最も奴らに忠実だった日本製番長豚が、中曽根(=元首相)であったことは間違いあるまい。後はその亜流である。


  中曽根は、訪日したイルミナティの使い走り・レーガンと一緒にチャンチャンコなどを着て、ホラ貝を吹きながら、国体を奴らに売り渡した売国奴の横綱豚だった。



  この人選(豚選)は奴らの膨大な数にのぼる各陰謀機関、調査機関において周到に行なわれ、豚同士間における等級も決められる。



  たとえばジョージ・W・ブッシュがアメリカ製上等兵豚の位なら、日本の首相は誰であろうと、さしずめその上等兵殿のパンツを洗う洗濯雑役豚どまり。決してそれ以上には昇進させてもらえず、兵隊にもさせてもらえまい。現在の国連の中の理事国差別と同じである。

  だが日本人を民族全体として見たとき、その歴史と文化の特殊性によって、イルミナティ元帥にとっては実に貴重な実験材料であり、そのレベルに関してのみは、ミミズよりもうちょっと金のかかる猿に近い。




  特に人間の「愚かさ」という研究テーマにとって、これほど打ってつけの実験材料は、世界広しといえど、日本人が最高である。


  ずいぶん小さな頃、「人間と猿の違いは、猿の方が頭の毛が3本足りないからで、だから猿の方がバカなんだ」という説を聞いて、なるほどと納得した。

  しかしどう見ても猿の方が毛が多い。きっと猿は歳をとっても禿げない分を勘定しているのだろう。いずれにせよ、日本人は以下の点ではかろうじて猿より3本毛が多いようだ。

  即ち、モノマネ技術、集団行動のパターン化、ボスへの従属卑屈性、頭隠して尻隠さずの短所、付和雷同の軽率さ、いぎたないものの食べ方、弱いもの虐めの天性、他者無視の破廉恥性、札ビラへの執着、などの特徴である。

  となれば、「人間の愚かさによるマス・マインドコントロールの基本技術」といった分野で日本人がどれほど実験材料として役立つか計り知れまい。


  彼らはまず日本人のノーテンキ性を研究材料にして基礎反応を実験し、その結果データーに各民族への多少の修正を加え、洗脳の実践をすればいい。この研究の暗号名は『スリー・ヘヤーズ(三本の毛)』。

  現実は、われわれ日本人が自分たちを猿より3本毛が多いとうぬぼれていても、奴らにとっては猿以下である。その実態は会田雄次氏の『アーロン収容所』を読めばわかるし、人生の半分の時間を使った私自身の海外生活で、いやというほど実感している。

  そんなジャップに対して、奴らはいままでも実験内容に適した時期に、小出しにわれわれを解剖台に乗せ、実験を繰り返してきた。そこが奴らのウルトラ・長期陰謀のすごさである。

  たとえば、

 ―― 日本民族同士を敵対させる革命に駆り立てたとき、フランス革命などの他民族と比較し、どのような行動の違いが生まれるか?(明治維新の革命の特殊性)

 ―― 対外・近代戦争をまったく経験していない民族が、同じ「ゲルプ・ゲファール(黄 禍)」同士で戦わすと、どんな反応と結果を生み出すか?(日清戦争)

 ―― その相手がコーカソイドの場合はどうか?(日露戦争)

 ―― ジャップはどの程度忍耐強いか。あるいはどれほどガイジンの本性に無知か?(ハル・ノート、最後通牒に至るまでの日米交渉)

 ―― 大量殺戮近代兵器の使用実験対象として最適(原爆投下)

 ―― 最終的マインドコントロール・全民族白痴化実験(戦後のすべて)


  といったところだろう。(引用注:で、「トモダチ」にありがとうといい、オリンピックを与えられて、安心しながら放射性物質を食べて応援、吸って応援、レミング、あるいはガダラのブタの突進中)



  無論プロジェクト暗号名は私の分裂症的デタラメだが、本物の暗号名が存在していることは間違いない(引用注:暗号名は『猿の「トモダチ」』じゃないカネ)。特にこの世界にも珍しい特殊民族、純真無垢、万世一系のジャップ国家の解体、崩壊、消滅プロジェクトほど、彼らにとって実験しがいのある材料はほかにあるまい。



★ なわ・ふみひと の ひとくち解説 ★

  18年間の海外生活から帰国した著者の目に映った日本は、いまにも滅亡しようとしている無惨な姿だったのです。なぜ日本国民はこのように落ちぶれてしまったのか――それはこの世界を一極支配しようとしているある巨大な勢力によって、意図的に仕掛けられた陰謀の結果なのだ‥‥と林氏は鋭く分析しています。次の文章がその結論部分です。

  「神と悪魔の混合体の白人は、いまや最後の足掻きのように、われわれ黄色人種の日本人の息の根を止める総仕上げにかかっている」

  ナイーブでノーテンキな今日の日本人には、そのハイエナのような白人の舌なめずりは見えないのです。まるで目の前のエサに群がる豚のように、毎日をただ楽しく生きることしか考えることができなくなっているということです。日本人をそのように導いてきたマインドコントロールの力についても、著者は警鐘を鳴らしています。
しかし、もう手遅れだと‥‥。

  この本は私が『2012年の黙示録』の中でふれている「サタンのシナリオ」について書かれたものということができます。著者は「神のシナリオ」には気づいていないようです。もし、これからの世界がこの本に書かれているように「サタンのシナリオ」だけで進むならば、私たちには夢も希望もありません。人類は一握りの支配者の奴隷となって、家畜のようにコントロールされながら生かされる生き物に成り下がるしかないのです。

  おそらく、終末の大峠までは、2つのシナリオは全く同じ内容で展開していくと思われます。しかし、最後の最後では2つに分かれるのです。その時どちらのシナリオを選択するかは、これからの私たちの生き方によって左右されます。つまり、日本や世界が直面している今日の事態をどう受け止めるかによって分けられるということです。恐怖におののき、とにかく自分や自分の仲間だけは助かりたいという見苦しい本性をあらわにするか、それとも、すべての現象を「次元上昇」(「」は引用者)のための禊ぎと受け止め、冷静に対処できるか――そこが運命の分かれ道になるでしょう。

  いずれにせよ、いまこの世界は、ある勢力の手による「サタンのシナリオ」によって意図的に動かされていて、いよいよそのシナリオの重要な一幕として、日本人の息の根を止めるための総仕上げの段階に入っている、という事実は知っておく必要があります。そして、そのことに対する心の準備をしておくことが大切でしょう。



  この本の著者のように18年間も海外で生活しなくても、もし私たちがマインドコントロールの罠にはまっていなければ、今日の日本人と日本社会の異常性には十分気づくことができるはずです。



この現実をしっかり受け止めることによって、私たちは「豚」になることから脱出することができるのです。
 (引用注:現政権のおかげで、「マインドコントロール」から覚める人も多くなるだろう。その時、再び誤誘導されないように気を引き締めていこう)

                                 (なわ・ふみひと)






関連

この国の終わり  日本民族 怪死の謎を解く 林 秀彦
http://satehate.exblog.jp/17485718/ 旧版

殺人未遂容疑で大学生逮捕 + 日本人なぶり殺しの条件は整った + 尖閣
http://satehate.exblog.jp/18343783/

自己弱体化 1
http://satehate.exblog.jp/7247653/

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/19126340/

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/19126378/

映画 「2012」の隠された象徴的な意味 By VC (完訳版) 1
http://satehate.exblog.jp/17977702/

映画 「2012」の隠された象徴的な意味 By VC (完訳版) 2
http://satehate.exblog.jp/17977850/

2012年オリンピックの開会式と閉会式におけるオカルト象徴主義 By VC 1
http://satehate.exblog.jp/18405726/

2012年オリンピックの開会式と閉会式におけるオカルト象徴主義 By VC 2
http://satehate.exblog.jp/18405768/











マクドナルドは誘拐した子供の肉をハンバーグに混ぜています
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/ffdb96fddb6303558d65fcd30af0a8f9

絶歌
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4362247482dd8222c3ddeba34f94d63a

『絶歌』の正体
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8b065d78f28d949046bc7a69a355f522







投票をインチキにする仕組み 住民至上主義 (住民は夢の中) 竹原信一のブログ 2015年07月11日10:52
http://blog.livedoor.jp/jijihoutake/archives/55304711.html

選挙でインチキができる様になっている。

 投票箱のかぎのひとつは「送致すべき投票立会人」が保管しなければならない。
という事になっている。


〇 しかし、実際にはかぎを職員が持ち、開票所の職員に渡す。

○ 期日前投票は、職員の指定した立会人が封印をして、職員が保管している。

〇 開封は別の立会人なので、封印に意味はない。

〇 期日前投票では、職員が投票箱を投票所の外に持ち出す事ができる。

つまり、やろうとすれば票のすり替えができるようにしてある。

立会いは儀式に過ぎない。
日本の選挙はこんな調子、 行政と政治家の関係も良く似た感じだ。


コメント (1)

再稼働で揺れる川内原発の地震対策は、まったくなっていない! 広瀬隆 +

2015-07-17 21:51:22 | 日記
「東京が壊滅する日 ― フクシマと日本の運命」 広瀬隆 【第1回】 2015年07月17日

再稼働で揺れる川内原発の地震対策は、まったくなっていない! 
http://diamond.jp/articles/-/74801

福島第一原発事故を半年前に予言した書『原子炉時限爆弾』で衝撃的な事実を発表したノンフィクション作家の広瀬隆氏。あの原発事故から4年が経った。

このたび、『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』でおそるべき予言をした著者が、再稼働目前となった、鹿児島県にある川内(せんだい)原発の知られざる危険性を緊急警告する。

川内原発は“わが国初の大地震の直撃を受けた原発”


広瀬 隆(Takashi Hirose)

1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図的で衝撃的な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯――ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『資本主義崩壊の首謀者たち』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』などベストセラー多数。


 もうすでに2年間近く「原発ゼロ」のまま、電気が充分に足りる静かな時を過ごしてきた日本である。

「原発がなければ江戸時代に戻る」と言っていたのに、おかしいではないか。

ところが、無知無謀な電力会社と、天狗熱に浮かれた安倍晋三の日本政府と、原子力規制委員会・原子力規制庁が、日本にまったく不要の鹿児島県の川内《せんだい》原発を再稼働させようと、なりふり構わず暴走をしている。

今にも“第二のフクシマ原発事故”を起こそうとしているのだ。にもかかわらず、一般の日本人には、その危険性がほとんど認識されていない。
 それは、テレビと新聞のマスメディアが、大声で警告を発しないからである。テレビと新聞の記者には、思考力がないのだろうか?

そもそも川内原発は、“わが国で最初に大地震の直撃を受けた原発”なのである。それは、たまたま幸運にも戦後半世紀、日本列島に続いた地震の静穏期を過ぎて、1995年の兵庫県南部地震によって死者6000人を超える阪神大震災を招いた直後であった。

 つまり、過去に明治・大正・昭和に頻発したと同じような地震の大激動期に入って2年後、1997年3月と5月に川内《せんだい》市(現・薩摩川内市)を襲った震度5強と6弱の激震であった。



「断層がない」と言われていた、原発からわずか十数キロが震源だったのだ。

日本列島には、原発大事故の脅威となる最大の活断層として、列島を縦断する中央構造線と、日本の中央部を横断する糸魚川~静岡構造線(糸静線)がある。



 4年前の東日本大震災以後、ついに昨年末の長野北部地震で、その糸静線が動いて、1メートル近いズレを起こした(引用注:塩島地区)。大変な断層の動きである。


日本最大の活断層の上に建つ原発の恐怖

同じように、中央構造線もそろそろ動くだろうと見られている。川内原発は不幸にして、その日本最大の活断層の上に建っているのだから、そもそもこんな場所にあることが間違いなのだ。


 中央構造線が動けば、マグニチュード8という内陸型地震として最大の揺れに襲われる。しかも、大地震が原発の直下で起こるのだから、東日本大震災で、至るところが破壊された福島第一原発とは比較にならない巨大な揺れに襲われるのである。 原子力発電所の敷地そのものがはね上がるので、耐震性も何もない。原発ごと吹き飛ぶ大惨事となる。


(引用注:川内原発からの「フリカケ」は、鹿児島はもちろん、むしろ熊本、長崎、そして福岡あるいは大分まで吹き抜けていくことだろう。なんとかにつける薬は放射性「フリカケ」になる。熊本平野も、筑後・筑紫平野も汚染され「草も口にできなくなります」)


 加えて現在は、それを予告するかのように、地球の動きが止まらない。

 誰もがご存知の通り、九州全体の火山の噴火が日本一、という活発な状態を続けているのだ。

 すなわち、2009年にはじまった鹿児島県の桜島の大噴火は、2010年以後、1000回を超える噴火を4年間も記録し続け、昨年だけ爆発的噴火が450回へと半減したが、安心できるどころか、逆に、噴煙の高さが3000メートルを超える噴火が16回を数え、爆発の規模はむしろ拡大傾向にあるのだ。

 2011年1月26日には、桜島の北にある霧島山の新燃岳《しんもえだけ》で大噴火が起こった(その直後に東日本大震災が起こったのである)。(引用注:新燃岳といえばこれを思い出しますね)

 2014年11月25日には阿蘇山噴火が起こって噴煙が1500メートルに達したかと思うと、2015年5月29日には、前年に噴火がはじまった鹿児島県の口永良部島《くちのえらぶじま》で大噴火が起こり、噴煙が9000メートルに達した。つい先日のことだ。


規制庁を動かす集団はどんなメンバーか?

