渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

新潟

2016年11月27日 | 外出・旅



会議後、慰安旅行。

思うんだけどさぁ、旅館ってさ、200名以上の食事を一気に
作るのだから、そりゃあ、なんというか味は・・・(^^;
紙鍋の鍋物は明らかにカツオ風味の本だしを使ってたよ(^^;
行った先の報告記載は帰還後に。(しないかもしれない)


この記事をはてなブックマークに追加

都心部、観測史上初の11月の積雪

2016年11月24日 | 外出・旅


1000ランディング。都内着。離発着には今のところ影響なし。
11月の都心部の積雪は、1875年の観測史上初めてらしい。

この記事をはてなブックマークに追加

冷え込み

2016年11月23日 | 外出・旅



東京は明日冷え込むってよ~。ぶひ~。
防寒着を着て行こうっと。

きょうは一日中これを被っていた。あったかい。


この記事をはてなブックマークに追加

新型ローソン?

2016年11月02日 | 外出・旅



三原市内の国道ぞいのローソンで気づいた。
店内がやたらと暗い。
LED照明だろうが、一般的なコンビニのような夜でも店内は
灯りがこうこうと
という感じではなく、まるで飲食店のような
照明なのだ。




新しい店舗なので、新方式なのだろうか。
コンビニが出来てから、手近な商品というのは全国的化したよね。
私が広島県の三原に引っ越して来た10数年前には、三原には
コンビニが1軒も無かった。
都内でもコンビニが一般化したのは1970年代に入ってからだが、
やはり拡大したのはオンライン化が始まった1980年代中期以降
だった。
広島県三原市は20年程遅れている。
三原でマンション建設が始まったのが今世紀に入ってからだ。
それまでは駅前の一棟(ライオンズ)しか無かった。
今は、これでもかというくらいにマンション建設ラッシュだ。
マンション乱立でうちからも窓から海がほとんど見えなくなって
しまった。私も普段はマンション住まいなので偉そうな自己中は
言えないのだけどね(^^;

最近の三原で変った事といえば、街中を走る国道2号線が2号線
ではなくなった。国道2号は山の中を走るトンネルバイパスが国道
2号となった。かつての街中と海沿いを走る国道2号は国道185号
と名称変更になったのである。
地元三原の人は国道2号線のことを「ニコク」と呼んで親しんでいた。
神奈川県で「ニコク」といえば、国道1号の第二京浜のことだ。神奈川
で「イチコク」とは国道15号線の第一京浜のこと。第三京浜は「サン
ケイ」と呼ばれる高速道路のことを指す。
特に横浜北部と川崎と東京南部に住む古い人はそのように呼ぶ。
地方から関東に出てきた人やにわか神奈川県人は「ニコク」が国道
2号線のことではなく国道1号線のことなので違和感を覚えるらしいが、
それは地元の生の感覚を掴めないからだけのことだ。
中には「ワロタ」とかネットに書いている者もいるが、それは自分が
田舎もんであるだけのこと。
そもそも住んでいた場所が別地方だからということだけでなく、自分
の感覚こそがまともで、他を「異物」として嘲笑する感覚自体がイナカ
モンの典型であり、それこそ「ワロタ」であるので、あまり恥ずかしい
ことはネットで書いてドヤ顔しないほうがいいだろう。




この記事をはてなブックマークに追加

喫茶店のご飯

2016年11月02日 | 外出・旅



三原市内にカレーのおいしい喫茶店がある。
時々カレーを食べに行く。

許可を貰ったので店内を撮影した。


店内は昭和レトロ全開で、まるで裕次郎時代の日活映画に
出てきそうな雰囲気だ。バーのママさんがマダムと呼ばれて
いた頃の時代(おいらでさえ生まれてないがな)。








店内はかなり広く、ビリヤードテーブルが何台も置ける程の
広さがある。


野良子だが、よくお店の前に餌を貰いに来るという。




これは先々週に食べたカレー。結構いける。


昨日は、家内が「ちゃんぽん」の信玄幟があるのが気になっていた
から探索してきてくれとのことなので、ちゃんぽんを頼んでみた。


マスターの奥さんがいらした時、数事マスターと話をしている
のが聴こえて、言葉から長崎の人とわかったが、これは長崎
のちゃんぽんなのだろうか。
ソースが一緒に出て来ています(◎。◎)
そうなの?
胡椒(唐辛子ではなくペッパーのほう)がちゃんぽんに付くと
いうのはわかるけど、ウスターソースとは知らなかった。

味は・・・どういったらいいのか、野菜スープ麺みたいな感じ
だった。
もしかしたら、チェーン店のちゃんぽんしか私は知らないので、
これが本場長崎のちゃんぽんなのかも知れない。
東京にある「讃岐うどん」というのは本場讃岐で食べるうどん
とは違うので、ちゃんぽんもチェーン店や都内にある店舗の
味は本物とは違うのかも。
東京での「とんこつラーメン」の走りは環七ぞいの「なんでん
かんでん」で、爆発的なブームとなったが、九州出身の人と
食べに行ったら怒ってた。「これ、九州ラーメンやなかばい」と。
やはり本場本物の味というものはあるようだ。
そういえば、横浜のサンマーメンも、横浜以外にはないし、あった
としても似て非なる物というものばかりだ。
(サンマーメンは横浜でも店舗により系統が異なるのだが)

