ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

区民センターダンス教室 H29年Ⅱ-5

2017-06-09 23:58:09 | 日記
昨日の高大授業日は朝から夕方まで雨模様だったが今日は雨も止んで午前中は曇っていたが次第に晴れ間も見えるようになったので今日は洗濯から始まった。

 いつものようにパソコンと洗濯機の間を移動することになる。

 CDのMさんから送られてきた6/7の一口レポートにコメントを書いて曜日部長と先生に添付メールで送った後、次週の授業日のレジメを作成しMさんにコメント済の一口レポートと共に添付メールを送る。

 一段落したところでコーヒータイムで柿の種をつまみながらひと息ついた後はMSNニュースやYouTubeを見ることになるが、相変わらず北朝鮮がミサイルを断続的に発射し続けているのは理解できない。

 一体どういう思考回路なのか、軍事的な面を強調し脅しをかけているのだとしたら人類に対する反逆であり最悪の所業である。

 国民を豊かにするという国家の責任とは程遠いどころか国民を奴隷であるかのように扱うことがあたかも当然であるかのように振る舞うのは共産主義、社会民主主義の理想論から遠く離れた空しい論理となっている。

 それにしてもISにしろ、北朝鮮にしろ、なんでいとも簡単に人の生命を奪うのだろうか。

 主義主張が自分たちと違うからってなんで簡単に殺害に及ぶのだろうか。

 仮に彼らの主義主張が正しいとしても違う考えを持っている人を殺してもいいなんてアラーもいいことだと思うはずがないし、喜ぶはずがないと思わないのだろうか。

 これは一神教や共産主義、社会主義のどうしようもないマイナス面である。

 一つのことに没頭し、他は絶対に受け入れられないというものである。

 共産主義は宗教さえ否定しているために昔からの習俗すらすべて廃棄したため、人を敬うことすら出来ず、自分中心で同族だけを大事にすることになる。

 そもそも宗教や主義主張は何のためのものなのか。

 突き詰めれば人の生き方、幸せを追及するためのものであるはずである。

 それが何処でどうなっていったのか、自分たちが勝手に作り上げた都合のいい解釈の元に振る舞っている訳である。

 とにかく身の毛のよだつような結果にならないことを願うばかりである。

 夕方になったのでダンスレッスンの為に区民センターへ向かうことになる。

 今日は少し蒸すが気温は比較的涼しいので歩いていても気持ちがいい。

 区民センターに到着して早速ダンスシューズに履き替えた後、準備体操を行なう。

 5月から始まった今年2度目のシリーズも8回のうち今日が5回目で半ばを過ぎたことになり、いよいよ後半の〆に向けてのステップとなる。

 前半はスローフォックストロットだが、今までは1周してきたが、いよいよ2周目のステップに入って行くことになる。

 1周目はベーシックなステップが多かったが2周目は多少変化したステップとなり、私が今までやって来たスローのステップにはないものも出て来たので覚えるのに必死である。

 何でもそうだが、今まで経験していないものは非常に難しく感じるが何度かやって覚えてしまえばどうってことはないものである。

 チャチャチャも後半のステップに変わったが動きが早くて足の運びがもう一つ上手く出来ていない時にみんなの前でベテランの先生の助手と踊ることに指名されて踊る羽目になったが、初めてのことである。

 5年間程この教室に通っていて初めてのことだったので最初はびっくりしたものである。

 あがった訳ではないが余り上手く出来なかったのは残念である。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西隣区K小学校木曜ダンス教室... | トップ | 当区ガイドの会H29年6月定例会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事