渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

誕生日

2017年02月19日 | 内的独白



まだ5才の頃の記憶が鮮明な友人の息子さんもきょうで15才に
なった。
きょうは誕生日会だ。
10年ぶりに会うと、俳優のようなイケメン中学生になっていた。
高校入試が終わり、ビリヤードのプロ試験受験年齢に達したら
プロ試験を受けて、将来はビリヤードのトーナメントプロになる
ことを目指している。高校卒業後は、東京か大阪に転居する
予定だ。5歳の頃から人生の目標を撞球師となることに定めて
頑張ってきた子なので、心から応援したい。

少年と一緒に撞いた。穴の狭い台で7ゲーム先取り戦。
私はマスワリも取り切りもポンポンと出していながら負けた。
この子はキューが切れるだけでなく、入れが非常に強い。
逆振りにしてしまった時に、このような小杉出しの縦バージョンも
迷いなく決めて取り切っていた。


おいら負けちゃった(笑
彼が使用しているキューは父親から譲り受けた物で、それを自分で
グリップのリネンを好みの太さの糸に巻き直し、さらにそこに薄くニス
を注して自分のプレースタイルに合うようにカスタム化している。
そのキューでマスワリを彼は量産する。
自分の得物は自分で手を入れて万全を期す。すでに剣士の自覚を
十二分に彼は持っている。人任せにはしない。中学3年の15歳にして
心得ている。ほんの昨日までまだ14歳だったのだ。こういう心構えは
大人たちも学ぶべき点がある。
礼儀正しくハキハキとしていて、素直でヒネたところがない非常に良い
子だ。親の躾だろう。応援したい。ビリヤード漬けの子ども時代だった
が、勉強もかなりできるようだ。
「受験勉強やってる?」と訊いたら「はい!やってます!」と笑顔で明るく
答えた。

誕生日の食事会は牡蠣を食べに行った。
会戦のあとには海鮮を堪能しました。
親子とも、とてもよい笑顔なのだが、公開できないのが残念。



私と友人はサザエはいける口だが、息子さんはニガくて苦手
みたいだった。牡蠣には舌鼓を打っていた。広島は牡蠣が
美味くてね~。ほんとにおいしいす。誕生日おめでと。
希望に燃えてはつらつと生きている若い子を見ると気持ちが
いい。


この記事をはてなブックマークに追加

マジンガーZ 海外バージョン

2017年02月18日 | 内的独白

Mazinger Z Fan Movie Short Film 2013
live action fan film マジンガーZ



笑った(>▽<)
世界中(特にスペイン語圏)で大人気のマジンゴー!
スペインには、実物大マジンガーZが立っています。
グーグルマップでも探せるよ(笑)。

ルパン三世の実写動画もそうだけど、イタリアとかのラテンのノリに
マジンゴー!は合うのかもしれない。ヨーロッパでもラテン系には
かなりの人気だ。

Mazinger Z : The Rise of Nibiru
- Episode 1 - Short Film Live action 2015 Fan Made





この記事をはてなブックマークに追加

離れ目ちゃん!

2017年02月18日 | 内的独白



あ~っ!!
大好きだった岡田奈々も、よく見たらボッコシと離れ目だった(笑


この記事をはてなブックマークに追加

渓流詩人の徒然日記

2017年02月16日 | 内的独白



昨日の傾向。
私のウェブコラム日記は、書き溜め記事を深夜と早朝に
選択して
アップすることが多いのだが、訪問者の方々は
お昼休み
と帰宅後に閲覧しているだろうことが判る。


この記事をはてなブックマークに追加

呼び名

2017年02月13日 | 内的独白

私は「〇〇先輩」と呼ばれることが武術関係では多々ある。
しかし、俺のこと「パイセン」とかネットで呼んでる奴らは、まったく
俺のこと解ってないよな。
いじるにしても、もちっとオチを考えろってば。
俺は決して「パイ専」ではないのだから(違


この記事をはてなブックマークに追加

おの

2017年01月30日 | 内的独白



小物はできても、私はこういうのは造れない。
オー!ノー!ていうくらいで。(さーせん)
トンテンカンだけで形出し。ひぃ~。

薪割りする時のコツ。



この記事をはてなブックマークに追加

女優さん

2017年01月29日 | 内的独白



天然砥石関係のネットを見ていて、「うお~!かわいらしい
お豆腐屋さん!」なんて思ったら、女優さんだった(^^;

