ブログ日記 日々のうつろい 

退職後パソコンとガイドのボランティアをし、カラオケ(ポップス)やダンス等で生活を楽しむオジサンのブログ。

市SAブログにアップ&ダンスのきっかけ⑤

2013-08-31 23:17:27 | 日記

 昨日は若干蒸した日だったが、まだ比較的風もあって過ごし易い状態であったが、今日は気温も昨日とさほど変わらない感じはしたものの、湿度が結構あった感じでじっとしてても汗が次々に出てくるという状態であった。

 今日も特に予定はないから殆んど自宅で過ごすことになったが、洗濯だけは午前中にしておこうと早速取り掛かる。

 PCと向かい合いながら例によって洗濯機とPCの間で部屋の中を行ったり来たりを繰り返すことになる。

 今は洗濯槽に水を入れてるからほぼイッパイになったら、次にスイッチを入れなければならないということを頭に置いて水を無駄に流さないようになどと常に頭に入れておかねばならないから、これも脳の活性化に繋がる。

 また、その都度手先指先を使うことになるので手指からのサインによっても脳に刺激を与えることになるからいわばアンチ認知症に繋がる訳である。

 昨日のメールに市SAの事務局長であるKさんからブログに載せてほしいと依頼があった。

 昨夜そのメールに気付いたのは夜だったし昨日の私のブログを書いている最中でもあったから時間もとれず今日になったわけである。

 Kさんからの依頼は月の中頃に外部講師に来てもらって行なわれる認知症の講座があるが受講申込者の数が少ないのでスキャンしたチラシで目に付き易いようにブログにアップしてほしいと添付メールで送って来たのである。

 ただスキャンしたチラシは枚で、うち枚はカラフルなので容量が大きかったのでそのままではアップ出来ないために縮小しなければならなかった。

 これら一連の作業を洗濯の合間合間に行なっていたが、洗濯物も洗い上がって濯ぎも終えて、脱水して干していく。

 ブログアップも洗濯物も干し終えてからはいつものようにニュースを見たり、ゲームをしたりということになった。 

 午後からは分過ぎに買物に行くために出かけたが、特にどうということもないので日の「ダンスのきっかけ④」に続いて記述しようと思う。

 前回までは北隣区ダンスクラブに毎週日曜日に通っていたが、男の先生が一昨年の月に奥さんを亡くしてから出て来なくなって昨年の月からか月ほどだけはそれまでの月回から回になり、それもか月ほどだけでついに出て来なくなったということだった。

 それとは別にいずれこの状態がいつまで続くか分からないから他の教室を当たってみようと思っている時に、区民センターで年に回金曜日に回シリーズで行われているとの広報を見て昨年の月から参加するようになったというところ辺りまでの話だった。

 この区民センターのダンス教室は結構長くやっていてもう回シリーズを回ほど続けているのである。

 回シリーズが年に回行われているということからで割ると単純に計算して年ほど続いている勘定になる。

 長くやっているということはずっと参加している人が多いということで、全くの初心者では余程根性がないとなかなか付いていけないことになる。

 現にこの私がかなり前、まだダンスを全くやってない頃、この区民センターダンス教室に申し込んで回行ったことがあるが、全然付いていけず、知り合いもいなかったので結局辞める羽目になってしまった経緯がある。

 そんな状態は今も全く同じで今まで日曜ダンスクラブで年間(当時:現在は年半ほど)やって来てたから何とか付いてきたが、全くの初心者では付いて行くのが困難で、現に初日は新人の顔を見るが、しばらくすると見えなくなる。

 この教室は今までの教室の中で番難しく、今までやったことがないステップがふんだんに入っているから今でも必死のパッチである。

 ただこの教室のいい点は先生が歳代の女性で競技ダンスの現役バリバリであるということ。

 しかも代後半のアシスタントの女性が一緒であり、お互いに組んでその動きをリアルに見せてくれるから分かり易いという点である。

 しかも先生もアシスタントの女性も男足、女足の両方が出来るから先生が男足ならアシスタントは女足になり、その逆もするから先生が説明する時の状況によってケースバイケースで組むことになる。

 受講している人の数も多く、しかもベテランの人が多いから、いろいろその動きが参考になる点があるから、この教室が無くならない限り続けていきたいと思っている。

 ということでこの話はここまでということにして後日に続くことになる。

 

