渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

山梨のワイン

2014年07月31日 | 風情・季節・地球

刀工小林康宏工房の人から届け物あり。
短刀にしちゃでかいな、なんだろうなんて思ったら(笑)、
暑中お見舞いいただきました!
ありがとうございます。



開けてビックリ、山梨県北杜(ほくと)市の工房の近くのワインだよ!
山梨のワインはかなり美味いっす。これ日本が世界に誇ってもいい
ように思えるくらい。



おお!2006年の白と2010年の赤だ。
重ね重ね感謝します。ありがとうございます。

ワイナリーはこちら、シャルマンワインです。康宏鍛刀場から1キロ
ちょっとの御近所さん。



山梨はワインが名産ですよね。ブドウが良いのでしょうね。甲州ブドウって
あるもんなぁ。葡萄と梨ですかね、山梨県は。


この地図は縮小なので全部載っていませんが、山梨県を拡大
すると、ブワ~ッとワイン関連の醸造所や施設があるよ。

しかも、今回いただいたワインの産地は、私と四半世紀の付き合い
のある昔の道場の先輩と深い縁がある場所だ。
その人は、
現在は全剣連で八段となっている。彼の先祖は幕臣で
甲斐守2050石
だった。元々は1050石だったのだが、加増加増で
江戸時代後半は
2050石となり、最後には5050石になっている。
幕臣でそのクラスというと、大身も大身、大身旗本もいいとこで、もう
大名クラスにあたる大殿様になる。家中の侍の数も相当な人数を
雇用していなければならなかったことだろう。
石高が高禄というからすごいのではなく、彼の家は12代将軍の
徳川家慶の名代として大名家の法事などに出席したようであり、歴史
的にずっと加増を続けると同時に幕府の中でも将軍側近のような
立場で、構造的に存在する役職を超えるような重役を担っていると
いうのがなんだか凄いと思う。将軍の代理人を務めるというのは、
どれだけ将軍家からの信任が厚かったのかと思うし、江戸期を通して
出世し続けて零落知らずという武士は結構珍しいと思う。
(侍はさぶらふ者で、勤務する武士のこと。侍=武士だが、武士=侍ではない
ので歴史用語の使用には注意が必要。刀を持っていれば侍という
図式は存在しない)

幕府旗本の石高等についてはこちら→ 江戸幕府主要旗本一覧

江戸時代って、変な時代だよね。
公務員たる幕臣や大名家や家臣団の年収というのは公開していたん
だよね。
これ、アメリカ人の友人が非常に不思議がっていた。アメリカでは
一般的には年収を明かしたりは絶対にしないそうだ。個人情報として
とらえているのかも知れないね。
日本の場合、武士が扶持高を明らかにしていたのは、「家格」という
ものを前面に出す政策や意識とも連動していたのではないかな。

だが、彼の家はずっと50石というのだけは加増されてもポコンと飛び
出して扶持高についていた。不思議な旗本だった。

仲間内から「その飛び出した50石てのは一体何だよ?(笑)」なんて
よく言われてたが、本人も「わかんねぇ。謎(笑)」と言って笑ってた。
江戸時代には俎板橋近所(神道無念流の練兵館のそばだね)の一ツ橋
付近にかなり広い敷地の家があり、
江戸切絵図にも載っている。地下鉄
飯田橋の駅構内の大きな江戸
切絵図にも丁度彼の元の家が記載された
パネルが常設掲示されて
いる。
先祖の出身地はこのいただいたワインのまさに産地で、地名も彼の
苗字と同じだ。
みんなで稽古帰りに飲みに行ったら、よく刀を店に忘れて店出ようと
しちゃう人だったけどね。
「だから幕府は薩長に負けるんだよ」なんて、みんなに言われて、
「いや~(^^)」なんて笑いながらポリポリしてた。
(平成18年以降は、全剣連では稽古帰りの飲酒は自主規制となっている)