女優さんが綺麗だったり可愛かったりするのは当然のことで、
驚くことではない。
パッと見で華があるのは当たり前(^^;





この記事をはてなブックマークに追加

私の立ち位置

2017年01月29日 | 内的独白



ひぃ~。困った。
たとえ出版社の社長直々に、あるいは編集長、副編集長から、もしくは
編集部員から各個別途に連載執筆の依頼があったとしても、私自身は
連載執筆は無理っすね。
毎月の締め切りの時間的な制約もありますが、私自身の立ち位置が、
そうした「公的」な場に出るつもりがないからです。
いくら推挙されて、出版社社長からの命で直に依頼があったとしても、
それは
辞退ということで(^^;
書けないのではなく、書きません。公的に出版されている誌面では。
「売文はしない」とか、そのような高慢さからではなく。
そりゃあ、かつてのゴースト時代のように文章を書いて稿料をいただける
のはモノカキとしては正直なところはありがたい。
ただ、今の私のスタンスは、セミアンダーグランドであるメディアにおいて
あくまで一市民がごく私的な内的独白をサブカルチャーの範疇として
行なっている、というものであるので、それを公的場面で展開するつもり
はないのです。
書けないのではなく書かない、という理由は、そうした視座の立脚点にある
わけでして。
ご賢察給われば幸いです。





この記事をはてなブックマークに追加

いいかげんにやめたほうがいい

2017年01月24日 | 内的独白

今月の一句

居合人 スイング道具に 刀持ち


この記事をはてなブックマークに追加

松方弘樹さん逝去

2017年01月23日 | 内的独白


ご冥福をお祈りします。

この記事をはてなブックマークに追加

ふと気付いた

2017年01月16日 | 内的独白

突然ですが!

知り合いが、「ハンメ」「ハンメして」と言うので、

「それどういう意味?」と尋ねると「知らないの?
反発したり自分と敵対する側にいくことだよ」と
言った。
へぇ~と思ったが、どんな字を書くのか訊かずに軽く
聞き流していた。大阪弁なのかね、くらいな程度で。


先程ふと半年ぶりに突然思いついたが、それって・・・
もしかして「反目」のこと?
いくら調べて探してもハンメというその意味での単語が
出てこない。馬鹿だね、俺も。

なんだか人斬り半次郎の「ソンパン」「ヘイハン」以上の
ような気がした(^^;
本人の意図する意味ではいくら調べても出てくる訳がない、
という。
「あにきぃ、センてどういう字書くんだっけ?」
「わかんなかったら、戦車の戦とか書いとけよ」
(傷だらけの天使)
みたいな。
言う奴も言う奴だが、それを「へぇ~。そうなんだ」と
思う俺も俺だよな。

これは半眼(はんがん)。


昔、漫画の『ハリスの旋風』(ちばてつや)で、
体の大きな番長を主人公が殴り続けてもこういう
眼をしてニヤリとしていることがあって、5歳頃に
読んだのだが、とても恐ろしかった。今でも記憶に
鮮明に残っている。


世の中、上には上がいる。
そのハンメの意図することに気づいた話を先程したら、
「ハンメ、ハンメってカタカナで書くと卑猥な感じが
しません?」と言ってきたのがいた。
たのむけん、死んでくれ(笑



この記事をはてなブックマークに追加

誰が上手いこと言えと(苦笑

2017年01月16日 | 内的独白

「世渡り?
そんなのおいら知らないよ。
武人としては刃渡りしか興味ない」

と17年来の山仲間の友人に言ったら、
「あと川渡りと綱渡り?」と返された。

や、これは手厳しい(^^;
さーせん。面一本取られました。
抜き胴と合わせて二本かな(笑



この記事をはてなブックマークに追加

刀鍛冶の作刀動画

2017年01月11日 | 内的独白



凄いのを見ちゃった(^^;
有名動画サイトで刀鍛冶が作刀しているシーンなのですが・・・。
ずいぶん前のかなり若い頃の作刀の場面なのね。
刀は打っている時に、いろいろ寸法を測ったりする。
そのときにはL字型のサシガネを用いるのだけど、その刀工の
先生、寸法を測ったらビシューッと勢いよく肩越しに後ろに

