渓流詩人の徒然日記

知恵の浅い僕らは僕らの所有でないところの時の中を迷う

林邦史朗氏逝去

2015年10月31日 | 内的独白




私に「斬り」を教えて下さった先生でした。
誰に対しても分け隔てなく、決して偉ぶらない素晴らしい方でした。
「今夜遅いからうちに泊まって行きなよ」と誘ってくださり駅前で夜中に一緒に
食べた屋台ラーメン、深夜までご自宅で共に語り合った刀剣談義、自宅道場で
研究した古流居合、多摩道場で斬術指南を受けた日々、私は決して忘れません。
有難うございました。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。
どうか、ゆっくりとお休みください。


この記事をはてなブックマークに追加

「サムライマスク=面頬の世界」展示 ~広島城~

2015年10月31日 | 文学・歴史・文化





のだそうです。
広島城で「サムライマスク=面頬の世界」を開催。
公式サイト → こちら

しかし、広島県人ってのは・・・。
何言ってるのでしょう。
顔を隠した武具が刀剣女子、甲冑女子(いるのかよ?)にウケるわけ
ないじゃない(苦笑)。今の流行は本式愛好ではなく、イケメン擬人化
ゲームなのだから。
男子にはヱヴァで女子にはとうらぶでオッケー!みたいな。
本格派の裾野広げに少しでも役に立てばいいけど、面頬は少し厳しい
ようにも思えたりする。

しかも、なんというか、はぶてた(すねた)ような「振り向いてくれないじゃん」
みたいなその物言い。なんだかカッコ悪いんだよなぁ、そういうの。

他府県の方はご容赦よろしく御免ということで。

面頬を着けるのはサムライというよりも武将のような気がするけど・・・
ま、細かいことはどうでもいい。
面頬がずらりと並ぶのは珍しいので、お時間のある方は広島城まで
どうぞ。
生きるか死ぬかの時代の中での本物の工匠の技巧をご堪能あれ。

広島城の展示は備後福山城とは比べ物にならないくらいにしっかりしています。
こういう差はどこから発生するのか。
学芸員のスタンスの差なのか。
よく解らないけど、広島城自体は原爆で吹っ飛ばされたので再建建築物
ですが、内部博物館は結構良い展示内容であるのが実情のように私には
見受けられます。

広島県といっても、江戸初期に分割されたから安芸国と備後国では藩主が
異なったのです。備後地区は福山藩として幕末まで存続。安芸は福島正則
の後に和歌山から浅野家が46万5千石で
入封(にゅうほう)しました。
浅野家の統括地は備後の西部まで。三原城には家老を置き、尾道から東
を管轄し、現在の福山市松永あたりまでを領地としていました。
三原の家老は浅野一族で浅野家筆頭家老ですが、和歌山ではなく紀州新宮
からの入封でした。
備後国と安芸国の国境が現在の三原市内を縦断しています。三原城が
あった場所が備後国、三原城を作った毛利一門小早川家の旧城が三原城
から8キロほど西の安芸高山城・新高山城で、これは天正年間に海上に三原城を
築城したのと共に廃城となりました。
小早川家は戦国末期に毛利一門から豊臣一門となりましたが、関ヶ原の戦
以降断絶しています。
一国一城令が慶長20年に発せられますが、広島藩は二国統治のためか安芸
本藩広島城以外に備後国三原城も取り壊されずに幕末まで東の護りとして
存続されました。備後三原城内城下に居住勤務していた武士は広島藩士です。
広島城があった安芸広島は明治以降に県庁所在地になっています。
これは、現在の日本の県庁所在地はほとんどが城郭があった城下町であると
いう例に漏れません。
しかし、大都市でも城郭がなかった街もあります。
北から礼を挙げると、北海道札幌市、青森県青森市、新潟県新潟市、埼玉県
さいたま市、千葉県千葉市、神奈川県横浜市、京都府京都市、奈良県奈良市、
兵庫県神戸市、長崎県長崎市、宮崎県宮崎市などです。(他にあったらごみん)
さいたま市、千葉市、横浜市などは城郭都市の歴史は無く、産業交通網の発達に
よって近代に都市化していった典型的な街といえるかと思います。
埼玉県などは忍(おし)城(家康四男松平家)や川越城(越前松平家、大河内松平家)
という立派な城があったのですが、東北線・高崎線・京浜東北線の鉄道の敷設
と共に東京中心部から真北に延びる地域が線路沿いに発達し、県庁所在地が
浦和に置かれました。
川越城は住宅地になってしまいましたが、壮大な城郭都市だったようです。

(武州川越城)