人はいい人です。
人間関係作りが凄いよ。敵を作らない人。
あれって、やろうとして出来ることではないと思われる。
だから彼は全剣連の重鎮たちからもとてもよく可愛がられていた。
今もお歴々からの信任も厚いようだ。
それはそうだろうと思う。だって、稀有な「人物」だもの。
でも決して世渡り上手のスラスラスイスイの口先三寸で渡ってるのでは
ないのよね、彼の場合。心の中に実がある。それが人にも伝わるのじゃ
ないかな。
先輩のそういうところは鑑として大いに見習いたい。
(プライベートでなく道場に入っての公的場面では「先生」と呼ぶように
しています)


敵を作らず。
これ、居合の究極の極意のように思える。

小林康宏工房の人からいただいたワインを見て、夏の山梨の工房に
思いを馳せた。夏涼しいといっても、やっぱり暑いからね(^^;
日照時間が日本一の土地だし。
真夏のトンテンカンは地獄だけど、くれぐれも体だけは健やかにと
祈ります。


脱水症状防止や熱中症防止には、水だけ飲んでは絶対に駄目ですよ~。
水のみ飲むと余計血中塩分濃度が上ります。
必ず塩分と同時に糖分も摂取してくださいね。
塩分錠剤も良い物が最近はありますよ~。お試しください。(摂取過多注意)
私は炎天下の野外行動でも、これまで一切熱中症になったことがありません。
今までに一度もです。
それは適切に水分+塩分+糖分を補給しているから。
あと、肌と脳天を日差しに絶対さらさないから。
人間は治められても、自然だけはお構いなしに人間に猛威を振るいますから、
それなりの対処をしないと自然の摂理でサヨウナラになりますのでご注意を(^^)

「最大の敵は、敵兵ではなく、自然である」(マイク・ホアー)


この記事をはてなブックマークに追加

夏の渓流 涼しい話

2014年07月31日 | アウトドア

広島だけでなく、夏の渓流は軽装で軽快にテンポよく水面を叩くように
釣り上がるのが痛快だ。


広島県某所。これは・・・いるね(^^)

絶対にいる。

ここまで入ると、熊もいるけどさ~。何度も遭遇したよ(^^;


熊は、遠くに姿を見るのはまだいいのだけどね。バッタリ遭遇が一番危ない。
一番、こりはヤベッすと思ったのは、川から上がって車のところに戻ったら
車の周り熊の足跡だらけだった時だ。全然人を恐れないから、気をつけない
と危ない。春先の親子熊なんてのが一番危険だ。

一度、どこまでも行っても投げれば出るの入れ食いだった支流があったから、
これはあまりにも不自然と、あとで漁協に電話して「あそこ禁漁区間ですか?」
と尋ねたら禁漁ではなかった。
でも漁協のおばちゃんが言うには「あそこに行ったのですか?あそこは
先週、熊の被害があって、釣り人が重体で今も意識不明で・・・」
どひょ~。どうりで人っ子一人いないはずだったよ。
まあ、その車の周り熊の足跡だらけの支流なんだけどね。
で、その時の釣行はどうなったかというと、どんどん、どんどん流れの奥に
目に見えない何かに誘われているようで気持ち悪かった。
アマゴを持って帰って食べようと一匹絞めて、さらにもう一尾絞めようとした
瞬間にギョロッとアマゴが俺を見て目が合った。ワッ!となって手を離した。
いや、ほんとに。
アマゴを絞める時は、俺は脳天の真上にナイフを垂直に深く差すのよね。
それで切先を頭の上に持って行った時にギョロリと睨んだ。
ドヒョヒョ~!となって「気持ち悪いから釣りや~んぴ」と納竿して車に戻ったら
熊の足跡だらけだったというわけだ。

