現代視覚文化研究会「げんしけん」

アニメ・ゲーム・漫画の視覚文化が日本を元気する!
仲間の絆。妄想力。中二病。大いなる夢。
そんな作品を書き記す!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

クーちゃんとコウは、、、世間にはネコ耳をした女の子のキャラが沢山あるのを知りました・・・。

2008年08月31日 00時23分09秒 | アニメ・映像全般
 【クーちゃん】と【コウ】は、真剣に話をしていた・・・。ネコ耳というのが流行っていると・・・。それで【天狐】は実際にやってみる事に、、、耳元にネコの頭が沢山ありますが・・・。その鳴き声がうるさくないですか?【クーちゃん】はちょっと勘違いをしたようだ・・・。
 【クーちゃん】が戸棚から「コーヒー」を見つけて持って来ました・・・。2人はコーヒーをよく知らないようだ。カップにそのまま・・・。溢れてますけど・・・。【コウ】もそのまま飲んでみる・・・。飲むってよりは食べているようだけど・・・。よく噛んでおりますね!そこへ帰って来た【高上 昇】は、、、はき出されたコーヒーを浴びる事になりました・・・。【コウ】は言う。コーヒーはほろ苦い味がしましたと・・・。
 【クーちゃん】のネコ耳への挑戦は続く・・・。キツネの耳も可愛いとは思いますが・・・。アニメ雑誌を読んでいる【クーちゃん】は【コウ】と真剣に考えておりますよ!そのイメージチェンジとは・・・。大きな象さんの耳、、、危ないね・・・。角とトラ柄で、、、「だっちゃ」ですか、、、だから、、、危ないって・・・。【クーちゃん】には意外とどの格好も似合うらしい・・・。
 
 たまには【天狐空幻】と【コウ】の世間知らずなコントも面白いでしょう!
コメント (2)

美夏の大胆デート大作戦!裕人と見つめ合い!ドキドキして!手をつないで!嫉妬し!その優しさに惹かれる!

2008年08月30日 07時56分09秒 | アニメ・映像全般
 【美夏】はご学友と会話に華が咲いていた・・・。殿方にもお詳しいと・・・。以前も的確なアドバイスをしていたようだが・・・。その中で、ちゃんとお嬢様を演じている【美夏】なのだ。笑い方と仕草も・・・。しかも、友人の一人がデートに誘われているようで、、、その為【美夏】に、デートで何をするのかを聴いていた。興味があって、、、教えて欲しいと・・・。【美夏】本人はデートの経験はないが・・・。その場の勢いで教える事になってしまう・・・。静かな喫茶店で談笑をする・・・。お互いに見つめ合うと、、、時間も忘れると・・・。散歩をして、、、優しく手をつなぐ・・・。そして、、、映画館に行くのも良いと・・・。密着すれば二人のムードも盛り上がると・・・。この季節だからこそ、、、最後は、、、お祭りと花火大会だと・・・。夜空の美しい花火を見上げ、、、二人ははじめての接吻を交わすと・・・。他の女子生徒たちには刺激が強すぎたようだが・・・。
 【那波】の運転する車に乗っている【美夏】・・・。確かに【美夏】にお似合いの男性だと・・・なかなかいないかな。出逢いもない女子校・・・。車での登下校・・・。まわりの男性になると、、、お父さんとおに~さんだけ・・・。ちょっと寂しいですね。一方【春香】の方は、、、アキバ系の趣味を越えて、、、【玄冬】と対決をし、、、ラブラブのようだが・・・。両親公認のカップルは、、、【裕人】が【春香】のお部屋に遊びに来ているようだ、、、その事を聴いたら黙ってはいられない【美夏】と【那波】なのだ、、、二人の笑いが怖いのですが。
 乃木坂家。【玄冬】は【春香】を心配し娘の部屋に行こうとするが【秋穂】に止められてしまう。【春香】たちを信じているのだ・・・。【美夏】と【那波】は、、、妹して、、、メイドとして、、、見に行きます。ただ興味があるだけだと思うが・・・。扉にはり付き耳をすませていると・・・。部屋の中から聴こえて来るのは・・・。春香、、、いいだろう・・・。でっでも、、、はっはずかしいです・・・。こっ、、こんな事になってますし、、、もっとよく見せてくれ・・・。あっダメです、、、それは、、、俺のはどうだ、、、あっ、、、すごく、、、大きいです・・・。春香のだって、、、こんなに熱く、、、あっ、、、いや・・・。もう我慢できずに【美夏】たちは部屋に飛び込んだ!すると【春香】と【裕人】はエプロン姿だった・・・。今のが、、、ホットケーキを作っていた会話だったのか・・・。何かのヘンな勘違いをしていただけ・・・。【春香】たちは、みんなの分のホットケーキを焼いてくれましたよ。そうおっしゃると思い【葉月】も用意をしていた、、、さすがはメイド長ですね!
 【春香】は【玄冬】の仕事の事を【裕人】に教えてくれている・・・。ペンタゴン?モサド?アメリカ国防総省に・・・。イスラエル対外情報機関に・・・。【春香】のお父さんは何者でしょうか・・・。『ドジっ娘アキちゃん』の話に・・・。学校の宿題の話に・・・。二人の会話ははずんで楽しそうですね!時間が経つのが早いですね・・・。【美夏】はあくびをして、面白くなさそうですね・・・。
 夜。【美夏】は【那波】に【春香】と【裕人】の事を聴いている・・・。ラブラブで仲が良いと・・・。だが【美夏】は「甘い」と・・・。【春香】と【裕人】は様々な困難を乗り越えて来たけど、、、恋に関しては進展していないと・・・。ホットケーキでの楽しい雑談が由々しき事態だと・・・。そうかな、、、あれはあれで【春香】と【裕人】には合っているような・・・。性格上では【春香】には問題なし!【裕人】の方に・・・。可愛いのに、、、条件も揃っているのに、、、雑談だけと・・・。【美夏】は、、、恋人同士とはどういうものかを教えると・・・。実戦し、、、より深い仲に、、、最後は、、、甘いひと夏の思い出が・・・できあがると・・・。そして【美夏】は行動を開始するのだった!
 すると【裕人】の携帯に【春香】から、、、あっ裕人さん、、、春香です・・・。それでも【裕人】は【美夏】だとわかった。話したい事があると、、、今度の日曜日が空いているかを聴いて来る・・・。【裕人】が疑問に思う前に、、、【美夏】の電話のむこうが騒がしくなって、、、【那波】が色んなものを使って騒音を出しているのだが、、、強引に約束をさせられてしまった。
 白城学園駅。【裕人】的には、あの騒音が気になって来てしまった・・・。柱の物陰から隠れて見ていると【美夏】から声をかけた。女の子を待たせるとダメダメだよと・・・。【裕人】の格好にもダメだし・・・。今日はデートだと【美夏】は話し出す。いきなりで【裕人】も驚いている・・・。
 喫茶店。二人は移動して、、、席には大きなパフェがある。【美夏】が【裕人】にデートの指導をしてくれるようだ。はじめは、、、鈍い姉を心配していただけなのに・・・。もっと【裕人】に積極的になって欲しいと・・・。それでも【裕人】自身も、、、このままで良いとは思っていない様子。【春香】との今のままの関係を、、、【春香】を待っていると・・・ずっと、、、このままになってしまうと。その為に【美夏】が恋愛の極意を教えに来たと・・・。パフェを食べていると・・・。雰囲気の良い喫茶店で見つめ合う・・・。【裕人】が【美夏】をじっと見ている・・・。えっ、、、ドキッとする【美夏】だった。手が伸びて来て・・・。その手が【美夏】ではなくて、、、巨大パフェが崩れそうになって手でおさせていた。大丈夫と・・・。心配する【裕人】に・・・。守って貰って・・・。心が揺れ動く・・・。
 歩く時も・・・。はい!失格と・・・。こういう時は、、、手をつなぐものだと・・・。【美夏】が差し出した手を【裕人】が握る、、、すると、つまづいて【裕人】に抱きついてしまう・・・。どんどん惹かれて行く・・・。照れているのかな・・・。次は映画ですね、、、二人で席を隣同士にしている・・・。ここでは、、、寄り添って、、、常に密着し、、、映画を観ていても気持ちは【春香】にむいているとアピールをすると・・・。【美夏】に肩をかして、、、眠くなるのを我慢していると、、、【美夏】が寝ていて、、、えっちな寝言を・・・。ダメっ、、、そんなところ、、、やだ、、、おに~さんのえっち、、、美夏、、、はずかしいと・・・。これには【裕人】は困ってしまう・・・。【美夏】としてはダメな見本のようだが・・・。次は、いよいよ花火大会へ・・・。そこに【春香】も呼んでいるらしい。むこうでは【春香】と二人きりにしてくれると・・・。頑張るしかないですね!
 行こうとする【美夏】の手をつなぐ【裕人】だった・・・。ごく自然に・・・。ここは【裕人】がリードしているかも、、、【美夏】が見上げた【裕人】の横顔に・・・。気を遣ってくれていると笑顔になるが・・・。そこに【椎菜】が声をかけて来た。彼女は朝顔柄の浴衣を着ていた・・・花火大会に行くようだ。【美夏】は面白くない・・・。【裕人】が【椎菜】と楽しげに話す姿が・・・。どうして怒っているのかもわからないまま・・・【裕人】の手を引いていた。むかった先は、着物屋だった・・・。隣りに私がいるのに、、、二人だけで会話しちゃってと・・・。学年が違っても、、、今日は【裕人】のそばにいるのは・・・。浴衣に着替えた【美夏】と着物姿の【裕人】・・・。なかなかのお似合いですよ!ちゃんと【美夏】の浴衣姿を褒めないとね!いざ!花火大会へ行こう!握られた手を、、、二人の背中を感じながら・・・。凄く良い雰囲気になっておりますね!
 お祭りで、、、綿あめに、、、たこ焼きに、、、射的に、、、金魚すくいと・・・出店を楽しんでいる【美夏】と【裕人】だった。花火が夜空に打ち上げる・・・。沢山の人だかりに【美夏】は見えません。すると【裕人】はしゃがんで、、、背負ってくれようとする。せっかくの花火を見ないともったいないと・・・。うん、、、ありがと・・・。背負って貰うと【裕人】と同じものが見える・・・。それは、花火だけではない。それでも一緒に見る花火が綺麗だった・・・。そして【美夏】から合格点を貰う事ができました。すると、、、ごめんなと・・・。【裕人】がいきなり口にする・・・。色々と教えて貰っていたが、、、迷惑ばかりかけたと・・・。【美夏】の思いつきのデート作戦で・・・。それに楽しかったよと・・・。今までデートをした事なかったけど、、、おに~さんは優しかったし・・・。俺もだよ・・・。美夏と一日過せて楽しかったと・・・。ありがとな・・・。もう【美夏】の心はドキドキですね・・・。その優しさに、、、そんな事言われたら、、、わたし、、、わたし・・・。ゆっ、、うと、、さん・・・。いつもの呼び方ではなかった・・・。名前で呼んでしまった・・・。すごく嬉しくて、、、温かくて、、、耳元で言ってしまった・・・。うんん、、、何でもないと・・・。そこで【春香】が【裕人】を呼ぶ声がします・・・。浴衣を着た【春香】が【葉月】と【那波】を連れてやって来ました。まだ花火大会は終わっていないよ!【葉月】と【那波】は浴衣ではないのが少し残念ですね!おに~さん!【美夏】に、、、【裕人】は【春香】の浴衣を、、、似合っているなと・・・。お気に入りの浴衣のようだ・・・。【美夏】は降ろして貰おうとするが、、、花火が見えなくなると・・・。いいからと・・・。今はそれで良いと思いますよ・・・。綺麗な花火を【春香】と【裕人】と同じ高さで観る事ができました・・・同じ高さを共有ですね!すると【那波】が【美夏】の耳もとで・・・。今日は随分楽しそうでしたね、、、あんな美夏様ははじめて見ましたと・・・。汗をかいて焦っている姿は見せられないと・・・。照れ隠しですね、、、もう、、、バカ・・・。良かったね、、、美夏ちゃん!
 白城学園。夏休みも終わり【由香里】先生が、、、おはヨーグルトと・・・。そして、、、失恋したと・・・。教壇で泣いてしまう・・・。【由香里】先生!次の恋を目指せ!そして、、、黒板には「白鳳祭」の文字が書かれている。文化祭の季節がやって来た!楽しみだけど、、、文化祭の実行委員にはなりたくないですよね・・・。その教室の中で手をあげる生徒がいた。私!やりますと・・・。それは【椎菜】だった。クラスに馴染む為に積極的に参加すると・・・。そうなると、、、男子は【裕人】になってしまう。それに【椎菜】からもお願いされては断われないですね!改めて、クラスのみんなに自己紹介をする【椎菜】に【裕人】も【春香】も拍手をするのだった!今度は【天宮 椎菜】に急接近なのかもね!
コメント   トラックバック (27)