 

コメント

Aの店でマドンナにガイド

2013-08-30 23:27:35 | 日記

 このところ少しばかり秋になったなと言う感じになって来たが、それでもまだまだ日中は暑い日差しが注いでいる。

 今日は一時的に雨が降るとの予報が出ているが、一時的と言うのが曲者で何時頃ということがハッキリしないから始末に負えない。

 今日は金曜日ということで昨日の木曜日には②の店に行かなかったということもあってAの店に行くことにしたが、午前中はメールとカレンダーをチェックをした後はいつものようにニュースを見たり、ゲームでくつろぐこととなった。

 時を若干過ぎた頃に自宅を出て一路西へと向かい、昼食を摂るためにAの店の近くにあるI会席料理店に分ごろ入ると今日は土間のつのテーブルのうち真ん中の席は高齢の男女が座っていて入口に近い席と奥の席が空いていた。

 そこで私は入口に近い席に座ったが今日は「うおぜの煮付け、シャケの焼き魚、それと天ぷら」であるが、今まで食べてないものには天ぷらぐらいだったから天ぷらにした。

 食べ終えてから近くのAの店に行くといつもはO氏ぐらいしかいないのに、今日は珍しく人の客が入っている。

 その中に珍しく開店時刻に来たM氏がいたがその横には歳代で若作りの女性がいるし、カウンターにもT氏ともう人ポップスや演歌などジャンルを広げて歌っている男性とO氏の横に高齢の男性とで合計人である。

 しばらくするとマドンナもやって来てカウンターに座りこれで私も含めて人になった。

 先ずはいつものようにO氏が皮切りで歌い出したが、私も座ってホットコーヒーを頼んだ後、リクエスト曲を書いてテーブルの上に置く。

 リクエスト曲を書いてない人もあったのか番目に私のリクエスト曲が入ったが今日は最初からいきなり人が歌うことになったので今日はあまり歌えないかも知れないなと思ったものである。

 以前「金曜日は客の入りが少ないから、金曜日にも来てください」と火、金担当のKさんが言ってたので金曜日に来て数多くレッスンをしようかと思っていたが、最近は金曜日も客が増えたのだろうか、そんな思惑はどこかにいってしまっている。

 前回来た時にマドンナが私の歌った高橋真梨子の曲「ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら」を覚えたいと言ってたのでマドンナが歌っている時にカウンターに行って担当のKさんに次に歌う曲とともに「ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら」を書いたチケットを渡して、そのことを話す。

 私が次の曲を歌った後、その次の曲に「ヒ・ラ・ヒ・ラ淫ら」が入ったので私とマドンナがステージに上がり、話し合った結果、私が歌うことにしてマドンナは分かるところだけでも声を出して歌うことにした。

 隣で小さな声を所々出していたが、歌い終わった後で全体のメロディが分かって来たので何回か聴けば歌えるようになるだろうということだった。

 新たな客が途中から入って来ないのでしばらくは人体制のまま推移したが途中から背が低くて腰が少し曲がった常連の男性が入って来てM氏と以前からの知り合いと見えて気が合うのか人がステージに上がって一緒に歌っている。

 時を回ってから少し店を出る人も出てきたので歌う回転が早くなりだしたが、マドンナも時ごろに帰っていったが、その前にみんなに挨拶をして、私にも「ありがとうございました」と礼を述べる。

 いつも身なりをきちんとしているのには感心するが、このカラオケ喫茶にはなんかそぐわない感じもするが彼女は歌うのがかなりお好きなのだろうと思う。

 時を回ってから担当のKさんと曲デュエット曲を歌って店を出たが、店にいる間に雨が降っていたと見えて地面も濡れていたが、近くにあるいつも行くスーパーの系列店に行って少し買い物をしてから分南に歩いた東西の通りにあるバス停に向かう。