学生の時に千葉出身の後輩が川越城下に住んでいて(なぜ川越?と思ったが、
訊くと「城下町に住みてぇんだい」とのことだった。だったら千代田区に住めよ
とか思ったがそれは言わなかった)、彼のアパートによく泊まりに行った。
ある時、早朝「ちょっと走ってくらぁ」と言った後輩はバイクに乗って出たまま
いつまで経っても戻らない。
城下町というのは必ず「L字路」というものを設けてある。
そこで彼は「鈴鹿シケイン!」とか叫びながら切り返そうとしたところ、切り返し
が遅れてL字のコンクリート壁に激突したのだった。
かなり時間が経ってから彼はヘロヘロになって、大垂水から練馬までCBを
押して徒歩で帰って来たバリ伝グンちゃんのようにボロボロのバイクを押して
帰って来た。
以降、そのコーナーを私は「クマちゃんカーブ」と呼ぶようになった。死ななくて
良かったねー。デグナーみたいにそのコーナーは仲間内だけでは名前が
ついている。
三原城下にもいくつもクランク状の直角路がある。これはすべて城郭都市と
しての軍事上の都市設計のためだ。
幸い三原城下のL字に壁はない。
だが、コーナー頂点に鉄柱が立っているところがある。そこは上下2車線片道
1車線なのだが、全幅員はほぼ1車線分よりちょいの幅しかない。
そこを路線バスがグワッと回ってくる。対向車線に大きく出るどころか対抗車線
の端まで使ってでないと旋回できない。
私は最初三原に引っ越した際、離合できるかと思ってゆっくりコーナーに車で
進入したが、バスが回ってきて、「ホゲ!ホゲッホゲゲッ!」とそれを避けるため
に端に寄ったら強靭な鉄柱で車のサイドをガゴガゴゴとやってしまったことがある。
四輪免許取ってかなり経つが、生まれて初めてのガリガリ君だった。
城下町、恐るべし。

三原城下のL字路。


ちなみに、法律上は「T字路」は存在しない。
すべて法律表記は「丁(てい)字路」である。
昔は正しく「ていじろ」と呼ばれていたが、いつの間にか「ティー字路」
になってしまった。

例によって話が飛んだが、毎度のことで。


この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン2

2015年10月31日 | 時事放談

真実の基督者はハロウィンを無視する。

ま、それはおいといて、ジャストナウ!
今渋谷を歩いているいっこ年上のブチョーから画像が届いた。








おれも参加しようかな。
こんなので。



この記事をはてなブックマークに追加

男前!!!町井勲 軟球目隠し居合斬り

2015年10月31日 | スポーツ・武道など

男前!!!町井勲 軟球目隠し居合斬り

2015/10/22 に公開

いともまあ簡単にサクサクと・・・。
あれ?と思ったら35歳の時でした~。
最近またネット上で話題になっているようです。
番組動画だからすぐに削除されちゃうかもしれませんけど。


この記事をはてなブックマークに追加

優雅なる救国の戦闘機 スーパーマリン・スピットファイア

2015年10月31日 | ミリタリー

優雅なる救国の戦闘機 スーパーマリン・スピットファイア


やはりどうしてもスピットが好きなわたひは非国民でせうか。



祖国を防衛するということは自国民も犠牲を払うということだ。
スピットファイアは祖国を守った。

ゼロもとてもいいが、私はゼロ信奉者ではない。
好き嫌いはある。
好き嫌いでいえば一番カッコいいと思うのはBf109だが、どうしても
好きに思えるのはスピットになってしまう。
人殺しの兵器をカッコよく思うなんて、好きだなんて、という向きもある
だろうが、兵器だからそうではないからというところではないんだよなぁ。
例えば、私自身は全航空機の中で一番好きだしかつカッコいいと
ダブルで思っているのはT-4練習機だ。









めちゃくちゃカッコいいと思う。
カワサキだぜ!


この記事をはてなブックマークに追加

予感 ~久しぶりの強いプロ野球チーム~

2015年10月31日 | スポーツ・武道など



読みだが、ソフトバンクホークスはもしかすると来年V3を達成し、
V9時代の巨人に迫ることになるのではないかと思う。

だが、タイガースとユニフォームの色がにているからと、ホークス
ファンに蔵替えする気はおいらにはない(笑
戦後日本を支えたのは大坂やで!
(って甲子園は兵庫県だけど)


この記事をはてなブックマークに追加

ハロウィン

2015年10月31日 | 時事放談


(渋谷 2014)

真実のキリスト者はハロウィンを無視する。
まあ、それはおいといて、お祭り騒ぎが好きだね~、日本人は。
バレンタインに乗せられ、クリスマスに乗せられ、最近はハロウィンだ。

そして街はこうなる。





この記事をはてなブックマークに追加

フィールドゲーム

2015年10月31日 | トイ

2009 11/8 ガンモ・クロニクル



ゲーマーが絡んできたからという訳ではないが、おいらのゲームの
動画をあげとく。
1ゲーム15分。装弾数300発制限、バイオ0.2g限定。
初速90m/s未満(銃検あり)。フラッグ戦。
このセットは約30人vs30人位のチーム内紅白分けでのゲーム。
結果、うちのチームが勝ち。(北側から我々が主力と見せかけて攻め立てて、
南から隠密で戦闘を避けて回ったアタッカー部隊がフラッグゲット)

