障害年金社労士 吉野千賀 ブログ

障害年金など社労士の仕事を通して感じたこと、知って為になること、面白いことをよしの社労士事務所の代表吉野千賀が綴ります!

障害者雇用~精神障害者の雇用 その2

2012-06-18 | 社労士の労務管理
こんにちは!社労士の吉野千賀です!

障害者雇用~精神障害者の雇用 その2

精神障害者の雇用義務」が企業に求められる時、企業はどんな印象を受けますか?

「精神障害者」という単語を文字通り受け止めると、「とんでもない!納付金を納めた方がいい」との判断を企業トップがするのではないか、と懸念します。

私は障害年金の代理請求を行っており、多くの精神疾患の方からご連絡をいただきます。

そして、重症の方はご家族が、中程度の方はご本人が契約します。

一般の方と変わりなく、業務を進めることができます。

彼らは、精神福祉手帳を持っているので「精神障害者」という分類に入ります。

彼らと接して、現在の傷病が良くなったら、社会復帰も充分可能と感じることが多々あります。

再雇用の機会があれば、更に症状も良くなることでしょう。

一般の会社員と変わりません。違いがあるとすれば、脳の病気のため疲れやすい、という部分です。

雇用する会社は、短時間労働にする、などの配慮を行えば、充分戦力として期待できる方もいます。

「精神障害者の雇用義務」は、重度で働けない精神疾患の方を雇用しなさい、という義務ではありません。

通常の社員と同じように、働く意欲があり、戦力となる方を採用すればいいのではないでしょうか

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------
【関連記事】障害年金請求サポート専門社労士吉野千賀ブログの「社労士の労務管理(障害者雇用)」記事一覧
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【お知らせ】

よしの社労士事務所は、全国規模のNPO法人「障害年金支援ネットワーク」の会員となりました。皆様のお役に立てるよう、一層の努力をしてまいります!

初回のご相談は無料です。専門家としてアドバイス致します。
直接お電話(03-6380-8611)いただくか、メール(info@cyoshino-office.com)でご連絡ください。
なお、匿名でのご相談は受けておりません。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

See you tomorrow!

Chika Yoshino

障害年金請求サポートの「よしの社労士事務所」 吉野千賀
ジャンル:
ビジネス実用
コメント   この記事についてブログを書く
« 障害者雇用~精神障害者の雇用 | トップ | 障害年金~診断書の日付(認... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

社労士の労務管理」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事