後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
反対のご意見やコメントも歓迎します。

昔の武蔵野の面影を求めて写真を撮りに行く

2018年07月30日 | 日記
今日は車を北に向けて埼玉県三芳町の農村地帯に行きました。
昔の武蔵野の面影のありそうな畑と雑木林、そして茅葺の農家の写真を撮って来ました。
どうでしょうか? 昔の武蔵野の感じが出ているでしょうか?
あまり自信がありませんが写真をお送りいたします。








コメント

軽井沢聖パウロカトリック教会の写真

2018年07月01日 | 日記
今日は日曜日です。日曜日には宗教に関する短い記事を出すことにしています。
今日は3日前に撮って来た軽井沢聖パウロカトリック教会の写真を送りいたします。
カトリック横浜司教区、軽井沢聖パウロカトリック教会は、1935年(昭和10年)に英国人のワード神父により設立されました。
米国建築学会賞を受賞したアントニン・レーモンドが設計を担当しました。
軽井沢の歴史的建造物の一つですが、丸太を沢山使った素朴な木造の教会です。
中に入って祈っていると心が豊かになります。
堀辰雄の小説「木の十字架」に、「聖パウロ教会で結婚すると多くの人たちから祝福される」という文章があるそうです。
今でもそのお陰で結婚式を挙げる人々も多いようです。
裏の広い駐車場の奥からは教会の全体像がよく見えます。司祭館も裏にあります。
一昨日、撮って来た写真をお送りします。









この教会では毎日、ミサがあります。
ミサの時間は以下の通りです。
主日ミサ 9:00 15分前からロザリオ一連をとなえ、聖歌の練習をします。
土曜の主日ミサ 18:00
土曜の週日ミサ 7:00
週日ミサ 7:00
現在の主任司祭は、横浜教区の高野哲夫神父さまです。
お問い合わせなどはホームページ(https://karuizawa-catholic.jimdo.com/ )の中のお問合せメールでお願いします。
住所などは下記の通りです。
カトリック横浜教区軽井沢教会
〒389-0102
長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢179
電話:0267-42-2429
ファックス:0267-42-6151

尚、カトリック横浜司教区は神奈川県、静岡県、長野県、山梨県の全てのカトリック教会を運営しています。
www.yokohama.catholic.jp/syokyoku_top/yb_parish_k01.html

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈りいたします。後藤和弘(藤山杜人)

コメント

「今日の日記、青い山並と多摩川上流の写真を撮りにドライブ」

2017年01月16日 | 日記
老境とは実に楽しいものです。なにせ毎日遊んでいられるのですから。

午前中は風邪をひいた中学3年生の孫をホームドクターに連れて行きました。

午後は、今日も青空なので、奥多摩の山並みと多摩川の写真を撮ろうと片道25Kmほど、五日市街道を根気よくドライブしました。

玉川上水の水の取り入り口の羽村の堰を過ぎ、青梅市の郊外まで足を伸ばしました。そこは多摩川の崖の上から、奥多摩の山並みが美しく見える場所です。

40年位前には大きなスケートリンクの建物があった場所です。当時はスケートの好きな家内や子供達を連れて何度も通った場所です。
現在はスケートリンクの建屋も消えていて、小奇麗な一戸建ての家々が並んでいます。
昔そこに大きなスケートリンクがあったということは誰も知らないようです。

写真の左の方の一番高い山は御岳の大岳です。一度だけ登ったことがありました。それも遠い、遠い昔の思い出です。

こうして平穏に今日も暮れて行きます。老境の平和です。




コメント