フィールドゲームは、ゲーム開始前の作戦立案が面白い。
その作戦展開のせめぎ合いこそがエアソフト(サバゲ)の醍醐味だ。
サッカーやラグビー(はやったことないが)やバスケットにとても似ている。
ただ、コートではなく、それが約800m四方の森林フィールドで展開される。
岡山県のフィールドは、途中にポンドやクリークや小河川流れ込みもあり、
時によっては、ボートを使って敵陣付近まで侵攻することもある。
ボート班は降りてから散開して陸上部隊と連係して攻撃を展開する。
(連携と連係の弁別できていないゲーマー多し。ここでは割愛する)

この動画はねぇ、撮影者に拍手だと思いますよ。巧手のプレーヤーなの
だけど、このシーンでは自分がゲームに参加しないで撮影してくれた。
まあ、チームの主戦力となる人なんだけど、この人が自分のチームに
入るか入らないかで結構戦績が違ったりしていた。

こんな良かったフィールドは、今はすべて森が伐採されて丸坊主というか
ただの野原になっちまった。

あれから6年経って、あたしの頭も同じ位にツルッパゲ。
いや、まだツルまでは行ってないが、抜け始めてわかるなが~い友達って
やつだな。かなり寒い(^^;
ま、シートだからしかたない。
うを新などは「え~?!渓流さんがハゲなんてちょっとショック」とか
言ってたが、俺自身禿同だ。でもまだCharさんまではいってない。


備中国のこの第一フィールドは楽園のような良質のフィールドだった。
それと、第二フィールドは、いわゆる備中青江派の刀工群がいたところで
ゲームしていたが、ここもかなり良質だった。

それでも、この第一フィールドが最高だった。
今はもう無い。

サバゲは国内に入ってきた時からやってるからもう30年以上になるが、
岡山県の河川敷は、森林地帯が500メートル以上にわたって広がり、
国内有数の良フィールドだと感じた。
御殿場もそこそこだったが、岡山県が俺の中では最高だった。

ここがゲームフィールドだった。


クリックで拡大




ゲームはゲーム=お遊びであり、実弾と爆弾が飛び交う実戦とはまるで
異なる。フィールドゲームには空爆もなければ地雷もない。航空支援も
ないということだが、何よりも砲撃や被弾や感染症で死ぬことがない。
それによ~。マラリア蚊がいねーだよな。これはかなりいい。
サバゲは実戦とはまるっきり異なる。サバゲは戦争ごっこにさえなって
いない。第一、実銃と玩具銃では射程もパワーもまるで別物だから。
5.56ミリでさえ2000ジュール超だからね。次元がまるで違う。


この記事をはてなブックマークに追加

溶解して鋼ができるという溶解情報 ~近代製鉄じゃねーんだけど(笑~

2015年10月31日 | 溶解情報




どんだけか知らないのなら品性にかけるだのなんだの言わないほうが
いいと思うよ。
あと、解かってねーね。
ちょいとではなく、すんげーだよ(苦笑
ところが、世の中の真実は、人様を品性かけるとか言ったりする奴が
実は品性欠けてるというこのロジック理解できる?
できないだろうね、まず。見たところ自覚なく恥ずかしげもなく論って
いるから。ご満悦の様子が香ばしすぎる(笑
「馬鹿と言うな、この馬鹿め」の真実解かってないでしょ?
俺はね~。娘が3歳の時に娘に教わったよ。
「パパ。人を馬鹿と呼ぶ人が馬鹿なのよ」(ママ)と。
爾来自覚したね~、俺は。
ところで、おたく、タキシード着てツイッターやってんの?(笑




いや、合ってないから(笑
陰でごちゃごちゃいう趣味は俺にはねぇから。
てか、サバゲーマーってのはこんなのばっか(笑

解かっているつもりで、溶鉱炉と銑鉄卸を一緒にしてもらっても、それは
自分の脳の溶解具合を自己紹介しているだけで

製鋼の仕組みについてまるっきり解っていないというのだけは判る。
よくいるんだよなあ。「この刀を溶かして混ぜて新しく作って」とかいう人。
あと、砂鉄を加熱して溶かせば銑ができるとか、卸鉄は銑卸のサゲだけ
と思い込んでいたりとかの人たち。
まあ、「よく知らんけど」語るというのは前置きで自己紹介しているから、
そういう質性の溶解人の語りを取り上げる俺も十分にナニなのではあるのだが。
いえいえ、品性に欠けるなどとお褒めいただいても、まだまだアイス森
先生には到底及びませんことよ(笑

