さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

イスラエルの研究で、ファイザー社のワクチンと血栓を引き起こす致命的な血液疾患との関連が判明 Arsenio Toledo +

2021-06-30 17:00:00 | 毒ワクチン
Israeli study links Pfizer vaccine to deadly blood disease that causes blood clots
イスラエルの研究で、ファイザー社のワクチンと血栓を引き起こす致命的な血液疾患との関連が判明 Monday, June 28, 2021 by: Arsenio Toledo
https://www.naturalnews.com/2021-06-28-israeli-study-pfizer-vaccine-blood-disease-clots.html#



(ナチュラルニュース) イスラエルの研究者が、ファイザー社のCOVID-19ワクチンが、体のあちこちに血栓ができる致命的な血液疾患に関連していることを明らかにしました。

6月21日(月)、イスラエル中部にあるシャミール医療センター[Shamir Medical Center ]の血液学研究所の研究者は、ファイザー・バイオンテック社製のワクチンが、血液に影響を与える自己免疫疾患である血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)を引き起こす可能性があると発表しました。

TTPの最も一般的な症状は、全身の小血管を侵し、血栓を形成することです。血栓が血管を完全に塞ぎ、腎臓、心臓、脳などの臓器への血流が制限されると、深刻な健康障害を引き起こす可能性があります。(関連記事:ファイザー社のワクチンが若い男性の心臓の炎症に関連しているとイスラエルの専門家が結論づけた)

シャミール・メディカルの研究者は、TTP患者の急増を目の当たりにして、この問題に注目しました。「コロナウイルス・パンデミック」前は、イスラエルの医療機関では、年に数人の患者が発見される程度でした。今では、医療専門家は毎月多くの症例を目にしています。

研究を行ったチームは、イスラエル人へのファイザー社製ワクチンの接種とTTP症状の発症との間に「時系列的な関連性」を見出したと述べています。また、新たにワクチンを接種した人でも、長い間寛解していたTTPの症状が再燃した人でも、症状が生じる可能性があることを強調しています。

今回の研究結果にもかかわらず、研究チームはCOVID-19に対するワクチン接種を支持しています。

シャミール・メディカルの広報担当者は、この研究結果を受けて、ワクチン接種を躊躇するべきではないと強調しています。まだワクチンを接種していない人は、すぐに接種することを勧めています。

シャミール・メディカルの血液学・トランスレーショナル血液腫瘍学研究室の主任研究員であるマヤ・コーレン-ミコウィッツ[Maya Koren-Michowitz]博士は、TTP患者がワクチンを接種する前に医師の許可を得ることを勧めています。また、コロナウイルスワクチンの接種を進める場合は、血栓ができないように定期的に臨床検査を受けるように求めています。

また、研究者たちは、ワクチンを接種した人や「健康な人」に対して、TTPの症状が現れた場合には、警戒してすぐに医療機関を受診するよう呼びかけています。

「医師と患者は、(TTPの)臨床症状である脱力感、疲労感、神経障害、出血、胸痛に注意する必要があります」と、研究チームはプレスリリースに記しています。

また、早期診断と最新の医療を組み合わせることで、TTP患者の生存率が過去の10%から現在では約80%にまで上昇していることを指摘しました。

イスラエル保健省は、この研究の評価を行っています。同省は、評価が完了するまで、シャミール・メディカルの研究者に今後のインタビューに応じないよう求めています。


イスラエルはワクチン接種後の感染症の波に見舞われている

イスラエルは、世界で最もワクチン接種率の高い国の一つです。ニューヨーク・タイムズ紙の「Covid World Vaccination Tracker」によると、全人口の61%がすでに少なくとも1回のワクチンを接種しており、57%が完全に接種済みでした。この国以上のワクチン接種率のトップは、バーレーン、マルタ、アラブ首長国連邦の3カ国だけです。