さらにそれには後日談がある。
フライ仲間にKというのがいて、「ええっ?あそこ行ったの?」と言う。
熊被害の話知ってたのかと思ったら、違うと言う。
そこの支流は知る人ぞ知る異様な支流で、彼の体験ではこうだったそうだ。
あるときその支流で釣っていたら、やたら滅多ら釣れる。これは面白い、
こんな川はないぞ、ということでどんどん釣り上がって行った。
すると、川から顔だけ出して頭に白いタオル巻いて泳いでいるおっちゃんが
いた。
こちらを見てニコリと笑うのでぺこりと挨拶した。
こんなところで泳ぐ人いるんだぁ、と思いながら。
泳いでいる人がいると釣れないので、川から上がってギョッとなった。
おじさんが首を水面から出していたところは沢の背で、水深がふくらはぎ
くらいまでしかない。それなのに垂直におじさんは顔を出して笑っていた。
グワ~と思ってKは川を振りかえった。おじさんはどこにもいなかった。
そして、気持ち悪いから納竿して車に戻って帰宅した。
それから原因不明の高熱が出て数日寝たきりになったという。

どうやら、嘘のようなホントの話、私が行った投げれば釣れる人がまったく
いない不思議な支流は、場所を照合すると、Kが話すその支流だった。
そして、単なる偶然だろうが、ベースキャンプとなる釣り仲間が経営する
キャンプ場に戻った晩から私は原因不明の高熱が出た。
急きょ有給を取ったが、数日間ロッジで寝た切りとなった。

川のそばでは、このような怪談めいたいろんな話がある。
岩の上から淵を除いていたら誰かに背中押されたり。
夜明けから釣ろうと川のほとりにテン場を設えていたら、「オイ」と誰かに
すぐそばで呼ばれるから振りかえるけど誰もいない、また「オイ」と呼ばれる
から周りを探すが誰もいない、とか。
あと、昼でも薄暗い林道を歩いていると、誰かが後ろをついてくる。
こちらが足を止めると、数秒後に後ろの足音も止まる。こういうことはよくある。
最初その話を人から聞いたときは「おめ、そりゃぁ猿かなんかじゃねぇの?」
とか笑っていたが、自分が体験してみて、「あ、これか」と思った。
モノノケくんなのかしらね。まあ、いてもおかしくはない。
それと、これは最上流ではないが、川のそばにテントを2基張って宿泊した
かつての外遊び仲間は、誰も夜中にそんな場所には来ないだろうに、深夜に
テントの周りをドタドタと走り回る足音に悩まされた。

この手の話は結構ある。

ある関西の渓流で、釣り具屋の店長が釣行に出かけた時、林道の上流方向
からハイキングでもしていたらしい若い男女が半泣き顔で小走りに掛けて来た
という。
聞けば、気持ち悪いものを見たから下流まで車で乗せて行ってくれと言う。
店長は折角の時間帯なので、それを断った。
そして、渓流に降りた。
しばらく釣っていたら、何か白い細長い物が水面に浮いている。
見ると、ランニング姿の少年が水面に横に寝そべって立て肘で手で頭を支えて
こちらを見ている。
少年がいるのは水面だ。
店長は目の錯覚、何かの見間違いと自分に言い聞かせて、再度よく見た。
すると、そこには何もなく、ただ渓流の水の流れがあるのみだった。
ほら見ろ、錯覚やんか、と店長は釣りを続けて上流に上って行った。
魚影が濃い渓流で、釣りが楽しくどんどん奥に入って行ったが、なぜか急に
釣れなくなった。
川から上がることにした。
そして、上がりかけた時に店長は見た。
渓流の脇に立つ案内看板の上に白いランニング姿の少年が寝そべって
立て肘で頭を支えてこちらを見ているのをハッキリと見た。
ちなみに、看板の幅は2センチほどしかない。
店長は脱兎のごとく後ろを見ずに車まで駆け返り、一目散に帰宅した。
なお、その後店長はいやな客から「どこか良い渓流ない?」と訊かれたら
二度と行かないことにしたその支流を必ず教えるようにしているらしい。
なんちゅうオチだ(^^;

(以上すべて実話)


まあ、夏風味の実話はいろいろあるけど、アマゴはカワイイす。
一度ギョロリの時はウゲッ!と思ったけど。
(実はそれ以来、渓流魚は一尾も殺していない)

別の支流でおいらのフライに食いついた広島のアマゴちゃん。かわゆす♪


嗚呼。渓流に行きてえ~~!

