『 HARD & LOOSE 』 れいめい塾 津市久居

塾頭の『れいめい塾発 25時』
三重県津市久居にある学習塾『れいめい塾』の塾頭のブログです。

やっぱ長坂先生の代わりは俺では無理や

2015年10月02日 15時37分01秒 | 高校資料

去年から情報交換会は趣を異にして、高校の先生をお招きしてその高校について説明していただく時間を取るようになった。今年は午前中が神戸高校、午後からが津西。個人的には弱小塾がああでもない、こうでもないといろんな情報を突き合わせて一つひとつの疑問点を解消していこうという従来の形式のほうが好みだが、新規の参加者からすればお目当ての高校の先生も出席するとあれば参加しやすいのかもしれない。まあ、大人の判断ということで仕方ないか。

神戸高校の先生の登場ともあり、今までと比べて鈴鹿地区の塾が増えたような気がする。そして津西の橋本教頭先生、40台あたりの女性たちが視線を向けそうなダンディーな雰囲気。この方がまたおしゃべりも上手で・・・会場内の笑いも誘う見事なデビューでした。

午後から欠席の長坂先生からは「今年の津西の第一次選抜の調査書(内申)枠が100%から110%に変更された真意をさぐってね!」との強い指示が居並ぶ塾の先生方全員に出たが、あれって俺に向いて言ってる気がしたよな。さらに一部で囁かれている英語の問題の難化の噂の実体に探れ!と、矢継ぎ早の指示。これまた俺に向かって言ってるようなもんだ。

幸い、橋本教頭先生、冒頭からその件・・・第一次選抜における調査書の100%から普通110%へ、国際科学科120%変更に触れられる。「いろいろと取りざたされてはいるが、高校としては進学校の趨勢に従ったまでです」 資料のなかに県下で110%枠を採用している高校が挙がっていた・・・桑名高校・神戸高校・松阪高校、そして今年から津西がそこに加わるわけだ。120%では多士済々・・・桑名理数・四日市普通&国際科学コース・四日市南・神戸理数・津東・松阪理数・伊勢ふつう・国際科学コースなどが列挙されている。

第一次選抜の調査書ボーダーは永らく100%だった。このあたりでは初めて120%に移行したのが松阪高校、しかし後に110%に変更された。これは倍率が1,3倍以上の倍率で推移していた松阪が1,2倍あたりに落ち込んだことから教育委員会からの指示で110%にしたという経緯がある。つまり、120%枠の高校の倍率が1,2倍あたりになると調査書の評価は関係なく、実質的に当日の点数のみで決まってしまうからだ。

この意味では津西も同様。国際科学科は例年5倍くらいの倍率に膨れ上がる。これは落ちても普通科へのスライドがあるからだが、実質的な倍率は1,2倍前後だ。ゆえに国際科学科は120%枠を採用、しかし普通科は110%となったのだ。

さて、その狙いだが・・・橋本教頭は他の進学校が横並びで110%なり120%なりに変更したこと、つまりは進学校の流れに従っただけだと断ったうえで、「高校として、学検点(当日の点数)重視を明確に打ち出しただけです」と付け加える。さらに抑え小手、「しかし、いろいろとシュミレートしましたが、それほど変わることはないと思いますよ」

興味深いのは進学校横並びのなかに津高がいないこと。まあ、これは倍率の低さから120%どころか110%枠すらも導入できないわけだが、橋本教頭のスピーチのなか、「津西は伝統を忠実に守り、先生と生徒の関係や生徒間の関係もまた風向きがいたって良い」と発言するいっぽうで、「現状維持のままでは衰退していく」、あるいは「学内の雰囲気がいいことが逆に改革を立ち遅れのしている」との微妙なコメントが買今出る。

橋本教頭は過去に10年ほどを四日市南で過ごされたとのこと。その当時を思い出し、「かつては四日市も南もともにⅠ群だったわけですが、だからといって私が在籍した頃には四日市高校との比較が話題に上がることはなかったんですけどね」 会場は笑い声が起きるが俺は考える・・・さりげなく今の津西の現状を憂いている、つまりはいつまでも高校内で津高と津西という対立概念にとらわれているがために今の津西の背丈に合った高校改革が遅れている・・・さて、これは俺の読みだ。深読みか。

橋本教頭は伊勢白鳳で2年間を過ごし津西に赴任。そして教育改革に取りかかろうとしているのではないか。その改革の一つ目が津高を尻目に普通科の110%枠、国際科学科の120%導入だ。進行役の村田先生が「ほかに何か質問はありませんか」 意味ありげな視線を俺に投げかけたような・・・自意識過剰、それでもついつい出張ってしまう軽薄さ、手を挙げている。

