渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

自衛隊員が人間を狙って実弾射撃

2016年05月26日 | 時事放談

自衛隊員が人間を狙って実弾射撃




-----------------------------------------------------------

なんか変なの。
空砲用のブランクアダプター着けていなかったのだろうか。
最初からブランクアダプターを装着していなかったら、はなっから
実弾支給だったことは指揮官は認識していたのではなかろうか。
筒抜け銃身の場合には空砲では機関部は回転しない。
そのため、銃口に専用内圧装置を装着して、モデルガンのように
銃口を半閉鎖することによって銃身内圧を上げて機関部がガス圧で
作動するようにする。
そもそも、空砲支給の際にはマズルにアダプターを装着するのが常識
であり、また、実包は筒抜け銃口でないと発射できない。空砲用の銃口
にはアダプターがガチガチに装着されて銃口が半分もしくは全部塞がれ
ているからだ。



空砲と間違えたのではなく、最初から実弾射撃のつもりだったのでは
なかろうか。それを人間に向けて誤射したというのが真相かもしれない。
もしかすると事故ではなく、何らかの今後の意図あっての企画だった
可能性もある。
もし仮に、ブランクアダプターを装着して実包配備で実弾を射撃した
としたら、自殺行為だ。銃口は金属部品で塞がっているのだから。
なお、空砲でも、銃口から発射炎は噴出するので、至近距離で目に
発射炎が直撃したら確実に失明する。

空砲。薬きょうが鼓状になって内部に発射薬が装填されており、弾頭は
存在しない。


FN FAL小銃の実銃ブランクアダプター(銃口の赤い装置)。
実銃では訓練での空包射撃の際にこれを使用する。


この記事をはてなブックマークに追加

クマに襲われ男性死亡

2016年05月24日 | 時事放談


--------------------------------------------

過日、知り合いが本州のクマについて「どうせツキノワだろ」と言った。
バガヤロ様だなと思った。
クマのことを知らなすぎる。
クマの手の一振りを食らったら生きてはいられない。
ヒグマでさえ時速50km/hで野を走る。遭遇して間合いに入られたら
絶対に逃げられない。
ヒグマにしろツキノワにしろ、対峙して倒すには遠距離からの銃による
射撃しか手はない。

妻を助けて亡くなった男性にも残された奥様にも言葉を失う。

冬眠が終わり、温かくなって木の芽が息吹き花が咲き実を結ぶこの季節、
クマは食べ物を求めて森をかなりの距離を歩く。
山林で人間との遭遇は今の時期が一番多い。
ツキノワは食人のためではなく、人間を「脅威」と判断したら攻撃してくる。
私が山で三度クマに遭遇して生還できたのも、装備などは関係ない。
ただ単に運が良かっただけのことである。(次回からは無駄なあがきでも
分厚い軍刀を背負って山に入ろうかと思ったくらいだ)
入山には、クマ用強力カラシスプレーは必携だ。(爆竹は過度の刺激を
与えるという点で賛否両論あり。しかし爆竹投てきによる連続破裂音で
助かっているケースも多い)
一番危険なのは、近距離でのバッタリ遭遇で、春先の親子連れクマが
一番危険だ。
それを回避するためにクマから逃げてもらうためにクマよけ鈴を身に
着けるのであるが、クマよけ鈴は、あまり効果がない。
クマは「危険ではない」と学習するからだ。
入山したら、どんな些細な音でも逃さないようにし、また、人間は樹木を
木で時々叩きながら進んだり、複数ならば時々大声を出して進む。
常に音を発してはこちらが異変を感知できないのでよくない。
風の流れも常に把握する。

野生生物の彼らは日常的に命がけで生きている。彼らの生態を知悉せず
して人間の安全は確保できない。
町に生きる人間が森に入るということは、人間こそが森にとって異邦人で
あることを忘れてはならない。
そして、「生還」には、生還できるなりの理由がある。
とりあえず、日本の山では砲撃もなく銃弾も飛んで来ないが、「生還」に
ついては生還の掟を外しては生きては帰れない。