夏の渓流はですね、夜が明けた時のトップウォーター、これが最高です。

釣れなくても気持ちいいもの(ってだめじゃん、それ)。

でも、楽しければいいのさ(^-^)

背筋寒くなる涼しい話も多いしね(笑

「渓流 怪談」で検索してみてください。皆さんかなり体験されてます(怖


この記事をはてなブックマークに追加

きのこクン ~和田匠平~

2014年07月31日 | アウトドア

きのこクン(和田匠平)がかわいいよ(^^)


好きな人は「さかなクン」だそうです(^^)



この子の「きのこ好き好き」感がいいよなぁ。
何事も、「好き」から入らないと深まらないよね。


この記事をはてなブックマークに追加

本当に強かった具志堅さん

2014年07月31日 | スポーツ・武道など

妻と話していて、具志堅用高さんは強かったねという話題になった。
いや~。本当に強かった。

具志堅用高 本当は凄かった!伝説のKO集!


この動画のタイトル、言葉の使い方失礼だろ。
「本当は」でなく「本当に」だろうに(苦笑
投稿者は今のお笑いバラエティの具志堅さんしか知らない世代かも
しれない。
偉人の栄光をなめたらあかんぜよ。
元世界チャンピオン具志堅さんの6回連続KO防衛の記録を
破る日本人は30年以上過ぎた今も出てこない。
世界王座防衛13回は日本記録である。
具志堅さんは本当に強かった。

笑顔がいいよ(^^)


具志堅用高


この記事をはてなブックマークに追加

早射ち

2014年07月30日 | スポーツ・武道など

2013 Cowboy Fast Draw Show


うひゃひゃひゃ。
ちびちゃんたち、めちゃくちゃカワイイ(^0^)


まあ、アメリカ人の居合なのだけど、礼儀正しいし、かわいくてイイネ♪


この記事をはてなブックマークに追加

風呂敷

2014年07月30日 | 風情・季節・地球



さる方から頂いたお中元がおしゃれだ。
大きな缶に入った煎餅のつめあわせなのだが、
清涼感あふれる水色の風呂敷に包まれている。
これはいただいたほうも気持ちが良い。
ありがとうございます。
風呂敷、大切に使おうっと(^^)
カンカンも何かに使えるよ~。
焼きなまし用の灰入れとかにも(^^)


煎餅うまいっす(^0^)
東京者はなんでやたらと煎餅が好きなのでしょうか?


この記事をはてなブックマークに追加

竹島問題高裁判決:日韓外交文書不開示・・・1審より後退

2014年07月30日 | 時事放談

すわ。
パンドラの箱をつついたか?
「開示すれば他国との信頼関係の維持に悪影響を及ぼす」とは、一体どんな

内容のものであるのか。
のっぴきならない、とんでもない事実(歴史の真実)を裁判所は把握した。

「我が国が不利益を被るおそれがある」とは、もしかしたら、売国自民党政権
が、北方領土と同じく竹島を他国領と認めるような国際的な取り交わしをして
いたのかもしれない。
あるいは、逆。
戦後の周辺顔色伺いの国際路線を作ってきたのは全部自民党ですから。
自民党支持者は愛国者面する自分を恥じることなく、のうのうと愛国者である
かのようなトンチキなところで愛国論をぶつのは、よしたほうがいいと思うけど
なぁ。
右翼も勿論左翼も、憂国の念は自民党支持しながら愛国を叫ぶ人たちよりも
強いので、自民党などは支持してきませんでした。
右翼なんて、歴代総理は「暗殺」の対象として右翼テロを主張して来てたしね。
自民党支持の人には申し訳ないが、自民党のやることの内実はインチキ民主
主義だし、かつては米国の
完全なポチ、今は経済的にも中華帝国の顔色伺い。
自国産業を潰してでも米国に阿ることで存続を図ろうとする売国奴政党なんだ
けどね、本質は。
戦後から今までの周辺状況は、これすべて自由で民主な
党が作り上げた。
(二つが合体して自由民主党となった)

