渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

迷彩効果

2016年11月24日 | アウトドア



今の時期、もしかしたらこれは合うのでは?と思って
いたが(自分では
判らない)、予想以上に迷彩効果が高い
ようだ。



この記事をはてなブックマークに追加

7年前の広島フィールド

2016年11月23日 | アウトドア

なんかPCから懐かしいのが出てきた。
7年前の広島フィールドだ。
これは今はヨーロッパに帰ったミルピックが撮影したもの。
最前列でニット帽被ってるのが俺だな。


こちらもミルピックの画像から。ベレーかぶっているのは私と
河川敷ゲーム主宰の親方。おいらの2歳上。


その頃の俺。FALオンリーだね。


もっと懐かしいのが出てきた。30数年前の俺(笑
帰国して数年後のオアソビでの写真だ。


大昔から迷彩服はDPMだった。
理由は東南アジアがDPMだから(笑
現場ではODが最強てのはあるけどね。


現在。グレートタイガー!


しばらくはこれで行く。というか、たぶんずっとこれ(笑
どこの国も採用していない色柄というのがお気に入り。


この記事をはてなブックマークに追加

フィールド・ゲーム(気銃遊戯的旗獲合戦)

2016年11月23日 | アウトドア



日曜日は久しぶりのこのフィールドでのゲームだったが、1メートル
先が見えないほどの
背丈位の草が群生していて、いい感じだった。
会敵は、ほぼ遭遇戦だ。
撃つと場所が判るからか、パターンとしてはあまり撃たないみたい。
そして、場所が判ったら猛射というケースが多かった。
撃つと寄って来るね。撃ってすぐに移動しても、一度場所を捕捉され
たら草が動くからラインを目視で追われる。

回り込んでも、ブッシュだらけで敵はどこに潜んでいるか分からない
ので、結構スリリングでした。


この記事をはてなブックマークに追加

実際に体験せずには語れない

2016年11月22日 | アウトドア



まあ、表題の通りなんだけど。
いわゆるタクティコォーと呼ばれているこのブーツね。
駄目っすね、これ。少なくとも俺的にはてんで駄目。
全革の軍用半長靴との差に愕然とした。
こういうタクティカルブーツというのはタクティコォ~~
なシーンに於いて活用できるのであって、「これでは
野戦はできないや」と痛烈に感じた。
まして、ジャングル戦への派兵で、長期活動などは絶対
にムリポととってもつよ~く思った。

次回からは別物投入となる。(結局、全革軍靴もしくは
米軍ジャングルブーツ復活か)
このブーツは犬の散歩用の普段履きにシフトだね。タクティ
カル・ブーツはジャングル戦・
行軍などに使用したら3日で
駄目になるという仏軍外人
部隊の人の話は嘘ではないと思っ
ただよな。

残念ながら、こりゃ駄目っす。ソールも皮革部もグニョ
グニョだし、運動靴みたい。
例えモノホンではないフィールドゲームとはいっても、
靴だけは、LZが確保できないからトラボーンである程度
行って、そこから先は徒歩で国境越えて作戦遂行して生還
できるような靴じゃないと駄目ポでしゅ。
靴の破損は死を意味するからね。状況下の場所によっては。


この記事をはてなブックマークに追加

畑で無くした落し物

2016年11月20日 | アウトドア



畑で無くした落し物。
俺のノブたんどこ行った!?
カムバァ〜〜ック!!

実銃のはこれね。あたくしのFALもこのタイプ。




こちらも実銃だが、これはイスラエル製のFALのコッキングハンドル。
形が違うものをかなりグリップ側手前に設置している。



キングアームズ製FAL電動ガン(パラトルーパー)。


FALのコッキングハンドルは発射の際にボルトと連動して
動かない。
あくまで初段を装弾チャージするときに引っ張って離す
時にのみ使われる。だからか、結構どでかいノブが装着
されている。英軍採用のL1A1などは邪魔にならないように
折りたたみのハンドルノブとなっている。


本来の実銃50.63パラトルーパーはこの可倒式コッキングハンドル
が装着されているのだが、キングアームズ製電動パラトルーパーは
ハンドル部分が一般FALのノブが使用されている。またサイトもG1
タイプ(L1A1タイプ)がKA製電動では使用されており、リアルな
再現性は甘い。

