さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

英国政府、ワクチン遵守計画のために「行動戦」心理学者を採用 Ethan Huff

2021-07-02 17:00:00 | ビタミンDなど:オーソモレキュラー医学
UK government recruits “behavioral warfare” psychologists to engineer vaccine compliance schemes
英国政府、ワクチン遵守計画のために「行動戦」心理学者を採用 Wednesday, June 30, 2021 by: Ethan Huff
https://www.naturalnews.com/2021-06-30-uk-government-behavioral-warfare-psychologists-vaccine-compliance.html





(ナチュラルニュース) 武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状COVID-19)に対する接種を進んで受けようとする人が十分ではないので、英国政府は「行動戦争」プログラムに頼り、大衆を洗脳して遵守させようとしています。

報道によれば、英国政府の官僚は現在、「行動戦争」の心理学者を雇い、「カーブを平らにする」のを助けるために、ワクチンを「ためらう」人々に袖をたくし上げ、DNAを永久に変化させるよう説得する、巧妙な新しい方法を考え出しているといいます。

中国ウイルス感染に対して「安全」に留まるには、「ワクチン」が最善かつ唯一の方法であるという概念を「売る」ために、心理操作の専門家たちは新しいアイデアをせっせと考えています。そして、その手口は、ここアメリカでも使われる予定であることがわかりました。

実際、偽の「大統領」ジョー・バイデンが、独立記念日までに国民の少なくとも70%にワクチンを投与するという個人的な目標を達成できないため、ここ「自由の国」ではさらに多くのマインドコントロールが行われているかもしれません。

その理由はまだ明らかにされていませんが、権力者たちは、できる限り多くの人々に「ワープスピード」でワクチンを投与しようと必死になっています。それは、まるで何か隠された期限が迫っているかのように、時間との戦いになっています。



「ワクチン」は、マイクロチップを埋め込むための下準備なのでしょうか?「ワクチン」は、人々をスパイクタンパク質の「工場」に変え、やがて大量の死をもたらすのでしょうか?深く邪悪な何かが行われていることを示唆する証拠は数多くあり、それはすぐに明らかになるでしょう。


あなたは自分の独立・選択の自由のために戦いたいと思うか?

少なくとも、医療ファシストたちは、私たちの独立・選択の自由を踏みにじって支配を強化する手段として、武漢フルーを展開しました。

全体主義の操り人形は、中小企業を破壊し、人々の生活を台無しにし、テレビの言うことを全て信じる人々に恐怖心を植え付け、社会的パラノイアの地獄のような風景を作り出しました。

中国ウイルスが出現する前から、西洋は大きく衰退していましたが、今、最後の釘が棺桶にまっすぐ打ち込まれているように見えます。

ワクチンの「パスポート」が、「デルタ変異株」や、彼らが次の夢を見ることができるその他の作り物の病原体から「保護」される手段として、我々に押し付けられるのは時間の問題であるように思われます。

すでにいくつかの州では、注射を拒否した労働者が仕事を解雇されたり、ワクチンを接種した同僚とは異なり、同意するまで永遠にマスクを着用しなければならないと言われたりしています。

もちろん、これは完全に法律違反ですが、私たち国民が何らかの法的措置を講じてこの権威主義的なモンスターに立ち向かわない限り、かつての偉大な国の風景に恐怖と死しか残らなくなるまで、これは続くでしょう。

「私たちはプログラムされている」とノーQレポートに寄稿したJ.D.ラッカー[J.D. Rucker]は警告しています。「アメリカ国民への完全なワクチン接種を目指したプロパガンダと洗脳キャンペーンに気付いている人は少数派です。」

「行動科学者たちが、あなたが見聞きする物語をどんどん形作っていく中で、あなたの心をめぐる戦争が起こっています。これは特にCovid-19に関して言えることです。」







英国では、SPI-Bとして知られる「行動に関する独立科学的パンデミック洞察グループ」が、抵抗勢力に戦いを放棄させ、袖をまくるように仕向けるためにあらゆる手段を講じています。同様のグループがここアメリカでも同じことをしています。あなたは彼らに勝たせるのですか、それとも医療警察国家を食い止めるために、必要ならば死を覚悟して反撃するのですか?

中国ウイルス注射に関するその他の関連ニュースは、ChemicalViolence.comでご覧いただけます。

Sources for this article include:

NoQreport.com

NaturalNews.com

コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 新しい研究では、ワクチンパ... | トップ | 人口削減警報: 衝撃的な新し... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実の玉手箱)
2021-07-02 17:01:14
子供達の安全と幸せを育むはずの『文部科学省』は、殺人兵器である「コロナワクチン」をありがたがって打て、と強要する所のようです。

https://shinjitsu7.com/2021-7-2/2666/

コロナウイルスで、20代の人はひとりも亡くなっていません。

鹿先生の動画では、若い世代のPCR陽性者が多いので、高齢者に移さないように、ワクチン接種をしてほしいのではないか、というような事をおっしゃっていましたが、PCRはインチキで、そもそも、新コロナウイルスは存在しません。

未だに、コロナウイルスを証明できた機関は存在しません。



本当に、戦時中の、お国のために戦える事を誇りに思え・・・という洗脳と同じですね。

コメントを投稿

ビタミンDなど:オーソモレキュラー医学」カテゴリの最新記事