アルト、、、ランカをちゃんと見て!つかまえて!愛する人に届かなかった想いを胸に少女は旅立って行く。

2008年08月29日 23時17分29秒 | アニメ・映像全般
 「バジュラ」と人類の激しい戦い・・・。もう【ハワード】はいない・・・。そこへ【レオン】が来る。バトルフロンティアを動かすようだ。大統領の死亡が確認されたと・・・全て「バジュラ」のせいにして。【レオン】の野望が形として動き出した。そこへむかう【オズマ】と【キャシー】の二人・・・しかし、辿り着けない。ここから【レオン】の順番がやって来たようだ。
 黒煙のあげるフロンティア・・・。そこに【アルト】も【ランカ】も立っていた。目指すは「アイランド3」。【アルト】は【クラン】へ通信をする・・・。【クラン】はゼントラーディとして、、、肉体を巨大化させた。【ミシェル】への想いを胸に、、、残された眼鏡に口づけをする。愛する者を失った悲しみ・・・。【クラン】が「バジュラ」たちに銃口をむけて、、、叫びながら撃ち続ける!【クラン】が身体をはって道を開けてくれた。【アルト】は【ランカ】を抱いて、、、【ルカ】と一緒に進み出す。
 同刻。宇宙でも人類たちは「バジュラ」と決死の戦いを展開していた・・・。S.M.S.旗艦マクロス・クォーターも例外ではない・・・苦戦をしていた。母艦クラスからの主砲を回避する・・・。すると、、、後方からの熱源反応・・・。バトルフロンティアだった。准将は、、、何も解決はしないと・・・。【レオン】の事を「臨時大統領」と呼んだ・・・。そこへ【レオン】に【ルカ】からのある作戦が伝えられる・・・。
 アイランド3。【クラン】は「バジュラ」に対する怒りだけで戦っていた・・・。「リトル・ガール」が【アルト】たちの前にある。【ルカ】が説明をしている・・・。かなりの破壊力あるフォールド爆弾なのだ。船団ごと飲み込めるほどに・・・。「バジュラ」を集めて、、、爆発させる。【ルカ】は無言のまま【ランカ】を見た・・・。【アルト】は理解し【ルカ】につかみかかる・・・。【ルカ】は決めたのだ・・・。絶対に守るって決めたのに、、、【ナナセ】は傷ついてしまった。だから【ランカ】を使うのか・・・。確かに【ミシェル】は死んだよ、、、でも【ランカ】は死んでもいいの?フロンティアの為に、、、生存を懸けた戦いだと、、、人類か、、、バジュラかの・・・。【アルト】はハッとする、、、【リチャード・ビルラー】の顔を思い出した。生き残るのは・・・どちらなのだろうか?そんな瀬戸際にいると・・・。誰も言葉を発さない、、、その中で、、、歌うよ・・・。みんなの為に・・・。ランカちゃんにこんな顔をさせるなんて・・・。
 人類は「アイランド3」を犠牲にして生き残る道を選択するようだ・・・。そんなに【ランカ】を歌わせたいのか・・・。【ランカ】の心の声を聴いているかい、、、アルト・・・。【ルカ】が【アルト】と【ランカ】に作戦の説明をする。そのギリギリの瞬間まで歌い続けると・・・。【アルト】は機体の操縦席から【ランカ】に語りかける。安心して歌えと・・・。視線をそらした、、、そんな気がした。【ランカ】はうなずいた・・・。今度はちゃんとできると思うと・・・。頼む・・・。【アルト】は機体と飛んで行く・・・。それを見上げる【ランカ】に、、、歌いたくないなら、、、歌わなくていいんだぞ・・・。【ブレラ】が声をかけて来た。何て悲しそうな瞳をするの、、、ランカちゃん・・・。ひどいよ、、、【ブレラ】は【ランカ】の気持ちを痛いほどにわかっているから言えるのさ。抱きしめて、、、彼の胸で思いっきり泣いた【ランカ】だった・・・。歌はお前の心だと・・・。それはお前だけのものだからと・・・。この言葉は【ブレラ】にではなく【アルト】に言って欲しかったのかもしれない・・・。たぶん、、、【アルト】もわかっていると思う・・・。それでも、、、言う勇気がなかったと・・・。
 それでも【ランカ】は歌う。伝えたかった・・・。たった一人のひと・・・。その人には届かなかった歌だけど・・・。これが、、、そのたった一人の望みだからと・・・。「アイモ」を心を込めて歌う・・・。おいで、、、あたしはここだよ・・・。「バジュラ」に呼びかけていた・・・。「バジュラ」たちはその歌声に引き寄せられて集まって来る。その歌に【シェリル】も何を感じていた・・・。君は誰の為に戦うの・・・。愛する人の為に?傷ついた人の為に?襲うから?いなくなった人の為に?歌う【ランカ】の前に「バジュラ」がやられてふって来る・・・。痛いと・・・。記憶が戻ろうとしている・・・。痛いよ、、、涙を流している【ランカ】がそこにいた・・・。その歌い続ける姿に【グレイス】は満足気だった。そして、、、切り放される「アイランド3」。【ランカ】たちが脱出する・・・。その後「アイランド3」はフォールド爆弾により消えて行った。また【ランカ】が腹部の痛みを感じていた・・・。ごめんね・・・。誰に言ったものなのか・・・。【アルト】・・・。それとも・・・。【アルト】は、、、お前はよくやったと、、、ありがとうと・・・。大好きな人の言葉だけど、、、素直に喜べない【ランカ】がいた。
 傷ついたフロンティア。【レオン】が船団全体にむけてのメッセージを、、、お悔みの言葉を口にしている。大統領を失ったと・・・。友人を・・・。家族を・・・。愛する人を・・・。怒りと悲しみの中で、、、「なぜ」を問いたいと・・・。美星の【ミシェル】の机には花が・・・。ベッドで眠る【ナナセ】・・・。傷つく人類・・・。失った人と物は戻らないと・・・。心に取り返しのできない傷を負ったと・・・。【クラン】は「カプセル」を抱いて泣いていた・・・。その傷のあまりの深さに・・・。今はただ祈りましょうと・・・。失われた命の為に・・・。その【レオン】の後ろに【ランカ】の姿も見える。【レオン】は言う。【オズマ】も行方不明だと・・・。つらいのはわかっているのに、、、【ランカ】にマイクを、、、そんなに歌わせたいのか・・・。追悼と明日への希望の歌を・・・。戦いに生き残る為に・・・。ライトとカメラのフラッシュ・・・。ごめん、、、なさい・・・。もう、、、歌えません!と・・・。その姿をテレビで観ていた【アルト】は驚きの声をあげる。それは【シェリル】も同様だった・・・。
 【ランカ】は走っていた・・・。何から逃げているようにも見えた・・・。それは、、、歌う事への恐怖心なのかもしれない。政治的な道具としては歌えないと・・・。もう嫌だと、、、どうして、、、あたしの歌がバジュラたちに・・・。すると【ランカ】の背後で物音がする・・・。緑色の生物がこっちを見ている、、、大きいけど【あい君】のようだ。いきなりの再会だった、、、そして【あい君】は再び姿を変える・・・。綺麗な緑色の光に包まれる・・・。
 AM 3:00。【アルト】はベッドに入っていたが、、、眠れていない様子。そこへ端末が・・・。それは【ランカ】からだった。【アルト】はいつもの公園に急いでいた・・・。階段をのぼり切ると【ランカ】が待っていた。【アルト】は、、、あの時に歌えなかった理由が聴きたかったが・・・。【ランカ】のお願い事に・・・。その願いとは、、、紙飛行機の折り方を教えて欲しいと・・・。【アルト】の折り方を手本に【ランカ】も折っている・・・。二人だけの時間が流れる・・・。その時だった。【ランカ】が質問をして来る・・・。どうして、空を飛ぼうと思ったのと・・・。それは、母親の影響のようだ。いつも、空ばかり見ている人だった・・・。【アルト】も一緒に見ていた・・・。本物の空が見たいと・・・。青く、、、果てしなく続く、、、水平線と白い雲、、、本物の自由な空・・・。フロンティアに生まれの【アルト】にとってはおとぎ話だと・・・。まるで一緒に飛んでいるように・・・。【ランカ】は「素敵だね」と言ってくれた・・・。ありがとう、、、ランカ・・・。【アルト】って、、、こんな優しい表情もするんだよね・・・ランカちゃん。【ランカ】も一生懸命に紙飛行機を折りました。【アルト】に見て貰っている間、、、ずっと君の顔を見ていたよ・・・。かなりの力作ができました!もちろん飛ばしていいのさ!その紙飛行機はどこまで、、、ずっと真っすぐに飛んで行く・・・。みんな、、、自由に、、、生きたいんだよね、、、きっと・・・。そうだな・・・。
 【ランカ】の本当の願い・・・。あたしと一緒に・・・。【ランカ】の後ろには「バジュラ」が・・・。あれは【あい君】なのか・・・。【アルト】は銃を抜き構える・・・。【ランカ】が止めに入る・・・。バジュラだから、、、【ミシェル】を殺したから、、、でも、、、この子じゃないよ・・・。何も悪い事をしていないと・・・。【ランカ】の紙飛行機を持って来てくれた。なのに、、、殺すの!バジュラがいる限り、、、宇宙(そら)は戦場になると・・・。生き残る為に・・・。【アルト】は再び「バジュラ」へ銃口をむけるが・・・。その銃弾は当たらなかった・・・。【ブレラ】が高速で近づいて来て【アルト】を吹っ飛ばしたから・・・。【ブレラ】は刃物を取り出して【アルト】に向けながら、、、【ランカ】に、、、望みを言えと・・・。お前の望みを俺が叶えてやると・・・。【ランカ】は【あい君】を・・・選ぶのか。あたしね、、、少しずつだけど、、、昔の事を思い出していると・・・。怖いけど、、、でも、、、きっと、、、知らなくてはいけないと・・・。そんな気がして・・・。【ナナセ】に、、、【オズマ】に、、、手紙を書いていた。だから、、、あたし行くね・・・。【あい君】を仲間の所へ帰してあげたいと・・・。【オズマ】はその願いを聴き入れた・・・。【ランカ】は感情が溢れて来ていた・・・泣いているのか。ワインレッドの機体が現れた・・・。【ブレラ】が操縦席へ。【アルト】は【ランカ】の名前を叫んだ・・・。アルトくん、、、ホントはね、、、アルトくんと行きたかった、、、ずっと!一緒に居たかったよぉ!【ランカ】の涙の告白だった・・・。アルトくん、、、さよなら・・・。大好きでした・・・。【ランカ】は【ブレラ】と一緒に飛び出して行く・・・。追い駆ける【アルト】を残して・・・。フロンティアの空を紫色の光が飛んで行く・・・。【シェリル】も・・・。街の瓦礫の中にいる【オズマ】と【キャシー】にも・・・見えていた。そして、、、宇宙に出て行った。そして、、、フォールドをして行った・・・。

