現代視覚文化研究会「げんしけん」

アニメ・ゲーム・漫画の視覚文化が日本を元気する!
仲間の絆。妄想力。中二病。大いなる夢。
そんな作品を書き記す!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

かみちゅ! 第2回「神様お願い」

2005年07月06日 09時16分30秒 | アニメ・映像全般
 この『かみちゅ!』は、本当にレベルの高さを感じさせるアニメ作品ですね。
週間の放映するのに、OVA並みの作画で、丁寧に描くのは凄い事だと思います。
第1回に引き続き、第2回も絵コンテに【舛成 孝二】氏を起用しての意欲作だと感じる。
そして、第2回でも【一橋 ゆりえ】の可愛い仕草と表情が炸裂しておりますよ。
個人的には、【三枝 みこ】ちゃんが今回の放映回ではオススメですけどね!
注目の第2回の内容は、【三枝 祀】は神様になった【一橋 ゆりえ】を町の名物にしようと
お披露目フェスティバル「ゆりえちゃん祭り」開催を提案する。祀の実家である来福神社の専属の神様、
八島様に挨拶に行くゆりえたち。しかし八島様は3ヶ月前から家出中だった!?
ゆりえは八島様を探そうと神の国へ行ってみることに・・・って感じに展開して行きます。
 今回の見どころは【八島様】ですね。神様にも「夢」があるのだ!とした描きの視点が良かった。
田舎の神様が夢見た「ロックバンド」への夢(新しい世界へ)。何か妙に人間臭さが良いですよね。
その点では、【一橋 ゆりえ】ちゃんも変わりないと思いますね。そのごく普通さは大切にしたい。
そして、やはり【一橋 ゆりえ】は、神様だと思わせる描きが劇中に多くありました。
例えば、手書きの「護符」を書いて後光がさしたり、【八島様】を探して「神様ご休息センター」へ行ったり、
その来福神社専属の神様の【八島様】よりも強力な神様パワーを持っているらしい事など、
日々、成長している【一橋 ゆりえ】なのです。何の神様かは未だに分りませんが・・・(笑)。
 今回もオススメの「萌え」描きが多数ありました。
やはり、【一橋 ゆりえ】ちゃんのは、色んな表情をするので可愛いですよね。
【三枝 祀】に神様は受験に有利と言われて表情を明るくする所とか、
中学生なので内申書が気になるとかさすがは、中学生の神様だと思いますね。
「護符」を書いて【三枝 祀】に字が下手と言われて、怒ってふくれたりする表情。
神輿の上や、緊張感バリバリの挨拶する時などのはずかしそうにしている所も可愛いですね。
憧れの男子【二宮 健児】との語らいシーンでの、柱に隠れて話したり、頭をかいちゃう姿などは
【二宮 健児】に対する微妙な恋心と女の子の気持ちがよく描かれていた場面だと思います。 
その中でも【四条 光恵】が頼れる友人を演じていたと感じる。意外と重要な位置にいると思いますね。
【三枝 祀】に利用されないように【一橋 ゆりえ】を守ったり、不安になる【ゆりえ】と【みこ】ちゃんに優しく接したり、
その反面、射的での構え方はプロですね(笑)。【八島様】に身体を貸してのギター演奏が良かった。
特に良かったのが、【一橋 ゆりえ】が神の国に行った後、夜の場面での【四条 光恵】と【三枝 祀】の
蚊を叩くふりをした2人のおでこを叩き合う姿が愛らしくって可愛いなと思いました。
かなり、オススメなシーンは3人で麦茶を飲んで、縁側で寝そべっている姿ですね。
学校の後のダラダラな感じが出ていて、個人的には一押しのワンシーンです!かなりラブリーですよ!!! 
コメント (1)   トラックバック (1)

