現代視覚文化研究会「げんしけん」

アニメ・ゲーム・漫画の視覚文化が日本を元気する!
仲間の絆。妄想力。中二病。大いなる夢。
そんな作品を書き記す!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

咲たちは天江衣の支配から逃れる事はできないのか!それが運命だから、、、それが悪夢のはじまりだから。

2009年07月21日 08時37分04秒 | アニメ・映像全般
 そのカン、、、成立せず!【衣】だけではないです。鶴賀の部長こと【加治木 ゆみ】もやりますね!【咲】の前に立ちはだかります!【池田】は頑張っているけど、、、まだまだかな・・・。卓上での超時空な麻雀バトルが展開されている!
 【加治木】の策にはまる【咲】、、、自分の麻雀ができなくなって行く。迷い出すと止まらない・・・。【咲】らしくない麻雀。それが、、、プレッシャー・・・。幻想か・・・。だが、、、それでは【衣】は満足できない・・・。そんな戦いを【咲】に求めているのかもしれない。その圧倒的な何かに【咲】は、、、おトイレ行っとけば良かったよぅ~と・・・。去年は去年、、、人ではなくなっていた【衣】、、、その身で確かめよ・・・。そして、、、聴牌率は下がって行く。【龍門渕 透華】と【国広 一】は知っている【衣】の怖さを・・・。夜で満月だった・・・。それを【透華】は待っていた。卓上の乙女たちは必死に戦っているが【衣】はそれを超えて行く。鳴けないし、、、【衣】は待っているのさ、、、その時を。その必然をな!その手でつかむのさ!海に映る月をすくい取る!海底撈月、、、圧倒される。【加治木】には理解できなかった、、、必ずあがると。無邪気に笑っている【衣】・・・。そして【池田】も動き出す!無理してみようか!ネコミミが出た!!!【衣】をコースから外した?【咲】そんな不安そうな顔で麻雀を・・・。そんな【池田】の考えを打ち砕く【衣】だった、、、コースへ戻った。どんな手段もない、、、それが運命だから・・・。卓上が満たされ【咲】たちを呑み込こんで行く。海底に沈んで行く・・・。連続の海底撈月が決まる!ドラもある・・・。嶺上開花、、、海底撈月。月がこのまま輝くのか・・・。卓上に流れる空気の読み合い。【衣】は海底撈月だけではない・・・。場の支配の為に。
 一年前の【池田】もわかっていた・・・。分かれ道は死へのロードだった。【池田】の想いを打ち砕いて行く、、、【衣】の口元が笑っていた。追い詰められて行く【池田】だった。だが【池田】だけではない、、、【咲】だって、、、【加治木】だって、、、【衣】だけは無邪気に笑う。
 【咲】たちは必死に【衣】に立ち向かう!【池田】に光は見えない、、、再び海底撈月コースへ。徐々に満たされて行く、、、あがれない。海の底が見えて来る・・・。だが、、、光もある。【咲】の想いに【加治木】が応える、、、差し込みをしてくれた。これには、さすがの【衣】も驚いた。そして、、、通用しないと・・・。さらに【衣】に火をつけた。夜のとばりがおりて来る・・・。【加治木】も運命を戯れようとする、、、 鶴賀学園のみんなも信じている!そして、勝つ事を!【池田】は、、、この最悪な状況になって行く。だが、、、忘れていないか!この卓上に【衣】が居る事を!その威圧感を、、、【咲】は口元に手を・・・。気持ち悪いほどに・・・。その圧迫感が・・・。勝てるわけないよ・・・。支配に逆らったから?それは違う・・・。ポン、、、嵐の前の静けさなのか・・・。【衣】があがる、、、海底撈月だけではない事を証明した!その夜の闇に呑まれて行く【咲】たちだった。そのボロボロの中で【池田】は【福路 美穂子】の言葉を思い出す、、、楽しんでと、、、明るく前を向いてと・・・。だが、今の【池田】には楽しめない・・・。全国の夢を・・・。その想いを打ち砕く!【衣】の炎のポン!萎縮している【咲】と【加治木】をしり目に【衣】は和了り続ける!!!龍門渕高校の圧倒的なトップ・・・。このまま【衣】を止められないのか!!! 
コメント (5)   トラックバック (14)

咲 -Saki- 第15話 『魔物』 百合~ステルスモモが可愛いです!

2009年07月13日 05時59分00秒 | アニメ・映像全般
 『咲 -Saki- 第15話 魔物』を観させて頂きました。OP&EDが変わりましたね!凄く良いと思いますよ!この作品らしさが出ておりますね!【原村 和】がステルスを無効化するとは、、、面白いですね!最後は、自分の麻雀を信じるしなないって事です!龍門渕高校の【天江 衣】可愛い過ぎるけど、、、その牌に愛された子・・・。おそろしい・・・。緊張感のある大将戦、、、今後の展開が楽しみだ。個人的には【池田華菜】のセリフが好きですね、、、何なんだコイツ・・・邪魔すんなよ。【華菜】の想いが伝わる良いセリフだったと思います。
コメント (7)   トラックバック (2)