詩 の 雫

人生の喜怒哀楽を <冠 句> に深め・・・ 

“春夏秋冬の囁き”を 爽やかな風 にのせて・・・

     

人生の色を濃く深くして・・・

2019年05月04日 13時20分53秒 | Weblog

五月晴れの清々しい日に和みます。

4月30日、母の49日忌の法事でした。親族たちと在りし日の母の思い出話が続き、

亡き父が出征した日のセピア色に化したアルバムに驚いたり、私の2歳頃の写真を見て、

下の孫の赤ちゃんの時とそっくり!とか、黄ばんだ写真を母がずっと大切に残して時折

懐かしく見ていた事が嬉しくて、時の移ろいをしみじみと感じました。

紐で閉じた冠句集や、絵手紙のスクラップ等を捲っていくと、、、

母が遺した多くの作品から、母の人生が視えてきました。

晩年は厳しい状況の母でしたが、嘗ては夢中になり楽しめた趣味があったことに、

私たち3姉妹にとって、色々と引き摺る悔いに、今、少し救われています。

 

 

平成から令和に、新しい元号に変りました。

沿道の人々から祝福され皇居へ向かわれる天皇、皇后両陛下を乗せた車両から

手を振られるお姿は、きらびやかに輝かれ、あらたな時代の光を感じました。

遷り変る月日の中で、当たり前の幸せに感謝を忘れず、それぞれが幸せに過ごせる

事を大切に思い、気持ちも新たにして、頑張っていきたいと思います。

 

 

      

        

 

 

 

   < 時の巡りを詠んだ冠句を並べました >

 

       飾る町 千年樹齢を語り継ぎ

       城仰ぐ 風に聞こえてくる栄華

       人問わば ろうたけし影笑み残す

       世代継ぎ 軌跡を崇め径太く

       彩映える 光る川面に花筏

       老いて今 こんなに優し距離もある

       編み袋 生きし縮図をその中に

       思い濃し 小さな苗木屋根を超え

       幕が開く 意気揚々と風を切る

 

                     

    

     

                  人生の色を濃く深くして

 

 

  皆さま、今日もお越しいただき、ありがとうございます。

 

 

  ***********************

 

  先日、ウィンドウズ7から10に変えました。

    データーの引越しや操作の確認などにまごつき、オロオロしましたが

  何とか解ってきました。長男が色々サポートしてくれまして、部品などの

  交換も含め、今まで出来なかったことが解決して、PCで見られなったDVDの

  再生もOKとなりました。

  友人から届いていた先日のギター演奏会のDVDも、やっと見ることが出来ました。

  またあらたな意欲が湧いてきます!

       

 

 

コメント

人の命は花に似て・・・

2019年04月14日 16時08分56秒 | Weblog

 

      

 

 今日は花の雨、庭の枝垂桜が写真の様に満開ですが、憂いを帯びた彩りをしています。  

 

 

 葬儀後、友人たちから母へのお供えを色々頂きました。  

 綺麗な和菓子、アレンジフラワー、お線香、、、それぞれに心の篭ったお供えを一つ一つ

 あったかい気持ちと共にお受けしました。 ありがとうございます。 

 49日の忌を30日に控えていますが、、、母を偲べば、胸の中に重い気持ちを引き摺って

 寂しさを日々感じながら、過ごしています。

 時間が少しずつ埋めてくれるのかなと思いますが、、、  

 

 暫くお休みしたギター教室も、新年度開講の日、受講しました。    

 大役を終えたコーラスも、新役員さんの下で始まりました。  

 自分の居場所があることが、今、落ちた気持ちを前向きに支えてくれています。

 趣味があることに、多くの友人がいることに、嬉しく思います。

 

 母を偲ぶ冠句を詠みながら、こちらの方もぼつぼつと・・・今しか詠めないものがあり  

 それを大事に残したいと思います。

 

 孫たちも元気に、それぞれの進路に向かって、スタートを切りました!

 叶えたい夢に向かっての一歩が力強く逞しく見え、私も元気を貰っています。 

 色々なことがめぐり廻って、生きた足跡を残すことが、それぞれの人生かな? 