「今年のウチの生徒で当日の学検点で183点、ところが調査書は28でしたがなんとか津東に合格させていただきました。しかし、その生徒とは当初は津高勝負のつもりでしたが、去年の秋頃に津高の先生に直接疑問をぶつけました・・・内申が28でも当日の点数があれば受かりますか・・・と。内申20台は取りたくないな、正直に先生はおっしゃいました。それで津高却下、入試直前まで津西か津東で逡巡の末に津東で勝負に出たわけですが・・・。たとえば、今年の津高はかなり緩い点数でも受かりました。この流れだと来年は津高の倍率が上がり、そんな年に限って津西の倍率が下がる傾向が過去10年間幾度となくありました。倍率が今年より下がりそうな津西が第一次選抜の調査書ボーダーを100%から110%に変更することで内申のボーダーが下がります。たぶん、32あたりでもクリアしそう、もしかしたら31、あるいは30を切って29や28でもクリアするかもしれません。第一次選抜ではだめでも第三次選抜で29や28あたりの生徒が当日の学検点で高い点数を叩き出したら・・・津西に合格できるでしょうか」

橋本教頭先生、天を仰ぐ。マイクを持ち、「これは・・・答えにくい質問ですねえ」

今までの平和な雰囲気が一転・・・あ~あ、またやっちゃったよ。

 

最後に俺に佐藤先生がツッコミをかませてくれた。会場はドッと湧いた・・・が、俺は聞き取れなかった。突発性難聴・・・橋本教頭のほうに全ての注意を注いでいたためだ。佐藤先生すいません、うまくボケれなくて。あの時に佐藤先生が何とツッコミを入れたのか、また face book で聞きますから(笑)。

長坂先生の代打ち・・・マージャンならともかく、教育論では役不足やな。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

津高OB懇親会

2015年05月21日 18時16分16秒 | 高校資料

去年もまたこの時期・・・5月23日にお世話になったが、今年も津高におじゃまする。津高OBによる倉田教頭先生を交えての懇談会だ。

今年度の津高実績は去年に比べると今いち・・・国公立大学合格者167名。確かに去年の200名からすると減った。しかし入学時の受験倍率が津高の歴史のなかで一番低かった1.06倍の学年である。それを踏まえたうえでならよくやったんじゃないか、個人的にはそう思う。

よくしたものでこの私的な会を仕切ってくれている松田先生(フロイ学院院長)が言う。「入学時の倍率と国公立大学合格者には見事に相関関係が出る」 つまり、倍率が高かった学年はたくさん国公立に合格し、低かった学年は少ない。

今日の会で手渡された資料だ。

国公立合格者が229名となっているが、これが浪人の合格者も含めた数字。注目したいのはその上の折れ線グラフ。これはたぶん去年の卒業生のものだと思うが、入学時のスタディサポートから卒業時までを追跡した全国模試の軌跡だ。この資料は秋に開催される塾対象の説明会でも配布されているが、ここ数年ずっと同じだ。つまり入学時から3年間かけて生徒は上昇していく。

この生徒たちの軌跡を示しながら倉田教頭は今年も断じる、「津高の先生方の教務力はどこの高校と比較しても絶対に負けません」 津高の先生方にで絶大な信頼を寄せているのだ。

「でも外から見てるだけでは今の津高は何をやってるんや、ちゃんと生徒を育ててるんか・・・そんな苦言を頂くわけです」とも倉田教頭。四日市高校との比較だ。確かに今年の四日市は一人勝ちと言っていいほどの実績を叩いた。同じトップ高なのに四日市にえらく水をあけられたじゃないかとの観客席からの声、叱咤に身をこわばらせているのかもしれない。

中勢地区では各中学のトップクラスが津高へ、そして北勢地区ではやはりトップクラスが四日市へ・・・確かにそうだが、母集団ではかなりの開きがある。それを倉田教頭は「地盤沈下」というタームで説明する。

北勢地区は生徒が増え続けているが、中勢では減り続けている。それに加えて県内では唯一の強い私立6年制・・・高田6年制を抱えている。たとえば南が丘小学校は中学進学時にほぼ1クラスぶん生徒が減少する。高田や三重、鈴鹿などの私立6年制へと進学するからだ。それが津高進学者の推移に顕著に表れる。今の高3は18名、2年が34名、そして1年が18名・・・34名の年は私立中学進学者が少なかったはず。南が丘以外でも橋北や西橋内などでも顕著な減少傾向が続く。それぞれ、31名→28名→21名、17名→15名→11名という具合だ。あえてこの地区から四日市高校を目指す生徒たちもいるだろうし、今風の自分に合った無理をしない選択をする生徒たちもいるだろう。