しかし、この喫茶店は気に入っています。
なんというか、造りが古過ぎて、そこが気に入っている。
高校時代によく行った駿河台下の「さぼうる」より古い感じだよ(^^;

学生街の喫茶店「さぼうる」。赤電話は現役で、私が高校の時の
40年前にはすでにあった。



この記事をはてなブックマークに追加

広島の海

2016年10月28日 | 外出・旅


本日の広島の海。
坂町ですね。
海に浮かぶのは牡蠣の筏です。

本日は平和大通りに宿泊。
では、お休みなさい(はやっ

昨日寝てないので、さーせん。

この記事をはてなブックマークに追加

城のある町

2016年10月19日 | 外出・旅

夜明けの福山城と秋の空。

母はこの藩の藩校を前身にもつ高校を出ているが、仮に私が広島県
生まれだとしたら、同じ学校に行きたかったとは思う。
だが、それは二重の意味で現実化しない。
第一に、私は現実には東京
生まれで都内の高校を出たことと、第二には、私の世代は広島県では
学区制?だったので、希望高校には進学できず、勝手に進学先を県に
指定されて振り分けられたからだ。
最近流行りの小学校の徒競走で、全員でお手手つないでゴール、皆さん
が一等賞で同着同位です、めでたしめでたし、みたいなもの。
個人の努力は報われない。
誰なのでしょね?
個人の希望と望みを踏みにじることが民主主義社会における教育の
機会均等であるかのように強行的に施行したのは。

ファシズムとは民主主義の一変容であるということがよく解る。

この記事をはてなブックマークに追加

昨日の広島

2016年09月25日 | 外出・旅

昨日、久しぶりに高速を使って広島市内に仕事で出た。

都市高速に繋がる道はかなり下っている。山陽自動車道が
いかに山の上を走っているかということだろう。


この先で、一瞬広島市内が見える。




見えた。






海田大橋を渡って目的地へ。海の上を走る高速道。




仕事を終え、昼食は市内の游雲会のメンバーとおすすめの
お好み
焼き屋さんへ。
朝顔が見事だす。こういう方法もあったか。



開店時間が短いので、なかなか行けない店。


梁も高いし、これくらいにすれば居合が抜けるぞ(笑


鉄板置き台。


きた~。これ、かなり美味いお好み焼きです。刀剣友だちおすすめ。


店内で、ぬぁんと広島のテッポ仲間に出会った。おどれ~た。
この店来るのはあたしと同じく初めてだそうで、これまた奇遇だ。
刀剣仲間も交えて久々にいろいろ話ができて、楽しい昼食となり
やした。3人ともバイク乗りだから、話題はバイク談義だった。楽し♪



一路帰還。
山陽道から三原城下に下りる。これまたかなりの下りだ。
ここは三原城から古代山陽道(今の山陽自動車道と一部重なる)
に続く道。すごいでしょ?舗装はしてあるけど、これほとんど古代
と変わらないのでは・・・。
というか三原の海辺は戦国末期まで閉ざされた海辺のただの寒村
だったから、人など現在の三原城があった場所になど行かない。


つい最近まで、三原市内と古から開けた古代山陽道を結ぶ道は
こんな感じだった。三方が山に囲まれ、正面を断崖と海に塞がれ
た現在の三原は、水軍城としてしか要衝の意味はなかった。
人が住んで町が形成されたのは天正時代以降のことだ。
築城からは来年でたかだか450年ジャストである。
京都の1222年の歴史に比べたらはるかに浅い。
安芸広島城の鍬入れは天正17年(1589年)、備後三原城の着工
は永禄10年(1567年)であるので、三原のほうが広島よりも20年
程早く開発が着手された。
現在の都道府県の県庁所在地のほとんどが江戸期の藩主の館が
あった場所となっている。


これは下り坂。だんだん三原の町に近づく。山賊が出そうなとこだよ。
しかし、拡幅された新道以外は三原に入るには、つい近年までは、
このような道しか
なかったのである。国道2号線の開通は昭和30年
代のことだ。

江戸期にも隔絶された城下だったが、明治以降は鉄道による移動
しか方法はなかった。あとは徒歩でこのような道を山越えしてどうにか
尾道(古代から町だった)や古代山陽道方面の街道に抜けるしかな
かった。