 そう思います。

 

 

         句帳より、、、

 

         (連冠句) 

               ふと淋し 

          老う日々に 人の命は花に似て

          老う日々に 慰めくれし庭の花

             相悔み 友と茶房に暫し癒ゆ

 

          残る香に 記念句集をしみじみと

 

          雨蛙 絵手紙に恋う里の四季   

             (母の書いた絵手紙がアルバムに一杯あり、娘の手元に残します)

 

          淡く濡れ 余りに軽き花柩

 

          思い噎せ 始筆の滲む遺言書  

              (お通夜に、姉、妹と一緒に読みました)

 

          思い噎せ かの日偲べば霞む雲

         

          一つの荷 哀しみこらえ喪の作法

        

          陽の縞に 寂光煌く春の風

 

                                    

 

               今日もありがとうございます。

 

         

             

 

   

 

 

     

         ふと、母と重なる庭の サンシュユ 命を感じます

 

 

 

 

         

コメント

亡母が残した心のうた

2019年03月20日 13時48分02秒 | Weblog

母のお参りに行き、母の遺した ” 冠 句 帳 ” を、私が貰ってきました。

積み上げた大学ノート、紐で綴じた和紙の句帳、栄誉の巻頭(三光に輝いた秀逸吟)、

一句一句に、母の命の言葉が深く残されています。

今、母と同じ 「冠句の趣味」 を持つことに、当時は分かち合えなっかた母の気持ちに

寄り添えることが嬉しくもあり、又寂しさも日々に感じます。

 

    在りし日の、母の残した<冠句>です。

 

       新しく 風に犇く悲願絵馬

       昼ひとり 人語に飢えて飴しゃぶる

       好きな曲 風鈴ゆっくり揺れる窓

       募金箱 豊かさに慣れ人驕る

       裸木の街 納骨軽き夫抱く

       流れゆく 行方あてなき落椿

       砂の文字 尽きせぬ挽歌碧く揺れ

       束ね髪 紅うすくさす哀しい日

       みんな嘘 女切ない薬指

       通り雨 えにし深める虹あかり

       ねむの風 笑顔でいよう母の日は

              、、、、、、、、、、、、 (母の句帳より抜粋しました)

 

 

           

 

 私の父は早く亡くなりました。 

 思えば計り知れない、寡婦の苦労があったと思います。

 時にそれらが、周囲の幸せを羨む気持ちになっていた事もありました。

 晩年、認知症を患い、母の描いた思い通りの人生で無くなりました。

 要介護 5  生活の全てを人に委ねる厳しい環境になりました。

 5年余り待って、半年前、やっと念願の施設に入所が叶いましたが、、、

 自分の子供の認識も出来なくなって、会話も難しくなって、、、

 10月に、私の名前を大きな声で 「〇〇子」 と言ったのが母の最期の言葉でした。

 姉と妹の区別も付かず、何か言いたげに、口をもぐもさせるだけでした。

 

             そして、 3月12日 静かに眠りました・・・

 

 今頃、きっとあの空で、ずっと待っていた父と、一杯話をしていると思います。

 母の遺品 「千の風になって」 のCDも、貰ってきました。

 母が大好きだった 氷川きよしさんのCDも 箱に一杯入っているのを貰ってきました。

 

 長年の難しい介護も本当に大変だったので、

 「淋しいけれど、やっと楽になって、、、ある面、ほっとしたでしょう」 と

 友人が労わりの言葉をかけてくれましたが、、、 葬儀が終わってから

 父が亡くなった時とは違う気持ちが押し寄せ、ずっと泣けて、泣いて自分を責めて、

 中々優しく寄り添えなかった悔いが、残りました・・・

 

 日が経つにつれ、

 今は、病院にも施設にも、母がもう居ないということの実感があります。

 無くして判ることが、ありました・・・

 

 七日毎の法事、母を偲び、お参りしたいと思います。

 

 

 控えていた、ギター教室のミニ演奏会、 ギター講座の発表会、 

 共に葬儀にかかり、出られなくなりましたが、、、

 友人たちから、温かいラインが沢山届きました。

 

 コーラスも欠席しました。 来週、年度替りの引継ぎが待っていますが、

 多くの友人からの励ましの言葉を貰い、苦手だったグループ長の大役も

 無事、終えることが出来そうです。 1年間、やはり大変でしたが、

 慌しい日々に一区切りが付けば、少しほっとできるかな~と思います。

 

 

  母への挽歌に、、、

 

       溢れ出す 万感胸に念む挽歌

       研ぎ澄ます 僧の説法無になりて

 

       葬儀の後に聞かせて頂いた僧侶のお言葉に、

       改めて、大切なことを教えてもらいました。

       今ある命は、両親から、4人の祖父母から、そして8人の祖祖父母から、、、

       誰一人として、必要でない命は無いということ。

       自分の命がまた次の世代へ繋いでいくということ。

       命は、疎かにしてはいけないということ。

       心にしみじみと刻みました。

 

      皆さま、今日もありがとうございます・・・

 

 

 

 

 

 

 

  

 

        

コメント

母を偲び、、、

2019年03月14日 14時28分00秒 | Weblog

 母が、12日亡くなりました......        

