後藤和弘のブログ

写真付きで趣味の話や国際関係や日本の社会時評を毎日書いています。
中央が甲斐駒岳で山麓に私の小屋があります。

「サギソウの花の写真」

2022年08月16日 | 写真
サギソウの花の写真をお送り致します。
写真は「サギソウの花の写真」を検索して、インターネットの写真からいろいろな大きさの花を選びました。




「お盆の終りなので灯篭流しをしましょう」

2022年08月16日 | 日記・エッセイ・コラム
終戦の日も過ぎると夏も峠を越したように思います。お盆の期間は地方によっていろいろですが私はお盆が終わろうとしていると感じます。
そこで今日はお盆の終わりの灯篭流しをしたいと思います。灯篭流しは美しい夏の風物詩です。
灯篭流しは亡くなった人をあの世に送るために行います。夏の暗い川面にほのかに光る灯篭を流します。故人の冥福を祈ります。灯篭流しをすると祖父母、両親、親族、恩人や友人との別れの悲しさが少し癒されます。
灯篭流しの写真をお送りしますので、灯篭流しの光景を見ながら自分が実際に灯篭を流している気分になって下さい。暗い川面に生暖かい夜風が吹いています。写真は九州の延岡の五ヶ瀬川の川面の光景です。

1,2、3番目の写真の出典は延岡市仏教会が主催した五ヶ瀬川の『流れ灌頂』(http://www.pawanavi.com/staffblog/nagarekanjyou2014/ )です。

暗い川に浮かんだ灯篭がゆっくりと流れて行きます。だんだん小さくなって暗い川下に消えて行きます。

こんな灯篭流しの写真を見つめていると、今は亡き祖父母や両親のことを思い出します。そして消えてしまった幼友達のことを思い出します。
さて話は変わりますが、灯篭流しに似たものに長崎の精霊流しがあります。
この長崎の精霊流しでは精霊船を町中を賑やかに引いて行って、海に流すのです。海の向こうにある浄土に亡くなった人の精霊を送り、冥福を祈ります。写真を示します。

4番目の写真は長崎大学医学部の精霊船の写真です。
出典は、http://blog.livedoor.jp/naika2staff/archives/3492201.html です。
5番目の写真は賑やかに送る長崎の精霊船の写真です。
出典は、https://www.youtube.com/watch?v=_zW-sFin_nQ です。
長崎の精霊流しと灯篭流しは少し違います。
灯篭流しはあくまでも静寂を守ります。一方長崎の精霊送りは船を送るとき爆竹を鳴らします。威勢の良い掛け声をかけます。騒々しく陽気に死者を送るのです。その陽気さの中に悲しみがひそんでいるのです。
その悲しみを美しく歌いあげたのが さだまさしの「精霊流し」という歌謡曲です。歌は次にように始まります。
(https://www.uta-net.com/song/50432/ ) 
テープレコーダーからこぼれています
あなたのためにお友達も
集まってくれました
・・・そして次ように終わります・・・
人ごみの中を縫うように
静かに時間が通り過ぎます
あなたと私の人生をかばうみたいに

動画でも若かった頃のさだまさしの歌をお聞きになって下さい。
(https://www.youtube.com/watch?v=4QEgGwZRIK8 ) 
この悲しい歌が私の耳に焼き付いています。毎年送る盆になるとこの歌のメロディと歌詞を思い出します。そして死者の冥福を祈ります。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)


「天に昇るマリア様の油彩画」

2022年08月15日 | 写真
天に昇るマリア様の油彩画です。
グイド・レーニが1617年に描いた油彩画です。
グイド・レーニ(Guido Reni, 1575年 - 1642年は17世紀前半、バロック期に活動したイタリアの画家です。
 

「今日の聖母マリア被昇天ミサの風景」

2022年08月15日 | 写真
今日は聖母マリア被昇天の祭日です。カトリック小金井教会では午後2時からマリアさまの被昇天のミサがありました。
聖母の被昇天とはカトリック教会の用語で聖母マリアがその人生の終わりに、肉体と霊魂を伴って天国にあげられたという信仰です。1950年、当時のローマ教皇ピオ12世のエクス・カテドラ宣言によって正式に教義とされました。





