渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

生まれた時に住んでた家

2017年03月29日 | 内的独白



以前にも書いたが、嘘みたいな話。
周囲はどんどんビル化している都内の街で、二軒だけ並んで
60年くらい前の戸建てのままだった。だが、隣りの角の家は
最近建て替えたようだ。
二年程前、目黒に2ヶ月滞在した時、50数年ぶりに生まれた時
に住んでいた家に行ってみた。まんま残っていた(笑)。
隣りとの間の生垣が無くなっていた。


こちらは現在。56年前と全く変わっていない。こんなことは都内、
しかも代官山が近くの場所ではとても珍しい(^^;
50年ほど前はこのあたりもこのような建物だらけだったが、周囲
は軒並みビルとなっている。



たぶん、築60年くらいではなかろうか。
ここには1歳半まで住んだのだが、隣りの割烹着をいつも着ていた
ドラ声のおばちゃんが出っ歯だったこと等よく覚えている。
私が初めて二足歩行したのは新宿御苑だったとのことだが、それ
は生後10ヶ月のことで、よく覚えていない。その時にはこの家に
住んでいたということだ。
ただ、1歳を過ぎたあたりからの記憶は
いくつか残っている。
記憶に残るもので、一番確かなことは音だ。特に人の声。これは
今でも幼稚園の先生あたりからは聴き分けられると思う。
小学校高学年以降は、完璧に親しい人の声は今でも記憶にしっか
とインプットされている。高校時代となると、ほぼ頭の中では再生
レコーダーのようにしゃべり方の癖まで含めて音声が収納されて
いる。
先日も、高校時代の友人とまさに40年ぶりに電話で話したが、
彼の声が40前とほとんど変わっていなかったのが懐かしかった。
昔はもっとゆっくりげにしゃべる感じだったが、久しぶりの会話で
気分が乗ったのか、高校生みたいに「まじでぇ?」とかいう台詞と
ともに結構早口でしゃべっていた。
音声の記憶というものは、どなたも結構脳裏に焼き付いているの
ではなかろうか。

田舎ではなく東京の街中で、56年前の生まれた家の建物がまだ
そのまま残っているというのは、自分でも結構驚いている。
借家だったが、家主さん、土地を売らなかったのね。


この記事をはてなブックマークに追加

チョーク

2017年03月27日 | 内的独白


私のオールドナショナルチョーク。昔、グロス買いした。

1980年代に多く見られたナイショナルチョークは廃番となった
からか今ではほぼどこでも見かけない。
ノリが良いのにサラッとしており、撞くとパッと散るので最高の使い味
だった。この米国製のナショナル・トーナメントは映画『ハスラー 2』
でも使用されていたし、同時期の日本国内でもとても多く使われた。
現在主流のマスターのチョークは、ビリヤードのボールのブランドが
ブランズウィックからアラミスが主流になるのと同時期に主流となった。
それまでのマスターは非常に硬くて質の悪いボロボロとこぼれるまるで
レンガをタップにこすりつけているような物が一般的で、多くの人は
マスターチョークを敬遠した。その当時で、高級チョークで愛用
されたのはブランズウィックのゴールド包みのチョークで、それは
映画『道頓堀川』でも使用されている。
ブランズウィックのゴールドはその後黒紙包装となったのだが、
これがまた素晴らしいチョークだった。

ビリヤードのチョークは、あまりべっとりとタップに着いてもダメで、
ノリが良いながら、パッと散る質性が求められる。
キャロムなどではベタッと乗るチョークが多用されるが、そうした
チョークはラシャに粉になって散らずにベットリと付着するので、玉の
軌道がずれやすく、ポケットの競技においては使用禁止指定のチョーク
もあるくらいだ。