 つまりこれら活発な火山に囲まれた川内原発を、大地震が襲う日は、刻々と、目前に迫っている。

 この原発の耐震性を検討しているのは、原子力規制委員会である。
だが、実質的には、その配下にある原子力規制庁の「官僚」たちが、九州電力の提出した書類を審査している。

規制庁とは、その8割が、フクシマ原発事故を引き起こしたあの悪質・無能な原子力安全・保安院のメンバーなのである。

 フクシマ原発事故前と何も変っていないのだ。

 この規制委・規制庁とも、2012年の発足以来、「原発の敷地に活断層があるか・ないか」だけを議論してきた。彼らに何度言えば分るのだろうか。

 原発の敷地近くに、大地震を誘発する可能性のある活断層が存在すれば、その原発は即座に廃炉にしなければならないことは常識だ。

 しかし過去の地震において、原子力発電所で危険とされるマグニチュード6.5を超える地震が発生しながら、断層が地表に出現しなかった記録は、山のようにある。

さらに、それより大きなマグニチュード(M)7.0を超えて断層が地表に出現しなかった地震は、1900年・宮城県西部地震(M7.0)、1914年・桜島地震=桜島大正大噴火(M7.1)、1914年・秋田仙北地震(M7.1)、1924年・丹沢山塊地震(M7.3)、1961年・北美濃地震(M7.0)、1995年・兵庫県南部地震=阪神大震災(M7.3)がある。

 阪神大震災では、淡路島に野島断層が出現したが、大被災地の神戸側では大きな断層が出現しなかった。

 つまり活断層の存在が確認されないからといって、それは、何ら「大地震が発生しない」という科学的根拠とはならないのである。これが、地震学の初歩知識である。原子力規制庁の「官僚」たちは、その知識さえ持たない集団だ。

 ほんの7年前の2008年6月14日に起こった岩手・宮城内陸地震は、「活断層がない」とされていた地帯での内陸直下型(M7.2)の地震であった




しかも、この岩手・宮城内陸地震で、震源断層の真上で観測された最大加速度4022ガルが、「人類史上最大の揺れ」として、ギネスブックの記録に認定されたのだ。

特にこの地震で上下動3866ガルを記録したことは、全国の地震学者に、もはや日本に原発を建設・運転できる適地は存在しないということを知らしめた。なぜなら、日本の原子力発電所は、耐震性の計算において、主に横揺れ(水平動)を考えて建設されてきたので、上下動には非常に弱いからである。

 地球の万有引力(重力加速度)は980ガルだから、長時間にわたってこれを超える揺れに襲われると、地上にあるものは、巨大なビルでも浮き上がる。その4倍の大地震が、岩手・宮城内陸地震であり、現地では山が崩れて消滅したのだから、原子力発電所の敷地ごと吹き飛ぶ、というのは、決して大げさな予測ではない。




日本の破滅は目前!不可解で科学的な根拠ゼロの地質調査

こうした目の前で起こっている歴史的な事実を無視して平気な、地震学についてほとんどド素人と呼んでもよい人間たちが、今日も川内原発の耐震性の審査をしているのだ。



しかも九州電力の耐震性の計算のもとになった断層の分布図を見ると、川内原発に近づくと、断層がなくなってしまうという、まことに不思議な地質調査である。

 上の図で、赤い点線のところは、誰が見ても、つながっているはずだと思うだろう。


 事実一昨年、2013年2月1日の政府地震調査研究推進本部(本部長・文部科学大臣)の地震調査委員会(以下、推本、と呼ぶ)が衝撃的な発表をした。

それによれば、川内原発のすぐ南にある五反田川断層は九州電力の発表より、はるかに川内原発に近いことが明らかになり、九州電力の判定で19kmであったものが推本の調査で25kmであったことが判明した。
それによる推定マグニチュードが6.9→7.2へと、想定すべき地震エネルギーが約3倍になった。

またF-A断層とF-B断層は、九州電力の判定でそれぞれ18kmと15kmとされていたが、推本の調査でこの両者は一体となった甑《こしき》断層39kmと判定され、想定マグニチュードは6.9→7.5へと、想定すべき地震エネルギーが約8倍になった。

さらにF-C断層は、九州電力が16km(推定マグニチュード6.8)としていたが、推本の調査では38kmの甑海峡中央断層と判定され、マグニチュード7.5へと、地震エネルギーを11倍に想定すべきと判定されたのだ!


 想定される地震エネルギーの予測が11倍になったのなら、耐震性(原発の基準地震動)は、それまでの372ガルの11倍、4092ガルにしなければならない。

 ところが、その6分の1以下の620ガルで、規制庁が「OK。安全です」と再稼働にゴーサインを出したのだから、どういうことか理解できる人間はいないだろう。


 おいおい、九州電力も、原子力規制委員会・規制庁も、これを「世界一厳しい基準だ」とのたまう安倍晋三も、頭は大丈夫か?

 このように事業者(九州電力) が勝手に論ずる一方的な耐震性「安全論」を、規制委・規制庁が合格としたのは、「私はSTAP細胞を作りました」と主張する研究者の言葉を信じて、それを何ら検証もせずに手放しで礼讃した社会が示した態度と同列である。

 そこには科学的・技術的に安全を論ずるに何の根拠もない。



 日本の破滅は目前だ! (引用注:というか「日本の破滅が目的だ」)




なぜ、『東京が壊滅する日』を緊急出版したのか

 このたび、『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』を緊急出版した。



現在、福島県内の子どもの甲状腺ガン発生率は平常時の70倍超。2011年3~6月の放射性セシウムの月間降下物総量は「新宿が盛岡の6倍」、甲状腺癌を起こす放射性ヨウ素の月間降下物総量は「新宿が盛岡の100倍超」(文科省2011年11/25公表値)という驚くべき数値になっている。

東京を含む東日本地域住民の内部被曝は極めて深刻だ。



 映画俳優ジョン・ウェインの死を招いた米ネバダ核実験(1951~57で計97回)や、チェルノブイリ事故でも「事故後5年」から癌患者が急増。フクシマ原発事故から4年を迎える今、『東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』で描いたおそるべき史実とデータに向き合っておかねばならない。




 1951~57年に計97回行われた米ネバダの大気中核実験では、核実験場から220キロ離れたセント・ジョージで大規模な癌発生事件が続出した。220キロといえば、福島第一原発~東京駅、福島第一原発~釜石と同じ距離だ。

 核実験と原発事故は違うのでは? と思われがちだが、中身は同じ200種以上の放射性物質。福島第一原発の場合、3号機から猛毒物プルトニウムを含む放射性ガスが放出されている。これがセシウム以上にタチが悪い。

 3.11で地上に降った放射能総量は、ネバダ核実験場で大気中に放出されたそれより「2割」多いからだ。

 不気味な火山活動&地震発生の今、「残された時間」が本当にない。
 子どもたちを見殺しにしたまま、大人たちはこの事態を静観していいはずがない。


最大の汚染となった阿武隈川の河口は宮城県にあり、大量の汚染物が流れこんできた河川の終点の1つが、東京オリンピックで「トライアスロン」を予定する東京湾。世界人口の2割を占める中国も、東京を含む10都県の全食品を輸入停止し、数々の身体異常と白血病を含む癌の大量発生が日本人の体内で進んでいる今、オリンピックは本当に開けるのか?

 同時に、日本の原発から出るプルトニウムで核兵器がつくられている現実をイラン、イラク、トルコ、イスラエル、パキスタン、印中台韓、北朝鮮の最新事情をはじめて触れた。

 51の【系図・図表と写真のリスト】をはじめとする壮大な史実とデータをぜひご覧いただきたい。

「世界中の地下人脈」「驚くべき史実と科学的データ」がおしみないタッチで迫ってくる戦後70年の不都合な真実! 

 よろしければご一読いただけると幸いです。


<著者プロフィール>
広瀬 隆(Takashi Hirose)
1943年生まれ。早稲田大学理工学部卒。公刊された数々の資料、図書館データをもとに、世界中の地下人脈を紡ぎ、系図的で衝撃的な事実を提供し続ける。メーカーの技術者、医学書の翻訳者を経てノンフィクション作家に。『東京に原発を!』『ジョン・ウェインはなぜ死んだか』『クラウゼヴィッツの暗号文』『億万長者はハリウッドを殺す』『危険な話』『赤い楯――ロスチャイルドの謎』『私物国家』『アメリカの経済支配者たち』『アメリカの巨大軍需産業』『世界石油戦争』『世界金融戦争』『アメリカの保守本流』『日本のゆくえ アジアのゆくえ』『資本主義崩壊の首謀者たち』『原子炉時限爆弾』『福島原発メルトダウン』などベストセラー多数。


<広瀬隆氏・八重洲ブックセンター本店(東京駅前)出版講演会のお知らせ>

東京が壊滅する日――フクシマと日本の運命』刊行記念・著者講演会開催!

2015年8月28日(金)19:00~20:30(講演は60分程度)

2011年3~6月の放射性セシウム総量は、新宿が盛岡の6倍!
東京都民の体内でおそるべきことが進行している!
なぜ本当の事実が次々闇に葬り去られるのか?
巨大な富を独占した地下人脈! 日本の原発からどう原爆材料が流れ出ているのか?
世界初! ロスチャイルド財閥の系図を突き止めた!
今、知られざる東京と日本の運命を壮大な史実とデータに裏付けられた事実で語る。

▼参加定員:80名(お申込先着順)※定員になり次第締切。

▼申込方法:八重洲ブックセンター本店で『東京が壊滅する日』をお買い上げのお客さまに1階カウンターにて参加整理券を配布(参加整理券1枚につき、お1人の入場とさせていただきます)。電話予約も可能。
(電話番号:03-3281-8201)

▼主催:八重洲ブックセンター、協賛:ダイヤモンド社

///受講をお勧めしたい方///
 ◆ここ最近続く火山噴火、頻発する地震のメカニズムを知りたい方
 ◆そろそろ東京周辺が危ないのでは? と感じている方
 ◆原発再稼働、戦争法案など、安倍晋三政権が考えていることを知りたい方
 ◆『東京が壊滅する日』や著者自身に興味のある方
 ……など







関連

東京で大異変…ヨウ素が急上昇!何が起きているのか
http://satehate.exblog.jp/16832447/

20代女性タレントが相次いで甲状腺疾患と明かす 2014年10月28日
http://bran7.net/archives/47111

蔓延し始めたぶらぶら病 院長の独り言 +
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/9ae57310bd5aa4192e8f3c96840a7465

小中学生心臓検診 要精密検査 再び増加傾向 東京新聞 + 安保関連法案11111
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/bb44a18ba7d60f52ce838d2ca358a395

チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染されたベラルーシの諸地域における非ガン性疾患 YB 復元版
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/13769b7a10ad842922b27b70e34a9538

ニガヨモギ(チェルノブイリ/阪神淡路大震災/地震と原発事故)
http://satehate.exblog.jp/7004095/

阪神大震災の謎 + こいつは悪魔だ
http://satehate.exblog.jp/16113833

第一に、日本は、さらに安全な原子炉をもっと建設するという決意を表明すべきである。

提言その二は、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)を批准せよ、というものである。

国家安全保障法を成立させよ
   次に、2006年に日米で合意した普天間飛行場の名護市辺野古への移設をはじめとする沖縄の米軍再編計画を実施せよ。

岩手・宮城地震発生前、岩手地盤の建設株にまたインサイダー! by いんきょ
http://satehate.exblog.jp/9065931/

311東日本大震災陰謀情報 麻生太郎政権の練習ほか
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3804c8366961975b3cce571a15a09bde

【311東日本大震災陰謀情報】2008年に福島第1原発3号機の事故訓練をし、2008年に311被災地で津波訓練をし、2008年に福島原発に10メートル以上の津波が襲うことを試算し、2008年に東北で巨大地震が発生したりと、どう考えても2008年に人工地震(津波)・原発破壊計画が最終段階に入っていたと思う。
http://kinnikuking.blog81.fc2.com/blog-entry-1093.html

日本沈没作戦進行中 「娯楽」と311
http://satehate.exblog.jp/18226916

311の両サイドが崩れかかっているようだ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4b5d7ae5c0eaa17ebe533b0345b6614b

711は何か来るのカネ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b8dbfd89399896cc06ba68cc8e7d7513




絶歌
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4362247482dd8222c3ddeba34f94d63a

外交問題評議会(CFR)との懇談及び昼食会 安倍総理スピーチ 平成26年9月23日
http://www.kantei.go.jp/jp/96_abe/statement/2014/0923cfr_speech.html



・・ 世界の成長センターであるアジア太平洋地域に一つの経済圏を作るTPP。この地域に、関税だけではなく、国有企業改革、投資、知的財産といった、広汎な分野で、徹底した自由でフェアーな新たなルールを構築する試みです。
 これを日米で牽引していこう、という強い思いで、私は交渉参加を決断しました。日本も思い切って合意へ向けて貢献していく覚悟です。

・・一方で、国内でも攻めの農業改革を進めています。

・・福島原発事故の反省と教訓にたって、独立した原子力規制委員会が策定した新規制基準に適合すると認めた原発は、再稼働を進めていきます

・・会社も変わらなければなりません。皆様が日本企業に投資しやすい環境を作ります。
 コーポレートガバナンスの強化は私の改革リストのトップアジェンダです。この夏、会社法を改正し、社外取締役の設置について、”Comply or Explain”ルールを導入しました。

・・ 今日は、皆様から、日本の投資・ビジネス環境改善のために忌憚ない意見を賜りたいと思います。



覚えられない、物忘れするなど記憶力低下を訴える人が急増中
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/430.html
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2015 年 7 月 18 日 14:05:01: FpBksTgsjX9Gw

放射能の脳への障害
http://satehate.exblog.jp/17149582/

放射線被曝といろいろな病気 原爆ぶらぶら病  その他の病気
http://satehate.exblog.jp/18675574/

福島原発事故後に急増する突然死、急死、心不全、心筋梗塞、心疾患、脳梗塞・・・ ほか
http://satehate.exblog.jp/17799539/

福島イタイイタイ病が拡大 原因不明で寝たきり~うつ病と放射性物質と福島エイズ 
http://satehate.exblog.jp/18650534/

悔しい現実 ・・・ 福島県教委は、鬼か ! ぬまゆ
http://satehate.exblog.jp/19614553/

千葉の友人が、移住先の検査で ”両親含む全員に多数の嚢胞、腫瘍が見つかった・・・ 原発問題
http://satehate.exblog.jp/18350309/

あらかじめ計算された放射線による死 タンポポ日記
http://satehate.exblog.jp/17176806/








http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150724175342.html




コメント

戦いは、まだまだ続くのだ 白川勝彦

2015-07-16 05:56:49 | 日記
戦いは、まだまだ続くのだ 白川勝彦 永田町徒然草 15年07月16日 No.1763
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1702

私は、大事な人の葬儀で7月14日夕方から15日の夕方まで郷里・新潟県十日町市に行っていた。もちろん国会の事は、郷里にいてもずっと注意してきた。昨夜のニュースで、石破地方創生大臣などの思わせぶりの発言があった。少しは何か起こるのかと思っていたが、結局は安保関連法案は特別委員会で“予告されていた”通りに採決された。国会周辺では抗議行動が遅くまで続いている。全国各地で、多くの抗議行動があった。

http://lite-ra.com/2015/07/post-1289.html

むなしく光る国会議事堂。多くの人びとが声をあげていたこのとき、安倍首相は読売新聞グループ本社取締役最高顧問らと赤坂で会食していた。


さて本日7月16日に衆議院本会議で、安保関連法案は採決に付せられる。たぶん予定されているように、本会議で多数で可決され、安保関連法案は参議院に送付されるであろう。政府与党としては、一歩前進ということになろうが、まだまだこの戦いは続くのだ。今回初めてこのような運動に参加した人が多くいるであろう。その人たちに多くが、これだけ頑張っても“やはりダメなのか”と思われるであろうが、落胆してはならない。まだまだ戦いは続くのだ。

このような時に1960年の安保反対運動がよく紹介される。国会の周りを幾万ものデモ行進が取り囲んだ。しかし、安保闘争においても多くの国民が立ち上がり、国会をデモで取り囲んだのは、改定安保条約が衆議院本会議で強行採決された後であった。もちろん安保反対ということもあったが、“議会制民主主義を守れ”の一点に国民世論は集約されたのだ。



今回の安保関連法案の強行採決は、国民の7~8割が反対しているのに、安倍首相が強行採決するのだ。安倍首相はこれからこの国民の7~8割の反対を賛成に変えなければならないのだ。安倍首相自身が強行採決後のブラ下がりで“まだまだ国会の審議は続くんです”と言い、“これからも丁寧に分かり易く説明して国民から理解して貰えるようにするんです”と言っていた。

結構、結構。ぜひやって貰おうじゃないか。衆議院における安倍首相等の答弁は、専門家に言わせれば答弁になっていないのだ。重要かつ大きな争点の答弁は、詭弁とまやかしのオンパレードである。この答弁集を作れば、これはもう立派な政治的漫画である。安倍首相等の答弁は、とてもわが国の国民の知的水準をクリアできるものではない。だから安保関連法案の内容が明らかになればなるほど、国民の反対の声が高まってきたのだ。

今回の安保関連法案は衆議院と参議院で可決されなければならない。安保条約は、憲法61条で衆議院で可決されれば30日で自然成立するものだった。政府与党は、参議院で可決されなくとも憲法59条の60日ルールで法律を可決できると言っている。しかし、安保関連法案のような国家の防衛に関する法律をこのような形で成立させることは、果たして政治的に可能であろうか。テレビで60日ルールを話題にする者は、あまりにも政治を知らな過ぎる。