「4種のユリの花の写真」

2022年08月15日 | 写真
4種のユリの花の写真をお送り致します。写真は「ユリの花の写真」を検索して、インターネットの写真からいろいろな色彩の花を選びました。

1番目の写真は白ユリでカサブランカです。

2番目の写真はオニユリです。

3番目の写真はヤマユリです。

4番目の写真は改良紅筋ヤマユリです。


「疎開先の田舎の国民学校の校庭で聞いた玉音放送」

2022年08月15日 | 日記・エッセイ・コラム
8月15日の終戦の日が来ると自分が聞いた玉音放送を思い出します。真夏の太陽が照りつける田舎の国民学校の校庭でした。雑音が大きくてよく聞き取れませんでしたが、敗戦を告げる昭和天皇の悲しそうな声が途切れ途切れに聞こえました。先生が敗戦だから今日は家に帰れと言います。田圃のあぜ道をつたい歩きしながら疎開先の農家に帰りました。その夜はドジョウがいっぱい入ったスイトン汁がでました。これが77年前の私の終戦の日でした。

戦前の昭和11年に生まれた私は毎年、終戦の日が来ると太平洋戦争のことをいろいろと思い出します。
昭和20年7月10日の故郷の仙台の大空襲の真っ赤な炎、一面の焼け野原の光景は心に焼き付いています。そして戦後の疲弊しきった日本、殺伐とした社会、食糧難の戦後、それらは忘れようとしても忘れられません。
ですから毎年終戦の日が来ると 第二次世界大戦のことを思い出します。
そして特に8月15日の昭和天皇の玉音放送を思い出します。
この戦争で日本人が310万人も死に、中国人は1000万人、アメリカ人もヨーロッパ戦線での死者も含めて40万人も死んだのです。
朝鮮人は軍人が22万人、一般人が2万人死亡しました。台湾人は軍人が18万人、一般人が3万人死亡しました。 

今日はこれら全ての犠牲者へ心を寄せ、冥福を祈り静かに過ごしたいと思います。
そして全ての犠牲者へ美しい夏の花の写真を捧げます。
花の写真の出典は、https://smcb.jp/users/434777 です。

今日の終戦の日を皆様はどのようにお過ごしでしょうか。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)

1番目の写真は朝顔です。何とも言えない半透明な赤紫色が美しいです。

2番目の写真はナデシコです。

3番目の写真はネムノ木の花です。高い木の梢に咲いているのが普通です。

4番目の写真は萩の花です。萩の花は秋と思っていたら最近は夏から咲き出しています。白い部分は蝶です。

5番目の写真はセイヨウノコギリソウです。西洋で品種改良したのでいかにも洋花のような個性的な美しさです。

「宗教と人生(7)正しい宗教は人生を豊かにする」

2022年08月14日 | 日記・エッセイ・コラム
いろいろな宗教を真面目に考え狂信的にならなければ、人生を豊かに過ごすことができます。私は仏教と神道とキリスト教を真面目に考えて来ました。その結果豊かな気分で人生を歩いて来られたと思っています。
この欄では「宗教と人生」という連載で韓国や中国での宗教と人々との関わり合いの様子を書いてきました。
韓国では人々が儒教と仏教とキリスト教に関わっています。中国では道教と仏教とキリスト教が混在しています。日本では神道と仏教とキリスト教があります。
これらの国では幾つかの宗教を信じています。どれか一つだけを信じるような文化ではありません。
面倒な議論を省略して私が神道と仏教とキリスト教とどのように関わっているか写真で示します。

1番目の写真は近所の稲穂神社の初詣風景です。私どもも初詣に行きます。旅先で神社の前に行ったらお賽銭をあげて手を合わせます。私の神道との関わりです。
2番目の写真は年間4,5回墓参りに行く日野市の大昌寺です。妻の実家の先祖代々の墓があります。