現在主流はマスターである。品質も安定しており、とても良い。
チョークのスタンダードとも呼べる品質にまでなったのがマスター
だといえる。1個120円ほどだ。これが本当のチョークの適正価格だろう。
現在、ビリヤード業界は、ハイテクシャフトの後のウリ筋をチョーク
としたらしく、新製品チョークがどんどん出ている。1個2,000円や
3,000円のチョークが飛ぶように売れるとのことだ。
実にバカバカしい。
このチョーク戦略の少し前には、ビリヤード専門の手袋が売り筋
品目にされて、ひも付のプロがそれを使用し、雑誌の記事でも煽り
立てて、一般プレイヤーでもあの手袋を使い始めた。
ゴム長靴はいて100m走を全力で走るようなものだが、スリークッション
では以前から一部では手袋が使われていた。
もっとも、日本国内のスリーは変な文化があり、本当にゴムをグリップ
に巻いていたりした(≧∇≦)

ビリヤードで手袋をすることなどは個人の自由だ。
私はしない。
右でも左でも撞くし、掌は汗かきのほうだが、シャフトを掌で抑える
ことなどないし、私の手はシャフトがスライドするに不具合は一切ない
ようにレストを作るからだ。
ビリヤードのレストは握り締めず緩めずであるが、それがきちんと
できるのであるならばあのような妙ちくりんな手袋など一切必要ない。
手袋をして習字できる?
繊細なタッチのイラストや漫画を描ける?
俺はできないからやらない。 手袋をしている人たちは器用なのだろう。
ただ、「滑り」を得るために手袋をすると言うが、本当にそうかな?
そうであるならば、手袋登場の時までは、地球上では手でキューが
滑らずにビリヤードができなかったことになる。
流行に乗せられて形を追ってという部分あるのでは。
それに、手袋が無いともうその人はビリヤードが出来ない、という
ことだよね。
これは、特定ハイテクシャフトが無ければ撞球そのものが出来ない人と
なるのと同じで、やはりどうにかしていることなのだと思うが、そんな
ことは勿論思わないだろう。
剣士が自分の竹刀や木刀や刀でしか戦えないなんてのは古今東西
聞いたいたことがないが、どうやら撞球者にはそのような不完全な
状態に自分を追い込むことに気づいていないフシがある。
本当ならば、まったく同じキューを使っての対戦でも難なく勝つのが
真の実力かと思うが、特定アイテムを使用すれば自分のビリヤードが
有利になるかと勘違いしているということはないよね。

ボーニングもグローブ使ってるし、フィッシャーでさえも最近は
使ってる。けど、決して私個人はカッコいいと思ったことは一つ
も無いし、ゴルフ業界と同じく産業としての売りと連動している
のが見えている広告塔としての彼らのアイテムだけに、私は心が
一切動かない。野球ならばグローブとバットだ。サングラスや
リストバンドをいくら売りにされても、それちゃうやろ、と思う
のである。ビリヤードならばキューだ。キュー一本のみの勝負の
世界だ、と私は思っている。
Shane Van Boening $30,000 Jump shot 2014 US Open


どんな状況下でもまったく動じず、顔色一つ変えずに黙々とシバキュー
の場キューだろうがカスタムだろうが撞く人が時々いるが、そういう
人を見ると「出来る」と思う。

昔、先輩と友人とお遊びドライブ旅行に行って、帰りにたまたま
街道沿いのビリヤード場でハウストーナメントがあったので出てみた。
私も先輩も友人も自分のキューなど持って来ていない。ハウスキューを
借りての当日エントリーだった。かなりの人数がいたが、結果は
先輩が優勝、私は3位だった。
私の商品はアダムの5〜6万位のキューで、先輩は家電だった。
私が獲ったキューは行きつけのビリヤード場のマスターが2万で私から
買って4万で人に売っていた(笑
その時の先輩は普段はTADがメインのキューの人だった。私もステイン
塗装されたTADを使っている時期だった。
先輩は、他にも「キュー持って来てねえ〜」とか言ってハウスキュー
でハウスに出ては他の店でもちょくちょく勝っていた。優勝でマイクを
向けられたら「本当にラッキーでした。運だけでここまで来れました」
とか言ってた(笑
今は有名人になったフィリピン人をボッコボコにいわしたりしてたのに、
なにが運だよ、とは思ったが、私もキョトーンとした顔で素人風に成り
切っていた。
いわしたGはマナーの悪い奴だったので、なおさらにいわしたが、
次に人探しの様子でその鉄火場に顔を出した時に「おう、撞いていけよ」
と場の人間が日本語で言ったら、Gはサッと顔が青くなりプルプルと顔を
横に振った。
後年、ある後輩が大阪だかでGと会った時、よしゃいいのに
「昔、東京の〇〇で××の時に△△でしたよね?」とか尋ねやがった。
Gは日本語で「あっそ!」の一言で、その後その後輩と口きかな
かったそうだ。
そりゃそうだろう(≧∇≦)
ただね、日本にバクチで出稼ぎに来ようなんて日本人舐めてっと、
火傷しますよ、てやつでね。ただ、命までは取らないし、おたくら
みたいに「内蔵置いて行け」てのもないから(笑
穴前でチョークこすり落としたり、的玉の先にわざと立ってたり、
ピンは何かと汚ねえんだよな、玉のマナーと玉育ちが。