 ランカちゃん、、、アルトが君の名前を叫んでいるよ、、、聴こえるかい?
コメント (2)   トラックバック (46)

誇り高き闘士たちの運命を超えて、孫策伯符たちは未来を駆け抜ける!そして、立ち止まる事はないだろう!

2008年08月28日 21時56分54秒 | アニメ・映像全般
 成都学園。綺麗な月を見上げながら【関さん】がいた。眠れないのかな・・・。そこに【劉備玄徳】が声をかけて来た。勝手に布団から抜け出して来たようだ・・・。すると【劉備】は気づいた。【関さん】に貸していた本を持っていた事に・・・。返す前にもう一度読んで置きたかったようだ。あげますよ・・・。あの時とは違う・・・。【関さん】にもずっと読書をして貰いたいとの想い・・・。嬉しい事だと、、、大好きな本を大好きな人に読んで貰う事が・・・。もっと仲良しになれると・・・。そして【劉備】は操っていた【左慈】の気持ちに気づく。寂しそうだったと、、、誰かと仲良くなりたかったのかもと・・・。その事を聴くと【関さん】は再び月を見上げるのだった・・・。
 洛陽高校。破壊された校舎・・・。戦い傷ついた【王允子師】の姿もある・・・。校内を逃げる【孫策】と【孫権(小喬)】・・・。【呂蒙】の龍の力を手に入れた【左慈】が迫っていた。悲鳴をあげ連れ去られようとする【孫権】を【孫策】の拳が砕く!校舎を支配する龍の力・・・。【孫策】たちの前に【左慈】が現れ不敵な笑みをする。もう鬼ごっこは終わりなの・・・。【左慈】は龍の力を手に入れて、、、気持ちが良いと、、、溢れるその力に、、、苦しみから解放されたと・・・。そこで【孫策】は【もーちゃん】の龍だと・・・。心配する【孫策】たちの前に【もーちゃん】が現れた。エプロン姿で、、、正気を失った者がそこにいた。片目ではない、、、両目を開いて【孫策】たちにむかって駆け出した!次の瞬間に【孫策】は【もーちゃん】によって下の階に叩きつけられた。砂煙の中で倒れている【孫策】に【孫権】が必死に呼びかける・・・。さらに【もーちゃん】が【孫策】に近づこうとすると・・・。蹴りが飛んで来た!相手が違うと【呂布】が現れた。そこには、完全に記憶を取り戻した【呂布】が立っていた・・・。【もーちゃん】の強さをこの身体で確かめると・・・。気がついた【孫策】も【呂布】の変化を感じ取った。公園で二人で食べたお弁当の事を憶えていた・・・。面倒な事になっていると、、、【もーちゃん】も術で操られていると、、、【呂布】はこの状況を冷静に把握した。すると【孫権】が龍が発する気に連れて行かれてしまう・・・。早く行って上げて、、、大事な妹でしょと・・・。【呂布】は【孫策】を【左慈】のもとへむかわせる。むかって来る【もーちゃん】を【呂布】が相手をする・・・。本当はもっとあなたたちと一緒に居たかったと・・・。【呂布】はその残された時間を【もーちゃん】とのバトルに使う。
 【周瑜公瑾】も【孫策】たちのもとへ急いでいた・・・。許昌学院の【曹操孟徳】たちとわかれ「洛陽高校」を目指していた。【周瑜】がそこで見た校舎は、、、龍の力に支配されたものだった。【左慈】は自分の宿命を呪っていたのか、、、受けた苦しみを・・・。闘士たちにはわからないと・・・。自分の強さの為に戦っている者たちを、、、最後の一人になるまで手伝うと・・・。そんな宿命などいらない!【孫策】は走る!闘士たちの未来の為に・・・。龍の力を手に入れた【左慈】を止める為に・・・。まだ、、、一人で生きようとするの・・・。ついに【孫策】は、龍が鎮座する部屋までやって来た。【左慈】と【孫権】の姿がある・・・。仲謀をはなせ!と・・・。すると【左慈】は龍を作り出して【孫策】を襲わせる。【孫策】は自身の拳で立ち向かう!その強力な龍の力に【孫策】は吹っ飛ばされる!が・・・。彼女の身体を【周瑜】が受け止めた!大事な全てを守る為に・・・。【孫策】は【周瑜】に聴く龍の力を手に入れた【左慈】がどうなるかを・・・。体内に宿した者は肉体を喰われると・・・。【左慈】はその事を知っているのか・・・。そして【孫権】が、、、何の解決にもならないと・・・。つらかった思い出から抜け出せずにいると・・・。だから、、、憎しみという心の操り人形になってしまっても気づかないと・・・。あなたが憎む闘士たちは己の運命と闘っていると・・・。たとえ、龍の力を使ったとしても、、、その高潔なる魂までは消し去れないと・・・。うるさいと・・・。【左慈】は【孫権】に龍をむける・・・。怖いはずなのに、、、その場から逃げ出さない・・・。【孫権】は真っすぐに前を見ていた。そして目を閉じた・・・。その態度に【左慈】が動揺している・・・。叫ぶ事もしない、、、龍の力で自分を見失っているだけだと・・・。殺す事などできませんと・・・。怖いのは【左慈】だと思う、、、本当な一人になりたくないはずなのに・・・。龍を【孫策】と【周瑜】にむかわせる・・・。二人も駆け出した!その時だった・・・。龍が、、、様子がおかしい・・・。なぜと・・・。【左慈】が頭を抱えて苦しみ出した。痛いと、、、頭がわれるように・・・。龍の力を制御できなくなっていた・・・。肉体の限界を越えたと・・・。息ができないと、、、自らの身体が引き裂かれるように・・・。その場に崩れ落ちた・・・。龍の力がなくなっちゃった・・・。その力がなくなる事に怯えていた・・・。また、、、一人になってしまうと・・・。すると【孫権】が【左慈】の手を取る。もう、、、誰もあなたを傷つけないと・・・。だから、、、龍の力などもういらないと・・・。あなたに必要なのは・・・。そこで【孫策】が言った。本当に必要なのは、、、と・も・だ・ち・・・。お互いに自己紹介をする・・・。すると、、、【左慈】の顔から模様が消えて行く・・・。まだ、、、邪魔をし漂う龍を【孫策】が消し去った!その拳で・・・。その輝く光が支配していた闇をはらって行く。あたしは、、、左慈元放・・・。ようやく、君から名前が聴けたね!と笑顔になる【孫策】だった、、、これが彼女の魅力である。その笑顔に【左慈】も笑顔で応えるのだった・・・。
 もう一つの決着。お互いの全てをぶつけ合う【もーちゃん】と【呂布】の姿がある。天命を越えて、、、よみがえり、、、また逢えたから伝えたい事があるのだ。もう時間が残されていないから・・・。意思で、、、己の力で、、、新しい歴史を作りたかったと・・・。それをできる【もーちゃん】・・・。だからこそ、立ち止まる事を許さないと・・・。その想いを拳に、、、蹴りに、、、ぶっ飛ばされて、、、感じているかい?もーちゃん・・・。【呂布】は自分の手を見る・・・。消えようとしている・・・。体術でぶつかり合っての空中戦から叩き落して、、、押さえつける・・・。【もーちゃん】に呼びかける・・・。私は生きている限り、、、たとえそれが1%の可能性しかなくても、、、自分の宿命を変えられるならと闘った、、、でも、、、振り払う事はできなかった、、、逃げたかった、、、あなたも呂蒙子明である以上、、、闘士の宿命からは逃げられないかもしれないけれど、、、これだけは約束して!誰かに遠慮するような生き方はしないって!・・・。【もーちゃん】の瞳に龍の力が宿った・・・。自分の心のままに生きて欲しいと・・・。【呂布】の身体が消えて行く・・・。伝える事ができた・・・。そこに【孫策】と【孫権】がやって来た・・・。孫策、、、間に合ったね・・・。あなたといると、、、楽しかった・・・。じゃあね、、、呂蒙・・・。【もーちゃん】が手を伸ばした先には【呂布】はもういない・・・。さよなら・・・。まるで、、、その光たちが、、、タンポポの綿毛のように飛んで行く・・・。一番に悔しかったのは【もーちゃん】だったのかもしれない、、、握りしめた拳に、、、泣いていた。まだ、、、話したい事が、、、いっぱいあったんだぞ・・・。そして、、、洛陽高校での夜が明けた・・・。
 周家。いつもの日常が戻って来た・・・。【孫策】はお風呂へ。【周瑜】は歯磨きに。【孫権】は【呉栄】と朝食の仕度をしている。少し違うといえば【左慈】がいる事かな・・・。制服が似合っておりますね。モジモジしていて可愛いです・・・。はじめて感じる温もり、、、ご飯の温かさ、、、人達の温かさ、、、笑顔がそこにあって・・・。みんなで学校に通って・・・。そこには【もーちゃん】たちが待っていて、、、【王允】が【左慈】に手をあげて、、、それに【左慈】も手をあげて応える・・・。これからの【もーちゃん】と【王允】の関係もどうなって行くのかな・・・楽しみですね。そして【孫策】たちがむかったのは「成都学園」。そこには【関さん】たちが待っていた。【左慈】が前に出て頭を下げる・・・。もちろん許してくれました。この時に【関さん】は【左慈】に何と言ったのでしょうか・・・。みんなで賑やかなランチタイム・・・。
 みんなで【呂布】の所へ来ていた。【左慈】が祈っている・・・。その時だった。【呂布】の写真が語りかけた気がした・・・。ありがと・・・。【左慈】には聴こえたようですね・・・。その想いに・・・。【左慈】は泣いていた・・・。
 まとまった荷物・・・。ここでお別れです・・・。【孫権】と【左慈】は行ってしまうようだ・・・。【張昭子布】との約束でもあるのだ・・・。【孫策】は納得していない・・・。【孫策】は笑顔になり、、、さっちゃんと・・・。いじめられたらすぐに言うんだよ!と・・・。あたしがぶっ飛ばしてあげるからと・・・。【左慈】の頭を撫でてくれました。【孫権】との本当の別れ・・・。この姉妹に泣き顔は似合わないよね!さようなら・・・。言い終わる前に【孫策】が抱きしめた・・・。さようならじゃないっしょ!いってきますだよ・・・。おっちょこちょいだな、、、仲謀は・・・。お姉様の妹ですもの・・・。大切な妹だからさ・・・。いつでも帰って来ていいんだかんね、、、笑顔なのに、、、泣いてしまう・・・。
 闘士たちが目指す新たなる日々・・・。それは未来・・・。この先に何があるのかわからないが・・・。でも、、、自分に課せられた運命を切り開く大切さを【呂布】が教えてくれたと・・・。そうさ、、、三国時代の魂に縛られていても、、、自分たちの意思で生きて行く・・・。闘士として生まれた事に、感謝と誇りを持って、、、駆け抜ける!
コメント   トラックバック (5)