 ツキノワグマ 





この記事をはてなブックマークに追加

犯行

2016年05月23日 | 時事放談

20歳のアイドル大学生を20箇所以上刺した奴、被害者にもしものことが
あれば求刑死刑、判決死刑でいいと思う。殺意を認めているのだから。

被害者は警視庁に相談していたが、警察は「ただちに危害を加えるもの
ではない」と判断して「何かあったら通報」との処理だったようだ。
親も危険を感じて犯人在住の京都府警に相談したが、動きなし。

警察というのは、目白の田中邸は警備しても、国民が危険を訴えようとも
守ってはくれない。
彼らが守るのは国民の身体生命ではなく、国家権力だからだ。
これが、仮に政治家の子女だったり警察庁幹部の子たちからの訴えであった
ならば、警察は同じように何も動かないという対応をしただろうか。
かつて、ストーカーからの身の危険を感じた女性が埼玉県警に助けを求めて
いたが、警察は何ら動かず、JR桶川駅前で女性は刺し殺されてしまった。

どうやったら、このような頭がおかしい奴からの危害を防げるのか。
女性や子どもという弱者がいつも狙われる。ゴリラのようなスキンヘッドの
ヤクザが狙われたりはしない。
ネットに脳が冒された人間の犯行。
社会的対策が求められる。

現在意識不明の被害者の回復を祈る。


米軍海兵隊の奴も日本人の二十歳の女性を殺害して遺体を遺棄した。
日米地位協定により、日本は手を出せない。
日本は独立しておらず、米国の属国であり支配下にある。

女性殺傷の犯行に及んだこういう奴らは、全員死刑でいいと思う。
川崎で少年の首を何度も切って殺害した少年も、死刑でいい。
犯人はカッターナイフとはわからなかった、などと裁判で言い始めた。
こういうのが何年か収監されたらまた社会に出てくる。
女子高生コンクリート詰め殺人の犯人たちの少年は、釈放後、何らの反省も
なく、事件をネタに脅迫等の犯行を再犯している。
皆、死刑が相応しいと私は思う。
死刑は殺人を否定する法が人を殺すという整合性の欠落はあるとはいえ、
私は死刑制度には法理論的には反対だが、心情的には死刑制度廃止には
反対である。
冤罪の問題が一番だが、確実な犯人であるならば、死刑執行を否定しない。
人を殺した人間は、制裁的に殺されて当然だと私は考えている。
死刑とならなくとも、最低限、絶対に釈放するべきではないと考える。
殺された人は帰って来ない。


この記事をはてなブックマークに追加

素顔

2016年05月23日 | 時事放談



謝るのは似合わないよ。(謝ってないけど)
もっとどんどんすげーのが出てくるよか〜ん(^^;
期待する。
どうせなら、どどーんと都の予算の大半を使って何かをやっていてほしい。
ほら、字はわからねぇけど、戦車のセンとかよ。


東大に全学共闘会議が出来て東大闘争が頂点に達する頃、当時東大生だった
こいつはビラで
声明を出していた。
無論、全共闘側でも日共でも右翼側でもない。
解ったようなことを書いているつもりだったのだろうが、その自筆ビラの中身は
己のエスタブリッシュメントとしての将来性にのみ興味があるような声明だった。
それを後年読んだ時から私は「こいつはいずれにしてもカスだ」と思っていた。
どうせ、まともに労働などせず、教育機関の教授か何かになって後に政治家と
いうお決まりのコースだろう、と踏んでいたらその通りだった。
でもって極度の男根主義的差別主義者だから、その俺様中心の感覚でお為
ごかしを並べながらも公金使いまくるだろうなぁ、と読んでいたら、期待を
裏切
らずにその通りやってくれている。