選挙権持ってる日本人は、足許を見誤ってはいけないよ。

もしかしたら、竹島も、自民党政権によってすでに日本の領有権を放棄する
密約が交わされていたかもしれない。
そして、それの公開を今回裁判所が歯止めをかけた可能性もある。
過去に沖縄返還での密約や非核三原則骨抜きの実質核持ち込み密約を
自民党が行なっていたように、要するに嘘まみれの裏筋政治主義ですから、
自民党は。
まあ、民主主義は不在だが、そういう意味では「政治的」なことができる政党
ではある。政党じゃないけどね、そうなると。秘密結社みたいなもんだ。

正直言って、世の中が悪くなったのは「左翼のせい」とか今の時代になっても
言ってる連中は「パカでしゅか?」とか思う。現民主党のこと左翼と規定したりね。
政治的感覚の未成熟(というより不具)に驚くが、ネット社会到来により、思いの
外、日本人は阿呆が多いことが知れてきた。
今の世の中作ったのは国際的にも国内的にもすべて自民党が主導してやった
ことだよ(苦笑
まず、足許見ろよ。

でも、俺は国民は信頼している。何故かと言うと、民主党政権を誕生させた
からだ。あれはひとつの力だった。
誰も民主党本体などは支持していない。
「自民党に代わる政党を」と国民は期待したのだ。焦点はそこだ。そここそが
中心軸だった。
これ参政意識としてはとても大事なことで、民主党も民主党の政策も非現実的で
誰も本気で支持などはしないが、次から次にポイ投げ総理の無責任な自民党
に対してNoをつきつけた国民の力というものを歴史の中で見ることができた。
それが選挙制度の中での国民の意識反映として貴重だった。
民主党が政権を取った時代を指して「日本の良心の敗北」などと称する自民党
支持者がいるが、国民をばかにするにも程があると思う。
ここにも、国民の意識や希求性のベクトルがどこを向いているかを捉える力が
ない自民党とその周辺、という図が浮かび上がっていた。
あの数年間は、あれはあれで大いに日本の戦後政治の中で意味があった
ことなのだ。下敷きは1993年に始まっていたけどね。


しかし、日韓問題のこの裁判は、とんでもなく怖い裁判だなあ。

いずれにせよ、司法が「高度な政治判断」をするとは、驚いた。


この記事をはてなブックマークに追加

「尖閣は日本の領土」元台湾総統

2014年07月30日 | 時事放談

台湾の元総統が「尖閣は日本の領土」と表明した。
客観的に見て、歴史的に尖閣、竹島は日本の領土であることは
明らかだ。
勝手に他国を占領して「ここは我が国の領土である」ということは
国際法上も許されない。
北方領土やシベリアについては、かつて日本政府が正式に放棄
を認めてしまった経緯があるから国際法上「日本固有の領土」と
するのは無理が
あるが、尖閣および竹島については現在も明らか
に日本の固有領土である。

竹島については周辺海域ごとイースマンラインで勝手に海上に線引き
されて韓国軍事独裁政権によって
横暴が行なわれた。
尖閣に至っては、海洋資源が発見されてから中華民国と
中華人民共和国が領有権を主張し始めた。
日中戦争と第二次大戦における日本の「侵略」を批判しつつ、自分ら
の明らかな侵略行為は正当化する。こんなことが国際社会で
許されて
よい筈がない。


以下、画期的な(客観的にはごく当たり前の意見だが)発言をした
元台湾総統の談話報道。





この記事をはてなブックマークに追加

中国三東省マクドナルド店内で殺人

2014年07月30日 | 溶解情報

(閲覧注意/殺害最中の映像が映っています。
撮影者は撮影を続け、
犯行を止める行為には出ませんでした)

