打越通信

日記ふういろいろ

歩いて退院

2017-05-27 20:09:15 | 日記ふう
病院では外出も許されず、胸には心電図と脈拍を計る機械が一日中つけられていた。
週末を迎え下手すると週を超えて退院となるのか心配だった。
2回目の処置から一日様子を見て異常がないことを確認したわけで、それで退院となった。
5日ぶりに外の空気を吸うことになる。



病院の門を出ると意外と冷たい風が吹いていた。
病院の窓から眺めていた風景の中にいるのが不思議だった。
昭和通りをキャリーバックを引きながらてくてくと歩く。
左脚の痛みは全然無くて、途中で休憩などする必要もない、
脚も気持ち軽いように思う。



博多座の横を抜け、川端商店街に出る。
午後3時半くらいだったろうか、今から夕方の賑わいを見せるアーケードになるのだろう。
アーケードを抜け櫛田神社の横からエスカレータで歩道橋に上がる。
キャナルに入り、しばしキャナルのゲーセンで時間を潰した。
何故か気分転換でもしたい気持ちになったのだ。
コインゲームで一時間ばかり遊びキャナルを出た。



住吉神社に来た。
報告を兼ねて参拝をした。
「心が乱れていなかったか」
そんなことを聞かれそうだったので柏手を打ってすぐに退散した。
自宅のマンションに無事に返って来た。
元の生活に無事に戻った。

人生で2度目の入院生活だった。
医療の進歩で最先端の技術により痛みを伴わない処置を受けることが出来た。
反面、事の重大さが薄れるようにも思う。
何気ない脚の痛みから始まった事だったが早く処置をして事なきを得た感じがする。
今回の処置はあくまでも処置でしかなく、原因の改善はしなければならない。
それが出来るか、今からが再び戦いとなるわけだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ふたたび

2017-05-26 18:13:28 | 日記ふう
緊張感といい2度目もやはり張りつめた雰囲気だった。
時間的には1時間もかからなかったが、心臓の近くという事もあり、さすがに疲れた。
前回は左手からで今回は右手からだった。
点滴の管もあるわけで両手には注射跡で一杯になった。
血管(動脈)に直接入れていくのでそのあとは圧力バンドで締め付ける。
手先には血液が流れずむくみが出ている。
圧力バンドは時間が進むにつれ看護士が圧力を下げていき一日がかりで外すようだ。
術後の合併症もあるようで感染症の薬や安定剤などが処方される。
一晩は集中治療室で監視され異常が無い様だったら自分の個室に移される。
今回は午後一番の手術で2回目ということもあり夕食後は個室に戻った。
これですべての処置は終わった。
さすがに熟睡した。
朝から手に生えたチューブの管を抜いていく。



やっと手術服を脱ぎ、全身をタオルで拭き、普通の洋服(ジャージ)に着替える。
今日は病院自体が休みということもあり、今日の退院は無いのだろう。
ホテルのような病室で音楽を聴きながら本を読む。
しかし持ってきた本(単行本)もミステリーだったので斜め読みで終わってしまった。
外出も許されないため病院内をウロウロとしてみた。



まるでホテルのロビーのような個室フロアーのロビー、5階はフィットネスになっているがインストラクターがいないと使用できない。
左脚の感覚を試すためエレベータで1階に降り、6階まで登ってみた。
6階からエレベータで再び1階へ下り、再び6階まで登る、それを5回ほどしてみたが左脚に痛みはなかった。
午後からは再び読書やタブレットで動画を見たりして過ごした。



夕方に娘が仕事帰りに寄ってくれる。
妻と一緒に食事でもして帰るのだろう。
しばらくは休養をかねてこの状態でいたいのだがそうもいかないだろう。
今回の件は始まりにすぎず、今後の事を考えると生活スタイルや生活習慣の再びの見直しが必要になるだろう。
そんなことをゆっくりと考えるには良い日だったのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