東大生の頃から君は何一つ変っていない。
これからもどんどん、自己中心で頑張ってほしい
天は見ているから、そのうちきっと、それなりの報酬が君に与えられる。


この記事をはてなブックマークに追加

中華人民共和国の実態

2016年05月21日 | 時事放談

これはひどい。

こちら → 北京の空港にて愛刀を折る

まるでフィリピンや他の東南アジアのようだな。
まあ、大規模施設などを建設しようと建材を置いていたら、まるごと
盗まれる国だからな。
中国当局からして、列車事故起きたら、原因究明などせずに、まだ
被害者が車内にいるかもしれないのに「埋めちゃえ」と
列車ごと
埋めちゃうような超野蛮な連中がトップにいる国なのだから。
女性を妊娠させて嬰児を路上で丸焼きにして食べる大道芸を
やっていて、英国が抗議をしたら国の当局が逆に英国にクレーム
つけたりねじこんだりするようなのが中華人民共和国だ。
自由を求める人士が起ち上がった1989年天安門事件では、自国民
を殺戮しておきながら「中国の人口は10数億。100人くらい殺しても
影響はない」と国のトップが言い放つ。それが中国だ。
性的玩具にするために、女性の両手両足を切断してダルマにしたり、
走れないような奇形にするためテンソクにさせたり、そういうことを
平気の平左でやってきたのが中国五千年の歴史なのだ。
いってみれば、なんでもありで、とりわけ近代先進国の「権利と義務」
の概念などは通用しない。
中国の場合、人から物のを盗んでも「盗まれたほうが悪い」というのが
徹底して五千年にわたり浸透しているので、この国に旧西側先進国の
良識を期待しても無理である。体制や思想は人間性を凌駕しない。
いまだに列車の客室の中(トイレではなく)の床に大便したりするのが
普通の国だよ、中国。公害なども垂れ流しだし、人の尊厳などは存在
しない。しないのではなく、あえて存在させない。中華だからすべては
自分たちが地球の中心だと思い込んでいる。
自分こそが唯一絶対正しいとする中華思想は、地球を滅ぼす思想だ。
でもって、人口からすると、地球人の5人に1人は中国人であるという
この絶望的な現実。


というか、空港でのこういうのって、未開の後進国の第三世界では
往々にして
あるのだが、なんだか映画『戦争の犬たち』でのアフリカ
架空国ザンガロの空港のように思えたよ。
国の職員が私腹を肥やすためにすべてポケットに入れようとする。
まあ、今の都知事もまったく同質だけどな。
中国職員もザンガロ職員も東京都知事も、共通項は権威を笠に
正義を装ってかすめ盗って私的に利益を得ようとしているところ。
早いとこ死んでくれ。


Welcome to Zangaro - The Dogs Of War (1980)





 


この記事をはてなブックマークに追加

刀剣骨董業界の実態の一部

2016年05月21日 | 時事放談



------------------------------------------


骨董屋=刀剣商においては、これに似たことは日常茶飯事だ。
日本刀の業者市では刀を放り投げ、刀身を素手で摘んだりする。
仕入れ→転売商品の品定めでしかないので、極めて刀屋は
日本刀をぞんざいに扱う。
これは店舗営業だけの店だけでなく、ウェブサイト併催の店舗の
業者でもそうだ。

今回御用となった刀屋はウェブサイトを見たことがある。
ほとんどの商品に「目垢禁止」とバッテン表示してウェブサイトに
画像を非掲載にしている。なんだそれ?(苦笑
まあ、よくそこらにいる高慢ちきなカスだな、とは思っていたが、
人様の刀を預かって返さないどころか返却には模造刀を出した
とは恐れ入谷の鬼子母神だ。ま、房内の便水で面でも洗って来い、
てやつだな。

というか、一生塀の中に入っていたほうがいいと俺は思う。
こういうのは、どうせ懲りないのだろうから、娑婆に戻すだけ害悪だ。
刀屋を信じて刀を預けた人が気の毒すぎる。
よくない奴が多いよぉ〜。日本刀販売(骨董)の世界と武道界は。
本当にろくでもないのばかりが大集合している。販売業者も刀鍛冶も
研ぎ師も柄巻き師の中にも、非道な者がたぁ〜くさんいる。人間が
よろしくないのが大勢いて、しかも偉そうにしている。
人間性ってね、変わらないから。もしかしたら生まれ持ったものかも。