ちと説明すると、銑鉄溶かすのが銑卸しなのかという問題のこと言ってるのに、
一般的な近代製鉄や冶金理屈のことにすり替えて揶揄しようとしている。
しかも小僧やじじいにありがちな上から目線(笑
こちとらは製鋼のことについて焦点化しているのに、そうではなく別な現象を
指してそれに基づいて人を揶揄している。
建築物で門柱の構造について話している時に、「いや庭園の植木は松ではなく
梅だったのだ」とか言っているようなもんで、まるで見当違い、文字通りの
お門違いというやつでね。人の世ではそういうのはトンチキと呼ばれている。
その特性が森雅裕方式にぴったりマッチってところがとっても香ばしい(笑
事実真実にすりあわせてそれを論じるのではなく、論点ずれたところで
人を揶揄するため、その揶揄論いを主目的とした言辞を為す。
こういう輩は社会の推進力足り得ないんだよね。ただ陰でグズグズと本題と
関係ないことを個人的に言ってるだけ。事実と照らし合わせるという主題との
連鎖は脳内に発生していない。見たこともない刀を誹謗中傷できるという哀助
の凄技にソックリだ。

それに解かってないなぁ~。俺のこと。表層判断者というのはこういうの
だろうね。
嫌ってる奴の作品全部読んだりするか?
モリモリ評論家になれるくらいだぜ、俺は実は(笑
嫌いだ好きだという好みの問題ではないところが問題だというのが
スモモちゃんには理解できないのだろうなぁ。

周辺ブログ御老公の更新を喜んでツイートしていたのもいたけど、
川村景信先生はなかなか愉快な仲間をお持ちのようだ。
このリツイッターも知ったか上から目線の小僧らしさ全開でなかなかマル(笑
若年寄りの称号をさしあげたい。
若者なのに片足ガン箱に自ら進んで突っ込んでいるみたいで思考法の腐れ
具合がよろしい。

ちなみに付言すると、自分で品がないとかいうのは俺は自覚している。
ところが、人を品性にかけると言っている自分の目線が実は品性に欠けて
いると自覚していないところが下品であることにこの淋しいスモモちゃんは
気づかないのだろうなぁ。
たぶん、こういう種族は死ぬまで一生気づかない。
ice-kモリモリに質性がソックリでなかなか面白い。

あと、解ってねーなと思うところは、事実無根のことを脳内捏造によって
他人をレッテル貼りして揶揄誹謗中傷する哀助の手口のことを俺は批判
している訳でね。
別に好きとか嫌いとかの感情は彼に対しては一切起きないし、彼の言動
からも惹起されない。個人ブログだから、文壇では公開できないことも
書くのも自由だろう。だが、その自由をはちきがえちゃいけないよ、と
いうことなんだけどね。
名誉毀損はやめろやというのと、ありもしねえことをでっち上げて他人を
公然の場で誹謗中傷するのはやめなさい、ってことでね。出るとこ出て、
刑事民事含めて黒白つけましょうか?って話なんだよ。
当該被告人および被告予定者が心神耗弱かどうかは別問題として。

さらに敷衍するとだな、康宏への非難は下手と思ってる個人的感情だから、
そんなのはブログで公開しても争点にはならない。俺だって鬼鍔を観て
「なんじゃこれ?ド下手~」とか思ったし。美味しいか不味いか、
上手いと思うか下手と感じるかを書くのはそれは自由だ。
このあたりは店舗の料理の感想をブログに書いたことに関する判例でも明白だ。
ただ、実際に見たこともない物をある作為を以て記述して貶める目的の
満足を得ようとしているところが問題なのよ。自分が十字軍になったつもり
なのかどうかは与り知らないが、そんなことは本件とは関係なく、明らかに
刑法民法に抵触する犯罪なのにさも自分の行為が社会正義であるかのような
言動で他者を現在も名誉毀損し続けているのが問題なのよね。
まだ、康宏非難や俺への中傷はいいほうだよ。他の方々への不特定多数が
読める公開の場での誹謗中傷、名誉毀損、不法行為はひどいものがあるのだから。
事実無根や個人の過去の職業を論うことで名誉を著しく毀損して許されると
思っているところがキテレツなんであってね。まあ、業界から干されるという
制裁くらうのは見ていてよくわかるが、司法判断による社会的制裁も加えられる
べきだと俺は思っている。
こちらは弁護士揃えて更なる自己曝露記述を待っているというとこなんだよな。
住所も特定できたし。
そいうこと。


そうそう。私も言っておかねばならないかな。
某氏が文壇・出版界で低く評価されていたのは小説家としての技量が低かったから

ホンマは別なファクターが大きく作用しているのだが、さてその構造の意味を
読み解けるかどうかは、周辺領域を自ら右往左往している御老公次第。


この記事をはてなブックマークに追加

喧嘩屋右近 ~杉良太郎~ お見逃しなく!