さて、そういう世代の撞球者の私はチョークは最後まで使う。
最近、時々行く店は4軒とも店のチョークが穴ポコだらけだ。
そのうち3軒はネットカフェではなくれっきとしたプールホールで
ある。
なんだかね、そういうのはね、ビリヤード場としてはさてどうで
しょう。
そのうちの一軒は客足も遠のいている。そろそろ廃業間近なのかも
しれない。そこはオーナーが代わってから、チョークはまったく
手入れされなくなった。う〜む。
穴ポコチョークの撞球場。さて、真の撞球師たちがそうした所に
好んで行くだろうか。プロではない素人集団の手前どもの撞球会
でも、チョークの手入れだけは使った物が磨って平にすることを
義務付け、それを全員が実行していた。サボろうとするのがいて
それが見つかると、自然と月例会議で指摘され、反省の意を述べて
次回から注意して備品の品質管理を行うことを表明していた。
まして、お客様が来る営業をしているビリヤード場であるならば、
チョークの手入れなどは大前提のことだ。店員はテレビを見ている
暇があるならチョークを削れ、て感じかな。客は誰も言わない。
言われないからやらない。だが、その手の類で客はどんどん遠ざかる。
それでも、客足が遠のく原因を店側は自分を鏡に映して見ようとは
しない。客はただ黙って観察しているだけだ。
恐ろしき社会の厳しさかな。

私は自分のチョークはここまで使う。砥石と同じである。



この記事をはてなブックマークに追加

人気リゾート・スパで死亡者 ~みはらし温泉~

2017年03月27日 | 内的独白



三原市の地元で人気のリゾート・スパみはらし温泉でレジオネラ菌の
感染症で死亡者が出た。
私も家族や友人たちとよく利用していた地元の温泉で、海を見渡せる
温泉施設だけでなく、会食にも利用できる個室での料理や、大衆演劇
も楽しめたちょっとした観光スポットだった。
報道によるとレジオネラ菌感染症による入院患者は40名を超え、その
うち一名が
昨日までに死亡が確認されたとのことである。
感染は3月初旬~中旬頃と思われるとのことだが、ちょうどその頃、友人
親子を誘って温泉でもどうかと「みはらし温泉」に行こうとしていたが、
たまたま三人
とも風邪気味でもあるので「また今度にしよう」ということに
していたのだった。下手したら15歳になったばかりの少年の命も危険に
曝すことになっていたかも知れない。

私と友人は偶然、感染を回避することができたが、リゾート慰安施設で
寛ぐところ、感染症で入院・死亡となっては利用客はたまったものでは
ない。
レジオネラ菌に男性が罹患すると死亡率は8割を超えるという。
聞きなれない細菌だが、人体の抗体の捕食を逃れて増殖する細菌らしく、
恐ろしい殺人細菌のようである。
ただ、温泉だけに限らず、通常の土壌、水辺、湖沼に存在するらしいので、
こうなると、もう予防など到底できないのではなかろうか。
感染した方々は、野原でのんびり寛いでいたところに突然空から巨大
鉄骨が降って来たようなもので、通常では考えられない状況であり、不幸
としかいいようがない。