安倍首相らにとっても、国民にとっても、まだまだ戦いは続くのだ。いや憲法や戦争に関する戦いなのであるから、続けなければならないのだ。これからもこの戦いを続けていく。その過程で安保関連問題だけではなく、日本の政治の根本が見えてくる。





その結果、新しい政治の課題も明らかになってくる。
だから落胆などしている暇は私にはないのだ。


今日はこのくらいにしておこう。それでは、また。




安倍政権は、どうして、これ程、愚かなのか オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/07f5990c06a22470568fa8fe9f7e4e81

安倍首相が、集団的自衛権の行使を進める「事情」 オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/da14bdc69dd1bd4056bd45e17c1a7109

日本の君主米国のホンネは日中戦争 leben blog
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8ed6ed8088e7a08e68afee6ba4622344

安倍政権に戦争の準備を進めさせているのは92年に作成されたネオコンの政策で、中露との戦争も 櫻井
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d8030b42991e4756769bc64f838d6fc8




「自衛」どころか自爆の道 欺瞞に満ちた新安保法制 正々堂々と目的のべよ 長周新聞
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/836f948c01df3cd396e6e9f84615ec08

安倍晋三は正々堂々とのべよ 武蔵坊五郎 
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4ff0275e8bb3f1ab557a8d19996330bc

日本人虫ケラ扱いの占領支配 沖縄戦から続く県民蹂躙 70年経ち盾にする屈辱 長周新聞 +
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/08121c8036ed12589c33876fb2ec9f48

絶歌
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4362247482dd8222c3ddeba34f94d63a

『絶歌』の正体
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8b065d78f28d949046bc7a69a355f522

安保法案 きょう衆院本会議で採決 7月16日 4時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150716/k10010152241000.html


++
八百長戦争陰謀団の策動に日本人の多くを目覚めさせる・・とすれば、それが「功績」であろう。



戦争について考える

日本人の知らないニッポン THINKER  (修復されてます)
http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html

The Rothschilds Control America George Carlin + マイヤー・ロスチャイルドの世界革命行動計画再訪
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8ef077f57311ac8959cf82b5faf0abf6

ラビ・ライヒホルンの重大講演 1869
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5f1c60dabad5ecea1b226bebb7d0216f

アルバート・パイクの世界操作計画
http://satehate.exblog.jp/6982937/

イルミナティ銀行家たちが第一次世界大戦を開始させた  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15874410/

銀行ギャングたちは、如何にしてアメリカに第二次世界大戦参戦を強いたか  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13590054

第二次世界大戦の「醜い秘密」 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15659915/ 

目ン無い千鳥 八百長真珠湾攻撃 + 白洲・ケズウィック・次郎 ほか
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c412a8723b67dc09bc7ff6beb163ba95
  
暗号名 ヨハンセン 投稿者:Legacy of Ashesの管理人
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0c5dc4b2938fc231a3adda77662aa8ab





内閣不信任案決議案 も出さない茶番

安保法案 衆院本会議で可決 7月16日 15時01分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150716/k10010152791000.html



今の国会の最大の焦点となっている、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案は、衆議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決されて、参議院に送られました。仮に参議院で採決が行われない場合でも、自民・公明両党は、いわゆる「60日ルール」を使って衆議院で再可決することも可能で、安全保障関連法案は今の国会で成立する公算が大きくなりました。

今の国会の最大の焦点となっている、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案は、15日に衆議院の特別委員会で、野党側が強く抗議するなかで可決され、衆議院議院運営委員会の林委員長の職権で、16日の本会議で採決することが決まりました。

衆議院本会議は、生活の党と山本太郎となかまたちが欠席するなかで午後1時から開かれ、最初に衆議院の特別委員会の浜田委員長が、これまでの審議の経過を報告したあと、各党の討論が行われました。

衆議院の特別委員会の理事を務める、自民党の松本純氏は、「違憲ではないかという批判は全く当たらない。法案審議は116時間におよび、すでに主要な論点は出尽くしており、この法制が、わが国の平和と安全を守り抜くことにつながることは、今後の歴史が証明する」と述べました。

同じ特別委員会の理事を務める、公明党の遠山清彦氏は、「『平和国家路線』は何ら変わらない。公明党が強調してきた『民主的統制』としての国会の事前承認の原則は確保されている。国会には国民の生命と自由を守る責任があるが、野党には自覚と基本的認識が欠如した人がいると思えて残念だ」と述べました。


戦争は平和
不正は公正
腹黒は公明
民主は命令
酷怪は国会
自由は隷従
守るは殺す



一方、民主党の岡田代表は、「国民の8割が説明は不十分、半数以上が憲法違反か反対と答えているなかでの強行採決は、戦後日本の民主主義の大きな汚点となる。憲法解釈を一内閣の独断で変更したのは大きな間違いで、安倍総理大臣の罪はあまりに大きい」と述べました。

維新の党の松野代表は、「独自案を提出し、与党とも協議し、責任ある態度を示してきた野党を、実質的に無視する暴挙に厳重に抗議する。自国防衛に徹し専守防衛の原則を守ってきた、自衛隊の在り方を根本的に変えることになる」と述べました。

共産党の志位委員長は、「憲法9条のじゅうりんだけでなく、国民多数の意思をないがしろにする、国民主権の大原則をじゅうりんする歴史的暴挙で、満身の怒りを込めて、断固たる抗議の声を突きつける。『海外で戦争する国』に道を開く最悪の違憲立法だ」と述べました。

このあと、民主党、維新の党、共産党、社民党が退席するなか、安全保障関連法案の採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決されて、参議院に送られました。川端副議長と無所属で沖縄4区選出の仲里利信議員の2人は反対しました。

また、法案に賛成できないという考えを示していた自民党の村上元行政改革担当大臣は、本会議を欠席しました。

一方、維新の党が提出した対案は、与党側などの反対多数で否決されました。

仮に参議院で採決が行われない場合でも、自民・公明両党は、いわゆる「60日ルール」を使って衆議院で再可決することも可能で、戦後日本の安全保障政策の大きな転換となる安全保障関連法案は今の国会で成立する公算が大きくなりました。

首相「絶対に必要な法案、丁寧な説明に力入れる」 詐欺の一つ覚え

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で記者団に対し、「日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している。この認識のなかにおいて、日本国民の命を守り、戦争を未然に防ぐために絶対に必要な法案だ」と述べました。






そのうえで、安倍総理大臣は「きょうから議論が新たなスタートを迎えた。国会での議論の場は参議院に移るが、良識の府ならではの深い議論を進めていきたい。国民の理解が深まっていくように党を挙げて努力していきたい。丁寧な説明に力を入れていきたい」と述べました。 まるで壊れたレコードじゃないか

さぞや、「国民の理解が深まる」であろう








馬鹿のカベ(バカノアベ)に守られる官邸の怪人戦争産業政治 小野寺光一 2015/07/17
http://archive.mag2.com/0000154606/20150717002450000.html

非常に今日はショックな一日だった。
以下、

記事1<集団的自衛権という用語は、集団的戦争権と言い換えたほうがいい>

記事2<内閣不信任案を提出しなかった民主と総務大臣ポスト密約の<トロイの木馬>維新を許すな>

記事3<2015年7月16日クーデターが成立した。憲法が停止した>
を書いた。

・・「集団的自衛権」という用語は、今後、使わないほうが良い。

なぜなら、「自衛権」には該当しないからだ。めくらましのために

「自衛権」という言葉を使用しているだけだから自衛権という言葉を

使わないほうがいい。

これは、実質を考えると「集団的戦争(せんそう)権」と表現すべきものである。
もっと言えば「集団的戦争奴隷」か「米国の戦争奴隷権」

「米国の戦争に、永久に、命もお金も日本が出しますよ」という奴隷義務のことである。
米国「おい、戦争行くぞ」日本「はい よろこんで」
米国「おい、戦争費用はらっておけ」 日本「はい よろこんで」
米国「おい、戦争に行って殺したり殺されたりしてこい」日本「はい よろこんで」
となる。


・・トロイアの木馬(トロイアのもくば)は、ギリシア神話に登場する装置である。トロイの木馬とも言われる。トロイア戦争において、トロイア(イーリオス)を陥落させる決め手となった。木でできており、中に人が隠れることができるようになっていた。 転じて、内通者や巧妙に相手を陥れる罠を指して「トロイの木馬」と呼ぶことがある。

なぜ私がこんなことを言うかといえば、不正選挙訴訟で
数多くの選挙区の投票動向を見てみると
日本未来の党や生活の党に
投じられている票が、バーコードとPC選挙ソフトによって
維○やみ○なの党に振り替えられていることを知ったからである。

・・(クーデターとはフランス語で、急進的手段で政権をのっとること)

日本国憲法が停止。国民主権はまったくない。

日本国憲法に明白に違反している戦争法案が違憲国会議員によって中央突破された。

戦争法案が衆議院で可決した。

こうなった場合、どうすればいいか?

それは全国民が結集して、国会を取り囲むしかない。

全国民は急きょ、この異常国会を取り囲むべきだ。


昨日は10万人。今日はおそらく20万人以上が結集する。

そして、水曜 木曜 金曜 という単位ではなく
連日ずっと廃案になるまで継続してやらなければならない。

国会を取り囲んでグルグルと連日デモをしたらどうか?


https://twitter.com/boomsabi/status/412438113667928064/photo/1

yuki-wasa 地球人 ‏@boomsabi

ヒトラーの右腕「国民は戦争を望まない。しかし決めるのは指導者で、国民を引きずり込むのは実に簡単だ。外国に攻撃されつつあると言えばよい。それでも戦争に反対する者を愛国心がないと批判すればいい」







コメント

安倍晋三は正々堂々とのべよ 武蔵坊五郎 

2015-07-14 22:28:38 | 日記
狙撃兵 安倍晋三は正々堂々とのべよ 長周新聞 2015年7月13日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sogekiheiabesinzouhaseiseidoudoutonobeyo.html

 対日工作の先兵として知られるジェラルド・カーティス(コロンビア大学)が、「アメリカでいったことと日本でいっていることが違う」といって、安倍政府の国会答弁に業を煮やしている。訪米した際には「アメリカを守ります」といっていたではないか…というのである。海の向こうでは心が大きくなってデカいことをいうのに、帰国すると「邦人の生命を守るため」「国民の幸せな暮らしを守るため」等等、歯が浮くような言葉をくり返して、国民を何ら説得できていないのである。


 口を開けば嘘や欺瞞的な言葉がこれでもかと出てくる。国会は審議時間だけ稼いで何を審議しているのかわからない。集団的自衛権の行使、つまり武力参戦に踏み込むなら、アメリカの戦争のために自衛隊なり日本の若者が地球の裏側まで駆り出され、恨みもないところで殺しあいをさせられるのが現実である。兵站任務は真っ先に狙われることを覚悟しなければならないし、日本列島がテロやミサイル攻撃の標的になることも具体的に想定しなければならない。自衛隊だけでは足りないので徴兵制になることも目に見えている。


 安倍晋三はまず第一に「イラクに行って死んでこい!」「アフリカに行って死んでこい!」「いずれ徴兵制を導入する」と若者に訴え、なぜ死ななければならないのか納得させなければならない。「中国と戦争するから支持してくれ」とか「米軍の身代わりになって中東やアフリカでたたかうから支持してくれ」とか、正々堂々とのべて国民みなを納得させなければならない。国民世論すら動員できず、何が戦争か? である。アメリカで約束してきたことも含めて、安保法制について正面から訴えるべきである。

 度胸もなく戦争する前から国民世論を恐れて嘘ばかりついている。しかし、戦渦に投げ込んだ者は相応の恨みを買うことを自覚しなければならない。戦争犯罪人の責任は「腹が痛い」では逃れられない。

                                          武蔵坊五郎





違憲を承知で安保法案を成立させようとする安倍政権は破壊と殺戮を繰り返すネオコンに絶対服従 櫻井ジャーナル  2015.07.14
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201507140000/

 安倍晋三政権は「安全保障関連法案」を強引に成立させようとしている。この法案が違憲なのは政府も承知しているだろうが、アメリカの好戦派からの命令には絶対服従。中国との戦争を夢想しているのだろう。

 言うまでもなく、この法案はアメリカとの「集団的自衛権」と結びついているのだが、「自衛」とか「防衛」が目的だと考えてはならない。アメリカの戦争は常に侵略が目的。アメリカが侵略し、反撃されたら攻撃を受けたことになり、日本も侵略戦争へ参加することになる。

 最近のアメリカは露骨に侵略しているが、2003年にイラクへ攻め込む際、アメリカ政府が「大量破壊兵器」という大嘘をついて攻撃を正当化していた。そのとき、コンドリーザ・ライス大統領補佐官は「キノコ雲」が現れるまでアメリカが座視していることはないとコメント、つまりイラクがアメリカをすぐにでも核攻撃するかのように主張していた。

 こうした偽情報の流布にはイギリスも重要な役割を果たしている。アメリカの統合参謀本部の抵抗でイラク攻撃が延び延びになる中、2002年9月にトニー・ブレア政権は「イラク大量破壊兵器、イギリス政府の評価」というタイトルの報告書、いわゆる「9月文書」を作成、その中でイラクは45分でそうした兵器を使用できると主張したのだ。

 内部で作成しただけではプロパガンダにならないわけで、その直後に文書の内容がリークされ、サン紙は「破滅から45分のイギリス人」というタイトルの記事を掲載した。この論文はアメリカのコリン・パウエル国務長官からも絶賛されている。

 ところが、この報告書はある大学院生の論文を無断引用したもので、イラクの脅威を正当化するために改竄されていた。2004年10月にジャック・ストロー外相(当時)が「45分話」は嘘だったと認めている。

 それに対し、2003年5月29日にBBCのアンドリュー・ギリガンはラジオ番組で「9月文書」は粉飾されていると語る。さらに、サンデー・オン・メール紙でアラステアー・キャンベル首席補佐官が情報機関の反対を押し切って「45分話」を挿入したと主張した。

 ブレア首相の側近で広報を担当していたキャンベルはデイリー・メール紙で記者をしていた経験があり、メール・グループを統括していたロバート・マクスウェルから可愛がられていた。マクスウェルはイギリスの情報機関に協力していた人物で、キャンベルも親イスラエル。

 ギリガンが「45分話」の疑惑を語って間もなく、彼の情報源が国防省で生物兵器を担当しているデイビッド・ケリーだということがリークされる。ケリーは7月に外務特別委員会へ呼び出され、その直後に変死した。

 自分たちの嘘を暴かれたブレア政権は激怒、BBCを激しく攻撃、執行役員会会長とBBC会長を辞任に追い込んでギリガンもBBCを離れることになった。政府に屈服したBBCはプロパガンダ機関化が急速に進み、現在に至るまであからさまな嘘を平然とつき続けている。

 アメリカやイギリスの情報機関を黒幕とする「NATOの秘密部隊」は1960年代から80年頃までの期間、イタリアで「極左」を装って爆弾攻撃を繰り返した。いわゆる「緊張戦略」で、左翼勢力にダメージを与え、治安体制を強化することに成功した。一種の偽旗作戦だ。

 1960年代の前半、アメリカの好戦派はアメリカ軍をキューバへ侵攻させ、ソ連との全面核戦争を実現するために「ノースウッズ作戦」を練り上げている。核戦争でソ連を殲滅する絶好のチャンスが1963年の後半に訪れると好戦派は判断していた。

 ノースウッズ作戦はキューバ軍を装ってアメリカの施設や船舶を攻撃することから始まる。さらにフロリダ州マイアミなどの都市で「テロ」を実行、最終的には、アメリカを離陸した旅客機をキューバ近くで自爆させ、キューバ軍に撃墜されたことにするというシナリオだった。この作戦はジョン・F・ケネディ大統領が潰している。