休養日

2017-05-25 10:32:18 | 日記ふう
集中治療室で一夜を明かした。
ここの看護士さんはみなさん親切で、昨夜は睡眠導入剤をお願いすると一錠持って来てくれた。
この一錠ですっかり熟睡した、起きるなり個室の病室に移った。
朝食をとりながら本日の予定が看護士さんよりあった。
先ずは昨日の手術の結果を主治医から説明を受ける。
なかなか大変だったけど閉塞した部分が開通しステントという管を通した事、昔だったら切開してバイパス手術などと大がかりな手術だったそうだ。
ありがたいことだ。



左脚の血流も以前と変わらない程度まで回復したことの説明があった。
脚の方はこれで一応の結果を見たことになる。
そしてもう一つは心臓に3つの血管がありその一つがかなり細くなっている可能性があるという。
それで一日明けた明日にも管を入れて詳しい検査、場合によってはそのまま治療をするという。
脚に閉塞がある場合、血管の状態はあまり良くなく、心臓回りの血管にその影響が出るそうで私の場合も例外ではないようだった。
ただ可能性なのだが、このさい可能性も含め全て徹底的に治療をお願いすることにした。
主治医からの説明の後、栄養管理士から栄養分の説明や料理についての説明を受けた。
健康診断ではほとんど異常が見られなかったコレステロールについての摂取に注意しろという。
特に卵は一日一食が限度だそうで、ベーコンや揚げ物は敬遠しなければならないという。
そういう説明を受けながらも昼食時間になり昼食(病院食)が出てきた。
野菜中心で魚の切れ身が一切れ、吸い物が一つ、野菜の和え物といった内容だった。
午後からは音楽を聴きながら読書三昧のパラダイスだった。



夕方近くになり親友のジローからメールが届いた。
内容を見ると私と同じように、脚の細い血管に血栓が見られるようでその対応をしているという。
何度かメールのやり取りを行うが、めんどくさいし操作間違いが出たりで、結局電話した。
声はなかなか元気そうだが現象については、今薬が効いているのでむくみは消えたと言っていた。
今日は割と安静に生活できたが明日再び検査兼治療となる。
たかが一時間もかからないことなのだが、前準備から後のケアまで考えると1日かかりで忙しくなる。
今日はゆっくりと休養することにする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いきなりだった

2017-05-24 11:46:42 | 日記ふう
受付で書類を提出ししばらく待った。
係りの人が来て病室まで案内してくれた。



病室はこじんまりとしていてなかなかきれいな部屋だった。
入院に関する注意事項などを聞いてびっくり、外出は一切認めないという。
早朝の散歩が・・・などというとジムで自転車をこいでくださいと返って来た。
しかたない、従うしかない。
そうこうしていると手術服に着替えろという。
そして検査に出かけるというので心電図の検査を受けた。
部屋にかえり点滴用の注射を打たれ点滴が繋がった。
主治医から治療方法の説明を受けた。
閉塞している部分がどの程度閉塞しているのか実際にやってみなければわからない、よって場合によっては脚元からの挿入もあり得ること、時間もどの程度かかるのかわからない、よって順番は今日の一番最後になることなど告げられた。



部屋に戻り、脚元からの挿入の場合の準備が行われた。
そして右腕には緊急用の予備の点滴注射が行われた。
準備ばんたんで待っているがなかなかお呼びがかからない。
夕方も7時前くらいだったろうか「準備お願いします」と声がかかる。
ストレッチに載せられエレベータで手術室に向かう。
部屋はさすが緊張感が漂っていた。
看護士たちが一斉に群がりいろいろなものをセットしていた。
「始めます」
先生の声で始まった。
左手首に注射痛がする。
それからは何があっているのかほとんど実感はない。
しばらくは眠りこんでしまった。
気が付くと先生が気づかれたようで寝てていいですよと言われた。
しかし事はなかなかうまくいっていないようで、専門用語で指示が出ていた。
「なんとか通りましたよ」
と喜んだ先生の声は聞こえた。
それからいきなり活気が出たようで、作業は進んだようだ。
最後の結果を写すのだろう造影剤注入と撮影が行われているようだった。
全てが終わりストレッチャーで部屋に向かう。
途中で妻と娘が駆け寄ってきた。
時間を聞くと午後10時前だという。
3時間か、長かったんだ、でも無事に終わったのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いざ