レジオネラ菌による国内での死亡例はこれまで3例ほど報告されている。


この記事をはてなブックマークに追加

2017年03月24日 | 内的独白





昨夜、帰宅したら新作刀斡旋の儀並びに諸縁の御礼とのことで、
居合の流門の後輩から毛筆書状とこれが届けられていた。道明の
下げ緒である。
大変恐縮している。
色は縹色(はなだいろ)で、わざわざ私の好みを選んでくれたようだ。
この色は会津藩の剣術指南役(藩の記録では「芸者」とある)の指定色だ。
各藩でもそうした役職による色指定があっただろうが、我が広島藩に
ついては不知にて面目次第もない。
ありがとうございます。大切にします。

この記事をはてなブックマークに追加

神スイング女子

2017年03月24日 | 内的独白



化粧のなせる技か、はたまた撮影技法か。
稲村亜美ちゃんのこのモデルっぽさにたまげた。
この写真だけ見たら、個人的にはめっちゃいい!(笑)


この記事をはてなブックマークに追加

居合

2017年03月24日 | 内的独白



居合とは、抜いて切って納める、ただそれだけのこと。
それ以上でもそれ以下でもない。ただそれだけ。


この記事をはてなブックマークに追加

CMアイドル

2017年03月22日 | 内的独白


サトウの切りもちCMのアイドルNegiccoの左が可愛い(笑

この記事をはてなブックマークに追加

3.21(サンテンニイイチ)

2017年03月21日 | 内的独白

きょうの3.21て何かあったなぁ・・・。
10.21は新宿だしなぁ。
3.~というのは・・・3.26管制塔占拠でも
ないしなぁ・・・。

とか思っていたら、本日3.21はおいらとかみさんの結婚記念日
だった(笑
ゴロの勢いがいいから、結婚式は3-2-1という日にしたの
だった。

おいらは、刀の長さを選ぶのも、勢いがいいから2→3→4で
二尺三寸四分=71センチのちょっきりというのに決めている。
71センチで「無い」だから無の境地というやつだな。
語呂選び。そういうのって、世の中あるだよな。
日本史の年号覚えなんてのは全部語呂だしな。外国人がびっくり
していたよ。「どうしていろいろ年号とか覚えているのかと
思ったら、日本人てそうやって年を覚えていたんだ」と。
語呂は大切。
多分、日本人特有の言霊思想とも関係あるかも。

電話番号覚えるのも昔は語呂で覚えていたな。
おいらんちの電話が昔、〇〇-〇25-2813であることを友人に
告げたら、そいつは「オッケー。〇双子にハイミーね」とか
言ってたけな。何だそれ?とは思ったが、そんな感じで誰もが
覚えていたよなぁ。おいらも高校時代の彼女の家の電話番号とか
語呂覚えだから今でも言えるし(笑)。中学の時の彼女の家の
番号まで覚えている(笑)。でも中学の時の自分の家の番号は
記憶にない(^^;


この記事をはてなブックマークに追加

松田聖子 夏の扉

2017年03月20日 | 内的独白

これは聖子ちゃんが左手でマイクを持つ非常に珍しい回。
上掲の振り付けとは異なる物で、この頃はまだいわゆる
聖子ちゃんカットだった。ギターが駄目だねこれは(^^;
松田聖子 夏の扉

2016/08/26 に公開
1981年4月19日

伝説の『夏の扉』の放送回。
この黄色い衣装の頃には振りつけも髪型もギターも完成されて
います。

松田聖子 夏の扉


私が世界で一番好きな声は松田聖子さんの声だ。歌声だけで
なく話し声も。あの高音が出るハスキーボイスがたまらない。

この人、学年が私の一つ下なので、完全に同世代なんだよね。
おもいっきりO脚で、変な顔で、それでトップアイドルになったのは
この人が史上初ではなかろうか。美人ではないのに可愛く見える
ということをやってのけたのも、この人が初めてのように思える。
だが、この人の武器は、確かな歌唱力にこそあった。
そして、いくら聖子ちゃんの曲を他の人が「巧く」歌っても、絶対に
聖子ちゃんとの比較にさえならなかった。独特の世界を松田聖子
を演じる蒲池法子は出し切っていたのだった。
ぶりっ子ぶりも含めて、完全なるエンターテイメントだった。