 アメリカ政府は侵略を正当化するため、配下のメディア(事実上、西側の全有力メディア)を使って偽情報を宣伝、偽旗作戦も行う。そうした宣伝や工作を見抜く力など日本政府にはなく、見抜いたとしてもアメリカに従うだろう。アメリカとの「集団的自衛権」とは侵略戦争への荷担にほかならず、日本人を破壊と殺戮の共犯者にする。

 現在、ネオコンは1992年に作成したDPGの草案(ウォルフォウィッツ・ドクトリン)に基づいて動いているが、その前提は1991年のソ連消滅。ロシアもアメリカの属国になり、次のターゲットは東アジア(中国と日本)だと考えている。中国と日本を戦わせて共倒れにしようということだこのプランはウラジミル・プーチンがロシアを再独立化して崩壊するが、それをネオコンは認めていない。

 6月1日、安倍晋三首相は官邸記者クラブのキャップとの懇親会で安保法制は「南シナ海の中国が相手」だと口にしたという。中国との戦争を想定しているというように聞こえるが、これは20年以上前からネオコンが言っていること。

 BRICSやSCOで連携を強め、AIIB(アジアインフラ投資銀行)に次いでBRICSは新開発銀行(NDB)を始動させ、現代版シルクロードのプランもある。アメリカの支配層は危機感を抱いているはずで、ネオコンの恫喝が実際の核戦争になる危険性は高まっている。安保法制はこの危険性を高める大きな要素になる。



集団的自衛権で日本は拡大版NATOに組み込まれ、その「秘密部隊」を暴力集団が提供することに 櫻井J
http://satehate.exblog.jp/22138675/


「独立国」のフリをしているだけのあわれな米英(イルミナティ)のドレイの群れ
http://satehate.exblog.jp/7766423/

ハリマン覚書~日支闘争計画~ メモ
http://satehate.exblog.jp/9459945/

死ね死ね団からのお勧め:世界テロ戦争と第二次日支闘争計画 タイタニック
http://satehate.exblog.jp/18462215/

トモダチ(第二次日支闘争計画担当班)
http://satehate.exblog.jp/16938021/

日本沈没作戦進行中 「娯楽」と311
http://satehate.exblog.jp/18226916/


安倍政権は、どうして、これ程、愚かなのか オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/07f5990c06a22470568fa8fe9f7e4e81








一応記録

安保法案 衆院特別委で可決 与野党の攻防激化 7月15日 18時36分 (中継)放送しない日本人殺し協会から 36 36 なお知らせ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150715/k10010151871000.html





今の国会の最大の焦点となっている安全保障関連法案が衆議院の特別委員会で可決されたことを受けて、衆議院議院運営委員会の理事会で、自民党の林委員長は、16日に衆議院本会議を開き、法案の採決を行うことを職権で決めました。与党側は16日、法案の衆議院通過を図る方針ですが、民主党など野党5党は政府案の採決には応じない方針で一致するなど、与野党の攻防が激しくなっています。

安全保障関連法案を審議している衆議院の特別委員会は、15日、安倍総理大臣も出席して締めくくりの総括質疑を行いました。

この中で、安倍総理大臣は「まだ、国民の理解が進んでいないのも事実だ。だからこそ理解が進むように努力を重ねていきたい」と述べました。



このあと政府案の採決が行われ、野党議員が浜田委員長を囲んだり、プラカードを掲げたりして抗議し、騒然とした雰囲気に包まれるなか、自民・公明両党の賛成で可決されました。



これを受けて、衆議院議院運営委員会の理事会が開かれ、与党側が16日、衆議院本会議を開いて、安全保障関連法案の採決を行うことを提案したのに対し、野党側は「委員会で強行採決した法案を本会議で採決することは認められない」と反対して、折り合いませんでした。

そして、最終的に自民党の林議院運営委員長が職権で16日に衆議院本会議を開き、法案の採決を行うことを決め、与党側は法案を可決して参議院に送る方針です。

これに対し、民主党、維新の党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの野党5党の党首会談が行われ、「強行採決であり、断じて容認できない」として、16日の衆議院本会議での政府案の採決には応じない方針で一致しました。

民主党の岡田代表は記者団に対し、「採決を認めないことで足並みがそろったことは、今後の議論を考えたときにも意義深いものがある。法案を撤回に追い込むために各党とは今後も共同歩調を取っていく」と述べました。



一方、衆議院の特別委員会で法案が可決されたことを踏まえ、自民党と民主党の参議院の国会対策委員長が会談し、自民党が法案の審議を行うため、参議院でも特別委員会を設置したいと提案しましたが、民主党は「委員会での強行採決は許されず、審議を行える環境にない」として応じず、引き続き協議することになりました。


進撃のキチガイをもう一つ記録

<伊方原発>3例目の審査合格 新規制基準に適合 毎日新聞 7月15日(水)11時20分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000023-mai-sctch


四国電力伊方原発の(左手前から)1号機、2号機、奥が3号機=愛媛県伊方町で2015年5月17日、本社ヘリから久保玲撮影


 原子力規制委員会は15日、四国電力伊方原発3号機(愛媛県)が新規制基準に適合しているとする審査書を決定し、四電に許可を出した。九州電力川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県)、関西電力高浜原発3、4号機(福井県)に次ぐ3例目の審査合格になる。再稼働は早くて年明け以降になる見込み。

【伊方原発の中を見る】再稼働申請の3号機を公開 四国電力




 ただ、規制委の審査は原子力防災対策を対象にしていない。約40キロの細長い佐田岬半島の付け根にある同原発で、事故時の住民避難計画にどう実効性を持たせるかという課題が残る。

 規制委は5月20日に審査書案を了承した。30日間の意見公募で3464件が寄せられたが、結論に大幅な修正はなかった。

 再稼働までには▽地元同意▽工事計画など二つの認可▽使用前検査--の手続きが必要で、四電は二つの認可の補正書を今秋に提出する方針。先行する2原発では認可の審査や使用前検査が大幅に長引いている。四電が目標とする「年内」の再稼働は厳しい情勢だ。

 佐田岬半島の先端側には約5000人が住む。もし原発事故が起きたら、愛媛県は深刻化する前に原発の近くを通る陸路やフェリーなどの海路で住民を避難させるとしている。だが、地震や津波で道路や港が被災すれば「陸の孤島」になる可能性がある。その場合、政府や県は住民を屋内退避させる計画で、住民の理解を得られるかが鍵になる。

 四国電力は「さらなる安全性と信頼性の向上を目指し、伊方原発の安全確保に不断の努力を重ねる」とのコメントを発表した。【酒造唯】


++
西日本でもプルサーマル爆弾で大量虐殺を目指している



安保法制・TPPに原発再稼働の影に隠れて改正災害対策基本法と改正廃棄物処理法が参院を通過 ― velvetmorning  2015/07/14 22:41
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/07/14/7707753



<安保法案>今こそ「伝家の宝刀」 労組、スト権確立続々と 毎日新聞 7月15日(水)15時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150715-00000043-mai-soci


6万人! 国会前デモの熱気を伝えないNHK、日テレ、フジはどこの国の報道機関なのか リテラ 2015.07.16
http://lite-ra.com/2015/07/post-1289.html


むなしく光る国会議事堂。多くの人びとが声をあげていたこのとき、安倍首相は読売新聞グループ本社取締役最高顧問らと赤坂で会食していた。


「アベはやめろ!」「やつらを通すな!」「未来を守れ!」

 15日午後8時──国会前にはどんどんと人が押し寄せてきた。いま現在、0時を越えても国会前には多くの人が詰めかけ、コールをつづけている。発表では、6万人が集まっているという。安保法制採決に怒る市民の声は、止むことがない。

 記者が地下鉄国会議事堂前に着いたのは、午後7時を過ぎたころ。地下鉄を上るとすでに黒山の人だかりが見え、ドラム隊のリズムにあわせて人びとが声を合わせている。国会前を目指して進むにつれ、声は大きくなってゆく。しかしそのあいだにも、警備に当たる警察官が「国会前はいっぱいです! これ以上進めません!」と叫ぶ。

 ところが、その声を押し切って国会前に進むと、今度は「車道に出ないでください」と無理矢理歩道に押し込もうとする。

 ようするに、国会前に国民が大量に集まっている絵をとらせないよう指示が出ていたのだろう。実際、無線からは「通すな」という命令の音が洩れていた。

 でも、いくら警官がそう規制のための声を張っても、口々にあがる「憲法守れ!」という声にかき消される。それほどの人が、国会前に溢れ始めた。


 しかも、驚いたのはその参加者だ。学生ふうのカップルや家族で参加している人、時間が経つにつれ、どんどんと若い人が増える。そして目立ったのは、ひとりで参加している人の多さだ。たったひとりで、大きな声を張り上げて「戦争反対!」とさけぶ。それが大きな波となっていく。左翼でも労働組合員でもない、普段は政治的な活動をほとんどしていないごく普通の国民が危機感を抱いていることがよくわかる光景だった。

 しかし、どうだろう。この6万人の民意を伝えたメディアはわずかだ。TBSは『Nスタ』『NEWS23』で、テレビ朝日も『スーパーJチャンネル』『報道ステーション』がライブでその熱気を伝えたが、対して日本テレビ『news every.』『NEWS ZERO』、フジテレビ『みんなのニュース』『LIVE2015あしたのニュース&すぽると』はほんの少しだけ。とくに夜は『23』と『報ステ』が時間をかけて安保採決を取り上げたが、『ZERO』も『あしたのニュース』も政権に気を遣い、賛成意見を強調していた。



 だが、もっとひどかったのはNHKだ。このような重要な日に国会中継を行わなかっただけでなく、『NHKニュース7』も『ニュースウオッチ9』も、伝えたデモの様子は一瞬。しかも『ニュース7』は劇団四季の「ライオンキング」公演1万回を、『ウオッチ9』はなでしこJAPANの特集を延々と流した。憲政を揺るがす法案が採決された、そんな重大な日に、である。


666な日本人殺し協会


 デモは直接民主主義の明確な意思表示だ。国会前で、SEALDsの若い男子は「民主主義ってなんだ?」と叫んでいた。民主主義ってなんだ? 同じ言葉を、いま、NHKやフジ、日テレに投げかけたい。
(編集部)


コメント

セントジョン大聖堂の予言の柱石? By VC 再掲

2015-07-13 22:57:03 | 日記
そろそろこれを思い出す頃ですか

セントジョン大聖堂の予言の柱石? By VC April 13th, 2011

このサイトで公開した最初の記事の一つは、邪悪な場所-セント・ジョン大聖堂*であった。そこでは、私は、その建物のオカルト象徴主義と、単一世界宗教を後押しする国連の努力におけるその役割について述べた。(*訳注:聖公堂、つまりメーソン系「キリスト教」教会。一般に、ニューヨーク大聖堂として知られる)

おそらく、その記事の最も衝撃的な部分は、(ツインタワーを含む)ニューヨーク市の破壊を描いた、1997年に考案された柱の写真であった。

その教会は、黙示録の著者である聖ヨハネにちなんで名付けられた。

元の記事は、これらの柱のうち二本だけを示した(他のものは、私が写真を取ったその時には見えなかった)。 しかし、そのとき以来、他の柱が見えるようになり、そしてそれらの象徴性は、はじめに投稿したものと同様に密教的で神秘的である。以下がそれらである(順不同)。


その柱は、大聖堂の入り口の横、聖徒らしい人物像の下に配置されている。



セントジョン大聖堂についての元記事に掲載したように、この柱は、巨大な波に飲み込まれている黙示録的ニューヨーク市を描いている。



またこれも、元記事に掲載したが、この柱はブルックリン橋の破壊を描いている。下には、ニューヨーク株式市場と商品取引人たち。 これは、ヨハネの黙示録のバビロンへの言及であろうか?



黙示録の騎手たち?



ミイラに囲まれ、そして足を縛られた羊の上の何かの種の花からの誕生を描いているシーン。誰が誕生しようとしているのか? 黙示録(13章 11節)で「地中から上って来る;そして小羊の角に似た二本の角を持つ」獣と呼ばれている反キリストか?下には、一つの螺旋状の渦(意識の変更を象徴している?)、そして見たところその人物を賞賛し崇拝している人々。



エゼキエル書の最初のヴィジョンにある「周囲一面に目がつけられている、車輪の中のもう一つの車輪」とともにある死を象徴している柱



カバラの生命の木を有する柱。ヨハネの黙示録は、その密教的意味を明らかにするために、カバラ数秘術で暗号化されていると言われる。



生命の樹の上の人物はまた、大聖堂らしからぬものである。 それは片目(ホルスの目を参照)で​​、そして魔法的・形而上学的性質を持っていると言われる巨大な透明石英のお守りを身に着けている。


それらの柱の意味についての文書はほとんど何も存在せず、そしてその大聖堂の残りの部分は、破局と一つの新しい時代を暗に示す奇妙な象徴性をもった多くのアートを含有している。 奇妙な場所である。


元記事は

Prophetic Pillars on St. John the Divine Cathedral?  By VC April 13th, 2011
http://vigilantcitizen.com/sinistersites/prophetic-pillars-on-st-john-the-divine-cathedral/ リンク切れ



関連

邪悪な場所-(メイソンの)セント・ジョン大聖堂 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/11963382/




PRINCE GEORGE
http://satehate.exblog.jp/20578936/

セントジョン大聖堂の予言の柱石? By VC
http://satehate.exblog.jp/16393438/









茶番も進行中 地震・台風・原発再稼働で気を散らしながら


安保関連法案と対案 14日委員会質疑へ 7月13日 21時32分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150713/k10010149691000.html

安全保障関連法案を審議している衆議院の特別委員会の理事会が開かれ、民主党と共産党が欠席するなか、自民・公明両党と維新の党が、14日に委員会を開いて質疑を行うことで合意しました。

安全保障関連法案を審議している衆議院の特別委員会は13日夕方、理事会を開き、自民・公明両党と維新の党が出席しました。

一方、民主党と共産党は、理事会の前に与党側から14日に特別委員会を開いて質疑を行いたいと打診されたのに対し、「委員会の開催を申し合わせた曜日ではなく、認められない」と反発して理事会を欠席しました。

そして自民・公明両党と維新の党は、14日午前中に委員会を開いて、政府案と維新の党が提出した対案などを巡る質疑を行うことで合意しました。

また維新の党は、15日に安倍総理大臣に出席を求めて集中審議を行うよう求め、与党側は持ち帰って検討することになりました。



<安保関連法案>15日の衆院委で採決へ 谷垣氏表明 毎日新聞 7月13日(月)21時55分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150713-00000080-mai-pol

自民党の谷垣禎一幹事長=竹内紀臣撮影

 ◇政府・与党、16日か17日衆院本会議で採決、参院へ

 自民党の谷垣禎一幹事長は13日の党役員会で、集団的自衛権の行使容認を含む安全保障関連法案を15日の衆院平和安全法制特別委員会で採決する意向を表明した。政府・与党は16日か17日の衆院本会議で採決し、参院に送付する構え。野党側は採決の強行に強く反対しており、与野党の攻防はヤマ場を迎えている。

【安倍さん、強行採決が「民主主義の王道」?】

 安倍晋三首相は役員会で「私も丁寧に説明してきて、理解は進んできたと思う。各議員の協力でさらに理解を得られるようにしていきたい」とあいさつした。

 谷垣氏は役員会後の記者会見で、「もう論点は出尽くしている。賛成と反対の視点が固まっていれば、同じ事の繰り返しになる」と語り、採決の環境は整ったとの認識を強調。15日中に採決するか問われ、「そろそろそういう日程かなと思う」と答えた。衆院での審議時間は政府・与党が想定していた80時間を上回り、110時間を超えた。