2017-05-23 14:24:38 | 日記ふう
朝の住吉神社は人影も少なくひっそりとした感じで荘厳的で神々しい。



すがすがしい気分で手を洗い、清らかな感じで柏手を打つ。
「心に乱れがありませんように」
いつもの願いで拝礼をする。
公園に戻りストレッチを入念に行う。
常連のオヤジたちとはいつもの挨拶だ。
アパートに戻り風呂に入り、病院に持っていくものの準備に入る。
パソコン関係はポケットWi-Fiが必要になる。



今回も娘が手配してくれた。
一日300円程度なので旅行やこういったときは借りた方が便利である。
本や雑誌に着替えなどを詰め込むとキャリーバックになってしまった。
リュックにキャリーバックを転がしながら住吉通りから住吉神社の横を抜け大博通りまで歩く。
大博通りは木陰も多く、海からの浜風を正面に受けて気持ち良い。
大博通りを昭和通りまで歩き、右折する。



病院はすぐ近くだった。
思いきって病院の門をくぐった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小満

2017-05-21 20:55:40 | 日記ふう
朝から書類に目を通した。
病院からの書類で、今回の病気の詳しい内容や処置の内容、病院内の入院施設の説明のだった。
前回の検査のとき主治医からの説明や病院事務からの説明だけしか受けておらず、改めて書類に目を通すと空恐ろしいことが列記してあった。
まあ、だいたい最悪の事を考えるのが医療の世界なのであまり気にしてはいけない、などと思い聞かせ、提出書類に署名捺印をした。
気が重くなったので晴天の空の下、美野島商店街を抜け那珂川沿いの遊歩道に出た。
日差しが強く夏を思わせるような天気だ。
風はカラッとして気持ちいい。



道沿いを歩いていると多くの人たちがリックを背負い歩いていた。
ゴミ拾いのボランティアがあっているのかと思っていたが、どうもJR九州のウォーキングツアーのようだった。



その人ごみに混ざり川べりと歩く。
桜の季節とうって変り、新緑がまぶしい季節となった。
川沿いはきれいに除草され岸辺の木々には若々しい葉が茂っていた。



川の方を見て驚いた。
たくさんの魚たちが川いっぱいにいるではないか。
鯉にフナ、ハエだろうか小魚も沸いて出てきたように賑やかだった。
しばらくその様子を見ていたが、どうも鯉の恋の季節のようだ。
お腹が膨れたメスに、多くのオスが列をなして泳いでいた。
それがあちらこちらで見られるではないか。
こんな汚い川にこれほどまでの魚が生息しているのが不思議なくらいだ。
そんな光景を見ながら竹下駅に着いた。



駅前の広場では催し物があっていて、こちらは人であふれていた。



竹下商店街もこの日ばかりは大勢の人が出て、食バザーで買った食べ物を食べながらビールなどを飲んでいる。
在来線のホームに降り博多駅まで電車に乗った。
娘に連絡すると、いったんマンションまで帰ってくるように言う。
今日は私の誕生日なので妻と3人で昼食に出かけるという。
駅からは当然早足になったのだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