 

           

 

 

 葬儀の間、涙も無く、淡々と儀式を向き合いましたが、、、

 今日は、朝からずっと気持ちが揺れ動き、泣いています。

 色々難しい晩年の母の状況に、優しく向き合えなかった事に

 悔いを引きずっています。

 

 母との日々を思い浮かべながら、、、

 素直な自分の気持ちと向き合っています。

 

 きっと今頃、天国の父と、尽きぬ話をしているのでしょうか。

 やっと願ったところへ、行けたと思います。

 

 しばらく、母を偲び、、、過ごしたいと思います・・・

コメント

おめでとう☆

2019年03月06日 16時32分02秒 | Weblog

今日はとても嬉しい日となりました。 国公立大学の合格発表がありました。

部活と受験勉強を共に一生懸命頑張った孫、待ちに待った朗報に思わず涙が・・・

” おめでとう ”   何事にも一生懸命取り組む性格の子で、傍で見ていてもしんどく思う

事もありましたが、自分の希望の進路へ進めることに、本当に嬉しく思います。

 

下の孫は、逸早く 春がやって来ました!  特色選抜受験で希望高に合格。

今日は高校受験の一般入試の日でした。

二人とも頑張ってくれました。 キラキラ光る瞳で新しい道に進んでくれることでしょう。

後日、家族揃って、心からのお祝いをしたいと思います。

 

私にも、先日届いた結社の句誌に、 を飾った一句がありました。

頑張って続けていく励みになりました。 後日、ここにも書きますね。

 

   <孫たちへの思いの冠句です>

 

          青む中 志の道程に迷い無く

          文房具 光る軌道に描く未来

          溢れ出す 一語に伝う心の灯

 

 

        

 

 

 

 ちょっと怪我をし、そこへ慢性腰痛の状態が悪くなり通院し、椅子に座るのも

 辛く困っています。  来週に控えているギター演奏会どうなるのかな?

 無理をしないで過ごしていますが、、、、歯がゆいです。

 コーラスの引継ぎも待っていますが、何とか苦手な大役も無事終われそうです。

 良い報告ができると良いのですが、、、 皆さま、いつも有難うございます。 

 

 

コメント

ひとつの命がまた、、、

2019年02月16日 14時04分12秒 | Weblog

胸が締め付けられる惨い事件に、 なぜ? 親のわが子への虐待に?

可愛い笑顔の栗原心愛ちゃんの、どんなに辛く怖く、耐え難く苦しかった日々に、

どうして救えなかったのか! 

この両親と、DVという問題に、怒りを抑える事が出来ません。

あまりにもずさんな公的機関の対応に憤り、取り返しの付かない痛ましい結果に、

やるせない思いで一杯です。

実の父親の暴力、母親の黙認、夫の抑圧下に置かれていた無力、

なぜ逃げられなかったのか!

いじめ問題と同じ傍観者と重ね合わせて、解決の糸口が見えてこない事に、

見え難い家庭内での暴力に、何とか食い止められる解決策を、

小さな命がこれ以上奪われない行政の対応を、強く望みます。

心愛ちゃんの心の叫び声が、聞こえてきます・・・・

 

   命を問いかける冠句、、、

 

        何処へ行く 抗う道に風のこえ

        風の舞 無常の淋しさ時を埋め

        この一歩 産声聴いて抱く自覚

        夜が沈む 本心告げる席がなく

        夕を待つ 木の椀並べ満つ母性

        いたいけな 哀し虐待紙面裂き

        ポロポロと 心の中で哭く本音

                         

 子供の親になり抱く親の自覚、家族の灯を護る母性、、、

        幼い無念のこえが、どこからか哀しく聞こえてきます・・・

 

 

                 

   

       ひとりで逝った天国で、ひとりで眠るのはどんなに心細いかな

              手を合わせ、祈り続けています

 

      可哀想だけてで済ませてはならないこの問題に

            押さえ切れない苛立ちを感じて、

                  このブログに…  (涙)

                  

  

