渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う(パンセ) 渓流詩人の徒然日記 ~since May, 2003~

巨匠クロサワのミステイク ~映画『七人の侍』~

2012年12月25日 | 映画・ドラマ・コミック



黒澤明監督の映画『七人の侍』(1954年東宝)は、洋画邦画を含める全作品の中で
一番の傑作だと私自身は思っている。
『七人の侍』は何度観たかわからない。

しかし、巨匠世界のクロサワも歴史的名作の中でも大きなミスを犯す。
いくつかあるが、ひとつだけ紹介しよう。

野武士が襲ってくることがわかり、村人を軍事訓練した傭兵たる七人の侍たち。
五郎兵衛(稲葉義男)と久蔵(宮口精二)が村の防備の様子を見まわっていると、
どうにも持ち場についた村人たちが怯えている。
「どうもいかんな」と思案に暮れていると、別な防衛拠点の持ち場からエイエイと
気合を入れる村人たちの声が聞こえてきた。見ると七郎次(加東大介)が農民たち
に気合をいれて指揮し、全員で気勢を上げていたのだった。


この時のシーンの久蔵の刀に注目してほしい。
長丸型の鍔で表の左に小柄穴があいている。


そして、一瞬画面が向こうで気勢を上げる七郎次たちにカットが移り、再びすぐに
こちらの五郎兵衛と久蔵にカメラが移る。
「これはよい、こちらもやるか」となってこちらの持ち場でも村人たちを鼓舞するのだが・・・。

ありゃりゃ!
久蔵の刀が別な刀になっている(◎。◎)

丸型鍔で左に小柄穴はなく右に笄(こうがい)穴がある。鍔の表左には
梅鉢の透かしがある。明らかに違う鍔である。


この場面カットが変わる時間はわずか2秒ほど。
ラッシュ段階でちぐはぐさに気づいてももう撮り直しはできない。編集で短く繋げる
ことでちょっと見には違和感が
ないようにしたのだろう。

このようなことはごく最近の山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』にも存在する。
この『たそがれ清兵衛』は、撮影上の違和感がないように、徹底的に
シナリオと映像と演出にこだわりぬいた作品だというのがDVDのボーナス
トラックの撮影秘話から十分にうかがい知れる。
ところが、清兵衛(真田広之)と甲田豊太郎(大杉漣)が河原で対決する
シーンで、なんと大杉漣さんは左手の薬指に大きな指輪をはめたまま
なのである。これは実は撮影時に監督含めて誰も気づかなかったのだ
という。そしてラッシュでそれに気づく。しかし、出演者のスケジュールが
揃わず、撮り直しがまったくできない。やむなく「このままで使う」という
ことになったという。だから幕末の武士が現代指輪をしているという極めて
珍妙なシーンになってしまった。以前から「なぜだろう?」と思っていたが、
DVDを見てその理由が判明した。

映画という作品では映像上の齟齬(そご)がかなり多くあったりする。
アクション映画などではほぼ確実に存在したりする。『プレデター』でも、
サソリを踏みつけて潰して靴を上げたらサソリの向きが逆になっていたりとか。
しかし、大抵は短いカット割りやカメラアングルを変えたりして
違和感をなくす
偽装が施されていたりする。ただし、そのままのカメラアングルの場合、ちぐはぐさ
が目立ってしまう。

記憶に残る一番映像上のちぐはぐさが多かった作品は『ハスラー2』だった。
これは私は公開時から劇場で観た際に多くの部分に気が付いていた。
ビデオで再度観たとき、あまりに多いので驚いた。ビリヤードのシーンなどは、
顔のアップになって次にテーブルにカメラが移動すると玉位置が違っている
などというのはほぼすべてのシーンで存在した。

世界のクロサワでさえどうしようもないことがある。
それは、「撮り直しがきかない」ということだ。
しかし、『たそがれ清兵衛』は、CGもそこそこ使っているので、CG処理で指輪
だけを消すことは十分できたのではなかったろうか。黒澤監督の時代は仕方
ないとしても。
よくできた傑作『たそがれ清兵衛』だけに、唯一その指輪はめたままという
シーンのために画竜点睛を欠くような気がしてならない。