サシガネを投げ捨ててたの。
職人のそういう所作って初めて見た。
ポンと軽く放るのではなく、まるで手裏剣を打つが如く勢いよく
投げつけているのね。

道具が思いっきり傷むがな・・・・。
超絶技法の持ち主の刀鍛冶だっただけに、ちょっとカルチャー
ショックを受けた。

よく、本人は気づいていないけど、くちゃくちゃ音を出して
物を食べたり、食器をカチャカチャ音出ししたり、コップや
グラスをガン!とテーブルに置いたり、筆記していてもペンを
机上に投げるように置いたりする人が時々いるけど、それは
本人の癖というか、振る舞いの所作なので、他人としては
行儀悪いなというくらいですが(レストランや食堂で隣や
向かいにそういう人がいたら非常に不快にはなるが)・・・。
職人さんで道具を投げつけて片付けるというのは、よいこと
ではないように思える。
町中の修理工場の車のメカニックでも時々工具を床に落とし
投げるようにして別の工具に持ち替える人がいるが、それも
私は良くないことに思える。
かつて、二輪のレーシングチーム(ヤマハ系)にいた若い頃、
工具を持ち替える際に置く時は、そっと置いた。雑に投げる
ように置いたりすると先輩から頭をはたかれた(それを16の
時に経験した)。
マシンをセットアップして工具を使用し終わったら、すべての
工具にルーセンをスプレーして磨きあげた。工具はいつも工具
箱の定位置にきちんと並んでいる。そういう躾をレーシング
チームでは受けた。
こういうのって、箸の持ち方や食事作法などのテーブルマナーと
似ていることのように思える。
また、そのレーシングチームのオーナーからは、人様への挨拶
や礼儀作法を徹底して教わった。まだティーンだったので社会的
な外での礼儀に疎いところがあったため、あれは私も私の同級生
の親友(後に国際A級ライダー)も大いに役に立ったし、ありが
たいことだよなと二人で語り合ったりもした。二人とも両親は
いるが、家庭での躾とは別な社会的な外での作法を大人の中に
混じって学ぶことはとても有意義に感じていた。そして、私の
世代は、反抗して10代の若者が車両で暴走することはあっても、
それはハイティーンの反抗であり、成人式でティーンのガキの
ように暴れたりすることは無かった。

ビジネスマンなどでも、固定電話使用時に注意してもらいたい
のが、電話を切る際には受話器を置くのではなく、手で受話器
受けをのスイッチを押さえて切るのがマナーだと思う。
でないと「ガチャン」という音と共に電話が切れる。これは聞い
ているほうは不快になるし、失礼だ。
それと、先方が切ってから自分も切るのが一応マナーだろう。
それも、レーシングチームにいた10代の頃にオーナーから教わっ
た。

これらのことはあくまで独白だが、本日、作刀動画を見て驚いて
しまったので、日記に書いておく。
あれはですね、親方、乱暴すぎます。
大西部の人か?(^^;

(大学の時の友人が学生時代に北米西部に長期ホームステイした。
西部劇に出てくるような土地だった。風呂は?と思ったら、風呂など
はない。時々桶で水汲んで被って体を拭く程度なのだという。しかも
その桶は端っこに置いて片付けるのではなく、ドンと下に落として
足でポーンとどこかに蹴っ飛ばして適当に片付けていたという。完璧
に生活習慣の違いだろうが、友人はぶったまげ過ぎたと私に語って
いた。ただ、心温かい家庭の人たちで、帰国する時には自分も家庭の
人も大泣きしたという)



この記事をはてなブックマークに追加

「声優は、俳優である」(山田康雄)

2017年01月10日 | 内的独白

まあ、なんというか最近は可愛い人がやたら多いのではあるが、
最近の人はだれもが顔が似ているように思えて、どうにも区別が
つかない(笑


上智大学ロシア語学科卒。
アルバム『革命的ブロードウェイ主義者同盟』、『20世紀の逆襲』他。

経歴知ったら、游雲会のロシア語学科卒の某君などは激萌えに
走りそうな気がする(笑

ちなみに、私は中州産業大学民俗史学科中退である。博多華丸は
卒業した。


この記事をはてなブックマークに追加

人は世につれ

2017年01月09日 | 内的独白



昔のレモンちゃんのほうが好きだったな。
今は化粧が・・・というか、自撮り画像もちと怖い。


この記事をはてなブックマークに追加