2015年10月30日 | 映画・ドラマ





キターーーー!
ドェヘッ!ドヘヘヘッ、ドェヘッエヘヘヘッ!エゲゲッヘヘヘ。
喧嘩屋右近だぜ。

番宣 こちら


なぜか、大人の事情というやつでDVD化されていない隠れた
人気時代劇『喧嘩屋右近』がBSジャパン(テレビ東京系)で一挙放送
される。

これは見逃してはいけやせんぜ。
おいら全部ビデオで持ってるけど、やはりデジタル放送のほうが
クリアだからね。ぜ~んぶ録画して時代劇ライブラリーに加えるっす。

『喧嘩屋右近』は1992年から1994年まで放送された人気時代劇で、
原作は林不忘(本名長谷川海太郎)の『魔像 -新版大岡政談-』だ。
林不忘は大正~昭和初期に活躍した新潟生まれ函館育ちの文人で、
旧制函館中学から明大に進み渡米した後帰国して作家活動に入った。
有名な作品は『新版大岡政談』で、その作は後に『丹下左膳』と改題
された。丹下左膳は皆さんも知ってるでしょ~。

「喧嘩屋右近」はその「大岡政談」の中の「魔像」という小編に出てくる
茨右近というカブキ者が主人公だ。
茨右近自体は映画『魔像』(1952年/東映)で大友柳太朗が演じていた。
その後、1960年に映画『大岡政談 魔像編』では若山富三郎が演じた。
平成時代劇ドラマの『喧嘩屋右近』は、1989年に放送したTV時代劇
『大岡政談 魔像』(フジテレビ年末時代劇スペシャル)において主演
した杉良太郎が右近役を気に行って自ら企画し、テレビ東京/松竹に
よって製作された時代劇で、キャラクタはフジTV版右近を継承している。
私は1989年末のフジ版右近を見て一発でファンになったが(それが
1989年からやり
はじめていた居合にのめり込むきっかけでもあった)、
1992年から始まった
テレビ東京版『喧嘩屋右近』の大ファンでもあった。

しかし、どういう訳か、現在までビデオ化もDVD化もされていない。
たぶん著作権等の複雑な絡みがあるのではなかろうか。
意外と知られていないところでは、現在はオールクリアになったので
アニメ『ルパン三世』のキャラクタがあちこちに登場するが、つい10数年
前までは複雑な大人の事情があって、一切『ルパン三世』キャラは世に
出てこなかったのである。露出はアニメの再放送くらいしかなかった
のだ。ルパン人気が爆発的になったのは1990年代後半からである。
それまではルパン三世の解説書にさえ一切アニメ画像や原作画像が
使用できないという状態で、「まったく絵の無いアニメ漫画解説本」という
世にも不思議な書籍が書店に並んだりしていた。
ルパンはクリアになってから大人気となったが、時代劇TVドラマ『喧嘩屋右近』
は今後もDVD等でメディア化されることは無いように思える。

ちなみに小林康宏作の日本刀が俗称「斬鉄剣」と呼ばれるようになったのは
アニメ『ルパン三世』シリーズvol.1時であり、ルパンは東京12チャンネル(現
テレビ東京)で深夜に放送されていたマイナーアニメのため、東京地方限定で
しか小林康宏は有名ではなかった。しかも日本刀を実用で使用する剣士たちの
間でしか喧伝されていなかった。だが、私が二代目小林康宏と出会った90年代
初期には、ルパン三世は前述のようにメディア登場できないような時代背景だった
のだが、斬術を行なう剣士の間ではすでに小林康宏作は「リアルな斬鉄剣」と
して伝説化していた。レジェンドは90年代初頭にすでに確立していた。
私も最初は「うっそ~ん」とか思っていたが、実際に鉄が裁断できるので、
ぶったまげた。そのような日本刀はかつては多く存在したが、ちょうどほぼ
消滅期に入った頃で、私の中での当時の時流の現代日本刀の概念が一発で
吹っ飛んだ。二代目小林康宏も「斬鉄剣として康宏作を広めたのはあぁた」とか
今言うが、それは歴史的にかなり違う。私が墨田区千歳の日本刀探求舎鍛人に
通い始めた頃はすでにレジェンドは確立していたのだ。それが証拠にはライダー
1号の男藤岡がハリウッド映画『SF ソードキル』(1984)中で使用した日本刀は
すべて真剣、すべて小林康宏作であり、劇中ではカンカンキンキン刀と刀をぶち
当てたりしていたし、その後も多くの俳優たちの間で抜刀をやる役者は康宏を
愛用していた。理由は一つ。「実用において不安なし」だからだった。
真剣刃引きの本身(演劇界独特の言い回しで私はこうは呼ばないが)において
こういうことになっては困るからだ。
Sword break