 そしてやがてやって来たバスにのって降りる少し前からまた雨が降り出したが、その雨の中を急ぎ足で自宅に戻り、夕食の準備に入る。

コメント

図書館、そして午後から…

2013-08-29 23:27:29 | 日記

 昨日は秋になったかのように涼しさを感じたが今日は一転して昼間は日差しも強く夏に戻ったようである。

 ただ夜になるとともに気温は落ち着いて涼しさを感じさせてくれるようになったので少し秋に近づいたかなというところである。

 今日は特に予定はないがしばらく図書館に行ってないので午前中だけ行くことにした。

 図書館の開館時間は時だから開館してから少しでも時間が経つと大机に窓側の席に座れないこともあるので、開館直後に行くのが最も望ましいわけである。

 旨い具合にバスの時刻もそのことを見越して設定しているのかどうか判らないが、バスがもし遅れずに定刻通りに来れば図書館の開館に間に合う時刻となるようになっている。

 仮にバスが少し遅れても開館直後の時刻となるので、もしそレを見越して時刻表を作成したとすると市バスの関係者に感謝しなければならない。

 ただそれは普通の曜日だけで土曜や日曜ともなると完全に開館して分程経った状態の到着時刻となるが、開館直後となるのは定刻通りにバスが来た場合のことである。

 たまたま当区の場合は区役所と区民センター、それに図書館が併設されているが、区役所や区民センターは土日には休みとなるので図書館のこと迄は考えていなかったからそんな時刻の到着になったのだろう。

 とにかく今日はバスもそんなに遅れずに来たので図書館の開館直後ということでお気に入りの柱を背にした窓側の席を確保できたので早速PCをセットし受付に並んだ。

 たまたま受付の女性はこの図書館でもベテランの女性で私の顔を見ただけですぐに分かり、奥に消えて資料を携えて出てきた。

 資料を受け取って席に戻り早速打ち込んで行ったが今日は来館者も少ないと見えて大机の横に座る人もしばらく来なかった。

 それでも時間が経つとともに座る人も出てきたが静かだなと思っていたらさに非ずで子供の泣き声である。 

 昔は小さな子供を連れて図書館にやって来るなんて殆んどなかったが最近の親はそんなことはお構いなしで時代の変化というか、他人の迷惑なんて考えることすらないのではないかと思えるぐらいである。

 そういえば電車やバスにでもなんていう車だったか、乳母車ではなく、手押し用の幼児車というのか、平気で乗ってくる。

 昔なら幼児を背負って買い物に行ったり家事をしたりしたものだが、これも昔とは様変わりでバスが空いていれば構わないが混んでる時に乗ってきて場所をとるなんてなんとも思っちゃいない。

 しかし、総体的に外国人から見れば日本は治安が良く街もキレイで、美味しいものもたくさんあり、カルチャーもクールで住みたいということらしいが、しかし我々高齢者から見ると色んな面でかなりおかしくなっているものが多くなったと言わざるを得ない。

 分頃迄につの記事を打ち込めたので今日はこれで終わり、資料を受付に返却し、PCを仕舞いバス停に行くとバスの定刻分前ぐらいである。

 やがてやって来たバスに乗りつ先のバス停で降りて自宅に戻ってくる。

 今日は木曜日なので午後から②の店に行くことも考えたが、午後からゴキブリ用の殺虫剤や蚊取り線香を買いに行こうかと思い今週は②の店には行かないことにして昼食を自宅で摂る。

 去年までは殺虫剤を台所と部屋に本置くようにして現れたらすぐに噴霧できるように手元近くに置いていたが、今年は殺虫剤を買わないままで来たが、その都度叩いて殺すには限度があるので殺虫剤を買いに行くことにしたのである。

 そこで時ごろになった時点で最初は東に向いて確か大分先にダイエーがあったから一度覗いてみようかと思ってバスに乗ったは良いが、手持ちの金がないことに気づき着いた地下鉄駅前付近で取引のある銀行がないか信号待ちをしていた中年の男性に訊くと離れたところにしかないという。