だから言ってるだしょ。「本物を見抜く目を持て」と。
そゆこと。


この記事をはてなブックマークに追加

馬鹿 〜けさのNEWSから〜

2016年05月17日 | 時事放談

 愛知県警は16日、部下の男性の体内にチューブを挿入したなどとして、
同県蒲郡市の消防職員3人を暴行と強要の両容疑で逮捕した。

 逮捕されたのはいずれも消防士の3容疑者。

 県警蒲郡署の発表によると、3人は共謀して今年3月5日、蒲郡市の
消防施設で20歳代の消防士の男性の体を押さえつけて、救急活動に
使うゴム製チューブを体内に挿入して息を吹き込むなどの暴行を加えた
ほか、同12日にも嫌がる男性にわいせつな行為を強要した疑い。男性
にけがはないという。蒲郡市役所から警察に相談があり捜査していた。

 3人とも容疑を認め、容疑者の一人は「悪ふざけのつもりがエスカレート
してしまった」、別の容疑者は「上司の容疑者が怖くて、いやいや従った」
と話しているという。

-----------------------------------------------------------------


おひ、もしかして、ツーケか?
息吹き込むって、逆噴射の危険は考えなかったのか?
消防士として駄目じゃん(違

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

眉毛に見る趨勢

2016年05月15日 | 時事放談



日産の物凄い上がり眉に対し三菱の物凄い下がり眉。
盛者必衰の理を表す。

今回の件は、日産はかなり以前から把握していて、それで
期を見て一気に公開、権利分捕りという裏の図式だと思うよ。
三菱がデータ捏造していたのは事実としてあったとしても、
そういうことをどう自己利益誘導に利用するかなんてのは
資本家は
お茶の子さいさいだから。
「自己利益の獲得」。この目的のためだけに資本家は生きてるの
だから。
いや、これマジです。


この記事をはてなブックマークに追加

ワーゲンに続け!

2016年04月25日 | 時事放談


----------------------------------------------------------------------

駄目じゃん、三菱(^^;
ワーゲンの時はモータージャーナリストとかは散々叩いたけど、
さて今回はどういう反応を示すかな。


この記事をはてなブックマークに追加

視聴率稼ぎがやらかした愚行

2016年04月09日 | 時事放談



これはひどい・・・。刃こぼれだらけだ。鎬幅と刃文からみて備前系?

居合術兵法家の町井勲氏が苦悩の苦言を呈しています。 → こちら

こういう愚かしいことは、どうかやめていただきたい。
マスコミ関係者にお願いしても、視聴率稼ぎはスポンサーとの関係から
逃れられない呪縛なのだろうが、せめて居合や剣術に関わる人は
このような愚行に参加することはやめてほしいと切に願う。


この記事をはてなブックマークに追加

国会

2016年04月07日 | 時事放談
野党時代に「TPP断固反対!軸がぶれない自民党!」を選挙公約にして
農家からの票を集めた自民党。
政権与党に返り咲いたら、素早く掌返して積極推進に転じた。
さすが政治屋のプロは違うね〜。
それくらいじゃないと、国民を殺したりはできないよな。

あ。掌返してる(笑


この人物の息子がテッポ担いで戦線に出るなら、これなる者が言う軍事的発言も
信用するよ。

この記事をはてなブックマークに追加

愚かなマスコミ、愚かな教育委員会、愚かな親

2016年04月05日 | 時事放談

昨年初頭の報道だがこんなことがあった。

中2女子27人の前で、真剣使い居合見せた教諭
香川県さぬき市の市立中学校で1月末、保健体育の男性教諭(59)が
授業中に 日本刀(真剣)を使った居合を見せ「行き過ぎた行為」として
市教委から口頭注意を 受けていたことがわかった。
市教委によると、教諭は2年生の剣道の授業で、女子生徒27人に対し、
刀を鞘から抜きざまに振るう居合を見せた。教諭は居合道4段、剣道2
段で、 日本刀所持の許可を得ていた。
生徒とは7メートル以上離れていたという。
保護者から市教委に「危ないのでは」との相談があり、発覚した。
教諭は宿泊学習の際に「生徒に真剣の居合を見せたい」と校長に
申し出て却下されていた。教諭は「剣道を理解してもらおうと、見せたい
気持ちが勝ってしまった」と話しているという。」(読売新聞)