魔法先生ネギま! ~白き翼 ALA ALBA~ OAD第一話 『ネギま部(仮)増殖中』

2008年08月27日 12時33分13秒 | アニメDVD野郎!
 『魔法先生ネギま!~白き翼 ALA ALBA~』の第一話を観させて頂きました。まさに、原作ファンの為に作られたアニメ作品だと思います。
 麻帆良の最強頭脳と云われた【超 鈴音】と【ネギ・スプリングフィールド】との激闘からはじまっていた・・・。未来を懸けての戦い・・・。ラスト・テイル・マイ・マジックスキル・マギステル・・・。やはり【ネギ】との関係者のようだが。さらばだ、、、ネギぼうず・・・。そこには、彼女との涙の別れがあった。きっと、、、いつかまた・・・。逢えるさ・・・。その場に一緒にいた【古 菲】は泣いていたかもしれない・・・。この別れが【ネギ】をまた成長させる・・・。
 麻帆良祭が終わって・・・。【クウネル・サンダース】に父の足跡を聴いていた・・・。生きていると・・・。魔法世界への扉・・・。帰って来れない旅になるかもしれない、、、だが【明日菜】は、、、帰って来なさいと約束をさせる。そして、、、みんなでネギのお父さんを捜し出してちゃんと学園に帰ってくるクラブ・・・「ネギま部(仮)」を作るのだった。【エヴァンジェリン】を名誉顧問として・・・。みんなの修行がスタートする・・・。【木乃香】と【刹那】も・・・。【のどか】と【夕映】も・・・。そして【エヴァ】の修行を耐え切った【明日菜】・・・。みんなかわらない、、、みんな【ネギ】が大好きだから頑張れる!その想いだけで良いんだよ!きっとね!【ネギ】と一緒に「魔法の国」を目指す為に集まった仲間達、、、その中で【千雨】はあまりやる気がないかな。本当の仲間とは・・・。観光気分のイギリスへ・・・。その【明日菜】のかけ声を聴いている者たちがいた。【鳴滝姉妹】だった・・・。もちろん【エヴァ】は気づいている、、、何か面白い事を考えたようだが・・・。【明日菜】は「いいんちょ」こと【あやか】に【ネギ】の父親の事を調べさせていた。ただ行方不明だと・・・。そこへ怒った【まき絵】がやって来て・・・。クラブの話を・・・。これには【あやか】も黙ってはいられない!だけど、、、連れて行けない・・・。そして、気づく・・・。【あやか】の動きが見える、、、【まき絵】のリボン攻撃も見える、、、【鳴滝姉妹】を加えた四人での一斉攻撃にも対応できた。それが【明日菜】の成長の証なのだ。そこに【エヴァ】が来て、、、【あやか】たちにあるチャンスを与えるのだった。夏祭りに仕組まれた罠・・・。【エヴァ】の入部テスト・・・。部員がつけている「白い翼の形のバッジ」を奪えと・・・。これは【明日菜】たちへの試験でもある。【古 菲】は狙うには強過ぎる・・・。やはり狙うならば【のどか】と【夕映】だと・・・。二人をターゲットにするが・・・。【ネギ】は【小太郎】と祭りをまわる。紅き翼に対して「白い翼」と・・・。バッジを奪おうとする者たちと守ろうとする者たち・・・。【まき絵】たちの態度に【夕映】は気づく・・・。裏があると・・・。【夕映】は魔法を使って逃げ出した。結界と風を操った・・・。【のどか】も発動し彼女たちの思考を読み取る。【楓】たちも強過ぎる、、、バッジを奪う事ができなかった。そこで【あやか】が【明日菜】との直接対決へ挑む!勝てる訳もなく、、、投げ飛ばされるが・・・。【あやか】も諦めない・・・。本気を出しての柔術で【明日菜】を捉えるが・・・。実力の差は埋まらない・・・。想いの差は同じなのに・・・。やっと【明日菜】も【エヴァ】の意図を理解した・・・。【あやか】の気持ちを知ってもこのバッジは渡せない・・・。【明日菜】が話す、、、危険があるかもしれないと・・・。その事を聴いた【あやか】は【ネギ】も【明日菜】たちも行かせられないと・・・。【明日菜】は言う。行かない訳にいかないと・・・。【ネギ】が自分で父親の行方を見つけないと、、、意味がないと、、、どこにもいけないと、、、そういう面倒な奴だと、、、わかったから、、、協力しようと決めたと・・・。【明日菜】の純粋な想いがある。そこに【ネギ】たちがやって来る、、、何事もなかったかのように、、、【ネギ】に心配をかけないように、、、【木乃香】は【ネギ】に「焼きそば」を食べようと誘った。【あやか】も【明日菜】たちの「覚悟」を理解した・・・。この事を黙っていた事に怒っていた・・・。そして、、、空港に降り立った女の子の姿がある・・・。まったく、、、【ネギ】がなかなか来ないから来てしまったようだ。その女の子は【アーニャ】だった・・・。
 やはり、3年A組のみんなはいいなあ・・・。バラバラに見えて、みんな同じ方向を、、、真っすぐに、、、大好きな人の為に、、、向いていてね!
コメント (4)   トラックバック (5)