危ないなぁ。スタジオで緊急手術って・・・ビッグダム!で済むのかしら・・・。
さすが生放送中なのでこのような事態でも放送禁止用語を言わないのは
実演販売のプロとはいえるが・・・。本当ならば、いまいましいではなく、
糞ったれとかこん畜生とかとっさに言いそうなヤバい事態だ。
刀屋うを新が「考えてみたらあたくしは放送禁止用語オンリーでしゃべってる
ようなもんで」と言っていたが。
「刀屋も八百屋と同じで放送禁止だとしたら、八百屋さんと同じく後ろに『さん』を
つければよいって事ですかね。てことは、『ちんどん屋』もいけないんすかね。
八百屋さんと同じで『ちんどん屋さん』ならばいいの?え?あらそう・・・。
だったら、どうせなら、それだけでなく前に『お』を着けたらどうすかね。ちんどん屋
の前にも」
と言っていたが、そのようなオチで済まないのが刃物による事故だ。
この動画は日本刀ではないが、日本国内で作られた現代日本刀でもこのような
ことは起きている。畳表に斬りつけただけで折れ飛んで行ったりとかe.t.c.・・・。
それは現代刀にあっては当たり前のことで、現代刀工を責められない。
現代刀は美術品であり、試斬などに使うためのことを一切考慮していない
からだ。つまり美術刀には実用性は一切関係がない。ただ見た目がどの
ように美しいかが現代「名刀」製作の判断基準だからだ。
そのような美術品を武用などに使うなどというのはとんでもないことで、
「使うほうが悪い」と刀匠や周辺部分に言われたらそれでおしまいだ。
周りに危険を及ぼさないように、武家目利きは慎重になさってください。
折れ飛んだ刀身が首筋かすめて頸動脈斬ったり、大腿部の動脈損傷したり
手首斬ったりしたら、それでもうサヨウナラだからね。
だから、チャラチャラとはしゃぎながら物斬りしたりは絶対にしないでほしい。
過去の『座頭一』での事故は悲惨極まりない。あれは撮影合間に肩に真剣を
担いでいて、呼ばれて振りかえったらフクラでスパッとスタッフの頸動脈を斬って
しまったためにスタッフが出血多量で死亡した。
刀の作者は康宏ではないが、いくら日本刀とはいえ、自作で傷害致死になった
とあっては喜べないし刀工にとっても大きな不幸だし、第一そんなこと以前に、
そんな保持者の不注意の事故で死んでしまう人がいることが悲惨過ぎる。
何より、現代においては、刀で現実的に人を傷つけることがあってはならない。
美術刀とはいえ、鑑賞においても真剣日本刀の取り扱いには十分ご注意ください。

茨右近のキャラはルパンと五右衛門と次元が合体したようなキャラだ(ルパン
よりも悪ノリしすぎだが)。
真面目な時代劇というよりも、娯楽時代劇として楽しめる。
途中で相方恋女房のお弦さん役が萬田久子さんから坂口良子さん(10代の
時は
うっそみたいに可愛かった)になったが、
私個人は萬田久子さんの弦のほうが好きだった。坂口さんは右近とチュー
しないんだよね(笑)。萬田さんは右近が「かあちゃ~ん」と抱きついてチュッチュ
しても普通にお弦さんで演じ切っていた。
どうやら、10代の時にうっそみたいに可愛かった女優さんは、そういう役には
入り込まないつもりなのかしらね。


こういうのは映画『釣りバカ日誌』にもあって、主人公浜崎(はまさき)伝助の
妻役の初代みちこさんが石田えりさんで、ハマちゃんが「みちこさ~ん」と
抱きついたりしても石田さんはみちこさんになりきって演じていたが、二代目
みちこさん役の浅田美代子さん(10代のときはうっそみたいに可愛かった)は
西田敏行さんに抱きつかれたら応じても嫌々というのが見え見えでシラけた。
こういうのはですね、役に入り切ってほしいと思います(笑

そういえば、『釣りバカ日誌』もテレビ東京系(広島では一般受信できず)で
TVドラマ化で復活している。10月放送開始で毎週金曜20:00からだ。
なんと、スーさん役を西田敏行さんがやっている。

最近おもしろい番組が少なくて、視聴率命のTV業界はフジを筆頭に低空飛行
だが、「また観たい心に残る番組」が少ないからではなかろうか。
焼き直しバラエティーにばかり比重を置いて、目先の視聴率にこだわるから
低迷しているようにも思える。
ドラマにしても然りで、キャスティングの話題性のみで、作りが甘すぎる。
意外だったのは『ド根性ガエル』で、ひろしの母ちゃん役は柴田理恵さんしか
ないだろうとか思っていたら薬師丸ひろ子さんだった。ひろし役の松山ケンイチ
さんは
もうこれはまるっきりひろしの30年後はこの人だろう!という位にハマって
いたが、
それよりも特筆もののネ申はピョン吉の声を出した満島ひかりさんだった。
女優としてのキャラクタとはまったく異なる職人技を見せてくれてた。そこらの
声優さんよりもずっと良かった。プロの仕事ぶりを見た(聴いた)。
京子ちゃん役は・・・論外っすね(^^;

TVドラマの復権を願う。

とりあえず、今晩20:00~は本家に行って『釣りバカ日誌』を観るか。
(本家宅は以前住んでいた時に私がケーブル放送契約しているので、一般
放送以外のチャンネルも観られる)