実銃FALパラトルーパー50.63モデル。




上:ベルギー本国のFALのコッキングレバーとハンドル
下:英国式L1A1及びベルギーパラFAL


だが、FALといったら英国製や最新米国製ではなくベルギー
産が本家本元御家元だ。

ゲーム中に国禁具ハンドル落とすなんて、まったくもって、
しょうがねぇなあ>俺。

仕方ないから、鉄の丸棒から旋盤削り出しとボール盤穴あけ
とタッピングねじき切りでハンドルノブを作るか。
つーか、結構複雑な造形だから大変そう・・・。


おれのFAL。内部機関部は自分で徹底的にチュー二ング
してある。初速はビタリ86m/s。弾道も安定している。


この記事をはてなブックマークに追加

広島で気砲遊戯

2016年11月20日 | アウトドア


朝7時過ぎ、昨晩うちに泊まった鳥取の游雲会メンバーと広島
市内を目指して出立。
昨夜は、うちで居合の稽古を一緒に一時間ほどした。
彼は私とは別流派だが、彼も全剣連所属だ。


広島市内で游雲会の別メンバーと合流してフィールドへ。
主催者チームがベースの一角を休息エリアとして間借りさせてくれた。
赤いのがあたしの愛用の椅子。つか、座ってるの俺。隣りの緑の椅子
が広島の游雲会メンバー。

牧歌的なフィールド。

参加者全員で河川敷の共同清掃の後、やがて、ここで運動会が
始まったのであった。

うむ。帰りに親方たちと一緒にファミレスに食事行ったら、膝がガクガク
だすわ(≧∇≦)

参加された皆様、ありがとうございました。
毎回、クリーンヒットをいただきました。
本日最高だったのは、発射音もなくスーッと飛んで来たBB弾がゴーグル
にカーンと中った時。
スナイパーは何を使ったのだろう。
もしかして、ハンドガンのソーコム?
土手上で観戦してた人も「発射音が聞こえなかった」と言ってやした。
こういうのが怖いよね。無音でブスリ!みたいな(笑

かと思うと、全滅の殲滅戦で、「フラッグのそばに誰かいる」との情報で、
プローンからラッシュでフラッグ前の藪までダッシュしたら、正面に相手
が5メートル以内に伏せていてドパパパパッと蜂の巣にされたりとか、
派手なヒットアウトもあった。
全ゲームのうち、時間終了まで生き残ったのは4ゲームほどしかなかった(笑
しかし、おいらのFALは絶好調!剛性高くセミのキレもよく、絶対的な信頼が
置ける。
17年前にフルメタルにしたXM177も快調で、初参加の游雲会広島メンバー
は、それでヒット取ってました。
野球やスノボやる人で、ほんま初めて?というくらい動きがいい。
彼もゲーム後に「腿がきてます」と言ってたので、かなりヒンズースクワット
みたいな運動したのだろう。
鳥取のメンバーもよく動いていた。こちらは自分のFALとSCARを使って
いた。
広島の游雲会メンバーの次世代AKは、開始前の試射で不調が発覚し、
主催者チームの方々が総がかりで各休憩の合間に少しずつ修理してくだ
さったが、原因不明のトラブルは解消されず、おいらの2つ年上の主宰が
無償で預かり、家に持ち帰って修理をしてくれることになった。
皆様のご厚情に深く感謝します。
このチームの人たちは、ホントにいい人たちばかりで、気持ちがよい。
いわゆる心根がクリアな人たちなの。
でもって、笑顔が絶えない。やっぱこれ大切だね。

游雲会広島メンバーには私のXMを貸し出したが、彼は元々室内撃ち用に
XMを持っていて、それは私に予備銃としてくれたという経緯がある(笑
なので、XMの使い方は慣れたもので、難なくフィールドで使いこなして
いた。マガジンは多弾数ではなく、ノーマルを多く持ち、マグチェンジする。

よく歩き、よく走り、よく伏せて、よく動き、かなりの運動になりました。
皆さん、一緒に遊んでくれてありがとう。とても楽しかったす(^。^)
私も含めて、他の游雲会の二名もとても楽しかったとのことです。
めでたし、めでたし。

きょうあたり、一口新作康宏刀が研ぎ上ってくる予定。
そちらもまた楽しみ♪

 