いま、りんちゃんに本当に必要なのは何ですか?愛情、、、優しさ、、、同情、、、それとも・・・。

2008年08月26日 19時10分52秒 | アニメ・漫画書籍
 40時間目。みんななかよし・・・。教室に貼り出されている言葉がある。【黒ちゃん】が【りん】と【美々ちゃん】をモスに「新しいデザートが食べたい」と二人を誘うが・・・。【りん】は、、、お金がないからいいと・・・。そして、用事があると教室をあとにする。今日は【黒ちゃん】はフラれたようだ。そんなやり取りを見ていた【大介】とのケンカみたいな風景もいつもの事です。【大介】のジュニアをグリグリしたり、、、【黒ちゃん】のデコをむいたりと・・・。そんな中で【美々ちゃん】は携帯のカメラ機能で撮っておりましたよ。【りん】がお財布の中身を確認してむかった先は・・・。
 【レイジ】は仕事が終わり、真っすぐ帰宅します。それは飲み会に誘われても変わりません・・・。人生の幸せとは、、、プラスとマイナスでしょうか?今までの不幸が代償になって【りん】が僕に与えられたと・・・。普通の人が当たり前のように手に入れている物を欲しがったら、、、【りん】まで失ってしまうと・・・。だから【りん】だけでいいと、、、何も望まないから、、、【りん】を、、、くださいと・・・。
 【大介】が待っていた。【レイジ】の事を・・・。ファミレスに移動する二人。コーヒーとデラックスフルーツパフェの注文・・・。【レイジ】はパフェを食べ出す。やはり、教育委員会に言ったのは【レイジ】だった。落ち着けと・・・。【大介】は【りん】の首にあったキスマークの事を聴いた。あなたがやったんですね・・・。【レイジ】は悪ぶる事無く認めた・・・。首筋が綺麗だったからと・・・。跡が残るから止めてくれと言われてもうしていないと・・・。【大介】は、、、犯罪だと、、、児童虐待だと言ったが・・・。その事に関しては強く否定する、、、【レイジ】の脳裏にあるのは、、、自分の受けたものを・・・。それは、、、性的なものだと言いたいのだ。頬や額ではなく・・・。唇や、、、それが「嫉妬」だと言われてしまう。そして【レイジ】は【大介】がまだした事がない事も知っていた・・・。そう言うと【レイジ】はチェリーを食べた・・・。あの子をやらないと・・・。16歳になったら【りん】と入籍をすると・・・。確かに、そうすればそばにいられるだろう・・・。だが、それは【りん】が本当に望んでいる事なのか?死んだ母親の身代わりではないのかと・・・。あの時、、、【りん】が父親のもとへ行く事はなかった。強制などしていない?それは違う・・・。わかっているのさ、、、求められているものを、、、感じている。それが間違っていたとしても・・・。【大介】は【レイジ】の襟元を握っていた・・・。感情的になるな・・・。今の【りん】に手を出す事はない・・・。あの小さい身体を抱く事はないと・・・。愛する事とは一体何なのだ、、、誰が人の心を裁けるというのだと・・・。だから、、、もうかまわないでくれと・・・。そこで【大介】も負けていない。同じ事を【りん】にしてもいいんですね?と・・・。その事を聴き【レイジ】は動揺する・・・。二人の対決は物別れに終わるが・・・。父親として慕っている相手が、、、女として愛しているのだ・・・。【りん】が卒業するまでに2年しかない、、、何を、、、どうすればいいのか・・・。
 【レイジ】は帰宅し、、、爪を噛んでいた。望んでないのか・・・。その事に不安になっている様子だった・・・。そこへ【りん】が湯上りで、、、チャックのパジャマを着て入って来る。【レイジ】は【りん】に質問をする。僕の事を嫌いか・・・。一緒に住むのが嫌だとか・・・。【りん】は敏感に感じ取っている・・・。なんで、、、すると【りん】はパジャマのお腹のポケットから何かを出しましたよ。ネクタイ・・・。いつもお仕事を頑張っている【レイジ】へのプレゼントのようですね。【レイジ】は泣いた。嬉しくて・・・。一生大事にすると・・・。りん、、、あのね、、、16歳になったら、、、僕と・・・。その言葉は続けられなかった。テレビに夢中な【りん】がそこにいたから・・・。まだ子供だ・・・。【レイジ】が眠る横に座る【りん】、、、彼の表情を見ている彼女が印象的だった。まだ子供だと思っているのと・・・。
 もうすぐ5年生がやって来る。【大介】はみんなに「5年生の目標」を書かせる・・・。書いたら教室の後ろに貼るようだ。【黒ちゃん】は、、、青木死ね・・・。犬介・・・。【美々】は、、、お手伝いと・・・。レイジLOVEと・・・。そして【りん】は、、、「だ」・・・?みんな後ろに貼って、、、あとは【りん】だけとなるが、、、もう貼ったと・・・。指をさした先には・・・。みんななか「だ」しと・・・。笑って逃げる【りん】を追い駆ける【大介】の姿が教室にありました!
コメント (10)