きらめき☆プロジェクト①×エレメンタルジェレイド 第十四唱 

2005年07月05日 21時43分40秒 | アニメ・映像全般
 OVA『きらめき☆プロジェクト』第1話「きらめきの眼差し、あの娘の名は・・・(前編)」を観させて頂きました。いきなりのオープニングでの謎の技術者軍団の操る【ビックマイティー】とドイツロボット3体との3Dアクションは、綺麗で、動くし、かなり驚かされましたよ。内容は、まだ謎の部分が多くて何とも言えないですが、気軽に観る事ができる作品だと思います。そして「西島 克彦」監督なので≪パンチラ≫へのこだわりが凄い作品とも言えますよね(笑)。特に、【ネネ】の【ビックマイティー】との激突シーンでは、ほとんどが≪パンチラ≫シーンでした。登場人物は、舞台のジェネス王国の3姉妹王女【クローネ】【カナ】【ネネ】と【カナ】のお友達ロボット【リンクル】と【大矢】率いる謎の技術者オヤジ軍団が主な感じですね。この中で、私、斑目が好きなキャラクターは、次女の【カナ】ちゃん(14歳)です。眼鏡っ娘で、内面的な性格が良いですね。父親が日本人らしいので和食が好きらしいです(笑)。逆に【リンクル】は元気一杯で感情が豊かなロボットで、基本的に【リンクル】は【カナ】の代弁者です。その正反対なのが、三女の【ネネ】(12歳)ですね。何でも思った事を口にしてしまうトラブルメーカー。劇中の【ネネ】のハイパーウェア姿では、これが12歳!?と思う程に発育が良い女の子ですよ。ラストでは【ビックマイティー】のトラブルにより、【ハイパーネネ】が潰されそうになります!そこへ【カナ】の開発した【ファンシーロボ】がせり上がる「ドールハウス」から!そして、メルヘンチックな音楽ともに登場するシーンで第1話が終わります。意外と可愛いですよ(笑)。
もちろん【ファンシーロボ】です!果たして、圧倒的なパワーの【ビックマイティー】にどう立ち向かうのか!
手に持っている「おでかけカバン」は何なのか!かなり気にして次回の発売を待ちたいと思います。
 
 次に、もう1作品『エレメンタル ジェレイド』の第十四唱「煌珠狩者、再臨」も観させて頂きました。
今回は、【クー】VSエディルレイドハンター【ヴォルクス】との戦いがメインの話でした。
一人で「エディルガーデン」を目指す【レン】を追う【クー】、「アークエイル」に有給休暇を出して
【レン】と【クー】を追う事に決めた【シスカ】と【ローウェン】【キーア】も良かったのですが、
私が心を強く打たれたのは【チルル】ちゃんです。【ヴォルクス】にあそこまでに道具扱いされても
必死でついて行く姿に感じる物がありました。劇中では、バイクに乗る時に必死につかむ小さな手の描きと
リアクトする体力がないのにしようとする痛々しい姿、そして、【シスカ】のミサイル攻撃を身を挺して守る姿がとても印象的でした。
【チルル】ちゃんは【ヴォルクス】に会うまでは、かなりの酷い生活をしていたらしいが、
その生活から救ってくれたからだけではない感情で【ヴォルクス】に接している感じを受けます。
【チルル】ちゃんの小さくて、献身的な優しさに早く気づくべきですね。【ヴォルクス】は!!!
コメント

