幕末掃苔屋 公式ブログ

幕末掃苔屋のブログです。掃苔録不定期更新中。ご意見、ご感想はご自由にどうぞ。

埼玉&群馬で喫茶&パン屋めぐりと掃苔

2013年11月17日 | 掃苔録

なかなか自由時間が取れない日々が続いています。
それでも気持ちの良い冬晴れの青空を見ると、どこかに出掛けたくなるものです。
久しぶりに連休がとれたので、一日は趣味に捧げることにしました。

最近は警視隊の戦跡調査に夢中になっていますが、九州まで行くことはなかなかできません。
そこで最近雑誌で読んだ、珍しい自販機があるという行田市のオートレストランに出かけました。ゲーム筐体が置かれた店内の片隅に、カップヌードルの自販機のほか、年季の入ったうどん・そば、トーストサンド、ハンバーガーの自販機が並んでいました。
トーストサンドとハンバーガーとうどんを楽しんだあと、深谷駅に向かいました。

駅前からタクシーで渋沢栄一記念館に向かいました(片道1970円でした)。
時間の都合で中には入りませんでしたが、渋沢栄一記念館は、飛鳥山にある渋沢史料館よりずっと巨大な建物でした。
そこから鹿島神社や尾高家を見学しながら十五分ほど歩いたところに、今回の掃苔目的である 尾高家の墓地があります。
尾高家墓地内には尾高惇忠の墓のほか、渋沢平九郎の碑もありました。
しかし私がなにより関心を持ったのは、尾高長七郎の墓です。
帰りは深谷市のコミュニティバスで深谷駅に戻りました(100円)。

そのほかにも喫茶やパン屋を訪れ、久しぶりにとても楽しい一日を過ごすことができました。


コメント

大分警視隊戦跡調査旅行

2013年11月12日 | 侍たちの警視庁

先月中旬のことですが、大分県にある警視隊の戦跡を取材してきました。
警視隊戦跡取材のために大分県を訪れるのは、今年になって二回目です。
大分県在住の戦跡研究家の方に丸二日間ご案内いただけたので、大変収穫の多い取材ができました。
ありがとうございました。
この取材の詳細については、しっかりと整理してから発表したいと思います。
まだ調べたい戦跡があるので、大分県にはまた遠からぬうちに行きたいと思っています。

今回の旅行の前、事前調査のため国会図書館に行ってきました。
国会図書館に行くと、だいたい四、五時間はこもります。
途中腹が減るので、六階にある食堂をよく利用します。
たくさんのメニューが存在しますが、最近は唐揚げそばをよく食べています。
唐揚げのボリュームが半端なく、ソバがほとんど隠れてしまっています。
一般的な立ち食いソバ屋が出す唐揚げの、三倍はありそうです。
唐揚げを食べたい気分でなくても注文してしまうので、軽い中毒性があるのかもしれません。

コメント (2)