目をいじくって目がパッチリする前のほうが私は好きであった。
元祖ぶりっ子とか言われているが、ぶりっ子という名称を考案
したのは山田邦子さんだ。こちらは私と同学年(笑)。
しかし、自分が聖子ちゃんとまったくもって同世代というのは、
今さらながら考えるとなんだか妙な気もする。


この記事をはてなブックマークに追加

New Efren Bata Reyes 2017 最新動画

2017年03月19日 | 内的独白

New Efren Bata Reyes 2017!!!
Larry Nevel Falls In A Game Against Efren Reyes


最新動画だが、このトラディショナルな玉色に戻したタイプのボールが
好きだな。

4番は紫。6番は真緑。7番は小豆色ぽい茶色。
アメリカンポケットビリヤードが発生した19世紀のままのこの伝統色が
やはり私は好きだ。




私のプール・ボール。手玉だけアラミスだが、3と15はブランズ
ウィック製。
撞球会クラブハウス閉鎖の時の形見分け。手玉だけ
ブランズウィックのセンティニアルではなくアラミスを貰った。
こうすると両方の玉を我らのクラブ使っていたことが記念に残る
からである。ただの中古の玉ではなく、自分たちのクラブで使って
いた玉であるというのが歴史なのである。捏造ではない本物の。


2006年の10月号のCUE’Sにそのクラブの紹介で私が載っている。
本当は4枚抜きの特集ページにしたかったと編集長は言っていたと
のことだ。実際には1枚ページのカラー記事でした。
地元に撞球場がないからと、有志を募って自主的にクラブを設立して
部屋の物件を借りて競技台を2台揃えるクラブなど、全国で珍しい
試みだったからだ。もしかしたら戦後は国内初だったかも知れない。
私が発案して、同志を募って起ち上げ、リーダーは若い奴が担って
くれて私は運営企画事務局となり5年間運営した。
そういえば、ビリヤード専門誌のCUE'Sというのは、「秘伝」と同じ
出版社発行だった(笑
一人だけではできないことも、同志とともに知恵を絞れば実現でき
る、ということを私たちは撞球会で学んだ。
撞球会の愛称は「ドキウコ」だった。これは南米人のメンバーが帳面
に間違って書いた日本語がそうなっていたから。面白いのでそれを
ニックネームで使っていた。
最大時のメンバーは18名だった。誰でも入会可ではなく、厳選した。
(後に審査の枠を甘くしたら変なカルト宗教の奴が入ってきてひっかき
回して組織が崩壊した。天魔覆滅。カルト贋キリスト教許すまじ。特に
私などは個人的に贋キリスト教は赦せない)
そのメンバーが多かった頃は月8000円支払負担金割合で、各自が
合い鍵を持って無制限24時間撞き放題。台は最高のコンディションで、
しかも穴は渋くラシャは重い上級者向けセッティングのブランズウィック
台。最高の環境だった。メンバーは当然にしてめきめきと腕を上げた。

休日にはワンコも撞球室に連れて行ってただよな。このワンコは14歳
で死んじゃったけど、キャバリアならば14歳は長生きのほうだ。


こちらも現在14歳。この子は赤坂の西尾さんとこの看板犬のシモンだ。
性格がどっしりとしている。マイペースだが、とてもかわいい。
イングリッシュ・スプリンガー。結構でかい。


撞球室ではないが、今はうちにはこいつがいる。4代目カヴァリエ。
ビリヤードボールはこいつの物だ。


プールのボールが大好きで、狂ったようにドリブルして喜ぶ。





1980年代は赤坂の西尾のオサムさんとは悪友のような付き合い
をしていた。基本的には客と店のオーナーだったが、それを超えた
付き合いだった。彼の父親は日本ビリヤード協会のお偉いさんだが、
彼の本職は歯科技工士だった。だけど、親から受け継いだビリヤード
用品会社コスモと直営ビリヤード場グリーンテーブルを任されていた。
その後、コスモは別人に売却され、赤坂グリーンテーブルも経営権が
移り、店名もオーナーも入れ替わった。