少なくとも津高へ進学したいと願う生徒たちの絶対数が減った。それが今年の1.06倍・・・新聞発表の数値では1.07倍となるが、当日欠席分・・・鈴鹿高専への進学者の欠席もあり、実質は1.06倍となった。1.06倍・・・再び津高とすれば窮地に立たされた格好だ。

今日の懇親会は津高OBたちによる同窓会という色合いもあり、今年度の実績をあげつらうこともなく、倉田教頭の説明を全面的に受け入れた。まあ、甘いと言われればそうだろうが、倉田教頭が大好きなんだから仕方がない。それでも俺の本音・・・それでも津高はよくやっている。入学時のスタディサポートの成績からすれば四日市高校との差は歴然としている。それを3年間でなんとか勝負できるところまで引き上げていく。あの折れ線グラフが全てを語っている。シングルヒッターたちの集まりをなんとか三塁打を打てるチームへと育てていっている。

少なくとも愛おしい生徒たちを安心して任せられる・・・そんな高校が少なくともこの地区には一つはある。今日は、その事実を再確認したということで十分である。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

津東、内申優先に舵を取るか

2015年05月18日 15時26分38秒 | 高校資料

「ここ数年、内申が悪い生徒をいれてはみたが追跡調査の結果、成績もあまりよくないし・・・来年からは選抜基準を見直して、やはり内申がいい生徒を合格させることになるかな」

津東のとある先生の言葉である。

 

3年前に当時の校長先生と廊下で立ち話、俺はその時に「たとえば内申が27あたりの生徒がいたとしますよね、でも当日の点数でいい点数を叩いた。合格させていただけますか」と尋ねてみた。「内申が27あたりですか・・・難しいなあ、合格させてもひと月ほどで辞めてもらっても困るし、授業を壊されてもねえ・・・」 

今の絶対評価の時代にあって内申27あたりは、授業を妨害したり不登校の気があったりと・・・高校側ではそんなイメージが定着しているようだった。「内申が27だからといって素行が悪いとか授業を妨害するとか、そんなタイプじゃない生徒も多いんです。むしろ積極性がない、あるいはおとなしくて手を挙げられない、そんな生徒もいるんです」と俺は強く言い張った。

翌年の春、ウチの幸祐が内申28で合格した。今年の28の人也や27の亮の合格は幸祐の合格を踏まえたうえで勝負させている。

しかし2年前、津東の校長先生は言った・・・内申が悪い生徒の成績はずっと追跡調査をいたしまして、やはり成績が悪いようなら選抜基準の見直しはあります。

先週、ウチの生徒が津東のとある先生から拾ってきた文頭のコメント・・・これで来年度の津東の入試では俺は悩むことになる。

内申をものとせずに実力で合格を勝ち取った諸君、頑張ってくれ。

内申が27あたりで苦しんでいる生徒は多い、君たちも昔はそんな生徒だったはず。昔の自分と同じような生徒たちにとり、津東は最期の砦だ。どうやら津東は内申優先へと舵を取るつもりだ。しかし、君たちのこれからの頑張り次第では内申優先に歯止めがかかるやもしれぬ。君たちこそが最後の砦だ。

切に願う・・・本当に頑張ってくれ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三重高特進実績

2015年05月13日 10時40分18秒 | 高校資料

確か今日は塾関係者と私立高校の先生方との懇談会だったかな・・・。欠席だ、体調が大きい。右のほうも突発性難聴の疑いもあり、おとなしくしている。24期生から26期生にかけての頃のように教室の大きな空間だと視力が泳ぐ、ハウリングする、吐き気がする、あげく倒れる。だからここ数日はおとなしく真ん中の部屋にこもり、指示を出し、分からない問題を教えている。

弊害はある。昨日は中1に英作文をさせたが、できましたと言って持ってきた答案は教科書を写したものだった。教科書通りに見えてさりげなく変えてある、俺もまたいやらしいのだが。ともあれ、俺が見ていなくとも試験は試験、試験である以上は自力で解く・・・このあたりの信頼関係が構築できないままの生徒がポツポツいる。

三重高の進学実績の表を手に入れた。

興味があったのは3年制の特進・・・国公立は12名。内訳は三重大学2名、鳥取大学1名が国立大学、以下公立が富山県立が1名、都留文科大学が1名、静岡文化芸術が1名、三重県立看護が1名、大阪市立が1名、大阪府立が1名、下関市立が1名だ。これには既卒生も含むとあるので現役での合格者数の正確なところは分からないが・・・。

