事務職員へのこの1冊

市町村立小中学校事務職員のたえまない日常~ちょっとは仕事しろ。

真田丸 第十四回「大坂」

2016-04-10 | 大河ドラマ

第十三回「決戦」はこちら

前回の視聴率は18%超えとはいかなくて17.5%にとどまった。朝ドラの「あさが来た」最終回は27.0%まで駆け上り、ネットではヒロインが死んだのかどうかという「タイタニック」のときと同じような騒ぎになっているとか。番組改編期ということもあるけれど、ドラマではこの2本だけが二ケタの数字とはびっくり。世の中の人はリアルタイムで地上波のドラマを見なくなっているんだなあ。

さて大坂篇開始。まったくこれまでとは違い、社長シリーズのようなドラマにするのだとアナウンスされている。

東宝の社長シリーズってお若い方々は知らないでしょ。わたしだって封切りのときに見てるわけじゃないし、三谷幸喜だってそれは同様のはず。つまりは森繁久彌の社長(豊臣秀吉)と、彼にふりまわされる秘書に小林桂樹(真田信繁)という役回りなんでしょう。

今回のエンディングシーン(秀吉と信繁が屏風のかげで縦並び)など、確かにその系譜を受け継いでいるかも。それ以上に、この東宝の屋台骨を支えたシリーズは、東宝女優の特徴であるクールビューティの見せ場でもあったのだ。

司葉子、淡路惠子、新珠三千代団令子……じゃあ真田丸はどうなのかなあと思ったら、東宝の秘蔵っ子である長澤まさみとキャラがかぶることを承知で淀君に竹内結子をもってきた!ゾクゾクする。社長の正妻役の久慈あさみ(すんげー美人)に相当する女優は誰が出てくるのかしら。

正論に拘泥する(直江兼続はそれでため息をつく)ために次第に自分を追いつめる上杉景勝と、汁かけご飯しか食べない北条氏政など、大坂篇になったからといってこれまでのメンツが総とっかえになるわけじゃないのに安堵。

微妙なのはきりちゃんだけど、強引に大坂まで持って来た。旅館(石田三成の館ですけどね)の部屋割りでもめるあたりも東宝っぽくてうれしい。現代人からみればこの時代はやっぱり変だとつっこみを入れる存在として、やはり長澤まさみは外せないでしょう。よかったよかった。

絢爛豪華なキャストと、大泉洋にちゃんとコント芝居をさせてくれたこともあって、今度こそ視聴率は18%超えと予想します。

第十五回「秀吉」につづく

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (13)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大瀧詠一 Writing & Talking... | トップ | 大瀧詠一 Writing & Talking... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

大河ドラマ」カテゴリの最新記事

13 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
大河ドラマ「真田丸」第14回 (日々“是”精進! ver.F)
信繁、大坂へ… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604100001/ 歴史秘話ヒストリア 徹底解明!これが“真田丸"だ ~地中に残された幻の城~ [ 渡邊あゆみ ]価格:3,078円(税込、送料込)
真田丸 第14回「大坂」 (あしたまにあーな)
これまでの息をのむ徳川との戦が一段落し、落ち着きを取り戻した後の大坂編。前回までがはらはらドキドキの展開であったのに対して、今回はややまったり感が出てしまっているという印象をどうしても持ってしまいます。それは昌幸の采配とか明日はどうなってしまうのかわか...
NHK大河ドラマ「真田丸」第14回「大坂」 (真田のよもやま話)
大盛り上がりでちょいとほろ苦かった青春編が終わり、今日からいよいよ大坂編が始まります。いよいよ関白登場!これはこれで盛り上がりそう~~♪
大河ドラマ「真田丸」真田家存続への戦い14昌幸は秀吉からの上洛の要請を断るも信繁が景勝の上洛に同行した事で信繁が代理を務める... (オールマイティにコメンテート)
大河ドラマ「真田丸」第14話は昌幸は家康との第1次上田合戦を制していた中家康が秀吉に服従し、景勝もまた秀吉に服従していた。そんな中で昌幸は北条と対峙していることを理由 ...
真田丸 第14回「大坂」~秀吉登場! 秀吉は昌幸、景勝に続く三番目の父親になるのか? (平成エンタメ研究所)
 信繁(堺雅人)は石川数正(伊藤正之)に言う。 「先が読めないのは皆同じです。  だから必死に生きているんです。  人を騙したり裏切ることもあるでしょう。  でも、それは善とか悪で計れるものではないと私は思うのです。  石川様、とりあえず先に進みましょう」 ...
【真田丸】第14回 「大坂」 感想 (ドラマ@見取り八段・実0段)
物語の新たな舞台は大坂。 天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が、全国の大名に服従を求めていた。 上杉景勝(遠藤憲一)はこれに応じてやむなく上洛。信繁(堺雅人)も景勝に付き従う。 徳川家康(内野聖陽)や北条氏政(高嶋政伸)も強大な秀吉の前に決断を...
真田丸 第14回「大坂」 (みはいる・BのB)
大河ドラマ『真田丸』のお時間です。 第14回「大坂」 あらすじ・・・・・・
真田丸 第14回 (レベル999のgoo部屋)
「大坂」 内容徳川軍に勝利した真田家であったが、その戦いの中、信繁(堺雅人)は、妻・梅を亡くしてしまう。 思わぬ大敗に怒り心頭の家康(内野聖陽)新たな手を打ち始めるさなか、家康に衝撃的なしらせが入る。重臣の石川数正(伊藤正之)が出奔。敵対する羽柴秀吉(...
大河ドラマ 感想 真田丸 第14回「大坂」 (架空と現実の雑記帳)
上杉家の人質になっている信繁(堺雅人)が景勝と一緒に大坂に行くと知った”大名でもない”昌幸父さん(草刈正雄)は、秀吉を知る絶好の機会と大喜び。おまけに、人に好かれる才能を持つ信繁を褒めちぎり。
大河ドラマ「真田丸」 #14 大坂 (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
家康を撃退しものの、天下は秀吉のものになろうとしています。 歴史の表舞台に登場する人々がたくさん出てきます。
真田丸、数正と且元!! (函館 Glass Life)
梅の死を引きずって中々立ち直れないでいる信繁ですね 一方、徳川が再度攻めて来るというのに、「信伊が何 とかしてくれる!!」と静観を決め込む昌幸 ドラマでは信伊が石川数正を調略し秀吉に寝返らせた という設定のようですが、かなり無理がありますね。 「大名では...
真田丸 第14話「大坂」 (昼寝の時間)
公式サイト 物語の新たな舞台は大坂。天下をほぼ手中にした羽柴秀吉(小日向文世)が
【真田丸】第14回(4/10)感想と視聴率「大坂」 (ショコラの日記帳・別館)
「大坂」 第14回の関東の視聴率は、前回の17.5%より下がって、17.1%でし