この記事をはてなブックマークに追加

耕作員

2016年11月18日 | アウトドア



あしたはたぶん雨だが、明後日は雨も上がるだろうから、
この鍬持って畑耕しに行ってくる。



この記事をはてなブックマークに追加

デイパック

2016年11月12日 | アウトドア


思うに、デイパックという物が国内に登場して、一気に広まった
のは私の学生の頃からだったと思う。
70年代中期まではほとんど出回っていなかったと記憶している。
私がデイパックを使用し始めたのは1979年からだった。
バイクに乗る時にも便利で、サンドカラーのデイパックにいろいろ
詰めていた。かなり長く使用していた。結構値が張ったように覚え
ている。当時の万単位は私にとってはヒョエ~だったが、バイト代
で購入した。物が確かな物だったので、相当使っていたが37年経った
今でも十分に使える。

今使っている黒色のデイパックもしっかりした物で、ここ16年ほど
使用
しているが、ジッパーの取っ手部分が破損した程度で、他には
一向にお釈迦になる気配がない。今でも仕事での出張などには愛用
している。何よりも昔タイプの大きめのノートPCさえも宿泊
着替え
と共に入ってしまうのが気に入っている。


小学生の頃に登山や山岳キャンプなどではこの手のいわゆるザック
を愛用していた。綿布でできていたので、水よけロウを塗っても、
雨になるとすごく重く感じた。(なお、重い荷物は上方向に入れる)


これは綿布でできたキスリングタイプだ。

この形状は米軍のアリスパックにも採用されたが、腰への負担が大きく、

軍用アリスパックでは重い物を運べるように背負子(しょいこ)と同じ
フレームにバックパックを抱かせる構造にしてあった。
背負子とはハシゴのような木枠に薪などを積んで背負う日本の運搬用具
だが、似たような発想と構造のバックパックフレームは登山の世界でも
多く使われていた。小学生の頃の登山入門書にも、重い物を背負うには
「背負子が良好」との旨の記載があったことを記憶している。

米軍開発のLC-1(アリスパック)。かなりの重量物も運搬できる。


私のアリスパックのフレームなしタイプ。自分なりに改造してある。




私のアリスパックの使用法は、デイパックよりも詰め込めて
本格登山ザックよりも荷物が少ない、というシーンで使って
いる。

こんな感じの日帰りワンデイキャンプなどのシチュエーション
で使うには、米軍アリスパックはかなり便利だ。防水機能も
バッチリなので、山遊びににはもってこいのスグレモノかと。


この記事をはてなブックマークに追加

キャンプ必携

2016年11月08日 | アウトドア



キャンプ等のアウトドア・フィールド・ワークでは私はナイフを
3本身に着ける。

2本はこんな感じで。


一般的セオリーは刃先を真下に向けてお尻側に下げるのだろうが、
私は日本刀タイプの携帯のしかたが個人的には使いやすいので
そうしている。

一つは汎用性が非常に高いバックのバンガード。




以前からずっと20年近くはこのハットリがメインだったが、今は
バンガードの出番が多い。
(下:ハットリ)


このハットリはブローニング(日本OEM)のチーターのコピーなの
だが、とても使い勝手がよい。なによりも削りがコンベックスである
ところが気に入っている。
だが、ハンドルが細すぎるので、大仕事には向かない。
汎用性の高さでいえば、バックのバンガードに旗が揚がる。ただし、
バンガードの唯一のネックはホローグラインドである点だ。
だが、それほど気になるほどのえぐれではないので十二分に使える。

もう一丁はG.サカイのキャンプスタッグだ。



片刃であり、いってみれば小出刃のような造りである。
これは主として食材の切り分け等に使っている。
ブレードが薄いのでヘヴィな用途には使っていない。
これはこれで、一丁持っておきたいナイフであり、これもかれこれ
20年程愛用している。
たしかもう廃番かな。

もう一丁は、マルチツールナイフを持っている。
実際のところ、あまり出番はないが、持っているとそこそこ便利と
いうもの。

ナイフというのは、ゴルフクラブと同じで1本でなんでもこなすという
のは苦手のようだ。
ただ、実際のアウトドア活動では、「大は小を兼ねる」ということは
あまりなく、人にもよるが、凡そ8センチ前後のブレード長の物が
使い易い。