胸を張って

2017-05-20 21:46:48 | 日記ふう
朝起きて一番に缶コーヒーから始まる。
次にコーヒーメーカーでコーヒーを淹れる。
缶コーヒーと淹れたてのコーヒーは別物で朝から3杯のコーヒーから始まってしまう。
いつもの公園で入念にストレッチをしてシャワーを浴びているとケータイが鳴った。
会社の先輩社員からだった。
事務所が空になるので急いで出社しろと言ってきた。
朝飯もそこそこに急いで出社した。
土曜出社ということもあり、事務所はがらりとしていた。
勤め始めて一年とちょっと経ったが、今日はある意味特別な日でもある。
雇用契約からいうと今日が契約最終日となる。
ある意味区切りと考えていたこともあり、朝から残った仕事の後片付けに大忙しだった。
サーフェイスもMicrosoft指示のパッチをインストールしなんとか設定を終えた。
データを移行しメール関係を移行し、メールアカウントの設定を終え担当のディスクに置いた。
最後の機器だったので担当に機器とメモを残した。
外部ディスプレイも台数分の配布も終わっていたのでこれでひと段落となる。
そういう作業をしながらも外部からの頻繁な電話に対応しなければならない。
資材の補充や新しい機械のセットアップなどシステム以外の仕事を持っているのでそちらがまた一仕事なのだ。
ひと段落して部屋の掃除やゴミ捨て、まるで小間使いのような感じで昼飯も落ち着いて食べる暇もなかった。
ある程度落ち着いた頃、パソコンに向かって個人用の端末の個人データの保存方法の手順書を作った。
タブレットだと紛失や落としたり水没などでデータの喪失が想定されるので個人データのバックアップは必要となってくる。
ドライブやフォルダーといった意味合いをわかっているのかわからないのか知らないが各人のパソコンを見る限りDドライブはどこもほとんど未使用だった。
PDFに焼いてグループウェアのインフォメーションにあげた。
まあ社員が見ても分かるやつはわかるだろう。
しかしその前に見よう(しよう)ともしないだろう。
一般の会社の中ではわかりにくい仕事をしているのかも知れないが手を抜くような事はなかったと思う。
人からなめられるような仕事をしてきたつもりはない。
突っ込みがあれば言い返せる程度の事はしてきたつもりだ。
一応これでケジメらしきものはついたのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

虎視眈々

2017-05-19 21:10:08 | ゴルフ
駐車場の奥の物置にゴルフバックごと、ここ3年ばかり眠っていたクラブを取り出した。
湿気もあり空気の流れもない中に放置されていたため、52度と58度のウエッジのヘッドとフェースは錆がはびこっていた。
ドライバーと5番ウッドのシャフトはカーボンなのだが、アイアンから下はすべてスチールシャフトなのだ。
錆はどうかと確認したが幸いなかった。
さっそく引っ張り出してオイルで掃除をした。
前回の団地のオヤジたちとのゴルフで飛距離の方は2番手くらい落ちていた。
身体の芯がやはりしっかりしていないため体感がかなり落ちている。
今さら体感を鍛えなおし飛距離を求めるのは無理だろう。
自宅の芝生でバケツを相手にアプローチを始める。
ダフッたりトップしたりと定まらない。
あれやこれやとグリップを変えアドレスを変えヘッドの入る位置を安定させる。
そのうちふわっとしたボールが出るようになった。
何球かはポコッといってバケツに入るようになる。
だが安定はしない。
1時間ばかりすると腰が痛くなってくる。
翌日再び挑戦するがダフリとトップ、前日の続きではなかった。
そのうちヒットするようになる。
これの繰り返しなのだろう。



ゴルフクラブごと福岡に持ってきた。
狭いアパートには異質に思われる。
コップを横にしてボールを転がす。
グリップを決めるため何度も握りを変える。



しっくりと握れる形を決めてボールを転がす。
カフっといってコップにボールが入る。
これまた何度も何度も繰り返す。
集中力が切れたらやめる。
虎視眈々と次回の対戦を狙っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まるでパソコン屋さん

2017-05-18 21:21:35 | パソコン
来週からの休みを考えると今週内でやらなければならないことは多い。
あちこちに案件を抱え今日も飛び回っていた。
プリンターを無線LANに切り替えたいのだが新しく入れたサーフェイスのプリンタリストに上がってこない。
プリンタ側のWi-Fi設定が悪いのかプリンタ側のWi-Fi設定が悪いのか判断がつかなかった。