タバサの母親への想いとアンリエッタの女の子としての気持ち、、、不安なルイズは、才人を信じると・・・

2008年08月25日 22時20分57秒 | アニメ・映像全般
 東方(オストラント)号。その大きさに生徒たちは歓喜の声をあげていた・・・。【コルベール】と一緒にいる【キュルケ】が自慢げに話をする。最新鋭の探検船だと、、、船上でのちょっとしたパーティーが催されているようだ。【コルベール】の研究と【キュルケ】との愛情がこの船を完成させてくれた。抱きついているし・・・。【ルイズ】はその姿に呆れ顔って感じかな。そのテスト飛行で風に流れて、、、偶然に【才人】が戦っているのを見つけたと・・・。【才人】も驚いていた、、、再会し、、、その懐かしい声に・・・。彼は目をこすっていた・・・。それは【ルイズ】も同じだった・・・。あの時に・・・。【タバサ】が仮死の魔法をかけたようだ。その後は【キュルケ】と仲良くなって・・・。何はともあれ、、、コルベール先生、、、お帰りなさい!
 船上のパーティーは続いている。そんな中『デルフリンガー』が【才人】に声をかける。夜に【タバサ】と戦った事を・・・。【才人】自身も気持ちの整理ができていない様子・・・。【タバサ】との交戦・・・。友人なのに・・・。どうしてタバサが・・・。その思い悩む横顔に【ルイズ】は、、、またあの顔と・・・。心配していた。【ルイズ】の脳裏には【アンリエッタ】と抱き合っていた【才人】の映像が・・・。二人がキスを、、、いやらしいと・・・。主人の威厳の為に、、、【才人】に聴きたいのだ。昨夜の事を・・・。あわてる【才人】はごまかそうとするが・・・。【アンリエッタ】との事を・・・。【才人】の頭の中には【タバサ】の事があったから・・・。【アンリエッタ】とは、、、成り行きで・・・。それは説明していないと【ルイズ】は納得していなかった・・・。その事について【才人】はハッキリしません・・・。ちゃんと話せないのかもしれない・・・。そこで【ギーシュ】に「水精霊騎士隊」として呼ばれてしまう。良いタイミングですね・・・。
 逃げられてしまった【ルイズ】に、、、バカメイドこと【シエスタ】が「スレイプニィルの舞踏会」での勝負の結果を聴きに来ました。【才人】に見つけて貰えなかった・・・。言い訳をする【ルイズ】に笑顔の【シエスタ】だった。すると【ギーシュ】の声で、、、女王陛下!万歳!と・・・。【アンリエッタ】も「東方号」に来ていました。その美しさに【ルイズ】も【シエスタ】も・・・。その【アンリエッタ】は【コルベール】に会いに来たようだ。【シェフィールド】との戦闘での功績にも感謝の意を述べる。【コルベール】は自分よりも【才人】だと・・・。【アンリエッタ】と【才人】・・・二人の視線は、、、下をむき顔が赤くなる。視線を合わさないままに会話をする二人に・・・。【シエスタ】は女の子の勘が働きます!ヘンなものが飛び交っていると・・・。そんな事は【ルイズ】もわかっている!イヌのくせに・・・。感情を爆発させようとしていた・・・。イヌと女王はありえないと・・・。
 船内。【ルイズ】は昨日の事を【シエスタ】に話しているようだ。さすがの【シエスタ】も驚いている。女王陛下が恋のライバルだと・・・。バカメイドの妄想が加速して行く・・・。お城勤務にし、、、そして夜な夜な、、、もうこれ以上は言えない、、、【シエスタ】はヘンな本ばかり読んでいる。奉仕せよ、、、享楽を・・・。女の子たちの暴走は止みそうにない・・・。この胸に!この胸に!と【シエスタ】の大きな胸に抱かれる【ルイズ】であった・・・。あの・・・。そこを【テファ】に見られてしまった。取り乱す二人だったが【テファ】は鈍いので大丈夫ですよ!
 船上。【才人】は一人でいる、、、その悩みもなくならない。考え事かなと・・・。【コルベール】が声をかけて来た。いつも自分の事を聴いてくれる【コルベール】だった。そして「東方号」の名前の由来がわかるかと聴いて来る。遠き東方へ一緒に【才人】と行きたいとの願いがある・・・。この船は【才人】のお陰で作れたと・・・。色々と見せたいものもあるらしい。
 女王陛下。【アンリエッタ】も思い悩んでいた・・・。魔法ではあったが【ルイズ】の姿で【才人】とキスを交わしてしまった・・・。その唇に指を・・・。わたくし、、、どうして・・・。迎えの馬車が来たが、、、もう少しだけ・・・。女王としてではなく、、、一人の女の子として・・・。
 【ルイズ】は【テファ】に【才人】と【アンリエッタ】の事を話していた。聴いても【テファ】は意外と落ち着いている・・・。きっと何かの事情があると・・・。【テファ】は【才人】の事を信じているのだ。それは【ルイズ】がしなくてはならない事、、、使い魔を信じる事を・・・。でも、、、ハッキリしない【才人】にどんどん不安になって行く・・・。そんな【ルイズ】の気持ちを察して【テファ】はあるマジックアイテムを、、、よかったら、これ使って下さいと・・・。テファ?それは虫眼鏡ですか?それは「昨夜(ゆうべ)の水晶」なる物・・・。それを聴いて【シエスタ】は驚きの声をあげた。巷の奥様に大人気のアイテムのようだ、、、入手の難しいようだが【テファ】は【ベアトリス】に貰ったみたい。その水晶で誰をのぞくと、、、その人の昨夜の様子が映ると・・・。【テファ】は本当に【才人】の事を心から信じているのですね!それでも【ルイズ】の心を少しでも楽にしたいと・・・。これを使っても不安な気持ちは消えないだろう・・・でも、、、それでも【シエスタ】には使わせません!
 その頃【才人】は【コルベール】から「東方号」の説明をして貰っていた。ふと【才人】が【コルベール】の顔を見ると・・・。蒼い一点の光が・・・。すると【シエスタ】の声がする。【才人】たちが振り向くと・・・。【ルイズ】が「昨夜の水晶」で狙いを定めていた。そこで『デルフリンガー』が見ていて、、、相棒!走れ!と・・・言って来た。逃げた【才人】を【ルイズ】たちが追跡する事になりました。男性を丸裸にする恐ろしいアイテムだと・・・。いつものアレですね【モンモン】・・・。
 必死に船内を逃げる【才人】・・・。追う【ルイズ】たち【テファ】はそれに巻き込まれて行く・・・。【才人】は正面の部屋へ入る・・・。【ルイズ】と【シエスタ】は左右へ分かれて・・・。【テファ】は正面へ・・・。中では【才人】は【コルベール】の説明にあった「水蒸気」を使用した動力源を見上げていた・・・。自分の世界への懐かしさを感じていた・・・。そこに【テファ】が飛び込んで来た!いきなり抱きつかれた、、、【ルイズ】の為だと。その大きな胸がお持ちいい・・・。そこに【シエスタ】が、、、「昨夜の水晶」を持つ【ルイズ】が入って来た。今度こそ、、、蒼い光が顔を捉えるはずだったが、、、【テファ】をすり抜けて・・・。揉まれて【テファ】の表情が凄い事に・・・。何とかその場を脱出した・・・。
 計器の数字を書いている【コルベール】を誘惑しようとする【キュルケ】・・・。教師と生徒との関係を越えて、、、【キュルケ】も調整しないと・・・。いつもながら【キュルケ】は積極的ですね。押し倒して、、、お楽しみな所に・・・。【才人】が逃げ込んで来た・・・。そして、、、ついに【才人】は【ルイズ】に捕まってしまう。太ももにはさまれて・・・。蒼き光を受けてしまう・・・。その「昨夜の水晶」が映し出したのは・・・。【タバサ】と戦う【才人】の姿だった・・・。昨夜の事に【タバサ】が絡んでいる・・・。【才人】は認めた・・・。【ルイズ】を助けるのを【タバサ】が邪魔をしたと・・・。でも【タバサ】の意思ではないと・・・。【シェフィールド】が命じていたと・・・。なぜ【タバサ】が命令を・・・。【ルイズ】にはわからない・・・。その中で【キュルケ】だけは心当たりがあると・・・。あの事と関係があるかもと・・・。【タバサ】は何の為に戦うのか、、、ガリア人として・・・。心を病んだ母親の為に・・・。【タバサ】は「シルフィード」共に母親のもとを訪れていた。ただの貴族ではない・・・。ガリア王国の王族である・・・。王弟オルレアン公の娘・・・。王位継承争いで父親は殺され、、、【タバサ】自身も毒を・・・。その身代わりに母親が、、、心を病んでしまったと・・・。【タバサ】は、、、シュヴァリエとして、、、無理難題を押し付けられたと・・・。全ては「ガリア王家」の命令だと・・・。その事を聴いた【才人】が黙っている訳もないが・・・。任務に失敗した【タバサ】はどうなるのか・・・。もしかしたら・・・。重苦しい何かがそこにはあった・・・。
 【タバサ】が扉を開けると・・・。いつもそこにいるはずの母がいなかった・・・。あの人形が落ちていた・・・。シャルロットが・・・。その人形を拾い上げる【タバサ】の表情が厳しくなる。背後で書物のページをめくる音がする・・・。【タバサ】が振り返ると、、、そこには・・・。母を、、、どこへ・・・。その男性が答える。ガリア軍が連行して行った女性・・・。行き場所は知らないと・・・。【タバサ】が氷魔法で攻撃をするが、、、通じない。彼は「ネフテス」の【ビダーシャル】だと名乗った・・・その耳はエルフのようだ。同行を望んでいる・・・。ガリア王【ジョゼフ】のもとに・・・。【タバサ】の魔法を跳ね返した・・・。【タバサ】はその場に倒れる、、、先住魔法・・・。「シルフィード」も精霊の力でねじ伏せた・・・。
 全て事を【アンリエッタ】に話す【ルイズ】と【才人】・・・。暗躍するガリア王家・・・。虚無の力が欲しいと・・・。【才人】は【アンリエッタ】に願い出る、、、ガリアに行かせて欲しいと・・・。【ルイズ】を狙い、、、【タバサ】を利用する奴らが許せないのだ。感情を爆発させる【才人】の手を握る【アンリエッタ】・・・。いけません、、、そんな危険な事は・・・。今にも泣きそうな瞳だった・・・。ハッとして手を離す【アンリエッタ】だった・・・。今のは女の子としてだよね・・・。ここは【アンリエッタ】に任せよう、、、証拠を集めて、、、ガリアの仕業だとわかれば、、、国をあげて守ると、、、あなた方、、、みんなを・・・。約束をして、、、決して、、、危ない事はしないと・・・。【才人】は守れるだろうか・・・。そして【ルイズ】はますます不安になって行く・・・。
 迎えの馬車に【アンリエッタ】が乗り込もうとしている。【ルイズ】はわかってしまった・・・。そんな横顔だった・・・。【才人】と【アンリエッタ】は見つめ合った・・・。そんな気がした・・・。見送る【シエスタ】と【テファ】・・・。【ルイズ】は心の中で思う、、、才人を信じるって・・・。その瞳には【才人】の横顔が映っていた・・・。
コメント (4)   トラックバック (22)