「日本刀所持の許可」とは何ですか?
どんな許可なのですか?
銃刀法に基づく特殊な許可ですか?
美術日本刀(真剣)は刀個体に法に基づく「登録証」が付属していて、その刀は
誰でも所持所有できるのですが。たとえ小学生でも。
銃器とはまったく扱いが異なるのですが、読売新聞とかは、どのような社会的
意識なのでしょうか。公器たる新聞が法律をなきものとして犯す意識なので
しょうか。


マスコミも極めて不見識であり法律のホの字も知らない愚かしさだが、
香川県教育委員会も不見識極まりない。
仮にこの教諭が演武した居合が、教諭の言葉にあるように「剣道を理解して
もらう」ためであり、そこで演武されたものが全日本剣道連盟の居合である
ならば、
剣道教育の一環として宿泊学習の日に演武を実演したことになる。
このマスコミ=読売新聞の報道は、「日本刀=危険」という一面だけを
フレームアップしようとした極めて恣意的で悪質なものであり、また、父兄から
の知らせで
動く教育委員会の見解も何が「行き過ぎた行為」であるのか、甚だ
不見識
極まりない。教育の一環として剣道の授業で剣道連盟の制定居合を
演武して生徒に見学させたことの何が「行き過ぎ」であるのか。

ひとえに「真剣日本刀」を「悪」とする意思に基づいてこの事件は起きている。
問題があるとすれば、校長の出した不許可を破って演武を行なったという
一点であり、居合演武において真剣を使用することは何ら暴力行為や
不法行為や違法行為ではないところ、それをあたかも「真剣居合=忌避すべき
悪」とする意識がこの事件を起こしている。

広島県尾道市、三原市のスポーツ施設では全剣連居合道の稽古に稽古場を
提供することを平成26年から拒否し始めた。
一室を貸し切りにして外部との接触を避けた状態でも理由なく「不許可」と
なった。
武道教育を義務教育に課した時代にあって、それに逆行するようにこんな馬鹿
げたことが起こり始めている。

さて、こうしたことを推進している勢力は一体何なのか。
それが不思議なことに、共産党や社民党のみがこうしたことのバックにいる
のではない。自民党系からもこのような動きに同調し、「居合術」や「居合道」
そのものの講習教育を否定する傾向が出てきているのだ。

とんでもない世の中になってきている。

ただ、全剣連の場合、公立学校の教員の人間も多くいるが、その多くは居合を
研鑚していることをおおっぴらには公けにしないようにひっそりと
やっているのが
実情だ。

これ自体が大いにおかしいことである。
野球をやっています、サッカーやっています、剣道をやっています、ということ
とは同列ではないという、居合があたかも反社会的であるかのようにきめつける
という反居合的な社会情勢が確かにある。

料理に使う包丁をお土産に包丁屋で買っても「危ない人?」とか言われる時代だ。
なにかが決定的におかしくなってしまった。

(剣道教育の一貫として小学生の前で居合を演武する私)



また、居合研鑚当事者たちも、差別されて排撃されても声をあげないんだよね。
ほら、武術武道というのは「お上に従え」という部分が結構あるから。
ただ、うちの尾道の先生は正当に尾道市施設に何度も抗議・使用許可申請と不許可
理由開示の申し入れをしたが、門前払い
のような職員の態度で話にならかった。
私も三原市に抗議したが、てんでお話にならなく、呆れはてた。
裁判なり公的手続きを踏んで訴えたら、市が自ら掲げた市民のスポーツ振興と
体育教育推進の観点から行政が敗北するのは目に見えているのだけどね。
理由を開示しないままの施設使用拒否(それまで使用許可していたところ、
ある日突然に尾道市も三原市も使用を不許可で拒否に転じた。理由は明か
さない)というのは、とことんふざけた話だと私は思いますよ。