3番目の写真は大昌寺の境内です。遠方にある私の先祖の墓を思い出して亡き父母や叔父、叔母の冥福を祈ります。この裏手に妻の実家の墓があります。

4番目の写真はカトリック小金井教会です。私共がミサにあずかる教会です。私共は1972年にカトリック立川教会で洗礼を受けました。
5番目の写真の右の墓は親しくお世話になったヨゼフ・ムニ神父の墓です。この府中カトリック墓地には立川教会で洗礼を受けた塚本金明神父のお墓もあります。
6番目の写真はカトリック小金井教会のミサの風景です。説教台で聖書を朗読しているのは現在の主任司祭の加藤神父です。
以上6枚の写真は私が神道と仏教とキリスト教とどのように関わっているかを示します。
宗教は真面目に考え、しかし狂信的にならなければ良いものです。
そしてもう一つ重要なことは正しい宗教を信じすことです。最後に正しい宗教の見分け方を書いておきます。
(1)寄付や献金を絶対に強要しない宗教組織なら正しい組織です。その組織へ支払う毎月の会費は自分の毎月の収入の1%位が長続きして良いのです。
2%は越えないようにしましょう。
(2)信者同士の個人的な付き合いがあまり無いほうが正しい組織です。宗教組織は社交の楽しみのためにあるのではないのです。
(3)聖職者が信者と個人的に親しくなろうとする組織は正しい組織ではありません。
(4)信者団体が活発に行動している組織は正しい組織ではありません。信者は控え目にしているのが正しい組織です。
(5)信者が不愉快に感ずるようなことが度々おきる場合は正しい組織ではありません。

今日は私が神道と仏教とキリスト教とどのように関わっているか写真を用いながら説明しました。そして正しい宗教とはどういうものか具体的に書きました。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)

「カトリック・イグナチオ教会教会の今日の 『第20主日のミサ 』」

2022年08月14日 | インポート
カトリック・イグナチオ教会教会の今日の 『第20主日のミサ 』の風景をお送り致します。
司式はガルラダ神父さまでした。
動画配信は、
https://www.youtube.com/watch?v=YBze-teHPwI です。
なお明日は聖母の被昇天の祭日です。
明日の10:00からミサの動画配信もあります。






「世界三大花木とは?」

2022年08月13日 | 写真
世界三大花木とは次のとうりです。

ホウオウボク、
ホウオウボクとは、マメ科の落葉高木で、カエンジュ(火炎樹)とも言う。
マダガスカル原産で、熱帯地方の街路樹等に用いられる。

ジャカランダ、
ジャカランダとは、ノウゼンカズラ科の落葉低木、または高木。
熱帯アメリカに約 50種程知られている。

カエンボク。
カエンボクとは、ノウゼンカズラ科の常緑高木。
南アフリカ原産で、熱帯、亜熱帯の各地で街路樹や庭園樹として栽植されている。夏に、枝先に密に分枝する散房状の花序(散房花序)を出し、赤色の美花を多数付ける。
ホウオウボク、ジャカランダ、カエンボクの順で写真を示します。




「雲南省昆明市のジャカランダの花」

2022年08月13日 | 写真
雲南省昆明市のジャカランダの花です。
写真の出典は、http://jp.news.cn/2022-05/10/c_1310588838.htm などです。 
日本では「紫雲木(シウンボク)」という美しい和名を持つジャカランダは、世界三大花木のひとつともいわれています。美し花ですが日本ではなかなか見かけません。
そんなジャカランダが日本で群生しているのが、宮崎県日南市にある「ジャカランダの森」です。