この記事をはてなブックマークに追加

五目並べ

2015年10月30日 | 内的独白



五目並べで引き分けというのは久しぶりのような気がする。
私は後手だった。

ちなみに、五目ラーメンで私が今までで一番美味しいと感じたのは、東急
池上線千鳥町駅前の「嘉宴」の五目 ラーメンだ。これ絶品。嘉宴の五目は
神楽坂五十番を超えている。
都内にいたなら、わざわざ食べに行く価値ありかと思われ。

この記事をはてなブックマークに追加

火事危険

2015年10月30日 | 時事放談




今から20数年前だろうか。
アメリカのNEWSを見ていて、何日も続いた山火事がやっと消えたと
中継放送があった。
それを喜んで市民が花火を打ち上げて、それを報道していた女性
キャスターが血相を変えて「ファイアー!ファイアー!」と叫びだした。
消化を喜んで花火を打ち上げて、また山火事になってしまったのだ。
キャスターは迫りくる背後の炎から逃げながら叫んでいた。
「なにやってんだよアメリカ人」とその時には思ったが、日本人も
似たようなものか。


この記事をはてなブックマークに追加

鉄の触れ合い

2015年10月30日 | 文学・歴史・文化


知人からカミソリ武峰を入手したと連絡あり。
切れもの刃物は人気が高い。


昨日、帰宅すると刀工小林康宏から資料が届いていた。
日本鉄鋼協会総合企画部門鉄鋼プレゼンス研究調査委員会の「鉄と技術と
歴史」研究フォーラムによる「第30回フォーラム講演会論文集」だ。
今回のテーマは「日本の刃物ーなぜ日本の刃物は良く切れるのか」である。
都合により参加できなかったが、資料を読むに非常に興味深い。

2011年、東日本大震災に見舞われた東北地方の震災復興支援を通して、製鉄
遺跡関連遺物・遺跡のスラグ解析による実証的な研究、また、たたら炉操業
で銑押しと鉧押しの実証的な研究に向けて、製鉄プロセスへの工業的アプ
ローチの要望が会員および研究者から出された。
これを受けて、本フォーラムでは、2013年に「鉄の歴史における製鉄工学研究会」
が発足し、おもに原料・操業・反応に焦点を当てた研究が進められてきた。
次回は、低炉砂鉄製錬プロセスの理論と応用に焦点を当て議論をする。
開催は11月28日(土)、東工大大岡山キャンパスにて。

この次回プログラムの中では「前近代製鉄」という語句が使用されているが、
これはこれまで安易に使用されてきた「古代製鉄」よりもはるかに適切な
表現であると私は思料する。
前近代とするならば、広範囲をカバーするが、古代の製法が解明されていない
のに「古代」と呼称付与する傾向がこれまで強かったからだ。
これは学術的視点においては妥当性を欠く。
但し、このフォーラムはあくまで議論と研究の場であり、一部の固定的思念を
独断的に強要普及させる場ではない。
そこにアカデミズムの良心を感じる。特定派閥の力に左右されない独立
した学問の自由と自治がそこに存するからだ。
自主と独立なくば学問の真理探究などは担保されない。
そこにこそ学究のダイナミズムがある。
偏波は知性とは同居しないのである。