絶望の中で歌うシェリル!クランはミシェルの恋の居場所を知りたい!ありがとう。そして、さよなら・・・

2008年08月24日 11時34分15秒 | アニメ・映像全般
 美星学園。【ランカ】のコンサートは続いている・・・。「バジュラ」の覚醒、、、フロンティア最大の危機が訪れようとしていた・・・。【ランカ】は階段を駆け上がる・・・。【アルト】へその想いを伝える為に・・・。自分の気持ちを・・・。【クラン】がとった行動は良かったのさ、、、みんな誰かを好きでいたいんだ・・・。そうだろ、、、ミシェル・・・。
 【シェリル】、、、また歌いたくなっただろ?【ランカ】のコンサートを見て・・・。もういいの・・・。それが嘘だって【アルト】だってわかるよ・・・。ふらつく【シェリル】を受け止める【アルト】、、、歌を捨てる事はできないと。忘れた訳ではあるまい、、、沢山の人たちに届いていたあの歌を・・・。【アルト】も舞台に立っていた人、、、本物と偽物の違いをわかると・・・。その言葉に【シェリル】は泣いた。そこに【ランカ】が・・・。もう一人、、、責任を取らないといけないのが【ミシェル】、、、【クラン】が言う。お前はどうなんだと、、、お前の恋はどこにあると、、、その想いに応える義務があるんだ。
 あの、、、あたし、、、ごめんなさい・・・。この場から逃げる【ランカ】だった。階段を踏み外して転んでしまう・・・。いやだ、、、もう・・・。【ランカ】も泣いていた・・・。死んじゃいたい・・・と顔をふせた。
 バジュラの強襲がはじまる・・・。【ハワード】を狙う銃口、、、暗殺者も「バジュラ」にやられてしまう。その鮮血が恐怖のはじまりだった・・・。学園に轟く悲鳴・・・。その悲鳴と銃声は【アルト】たちの耳にも入る。【ルカ】の目の前で倒されて行く人たち・・・。【ハワード】を乗せた車が急発進して行った・・・。これで【レオン】の陰謀は終わるのか・・・。頭の回転の速い男だよ【レオン】は、、、ちゃんと用意しているさ・・・背後を銃器にとられてしまう。【オズマ】と【キャシー】を消す準備できているさ。そこで婚約は破棄された・・・。【レオン】の端末が鳴る、、、相手は殺されたはずの【ハワード】だった。バカな・・・。その動揺ははかり知れない、、、そのすきをついて【オズマ】と【キャシー】は応戦し窮地を脱出した。美星学園にあがる黒煙・・・。銃器で「バジュラ」に応戦する人たち・・・。群がる虫けらに立ちむかう【アルト】たち・・・。【アルト】は【ランカ】のもとへ・・・。手を出して、、、歌ってくれと・・・。お前の歌でおとなしくさせるんだ・・・。でも、、、街の為に・・・。みんなの為に・・・。【アルト】の為に・・・。歌えなかった・・・。涙をこぼして・・・。やだ、、、歌え、、ないよ・・・。道具として、、、歌う事を拒否する・・・。こんなんじゃ歌えないよと・・・。あたし、、、あたし、、、もうこんなのやだと・・・こんなのいやだよ!!!と・・・。そこへ【シェリル】が来た。優しい言葉などかけない・・・。頬を叩いた!そして【ランカ】を強く抱いた・・・。落ち着いて、、、歌う為に気持ちがいる事を知っている者だからこそ・・・。プロなのよっと・・・。できる事をなさいと・・・。【ランカ】の歌声にある力を素直に認める【シェリル】、、、少し変わったかな。望んでも得られない力が・・・。たのむ、、、ランカ・・・。うん・・・。美星学園を一望できる場所に【アルト】たちはいる・・・。同じ想いを胸に・・・。【ランカ】は「アイモ」を歌い出す・・・。【ルカ】!【ナナセ】を守り抜け!【ランカ】の歌声が響いている・・・。痛いよ・・・。その想いは・・・痛かった・・・。胸が、、、心が・・・。リトルクイーンの想いに、、、「バジュラ」たちはさらに凶暴化して行った。【グレイス】も感じていた・・・。感情レベルがマイナスになっている・・・。「アイモ」を歌っているのに・・・。「バジュラ」たちは竜巻のようになり、、、人類に襲いかかる!どうして・・・。【オズマ】は、、、あの時の事を思い出す。11年前の事を・・・。これは【レオン】も・・・。【グレイス】も・・・。想定外のようだが。大統領はご存命だと・・・。【レオン】は自分の手で・・・。この混乱に乗じて・・・。
 S.M.S.旗艦マクロス・クォーター。アイランド内での「バジュラ」の出現を知る【ジェフリー】たち。そして、、、宇宙空間にも異変が、、、「バジュラ」がフォールドして来た・・・。人類は外も内も・・・。戦慄に包まれていた・・・。【アルト】は【ミシェル】と【ルカ】に会う事ができた。【アルト】と【ミシェル】は銃器で応戦している、、、また通じるようだ。数が多すぎると・・・。S.M.S.の基地を目指す事に・・・。【ランカ】の歌はみんなの希望だと・・・【ナナセ】は言った。希望・・・。【シェリル】の歌は何だろうか・・・。ここは戦場だ、、、何があるのかわからない・・・。戦闘中の機体が放つ攻撃弾が【アルト】たちに・・・。黒煙が、、、気がつくと、、、炎のむこうに【シェリル】と【ナナセ】の姿が見えた。【ナナセ】は怪我をしているようだ・・・。【アルト】は助けようとするが・・・。【シェリル】は、、、先に行かせようとする。あたしを誰だと思っているのと・・・。必ず助けに来ると・・・。【ランカ】はその場を動こうとしない、、、【アルト】に手を引かれてむかう。その時に【ランカ】は感じた、、、【アルト】の手が熱い事を・・・。そして、、、思い出す・・・。前にも誰かに手を引かれて・・・。その手も熱かったと・・・。その少年は【ブレラ】なのか・・・。次々と「バジュラ」は船団にむかって行く・・・。人類はこのまま滅ぶのか・・・。
 【ブレラ】は【ランカ】を見つけたが・・・。【グレイス】からの命令が・・・。外から来る「バジュラ」への対処を・・・。【グレイス】は「フロンティア」の壊滅は望んでいない。そして「バジュラ」は「リトルクイーン」には危害を加えないと・・・。さすがの【ブレラ】も強制モードにされるのは嫌らしい。了解し、自身の機体に接触をする・・・。
 バトルフロンティアにむかう【ハワード】・・・。もう指揮を取る事はないだろう、、、葉巻もね。これからは【レオン】が取ってくれるようだ・・・。大統領は銃弾に倒れた・・・。
 【アルト】たちも基地の入り口に来ていた・・・。【ルカ】が扉を開けようとしている・・・。戦いで傷つく者、、、死ぬ者もいる・・・。軍人だけが死ぬ訳ではない・・・。取り乱す【ミシェル】に【クラン】は「落ち着け」と言う。残された武器は少ない・・・。【クラン】は、、、上等だと・・・。【オズマ】と【キャシー】は「バトルフロンティア」にむかっていた・・・。走る二人の前に倒れている人物がいた。ハワード・グラス大統領だった・・・。【キャシー】は、、、その場に泣き崩れた。
 EX-ギアなどの少ない武器で「バジュラ」に対している【アルト】と【ミシェル】。【クラン】は衣服を脱いでいた・・・。下着に手がかかる、、、すると、、、なあ、ミシェル・・・さっきの答えを教えてくれないか?と・・・。お前の恋はどこにあると・・・。【ミシェル】は答える、、、行方不明で捜索中だと・・・。忘れちまったと・・・。そこで【クラン】は「臆病者だ」と【ミシェル】のみぞおちにパンチを入れた。かがんだ所を【クラン】の顔が近づく・・・。背を精一杯に伸ばした口づけだった・・・。私は、、、お前が好きだと・・・。こんな時だから、、、告白するのだった。【ミシェル】にも【アルト】にも、、、よく憶えておけと・・・。死ぬのが怖くて、、、恋ができるか!!!と【クラン】は駆け出した・・・。相当にはずかしかったようですね・・・。恋した女の子は強いです、、、ランカちゃんもちゃんと見ましたよね!【アルト】たちは【クラン】の援護の為に撃ちながら後退する・・・。
 避難所。人々たちの絶望の場所・・・。【ナナセ】は顔に怪我を負っている。【ランカ】を求める声、、、バジュラが止まるはず、、、逃げ切れるって、、、話がうますぎると、、、政府への文句がその場を支配していた。もうダメだ、、、死ぬんだと・・・。そんな中で【シェリル】の耳に聴こえる。その親子の会話に・・・。怖いよ、、、パパ・・・。命に代えてもお前を守ると・・・。【シェリル】よ、、、何を想う。髪を、、、【アルト】の言葉を、、、歌を捨てる事はできないと・・・。ポケットの中から取り出した「イヤリング」。歌か・・・。見つめる【シェリル】がそこにいる。まだ届くと思う、、、ランカちゃん、、、あなたが希望の歌姫なら、、、絶望の中で歌ってみせる!助けを求める人々の声が・・・。【シェリル】は再び立ち上がる・・・。もう一度、届くだろう・・・。銀河の妖精、、、綺麗でしょう。まだ諦めていないよ・・・。人は想えるんだ、、、愛する人がいるから戦えるのだ、、、だから、、、好きになって確かめたいのだ!
 【クラン】はポットに入る・・・。【ランカ】が使用するアンプも無事のようだ・・・。【ミシェル】は【アルト】に言う。人を本気で好きになるのは命懸けなんだな・・・。やっとわかったのに・・・。やっと気づいたのに・・・。二人の後方で爆発音が「バジュラ」がここまで侵入して来たのか!【クラン】を守る為に【ミシェル】は飛び出して行った・・・。【クラン】はポット内から【ミシェル】が見えていた・・・。必死に戦う姿を・・・。そして、、、見てしまう・・・。背後から近づく「バジュラ」に【ミシェル】が・・・。身体を貫かれ、、、鮮血を吐いた・・・。それでも【クラン】はやらせない!傷つきながらも「バジュラ」を・・・。ごめんな、、、クラン、、、今まで言えなくて、、、俺も、、、俺も、、、お前のこと、、、あいして・・・。【ミシェル】との永遠の別れ・・・。【クラン】・・・。【アルト】は吸い込まれようとする【ミシェル】を取り返そうとするが・・・できなかった。【シェリル】は絶望の中で歌う、、、涙を流しながら・・・。そして、、、愛する人の眼鏡だけが残った。
コメント (8)   トラックバック (41)