シモンは生まれて2年目頃に、オーナーが替わった赤坂の旧グリーン
テーブルだった現BBQで会ったきりだ。
元コスモ・グリーンテーブルのオーナーだった西尾さんは雇われ
マスターとして店にいた。私がふらりと顔出しした時は20年ぶりの
再会だった。抱き合うように互いに懐かしがった。
なんか、その後店辞めるとかいう話も聞いたが、フェイスなどによると
赤坂の店にまだシモンはいるようだし、客たちにも可愛がられている
みたいだ。もしかして、シモンごと店長が替わったのだろうか・・・。
今度、赤坂に行ってみようか。
グリーンテーブルの頃とはまるで人も店の造りも変ってしまったが。

グリーンテーブル時代。横のこいつも何だか最近は謎の豹柄おばさん
になっちまってるしよ~。おいらと同じ目黒生まれなのに大阪のおば
はんみたいだぜ、おまいさん(笑)。これはやつがまだハタチの頃の
写真。本当は清楚なお嬢様なのだが・・・。あえてイケイケキャラを
作って、それが売り的なツボにはまったみたい、な?
まあ、でも昔から芸術肌気質ではあった。もう30年前になるぞ(笑)。


この記事をはてなブックマークに追加

ある経験

2017年03月13日 | 内的独白

昔、バブルの頃、職務としてある立ち会いに行った。
ある場所である物を渡すことに同行したのだった。
ある物は、まあ「大黒屋、おぬしもワルじゃのう」で使われ
るような菓子折りなのであるが。


その場所は入ってすぐに「あ、これは・・・」と直感的に
私には判った。
「皇室御用達」を表看板にしているが、いかにもいかにも
である一人が大層なソファに座っている。もう一人の口を
への字にした蟹みたいな系統の顔の男は壁際に立って
いる。

そこに依頼者の護衛で私が職務として同行したのだ。
私は存分に動いて働けるように、ゆるめのスーツを選択して
着用して行った。
指定場所に入室してすぐに「これは詐欺」と私には判った。

菓子折りを渡すと「領収証は出ませんよ」と相手のA(仮)
は言った。皇室関係者であることを標榜して多くの献金を
受けている某業界に影響力を持つ事業者であるとの触れ
込みだったようだ。
その菓子折りを直に受け取った壁際のB(仮)は、A(仮)から
「この
者は古流武術〇〇△△流の遣い手なのですよ。ご存じで
すか?〇〇△△流。柳営にも関わる御流儀ですよ」と紹介
された。
私はその流を知るかと尋ねられたが、「いえ」とだけ
答えた。
流派の名称そのものが胡散臭さ全開だったからだ。そもそもが、
詐欺師に限ってやたらと皇室や時の権力者との関係者である
かのような口上を売りにしたりする。それにひれ伏す人間たち
をターゲットにしているのである。ただの紙切れを高額で売った
り、壺を超高額で売りつける霊感商法などもこれに類する。

その後、依頼者には弁護士を通して「あれは明らかに詐欺
集団だから」と何度も警告したが、なかなか信用されなかった
ので、徹底的に詐欺であることの情報を私が調査する命を
弁護士から
受けて大量の物証を揃えた。それを依頼者に提示
してもまだ
納得がいかない様子だったが、やがて別件で大金
と共にその
グループが忽然と姿を消すに及んで、ようやく依頼者
は何が
どうであるのかに気付かざるを得なくなった。
うちの依頼者の
被害は最小限で済んでラッキーだった。

その当時から、詐欺師の片割れとしてその場にいたある人物
と私は接近遭遇をして見知っていたとしたら、さてどうでしょう。
こんな「事実は小説より奇なり」という嘘みたいな話があろうか(笑
捏造詐欺師は根本から詐欺師であった模様、みたいな(笑
所業無情の響きあり、てね。濁った響きはすぐに人に知れるが、
音を聴き分けられない人には難しいところもあるのかも知れない。
そうなると、それはやはり諸行無常の響きとなろう。


この記事をはてなブックマークに追加

英語を話せない日本人ビリヤード選手(大井直幸)

2017年03月12日 | 内的独白

海外で話題! 英語を話せない日本人ビリヤード選手が面白い!