黒澤明『七人の侍』においてもまだほかにもつじつまが合わないシーンが沢山ある。
特に、村の中をどうやって守るかと島田勘兵衛(志村喬)らが地図を作り、村の隅々
まで下見して回るシーンで、人物の影と太陽の位置、それと地図を見比べると、
実は実際の東西南北とは関係ない場所なのに地図上の東西南北に当てはめて
いる部分もあることが即座に判明する。これは私は、初めて『七人の侍』を観た時
に瞬時に
違和感を覚えた。ポイントは「影」だ。
特にクロサワ作品は「なんとなくそんな感じ」という「雰囲気ファンタジー」を監督は
撮ったわけではないので、たとい一人の観客にさえこのような違和感齟齬を察知
されてしまうのは、やはり文字通りの「ミステイク」だと思う。
何度もテイクしたはずだろうに
映画作りってムツカシイね。世界のクロサワ作品でも
こうしたことがあるのだもの。


この記事をはてなブックマークに追加

映画『花のあと』

2012年12月14日 | 映画・ドラマ・コミック

藤沢周平原作の邦画『花のあと』を観た。

冒頭部分、若侍の刀の差し方、いいよいいよぉ~(^^)


北川さんも熱演です。剣の演技は全然だけどね(^^;
最初の木刀握ったシーンですでにド素人。というかひどすぎる。
まあ、『龍馬伝』で千葉佐那を演じた貫地谷しほりよりはずっといいけどさ。
北川さんも時代劇女優さんではないので、観るところはそこではないのでヨシとしよう、
とは思いたいのだが・・・


それでも剣のシーンがあまりにシドいので、少し書くと-------
最初の形の一人稽古でも、諸手の時に右手のみで剣を振ってはだめあるよ。
それに動きが硬すぎるし、目付が
地面ばかり見ている。「剣の達人」という設定の殺陣の
形としても、これはかなりひどい。
これを観て「できる」と思ったりする現代剣士もしくは現代武芸者がいるとしたら、その者も
ド素人、というか実力の程が知れる。

『幕末純情伝』(1991)の時の牧瀬里穂さんのように、國學院大學居合道部に何カ月も
通って真剣に刀法を勉強する、くらいの役作りが北川さんにもほしかった。あの映画での
牧瀬さんはなかなか良かったよ。北川さんは半年稽古したらしいが、半年やってこれ
なら、剣士の役などやめた方がよい。あるいはよほど師事した指導者が低級だったのか。
半年といっても中身が大切で、仮に半年で低級な中身を7回やっただけ、というので
あれば、それは同じ素人が同じスタートラインに立っての中身が濃い同じ1週間=7日間
には大きく水をあけられてしまう。生まれもってのセンス=筋の問題も大きくあるだろう。
「剣の達人」の役というのは、やはりごまかせないある一定の領域に達するまで稽古する
ことは最低限必要だと思う。理論を頭で理解しただけではできないよ、やはり。観て判る
人間が見たら即座に判ってしまう。底は浅ければ浅いほどよく見える。
「活劇ながら本物っぽく」という役者領域をプロ的に体現するためにも、どうしても一定
以上のタクティカルなメソッドを役者さんは身に着けないとならないと思う。
乗馬などもそうだよね。馬に乗れない役者が「馬術に長けた役」なんてできない。
ハリウッドウエスタンのグレゴリー・ペックの馬術などは、彼がプロの俳優であり、役
どころを自分に引き寄せているからいかんなくスクリーンに魅力があふれているので
あって、ああいうのがプロの仕事だ。『ハスラー』でのジャッキー・グレースンやポール・
ニューマン、『ハスラー2』でのトム・クルーズもプール・プレーヤーとして徹底訓練を
積んでビリヤード・プレーヤーとして一定のレベル(一般人よりかなりハイ)まで到達して
いるところが演技に違和感を出さなかったどころか「できる」登場人物として映像で
魅力をあふれさせていた。また、日本時代劇の場合では、若山富三郎や杉良太郎の
殺陣、萬屋錦之介の立ち居振る舞いなどはプロの仕事のお手本になる。人の心理
描写の表現としては『キューポラのある街』の吉永小百合の10代とは思えない傑出
した演技などがプロの仕事だ。この『花のあと』の北川景子はあまりにもひどい。
幼稚園児の学芸会でももっと観客を惹きつけるのではなかろうか。
それに立ち合い試合での袋しないの縫い目の向きが逆だしよぉ~。だれだ、殺陣つけた
のは。袋しないは縫い目を敵に向けるように今の竹刀とは構えた向きをグーギャにする
んだよ。なんじゃい、これは。それとも夕雲流では逆にするのか?というか、袋しない
使うのか?針ヶ谷流は。使うんだろうな(苦笑)。そして新陰流とは逆向きに構える、と。
というか、劇中の剣は無住心剣の形なんすか?これ・・・。これが?(^^;
そして、景子さん、突いた時にあれでは自分の左手の親指根元からザックリ自分で
斬ってますがな。骨まで行くよ、あんな添え手だと。だれだ?殺陣つけたの。
え?『ラストサムライ』の森さん?なるほど。