 これに対し、民主党の枝野幸男幹事長は記者団に「到底採決なんかできる状況じゃない。各地で安保法制止めろというのが大きなうねりになっている」と述べ、採決は時期尚早と主張。共産党の山下芳生書記局長は記者会見で「今週中に強行しようとしているのは言語道断だ。憲法違反の法案はいくら審議しても憲法違反で合憲に変わることはない」と訴えた。

 関連法案を審議している特別委は13日の理事会で、14日午前に一般質疑を行うことを決めたが、民主党と共産党は同日が委員会の取り決められている開催日ではない火曜であることを理由に欠席。与党は14日の理事懇談会で、15日の締めくくり質疑と採決を提案する予定だ。14日午後には、自民、公明、維新の3党が維新の対案について2回目の協議を行う。

 維新はこれに先立ち13日、自公両党に対案を重点3項目に絞り込んだ修正案を説明した。ただ、政府が集団的自衛権行使の要件とする「存立危機事態」に代わり「武力攻撃危機事態」を新設するなど対案の骨格は維持しており、与党は修正に応じないとみられる。

 重点項目は(1)集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」に代わる「武力攻撃危機事態」(2)自衛隊の後方支援を限定化するため、実施区域を「現実にこれを行う期間について戦闘行為がないと見込まれる場所」と明確化など(3)武力攻撃に至らないグレーゾーン事態に対処する領域警備法--が柱。与党が15日にも特別委で政府案を採決しかねないと見て、対案を絞り込んだ。

 自民党幹部は「維新はまとめる、まとめると言って先延ばししているだけだ」と受け入れに否定的な見方を示すが、一部を付則や付帯決議などの形で反映させ、維新に採決への出席を求めるべきだとの声もある。

 維新は与党が重点項目を十分に受け入れたと判断すれば、特別委での安保関連法案の採決を欠席せず、出席に転ずる可能性もある。柿沢未途幹事長は「つまみ食いのような形では認められない」と述べ、維新案を大幅に受け入れるよう求めた。【水脇友輔、福岡静哉】





これは危険!!著作権侵害の非親告罪を導入へ調整 ― 2015/07/12 21:59
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2015/07/12/7706385

著作権侵害、非親告罪を導入へ=適用制限めぐり最終調整―TPP
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150712-00000012-jij-pol 

失態続きで支持率低下の安倍晋三が最後の悪あがきを始める! 2015-07-13 15:30:58
http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-12049980721.html

著作権侵害サイト遮断 政府が導入検討、海外経由に対応
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS09H6D_R10C15A7MM8000/




911 311 犯罪仲間には必要




バンクオブアメリカの予報: 3つの壁画
http://satehate.exblog.jp/16278866/







いよいよアメリカ南西部でジェイドヘルムが開始されました。 日本や世界や宇宙の動向 2015年07月16日09:10
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51963810.html

7月15日、ジェイドヘルムが開始されましたが、開始と同時にアメリカ各地で停電が起きています。また、停電と同時に携帯電話が使えなくなっています。これは、ジェイドヘルムの秘密作戦を報道されないように政府が情報兵器を使って停電させたのかもしれません。

ジェイドヘルムで何が行われようとしているのでしょうか。政府に批判的な人たちはマインドコントロール兵器によって攻撃される可能性もあるとのことです。今日から9月中旬までアメリカ南西部の州でジェイドヘルムが実行されますが。。。どうやら、アメリカ全域にその影響が出そうです。

この期間にアメリカに旅行するのは、なるべくなら。。。避けたいものです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/07/red-alert-jade-helm-15-ignites-with-black-outs-and-planned-outages-what-is-going-on-3185382.html
(概要)
7月15日付け:

今日、悪名高い軍事演習(ジェイドヘルム)が始まりました。ジェイドヘルムは8週間にわたり、米南西部の州の市街地で行われます。これまでの軍事演習とは違い、メディアは今回の軍事演習の様子を撮影したり報道することはできません。そのため人々は陰で何かとんでもないことが行われるのではないかと不安視しています。

案の定、。。。今日、ジェイドヘルムが始まったと同時に、アメリカ各地(ジェイドヘルムの対象外地域でも)で停電が発生し、携帯電話も使えなくなってしまいました。

Here is the breaking report by DABOO777
https://youtu.be/zureyTUpeK8


特にカリフォルニア州の特定地域では広範囲で停電が発生しています。各地で同時発生した停電は単なる偶然でしょうか、それとも何かとんでもないことが行われているのでしょうか。
黄色い部分は携帯電話が使えなくなったエリアであり、赤い部分は停電エリアです。

単に偶発的に起きた停電なのでしょうか。どちらにせよ、要注意です。
Comcast Outage Map:


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/07/evil-cia-nazi-mind-control-vermont-survivor-exposes-secret-hell-3185238.html

(一部)
7月15日付け

今日、ジェイドヘルムが開始されましたが、ジェイドヘルム期間中に南西部の州の人々は意思に反してマインドコントロール兵器(MKULTRA)の実験対象者となるでしょう。当局が開発してきたマインドコントロール・情報兵器の実験対象者(被害者)によると:

これまで何千人もの罪のない人々がマインドコントロール兵器の実験対象者として深刻な被害を受けてきました。マインドコントロールや情報兵器は戦争で(部隊や兵士?を)完全にコントロールするために開発されました。このような兵器がジェイドヘルムで使われている可能性は否定できません。メディアは軍事演習の現場での取材ができない状態です。

ジェイドヘルムでも情報兵器が使われ、停電や携帯電話が使えない状態になるとも伝えられています。

現在、ジェイドヘルムの様子を伝えようと現場に集まった人々を妨害するために、ATTサービスが使えない状態となりました。南西部の州で行われているジェイドヘルムで、南西部の州の人々は、日常的に被害を受けてきたマインドコントロール兵器の被実験対象者と同じ被害を受ける危険性があります。



コメント

711は何か来るのカネ

2015-07-10 00:10:14 | 日記
トリプル台風 9号と11号に警戒  2015年7月9日 21時52分
http://www.tenki.jp/forecaster/diary/aihara_eriko/2015/07/09/27021.html




http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150709172749.html


http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150710011522.html

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150710033303.html


盛岡で震度5弱 7月10日 3時43分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150710/k10010145341000.html

10日午前3時33分ごろ、岩手県で震度5弱の揺れを観測する地震がありました。この地震による津波の心配はありません。震度5弱の揺れを観測したのは盛岡市です。また、震度4の揺れを岩手県の宮古市や久慈市、二戸市、紫波町、青森県の八戸市や十和田市、平内町などで観測しました。・・


7.11は何か来るのカネ?



『マレフィセント』がやってくる!夏休みはディズニー・スペシャル!
http://www.wowow.co.jp/pg_info/detail/107104/index.php#content?target=scene002&m=01

7/11(土)よる7:45

ディズニー・スペシャル第2弾は『マレフィセント』が登場。ベースとなった『眠れる森の美女』の世界を掘り下げ、第2弾の豪華ラインナップを紹介。



アンブロークン & マリフィセント
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d43164852ff189719d71426bca8b2b3b






311の両サイドが崩れかかっているようだ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4b5d7ae5c0eaa17ebe533b0345b6614b


岩手県議会:安保関連法案「廃案求める意見書」全国初可決 毎日新聞 2015年07月08日 20時06分(最終更新 07月08日 20時40分)
http://mainichi.jp/select/news/20150709k0000m010047000c.html

 岩手県議会は8日、国会で審議中の安全保障関連法案の「廃案」を求める意見書を賛成多数で可決した。全国都道府県議会議長会によると、廃案の意見書を可決した都道府県議会は初めて。

 意見書は「他国の軍隊等への後方支援活動について、自衛隊が活動できる地域が拡大され、武力行使の一体化になりかねない内容が盛り込まれている」と指摘。「憲法上集団的自衛権の行使は許されないとしてきた歴代の政府見解を一内閣で変更することは立憲主義に反するものと言わざるを得ない」としている。

 議長を除く43人で採決した結果、自民系と公明などの14人が反対したが、同県に地盤がある小沢一郎氏が代表の生活の党系会派や、民主、共産の県議ら29人が賛成した。同議長会などによると、三重、長野、鳥取の各県議会は「慎重審議」を求める意見書を可決している。【浅野孝仁、春増翔太】




北海道でM6.2発生 浅間山、箱根山の現状  トゥモローランド711の推理について 黄金の金玉を知らないか? 2015/07/08 11:31:24
http://golden-tamatama.com/blog-entry-1948.html





この数字は、000059090546です。

つまりこれは、2015年9月9日05時46分なのでは?という指摘です。




そして、映画中61日後に世界の破滅が来ると言ってるのだから、
その61日前は711では?という指摘です。

映画中、確かに世界の破滅の61日前から色々と起こり始めます。




7.11が危ない。



ディズニー祭りですカネ



↓これも載せておきましょう


こんな予言がありましたが。

http://archive.2ch-ranking.net/occult/1309326680.html

670
: 本当にあった怖い名無し [sage] 2011/06/30(木) 21:06:47.67 ID
:UjnRI7tVO
…全部繋がった上で、書き込みします

外れて欲しい。
何事もなく終わって欲しい
当たったら絶対に嫌だ

厄除カキコ。

7月第2土曜日、浅間山大噴火。
長野新幹線が軽井沢付近で大火砕流に巻き込まれる
時刻は夕方~夜にかけての明るい時間


外れて!
元気玉分けて皆!


うーん。
これって今週末7.11ですよね。(で、夜7:45 以降ですよね)

・・

もう一つは伊勢女さんの予言も送ってもらいました。
伊勢女さんの夏予言です。

■「夏」の予言

冬・春・夏・秋の四部形式でみた初夢のうち、本当に恐ろしいのは夏のような気がする。サーファーや海沿いの民家や道路、電車、ビルまでが津波に飲み込まれるような悪夢を初夢で見た。地域は関東地方で最大震度7。ニノマエ町というところ。TBSのSPECみていた関係か、地名ニノマエ?だったような感じ。

津波で流される電車は、横に濃い青い線が二つで真ん中が黄色かオレンジの太い線。その地域は海と山が近く、トンネルの多いような地域。

その他、地名としては「切り倒しが崩落」
「こまちが壊滅、駅前も無残な瓦礫の山」

夏だと思います。時刻は朝のような。電車が混んでいるので平日の朝でしょう。朝だからなのかもしれないですが、サーフィンや海水浴をしている人がまばらなようでした。天気のよい日のようでした。津波にのまれる、嫌な光景でした。津波が電車や都市部の高層ビルまで押し流したり、山にぶつかっていったり。震度7がニノマエマチで、一帯が震度6強。伊勢市も震度6強といったアナウンスが流れた感じでした。

「ふっつ(富津)の神でなければもはや止められない。たけだ(武田)のミカ(武田みか→人名?)は既にいない。石が溶けて(溶岩?)もはや守れない。偽りの都は滅びる」

偽りの都は滅びるの偽りの都はどこ?
→けがれた地のこと。(高層ビル群・東京スカイツリー?・巨大な観覧車・港)

このけがれた地は、ゴギョウ(五行)のわざわいをもって清められる。
わざわいとは地震?→地震と火と津波と風といくさ(戦争)。

東京、日本はどうなるの?
→火の元の天使は都に戻る。笑みしの国は立ち上がる。のだそう。

あと、映像と声。女優の岩井友見さんに似たアナウンサーが全国ニュースで「東京のスタジオが被災したため、復旧のメドがたっておりません」と話す。アヒル口の男性アナウンサーが「今日のニュースナインはこれで失礼します


夏前というのと箱根山の近くには二宮という町があり注目してますが。

で、どうもアヒル口のキャスターが出て来たという話です。・・




有名な伊勢女さんの夏の予言を検証します
http://yogenkensyou.blog.fc2.com/blog-entry-69.html






核燃料の搬入完了=川内1号機に157体―九電 時事通信 7月10日(金)0時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000005-jij-soci

 九州電力は10日未明、川内原発1号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉に核燃料を搬入する作業が完了したと発表した。作業は7日午後1時39分に始まり、

http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150707141055.html


24時間態勢で計157体を搬入。10日午前0時12分に終了した。大きなトラブルはなかったという。

 九電は今後、約1カ月かけて核燃料や配管などの検査を進めるほか、重大事故を想定した訓練を実施する。順調なら8月中旬に原子炉を起動し、再稼働させる方針。



再稼働前に乾式貯蔵を 米科学者がプール燃料懸念
http://www.47news.jp/CN/201507/CN2015070901001456.html

 米国の科学者らでつくる「憂慮する科学者同盟」のエドウィン・ライマン氏が日、東京都内で記者会見し、州電力川内原発(鹿児島県)などを再稼働する前に、不測の事態に備えるため、原子炉建屋の使用済み核燃料プールの燃料を可能な限り、乾式貯蔵施設に移すべきだと訴えた。

 東京電力福島第1原発事故の際、建屋が爆発した4号機でプールの冷却水が失われる危険があり、露出した燃料から大量の放射性物質が外部に放出される懸念が高まった。

 事故の教訓を生かすため、ライマン氏は再稼働する前に、地震やテロ攻撃でプールが破損し冷却が止まる事態に備える必要があると強調した。

2015/07/09 19:14 【共同通信】


JAL123便墜落事故-真相を追う-123便事件と川内原発 (新) 日本の黒い霧 2015-07-07 14:17:07
http://blog.goo.ne.jp/adoi/e/07626c6fe40014f976cd0da0846d287d

・・本タイトルでは、川内原発の再稼動と連動して、私が入手した情報、また現地調査して得られた日本の原子力開発、核装備の実態について、そして超兵器の原理と運用実態について、余す所なく公表していく予定です。記念すべき国賊認定民間企業と国会議員の第一号は、どうやら九州から誕生しそうな勢いです。









http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150711151849.html







台風11号、16日西日本接近か=9号は黄海北上―気象庁 時事通信 711日(土)17時34分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000072-jij-soci

 強い台風11号は11日夜、フィリピンの東海上を西へ進んだ。気象庁によると、今後発達しながら北上し、16日に西日本の太平洋側に接近する恐れがある。進路はまだ定まっていないが、荒天に注意が必要。

 一方、大型で強い台風9号は中国大陸の上海近くの海上を北上した。沖縄・奄美地方は影響が残っており、気象庁は11日深夜まで高波に警戒し、12日朝まで強風に注意するよう呼び掛けた。9号は今後黄海を進み、13日までに温帯低気圧に変わる見込み。

 11号は11日午後9時、フィリピンの東海上を西へゆっくり進んだ。中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。半径110キロ以内が風速25メートル以上の暴風域、南側440キロ以内と北側390キロ以内が15メートル以上の強風域。


11が2つ・・アリスの年としては、また「お知らせ」2日遅れる カモ


おまけ

安倍首相、9月訪中を検討 抗日記念行事外す方向で調整 2015年7月11日08時07分
http://www.asahi.com/articles/ASH7B75DGH7BUTFK023.html

 安倍晋三首相が9月初旬に中国を訪問し、習近平(シーチンピン)国家主席との首脳会談を検討していることがわかった。国際会議などを利用した首脳会談の開催ではなく、本格的な二国間会談につなげる狙いだ。ただ、同時期に審議中の安全保障関連法案をめぐり国会が緊迫することも予想され、実現にはハードルもある。

 中国は9月3日を「抗日戦争勝利記念日」と定め、軍事パレードなど記念行事を予定。中国政府高官は今月10日、安倍首相を正式に招待したことを明らかにした。首相は周囲に「(中国から)招きがあるのに逃げたくない」との趣旨の発言をして訪中に意欲をみせているという。しかし、9月3日の記念行事への出席は日本国内で反発を招きかねないとみて、この日は避け、その前後に訪中する方向で調整している。