ようやく三原城が見えた。帰還せり。あとは事務処理を済ませて本日終了。


この記事をはてなブックマークに追加

屋台風醤油ラーメン

2016年09月06日 | 外出・旅



ここは味が変わっていないだろうと期待。

ノープロブレム。
佐野実さんだと「普通の中華屋さんのラーメンだな」
とか
言いそうな気もするが、十二分に美味い。マル。
深夜にやっているのもなかなか良い。


この記事をはてなブックマークに追加

とんこつラーメン

2016年09月05日 | 外出・旅



妻と久しぶりに週末にラーメンに。
お客さんは正直ですよ、と。
私も家内も「あれ?」となった。
味がすごく落ちた、この店。残念。


この記事をはてなブックマークに追加

埼玉日帰り

2016年08月23日 | 外出・旅

朝一便で広島を出立。
午前中、うを新で作刀打ち合わせ。
午後、1700まで本業会議。
急きょ予定変更で明日客先で打ち合わせ面談
のため、同日夜、最終便で広島に帰還。
埼玉県北まで日帰り出張はちときつい。
移動距離約1800キロ。

(高崎線上り)


この記事をはてなブックマークに追加

仕出し弁当

2016年08月08日 | 外出・旅



出張先で昼に振舞われた仕出し弁当。
かなり豪華だす。味も良し。


この記事をはてなブックマークに追加

たこめし ~駅弁~

2016年08月08日 | 外出・旅



三原の駅弁「たこめし」。

う~む。広告に偽りありのような気がする(^^;
それに、しょぼい・・・。タコの味付けはまあまあ。



奈良の柿の葉寿司のような物で、ネタに仕事をした
「たこ寿司」を作ったら、絶対に売れるように思える
のだが・・・。





この記事をはてなブックマークに追加

ラーメン屋

2016年08月06日 | 外出・旅


ホテルの部屋に帰って、どうも小腹が空いたなと思って、先ほどのラーメン
屋に一人で行った。
豚骨ラーメンをすすっていると、新たな客が来た。
あれ?と思ったら、先ほどの店で隣りに座った人だった。
なんでも、インターハイの付き添いで仕事の休暇を貰って長野からいら
した選手のお父さんだという。
生まれ育ちは岩手だそうだ。
パキリとはまった。
話がすんなり合う理由がわかった。
どうも俺は西日本の人とはウマが合わない。
東日本の人とは、互いに身元をあかさなくとも妙にウマが合う。

これ、実は、西日本と東日本では人種に繋がるほど人が違うという実感が
あるのだが、これは体験した人にしか絶対に理解できない。
同じ日本国内なのに、日本人と中国人ほどに人が違う。
西日本は、ここは日本か?というくらいに圧倒的に大陸半島の影響が強い。
これは多分二千年の歴史なのだろうと思う。
生物学的な人種は一緒でも、まるで人間が異なるのだ。これは21世紀の
現代にあっても。

先日、交通事故に遭った。
幸い、私も追突した人も人身事故には至らなかったのだが、この事故を聞き
知った西日本の人は一様に言う。
「首を押さえて、いてーとか言って対応すればよかったのに」と。
私には意味が解らない。
騙してタカレというのか?
それが一人や二人や三人や・・・ではないのだ。そのように言う人が。
さもしいというのを通り過ぎて、私には理解不能である。
仮にテーブルの上に現金が置き忘れられていたら盗取するのだろうか。
怪我してもいないのに、難癖つけて金をむしり取ろうとするその性根が私
にはまったく理解できない。
さすが岡山県人、広島県人、一度古代に半島人に占領支配されて混血化が
進んだ吉備の国マンセー!あんたらすごい!とは思うが、私にはまったく
もって理解不能な感性をお持ちのようだ。

この山陽地区に対する事柄、は私の個人的な感想ではない。
吉備王国の人間性は、古代から今でも続く、厳然たる事実である。

おらはよくわがんね。
そういう感覚、生まれてから、吉備王国に住むまで、まったく知らなかった
のだから。
わがんねこどはわがんね。

ただ、おいらとはまるっきり何かが違う、というのはよくわかる。

この記事をはてなブックマークに追加

うたうたい

2016年08月05日 | 外出・旅


出張。

珍しく、というか初めて福岡の後輩二人と業界会議の為に出張。

三人で飯を食う。
すげー店。ザ・昭和て感じ。


油でデロデロ。だがうまい。


ラーメンに行く。

夫婦でやってる店。うまし。ビールとラーメン。


店の看板ワンコ。
大将に「3歳でしょう?」と訊いたら、「よくわかるね、その通り」と。
大将の家にはポメ、ダックス、キャバリアの3頭がいるという。
しばし、犬談義で盛り上がる。



三件目。
ラーメン屋の周囲には怪しげな客引き多し。


おいらが見切りと見定めでポーターのにいさんにナシつけて、3人分の
金額交渉して入店。
店内は25歳の時のヤザワの映像がずっとモニターに流れている。
これは、ここだ!と思ったよ。
どちらも、曲が良いが、どちらも実は歌詞が最高だ。

私は、エディット・ピアフがいたから生きていられる。
このことの深いところは、私にしか解らない。




聞こえないぜ
そんな小声でびくびく
地下鉄みたいに吠えてみろよ

by 矢沢永吉




この記事をはてなブックマークに追加