この記事をはてなブックマークに追加

薄っぺら

2015年10月29日 | 溶解情報

迷走者に限って、

「刀作りの方法に銑卸しというものがあるが、これは和銑を破砕して
火床(ほど 鍛冶用の簡単な炉)で溶かし、炭素量を減らして鋼にする
工程である。」

とか真顔で言い出したりする。

溶かすんだって。
銑鉄を溶かしたら鋼ができるんだって(笑
溶かしときたよ。るつぼ?溶鉱炉?(≧∇≦)
いや、鍛治用の簡単な炉で溶かすのだって。

文献やネットなどで「溶かす」と書かれてあるから、無思慮にそれに乗る。

鉄を溶かすと鋼になるというのはすげ~(≧∇≦)
そもそも還元という概念すら存在しないのではなかろうか。

するってーと、なにかい?
砂鉄溶かしたら、いい鋼ができるかもね(笑

よく解ってないのに識者ぶって日本刀語りをしたがるから、そのように
薄っぺらなところで馬脚を現す。
素人丸出しというのは無知なのだからしかたないが、まず「俺は裏の裏
まで知ってるんだぞ」などということを自己顕示したいのが先行するから、
かような無様で誤謬だらけの墓穴を掘る。
というか、人をスキャンダラスに揶揄中傷的に書きたててそれで大衆の
興味を引こうとするあのカストリや赤新聞以下の感性と手管そのものが
根っから下劣極まりない。
その品性下劣さを全く自覚していない。人をネタにしてしか存在を主張できない。
コバンザメ以下、寄生虫以下の生息物だ。
細菌は人の役に立つが、ばい菌は害悪でしかない。
その品性の下劣さは、自分自身で「周辺」と自己紹介している事からも読み見とれる。
日本刀に群がる周辺を俯瞰して睥睨して論評しているつもりだろうが、
自分自身がその周辺の有象無象の芥子粒以下の存在そのものであるというのが
実に痛々しい。日本刀の周辺という題名そのものが、自分は他人のネタを
下世話に取り上げ論うことでしか存在していないという事を如実に示している。
そのためだけにあの「日本刀の周辺」はある。他者を中傷し、名誉毀損をし、
己の憤怒を立ち小便のように撒き散らすのが目的であるのがあのブログだ。
あそこからは一切の建設的未来への招待券は発行されない。
人を不愉快にさせる、換言するなら読者をも不愉快にさせるのが唯一の
目的のエリアなので、心が汚染されたくない方は近寄らないほうがよい。
物書きには主張内容の如何に拘らず読者を引き込む手法というものが
あるのだが、それは読者をも敵に回すことが結論的に主目的となるような
あそこの主幹の稚拙に過ぎる筆力では到底覚束ないので、あそこから何か
建設的かつ創造的なものを得られるなどとは期待しないほうがよい。
そうした明るく建設的で健康で健全な事柄とは真逆の作用しかなく、また
その結果はかの筆者の希望通りに貫徹され、獲得されている。
タメにする行為というものは、真の実力に裏打ちされたものではなく、
虚勢を張ることにより如何に軽薄な内実を隠蔽しようとするためのものか
という人の世の定理がよく判る。
でも、すぐ露見する。
誰も頼んでいない。
自分で曝露する(笑
語るに落ちるとはまさにそれ。

つまらんのお~。
もうちょっと歯ごたえあってもよさそうなもんだが、これでは豆腐頭に
古鉄製の釘を打つみたいで、手応えなさすぎ(笑

レベル低すぎて話にならないが、現実に多くの鍛治職と接して深い部分で
交流をしない、オツムが独善と独断とに凝り固まってるから物事が
見えなくなる。
事実真実現実とは一切関係なく、常に自分の情念に規定された事が唯一
絶対に正しいとして譲らない。
これでは、著名金工からもスローイングスプーンくらうはずだ。哀れ。
ともあれ、見たこともない刀について徹底的に脳内醸造した憤怒だけで
コケおろしできるのだから大したもんだ。卸鉄は知らないようだが、
コケオロシだけは得意らしい。
私もホームからの飛び込み自殺のオモリ用に下手くそが作った鬼鍔を
ほしいくらいだ。錘の役には立つだろう。
(ただし、運慶には当然にして遥かに及ばず、憤怒さえも表現できず、
ただの落描きのイタズラ彫り以下なので、やっぱり錘としてもイラネ。
結局は、自己に内在する情念の発露を高度な技法によって作品中に表現する
ことさえできない。金工も駄目なら文章も駄目とあっては、一体何が
取り柄であるのか。およそ芸術家としての存在価値は無い。本当の芸術家
ならば、選択肢は死しかないだろう。
だが、己の才能の無さに絶望しての死ではなく、せいぜい、生活に困って
狂言自殺をやる程度のことしかできないことだろう。全く以て一から十まで
駄目駄目だ。とさえ自覚していないから、おめおめと芸術家きどりで
生きていられるのだろう。
そして稚拙な文章表現で汚物を撒き散らす残りの人生、という訳だ。もはや
出版社や文壇は相手にしてくれないから、せいぜいネットで喚き散らす
しかない。狂犬よりも惨めだ)

てか、まだ俺なんていいほうなんだよな。
日本刀研究者の大村氏は「流し目の軍装品マニアのホモ野郎」と呼ばれ、
剣術家町井勲氏は「元ホストのクズ野郎」と呼ばれ、金工師の片山氏も
「自衛隊辞めたカス」と呼ばれ、他にも一杯(笑)。
下衆だの何だのはまだましで、刀屋に至っては「四足(よつ)」とまで
言い放った。
ええと・・・。完全にアウトだと思います。今の世の中では。
文壇からモリモリ干されたのは自業自得かと。盛り上げでなくモリsageだよなぁ。
東野圭吾さんとかはちゃんと解ってるよなぁ。

まさに他者論いと誹謗中傷のみが目的であるのが日本刀の中心幹とは無縁の
周辺外野部分の厚顔無恥たる面目躍如なのだが、私などは恥ずかしゅうて
そげなこつばようせんとですたい(笑
ホームからのバンジーではなく、今度はリストあたりに子守唄を歌って貰うといいさ。
脳内妄想のみの世界に生きる彼に光あれ。


この記事をはてなブックマークに追加

高速サービスエリア

2015年10月29日 | 外出・旅


林が必ずある。
いけないのだろうが、テン場作って野宿できそう(笑




犬の林への立ち入りを禁止にしていないところがよい。
ここは山陽自動車道龍野西。



この記事をはてなブックマークに追加