殺陣刀のため厚みがあり棟に見えるが、親指で押さえているのは刃側である。


絶対に真似してはいけない。真剣ならば親指はストンと無くなる。
仮に運よく無くならなくとも、指の骨髄に達するまで損傷する。
(例:昭和10年の相澤事件の相澤中佐。中佐は4指とも骨髄まで損壊)。
これでは左手全損なので、この後左手一本で剣を握って対決するという
殺陣の設定は成立しない。小指無しも難渋するだろうが、親指無しは
もっと剣が使えない。「龍の口」が機能せずに使えない。真剣刀法の
理論を説くまでもなく、この殺陣は駄目な殺陣立ち回りの典型だ。
「新春かくし芸大会」の映像ならばこれもアリだろう。


本作品の原作は藤沢周平の「海坂藩」ものだ。
下級武士ではなく、500石の上級武士の娘という設定がいつもの藤沢作品映画化とは異なる。
だけど、この映画作品は・・・とことん役者が演技できてねぇなぁ、おい。
主演女優も男優も、他の演技力ある「できる」役者さんとの演技力の差がありすぎるよ。
『リターナー』での鈴木杏の14才での天才ぶりを観た後だけに、いやはやなんとも・・・。
『花のあと』は他の役者さんが頑張っているので、惜しい。市川亀治郎がかなりいいよ、
この作でも。
ただし、江戸城として姫路城天守閣が出てくるのはあまりにもいただけない。この作の
スタッフのボロさがこういうところに出ている。江戸城天守閣は三度建築されたが、明暦3年
(1657)の振袖火事(明暦の大火)で江戸市内が広範に消失したのに伴い天守も消失
し、それ以降は江戸千代田城の天守は建造されていない。『暴れん坊将軍』ではないの
だから、姫路城を江戸城に模すなどというのは時代劇として下世話に過ぎる。劇中の
着装から元禄以降(原作からは多分幕末。老中安藤対馬守をもじった安西対馬の登場
からも藤沢作品の定番の幕末だと思われる)の時代設定であることは確かなので、
江戸城に天守があるというのは、現代劇で浅草十二階があるくらいに珍妙なことだ。
いや、現代のマンハッタンにツインタワーがあるくらいにおかしいことだ。今の東北の
シーンで失われた風景を無思慮に描くほどに無頓着なことだ。要はそれほどまでに
製作者サイドに日本人としての心の刻みがない、真剣に捉えていない、ということだ。
お手軽、安直なのである。江戸市中の大半を焼いた大災害で江戸市民がどんな思い
だったかに時空を越えて心の糸をたぐりよせて思いが至れば、このような安直な表現は
できないはずだ。
あと、最後の乱戦シーンでは、刺子を斬った時には、あのような斬り口にはならないので、
演出さんはエフェクトにもう少しリアルさを研究してほしかった。太ハムに刺子の袖を通して
日本刀であの振りきりで斬ってみれば判ります。(お前はやったのか?と問われれば、
やってるんだな、これが。過去の研究過程において)