ぱにぽにだっしゅ! 第一話 「塞に帷子 土用に布子 」

2005年07月05日 12時28分42秒 | アニメ・映像全般
 7月スタートの新作アニメ、『ぱにぽにだっしゅ!』第一話を観させて頂きました。
まずは、登場キャラクターが、個性的で、可愛い所が良かったですね。
ちびっこ先生【レベッカ 宮本】(以下、ベッキーで統一!)、1年C組の曲者な生徒たち
【上原 都】【桃瀬 くるみ】【橘 玲】【鈴木 さやか(6号さん)】【片桐 姫子】【一条さん】など
まだまだ、人以外でも【メソウサ】【宇宙人】【神様】でも、おバカなキャラクターが満載なアニメ。
ですが、11歳のちびっこ天才先生【ベッキー】には勝てないかな~ちびっこキャラ、大好きなので!!!
【ベッキー】は、立場が先生なだけで、内面は11歳の女の子なのは変わりません。
その11歳の女の子の魅力(表情と仕草)を、劇中では魅せて欲しいと思っております。
 第一話では【ベッキー】の可愛さが数々描かれています。私、斑目がオススメするベッキー萌えポイントは、
「朝の二度寝のシーンでの表情」「学校に登校する場面での可愛い服装」「教室のカーテンに隠れてこわがる姿」
「卒業したMITをカミカミで言えない所」「コーラを一生懸命飲む場面」が観ていて良かったですが、
その中でも、11歳の女の子らしい「生意気さ」と様々な表情が劇中では光っていたと思います。
【ベッキー】以外でのお気に入りは、【片桐 姫子】です。あの「アホ毛」と「マホ!マホ!と言う所」が良かったですね。
特に、唐突に「マホ!」と言われると可愛くて、笑えます(笑)。担当声優の「折笠 富美子」さんも合っています。
登場キャラクターの人以外での笑えたのが【メソウサ】ですね!、あの謎のウサギさんですが、どうやら
【ベッキー】のペットではないらしいが、不思議で妙なキャラクターです。劇中でも、部屋の隅で泣いていたり、
ベッキーのカバンを持てなくて泣くとか、そして、【一条さん】の謎の団子を食べて倒れている姿など愛らしいですよ。
 このアニメ作品の微妙で、小ネタの効いたの演出面もなかなかだと思いますね。
教室の見せ方(舞台風&ドリフ風)、カラクリ人形から衛星が飛び出す所、何故か?パトカーで登校する、
予告前の黄金ライオンロボ・・・サンライズ系?などがありました。その演出面で一番良かったのが、
劇中の数々の場面での「ちびキャラ」との合わせ表現と、現役のジジイ先生とその他大勢の生徒の影のある
不気味さを感じる描きが良かったですね。さすがは『月詠』『リリカルなのは』の【新房 昭之】監督です。
まだまだ、きっと個性的で、不思議なキャラクターが出て来るので注目して観たいと思います。
コメント

魔法先生ネギま!+あの属性って何?

2005年07月02日 16時20分01秒 | アニメ・映像全般
 『魔法先生ネギま!』の最終回を観せて頂きました。
ラストが大団円なのは良かったと思いますが、作品としての演出面ではかなり強引な展開でした。
【明日菜】を助ける為に、2-Aのクラス全員との「パクティオーの力」で魔族の軍勢に立ち向かうとか、
【宮崎 のどか】と【綾瀬 夕映】の恋のライバルとしての友情、【ザジ・レイニーデイ】と【四葉 五月】の
最後に華を持たせた活躍など、急いで2-Aに関してはまとめた感じが伝わって来ます。
 その反面、【明日菜】と【ネギ】との描きに関しては評価をしています。
【ネギ】が【明日菜】の本当の気持ちに気づく場面での「泣きたい時には、泣かないと笑えなくなる」のセリフ。
魔族の親玉【魔将軍】との戦いに勝った後の、2-Aクラスと【ネギ】と【明日菜】の影を使った演出での
「一人ではない、みんながいるよ」とした描き。
時間が【明日菜】の誕生会へ戻った場面での、2-Aのみんなに素直になって助けてと言う場面。
そして、ラストの【超 鈴音】と【葉加瀬 聡美】の科学力とクラス全員で、魔族との契約を解いた場面での
【明日菜】と【ネギ】のお互いの手を握り合うシーン。 
これらの上記の場面が、この作品のスタッフが、一番に描きたかった事だと思うし描けたと思いますよ。
 それに、『魔法先生ネギま!』の残した功績も大きいと感じますね。
美少女キャラクターが多かった分、お色気(コスプレ&水着)シーン、ギャグシーンなど観るべき所もたくさんありました。
後半では、キスシーンが多く、ニセネギと2-Aの生徒とのキスとか、【夕映】とのキス、【刹那】に対する【木乃香】のキスもあった。
アニメ作品の展開としては、急ぎ、強引さを感じたが、女の子としての見せ場はかなりあったと思います。
 まだまだ、『ネギま!』ワールドは終わった訳ではありません。音楽業界に「ハピ☆マテ」伝説を巻き起こした。
毎回、オリコンチャートでは上位に入る健闘を見せています!もしかして、1位になるのか!?
7月6日には「6月度」、8月3日には「31人最終バージョン」が発売されます。
それに、『魔法先生ネギま!』のPS2版も凄い事に!!!何なんだ!「小悪魔」属性「エッチな子」属性とは!!!
コナミよ!そこまで来たのか!!!こんなに見えていて大丈夫なのだろうか!?期待せねばなるまい!!!
コメント   トラックバック (1)