 そこで最初の方針を変えて市が主催している高齢者向けの講座に昨年年間通った近くにあるよく知られた商店街まで久し振りに行ってみようと思い立ったわけである。

 その場所までは結構、地下鉄に長時間乗る必要があるが、たまには電車で涼みながら行くのも乙なものとシャレ込む。

 市内で最も長い地下鉄路線の南の方から北の方まで乗っている時間だけでも分以上はしっかりかかった。

 懐かしい商店街へと上がり、ずっと歩いて行くが、確か取引銀行がこの商店街にあったはずだがと探しながら歩いて行くとあったあった。

 お金を少し下ろして最初の薬局へとやって来たが殺虫剤コーナ―を見たが、余り数が揃ってないし値段表も通常のママなのでパスする。

 商店街のアーケードを離れて前に歩いた昔ながらの路地裏通りを歩いていたら目指す方向と違う場所に出たので修正した道を歩いて行くとつ目の薬局にやって来た。

 ここには数多くあり値引きもした札がかかっていたのでメーカーの違うものを本づつ買うことにしたが、トップメーカーとセカンドメーカーで同じ容量缶のスプレー式でも円と円で値段が円も違う。

 値段の差だけの値打ちがあるのか試すためでもあるし、別々の場所に置くために本づつ買うことにした。

 そのスプレー缶を袋に入れて商店街を戻る途中で以前リレーウォークの下見歩きの時に教えてもらった店まで行くと数人の女性たちが溜まっている。

 以前来た時は寒い時期だったから鯛焼きだったか、太鼓焼きだったか、そんなものだったが、今は夏だからアイス最中やソフトクリームである。

 いろんなメニューがあったのでどれにしようかな、なんて思ったが、たまたま私の前に並んでいた親子連れがソフトクリームだったので私もソフトクリームにした。

 商店街を歩きながらソフトクリームを高齢のオジンが食べながらの図はサマになってないかもしれないがそんなことはお構いなしに食べ歩いたが暑いさ中でもあり旨かったの一言である。

 地下鉄電車を乗り継いで自宅に戻ると時前になっていたので夕食の準備に入る。

 と言ったって昨夜の多い目に作ってあるものを器に入れてml缶の発泡酒で飲み、パンと牛乳でお終いである。

 早速、買ってきた本の殺虫剤をスタンバイさせることにしたが、セカンドメーカーにはノズルも付いていて隙間用に使うとのことであるから、早速取り付けておく。

 すると最初のゴキちゃんは発泡酒の残りがある缶の中に入ってゴソゴソと音をさせてるのでタブ穴にノズルを突っ込んでブシュ-ッとかますと痙攣をおこし目が暗いところでは見にくくなるので明るいところに出てきたところを段目の噴霧である。

 そしてもがいているのをちり紙を折りたたんで被せ手で持って指で潰す。

 これで一巻の終わりである。

 ここまでやらないともし半殺しで逃すと時間の経過により再生する可能性があるのである。

 こういう状態が続くと殺虫剤に適用した耐性の個体が生まれる可能性がある。

 最近では噴霧しても効果がない例が増えているからピクピクしているうちに確実に殺さなければならないのである。

 発泡酒缶の個体は未だ成虫になりきってない若い個体であったが、最近部屋をうろついている大物がエサにありつけないからなのか、私に追い回された腹いせからなのか、たまたま手を下に置いている時に私の指を噛んだことがあるのでなんとしてもコヤツだけは早く殺さなければと思っていたら現れました。

 しかしこの個体は完全な成虫で動きもすばやく現れた方向にスプレー缶を持っていくその間に隠れてしまったが、こちらもゴキちゃんの習性は頭に入っているので隠れたと思われるところの物を少し動かすとまた逃げるがそのガサゴソの足音で検討をつけてまた物を動かすとゴキの体が見えたのでノズルで狙いを定めて噴霧すると確かな手応えがあったと見え這いずりまわっている音がする。

 その音のする方向を見ると仰向けになってもがいているのでちり紙を持って被せて握り潰した。

 これで大物を抹殺したのでコヤツの子孫は今後は作れないが、いままでにどれ程の子孫を残しているかは分からないが、匹でも早く抹殺することこれがコツである。

 今日の成果は匹だが、これで終わったわけではないが、それにしてもセカンドメーカーの方はノズルが付いていたので正確に飛ばせるので隙間用というだけでなく狙い撃ちするにはもってこいである。

 

 

 

 

