『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

おいしかった

2017年02月27日 06時15分36秒 | 塾の風景

渡利牡蠣を頂く。まだ半分残ってるから元気をつけろ!・・・ということでありがたい。さて、これが大きい。小ぶりで有名な渡利牡蠣のはずが、「こんなん見たことがない」と関係者も驚いたという逸品。そんな逸品、味が分からん俺なんかにほんますんません。

それでも仕事は続くわけで・・・でも、誘惑とのコラボを標ぼうする俺ゆえに飲み始めるわけで・・・酒は広島から戻った理志からのお土産の酒だ。

昨日の夜の課題は和歌山県と鳥取県の数学。酔うと冴える・・・酔っ払いがはく根拠のないたわごと。

数学の選択は難しい・・・三重県の数学が全国レベルだからだ。

それでも鳥取県の6番・・・これが今年の本命だと睨んでいる。

今日から東中の学年末試験が始まる。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あと11日

2017年02月26日 18時18分41秒 | 塾の風景

『藤ヶ丘食堂』で昼食・・・洸太(高田数理3年)って意外の小食なのに驚き、丈一郎(津東3年)が大食漢なのに驚く。

塾の戻ってからスカイプ授業・・・岡山の妃呂、後期で再び東京遠征らしい。

授業の途中に理志(津西3年)がやって来てお土産、さらに茉鈴(セントヨゼフ6年)も来てお土産・・・ありがとう。でも授業中、愛想できやんでゴメンね。

2階では中3の正念場、2年前の公立入試が始まっている。

大学入試前期終了・・・しかし高校入試の後期が正念場を迎えている。

 

夕方になり成績がアップする。懸念だった生徒、大慈と了磨と裕貴が185点と並んだ。全国入試問題を徹底してさせてきた効果が徐々ではあるが出つつある。それでもまだ課題は山積だ。あと11日、まだまだ上がる。

この年の津西のボーダーは170点あたりだ。この年ならば受かったかもしれない。しかし今年は1クラス減らしている。さあ、どうする。再び眠れない夜を迎えることになる。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017-02-26 11:10:21

2017年02月26日 11時10分21秒 | Weblog
馨五君、お元気ですか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

attentive 一橋の英文では「寄り添う」と訳すべきだ

2017年02月26日 10時31分41秒 | 塾の風景

一番乗りは優太朗・・・なんとか身体を起こす。

一日が始まる。

ポツリぽつりと生徒がやって来る。高校生の部屋でもだ。

今日は前々から計画していた食事会・・・地元三重大学受験生だけの食事会だ。身体がきつくともこれだけにはでておかなければ。

ブログの露出的には三重大よりも都会へ受けにいくほうが映えるわけで・・・このあたりが田舎ゆえに、俺もまた田舎者ゆえにどうしようもないところだ。

『祭りの準備』という映画がある。そのラストシーン、江藤潤演じる主人公が田舎のしがらみのなかで生きていくのを嫌い一人誰にも内緒で都会に出ていく。ロケーションは高知県中村駅・・・駅で偶然に出会った原田芳雄演じる悪友が、プラットホームでバンザイを何度も何度もしながら見送る・・・たったそれだけのシーン、しかしあの感情は田舎者にしか分からない。最寄りの駅のプラットホームに立ち、今から故郷を出ていく恍惚と不安がないまぜになった感情、そんな経験をした者にしか分からない。

塾を始めてからずっと、俺はあの時の原田芳雄と同じ気分で生徒たちを都会へと送り出す。

・・・しかし、地元に残る生徒たちへの愛情も当然にあるわけで、それもあって何かしてやりたいと思っている・・・今日はその一環だ。今しがた崚馬(松阪3年)からは頭痛で欠席という知らせがあったが・・・頭痛の原因が昨日の試験・・・考えたくないよな。

崚馬、また仕切り直しだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

俺も正念場だ

2017年02月26日 05時01分50秒 | 塾の風景

目眩から中2がいる前で沈んだようだ。

奥さんが撮った写真だ。

ここ1年間ほとんど毎日過ごしてきた中3や高3は慣れっこだろうが、これから1年間を過ごす中2の前で沈んだのは気がひける。

これも奥さんだろう。

 

なんとか朝から連日で名古屋大学周辺でモーニングをと目論んでいた。しかし覚醒した午前3時前、身体は重い。

中3のプリントを打ち込みながら過ごす。しかし目がかすむ。

樹、この体調だと金山橋近くのホテルの朝食バイキング、食べに行けないかもしれない。

 

「先生、コートが出ましたよ!」 昨日の樹からの電話・・・コート・・・なんやろな、樹の興奮にあてどもなく電話を切った。後からやって来た馨五(津3年)にその話をすると、「先生、コートって先生が作った二次対策の英単語のプリント・・・ court 、法廷でもテニスコートでもなく、動詞の court 『求愛する』じゃないですか」

心血を注いで英単語を打ち込んだ。しかし打ってしまうと注意は次を見ている。・・・次、中3の後期入試だ。理科は京都の7番と奈良の5番・・・本命だ。

 

しかし、きつい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。