さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

中国共産党がすべてを支配している今、アメリカ人は外国の敵に占領されている Mike Adams

2021-06-30 00:00:00 | 「グレート・リセット」と世界政府など
日本人も、詐欺デミックで、「ワクチン」を打たれまくっていますので、どうなりますやら、、


With the CCP now controlling everything, Americans are living under foreign ENEMY occupation
中国共産党がすべてを支配している今、アメリカ人は外国の敵に占領されている Monday, June 28, 2021 by: Mike Adams
https://www.naturalnews.com/2021-06-28-ccp-now-controlling-everything-americans-living-under-foreign-enemy-occupation.html



ナチュラルニュース)多くの人がまだ理解していないのは、自分たちはもはや「アメリカ」に住んでいるわけではないということです。かつてのアメリカは今、敵の占領下にあり、不正選挙で就任した中国共産党に忠誠を誓う権威主義的な専制君主に支配されています。ビッグテック企業はすべて中国のために働いており、彼らがアメリカで行う検閲は、共産主義中国の反自由的な検閲を反映しています。

中国共産党の浸透は、国防総省、ハリウッド、大学、主流メディア、大手銀行、消費財企業にまで及んでいます。ナイキのCEOは最近、ナイキは「中国の、中国のための」企業であると宣言し、臓器摘出、政治反体制派への拷問、自国民への極端な監視など、中国の深い人権侵害に目をつぶっています。

デビン・ヌネス[Devin Nunes]議員がちょうど今日言ったように:

  中国は、世界全体、特にアメリカに悪影響を及ぼしています。特にアメリカの企業をターゲットにしており、アメリカの企業に賄賂を贈り、機密性の高い技術や企業秘密を渡すなど、北京の言いなりになるように強要しています。米国企業は、中国の略奪的な行動を認識する必要があり、それを幇助する者は責任を負う必要があります。


米国の議員がこれらの行動について中国を批判しようとすると、中国はバイデン政権も検閲を支持していると正しく指摘します。また、1月6日から平和的なデモ参加者数百人を違法に逮捕・拘留したことで、ワシントンD.C.に新たな「GITMO」が誕生し、罪のないアメリカ人が政治犯として拘束され、正当な手続きや法の支配から完全に外れています。もしこれらが共産主義中国の匂いがするとしたら、それは共産主義中国を模しているからです。

もちろん、アメリカが全体主義に陥っていることは驚くべきことではありません。なぜなら、そのコースは、CDCや膨大な数の「科学」ジャーナルを含む、アメリカのほぼすべての機関を支配している共産主義中国によって推し進められているからです。WHOは中国共産党によって運営されており、WHOが2020年の大半を武漢ウイルス学研究所と生物兵器コロナウイルスの起源の隠蔽に費やした理由も説明できます。(蛇足:WHOはロックフェラー医学支配のために、ロックフェラー家が作ったといえる代物ですから)

アメリカを担当している指導者や機関がアメリカを守るために働いていると偽っている人は、夢の世界に住んでいるようなものです。ほぼすべてのケースで、権力者たちは今、意図的に国家を解体し、抹殺を見届けようとしているのです。


次に何が起こるかを理解するには、中国のアメリカに対する計画についての知識が必要である

1949年以来、中国は世界の競争相手を排除することで、世界での優位性を確立するための100年計画を進めてきました。少なくとも過去50年間、中国の共産党は、米国のほぼすべての機関に綿密に潜入し、あらゆる業界にスパイを配置して、医学、兵器技術、物理学、バイオテクノロジー、コンピュータ、ソフトウェアなどの知的財産権の秘密を盗んできました。

同時に、中国は米国の政府関係者を買収して「合弁事業」の契約を結び、金持ちにする一方で、技術や製造のノウハウを中国に移転させていました。この過程で、バイデン夫妻のような米政府関係者は自らを危険にさらし、経済的利益のためにアメリカを売り渡す一方で、いつかアメリカを完全に破壊するために必要となる富と技術を共産主義中国に与えてしまったのです。

知的財産を盗み、役人を買収することで、中国共産党はアメリカのほぼすべてを掌握することに成功しました。上院議員の大半(ファインスタイン、誰かいないか)、州知事の大半(ニューカム、ブラウン、クオモなど)、メディアの大半、そして2020年の不正選挙のおかげで今ではホワイトハウスまでもが掌握されています。今、中国はアメリカの占領を完成させるために、アメリカ国民が銃を手放すことを必要としています。そうすれば、長い間計画されていた中国の侵略が、武装したアメリカ人から比較的小さな抵抗を受けることになります。