「宗教と人生(6)道教とともに人々が穏やかに暮らす共産党独裁の中国」

2022年08月12日 | 日記・エッセイ・コラム
中国ではろいろな宗教が盛んです。しかし何と言っても道教と仏教が主な宗教です。中国の宗教の詳細については末尾につけた参考資料:「中国の宗教事情」をご覧下さい。
今日は中国人が道教の寺院で祈りを捧げ穏やかに暮らしている様子をご紹介したいと思います。普通の中国人は平穏な日々を送っているのです。そんな様子は日本とまったく変わらないのです。
中国政府は共産党へ楯突かない限り、宗教の自由を大幅に認めているのです。今後、中国では宗教がますます盛んになると思われます。
さて道教をご紹介いたします。道教寺院は日本の神社のように大小さまざま何処にでもあります。
道教には理路整然とした明快な教義も理屈もありません。賽銭を上げて拝めば、家内安全、無病息災、商売繁盛、になるのです。入試も合格しますし、結婚も出来ます。よろずの願い事をかなえてくれるのです。
祀られている神様は関羽のような英雄であったり、地方の偉人であったり、千差万別です。立派な人が死ぬと、人々が守り神として祀るのです。
この様な信仰は日本の神道と非常に似ています。日本人の多くは仏教と神道の両方を信じています。
同じ様に中国人は仏教徒もキリスト教徒も無宗教の人々も道教寺院にお賽銭を上げて家族の幸福を祈るのです。
道教の寺院(宮観)は漢民族が住んで居る場所なら世界中にあります。
日本人が樺太や満州に神社を建てたように道教寺院は漢民族の守り神なのです。民族の原始宗教なのです。
以前に蘇州の日本企業の社長をしていた娘婿から道教の聖地、玄妙観の写真を送って貰いました。道教寺院で祈っている中国人の様子を写した写真です。その写真お送りします。気楽な中国の日常風景が写っています。

1番目の写真は夕暮れの玄妙観の前の大通りです。人々が寛いで歩いています。平和な光景です。

2番目の写真は玄妙観に祀ってある神々の像です。本尊を補佐する神々です。道教は気楽な多神教なのです。

3番目の写真は中年の女性がお賽銭箱(功徳箱)にお金を入れて立ったままお祈りをしてい様子です。息子の大学入試が合格するように祈っているのかも知れません。 
4番目の写真は女性が祈っている様子です。膝まづいた方が丁寧な祈り方です。
 
5番目の写真は二人の女性が祈っている様子です。右の女性は膝まづいています。

6番目の写真も女性が祈っている様子です。

7番目の写真は男性がおみくじを買って何やら思案している様子です。

さて日本の新聞にはこのような穏やか場面が出て来ません。日常の中国人は世界共通で家族の平安を祈っているのです。われわれと変わらないのです。
どの民族でも、それぞれの平凡な毎日の風景を見ることが重要だと私は信じています。
外国を偏見なく正しく理解するためには日常の暮らしの場面を観察するのが重要なのです。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)

======参考資料:「中国の宗教事情」==============
 まだまだ動いている、中国の宗教の現状(2011-07-06) 

 中国には、宗教人口の正確な統計が取られていないが、「百度百科(2011.7現在)」に、おおよその数字が記されていた。それによると「仏教は、現在1.3万カ所の寺院があり、僧侶は約20万人、そのうちチベット語族の「ラマ教」の僧は約12万人、活仏は1700数人、寺院は3000余寺。「小乗仏教系」の僧侶は1万人、寺院は1600寺である。

 「道教」は、道教の宮観(寺院)が1500カ所、道師は2.5万数人である。
「イスラム教」はウイグル族など10の少数民族が信仰している。これらの少数民族の総人口は約1800万人、モスクは3万カ所あって、イマム(僧侶)は4万人。

「ローマン・カトリック教」は、信者の数は約400万人で、神父、教職人員は約4000人、教会堂、会所は4600か所。
「プロテスタント」は約1000万人いて、牧師が1.8万人。教会堂が1.2万か所、簡易集会所は2.5万か所となっている。

 1966年~1976年の“文化大革命”で、宗教を含む各方面に壊滅的な破壊をもたらした。現在は、中華人民共和国憲法第36条で、宗教の信仰の自由が定められている。

・キリスト教徒の7割が女性
 2009年に中国社会科学院世界宗教研究所が、31省でキリスト教信者の調査をまとめた「中国宗教報告」(2010)によると、中国のキリスト教徒は2305万人で、およそ全国の人口の1. 8%を占めるという。
(これは”百度百科”のカトリックとプロテスタントの合計数の1400万人よりも905万人上回るので、数字が著しく更新されたことになる)