「女性袋たたき 山東マック店内で殺人」


これが、ザ・中国。

まわりは見ていて何もしないというのがなんともすごいね。
これはひどい。


この記事をはてなブックマークに追加

上野動物園モノレール

2014年07月30日 | 外出・旅



上野動物園モノレール Part1【レイルリポート #03】Ueno Zoo Monorail


考えたら、半世紀ほどこれに乗ってないような気がする。
日本で初めての動物園にある日本で初めてのモノレールだ。
今度、都内に出た時には乗ってみるか。

動画観ていて懐かしい感じがしたが、それは動物園ゆえではない。
これでモノレールがなかったら、某大学のキャンパスにそっくりだよ(笑
今は別物になってしまったけど。



でも、敷地内の端っこの一部は今でも変わっていなかったよ(昨年撮影)。
上野動物園に似てるでしょう?(笑








古い大木もそのままでした。




学内でいくらでもアンブッシュできたぜ(笑


この記事をはてなブックマークに追加

女子プロ談話

2014年07月29日 | 映画・ドラマ

SMAP仲居くん司会の女子プロ談話がかなり面白い。


この記事をはてなブックマークに追加

お土産の明太子

2014年07月29日 | 風情・季節・地球



東京の友人が法事で九州に帰ったからと、お土産を送ってくれた。
おおお~!あっが~す!
博多の料亭 雅加榮(ちかえ)の辛子明太子だっ!
これは美味しいよ。
「ふくや」の辛子明太子が元祖だけど、ふくやの初代が偉かったのは
商標登録とかしないで、どんどん味で競争して辛子明太子を普及させた
ところだ。いいね~、そういうのは。作り方も教えてあげたりしてた。

その後、いろいろな業者が辛子明太子を製造発売しだした。
いつの間にか「博多といえば辛子明太子」というような文化ができた。
こういうのはとてもいい。自分所だけが元祖で最高、他は駄目、という
ようなシケた根性でないところがいい。明太子にはその創業者の心が
載せられている。こういうのはいいなぁ。
韓国ではキムチが韓国名産となっているが、元々は日本から唐辛子が韓国に
輸入されて漬物に使われた。そしていつからか韓国の名産物となった。
辛子明太子も、日本人が韓国風の辛子の味付けを日本に逆輸入することで
大成させた。韓国のキムチが単に辛子でなくいろいろな香辛料の味付けが
あるように、辛子明太子もただ辛いだけでなく、複雑で奥が深い味がタラコ
に染み込んでいる。辛子明太子は日本独自の海外風味の日本の食べ物
として完成されたということころが私は面白く感じる。キムチもキムチの素を
振りかけただけではない浸け込んだ本式キムチは滅茶苦茶うまいけどね。
日本の辛子明太子もなかなかだぜ(^^)v

私がお薦めの明太子は、元祖のふくやさんが第一だが、他にも美味い明太子
があるので紹介したい。

あき乃家 ・・・反則技とも思えるワイン仕込みの辛子明太子がめちゃくちゃ美味い!
雅加榮(ちかえ) ・・・料亭の味。上品です。どちらかというとサッパリ味。
博多うち川 ・・・上品な味。ただ発展研究中なので、味が固定していない。これからか。

上記の上品な味では物足りない。ドッシェ~!というくらいに辛いのが食べたい、
という人には福さ屋さんがおすすめです。
タラコの味が分からなくなるくらい辛いのは食材としてどうかとは思うけど、とにかく
辛さでウリだ(^^)

辛子明太子メーカーはものすごく多くあるが、各社で独自の味を出している
ところが日本酒やワインに似ていてとても面白いと思う。

広島もガツン!とPRできるこういうのがあれば・・・。
柑橘類とわさび浸は美味いけどねぇ。
あ。隠れた名産で、尾道のカマボコがあった。
これはですね。食べた人絶賛です。
創業101年。まあ、京都の漬物屋さんに比べたら老舗ではないけどね。
大正時代から続いているということで、こういうのは地方都市ではあまりない。
都心でもない。大阪や東京は空襲くらっちゃったからね。
京都は空襲されなかったから、店も文化財も残ったというところはある。

尾道、カマボコ「桂馬」

桂馬のカマボコは結構美味いっす。


三原から福山にかけては「鯛ちくわ」が有名で(本当の竹に巻いた竹輪)、
これも結構美味いことは美味いけど、どうにも醤油とわさびが欲しくなる
ところで、まあ蒲鉾もそうだけどね。高速道のサービスエリアでちょいと
つまむのには鯛ちくわは向いていない。めったやたら売ってるけど。