 首相周辺によると、今回の訪中検討は、今年5月にドイツのメルケル首相がロシア主催の対独戦勝70周年記念式典は欠席し、翌日に訪ロして首脳会談を行った例が念頭にあるという。



習主席 抗日戦勝70年行事に安倍首相を招待 7月11日 12時06分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150711/k10010147191000.html

中国外務省の程国平次官は10日、習近平国家主席が、ことし9月3日の「抗日戦争勝利70年」の記念行事に、安倍総理大臣を招待したと述べました。

これは、中国外務省の程国平次官が10日、ロシアで開かれた上海協力機構の首脳会議のあと記者会見で述べたものです。このなかで程次官は「習近平国家主席がじきじきに安倍総理大臣に対して、9月3日の記念行事に出席するよう招待した」と述べました。

招待した時期は先月だったということです。中国政府はことしを「抗日戦争と反ファシズム戦争の勝利70年」と位置づけ、9月3日に北京で軍事パレードやレセプションなどの記念行事を行う予定です。

中国外務省はこれまで「関係するすべての国の指導者を招待する」と表明していましたが、安倍総理大臣を招待したと明言したのは、これが初めてです。これについて北京にある日本大使館では「承知していない」としています。



首相「決めるべき時は決める」安保法案審議打ち切り示唆 朝日新聞デジタル 7月11日(土)19時47分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150711-00000048-asahi-pol

 安倍晋三首相は11日、視察先の宮城県で、安全保障関連法案の採決時期について「対案も出てきたなか、しっかりと議論を進めていただきたい。いずれにしても、決めるべき時には決めるということではないか」と述べた。首相の発言は、法案への国民の理解は深まらないなか、審議を打ち切って採決に踏み切る考えを強くにじませたものだ。



 首相は記者団に「(維新の党から)対案が出て1日目ではあったが、すでに90時間を超える審議の積み上げの上に対案が出てきている。相当論点が整理されている上に、両案の比較になった。大変議論はかみ合っていた」と強調した。

 自民党の谷垣禎一幹事長も名古屋市での党会合で「我々も急ごうとは思っていない。しかし、かつての『一内閣一仕事』という時代は終わった。秋の臨時国会は、TPPを議論しなければならない。この国会で『平和安全法制』をなんとか仕上げていきたい」と訴えた。また、二階俊博総務会長も和歌山市内での党会合で「週が明ければ重大な局面を迎える」と語った。記者団から15日の特別委員会採決の可能性を問われると「それを目安に1日、2日ずれるかだ」と述べた。


“錦の御旗”をもった国民7~8割を敵に回す安倍右翼反動内閣 永田町徒然草 15年07月11日
http://www.liberal-shirakawa.net/tsurezuregusa/index.php?itemid=1700

・・安倍右翼反動勢力には、知性というものが全く無い。彼らはわが国の知性あるすべての人々を全部敵に回しても良いと啖呵を切ったのだ。

・・安倍右翼反動内閣と戦っている国民は、ひたすらに断固として闘うのみである。良識と知性と国民を信じて。



戦争法案可決のためのHAARP稼動による大震災に警戒せよ 小野寺光一 2015/07/12 
http://archive.mag2.com/0000154606/20150712110613000.html

戦争法案可決のためのHAARP稼動による大震災に警戒せよ


ひそかに進行している富士山大噴火計画
http://www.asyura2.com/14/jisin20/msg/210.html
12895人閲覧

戦争法案反対!若い人達も立ち上がり始めた!
https://www.youtube.com/watch?v=ZwtLgcb5GWo


また
異常な暑さがやってきている。

問1
その暑さは、例年にない、異常な暑さか?→異常な暑さである。
http://news.yahoo.co.jp/pickup/6166789
岐阜・郡上市で35・8度…熱中症搬送565人
(以下は上記リンク先の記事の抜粋。)
日本列島は11日、気温が上昇。
全国421地点で30度以上を観測。

関東や東海で今年初めて35度以上の猛暑日。 東日本を中心に熱中症とみられる症状を訴える人も相次いだ。
46都道府県で計565人が病院に搬送、うち5人が重症。岐阜県郡上市が35・8度。
東京都心は31・3度と今月初めての真夏日。
東日本では15日頃まで晴天が続く見込み。

問2
突然真夏日がやってきているか?→突然やってきている。

問1のニュースでもわかるとおり、
「東京都心は31・3度と今月初めての真夏日」であり
その前は雨模様が多くあまり暑くなかった。


問3
その暑さは「連日」続いているか?→続いている

連日異常な暑さが続いている。しかも15日まで続く見込みであるとニュースになっている。気象庁は熱中症対策をと呼びかけている。


問4
その暑さは、「不快か」または「快か」→「不快」である。

これは「体感」で感じてほしい。「不快」なはずである。
なぜ不快なのか?
単なる「暑いから不快」といったレベルではない。
「精神的につらい」と感じるかどうか自分で計ってほしい。
精神的につらいと感じる暑さであると感じている人が多いだろう。

HAARPを稼動させて、熱している場合の暑さは、
強大な電磁波を使っているため、人間の精神にも強い悪影響を与える。
そのため「不快だ」と多くの人が感じるのである。
ちなみに、警告を発してHAARPの稼動状況がとまり始めると
突然、その不快な思いは消え去るはずである。

問5
政治的な大きな出来事があるか?→戦争法案を7月15日に強制可決する予定である。
自民公明維新の3党で行われる。

これが重要である。
そして15日までずっと暑いらしい。


上記諸条件を満たしているため、HAARPが動いているのではないか?

と仮説をたてて探してみてほしい。

今まで何度も、政治的な大きな局面になると
大地震が起こされて

そのニュース一色になり、そっとその間に
国民にとって最悪の法案を国会でどさくさまぎれに
通してしまうということが行われてきた。



今日の台風とHAARP。 ハノイ~香港から来る低域を加熱してるらしい。
http://tropic.ssec.wisc.edu/real-time/mimic-tpw/wpac/main.html

気象庁高温注意
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/kouon/

これらの中で特に高温になるとされている地域は
地震が引き起こされる可能性が高い。
特に今回は関西がまずい。それを回避するには、HAARPで引き起こされるであろうことを
事前に騒ぎ、それを察知した相手(C○A、モ○ド)がHAARPの出力を弱めて今回はあきらめるようにさせるしかない。今まで事前に騒ぐことで、HAARPの波形が突然変化して沈静化した例は非常に多い。しかし気づかないで、やられてしまったのが3.11である。
http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/kouon/t_maxmin.html


各地で地震雲が観察されるはずである。

地震雲とは、要するにHAARPの電磁波が到達しやすいように
空中に米軍機がアルミニウム粉末などを散布していると
できる、飛行機雲に似た化学物質散布の飛行痕跡(こんせき)のこと。

もしくはその散布した化学物質によってできる波状の雲のことである。

ケムトレイルともいう。
ケムトレイルとは、
ケミカルトレイル(ケミカル=化学的な、トレイル=通ったあと、航跡)の略である。

正確に言えば、まず、軍用機が、化学物質を散布する
→飛行機雲に似ているが、飛行機雲と組成が違うので不自然に長く、大量に
残るので判別しやすい。この化学物質噴霧の飛行痕跡をケミカルトレイル
ケムトレイルというが、これが時間の経過とともに
細長い雲状態だったのが、空中に拡散し始める。
そうすると大気が影響をうけて
非常に変な雲が見られる。
この、細長い状態(いわゆるケムトレイル)からそれが拡散して
空全体が異様な雲になっている状態が
いわゆる「地震雲」と呼ばれている。なぜかというと
地震を引き起こすのは空中に化学物質を散布して
イオン化する必要があるからだ。
HAARPはイオン化された層(いわゆる電離層)を熱してやってくる。
それを地中に到達させるには電離層と地中との間の空気をイオン化しておく
必要があるらしい。だからアルミ粉末などを散布するのである。

HAARP IN IRAN(HAARPがどう到達しているかわかりやすい映像)
https://www.youtube.com/watch?v=INXBVuZ0mVw


だから富士山の近くで多いのである。
ちなみに、静岡県上空では、いつもこの化学物質散布の雲が
見られるという。富士山があるからだろうか
特に浜岡原発の近くで浜岡原発稼動中はよく見られていたという。
http://matome.naver.jp/odai/2130081935755670601/2134227749127123403

以下は過去記事

ひそかに進行している富士山大噴火計画
http://www.asyura2.com/14/jisin20/msg/210.html
12895人閲覧

HAARPに注意せよ!岐阜県徳山ダムと新潟県長岡市と浜岡原発は注意せよ!
http://www.asyura2.com/07/senkyo45/msg/110.html

人工地震の証拠HAARPチャートと株チャート!岩手・宮城地震発生前、岩手地盤の建設株にまたインサイダー!http://www.asyura2.com/07/jisin15/msg/285.html


熱中症 全国で538人搬送2人死亡 7月12日 18時48分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150712/k10010148371000.html





SF近未来小説 <2度ある核爆弾投下は3度ある> 2015/07/12
http://archive.mag2.com/0000154606/20150712131753000.html

<いかに集団的自衛権は戦争に必要なのか>

私は未来に行ってきた。

時は2019年7月12日、今日から4年後である。

日本には、3回目の原子爆弾が東京に投下されていた。
https://www.youtube.com/watch?v=GYevZoMCC7A

一回目は広島
二回目は長崎
そして三回目は東京だった。

私は今から4年後の東京で
「いったい何が起こったのか」を歴史書を調べてみた。

するとそこにはこう書いてあった。

2015年7月15日、戦争法案を強制可決。
自民党、公明党、維新の3党が賛成して、突然強制可決されていた。

直前まで維新は、第二自民党であることは隠して
野党の分断化に貢献をして、突然寝返って、強制可決に
「賛成票」を投じていた。

つまり日本の「戦争法案」可決に最大限の貢献をしたのは
実は「維新」であった。

そして当時の
橋○氏は、アベ内閣改造で総務大臣として入閣。

再び大阪や横浜などの大都市の自治権を奪おうとしていた。

2015年7月15日、「集団的自衛権」を強制可決していた。
そのときにアベは「これは日本の国民の安全と平和を守るための法案です」
と喜んでいた。

何より喜んでいたのは、アベをコントロールしていた官邸の怪人である。

予定通り、郵政株を上場させることで
郵便貯金を戦費に使えるようにした。

ゴール○マンサックス出身の役員を送り込むことで
郵貯300兆円を、戦費にふんだんに使えるように
するべく、上場することを扱う幹事証券会社には
三井○友系のゴールドマン○ックス支配の
証券会社を指名していた。

そして
2015年10月に徴兵制実施のための「貴様の番号制度」を導入。
このことにより個人の預貯金を把握して
すべての個人に今の3倍の税金を課すことが可能になった。

副業というものも、すべて50%の課税をした。
学生やOLでキャバクラやガールズバーなどの仕事をやっている人たちも
すべて、会社に通知が行き、また親に通知が行くようになった。

そして徴兵制実施のために
派遣は3年以内に仕事を変えないといけないとして
国防軍に誘導した。

そしてそのころ
米国では不正選挙の結果
オバマからブッシュ大統領弟に代わっていた。
このブッシュはフロリダ州知事でった人物であり
911事件のブッシュ大統領の弟である。

そして
突然ホワイトハウスが何者かによって爆破される事件が起きた。

エンドオブホワイトハウス
https://www.youtube.com/watch?v=Mt_Hz8CVybc

綿密に練られたテロ計画? 
http://satehate.exblog.jp/19975137/

ホワイトハウスダウン
https://www.youtube.com/watch?v=Kj-wMpA0loA

ホワイトハウス・ダウン
http://satehate.exblog.jp/19801410/


そのとき、ブッシュ大統領弟は、中学校で、道徳の時間に出席していたため
無事だった。

ブッシュ
https://www.youtube.com/watch?v=Na600UB-bG0

そしてホワイトハウスが何者かに爆破されたが、
それはテロリストにやられたということで
北朝鮮のテロリストだということが発表された。

しかし北朝鮮は
「われわれはそんなことはやっていない。いいがかかりだ」と
抗議。

しかし
米国はそれを一蹴して
「永久の自由」を宣言。
「絶対に許さない」と宣言をした。

戦争が始まるとき ~戦争犯罪者ブッシュの宣戦布告~ (字幕つき)

https://www.youtube.com/watch?v=4YpMQLf-czI


そして「集団的自衛権」を表明していた
日本も、やられた米国を守るためと称して
参戦を表明した。

そして
日本は米国
北朝鮮は中国
が戦力を投入。

泥沼化して
いった。

プラトーン
https://www.youtube.com/watch?v=ceRoBdQkMyc


あとでわかったことは
ホワイトハウス爆破も
911事件と同じく
自作自演であり
実はC○Aとモ○ドの合作であったことは
戦後しばらくたってわかったのであった。

そのころには郵貯は
すべて戦争兵器に投入されて
残っていなかった。
そして戦争と同時に株価も暴落して
年金基金もすべて欧米のファンドのものに
合法的に移行していたのである。

そして日本は、北朝鮮、中国と全面的な戦争に陥っていった。


そして日本は3度目の
核爆弾を東京に投下されることになるのであった。

2019年7月12日、原爆で壊滅した東京の跡地にネオ東京が
建設されていた。

以上 SF近未来小説<いかに集団的自衛権は戦争に必要なのか>





震度5弱
愛媛県 愛媛県南予
熊本県 熊本県阿蘇
大分県 大分県南部

震度4
広島県 広島県南西部
高知県 高知県西部
福岡県 福岡県筑後
熊本県 熊本県熊本
大分県 大分県北部大分県中部大分県西部
宮崎県 宮崎県北部平野部

大分県南部で震度5強 7月13日 2時56分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150713/k10010148661000.html

7月13日午前2時52分ごろ地震がありました。
現在、震度4以上が観測されている地域は以下のとおりです。
震度5強が大分県南部。
震度5弱が愛媛県南予地方、熊本県阿蘇地方。
震度4が広島県南西部、高知県西部、福岡県筑後地方、熊本県熊本地方、大分県北部、大分県中部、大分県西部、宮崎県北部平野部。
今後の情報に注意してください。



震度5強
大分県 佐伯市

震度5弱
愛媛県 西予市
熊本県 阿蘇市産山村
大分県 豊後大野市

震度4
広島県 呉市
愛媛県 宇和島市八幡浜市大洲市伊方町愛南町
高知県 宿毛市黒潮町
福岡県 久留米市
熊本県 熊本高森町熊本南区玉名市菊池市合志市
大分県 国東市大分市臼杵市津久見市竹田市
宮崎県 延岡市




そのうち、伊方の周辺でも M7 以上が来ることだろう

これをもう一度

http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4b5d7ae5c0eaa17ebe533b0345b6614b


1854年12月26日(安政元年11月7日) 豊予海峡地震(M7.4)

蛇足:川内原発も中央構造線の上です。




http://www.tenki.jp/bousai/earthquake/detail-20150713155245.html




日向灘大地震も近づいている。



コメント (1)

凄惨を極めた下関空襲 70年目に怒り込め語る体験者 狙われた要衝・関門海峡 長周新聞

2015-07-09 21:37:45 | 日記
確かに、昔々は、パンズ・ラビリンスのような映画が開始するのによい状況である。 ・・

凄惨を極めた下関空襲 70年目に怒り込め語る体験者 狙われた要衝・関門海峡 長周新聞 2015年7月1日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/seisanwokiwametasimonosekikuusyu.html