ワクチン接種率が高いことで、さらなる感染を防ぐことができるとされているにもかかわらず、イスラエルではここ数日、新たなコロナウイルス感染者が増加しています


ワクチン接種後のこの新たな波は、コロナウイルスのデルタ型の増加が原因とされています。6月23日(水)、厚生労働省は新たに148人のコロナウイルス感染者を登録しました。これは、5月初旬以来、1日あたりの増加数としては国内最高となります。

症例の増加を受けて、イスラエルのコロナウイルス対策担当者であるナーマン・アッシュ博士[Dr. Nahman Ash]は、6月27日(日)から屋内用マスクの義務化を復活させることを発表しました。

さらにアッシュは、最新の研究でワクチンの毒性が証明されているにもかかわらず、政府はファイザー社製のワクチンをさらにイスラエルに持ち込もうとしていると付け加えました。

コロナウイルスワクチンに関する最新の研究結果については、Vaccines.newsをご覧ください。

Sources include:

JPost.com

MedlinePlus.gov

NYTimes.com

Haaretz.com



こちらは、イスラエルでのキチガイ沙汰騒動

Israel faces new coronavirus outbreak even though its citizens already got vaccines
イスラエルで新たなコロナウイルス感染症が発生、市民はすでにワクチンを接種済み Friday, June 25, 2021 by: Ramon Tomey
https://www.naturalnews.com/2021-06-25-israel-faces-coronavirus-outbreak-despite-vaccinating-citizens.html



ナチュラルニュース)イスラエルは、武漢コロナウイルス(SARS-CoV-2、症状COVID-19)の発生の脅威に再び直面しています。このニュースは、ファイザー/バイオンテック社のmRNAワクチンを用いたワクチン接種プログラムによってCOVID-19を抑制しているという以前の報告とは対照的です。しかし、イスラエルの医療専門家によれば、このような一時的な流行は「完全に予想される」ものであり、まだ警報を発する必要はないと言っています。

そのような発生の1つが、イスラエル北部のベイトシェアン市で発生しました。Jewish News Syndicateの報道によると、イスラエル保健省は6月17日に行われた屋内コンサートの参加者にCOVID-19の検査を受けて隔離するように命じたとのこと。同省の6月20日の命令は、観客の一人がCOVID-19の陽性反応を示したことによるものです。

厚生労働省によると、感染源はまだ調査中ですが、最近海外から帰国した個人に関連があるとされています。また、今回の感染者が感染力の強いデルタ型であるかどうかについても調査中であるとしています。B16172株とも呼ばれるデルタ型は、インドで初めて確認され、その後80カ国以上に広がっています。

また、北部の町Binyamina-Giv'at Adaと中部の町Modi'in-Maccabim-Re'utの学校でも集団感染が発生しました。これを受けて、保健省のヘジ・レヴィ[Hezi Levi]局長は、この2つの地域の学校(オープンスペースとクローズドスペースの両方)にマスクを義務付ける命令に署名しましたレヴィは6月20日にこの命令に署名しました。



しかし、ユダヤ人が多く住む国の医療専門家は、この問題に懸念を示しませんでした。Tel HaShomerにあるChaim Sheba Medical Centerのエヤル・レシェム[Eyal Leshem]教授は次のように述べています。「イスラエル内外への旅行がある限り、ワクチンを接種した人もしていない人も含めて、主に学生の間で流行が起こるでしょう。」



ワイツマン科学研究所の計算生物学者エラン・セガール[Eran Segal]は、レシェムの発言を支持し、集団感染は「驚くべきことではない」と述べました。



一方、国のコロナウイルス対策委員会の責任者であるトマー・ロタン[Tomer Lotan]は、今回のCOVID-19の発生によって保健省の現行方針が変更されることはないだろうと述べています。