コメント

Windows8使用のため、ボラパソへ②

2013-08-28 22:55:21 | 日記

 昨夜からの秋を思わせる涼しい状態で昨夜は比較的よく眠れたのでこのままずっと続いてくれればいいがと思ったがそうは簡単に問屋が卸してくれそうにない。

 しかし長い間猛暑日が連続したからかなりの人、特に身体の弱い病弱者や高齢者、など弱い立場の人たちには大層応えているのではないかと思われる。

 こんなことをいうのも昨日(月)、昨日(火)と私と同じように西隣区小学校のダンス教室に月火の日連続で通っているO氏だが、今年の誕生日がくれば歳になるという高齢の人で月火とも先週と今週の週続けて休んでいるのである。

 今まで毎週欠かさず来てた人が週続けて休むから何でだろうと殆んどのメンバーが思っていたが、実はヘルペスだと先生と世話役のYさんから月曜と火曜のレッスン前にO氏が休んでいる原因の説明がなされたのである。

 ヘルペスと言うと知っている人もあると思うが体力が弱って来ると誰でも出てくる可能性のある病気だということである。

 というのも皮膚や肉体の接触によってウイルスが入り込む疾患で感染は何でもない通常の生活の中から入り込むが、ウイルスそのものは弱く身体が元気なうちはウイルスもおとなしくして神経の中に潜んでいるが、体力が弱って来ると表に出てきて火ぶくれのようなブツブツが出て、衣服や布団などで擦れて非常に痛いそうである。

 傷口が化膿しないように治療して拡散しなければ週間ほどでカサブタも取れて治るということだが、発疹の出てくる場所がそれぞれ人により異なるが、条件が悪い場合には重症になることもあるということである。

 O氏が月曜のレッスン前の何気ない会話の中で「昨日はお疲れさんでした」なんて言ってるので「昨日は何かあったの?」と聞いたら「昨日の日曜日にダンスパーティに参加した」と言いながら、「長時間踊ったから疲れた!」なんて言ってることが度々あったから夏場のこの暑い中で長時間ずっと踊っていたということだった。

 普段は元気であっても年齢も年齢だから毎日のこの暑さの連続で知らず知らずに体力が落ちている時に追い打ちをかけてダンスパーティで長時間踊っていればその時は楽しいから何とも思わないかもしれないが、あとでグッタリということだったのではなかろうか。

 私もヘルペスという言葉は聞いてはいたが男人で生活していると誰が何をしたとか…かにをしたとかという身の回りの情報は余り耳に入って来ないので今回のように身近な人が実際に病気になって、病状を聞いて初めて知ることになる。

 とにかくこの暑さには負けず元気に過ごして涼しい秋を迎えたいものである。

 それにはしっかり食べて寝て元気に過ごすこと、それ以外に方法はない。

 以前からブログにも書いているように私は人で生活しているから特に食事や身体を動かすなどの健康面には注意している。

 そんなことで日記が健康の話になったが奇しくも今日ボラパソに行って健康面の話になったものである。

 今日は先週に引き続いてWindowsを使わせて貰おうと電車を乗り継いで分ごろ到着した。

 ボラパソの講座では今日の講師がOさんで、アシスタントがMさんとI氏だったが、昼休みにI氏が「弁当を持って来てないので外へ行って食べてくる」と言って出て行った後、食事を済ませた人で健康面の話になった。

 大疾患である「糖尿」「心臓」「癌」や骨折、骨のもろさ、姿勢の悪さ、足を組まない、寝込むとすぐ体力は落ちる、など色んな話が次々と出てきて昼休みもアッという間に終わった感じである。

 午後からの講座開始で人がPC室に行った後、午前と同じように継続してPPのおさらいを続ける。

 時になって講座が終わった後、人は「あとお願いします」と言って帰った後、時ごろまでやってから各S/wをチェックしてカギをかけ階の事務所にカギを返却する。

 そのまま駅へと向かい途中で「昼得キップ」枚購入して駅へと向かい、電車を乗り継いで途中のターミナル駅で降り、バスに乗るために地下から地上に出た途端バスが停車しているの見えたのでバスまで走って行き乗り込む。