苺ましまろ推奨委員会&極上生徒会。

2005年07月02日 03時30分24秒 | アニメ・映像全般
 もう、7月に入りましたね。今月は『苺ましまろ』の放映がスタートしますね。
凄く期待している作品なので、情報などをどんどん書き込んで行きたいと思っております。
この作品の魅力は、何気ないダラダラ感(脱力感)と自然な子供の描写の巧さだと感じる。
【伊藤 千佳】【桜木 茉莉】【松岡 美羽】【アナ・コッポラ】【伊藤 伸恵】は、
全くどこにでもいる普通の女の子なんですよね。こんな親近感が求めていた気がします。
重厚なストーリー展開よりは、のんびりさと彼女たちの仕草とか表情などを楽しめる作品になって欲しい。
しかし、みんな可愛いよね(笑)。「かわいいは正義!」とはよく言ったものですね。
8月11日には、PS2でもゲーム化されるし、初回版の特典は「特製美羽ドール」だし欲しい!
うーん、みんな本当に可愛いなあ~私、斑目の大好きなキャラクターは【アナ】ちゃんですね。
金髪で、碧眼の瞳で、お人形さんみたいで、なのにちょっと背伸びして大人ぶったり、抱きしめるしかない!
【アナ】ちゃんの笑顔を見ているだけで癒されますね(笑)。ため息が出ますよ!可愛くて・・・
もう一つの注目は、各キャラクターの個性的なファッションも魅力なので、その辺りも観て欲しい。
 次に『極上生徒会』の極上で新作な情報を書きたいと思います。
この作品『極上生徒会』も怒涛の展開になって来ております!【桂 みなも】ちゃんの突然の編入!
極上寮の崩壊により貧乏な展開へ!【みなも】ちゃんの提案により演劇の興行をしたりと
なかなかどうしての展開へシフトして行きます。ついに!隠密のトップ【銀河 久遠】の
隠された素性により、「極上生徒会」の根底を揺るがす大事件が発生する!あのパヤパヤな展開はある!?
そして、7月はDVDの発売もリリースされますよ。今月の6日には「極上生徒会」のドラマ&サントラも
発売されますし、21日には、新EDテーマ「極上生徒会・遊撃部」の【飛田 小百合】【角元 れいん】
【和泉 香】のマキシシングルがリリース予定(カップリングに【桂 聖奈】のイメージソング)。
来月の8月3日には、キャラクターシングル第2弾【金城 奈々穂】と【銀河 久遠】で発売予定です。
もちろん、お待たせのゲームも9月15日に発売予定ですよ!早く!【久川 まあち】に急接近したい!
アニメとは、また違った【宮神学園】ライフを教育実習生となって、生徒会メンバーと恋しよう!!! 
コメント