ワクチン接種後に発生したデルタ株によるコロナウイルス感染症の先駆けとなる集団発生

今回の集団感染はまだ調査中ですが、デルタ型が原因ではないかという憶測が浮上しています。イスラエルのコロナウイルス国立情報知識センターによると、この新種のウイルスは、英国のB117株に比べて感染力が60%高い。また、入院患者数も英国のB117型の2倍以上であると、同センターは6月20日の報告書で付け加えています。

イスラエルの保健当局は、ファイザー/バイオンテック社のmRNAワクチンが、デルタ型に対して非常に有効であることを強調しています。また、このワクチンが重症化したCOVID-19の発症を阻止したと指摘しています。イスラエルでは、540万人以上の国民が、2回のワクチン接種を受けたといいます。(関連記事: イスラエルでは、コロナウイルスのワクチン接種を拒否すると、人生が終わってしまう)

レシェムは、Beit She'an、Binyamina-Giv'at Ada、Modi'in-Maccabim-Re'utで発生したCOVID-19の流行について、「将来的にはこのような状況になるだろうということを物語っている」と述べました。さらに、「ワクチンを接種していない人は感染する可能性があり、完全にワクチンを接種している人は感染する可能性があるが、重篤な病気からは守られるだろう」と述べました。さらにレシェムは、50歳以上のイスラエル人の90%以上がすでにワクチンを接種していることから、今回の集団感染は公衆衛生上のリスクにはならないと指摘しました。

しかし、Bar-Ilan大学のシリル・コーエン[Cyrille Cohen]によると、最近のCOVID-19の流行時に感染した人のうち、3分の1もの人が接種を受けていたといいます。



現在、対象となるイスラエル人の約35%がワクチンを接種していないといいます。レシェムは、今回の流行で彼らが接種を受けるようになることを期待しているといいます。

イスラエル当局は、ファイザー/バイオンテック社のmRNAワクチンがデルタ型の変種に対する予防効果があると主張しています。しかし、このことがCOVID-19の蔓延を助長している可能性もあり、より多くの人々が異なる変異株に感染しやすくなっています。

テルアビブ大学の研究者とイスラエルの医療機関Clalit Health Servicesが行った研究では、2回接種のワクチンを検証した結果、懸念されていた武漢コロナウイルスの変異株に感染するリスクが高まることがわかりました。(関連記事:イスラエルの委員会は、ファイザー社のcovidワクチンが「おそらく」、特に若い人に心臓の炎症を引き起こすと結論づけた)

また、南アフリカのB1351亜種は、2回のワクチン接種を完了した人に8倍も多く見られたことが分かりました。また、イギリスのB117変異体は、ファイザー社/バイオンテック社のワクチンを1回接種した人に多く見られたとのことです。

主任研究者のアディ・スターン[Adi Stern]博士は次のように述べています:「2回目のワクチンを接種した人では、ワクチンを接種していない人に比べて、南アフリカの変異型の割合が不均衡に高いことがわかりました。一般の人々のパターンからすると、[B1351]変異型の症例は1つだけと予想されますが、8つの症例が見られました。」



ワクチンによって引き起こされたCOVID-19のアウトブレイクについてはPandemic.newsをご覧ください。

Sources include:

JPost.com

JNS.org

LifeSiteNews.com

関連

予測プログラミング?イスラエルの出版社は何年も前からCOVIDに似たパンデミックについて書いている by Raul Diego
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f050a29508efd43830e8e713c5c3cf6e

















最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実の玉手箱)
2021-06-30 17:01:58
小池百合子はすでに死んでいる。

https://shinjitsu7.com/2021-6-21-2/2644/

志村けんは昭和天皇の孫にそっくり。

小池百合子は、愛新覚羅溥傑の妻・嵯峨浩にそっくり。

そっくりだからどうしたと言うバカがいるが、私は今まで自分のそっくりさんにメディアでも現実でも見たことがない。

そっくりなのは、同じDNAを持っているという証拠。

コロナは上級国民の茶番。

コメントを投稿