『花のあと』は佐藤めぐみさんが可愛かったよ(それ、観るとこ違うから>俺)



それにしても、北川景子さんて、こんなにラディッシュだったっけ?
台詞回しなんて学芸会以下だぜ。
やはり、佐々木希にしてもそうだけど、モデルさんてのは、モデルさん
であって、アクターやアクトレスではない、とういことだね。
モデル出身でも阿部ちゃんなどはかなりいいけどね。阿部氏は苦労人
だし『チロルの挽歌』での情熱が役者としての境地を開いたんだろう。
北川さん、残念。岡山弁で「でーこんてーてーてー」てやつだな。
(=大根焚いといて)
いや~。時代劇としても、映画作品としても、剣戟物としても、ひどいの
観ちゃたよ。
中西監督、『青い鳥』ほどでないにしろ音楽流し過ぎじゃないの?
いらないシーンで、逆効果で耳障りだ。まるで『龍馬伝』のような演出で
鬱陶し過ぎる。正直言って、仕上がり、滑ってます。かなり安っぽい。
滑った正月TVドラマみたい。
役者の演技力を引き出さない映画ってのは・・・なんというかでして。役者を
殺すも活かすも監督次第。これ定番。同じ映画という土俵に立つのだから、
黒澤やマキノをもっと観てよ。
ただし、映画として観る価値はあり。映画製作のダメ例の参考資料として。


作品評価:2点/100点満点中


この記事をはてなブックマークに追加

映画『リターナー』

2012年12月10日 | 映画・ドラマ・コミック



『リターナー』(2002/東宝)
・監督・脚本・VFX:山崎貴
・出演:金城武(ミヤモト/宮本)、鈴木杏(ミリ/Milly)、岸谷吾朗(溝口)、樹木希林(謝)

<あらすじ>
2084年、地球は宇宙人の侵略により戦争状態に陥っていた。地球の未来を守るため、
82年前の2002年地球に最初に到着した宇宙人であるダグラを抹殺するために
地球人戦闘員の少女ミリ(鈴木杏)がタイムループして2002年10月19日夜の「現代」に
やってくる。

だが、到着した2002年の現場は、内臓摘出の為にチャイニーズマフィア日本支部の
溝口(岸谷五朗)が中国から人身売買された子どもたちを闇取引する場面だった。
ミリはその取引を潰して金を奪おうとした仕事人である宮本(金城武)に誤って撃たれて
しまう。
弾丸は防弾板により止められてミリは気を失っただけだった。ミリが過去である
2002年
の現代に登場した任務を宮本は当初信じなかったが、ミリによって首に高性能
爆弾を
仕掛けられ、嫌々ながらミリの任務に手を貸すことになる。
だが、地球に飛来した最初の
宇宙船の破壊威力に目を付けた溝口は、それを奪って
マフィアを乗っ取ろうと企んで
いた。宮本&ミリと溝口たちのダグラを手中にせんとする
激しい攻防がくりひろげられる。しかし
、宇宙船が地球に最初に飛来したのは実は侵略
の為ではなかった。地球を破壊に導いたのは地球の人間だったのである。歴史の真実を
知って
とまどうミリ。そして、自らの意思で任務を変更し、戦争で儲けようとする溝口と戦う。
熾烈な戦いが終わり、すべての任務が完了したミリは宮本に「愛してるよ」との言葉を残し
未来へと帰って行くのだが・・・。