フライロッドを手に渓流を遡行する時にはナイフを4丁ほど携行して
いたが、あれは持ち過ぎだったようにも思える。
一番使えたのは、首からぶら下げたこの杉原渓童ナイフだった。
ブレードはメスくらいの大きさ。ちいせえ~~(笑)







この記事をはてなブックマークに追加

ベレーのかぶり方

2016年10月28日 | アウトドア



私の周りにはベレーをすっきりと正しくかぶることが
できる人が多い(というかそれのみ)。

画像は広島のフィールド・ゲームの統括リーダーだ。
サクッと決めてるよね。おいらの3学年上。若いね~。
ベレーは、要点さえきちんと押さえれば、ピシャリ
と極めて格好よくかぶることができる。
ただし、いくつかの要点を一つでも外すと、すぐに
キノコか入道雲モクモクのコックさんの帽子みたい
になってしまうので、注意を要する。

こちらはオリーブ色の私。


ちょうど10年ほど前、「今年の秋はベレーが流行り
なんですって。あなたは流行を先取りしてるのかも
しれないわね、さすがです」なんて言ってきた女が
いたが、て~んでそれは大きく的外れですから(^^;
流行りすたりでミリベレがあるかっつーの。
それに俺は1979年からミリベレをかぶってる。
日本ではうまい棒が発売された年だぜ(笑

<※注>
私はミリタリーベレーは、「被る」のではなく、頭部
に「はめる」ようにして着帽すると理解しているので、
あえて「被る」という漢字は用いない。
従って、汎用性の意味も含めて平仮名で「かぶる」と
表記するようにしている。
毛糸のニット帽を被るような被り方は、ミリタリー
ベレーに関しては世界標準として一切ないのである。

ただし、ファッションベレーの場合にはニット帽のよう
に「ザングリと」被ることはある。
それでも、そこでの基準も「左右対象のシンメトリーは
避ける」という鉄則がある。


この記事をはてなブックマークに追加

柄物服の色合わせ

2016年10月27日 | アウトドア


柄物野外服2点。
左:グレート・タイガー(勝手に命名/採用国なし)
右:デザート・タイガー(一般的呼称/英米特殊部隊で非公式に使用)

左のグレートタイガーには、ヨーロッパ某国製のこれで合わせるか。


このミリタリー・ベレーの太陽光の下での色はこんな感じかな。

この英国王室海兵隊パンツとほぼ同色。このオリーブ色は実は
迷彩目的からすると、汎用性の高さでは最強。緑と茶色の中間
色で、まさにオリーブ・ドラブ(オリーブのくすんだ色)の名称
そのものといえる。略してOD。辞書によるとODは「オリーブ
色よりやや彩度の低い、黄色みを帯びた暗緑色」とのことだ。
非常に歴史も実用効果もある色なのだが、日本の自衛隊では
被服においてこの色は全廃された。自衛隊は礼装以外はすべて
柄物迷彩服となった。


来月のゲート・ボールの試合にメインで使うスティックはこれ。
これはおフランス製ではなく日本製(笑



この記事をはてなブックマークに追加

足元大切 3 ~タクティカルブーツの時代つけ~ 

2016年10月23日 | アウトドア



このままだと白すぎて目立つのと、新品過ぎてとてもカッコ悪いので、
このタクティカルブーツには手入れと共に時代つけを施した。

どうでしょう。





薄く黒靴墨を注してクリームもごく薄く染み込ませた。
まったく風合いが異なるように仕上がった。
セージに近い色合いに
変身!
まあ、使ってると、どろどろズタボロになるのだけどね。
ただ、初期でマッチロケは目立ちすぎるので手を入れた。


グレート・タイガー迷彩に履いても違和感なし!