 帰りは電車の乗継もこんな調子で直ぐに乗り込めたので時間も余りかからなかったが、途中のスーパー横にある停留所で降り買い物をして帰り、早速夕食作りに入る。

コメント

西隣区小学校火曜ダンス教室8月レッスン④

2013-08-27 23:23:31 | 日記

 今日は気温も今までとは違って過ごし良くなって熟睡とまではいかないが、マアマアよく眠れたと言っていいであろう。

 いままでのように猛暑日が続くこと自体がおかしいのである。

 今日は夕方に行われる西隣区小学校火曜ダンス教室のレッスンが行なわれる以外に特に予定がないので比較的ゆっくり出来るが、洗濯だけはしておく必要がある。

 ということで午前中はメールとカレンダーをチェックすると同時に洗濯モードに入ったが、それ以外にはゲーム(赤と黒のスパイダーソリティア)をしたり、Youtubeで色々な音楽を聴いたり、ニュースを見たりしたが、それもこれも今後のことを考えてのことである。

 ところで今日は食材が冷蔵庫の中にはとくに残ってないということなので、昼から買い出しに出かけることにした。

 昼食を食べ終えてさっそく午前中と同じようにネットサーフィンで過ごしていたが、こんなことをしているといつの間にか時間も経過することになる。

 若者たちがスマホなどでゲームをダウンロードして楽しんでいる分には一向に構わないが、公の仕事をしている最中だとどうしようもなく憐れさえ感じるほどである。

 今日は特に事件らしきものが出ないように祈るばかりである。

 時になったので近くのバス停まで行って時刻表を覗くと分程待てば次のバスがやってくる、ということなので待つことにした。

 やがてバスがやって来て番前の席が空いていたのでそこに座ったが、スーパーすぐ横の停留所で降りて早速買い出しにかかった。

 次の自宅最寄りの停留所へ行く路線バスがやって来るまでには分程あるのでゆっくりと買い付けるものを吟味しながら見て回る。

 買物を終えて自宅に近い路線のバスが来る分前に店を出てバス停の前で立っていたがまだまだ日差しがきついので日陰になっている場所で待っていたが、ようやくバスがやって来た。

 そして自宅までバスに乗り自宅で少し過ごして時間待ちをした後、再度バス停まで行く。

 今度はダンスレッスンのために西方面行のバス停である。

 今日のバスは比較的早く来たので会場最寄りのバス停で降りて小学校にやって来ると、門扉が全開になってカギはすでに開かれているのでそのまま構内に入る。 

 そして準備に取り掛かったが、その部屋には太鼓を置いたままになっている。

 私がカギ当番になってから太鼓が放置してあるのはこれで回目である。

 回目の時は綿繰り機なども置いたままになっていたのである。

 そこで職員室まで行ってこの部屋を借りた人に注意してもらおうと思って長い廊下を歩いて行ったが、職員室には灯も点いてなく真っ暗である。

 どうやら私が開いている門扉を先ほど占めていた男性がいたが、その人が学校の先生だったのかもと思いながら元の部屋に戻って来たらしまっている門扉の前でしきりに開けようとしている人がいるので見ると当ダンス教室の新人の男性K氏である。

 すぐに声をかけて「カギを持って来るから…」と言い残して部屋に戻りカギをバッグから取り出し門扉を開ける。

 ところがその後、上級の女性がいつもは人で来るのに今日は人だけということで四国の里に帰っているということである。

 親が高齢で時々帰っているそうであるが、その後他の女性が人来た後、いつも早く来る先生も遅い。

 やっと分前になって先生がやって来たあと、ゾロゾロと女性たちが遅れてやって来た。

 女性陣は一部の人は来なかったが、男性陣がめっきり少ない。

 昨日の月曜教室でもそうだったが男性陣が人休んでいるので男足は人だけだったが、今日は第週のレッスンということで女性陣で男足をする人が人いるので何とか様になった状態である。

 つまり第週はブルース、マンボ、ジルバの種目を行なう日だから男足が出来る女性がいるが、ワルツやタンゴだったら人は女性足に戻るので男足がぐっと少なくなるが、今日に限っては男足が何とか確保できたということである。

 ジルバに関しては月の発表会向けに来月からはずっとレッスンすることになるし、マンボは月に生涯学習の発表会に他の教室の種目と共に出るが、その時はジルバとマンボの種目を発表することになる。

 どちらにしても私は月曜と火曜のつの教室(学校が違う)の両方に所属しているから両方に出ることになる。

 月曜教室の発表はチャチャチャで、火曜教室はジルバであるが、ジルバとマンボはフォーメーションで使われることは非常に少ないから、結構目立つのじゃないかという話である。

コメント