裕人は春香の趣味を否定する父親と対決する!その大好きな想いを、初めて自分で選んだものを信じましょう。

2008年08月23日 19時18分26秒 | アニメ・映像全般
 乃木坂家。【春香】の父親である【乃木坂 玄冬】は怒りをあらわにしていた・・・。手に持っているのは【春香】の写真だった、、、夏コミの時の・・・。床に転がる【春香】の大切にしているアニメと漫画のグッズを踏み潰した・・・。低俗で愚かな趣味だと・・・。そして直属の特殊部隊「ヘルハウンド」を呼び寄せる!【春香】を捜し出せ!と・・・。そんな娘を許さんと・・・何度も何度もグッズを踏んでいた・・・。今、怒りの雷鳴が轟く・・・。
 【春香】が泣きながら【裕人】の家に来ていた・・・。趣味がお父様に、、、夏コミで購入したグッズも取り上げられてしまった・・・。床に叩きつけられたと・・・。目の前で大切なものを・・・。どんなに傷ついただろうか、、、酷い事を他にもされ、、、【春香】の話も聴こうとしない・・・。だから、、、私・・・。【裕人】の衣服を強く握った・・・。春香様・・・。玄関には【葉月】が立っていた。連れ戻しに来た訳ではない・・・。その意思に従うと・・・。一緒にいる事をメイド長として選択する・・・。【春香】に仕える者として・・・ここにいる。本当に心強いね・・・。そんな状況もお構いなしなのが【ルコ】と【由香里】先生だ・・・。全てを承知し【春香】と【葉月】を受け入れた豪快な姉である。行く所がない【春香】と一緒の屋根の下ですか、、、妄想がふくらみますね。一つの布団に二人で寝ると・・・。【裕人】は何を想像しているのか。顔が赤いぞ・・・。だが【春香】の表情は沈んだままだった、、、それだけに深刻な状況だと感じる事ができた。【春香】は自分の姿が映った床に視線を落としたまま、、、ご迷惑をおかけするのはと・・・。【裕人】は、、、迷惑じゃないと、、、そんな事はないからと・・・。むしろ嬉しい位だと・・・。別に二人の関係はそんなやましいものではないが・・・。でも、、、【春香】は嬉しかった。その【裕人】の受け入れてくれた言葉に、、、ホッとした。
 【春香】と【葉月】を迎えての鍋パーティーがはじまります。【ルコ】の飲みっぷりに【春香】は、、、素敵だと。社長秘書としての【ルコ】に対しての憧れを持っているようだ・・・。【春香】も【ルコ】のような「デキル女」になりたいと、、、あんな風に・・・。【葉月】は【裕人】の作った鍋が気に入ったようだ、、、お婿さんにピッタリだと・・・。すると【由香里】が【裕人】に抱きついて来た、、、聴きたいのだ、、、【春香】との関係を・・・。それは【ルコ】も知りたいし、、、【葉月】も知りたいと、、、仲良くなった関係を・・・。名前で呼び合う関係を・・・。ただのクラスメイトではなくて・・・。特別な関係に・・・。好奇心だと思うけど、、、酔っているね葉月さん・・・。さすがに【春香】を目の前にすると答え難いですよね。その【春香】も気になっている様子で・・・こちらを見ておりますよ。見つめ合う二人に・・・。【ルコ】も【由香里】も冷かし過ぎですよ、、、照れ隠しに歩いて行ってしまう・・・。【春香】は【裕人】の口から聴きたかったかもしれないね・・・。
 暗めの階段。【裕人】は【美夏】と携帯で話をしていた。同棲だと・・・。【裕人】か、、、【玄冬】で、、、電話のむこうで【美夏】は暴走していた。【裕人】は様子が知りたいのだ・・・。夏コミに密偵を放っていたようだと、、、ヘルハウンド、、、地獄の番犬の事を知った。【裕人】と【春香】が家に居られるのは、、、23時間がタイムリミットのようだ。【美夏】は言う。明日になれば援軍が到着すると、、、乃木坂家の最終兵器が・・・。【裕人】は巨大ロボットを想像していた、、、【美夏】が保障すると、、、【春香】の為に頑張るしかないね!初めての夜なんだから、、、お姉ちゃんに優しくしてあげてねと、、、耳年増な妹でした。
 【裕人】がリビングに戻ると【ルコ】と【由香里】は酔って寝てしまっていた・・・。【春香】はソファで寝ている、、、【葉月】は起きていた。【春香】の事をお願いする【葉月】・・・。風邪を引く前に寝室へと、、、【葉月】にはやるべき事があるのだ。この付近の巡回をしなくてはならないのだ。【春香】の身辺警護も重要な役目なのだ。行って参ります・・・。葉月さん、、、ドアにぶつかって、、、鼻血が出ているけど、、、そっちは冷蔵庫ですが、、、フェイントらしいが、、、酔っていますよね?
 【裕人】は【春香】を「お姫様抱っこ」で二階へ運ぶ・・・。【春香】の寝顔に、、、胸に目が自然といってしまう。見てはいけないと思いつつも、、、すると【春香】は起きていた。裕人さんの顔がこんな近くに・・・。この状況を理解し【春香】は笑った。可愛いよね・・・。【裕人】の寝室の隣りで【春香】が寝ている・・・。衣服を脱いで、、、素肌を・・・。頭の中では【春香】は脱いでおります・・・。すると、、、ノックをする音がする。あの、、、起きてらっしゃいますかと・・・【春香】だった。
 少し良いですかと・・・入って来た。パジャマ姿の【春香】がそこにいた・・・。お部屋が真っ暗だと・・・。そこに一人でいると寂しくなって来ると・・・。一人で寝るのが怖い【春香】なのだ・・・。いつもならば、ぬいぐるみと【葉月】たちがいるから怖くないが、、、今日だけは、、、私もここで寝ちゃダメですか?泣き出しそうな潤んだ瞳をする【春香】・・・。今にも泣き出しそう・・・。【裕人】にとっては嬉しい事に・・・。わかったと、、、負けましたね・・・。【春香】が布団を敷いていると、、、その枕元に「イノセント・スマイル」があった。創刊号だけは持って来た・・・。この本は特別だと・・・。とても大事な宝物だと言って抱きしめた・・・。その時だった。【裕人】の脳裏に何かが、、、創刊号をあげた少女が笑っていた。【葉月】は電柱にぶつかっていた・・・。
 意識している女の子と一緒の部屋で眠れる訳もなく、、、すると【春香】から声をかけて来る。あの、、、よろしければなんですけど、、、手を繋いで貰えませんかと・・・。ダメじゃないよね、、、手を伸ばした。【春香】が手を、、、震えていた。不安なんだと感じる【裕人】なのだ・・・。何があっても春香の味方だと、、、安心して寝ちゃいましたよ・・・。
 朝。夜通し巡回をしていた【葉月】が屋根の上にのぼり偵察をしている「ヘルハウンド」の隊員を見つけ撃退したが・・・。【春香】の身に危険が迫ろうとしていた・・・。【裕人】が目覚めると、、、隣りには寝ているはずの【春香】がいなかった。あわてて起きて一階へ降りると、、、エプロン姿の【春香】が朝食を作っていた。おはようございますと、、、目玉焼きを焼きながら歌う鼻歌、、、こういうのも良いもんだなと・・・。そこに【美夏】からの連絡が入る。むこうには焦る【美夏】がいた。【春香】がここにいるのがバレてしまったようだ・・・。【葉月】も知らせに来たが遅かった・・・。家の外を囲まれてしまう・・・。包囲された最中に、、、歩いて来る男性の姿がある。サングラスに黒服に、、、刀を持っていた。チャイムが鳴る・・・。二度目で玄関を斬り捨てた・・・。物凄い威圧だ・・・。【春香】を返して貰おうと・・・。【葉月】も止まるほどに、、、その背後からいきなり斬りつけた【ルコ】だったが、、、彼女の愛刀も止められた。【ルコ】は玄関を破壊した事を怒っていた・・・。そこへ特殊部隊の隊員たちがなだれ込んで来る。玄関で【ルコ】が迎え撃ち!リビングでは【葉月】のチェーンソーがうなりあげる!しかし、、、それは時間稼ぎにもならない・・・。【裕人】は【玄冬】に壁に投げつけられてしまう。【春香】がそんな【裕人】に寄り添う・・・。
 【春香】には優しい父親なのだ・・・。もう怒っていないと、、、気の迷いだと・・・。あんなものに惹かれないと・・・。子供染みた、、、素直な、、、【玄冬】、、、【春香】の顔をちゃんと見ているか・・・。嫌です・・・。【裕人】にもわかるだろう、、、【春香】の手が震えているのが、、、精一杯の勇気で立ち向かっているのだ!帰りません、、、自分が悪いと思っていないと、、、全然わかっていないと、、、私は、、、あんなものが好きなんですと、、、愛娘の必死の訴えが聴こえますか・・・。作品に対する想い、、、大好きな想いを・・・。「イノセント・スマイル」が繋いでくれた絆を・・・。気の迷いではないと、、、倒れた【裕人】は目覚めて【春香】の表情からその強さを感じた・・・。それでも【玄冬】は認めないと・・・。刀を抜いた、、、【裕人】がたぶらかしたと・・・。すると【裕人】はふらつきながらも立ち上がる・・・。【春香】を見た、、、そして【玄冬】をにらみつけた!そんなにダメなんですか・・・。【春香】の趣味が良くないと・・・。下劣な趣味はふさわしくないと、、、なんで!そう!言い切れるんですか!!!【春香】の趣味の何を知っているのか!どうしてそれを好きになったのかを!どんな気持ちでそれを好きでいるのかを、、、考えた事はあるのかと!【裕人】が知っている【春香】の趣味への想いは何もかわらない・・・。ひたむきで!一生懸命で!真剣で!心からそれを楽しんでいると・・・。どうしてアキバ系だけは認められないのかと!そんなのおかしいじゃないですかと!その【裕人】の想いに、、、【ルコ】も【葉月】も諦めてはいない!【玄冬】と対峙をする【裕人】たち・・・。怒りも頂点に達しようとしていた時だった・・・。
 は~い!そこまでと・・・。この緊張感の高まる舞台に【美夏】と【那波】が入って来た。二人とも緊張感がありませんね・・・。間に合ったみたいだね・・・。お父さんを止めに来たと・・・。くだらん事を、、、下がるのはあなたの方だと思いますけれど・・・。紅葉が舞う中で、、、着物を着た女性が立っていた。どうみても分が悪いですよと・・・。【春香】も笑顔になるこの人物とは・・・。【裕人】は姉と間違えてしまうほどに美しい・・・。【春香】がお母様だと・・・。【春香】の母【乃木坂 秋穂】が来てくれた。それは形勢逆転だった【玄冬】さえも圧倒する迫力を持っていた・・・。【秋穂】は娘の学業などに対する頑張りを評価し趣味の一つ位を認めてもあげてもと・・・。余計な事を・・・。春香は私の娘だと・・・気にするのは当然だと・・・。【玄冬】は怯えているように見えたが・・・。それは【玄冬】もわかっている、、、【春香】の方が、、、【裕人】の言っている事の方が正しいのを・・・。【秋穂】は、二人を信じてあげましょうと・・・。アニメや漫画はよくわからなくても、、、【春香】が自分で選んだものを、、、はじめて自分からやりはじめたものを、、、だから信じたいと・・・。母【秋穂】の助言もあって【春香】の趣味は認められました!勝訴ですね!【春香】は【裕人】に抱きついた・・・。みんな見ている前で素直に抱く事はできませんね・・・。
 ヘリは飛び立とうとしていた・・・。【玄冬】と【秋穂】は先に戻っていると・・・。【春香】は【秋穂】と約束をする・・・。自分の趣味の為に、、、学業と習い事をしっかりとする事を・・・。飛び立つ前、、、【玄冬】は大人気なかったと頭を下げた。すると【裕人】も言い過ぎたと下げた・・・。【玄冬】は私にあんな風に正面から自分の意見を言った【裕人】は印象的だったようだ・・・。その名前を憶えておくぞと・・・。【ルコ】は戻ってみんなで朝飯だと、、、【由香里】はまだ寝ていたのか、、、【美夏】も【葉月】も【那波】の三人も加わって、、、賑やかな朝食になりそうですね!
 二人は見つめ合った・・・。【春香】の方から手を握りました・・・。【裕人】だけに向けた笑顔の【春香】・・・。その彼女に【裕人】も笑顔で応えます・・・。「イノセント・スマイル」が繋いだ絆・・・。その握られた手は決して離れる事はないだろう・・・。
コメント   トラックバック (25)

暴走!物欲アニメ番長 絶対可憐チルドレン true tears ひぐらしのなく頃に解 figma

2008年08月22日 20時59分47秒 | 暴走!物欲アニメ番長
 本日、22日の発売分のアニメDVD『絶対可憐チルドレン 01』『true tears vol.6』『ひぐらしのなく頃に解 捜査録 -結- file.06』の3タイトルと『figma 関羽雲長』を合わせて購入して来ました。
 『絶対可憐チルドレン』には「特典DVD」と『ひぐらしのなく頃に解』は、前原圭一のメッセージが入った「メモ帳」が付いております。
 figma関係の発売予定が延期したりと色々とあるので、月末に店頭のチェックとサイトチェックをしないといけないですね。アニメイトに行って店頭を見たら『figma 関羽雲長』が並んでいたので、、、速攻で2個手に入れました!
コメント (2)