コメント

色々思う中で・・・

2019年01月29日 15時35分40秒 | Weblog

 26日から27日にかけ、雪が沢山降り積もりました。

 朝から母の所へ行く予定でしたが、ノーマルタイヤの私の車では運転出来ず

 同じ滋賀でも実家の方は、当地ほど雪は降らず、姉妹にお願いして行って貰いました。 

 母の様子は前回と同じらしく、会話は無く寝ているだけとのこと、でも何となく姉たちが

 来ている事は判っているように思えたらしいです。 

 顔色も良く、肌の艶もあり、食事も出来ているとのことでした。

 

 ここへ移る前の病院では、ちぐはぐながら会話は何となく出来て、

 院内では老人車を押して歩いていましたが、あっという間に悪くなり

 トイレからオムツになり車椅子になりました。

 意思疎通も出来なくなって、、、以前の様に感情を荒げることは無くなりましたが

 今、自分が何処に居るのかも判っていないと思います。

 認知症、切なく哀れな母の晩年に、気持ちが揺れ塞ぎます。

 

 今は足の関節が固まり、介護認定 5 ですが、

 職員の方々に、とても温かいお世話をして頂き、感謝の気持ちで一杯です。

 母にっとっても、此処は住み易く、きっと”安住の地”だろうなぁ~ 

 人生の深さを、感じさせられますが、姉妹で母に寄り添っていこうと思います。

 

 午後、ギターのコンサートは、主人に最寄り駅まで送迎して貰い、行って来ました。

 奥深い先生のギターの音色に、心が満たされ感動の余韻を持ち帰り・・・

 教室で習っている曲も弾いて下さいましたが、何だか違う曲に聞こえました。

 先生の素敵なお手本を見せて頂き、私も諦めず、がんばろう!と思い、

 今日は自主練習に行き、仲間と一緒に演奏会の曲に取り組んできました。

 

 

  < 冬の冠句より、、、

 

         雪降る日 義士の忠義慮る

         凍てし道 狭い心で友無くし

         雪淡し 無常の風に送られて

         白銀よ 盲点を割く新世界

         少しずつ 光る樹氷に消す惑い

         日々数え 真向かう試練糧にして

 

                 冬の厳しさに負けず、道を切り開ければいいのですが・・・>

 

         

                 我が家の日曜日の雪景色 銀世界☆

 

           あったかい春の訪れを待ち望みます。

 

 

         みなさまいつも有難うございます。 

         あすはコーラスへ行って来ます。 大役もあと少し、頑張らねば!

         

コメント

一つ一つと向き合いながら・・・

2019年01月23日 16時21分24秒 | Weblog

  年始めの行事が色々と続く中、、、

 周囲ではインフルエンザに罹ってダウンしているとの連絡も増えていますが、

 幸い、私は風邪を引くこともなく、其々の役目を果たし、頑張っています。

 負担に思うこともありますが、前向きに一つ一つと向き合い、日を捲っています。

 先日、合唱協会の理事会に行き、合唱祭の反省や次年度への要望などを聞き、

 事務局の移動やそれに伴う各団の認識など、色々聞いてきました。

 年々、高齢化する中での組織の運営も大変になってきているように感じますが、

 役員だけに押し付けず、自分の出来ることで、皆と協力しながらやっていかねばと

 思い、次回のコーラス練習日に、皆と話し合いたいと思っています。

 次年度の役の選出も、中々引き受けてもらえなくて、大変でした。

 補佐役の庶務、会計はほぼ順番どおりに引き受けて貰えましたが、グループ長は

 其々理由を主張され、何度お願いしても断られ、途方にくれました。

 結局、以前と同じ方に再度お願いすることになり、3月末の総会で引継ぎをして

 苦手な大役も何とか終われそうですが、、、人間関係で、嫌な思いもしました....

 

 ギターの練習も頑張っています。 3月に控えているミニ演奏会と、大きな演奏会

 ますますレベルが上がり、練習! 練習のみ! 仲間と一緒に頑張っています。

 

 年明け早々に冠句・支部の選を終えましたが、引き続き次の選が待っています。

 投句の準備と平行してゆっくり時間が取れず、思うように作句が出来ないのですが、

 新たな視野に目を向け、心にすっと入ってくる語彙を見つけられるよう、頑張っていこうと

 思います。 (大変ですが、充実しています)

 

 そして、孫の振袖姿に目を細め、成人式も祝いました。 

 キラキラ輝く初孫の笑顔に、家族の幸せを一杯感じながら

 恙無く育ってくれた孫3人に、 愛おしい思いで一杯です。

 さぁ、二人の受験生にも、それぞれに春がくる事を祈っています。

 