持っていたタブレット(アンドロイド)にも繋がらず結局はお手上げだった。
帰ってきてからは眠っていたポケットWi-Fiの調子が悪くとうとうauショップに持ち込んだ。
若いオニーチャンがいかにもマニアックな手つきで持って行ったタブレットをWi-Fiに操作しようと悪戦苦闘する。
しまいには自分のスマホを取り出してWi-Fi接続を試みる。
何をどうしたのか見てなかったがなんとか接続できたみたいで、持って行ったタブレットにも接続をしていた。
良かったねって感じで会社に戻りパソコンとの接続を試みた。



ネットワークパスワードを確認しながら入力しWi-Fi接続はなんとかつながった。
しかし今度はネット接続が出来ない。
どうもポケットWi-Fiの回線系の状態が良くないようだった。
再びauショップに持っていき、例のオニーチャンが再び登場した。
持って行ったタブレットを再びこなれた手つきで操作する。
「回線基盤ですかね」
と言いながら店舗に置いた端末に向かった。
「よし!」とか「あれれ!」とか「こいつか?」などと叫びながら端末に向かっていた。
SIMなのだろうか良く見えなかったがそれを入れ替えた。
ネットに接続すると接続できた。
最初から確認しろよ、そんな感じでauショップを後にした。
今度はMicrosoftのサポートセンタとのやり取りだった。
サーフェースの無線LANの調子が悪く、通信が途中で切れてしまう。
初期不良の可能性があるのでその問い合わせだった。
電話の窓口の女性とやり取りを行う。
絶対にハード不良とは考えにくいという。
それでその対応の特殊なパッチのダウンロード先を一緒に操作しながらダウンロードした。
通常のアップデートのパッチとは違うようでそれを当てて状況を見ろと言う。
それでもだめだったら工場出荷状態に戻し、それでもだめだったらハード交換をするという。
まったくもってこれほどの事を通常の人にやらせるのだからMicrosoftはえらいものだ。
今日のところは時間切れで終わったが、明日一日もやることが多い。
そういや無線LANに関することばかりで苦労している。
今まではこんな事は私の守備範囲ではなかったが、すっかりパソコン屋に成り下がってしまった。
システム設計とやらは今の会社でホントできるのだろうか?
不安だ・・・。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前進なのか

2017-05-17 20:42:38 | 日記ふう
朝からの読書は相変わらず続いている。
近頃では5時半近くになるとかなり明るくなってきた。
近くの公園に行き、歩いたり走ったりストレッチをしたりしている。
ここ数年来の事が再び復活した。
毎日の事になっているので、この時間に公園に来る人とは顔見知りになってしまった。
特に会話をする仲ではないのだが「おはようございます」と挨拶を交わす程度だ。



1人は私と同じように運動着姿で公園内を走ったり歩いたりしている。
もう一人のオジサンは毎日公園内のゴミを拾ったり草を取ったりされている。
私は30分程度で帰っていくがオジサンたちはまだしばらく運動をされているようだ。
もう一人おられて、この方は背広姿で革靴なのだが、公園内を3周くらい歩いて去っていく。



様々に限られた時間をお持ちのようで早朝の公園内ではそれぞれが思い思いの過ごし方をする。
マンションに帰り、風呂を沸かしたりシャワーを浴びて朝食となる。
仕事の日はそれから会社に出るが休みの日もほぼ同じリズムで過ごしている。
さて今回の脚の痛みの件も、熊本の主治医の女医さんに連絡を入れ相談した。
そう長くは福岡にいることもないだろうし、近いうちに熊本に帰るので検査を熊本で行った方が良いのかといった内容だった。
検査結果はどこも同じだろうし、治療は福岡の方が進んでいるのでそちらで(福岡)した方が良いだろうとの結果だった。
何れ治療が継続するようなら病院から病院へのカルテの引き継ぎはできるとも言われた。
そういわれると気分的にも随分とすっきりする。
さっそく検査を受けた病院に電話をし治療を進める事を決めたのだ。
これで迷いらしきものも消えた。
前進なのかどうか良くわからないが、気分的にはすっきりと楽になった感がある。
さて来週からは再び命との戦い(おおげさかな)をしなければならない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加