正直、この国公立に受かっても就職どないするねん!と心配したくなる大学がちらほら見受けられる。まずは国公立合格ありきなんだろうが、私立高校の性とはいえ子どもたちにとってはたまったものではない。

特進入学時からあれほどの勉強を強いて、夏休みも1週間ほどしかなく、高い費用を徴収しての勉強合宿を実施。その結果がこれだ・・・正直、生徒もだが保護者もやりきれない。「勉強も個性も一番大切な6年間」・・・そう三重高は標ぼうする、皮肉が効き過ぎる。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三重中高塾対象説明会

2014年10月01日 01時14分28秒 | 高校資料

さて、明日は朝から実家へ行き、そのあとには情報交換会が控えている・・・三重高の説明会については今夜のうちに書いておかなくっちゃ。

しかし大盛況・・・津高での説明会の出席者、あの時のブログには県下でトップと書いたがこりゃ前言撤回かな。ほんまにたくさんいはりました。

午前中は三年制の三重高校の説明だったが肝心な点は聞けずに終わった。肝心な点・・・三年制から今春、何人がどこの大学に進学したかがまったく分からない。説明でも触れなかったと思う。頂いた資料にもない。ただ、過去3年間の進学大学は掲載されているが、6年制を含むとある。これではリアルタイムの三重高の実力が分からない。

ちなみに1年前の説明会の記事がこれ

この記事のなかで実績に触れて、大阪大学が1名、名古屋大学が1名、金沢大学が1名とあり、地方国公立を含めると38名ともある。なにせ1年前のことで、どんなふうにこの実績を聞いたのかは覚えていない。しかし、ブログに書いた以上はそれを聞いたはずだ。

ところが今年は三年制の実績は披露されなかった。突発性難聴で聞き逃したか・・・明日にでも同席した爽風塾の中村塾頭にでも確認してみようか。ところが塾に戻り、三重6年制出身の大典(21期生・愛知大学法学部3年)から今日の感想を聞かれて説明会の感想を話しているところに大貴(三重特進3年)がやって来る。今年度の特進の実績が分からないと言うと、実は・・・と仲間内の話になる。大貴の友達が担任に、今年の卒業生で三重大学以上のところに入った先輩は何人かと聞いたらしい。すると3人だと答えたとか・・・。まあ、何を基準にしての三重大学以上あるいは以下かはファジーなところだが、イメージなんやろな。

現在の特進の3年生の全国統一なり進研模試なりの成績は、それを裏付けるかのようにかなりひどい。ほとんどの主要教科で偏差値50に届いていない。しばしば書いてきたが特進の看板をはずせと言いたくなるような成績である。入学時の春休みの宿題からして、何ら説明もなく高校履修の数と式を全範囲・・・やってることがずれている。端的に言えば、難しいことをさせすぎるのだ。

 

脱線した・・・三重高特進の改善課題についてではなく、今日の説明会だ。

説明会自体は良かった。特に最後の三重中学の校長先生の最後の挨拶にはぐっと来た、涙が出そうになった。

「ずっと言いたくても抑えてきました。でも言います。・・・三重高が甲子園で準優勝しました。さきほどから45年ぶりとか46年ぶりとか言ってますが45年前に甲子園の選抜で優勝しました。私はその優勝した日に大学に合格しました。あの頃の三重高は文武両道を謳いながらもそうではなかった。いつか実質ともに文武両道をと願ってはいましたが、あの頃の三重高はスポーツが学校を引っ張っていました。それが・・・45年ぶりに・・・ついに甲子園で準優勝。今こそ、文武両道の学校だと・・・胸を張って言えます。今こそ、そしてこれからが真の意味での文武両道の三重中高、新しい三重中高に生まれ変わります」

・・・こんな感じだったと思う。三重中学の校長先生の喜びがほとばしっていた。素直に感動した。あの挨拶は本当に良かった。

 

去年のブログにも期せずして書いているが、大人になった三重高の説明会・・・品行方正な三重高なんて魅力がない。今年もまたその感を強く抱いた。やっぱ私立や・・・大学実績では打倒!松阪高校と看板を高く掲げて、往時の発展途上特有の荒々しさやまがまがしさは捨てないで魅力の一つに加えてほしいんやけどな。

でも、最後の挨拶・・・文字づらだけでは到底表現できない、心が熱くなる・・・いい挨拶だった。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

1992.10.27ケーキ投げ大会!

お知らせ

津・松阪地区で高校入試における内申でお悩みの方は、無料相談承ります。
メールまたはお電話で、れいめい塾まで『内申の件で』とご連絡ください。