ただし、真剣日本刀を扱う人間側にも問題がないかというとそうでもない。
犬や猫を斬り殺したことを自慢げにプロフィールに書く人物が抜刀道などの団体の
長になっていたりする。
また、インターネットにおいて、警察官を斬り殺したり特定日本刀作家への武装襲撃
を宣言している剣術流派もいたりする。
こうした反社会的な団体や個人が、「剣術」「抜刀術」と称して真剣日本刀を振り回して
物切り集団を組織しようと活動している。
現行の社会風潮として真剣を使った居合を敬遠する国民の意識は、彼ら反社会的
集団や個人だけに起因するものとは断定できないが、伝統武道のための真剣使用者
側に責任の一端が皆無であるとはいえない。
残念な現実としては、「広く社会に貢献する人間形成の場である」とする武道理念と
かけ離れた行為がこの日本刀ブームの中では多くみられるからだ。
犬猫を斬り殺すことはそれ自体で犯罪だが、刀を単なる道具のように使って物斬り
のみに明け暮れる様式からは、伝統武芸がめざす人格的到達点を子どもたちに教育
するのは困難なのではなかろうか。
無論、犬猫斬り殺しの犯罪者や犯罪者予備軍などは、人に何かを教え伝える立場に
ないことはいうまでもない。


この記事をはてなブックマークに追加

北海道新幹線開通初日の悲哀 〜新青森〜

2016年03月26日 | 時事放談



そ、そんなぁ・・・。


この記事をはてなブックマークに追加

ショーンK 実際の英語力発音まとめ ショーン・マクアードル川上

2016年03月22日 | 時事放談

ショーンK 実際の英語力発音まとめ ショーン・マクアードル川上
2016/03/17 に公開
ショーンK 実際の英語力発音まとめ ショーン・マクアードル川上

何かと世間にネタを振ってしまったショーンK氏だが、この動画に
付けられた
次のコメントには笑った(笑
よくご覧いただきたい。




でも、ショーンKというのも芸名だったんだなぁ・・・。
○○○-Kとかいうのは妙な怪しげなのが世の中多いのかな。
言ってることが変なのもいるしなぁ。どうせならその言ってる内容に
合わせて、いっそKKKとかの名前に
すればいいのにとか思ったりもする。
まあ、おもろいハンドルネームというのもあるものです。
人を名誉毀損したり誹謗中傷したりするのにも
ハンドルネームなのに「氏」
つけて呼べば名誉毀損の犯罪を免れると誤認して事足りるとしたりとかね。

さかなクン氏とか言うのかっちゅーの(笑
「御御御漬け」は固有名詞だけど、「御ご飯」とか言うのかって(笑
でも言うかも。心根がまさに「俺様」だから(笑


この記事をはてなブックマークに追加

安田純平氏 中東で拘束 日本政府が隠ぺいか

2016年03月19日 | 時事放談



言いたいことは解るが、基本的なことを理解していないようだ。
国家権力が守るべきは国民の生命財産ではない。国家権力が守るのは
国家権力と国益であり、そのためには国民の生命財産などはどうでもよい。
また、選挙で政権を獲得した政治家たちは、政権維持と自己方針(法案
可決や各種政策)等の実現にしか興味がない。それらの実現のためには
政権政府は
国家権力の中枢と連携してどんな謀略でも実行する。
権力とはそういうものだ。
国家権益のためには、謀略により「事件」や、(現代的表現を使うならば)
「テロ」さえも実行して自国民を大量に殺してさえも、その原因と矛先を
特定国や特定団体に向けて、戦争を準備する。
こうしたことは大日本帝国もアメリカ合衆国も実際に何度もやってきた。
戦後、徹底的にアメリカに政治・経済・軍事が掌握されている現在の日本
国家もまったく同じだ。
国家とはそういうものだ。人の命などはなんとも思っていない。
国家権力の謀略と暴力を前にして、法律だの正義だの生命の生存権などを
口先で言っていたら軒並み殺されるだけだ。「事故」という形で。

人の世の歴史で、権力が正義であったことなどは一度もないんだよ。
社会党村山が総理大臣だった時も、「見てはいけないもの」「知ってはいけ
ない事」に多く接してしまったはずだ。そして、主張のニュアンスを翻した。
彼も「政治家」だったのだ。
所詮は国家権力と(政権政府閣僚は権力を掌握してはいない。そういう
システムにさせられている)それをさらに支配する巨大な力の掌の中で
転がされただけなのである。
こういう「仕組み」は国家権力の中央に近い人間は誰しも理解していること
だろう。


この記事をはてなブックマークに追加