<感想>
CGも2001年当時邦画では最高峰の出来であり、2002年公開時点での日本の最先端
技術を惜しみなく
見せている。まるでルーカスかスピルバーグが製作したような仕上がり
になっている。
力強い。映像・カメラワークにおいて、ショボイところはひとつもない。
以前から何度も観ているが再度じっくりと観賞した。全編で1時間57分だ。この時間に
まとめたのも計算ずくだ。大作を除いて、ヒット作品は1時間55分から58分以内にまとめ
られることが多い。なんでも、観客である人間の集中力を統計的に計ったデータに基づく
とのことらしい。

この作品は非常に脚本がしっかりしていて、映像描写もキメ細かい映画だ。SFによく
見られる映像的齟齬も存在しない(唯一、一ヶ所だけ気になる部分はあるが)。

撮影した2001年当時の最新技術であるCGが冴えている。脚本も良い。
何よりも、一番光っているのは14歳の鈴木杏だ。その彼女が自分と倍の年、14歳離れた
金城武と複雑な感情の触れ合いの演技を見せている。

食い入るように観たが、目だけ、唇のほんのわずかな動きだけで感情を細やかに
演技できる素晴らしい
女優がこの作品の中で十二分に輝きを放っている。
今回は、豪華箱入り2枚組特別版のDVDで観た。
全編鑑賞後、監督とプロデューサーが解説する副音声モードで再度観たが、この鈴木杏の
演技力と脚本の深い部分での理解度には監督・プロデューサーも感服していた。「子役」の
域をすでに超えている。



鈴木杏の山崎作品出演は『ジュブナイル』(2000年)以来だが、この作品では
とにかく鈴木杏の演技力が際立っている。

この映画では、彼女の表情の細かい変化による演技が見逃せない。
また、岸谷五朗が抜群の怪演を見せているが、これは彼の素のようにも感じる(笑)。
2002年10月22日夜明け後のラストシーン-
戦い終わって銃を捨てた宮本は、人身売買取引の時に見逃した溝口の
手下に
横浜市西区三倉5丁目の路上で心臓を撃たれてしまう。(場所の特定は映像の中の
一描写から)
だが、この宮本が最後に撃たれるシーンでもミリの愛情表現が生きてくる。
とにかく、鈴木杏の演技を堪能できる
映画作品だ。宮本を「必ず再び生還する
仕事人=リターナー」としている設定ではあるが、ミリこそが主人公で
「リターナー」
であり、過去を振り返るという作品全体のテーマになっているのだと思う。


「子役は太る」の定説通り、鈴木杏ちゃんは大人になってワイドになってしまった。
しかし、この『リターナー』においては、中学2年14歳で最高の演技を見せている
鈴木杏が映像に収められている。






彼女は、2011年の福島原発事故に思うところあり、昨年、自身のネット
発言で
「脱原発」の気持ちを訴えた。
たとえ地球の未来を思ってでも、政治的発言をすると芸能界では仕事を
「干され」る。特に企業利益と結びつく原発問題などは直截に述べると
人の安全よりも利益追求共同体で繋がっている日本のスポンサーの関係
から仕事をなくされ兵糧攻めにされる。
声高に脱原発を訴える山本太郎には一切オファー
がなくなった。
それが財界の「利益」と結びついた芸能界の実情であるので、最初は
原発について発言していた芸能人もすぐに口をつぐんだ。政治家と
なった大坂市長も「絶対に脱原発」の訴えを引っ込めて「原発容認」に
転じてケロッと開き直っていたことは記憶に新しい(何しろ政策も主張も
コロコロ変わって国民
をだまくらかすので、この人間の人間性は全く信用
できない)。

脱原発主張をする鈴木杏。

しかし、彼女は恐れず言う。
「正直なにをどうしたらいいのかはわからない。だけど、責任はちゃんと。
しっかり。持っていたい。できることは少ないかもしれないけれど、でも、
思いは東北に福島に。忘れることなんてできないよ」
「なにができるんだろう。なにをしたらいいんだろう。とにかく原発はなくそう。
なくしたい。自分たち、子供たちが生きていく
未来のために」 (ソース

リターナーのミリがそこにいる。今も。








 


この記事をはてなブックマークに追加