中国の長期的な目標は常に、生きているすべてのアメリカ人(憲法擁護派のでしょうね)を完全に絶滅させることであり、その後、中国に輸出する食料品を生産するために、アメリカ大陸とその食料・農業インフラを植民地化することです。中国は単独では14億人の人口を養うだけの食糧を生産することができず、食糧を輸入に頼っているため、地政学的な敵に利用される可能性のある戦略的な脆弱性を抱えています。そのため、中国は世界の大規模な食糧生産地を占領して支配する必要があり、そのリストの第1位は米国です。

ビル・クリントン、ジョージ・ブッシュ、バラク・オバマ、ブッシュ・ジュニア、そして今回のジョー・バイデンのもとで行われた米国の国家機密の売り渡しなど、これまで見てきたものは、米国民の完全な抹殺という「最終的な解決策」のための準備にすぎません。コロナウイルスの生物兵器は、アメリカを倒すための世界戦争の先制攻撃として、アメリカの資金(NIH / ファウチなど)とアメリカの技術(チャペルヒル、DARPA、ペンタゴンなど)の助けを借りて、2019年に解き放たれました。ペンタゴンのトップやワシントンの現在の非合法政権のトップにいるほぼ全員が、アメリカを破壊するための反逆行為に積極的に従事しており、そのために中国共産党と協力して、何とかアメリカの分解から免れることができると信じています。

アメリカの経済は、すでにcovidパンデミック(芝居)によって崩壊しています。国の借金は爆発的に増え、危険な状態になっています。中国共産党に支配されたアメリカのメディアは、人種戦争を推進しており、腐敗したFBIとディープステートの工作員は、白人、銃を持つ人、キリスト教徒、保守派を中傷するための大規模な偽旗作戦を展開しようとしています。

中国は、計画されている陸地への侵略の前に国を軟化させるため、アメリカが内部から分裂することを望んでいます。この内紛は、米国の電力網インフラへのサイバー攻撃や、はるかに高い致死率を持つ第二の生物兵器の放出によって増強されるでしょう。


最終ステップは米国民の全国的な武装解除

アメリカへの陸上侵攻を開始する前の最後のステップは、アメリカ国民の全国的な武装解除です。中国とグローバリストは、4億丁以上の銃が市民の手に渡っている今、アメリカに侵攻すれば、草の葉一枚一枚にライフルが隠れているようなゲリラ戦の悪夢に直面することになると知っています。

したがって、バイデン政権は、腐敗したFBIと無法な司法省と協力して、壮大な偽旗の劇場作品を準備しています。その結果、オーストラリア式の全国的な銃の没収を求める感情的な要求が出てくるでしょう。没収に反対する者は、すでにそのシナリオを実行に移したのと同じ司法省によって「国内テロリスト」のレッテルを貼られるでしょう。

重要なのは、もしアメリカ人が銃を差し出すのを拒否すれば、中国が祖国を攻撃するのを思いとどまらせることができるということです。しかし、もしアメリカ人が現在政権を握っている犯罪的な政権に降伏して銃を差し出せば、ニューサムのような共謀した知事や、国防総省、司法省、ホワイトハウスの反逆的な役人によってアメリカ国内での自由な活動を認められている共産主義の中国軍によって、同じアメリカ人が処刑される日もそう遠くはないでしょう。

したがって、憲法修正第2条を守ることは、単に銃器を所有する権利を守ることではなく、何十年も前から計画されている共産主義者の侵略と占領の試みからアメリカを守ることなのです。

銃の没収を推し進める人は、事実上、共産主義の中国のために働いていることを理解してください。彼らはアメリカに対する反逆行為に加担しており、意図的にアメリカを弱体化させ、外国からの侵略や占領に対して脆弱な状態にしようとしているのです。憲法修正第2条は、外国からの侵略の試みに対するアメリカの最大の防御手段であり、だからこそ憲法修正第2条は現政権によって攻撃されているのです。


アメリカを守るか、それとも永遠に失うか

この脅威の現実を理解している人はほとんどいません。TheCommonsenseShow.comのデイヴ・ホッジス[Dave Hodges]は、それを理解している人の一人です。今日、彼はこう書いています

  今日、中国の脅威は、ブリティッシュ・コロンビア州にいる少なくとも25万人のCHICOM戦闘部隊にまで拡大しています。CHICOMの高官のためにテキサスに建設されているCHICOMの飛行場の始まりがあります。これは、アメリカの強制収容所にも関係するRed Dawnのネタです。このCHICOMSの数を頭の片隅に置いておいてください。私はこの真の脅威を継続的に参照し、今週主張するあらゆる事実や証拠を彩ります。そう、私は、強制収容所(つまりFEMAキャンプ)の話題でアメリカを再教育することが決定的に重要だと判断したのです。