 キリスト教徒のうち、洗礼を受けた者は1556 万人で67.5%占めた。中国の女性のキリスト教徒は男性より多く、その割合は7人対 3人といわれる。

ここ数年来、キリスト教徒の数が大部分の地区で上昇しており、1993年以降に入信した者が73.4%に達しているという。・・・以下省略。

資料 金沢編「中国宗教報告」社会科学文献出版社(2010.8)より。

「何故か旧懐の情を掻き立てる韓国の原風景」

2022年08月12日 | 写真
何故か旧懐の情を掻き立てる韓国の原風景です。

写真の出典は、https://www.travel.co.jp/guide/article/40854/ です。





「韓国の国花ムクゲなどの花々の写真」

2022年08月12日 | 写真
韓国の国花ムクゲなどの花々の写真をお送り致します。
写真は順に以下のとうりです。
1,韓国の国花ムクゲ、
2,チョウセンレンギョウ、
3,カラムラサキツツジ、
4,カンコクアベリア。 






「宗教と人生(5)韓国はやはり儒教と仏教の国」

2022年08月12日 | 日記・エッセイ・コラム
先日の掲載記事、「宗教と人生(2)熱狂的にキリスト教を信じている韓国人」で韓国の人口の29.2%がキリスト教徒で22.8%が仏教徒と書きました。統計ではこのようになっていますが韓国はやはり儒教と仏教の国だと思います。儒教と仏教は千年以上の長い間韓国の社会に根づいて来たのです。
今日は韓国はやはり儒教と仏教の国だということを書きたいと思います。
現在、韓国に行くと儒教の学校や孔子廟を見ることはありません。そういう昔のものが非常に少なくなってしまったのです。しかし韓国人の心の底には儒教があるのです。儒教は現在も韓国人の精神に大な影響があるのです。儒教は宗教ではないので、道教信者、キリスト教徒、仏教徒であっても儒教を大切にしています。
歴史的に見れば儒教は李氏朝鮮の16世紀に最盛期を迎えました。有名な二人の儒学者は李滉(1501年–1570年)と李珥(1536年–1584年)でした
二人は退渓(テゲ)と栗谷(ユルゴク)という号で呼ばれ、現在の大韓民国の1千ウォン札と5千ウォン札にそれぞれ肖像が描かれています。またソウル中心部の主要な大通りにその名が付けられています。

1番目の写真は韓国の数少ない孔子廟の一つです。聖廟の門と正殿「大成殿」(写真左奥)です。(https://webronza.asahi.com/photo/photo.html?photo=/S2010/upload/2021030600004_1.jpg )

2番目の写真は韓国済州島で秋に行われる儒教の儀式です。

3番目の写真は毎年ソウルで開催される 儒教の 孔子式です。

4番目の写真は儒教の釈奠大祭です。韓国の儒教の影響の深さを感じられる大祭です。孔子(紀元前551年~479年)の教えを学び、祭祀を行うのが釈奠大祭(ソッチョンテジェ) です。春と秋に全国で祭祀が行われます。ソウルの釈奠大祭は重要無形文化財に指定されています。香を焚いて祝文を読み、舞踊が披露され、飲福(ウムボッ)料理を食べたりします。
以上のように現在の韓国では儒教に関連した儀式や祭りが盛んに行われているのです。
それでは仏教の方はどうでしょうか?