 

            

 

   

  ”孫たちへのエール”

            朝まぶし 大空見上げスパークす

 

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

   涙で読めなくなりながら、一気に読んだ感動の1冊、、、

 

   「 有村家の その日まで 」  尾崎 英子さんの著書  光文社

 

   がんを患った母が、奔放な彼女らしく最後のときを過ごせるように奮闘する

   ある家族の物語。

   きれいな死などない。それは、ずかずかと上がりこんで、これでもかと

   暮らしをかき回し、奪う。

   ささやかで、真摯で、時に滑稽な、私たちの営みの姿が

   ここにある。 

   誰しもがいつかは迎える ”家族の死” を、祈りを込めて紡いだ感動作です。

   母を看て、、、いろいろ感じながら読みました。

 

        巡り合う 命の1冊篤く念む(よむ)

        身に備う 心の姿勢視える文字

        或る予感 微妙な距離に踏み込めず

        纏いつく 余す心の裏表

        無言劇 弱い素顔も隠し持つ

 

 

   そして、、、

 

        邪心無く 大の字に寝る猫を真似

  

                   ふっと、こんな風に思います・・・

 

 

 日曜日、母の様子を見に行ってきます。

 どうしているかな?  

 帰りに、ギターの先生のコンサートに行くのを 楽しみにして ♪

 

 

     みなさま、いつも有難うございます。 

     風邪を引かずにお元気にお過ごしくださいね。

コメント

思いを寄せて・・・

2019年01月03日 17時00分05秒 | Weblog

皆さま、新年明けましておめでとうございます。

ご家族お揃いで、良いお正月をお迎えの事と思います。

我が家も皆揃って賑やかに、新たな年を寿ぐことが出来ました。

御節を囲み、年末についた御餅でお雑煮を祝い、夜は息子の鍋奉行?のすき焼き、

孫たちも大きくなって、びっくりする位のお肉を食べ、幸せ一杯の元旦でした。

先ほど、お嫁さんの実家から、孫たちも帰って来ました。 

二人が受験生でして、早速勉強らしいです。 さぁ、ガンバレ!!!

 

年賀状に添えてある近況に暫し思いを寄せて、時を戻します。

中々会えない時間の空白を一気に埋めながら、1枚1枚にあったかい絆を深め、

大切な宝物として、ずっと大切にしていきたいなぁと思います。

 

来週から、ギター教室 もスタート! 「初春句会」の支部の選句も待っています。

また気持ちをピシッと立て直して、向き合いたいと思います。

 

 新年の気持ちを、、、

 

       浄い水 一粒の米瑞々し

       初一念 万感の文字認める

       少し摘む 写経に慎む我が倣り

       陽に祈る 神の容に見えし雲

       寝正月 たわいなきこと笑える灯

       寝正月 地図を跨いで夢の旅

 

                  冠句にして・・・

 

 

           

              大切なものを           忘れないで

 

         皆さまとのあったかい触れ合いを感じながら

         日々の色々な心模様を、今年も綴っていきたいと思います。

         お立ち寄り頂ければとても励みになり、嬉しく思います。

         あらためまして、よろしくお願いします。        

コメント

心から・・・

2018年12月30日 21時28分58秒 | Weblog

初雪が降りました。 明日で今年も終わり、 さぁ~新たな年へ! 

気持ちを上向きにして、よき日々を過ごしたいと思います。

昨日は孫たちとお餅つきをして、窓を拭いたりカーテンも蛍光灯も取替えました。

御節の準備、買い物、、、それなりに今年も頑張れました。

受験生の孫二人いますが、家族そろって佳き年を、恙無く迎えたいと思います。

 

先日、母の様子を見に行きましたが、眼をしょぼしょぼするだけで、

話しかけても答えは無く、ずっと寝ていました。

「 帰るよ!」 と声かけると、布団から手を出し振っていましたが、

私たちの事が判っているのかな?     暫く、職員の方とお話して

「 また、来るしね 」と大きな声で言って、、、姉たちと帰宅しました。

 

       音たたえ 尽きぬ祈りを満天に

       立ち話 尽きぬ思い出涙して

 

 .....................................

 

  今年も多くの皆様方に、ブログを見て下さって、有難うございました。

  また、気持ちを新たにして、心の詩 を綴っていきたいと思います。

  よろしくお願いいたします。  

  佳き新年を、ご家族の皆様方と一緒にお迎え下さいね。

  

        お幸せを心から祈っています・・・

 

 

  

  

 

コメント