あとね、ジャコのすり身の「ジャコ天」というさつま揚げのようなのが
瀬戸内は名産(愛媛が一番美味い)だけど、高速道などでは、油で
二度揚げしてもらわないほうがしゃっきりしていてウマイよ。
あのジャコ天も東京では売ってないんだよなぁ。
愛媛もメーカーによってジャコ天の味が違っていて、なかなか面白いです。

それと、瀬戸内の名産はチリメンジャコかね。
まあ、東京で言うところの白魚なんだけど、瀬戸内海のは小粒で味がいい。
相模湾のチリメンジャコも有名だけど(関東ではシラスという)ね~。
幼稚園や小学校の時の遠足は相模湾で地引網だったよ(^^)
ジャコというのはザコのことで漢字にすると雑魚ね。それのシラスの白魚
の小魚をチリメンジャコと瀬戸内海では呼んでます。

相模湾で引く地引網は最高に楽しいぜ。瀬戸内海ではこれは味わえない。



でもって、相州の相模湾でとれたシラス。茅ヶ崎あたりかね。


ぶひ~。プリップリでうまそう。


でも、瀬戸内海のチリメンジャコも負けてないよ~。
瀬戸内海ではシラスのことをチリメンとかチリメンジャコと呼ぶのよ。


小粒の極細は相模湾ではあまり取れないから、関東の人には喜ばれる。
味が大味でなくて食感がいい感じなのよ。
埼玉の先輩なんて感動してたな。「こいつぁ関東では食えねぇよ」と。
瀬戸内のチリメンは、ちょいと一味違います。


クリアウォーターの渓流が大好きだが、ソルトウォーターの海もいい。
海はいいね~。東も西も北も南も。
線引きなんてないからね。すべて地球が一つに繋がっているし。


俺は日本の第一次産業を潰すことにつながるTPPには反対だ。
日本の農業も漁業も林業も潰してはならない。
それにですね・・・今でさえこんなに食糧自給率が異様に低い先進国って
ないんだよね。狙われたらいつでもキュッと首しめられるよ。
国際的安全確保や国内の内需拡大のためにも、また、自立した日本国の
自家産業を守るためにも、私はTPPには反対なのです。

地元の食材を生かしたある食品を思いついているのだけど、これ、もしか
したらかなり良いアイデアかも知れない。
あ、でも昔目指した印税暮らしのようなこと考えてるとろくなことにはならない
からな(笑
大人しくしとこう。
剣士の方々、「鯉口くん」はよろしくね♪(笑
あれ、俺の発明だから(^^)
「剣士に安全を」と考えていたら、ああなった(^^)v
今でも毎年1000枚出ているから、それだけ新品刀剣の需要はあるという
ことです。「鯉口くん」は居合に使う一部の刀用だろうけど、ある程度は刀剣
流通のバロメーターにもなるよね。


この記事をはてなブックマークに追加

広告

2014年07月29日 | 日本刀

仲間内で話していて、言われた。
「大々的に広告を出すのではなく、ひっそりと
『康宏あります』
てな風に、さりげなく行くのも面白いんじゃない?
『冷やし中華はじめました』みたいな感じで」と。

う~ん。それもありかも?(苦笑


この記事をはてなブックマークに追加

おもひで

2014年07月29日 | 内的独白

大学の時、バイトしていた店のオーナーから「俺のパートナーに
ならないか」と言われたことがあった。

食の道には進まなかったが、今でもその店は繁盛している
ようだ。ネットというのは消息が分かることもあるから便利だ。



オーナーは射撃愛好家でもあった。狩猟がメインだったが。
自宅に正月に招かれた時、長船祐定の良い出来の脇差を
見せてくれた。

懐かしい。何十年も前のことだが、ついこの前のことの
ように思える。

♪古い電車のドアのそば 二人は黙って立っていた
♪話すことばをさがしながら 隙間風にふるえて・・・

ううっ。ごめんなさいっ!(誰によ)
てか、待てよ。
というか待った人と結局は一緒になることもある。

東急池上線の駅は、駅前に必ずフルーツショップがありました。
都内の私鉄では池上線が一番好きかな。
学生の時は東横線沿線に住んでたけど、いろいろな思い出は
池上線沿線にあり。