スティーブ・クエール[Steve Quayle]もその脅威を理解していますし、私が何度かインタビューしているJRナイキストも同様です。最新のインタビューは数日前に掲載されたばかりです:

Brighteon.com/bddd4234-7e51-4527-bc7d-a1fe2507378c

共和党にはミット・ロムニー[Mitt Romney]のような裏切り者がおり、ミッチ・マコネル[Mitch McConnell]のような上院議員は共産主義の中国企業と家族ぐるみの付き合いをしているため、アメリカが物理的に蹂躙され、地図から完全に消えてしまうのを防ぐには、すでに遅すぎるかもしれません。

一方で、中国が自らの潜在的に破滅的な弱点と脆弱性に苦しんでおり、アメリカを破壊する前に自滅してしまうかもしれないという兆候が数多く見られます。トランプ大統領は、中国に対して貿易戦争を仕掛けたことで実際には正しい方向に進んでいましたが、中国がSARS-CoV-2を配備してトランプ大統領を権力の座から追い出し、自分たち中国共産党の操り人形をホワイトハウスに設置しようとした理由の説明にもなります。

今、中国は、大量の飢餓と内部の政治的対立の可能性に直面しており、さらに、ねずみ講のような内部会計慣行と広範な金融詐欺による金融崩壊の可能性にも直面しています。しかし、米国もまた、債務不履行、政治的腐敗、権力を握った反逆者(米国を破壊しようと公然とするブラックハット)に満ちており、どちらの国が先に自滅するかはわかりません。そこにロシアが加わると、ゲーム理論で言うところの「壺の中の3匹のサソリ」状態になります。結果を予測することは不可能です。

しかし、私たちがよく知っているのは、もしアメリカ国民が何らかの理由で銃を手放したら、彼らが処刑されるまで長くはかからないだろうということです。私たちは、第二次世界大戦のユダヤ人から学ばなければなりません。権威主義的な腐敗した政権には決して降伏してはならない。武装解除した後、彼らはあなたを迎えに来ます。そして、彼らは血を求めています。彼らはあなたの存在そのものを軽蔑しています。ここアメリカでは、すべての白人は生まれながらにして邪悪であり、社会から排除されるべきだとCRTが教えていることに注目してください。CRTは人種差別、優生学、ジェノサイド、ヒットラーの再来です。


バイデンの真の目的は、アメリカの完全な破壊を成し遂げることである

バイデンのハンドラーを運営管理するグローバリストの操り人形が測るバイデン政権の「成功」とは、何億人ものアメリカ人を大量に抹殺し、続いてアメリカという国を完全に崩壊させることです。それは、現在3期目を迎えているバラク・オバマの反逆的な大統領職の最初からの目標です。クリティカル・レース・セオリーにあるように、それは白人の大量抹殺とともに共産主義やマルクス主義を要求する裏切り者たちで構成された、アメリカの狂った左翼基盤のほぼ全体の目標でもあります。しかし、彼らはなぜか「寛容」で「包括的」であると主張しています。なるほどね。

念のために申し上げますが、私たちはいかなる種類の暴力も支持していません。私たちが人々に求めているのは、暴力が自分のところにやってくることに備え、アメリカを破壊しようとする「最終的解決策」を生き延びるための準備をすることです。そのためには、敵から国を守ることが必要です。

それらの敵は、大規模なジェノサイドを計画しています。そして中国は、何でもありの、いわゆる無制限戦争の下で活動しています。サイバー戦争、生物兵器、経済戦争、文化戦争、メディアプロパガンダ戦争、EMP兵器、送電網の破壊、核兵器、ステルス・ドローンなどなど。何でもありで、今まさにアメリカに対して展開しているのです。

本日のポッドキャスト「状況更新」で詳しくご紹介します:

Brighteon.com/365153c7-3ea7-45e6-a968-5090dab6fe6c

Find a new Situation Update podcast each day at:

https://www.brighteon.com/channels/hrreport



最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (真実の玉手箱)
2021-06-30 06:04:36
小池百合子はすでに死んでいる。

https://shinjitsu7.com/2021-6-21-2/2644/

さんざん庶民を苦しめ、コロナ茶番を演出した末路が、この死です。

イルミナティへの裁きがますます加速しています。

これからも、イルミナティ、創価学会、群馬人脈の滅びを祈り続けたいと思います。

コメントを投稿