でも、色もフィット感も一番違和感ないのは、やっぱりこれだったりして(笑)


しかし、すげ~靴(^^;

ソールは1960年代タイプのビブラムソールである。この靴底は
80年代中期まで採用されていた。
今はこのタイプのOD(オリーヴ・
ドラブ)色のジャングルブーツは販売されていない。
つか、もうこの靴、OD色じゃねーし(^^;
徴兵されたベトナム時代の米軍兵士だってここまで履かないよ(笑


この記事をはてなブックマークに追加

着装の着想

2016年10月23日 | アウトドア

本職の解説動画を見ていて、ああ、それはこれねと思った。
私もハットの白っぽいバンド部分を丁度よい塩梅で色落ち
している
軍用バンダナで隠した。





後ろの総髪の髷垂らしは大昔からやっている私のトレードマークだ(笑)


「人定の特定がされてしまうではないか!」ということもあるが、
それは別件にて、ここでは置いておく。

なかなかいい感じ。


まあ、迷彩にいろいろあれど、この迷彩は映画『BRⅡ』の生徒の
迷彩と同じく、現実現用部隊には存在しない配色だ。

BRⅡ(赤色が入ったスイス系の迷彩柄)

銃を撃つなら、頭を傾けたらタメあるよ。

一作目『バトル・ロワイヤル』でも続編の『バトル・ロワイヤルⅡ 
鎮魂歌(レクイエム)』でも、特異なキャラクタは千葉真一演じる
三村真樹雄だった。


千葉真一の役どころはこうだ。
「国会議事堂への爆弾テロを計画していたこともある活動家。
アジア某国でゲリラ活動をしていた。甥がBRで死亡していた
ことを知り帰国。政治闘争に再び目覚め、レジスタンスを組織。
七原に愛用のカラシニコフを託す。」

これ、シャレにならなすぎる(^^;
日本赤軍でしょう?つまり。一作目の『バトル・ロワイヤル』の時
から「?」
と思っていたが、アラブゲリラに合流した三村は正義の
闘士の
ように描かれている。最後は愛銃(どうやって日本に持ち
込んだ?)AK突撃銃
を七原(藤原竜也)に託して花と散る。
明らかに国際テロリストであるのだが、それを悪者としていない
作り込みの本映画作品において、なにゆえ文部科学省が推薦を
しているのかが不思議でならなかった。
さらに、映画作品のラストは、主人公七原たちの若者テロリスト=
ワイルドセブンは米国に抵抗しているアフガンゲリラの支配地域
に「楽園」を求めて向かうのである。
う~ん。これを日本政府が推奨映画とは、どいうこと?(笑)
大きな陰謀か?(苦笑


バトル・ロワイヤルシリーズでの出演者は個性が強いが、私が
一番
いいなと思ったのは、Ⅱでの凄腕スナイパーの加藤夏希だ。


実写版映画『ワイルド7』(組織名一緒なのは偶然)では、ドンくさい
フカキョンなどではなく、加藤夏希にこそ「ユキ」の役をやってもらい
たかった。いや~、ほんとに。
フカキョンかわいいけど、まじもんでドンくさすぎて、てんでワイルドの
ユキになってなかっただすよ~(涙

ちなみに、ちょっとマジな話をすると、テロリズムにおいて、国会議事堂
などを爆破してもちっとも効果はありません。
国会というのは権力の実体ではないからです。
権力の実体とは暴力です。
高校の時の教師が授業で、「クーデターの為にはまずどう動けばいいか」
との題を出したのね。変な高校だというのは置いといて。設問を出した
教師は後にうちの高校辞めて開成高校の教頭だか副校長になってた
けど。
その時、私はブント赤軍派(連合赤軍ではない)の作戦計画を思い出して
赤軍派と同じく「100名の抜刀隊による国会議事堂占拠」と言ったのね。
そしたら、教師は鼻で笑って、「国会の建物占拠してなんの意味がある。
答えは習志野だ。あそこの軍事力を押さえなければ武装蜂起はすべて
実力で潰される」と答えた。クラスの誰一人、その教師が用意した「正解」
(あくまで教師が設定した設問の答えとしての)を回答できなかった。
これは「物事の本質を見よ」というテーマの中で授業中に出された設問
だった。
権力の実体とは選挙のたびに人員が変わる政府閣僚ではなく、武装した
暴力装置(警察と軍隊)を掌握しているものが権力の実体である。まさに
「国家とは暴力の独占である」(マックス・ウェーバー)ということだ。
まあ、私の回答は共産同赤軍派というよりも、日本が軍事独裁国家に
変容するという望月三起也先生の劇画『ジャパッシュ』(1972)での作戦
計画を思い出して言ったというほうが強かったのだけど(笑





