幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

日光と高木清秀

2014年12月15日 | 丹南藩

日光に行く前に宇都宮に寄り道し、喫茶3軒・パン屋1軒・焼きそば屋2軒を巡りました。
私好みの古き良き店と出会うことができました。
その後、日光に向かいました。
日光を訪れるのは17年ぶりでしょうか。
一番の目的は、釈迦堂で高木清秀を掃苔することです。

高木清秀は、私の先祖が代々仕えた丹南藩の藩祖というべき人物で、徳川十六神将に数えられる歴戦の勇士です。
大永六年(1526)、三河国に木宣光の長男として生まれています。
幼少の頃より尾張国知多郡と三河国碧海郡に領地を持つ水野家に仕え、十六歳のとき刈屋合戦で初陣し、敵陣に突入し名を上げています。
その後、水野家と同盟関係にある織田信秀に仕え、小豆坂の戦では馬上から敵を討ち取り信秀に賞されています。
その後、再び水野家へ仕え、水野信元が村木砦を攻撃した際には、先駆けして敵を討ち取る活躍を見せ、石ヶ瀬の戦では、徳川軍の先鋒で家康の重臣である石川数正と七度にわたり槍を交え勇名を轟かせました。
その後、織田信長と徳川家康が清洲同盟を結んだため、家康が一向一揆と戦う際には参戦しています。この戦いでの清秀の活躍は目覚しく、初めて謁見した家康より三河国大岡郷木村の諸税免除を受けています。
姉川の役や長島一揆攻めに参戦。長島一揆攻めでは十六歳の長男光秀とともに先陣にすすみ勇戦しています。清秀が敵陣に迫る姿を遠望した信長は、「味方ノ先ヲ懸ルハ清秀也 者共続ケ」と言ったといいます。清秀は敵将盛林坊を討ち取り武名を轟かせました。長男光秀も敵を討ち取る活躍を見せるが負傷し、亡くなっています。
水野信元が切腹させられると、信長の命により佐久間信盛に仕え、信貴山城攻めの際には一番に槍をあわせ敵を討ち取り、荒木村重を有岡城に攻めた際には二男一吉とともに一番に塀に取り付くなど常に織田軍の最前線で戦い活躍しています。
佐久間信盛が追放されると、池田恒興・佐々成政・柴田勝家から招かれるが応じず織田軍を去り、本能寺の変の後、徳川家康の直臣となり、三河国・尾張国・遠江国内で千石を賜っています。
その後、徳川軍の武将として小牧の陣・長久手合戦・小田原合戦を戦います。小牧の陣では馬に敵の矢を受け負傷したが、家康は清秀に黒鹿毛の馬に鞍をつけ贈ったといいます。長久手合戦ではその馬に乗り、馬上から敵を討ち取る活躍をしています。
後北条氏の滅亡後、徳川家康が関東に入国すると、清秀も加増され領地を移り、相模国高座郡海老名・武蔵国堤方・上総国蓮沼に五千石を賜り、海老名中新田に居を構えました。
朝鮮出兵の際には老齢のため軍役を免ぜられたが、遠く九州名護屋まで家康を訪れ、家康を喜ばせています。このとき豊臣秀吉に謁見し、武勇を称えられ羽織を与えられています。
文禄三年(1594)、致仕し海老名に隠棲するが、上杉景勝征伐の際には徳川秀忠に謁見し従軍を願い出ていています。許されなかったが、このとき秀忠から錦の羽織を与えられています。
徳川家康が大住郡中原村で鷹狩りを行った際、海老名の清秀を訪れ獲物の雁を贈ったといいます。三年後にも家康は鷹狩りの際に使者を送り、清秀に時服と雁を贈ったといいます。
織田軍の武将として戦い続けてきた清秀が徳川家康に仕えたのは、五十七歳という高齢になってからでしたが、伝わっている家康との逸話からは、家康の清秀に対する心やりを感じます。
慶長十五年七月十三日(1610年8月31日)、海老名にて亡くなっています。八十五才。法名は緑徹性順禅定門。
十六歳での初陣以来、五十年近く戦場を駆け巡ってきた清秀の身体には、四十五ヶ所の傷があったと伝わっています。
高木清秀の墓は他にも、愛知県岡崎市大和町沓市場 妙源寺と和歌山県伊都郡高野町高野山 
巴陵院と東京都杉並区永福 栖岸院 にも存在します。
興味のある方は、ウェブサイト「幕末掃苔屋」の“丹南藩”のページをご覧ください。

高木清秀を合掌掃苔したあと、近くにある浄光寺で小花和重太郎と武田久吉を掃苔しました。
その後、日光駅周辺で喫茶2軒、パン屋1軒を巡りましたが、散策しているうちに雪がチラチラと降ってきました。
今年も残すところあと半月。
今回の旅が、今年の掃苔納めになると思います。

高木清秀と小花和重太郎の墓は、近日中にウェブサイト「幕末掃苔屋」にアップしたいと思います。


コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 映画『人斬り』と『るろうに... | トップ | “著者近影”的なイラスト  »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (kojimanikko)
2018-12-24 13:11:15
日本史大好きな日光市在住主婦です。栃木県はかなり幕末史跡が多いですね。
しかし、なかなか博物館とかでも栃木県の幕末関連資料展示をあまり見られる所がなくて 残念です。私は幕末維新以外の日本史も大好きです。http://yaplog.jp/naokojima/
macaron.kn-44@ezweb.ne.jp

コメントを投稿

丹南藩」カテゴリの最新記事