(東急池上線)


ちなみに、私が小学生の頃に毎週乗って横浜から都内中目黒の
歯医者に通っていたが、その当時の東急東横線はこんな車両だった。


『池上線』西島三重子

どう聴いても演歌なのだが、演歌もフォークもニューミュージックも
ジャンルという垣根がなかった頃。
よい時代だった。

西島三重子さんは『のんだくれ』という歌がとてもいい。というか、
最初に聴いた時、ズズーンと来た。これも実話の歌だという。

『のんだくれ』 西島三重子


この当時の西島三重子がとても好きだった。


西島さんの現在(^^)
年は俺の10コ上。気持ちは若いす(^^;
東京人なのにノリが大阪のおばちゃんみたい。


この記事をはてなブックマークに追加

防刃繊維

2014年07月28日 | 文学・歴史・文化

やはり討ち入りにはこれだな。
って、江戸時代にはありまへんがな(><)

しかし、これは凄い。
超薄手の現代版鎖帷子(くさりかたびら)だね。
でもやはり中心は鎖と同じく金属のステンレスコアが入っている繊維だ。





だとしたら、日本刀ならば斬断できそうに思える。
日本刀の斬切力というのはすごいものがあるのだから。

↑丸太  ↓3.2mm鉄板


この防刃繊維は、刃物の刃先がかすったりしたとき程度の際
の防刃用なのかもしれない。

防弾防刃用ベストは近年普及しているが、防弾防刃兼用ジャケット
としてこんなのがあるよ。

25万円で命が拾えれば安いもんだ。
防弾効果はIII-Aだってさ。嘘みたい。拳銃弾はほとんど止められるよ。
.308やマルロクのライフル弾だとすっぽ抜けでサヨナラだけど。
あとトカレフ弾とかも抜けるだろうね。
防刃の基準は刃物を自然落下させての防刃度だから、あまりあてに
ならない。
でもこのベストは33ジュールまで防刃という基準をクリアしている。
その数値がどれくらいかよく判らないけど、日本刀などで突きを
入れても刺さらないのかなぁ。

刺さらないかもなぁ。

こんな実験をしているおっさんがいる。

防刃ベストに千枚通しで実験

2013/01/31 に公開
超高密度ポリエチレンファイバー製防刃ベストに対して

千枚通しを突き刺す実験です。

まあ、警察で使っているのと同じようなものだ。

これらは防弾防刃とういう観点から開発された新素材だが、現代
科学をもってしても人類は未だに超えられないものがある。
それは、二輪車のモータースポーツの防護服=レーシングスーツ=
についてだ。ワンピースのツナギなのになぜかスーツと呼ばれているけど、
日本語
で解りやすく言えば「革ツナギ」。
レースで使う防護服だけは、牛革素材よりも勝る人口素材を人間は
開発できていない。

レーシングウェアというのは要所要所にプロテクタだらけで、
腕にしても鉄パイプで殴りつけても大丈夫なんじゃない?
というくらいのインナーで防護されている。290kmで転倒
すると死ぬこともあるが、助かることもある。革ツナギでしか
その防護はできない。刃物には弱いだろうが擦れには滅法強い。
まあ、路面に叩きつけられて首の骨が折れようが背骨が折れ
ようが両手両足があっち向こうが、革ツナギが千切れて真っ二つ
ということはまず見たことがない。擦過に対しては地球上で一番
強い素材がなめした牛革であるのだ。
新素材で宇宙服は作ることができても、バイクのレーシングウェア
用の新素材を人類は現代科学をもってしても作れないのである。

現代科学で解明されておらず作れない物。
それは日本刀の古刀とバイクのレーシングウェア。

オッケ~!
(´ー`)


オッケオッケー。

1985年WGPパドック。シルバーストーン(イギリス)。


オ・・・・


オーケイ! ツナギなんてね、暑いもんね。着てなくてもいいよ(^0^)


この記事をはてなブックマークに追加