 1945年6月29日と7月2日の二度にわたって、米軍が下関中心部の密集地に焼夷弾を投下、多数の市民を殺傷し焼け野原にした空襲から70年目を迎えた。この空襲は、すでに制海権、制空権を握っていたアメリカが沖縄戦の血塗られた手で、下関のなんの罪もない女、子ども、年寄りを狙って虫けらのように焼き払う残忍なものであった。それは全国六七におよぶ都市への空襲の一環であったが、その被害は、中国地方では原爆が投下された広島に次ぐ大きなものとなった。惨禍を肌身で体験した市民の証言から下関空襲の実態に迫り、後世に伝えていくことは、郷土において戦争阻止の世論と行動を力強く発展させるうえで、大きな意義を持っている。
 

軍事施設や三菱は無傷で残る

 6月29日午前1時10分ごろ、B29の大編隊が壇之浦上空にあらわれ、阿弥陀寺町から赤間町までのあいだ、宮田、唐戸、貴船、園田、田中、東南部方面に焼夷弾を投下した。空襲警報が解除され、市民が防空壕から出てほっと一息ついていたとき、突如火の玉のような焼夷弾が降り注いできた。市民は防火訓練通りに、町内の消火班や隣組のバケツリレーで鎮火をこころみた。しかし各所に大きな火柱が立ち、みるみるうちに火炎に包まれ手のつけようがなく、家族とも連絡がとれないまま防空壕や高台を逃げまどった。街頭で、あるいは屋根を突きぬけた焼夷弾の直撃を受けて死んだ人も少なくなかった。この空襲で、明け方までに市街地の東部地区は焼け野原となった。



 7月2日午前零時10分ごろ、その余煙が去らないなかでの焼夷弾による攻撃が襲った。3日前の惨劇がさらに広範囲にわたってくり返された。この空襲は規模のうえでも前回を上回るもので豊前田から西細江、観音崎の倉庫群と入江、丸山、東大坪、高尾、南部、西之端、田中、園田、宮田各町など、彦島・新地を除く旧市内中心部が焼き尽くされた。こうして市街地108万9000平方㍍が廃虚と化し、ガス・電気・水道・電話・電車の電線などすべてが破壊され、その機能がすべて停止するという壊滅的な打撃を受けた。



 22歳のときに園田町で空襲にあった女性は、「空襲警報が鳴り響いて、母と2人で防空壕に逃げた。父は園田町の町内会長で、警防団長でもあったため逃げずに町内の人人を防空壕に逃がしていた。防空壕に避難し息を潜めていると、隣のおじさんが壕のなかに入ってきて、“お宅のお父さんの肩に焼夷弾が直撃して亡くなった”と教えてくれた。確かめに行きたくても外は火の海で、とてもじゃないが出ることができなかった」と話した。

 空襲が終わり、防空壕の外に出ると辺りは一面丸焼けでなにもなくなっていた。「本当になにもなかった。おじさんが教えてくれた場所に行くと、遺体はすでにどこにもなく骨がほんの少しだけあってその骨を缶の中に入れた。別の近所のおじさんは、家の前の大きな防火水槽の中に首を突っ込んで死んでいた。戦争だけは二度とするものではない。私たちのように戦争を体験した世代はみな“また戦争になりそうだ”と集まるたびに話している。あんな経験をこれからの若者や子どもたちに絶対にさせたくない」と痛切な思いを語った。

 多くの市民が、B29の編隊が頭上を通過したときザーザーという夕立のような音が聞こえたと証言している。それは家屋を燃えやすくするためにガソリンをまいた音であった。米軍はそのうえに、生ゴムに油脂をつけた50㌔焼夷弾を420㌧も投下したのである。官庁の公式資料ではこの2度の空襲で市民324人が死亡、1100人が重軽傷を負うなど被災者は4万6000人をこえたことや、全焼・半焼などの建物被害は1万戸以上、と記録されている。しかし、被災者は共通して「そんな程度のものではなかった」と実感をもって語っている。死者の数などその正確な実態は、いまだにはっきりさせられないままである。

 当時14歳だった女性は、空襲で丸山町の家が焼き払われた。「米軍の空襲はよく燃えるように最初に油を撒いてから焼夷弾を投下する。最初のうちはみんなで火を消そうとしていたが、どんどん火が強くなり消火どころではなくなったので、母とともに王江小学校に逃げた。近所の高齢者は警防団の人たちが背負い、私は幼い子どもの手を引いて逃げた。みんなで小学校の1階に身を寄せあって空襲が終わるのを待った。ケガをした人たちを手当しようにも赤チンしかなかった。包帯もなにもない。敵機が去り、火が収まるのを待って家に戻るとそこはもうなにもなくなっていた。着の身着のまま逃げたものだから、本当になにもなくなってしまった」と語った。

 その後、親戚を頼って広島に移り住んだが、そこで原爆にあった。戦争が終わり、兵隊に出ていた兄も帰ってきて親子3人で下関に戻ったが、三畳しかない掘っ建て小屋での生活が続いた。「日本全国で、そんな焼け野原のなかをみんな必死になって復興させてきた。それなのに、再び戦争で日本が焼け野原にされるようなことが絶対にあってはならない」と、声を上げて訴える。

 市民が焼夷弾攻撃に虚をつかれた原因の一つに、この年の3月以来、B29による関門海峡への機雷投下がくり返され、毎日のように空襲警報が発令されていたことがあげられる。その解除で一安心した矢先の襲来であった。

 当時10歳で上田中に住んでいた男性は「毎日のように空襲警報が鳴るので、毎晩2人の弟の手を引いて家の近くにある防空壕の中で寝ていた」と語る。ある日、その防空壕の目の前に機雷が落下した。ものすごい轟音が響き、壕の扉が吹っ飛び、外に出ると地面に機雷がめり込んでいたという。その日からその防空壕は使えなくなり、文関小学校の裏にある防空壕に移った。

 7月2日は、いつものように弟の手を引いて防空壕に行っていた。空襲警報が鳴り、いったん解除になった後にバラバラと雨が降った。それが油だった。「壕の中にいるときに小学校が燃えていると聞いて、外に出てみると現在レッドキャベツのある場所にあった菁莪小学校が燃え上がり、ぐらぐらと揺れて崩れていった。それを見て涙が止まらなかった」と語っている。

 夜が明けて家に帰ると、家は焼夷弾が直撃して燃えてなくなっていた。家にいた2番目の姉は全身大やけどですでに虫の息だった。空襲警報が解除になって便所に行っているときに焼夷弾が落ちてきた。火だるまのようになっていたところを上の姉が抱えて家の前の防火用水につけたが、そこにも油が撒かれていたので火柱が上がったという。

 「その日の午後3時頃に姉は苦しんで死んでいった。椋野の山に共同の墓地のようなものがあって姉の遺体をリヤカーに乗せて運んでいった。そこで軍の人たちが巨大な穴を掘っていて30~40体もの遺体が並べてあった。その一番上に姉を乗せて、そのまま土がかけられた」。


被害甚大な清和園 炎に包まれ80人が焼死

 市内でもっとも被害の大きかった地域として、幸町の清和園の惨劇が語り伝えられてきた。炎から逃れようと清和園の高台に逃げた約80人の老若男女が両側から炎に包まれ、高台から下りることもできずにそのまま焼き殺された。1970年代なかば、同地に市立幸町保育園が設立されたとき遺骨が発掘されたのを機に、保育園と地元の有志が相談して、犠牲者の慰霊のための「幸せ地蔵」が建立された。毎年、犠牲者を慰霊する地蔵祭りが催され、子どもたちの未来のために平和への決意を新たにしている。

 清和園に住んでいた祖父を亡くした女性は、「清和園の方は空襲から2日ほど経ってもまだ煙が上がっていた。3日後にようやく祖父を捜しに、草履で清和園まで上がったが、まだ地面が熱くてたまらなかった」と語る。まだ2、30人の死体が散乱していた。その惨状は、卒倒しそうなものだった。切腹したのか、腹から腸がはみ出したまま死んでいる憲兵、畑の肥壺の中に足だけを出して逆さまに死んでいる人、赤ん坊を背負ったまま、子どもをかばって仰向けになって死んでいる母親とその子ども……。

 「祖父の遺体は、ポケットから見えた水道の栓につけていた名札からわかった。時計だけがカチカチ動いていたが、私たちが、おじいさんと声をかけた途端、祖父の鼻から血がどっと出た。まだ、体から煮え血がたぎる音がしていた。遺体は集団で荼毘(だび)に付すから、いるなら指だけでも持って帰るようにと憲兵にさえぎられて、祖父の体を家に持って帰ることすらできなかった」

 このほか、岬之町では、岩盤の防空壕の上が焼かれ、壕内では市民が蒸し焼き状態で殺されたこと、大正通りの丸世製粉に逃げた市民が布団をかぶったまま集団死した姿で発見されたことなど、痛ましい犠牲については枚挙にいとまがない。


全国の半数が下関へ 機雷投下し「飢餓作戦」

 アメリカは日本全国の港湾に投下した一万発をこえる機雷の半数、約5000発以上を関門海峡に投下した。これは、日本本土への食料輸送網を断ち切る「海上封鎖」「飢餓作戦」と称して強行された。関門地域では3月27日夜、B29 99機が来襲し、機雷1000個を投下して以後、敗戦前日の8月14日まで、ほぼ連日、昼夜の別なく投下した。このため、この期間内だけで、下関での警戒警報発令は102回におよんだ。

 関門海域では、毎日のように機雷に触れて水柱が上がり、艦船が沈没する光景が目撃された。そのあとコメやコーリャン、大豆、麦などの食料が浮遊していた。関釜連絡船など大型船から5000㌧以下の船まで、あわせて5000隻以上が触雷して沈没座礁。海峡周辺は船舶のマストが林立する無残な「船の墓場」と化した。

 機雷の爆発音と船の沈没があったあと、彦島には数多くの船員や兵隊などの死体が立て続けに流れ着いたことが、今も衝撃的に語られている。日明地点で病院船ばいかる丸の機雷による撃沈で、多くの少年航空兵の無残な200体もの死体が六連島に漂着、荼毘(だび)にふされたことも伝えられている。しかし、これほど多くの触雷による犠牲者の数や身元については不明なままで、その埋葬地すらわからない。さらに、関門海域には、いまなお2000個の米軍機雷が海底に沈んでいるという現実がある。

 バラック小屋から始まる空襲の焼け跡の生活は困難を極めた。下関の医療機関の7割が壊滅し従軍医師が帰らないなかで、真夏の暑さが加わり集団赤痢が急激にまんえんした。下関の戦争前の人口は21万2000人を数えたが、直後には15万5000人に激減していた。

 下関は九州と本土、大陸を結ぶ交通の要衝であり、日清・日露戦争のときから「国防の拠点」として位置づけられ、西日本における最大の軍事的要塞地帯として築かれてきた。貴船町には要塞司令部が置かれ、その周辺には下関重砲兵連隊、大畑練兵場、倉庫や火薬庫、医務室、兵舎などの関連施設が密集していた。火の山、後田、金比羅、戦場ヶ原、彦島などに砲台を備えた要塞があり、また、小月には第12飛行師団司令部を置く防空戦斗機隊、吉見には第七艦隊の主力の下関海軍防備隊が配置されていた。また彦島には三菱造船があり、長府にも神戸製鋼など大きな軍事工場を抱えていた。

 しかし民家の密集した地点への焼夷弾攻撃や、機雷によって民衆にこれだけの惨害を強いる一方で、これらの軍事施設、三菱や神鋼、幡生の鉄道工場、関門トンネルなどは無傷のままそっくり残された。これは下関だけでなく、東京空襲で皇居への攻撃を避けたことなど、全国に共通しており、アメリカの用意周到な計画によるものであった。アメリカは、広島・長崎への原爆投下による日本の単独占領を見越して、全国の都市の民家を冷酷に狙い撃ちする一方で、天皇や財閥などの支配層を抱き込み日本社会の富を収奪する支配構造へと「改革」するうえで必要なものは残したのだ。

 戦後、歴代の売国政府はそのアメリカに付き従って、憲法を踏みにじりアメリカの戦争のために犬馬の労をとってきた。そのような屈辱のうえに今、「下関が地盤」と口にする安倍晋三は日本の若者をアメリカの戦争の肉弾にし、日本を核ミサイルの標的にする「安保法制」の強行に躍起になっている。下関は朝鮮有事に対応する重要港湾に指定され、米艦船や自衛艦がわがもの顔で寄港するようになり、知らぬ間に軍港化が進んでいることも無関係ではない。国会の安保法制ともかかわって、郷土を再び焼け野原にさせないためのたたかいが求められている。



関連

18万人虐殺し奪われた沖縄 「日本守る」掲げた米軍支配の欺瞞 蘇る県民皆殺しの記憶 長周新聞
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a2be85abe4bec2e62d666665ef81dae7

原爆ホロコースト:広島
http://satehate.exblog.jp/9381417/

原爆ホロコースト:長崎
http://satehate.exblog.jp/9404672/

原爆投下は予告されていた by 黒木雄司
http://satehate.exblog.jp/9358512/

八月七日(火)晴 長崎原爆投下予告 by 黒木雄司
http://satehate.exblog.jp/9389254/

空襲警報もならなかった + バイオハザード 6
http://satehate.exblog.jp/18269263/

白洲次郎のプリンシプルとは? by 鬼塚英昭 原爆ホロコーストへの道
http://satehate.exblog.jp/9332877/

目ン無い千鳥 八百長真珠湾攻撃 + 白洲・ケズウィック・次郎 ほか
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c412a8723b67dc09bc7ff6beb163ba95

暗号名 ヨハンセン 投稿者:Legacy of Ashesの管理人
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0c5dc4b2938fc231a3adda77662aa8ab

原爆を民間人の中心に落とした者たちがアメリカの英雄となった 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/17753389/

「昨日はウサギだった、今日は日本人だ」 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/17748295/

「広島と長崎に測定可能な放射能なし」
http://satehate.exblog.jp/12097202/

核実験を小さく見せた?「唯一の核保有国」アメリカ:ビキニ環礁があるマーシャル諸島は敗戦まで日本の委任統治領という因縁も
http://www.asyura2.com/15/genpatu43/msg/389.html
投稿者 あっしら 日時 2015 年 7 月 08 日 18:20:00: Mo7ApAlflbQ6s
 
『ニューズウィーク日本版』2015-7・7 P.70

原発マフィア、誕生の物語 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/16383166/

SWCと「創価学会」の連携
http://satehate.exblog.jp/16803963/

阪神大震災の謎 + こいつは悪魔だ
http://satehate.exblog.jp/16113833/

自国の支配層によって三たびも“核の人体実験”に投げ込まれた日本国民 あっしら
http://satehate.exblog.jp/16704685/

311東日本大震災陰謀情報 麻生太郎政権の練習ほか
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3804c8366961975b3cce571a15a09bde

米軍が山口県を軍事拠点化 オスプレイ飛行で地ならし 岩国を本拠、下関が最前線 長周新聞
http://satehate.exblog.jp/18515383/

長崎も佐世保軸に米軍拠点化 博多と結ぶ巨大道路建設 閉店目立つ中心商店街 長周新聞
http://satehate.exblog.jp/17940683/

「自衛」どころか自爆の道 欺瞞に満ちた新安保法制 正々堂々と目的のべよ 長周新聞
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/836f948c01df3cd396e6e9f84615ec08

戦争阻止掲げ国会包囲 安保法案廃案へ3万人結集し大衆行動 長周新聞 + 首相官邸を包囲せよ IWJ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8511925ccf86190f679734c425c90171