劇画『ジャパッシュ』は、実在した三島由紀夫の「盾の会」のような
団体が、クーデーターにより軍事独裁政権を確立して日本を軍事
独裁専制国家にするという内容の作品だ。
現実の盾の会は少し主張が異なるが、作品の中ではその動きに
対抗する日本警察の刑事(副主人公)はやがて大きな力に潰され
て無慈悲に恋人と共に葬り去られる、という結末だった。
このテーマは作者の故望月三木也先生の中にはかなり中心観と
してくすぶっていたようで、名作『ワイルド7』においては、軍事独裁
国家を狙うヒグマ大臣が独裁者となり、日本が軍制国家になって
あらゆる自由と民主主義が弾圧される世の中になってしまう。
やはり、それを阻止して、元の民主主義の世に戻そうと警察組織
であるワイルド7や自衛隊有志がレジスタンスとなって抵抗するの
だが、ワイルド7は主人公飛葉を残してすべて殺されてしまうので
ある。
数年後の続編からは、主人公飛葉は記憶を無くして南米にいたが、
完全軍事国家となった日本を再び民主的な国に戻すべく、自衛隊
幹部(初期に死亡したメンバー「世界」の血縁者)やワイルドの元隊長
の検事草波が動き出す。
ただ、惜しむらくは『ジャパッシュ』と同じように、『ワイルド7』の続編
は何作も遺されたが、ついに日本を民主主義社会に復興させること
はできないままだった。劇画『ワイルド7』の世界の中では、未来の
日本は軍事独裁国家に変容したままだったのである。
私はこれは、未来をつむぐ者たちへの、望月三起也先生の渾身の
命をかけた警鐘メッセージだったように思える。


この記事をはてなブックマークに追加

足元大切 その2

2016年10月21日 | アウトドア



来月のフィールドゲームに初参加の広島の友人はこれを
はいて行くらしい。
ベイツ!
やるなあ。
あ。ニャンコ足発見!

やっぱ、おいらはこれにするかな・・・。


こんな感じ。


つかさ~。ズボンみじかすぎでね?(^^;

だが、私は思う。
世の中で一番はきごこちのいい履物はこれだっ(笑)。

ということで、充分に革クリームを塗って染み込ませ、馴染ませた。
金具の黒塗り、革エッジの黒塗りも完了。
出撃準備OK!




てなこといって、こっちにしたりしてな。
これ、まじで楽なんだもの(笑


もう一方もベイツにするらしい。ゴアテックスベイツだね。


でもって、俺なんて、結局これ履いてたら自分でも笑える(≧▽≦)
レジオン・エトランジェの人が言ってたけど、2バックルブーツと
これが世界最強とのこと。特にジャングルにおいては、これで
なければアウトと確信しているとのことだ。わかる(笑)
タクティカルブーツだと、たとえベイツでもジャングルでは3日と
もたない、とのことだ。ジャングルブーツ最強!




踵が外れないように、超強力米軍特殊ダクトテープで補強してるん
だよ~ん、と。
いわゆる「不可能を可能にするテープ」と言われてるやつね。
なかなか手に入らない。
普通のガムテープなんかとはぜ~んぜん違うよ。

ちなみに、今の自衛隊最新3型半長靴は黒色ジャングルブーツの改良版である。

さて、ということで、どのブーツを履くか。まあ、ほんまもんではない
ゲームの脳内設定なんですけどね(苦笑


この記事をはてなブックマークに追加

足元大切

2016年10月19日 | アウトドア

来月の野外活動の足元固めは、どれをはくかで悩む。

タクティコーなこれにするか・・・


あるいは、伝統のフランス外人部隊や傭兵御用達のこれにするか。
頭抜けた世界最堅牢ブーツ(笑)。


はくときゃ紐は一本絞めのバックル絡めにするだよな。

やっぱし、これか?

なんだかんだいって、これが一番足には合うのよね。
本革製って強いよね。30ン年前のでもどうにか行けるもの。

なぜ悩むかというと、白っぽいデザートブーツが
あまりにもグレート・タイガー・カモ(仮)と色
が合わないから。本物のデザートタイガーとは合
うのだけど・・・。

グレート・タイガー(仮)と。


デザート・タイガーと。


黒色のほうがまだまし、みたいな?


むしろ、トレッキングシューズのほうが色が合う
という、トホホなことに(苦笑)


一番色が合うのはこのセージ色だろうけど、おいら持ってなぁ~い。


色合わせって、案外大切。


この記事をはてなブックマークに追加