福岡発 コリアフリークなBlog

韓国や韓国語に関する雑学メモ。筆者は福岡在住の自称「ヲタク」。
韓国映画はネタバレあり。  Since 05/9.14

韓映画とロボットの悟り

2020年08月11日 |  〇映画・映画音楽

인류멸망보고서 「人類滅亡報告書」 〇〇〇--
(1151)



2012年に公開されたSFブラックコメディ。

人類を滅亡の危機に陥れるゾンビウィルス、人間に
悟りを説くようになったロボット僧、そして地球に
衝突する小惑星。

映画は、この3つの物語のオムニバス。


△「自分は何者なのか?」を仏に問うロボット僧<映画より>

「ヲタク」には、自我が生まれ、解脱の境地に達した
お寺の案内ロボットの話が一番、おもしろかった。

ただし、物語はハッピーエンドでは終わらなかった。


△自ら全機能を停止し「成仏」したロボット僧<映画より>

ロボットは自分の存在をめぐって「仏様だ」「誤作動だ」
と争いを始めた衆生たちを前に、自らの一切の機能を
自ら停止し、「涅槃」の世界に入ることを選択した。



(終わり)


この記事についてブログを書く
« 韓映画とフランス留学 | トップ | 朝鮮と森永キャラメル »
最新の画像もっと見る

 〇映画・映画音楽」カテゴリの最新記事