「面白い」とあるが、私はちっとも面白いとは思えない。
つか、アホやろ、大井。
人の質問に全く答えない自己中脳内破裂のこういうナメた態度
が「面白い」のであるならば、「面白い」ことなどはいくらでも量産
できる。
海外でウケる「面白さ」というのはこの程度のレベルのお笑いで
あるのか。
改めて、日本人の本職さんたちのお笑いのレベルの高さを感じる
動画である。

コミュ力の高すぎる日本人ビリヤード選手 負けた後のインタビュー


だから、コミュしてねーんだってば(笑


この記事をはてなブックマークに追加

サバゲスナイパー

2017年03月11日 | 内的独白

サバゲスナイパー「Air Soft Sniper No,39」
エアコキ限定戦「コキコキしま戦火」 2016.03.27


ぶひゃひゃひゃ。おもれ~。


こちらも、動きがあってオモロイ。
ヒャッハ~!
敵を背後から奇襲して全員倒す。
殲滅戦 in SISTER【WEFサバゲー】Phase,33


この記事をはてなブックマークに追加

2016 三木山フォルクローレ音楽祭 Duo Bolivia & ANIMO

2017年03月11日 | 内的独白

2016 三木山フォルクローレ音楽祭 Duo Bolivia & ANIMO


彼は12歳でプロになり、兄弟と共に全世界を演奏旅行した。
また、16歳でサッカーのプロになったが、膝を痛めてプロ選手は
断腸の思いで断念し、母国の国立大学に進学した。そして音楽に
生きることにした・・・が・・・演奏旅行で来日して以来、日本人の気心
と水が合ったのか日本に居着いてしまった。
気付くと、いつしか撞球人にもなっていた。撞球は日本で覚えた。
ここ最近、本職である演奏をぼちぼち再会したので私は嬉しく思う。
きっかけは東日本大震災の際に、復興支援のチャリティステージに
立った事だったようだ。
本人は言う。
「自分が暮らしてお世話になっている日本がこんな悲しいことになって
いる。何かできないか、何か自分にできることはないか。私には音楽
しかなかった」

私が本物のフォルクローレを聴いたのは彼の演奏が初めてだった。
撞球場に私が自分のケーナを持って行ったら、彼が吹いてみせて
くれた。
日本人の吹き方と全く違った。技術もさることながら、根本から全く
異なる。
魂が違うと私は気づいた。
それはそうだろう。いくら日本ファンでも、外国人が侍の格好をして
刀を振っても侍ぽくはなれない。
日本人でも武士の流れに無い者が刀を帯びても性根と親から受ける
教育が根本から武家とは異なるから、なかなか様にはならないのに、
外国人が武士の真似をしても「らしさ」さえも出せないのは当然だ。
フォルクローレは民族音楽であるので、そんな感じがした。
JAZZやロックは万国国境はないが、民謡や演歌を外国人がいくら巧く
歌ってもピンと来ないのと同じような気がする。
音楽は国境を超えるが、民族のアイデンティティは何か大切な事を
秘めているように思える。
ただの技巧だけでヤマトンチューが沖縄の歌を沖縄の歌い方で歌って
みたりするのは、何だか沖縄とウチナンチューに対する冒涜のような
気が私はする。
だが、そういうことを一切感じないでただ表面技巧の真似だけをして
それが音楽だと思っている人も多いことだろう。
私自身は「何かが決定的に根本から違う」と思うのである。
これは武術においても然り。
音楽は楽しむもの、聴いたりして心が幸せになるもの。
しかし、そこにも大切なものという事が確実にあると思う。

こちらもどうぞ。
Duo Bolivia&ANIMO


2016三木山音楽祭 Duo Bolivia &ANIMO


この記事をはてなブックマークに追加

刀担いでいい気になってるみっともなさ

2017年03月11日 | 内的独白



日本刀を肩に担ぐこの手のポーズが決まっていると勘違いしている
イタいのが最近多い。

仮にこのようなポーズを自己宣伝に使っている自称古流剣術流派が
あったとしたら、その時点で私は一切信用しない。
理由はとてつもなく現代風やんのかゴルァ系で果てしなく下品だから。


この記事をはてなブックマークに追加