自国の子供に放射能をプレゼントし、若者には戦争を~親には強制収容所送りをプレゼント!? wantonのブログ 2015-07-09 11:38:42
http://ameblo.jp/64152966/

蔓延し始めたぶらぶら病 院長の独り言 +
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/9ae57310bd5aa4192e8f3c96840a7465

絶歌
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4362247482dd8222c3ddeba34f94d63a






『パンズ・ラビリンス』の密教的解釈  By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/21401326

「確かに、昔々は、パンズ・ラビリンスのような映画が開始するのによい状況である。 それは何はさておき、一つのおとぎ話、また特に暗いおとぎ話である。それは、ユングの集合的無意識のこれらの古典的・神秘的な元型のすべてを含んでいる。

我々は、たとえば、その物語で描かれたような、悪い王、悩めるヒロイン、平行宇宙、キメラ動物、そして善と悪の間での行進する戦闘、について考える。これらは皆、我々が何度も繰り返して古典的な童話の中に見る普遍的なテーマ、パターン、そして登場人物の型である:ユング派の分析家であるドナルド・カルシェッドをしてこう断言させた型である『人的資源が得られない時、元型的資源が彼ら自身を提供するであろう。』 同じ事が我々の導きの王女、オフェリアについても言うことができる。人間性を奪い取られ、残酷な現実に打ちひしがれ、そして集合的な人間想像力の元型的神話に頼ることを強いられた一人の少女。」



コメント (1)

安倍政権は、どうして、これ程、愚かなのか オルタ

2015-07-08 20:25:35 | 日記
以下まとめてみました。

アメリカの、アジア戦略 2015年05月15日 オルタナティブ通信 以下同じ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/419028840.html

 バラク・オバマ大統領の政策ブレーンであるズビグニュー・ブレジンスキーに「セカンド・チャンス」というタイトルの著書がある。



「ブッシュが軍事力で世界支配を企て失敗した。次は、外交交渉と金融を使い、眼に見えない形で静かに世界支配を戦略的に推進する」、ファースト・チャンスはブッシュが失敗した、次は世界帝国建設の「セカンド・チャンス」である、という露骨なタイトルの書物である。

軍事力を使わない事から、それは「ソフト・パワー戦略」とも呼ばれる(この言葉は、ジョセフ・ナイの言葉)。

ブレジンスキーは、世界をアジア、ヨーロッパ、南北米大陸に分割し、この3極を「相互に争わせ」、バランス・オブ・パワーを作り出し、「分割統治」する戦略を取っている。



第二次世界大戦中、米国は日本を敵国として、戦争を戦った。

その際、反日本であった中国共産党を米国は支援し、人民解放軍に軍事訓練を施していたのは米国であった。

中国空軍にファントム戦闘機を500機以上、売却し、中国共産党の「軍事的脅威」を作り出してきたのはアメリカ自身であった。

米国は尖閣諸島をめぐり、日本と中国が対立する事を「懸念」すると表面的には主張しているが、世界をアジア、ヨーロッパ、南北米大陸に分割し、この3極を 「相互に争わせ」、バランス・オブ・パワーを作り出し、「分割統治」する戦略を取っているように、アジアにおいても日本と中国との対立を「歓迎」し、バラ ンス・オブ・パワーを作り出し、「分割統治」する戦略を取っている。




日本を売国する、安倍政権の集団的自衛権の行使 2015年05月21日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/419320111.html

 日本と中国とを対立させ、極東アジアでのバランス・オブ・パワーを作り出している、アメリカのアジア戦略。

軍事力を使わない、この「ソフト・パワー戦略」という言葉を最初に使ったのが、ジョセフ・ナイであった。



その意味で、オバマ大統領=ブレジンスキーの師匠格であったのが、ジョセフ・ナイという事になる。

以下に拙稿を引用する。


「亡国へと向かう、安倍政権」

 集団的自衛権の行使へと向かう、安倍政権。

安倍政権は、どこへ向かおうとしているのか。

  米国政府に強い影響力を持ち、また米国の高級エリート官僚の養成機関であるハーバード大学ケネディ行政大学院の院長であったジョセフ・ナイが、上院下院、 民主・共和両党の国会議員200名を集めて作成した「対日超党派報告書」(Bipartisan report concerning Japan)には、以下のように書かれている(この文書はハーバード大学のサイトで公開されていたが、現在は消去されている)。


1、 東シナ海、日本海には未開発の石油・天然ガスが眠っており、その総量はサウジアラビア一国に匹敵する。米国は何としても、それを入手しなくてはならない。

2、 チャンスは台湾と中国が軍事紛争を起こした時であり、米国は台湾側に立ち、米軍と日本の自衛隊は中国軍と戦争を行う。

3、中国軍は必ず、日米軍の離発着・補給基地として沖縄等の軍事基地に対し直接攻撃を行ってくる。本土を中国軍に攻撃された日本人は逆上し日中戦争は激化する。

4、米軍は戦闘の進展と共に、米国本土からの自衛隊への援助を最小限に減らし、戦争を自衛隊と中国軍の独自紛争に発展させて行く作戦を米国は採る。

5、日中戦争が激化した所で米国が和平交渉に介入し、東シナ海・日本海において米軍がPKO活動を行う。


米軍の治安維持活動の下、米国は、この地域のエネルギー開発でも主導権を握る事が出来、それは米国の資源獲得戦術として有効である。


 以上のように米国は東シナ海と日本海の「パレスチナ化計画」を持っており、



米国は日本を「使い捨て」にする計画である。

自民党支持者達や、外交評論家の岡崎久彦等の言うような「日米安保条約を堅持し、日本は米国の後に付いて行きさえすれば安全である」といった外交論など、「生き馬の眼を引き抜く国際政治の現実」に全く無知な暴論である事が分かる。



この米国の戦略に「乗せられた」売国政治家=安倍政権は、「米軍と自衛隊が協力し戦闘行為を行う」集団的自衛権の行使の形で、日本の亡国を謀ろうとしている。






中国と日本の対立をアオル、日本のマスコミ 2015年05月25日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/419537296.html

 オバマ大統領の最高ブレーンであるブレジンスキーが採用するバランス・オブ・パワー=分割統治による世界帝国支配の力学。



それは、ジョセフ・ナイのソフト・パワー戦略を手本としている。



アジア、米大陸、ヨーロッパ相互を争わせるだけでなく、アジア内部でも相互紛争を「意図的に作り出す」戦略が取られている。

その核心は、日本と中国に戦争を行わせる事である。

日本と中国の戦争がバランス・オブ・パワーのために必要とされる。

以下が、ブレジンスキーの「手本・教本」となっているジョセフ・ナイの書いた戦略文書である。

Fred Bergsten, Robert Keohane and Joseph Nye `International economics and international politics:A framework for analysis´ World Politics and International Economics, Brookings Institution,pp3-36.

この戦略文書の「指示通り」に日本と中国との対立を「アオル」ため、現在、日本のマスコミは中国批判を騒がしく展開している。


オバマ大統領の、最高政策ブレーンの戦略 2015年06月01日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/419924197.html

 オバマ大統領の最高政策ブレーンであるズビグニュー・ブレジンスキー。

そのブレジンスキーの師匠である、ジョセフ・ナイは、「日本と中国が対立する事によって、極東アジアでは米国が漁夫の利を得る」戦略を採用している。

その戦略を明示している、上述の戦略文書をナイと共に書いている人物フレッド・バーグステン[C. Fred Bergsten, 1941-]には注目する必要がある。



バーグステンは、ドルによる世界支配を終わらせ、世界通貨を「ドル・ユーロ・中国元」に三極分解させ、日本円を中国元の「支配下に置く」と主張している。

また長期的にドル安=円高を作り出し、ドル1極支配を終わらせ、上記のようにドル・ユーロ・人民元体制を形成するとしている。

アベノミクスによって一時的に1ドル120円台が出現しているものの、かつての1ドル360円からはドルの価値が3分の1に下落し、ドル一極支配体制の終焉への動きは続いている。


自分で自分の首を絞める、日本人達 2015年06月09日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/420370470.html 

 オバマ大統領の最高政策ブレーンであるズビグニュー・ブレジンスキーと共に、1ドル360円から現在の1ドル120円へと、円高を演出してきたフレッド・バーグステン。



この日本経済の「支配者」達が、尖閣諸島をめぐる日本と中国との戦争を演出する黒幕となっている。

バーグステンは長年、米国中央銀行FRB議長であったアラン・グリーンスパンの金融部門のブレーンであった。



グリーンスパンが現在のヨーロッパ金融危機の大元であったリーマン・ショックと、サブプライム債券市場の崩壊を演出した事は、あまりに有名である。




バーグステンは、また郵政民営化を実行し、派遣労働を拡大した、元金融大臣=竹中平蔵の恩師でもあった。

竹中は大臣退任後、派遣労働を行う人材派遣会社・最大手のパソナの会長に、「天下り」した。



民営化された郵便局=日本最大の資金力を持つ金融機関では、オバマ大統領の最大政治資金源である銀行ゴールドマン・サックスが、日本人の預金を「どこに投資するか」の決定権=コンサルティングを担当している。

郵便貯金は、50基を超える中国の原子力発電所建設に投資され、そこから排出されるプルトニウムによって日本を攻撃する中国の核ミサイルが製造され、やがて技術水準の低い、その原子力発電所が起こす事故から漏れた放射能は日本全域に拡大してくる結果となる。


日本を破壊し続ける者達 2015年06月17日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/420814273.html

 人材派遣業を「拡大」し、年収150万円以下の不安定就労=失業者「予備軍」を拡大した元金融大臣=竹中平蔵。

竹中は政界引退後、人材派遣最大手のパソナの会長へと、「天下った」。



この竹中の師匠であったフレッド・バーグステンは、その著書の中で日本円を円高に誘導=演出する事の必要性を強調し、アメリカ中央銀行議長であったアラン・グリーンスパンと共に、円高を実現し続けてきた。

この円高によって日本企業は海外に「流出」し、日本国内からは雇用が失われ失業者が増加していった。

フレッド・バーグステンは、ピーターソン研究所の所長でもあったが、この研究所の名前は政治家・金融家であるピーター・ピーターソンの名から取られていた。





リーマン・ショックによって世界中を大不況に陥れた銀行リーマン・ブラザースの経営者であったピーター・ピーターソンは、ライブドア・堀江が次々と企業乗っ取りを仕かけた際の、資金提供者でもあった。



サブプライム債券市場の崩壊と、リーマン・ショック、ライブドア事件、人材派遣の拡大=失業予備軍の拡大、円高=失業者の拡大が「同一の黒幕」によって演出されてきた。


安倍政権は、どうして、これ程、愚かなのか 2015年06月29日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/421501078.html

 破産に直面する、ギリシア政府。

この経済危機の元凶となったサブプライム債券市場の崩壊と、リーマン・ショック。

リーマン・ショックを「演出」した、銀行リーマン・ブラザースの経営者ピーター・ピーターソン。

そのピーターソン研究所の所長フレッド・バーグステン。

フレッド・バーグステンは、オバマ大統領の最高政策ブレーン=ズビグニュー・ブレジンスキーとの共著において、

「ドル安=円高を作り出し、ドルを暴落させドルによる世界支配を終了させ、ユーロ・ドル・元の三通貨による新しい世界経済を作り出す」、

と主張している。


現在、一時的に120円になってはいるものの、1ドル360円から80円までの円高を作り出したブレジンスキーとバーグステン。

バーグステンの弟子=竹中平蔵は、政治家として人材派遣業を拡大させ、政界引退後、人材派遣最大手パソナの会長に「天下った」。



日本国内では3人に1人が、人材派遣で働く年収150万円以下の、貧困層になった。



ブレジンスキーとバーグステンの師匠ジョセフ・ナイは、日本と中国とを争わせ、アメリカが両国の「仲介」となり、極東アジアでのアメリカの「重要性=地位確保」を行い、同地域での海底油田の利権を入手する、と主張してきた。

ギリシア金融危機、リーマン・ショック、円高、人材派遣=貧困の拡大、中国VS日本の尖閣諸島での対立は、同一のグループによって「演出」されてきた。

中国共産党の尖閣諸島等での活動に対抗し、集団的自衛権の行使を行い、自衛隊に新たな装備を購入させようとするアメリカ政府。

そのアメリカ政府=オバマ大統領=ブレジンスキー=ナイは、日本と中国とを争わせ、アメリカが両国の「仲介」となり、極東アジアでのアメリカの「重要性=地位確保」を行い、同地域での海底油田の利権を入手する、と主張してきた。

日本を中国との「戦争」に駆り立てる者達。


このブレジンスキー=ナイ=バーグステン=ピーターソンの経営する「企業乗っ取り専門会社ブラックストーン・グループ」の共同経営者は、中国共産党政府である。

こうしてブラックストーン・グループで暴利を得た中国政府は、その暴利によってアメリカから兵器を購入、尖閣諸島で軍事力を行使する。

中国の軍事的脅威を「作り出す」ブレジンスキー=ナイ=バーグステン=ピーターソンは、中国共産党の軍事的脅威に対抗し、集団的自衛権の行使を行い、自衛隊に新たな装備を購入させようとしている。

その中国の軍事的脅威は、ブレジンスキー=ナイ=バーグステン=ピーターソンが「作り出している」。


殺し合いを行い命を落とすのは、日本人と中国人。

札束をフトコロに入れ、海底油田の利権を入手するのはアメリカの政治家と財界人。




関連

ラビ・ライヒホルンの重大講演 1869
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5f1c60dabad5ecea1b226bebb7d0216f

あらゆるところで、新聞と劇場はわれわれの命令に従う

いたるところに不和のタネを撒こう。彼らは無気力にされて、常に結束し、常にわが大義に献身するわが銀行の掟の前に頭を下げるであろう

彼らはお互いに殺し合い、われわれのために道をきれいにしておいてくれるだろう


オバマ、911 そしてTAPIパイプライン by Clifford Shack
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a2da19a32683504603d92ab7f09a32f1

オバマのロックフェラー起源:オバマのコネチカット州社会保障番号が出生論争にヒントを与えている Cliford Shack
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/482feba1fa948419790a1f8df79b158f

誰がオバマを所有しているか? By Brother Nathanael Kapner
http://satehate.exblog.jp/10109558/

オバマ・コネクション by オルタ
http://satehate.exblog.jp/10076471

日本の君主米国のホンネは日中戦争 leben blog
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/8ed6ed8088e7a08e68afee6ba4622344

安倍政権に戦争の準備を進めさせているのは92年に作成されたネオコンの政策で、中露との戦争も 櫻井
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d8030b42991e4756769bc64f838d6fc8

「自衛」どころか自爆の道 欺瞞に満ちた新安保法制 正々堂々と目的のべよ 長周新聞
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/836f948c01df3cd396e6e9f84615ec08

安倍首相米議会演説 超要約
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/82eb07347f9ab6364d1cda676233126a

安倍首相が、集団的自衛権の行使を進める「事情」 オルタ
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/da14bdc69dd1bd4056bd45e17c1a7109

インディアンたち
http://satehate.exblog.jp/15477269/

絶歌
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/4362247482dd8222c3ddeba34f94d63a




おまけ

Obama: Trilateral Commission Endgame by Patrick Wood
http://www.voltairenet.org/article171960.html











アンブロークン & マリフィセント
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d43164852ff189719d71426bca8b2b3b








おまけ

隷米・安倍自民党の支配を許す限り、近未来日本はギリシャの二の舞:われらの預貯金1500兆円は国際金融賭博勢力に合法的に奪われてしまうと覚悟すべき! 新ベンチャー革命 2015/7/7(火) 午後 5:22
http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/35077449.html

++
命もね



コメント