5番目の写真は世界遺産の「仏国寺 」です。仏教芸術の最高傑作かつ国宝の寺院とされている仏国寺は理想的な彼岸の世界観が表現されております。
この仏国寺 は1982年に家内と訪問したことがあります。 

6番目の写真は韓国の世界遺産は「海印寺 」です。
写真の出典は、http://www.seoulnavi.com/special/5003998 です。1200年以上の歴史があり、韓国最大の宗派である曹渓宗の寺院です。
海印寺も1982年に家内と訪問したことがあります。瓦屋根の稜線が優美に反っているのが印象的でした。

7番目の写真は海印寺 の中庭です。海印寺は韓国の11の世界文化遺産の一つです。写真の出典は、http://www.seoulnavi.com/special/5003998 です。

韓国の佛教の90%は曹渓宗です。日本の曹洞宗のような禅宗ですが日本より戒律が厳しい宗派です。その曹渓宗に朝鮮古来の原始宗教が混淆したのが韓国の佛教です。
韓国人の24.2%は仏教徒です。韓国の仏教は中国の道教の北斗七星の妙見信仰や風水と習合しています。日本の神仏混淆と同じようですが内容が異なります。 韓国では佛教に複雑に原始宗教が混淆しています。

8番目の写真はお寺の本尊様へお経を詠んできる僧侶と一般信者の写真です。
写真の出典は、http://gree.jp/dong_hun/blog/entry/595258319 です。

9番目の写真は韓国の三大祈祷院の普門寺の本堂の内部の写真です。
写真の出典は、 http://www.hikorea.jp/tour/tour_view.php?topinfo_tcode=TB1320394145  です。
それにしても韓国の佛教と日本の佛教は非常に違うのです。
(1)韓国の僧侶と修行者は絶対に結婚しない。もし結婚すれば僧侶や修行者の資格を失う。
(2)韓国の僧侶と修行者は殺生戒を厳密に守る。日本の僧侶や修行者は肉や魚を食べる。韓国では絶対に食べない。
(3)韓国の僧侶と修行者は仏教のその他の戒律を厳しく守る。
私はこの違いは非常に大きな違いだと思っています。

10番目の写真は韓国の墓地の写真です。写真の出典は、http://seoul2.blog97.fc2.com/blog-date-200908.html です。
韓国ではお墓には生花ではなく造花を捧げるのです。韓国では豊かな人は墓地用の山を買い、この山を一族又は家の共有の墓地とするのが昔の風習でした。しかし最近では企業が共同墓地を開発して分譲しています。この写真は共同墓地です。

さて最後に韓国の仏教の歴史をまとめておきます。
・・・韓国の仏教は三国時代(4世紀から7世紀)に中国から入ってきました。仏教は新羅(668年-935年)や高麗(918年-1392年)の時代に最も優勢な文化的影響力を持っていたのです。儒教も同様に中国から初期に伝わりましたが儒教は朝鮮李朝樹立までは仏教の下の立場に置かれていました。
韓国の仏教には様々な「宗派」が存在します。しかし、圧倒的大多数(90%程)の寺は曹渓宗に所属しています。ソウル中心部の曹渓寺が韓国で最も古く有名な寺で仏国寺や梵魚寺の本山です。・・・

今日は韓国の儒教と佛教の歴史や現在の実態の一端をご紹介いたしました。

それはそれとして、今日も皆様のご健康と平和をお祈り申し上げます。後藤和弘(藤山杜人)
========参考資料====================
(1)立正佼成会、創価学会、霊友会など拠点も韓国に存在。
韓国には円仏教などの仏教系新宗教が存在し、立正佼成会、真如苑、創価学会、霊友会の日本の宗教法人の拠点も存在します。

(2)韓国の仏教は本堂の裏に三聖閣がある。
(http://www.bbweb-arena.com/users/hajimet/bukkyo.htm )
韓国の寺院は寺院後方、大雄殿より高いところに三聖閣という殿閣を置くことが多い。
韓国の山岳信仰と融合したものである。何を主体に祀るかで山神閣、七星閣、独聖閣などと言う場合もある。いずれも仏教以外のとこ ろから韓国仏教に融合したものである。 三聖閣という場合は、「山神」、「七星神」、「独聖」を祀り、建物は正面4本の柱、側が2本の柱で囲まれた建物となる。
(詳細は韓国仏教文化事典、仏教文化研究院編をご覧ください)


「次期ローマ法王の候補者、マニラ大司教タグレ枢機卿」

2022年08月11日 | 写真
フィリピン出身のルイス・アントニオ・タグレ枢機卿はマニラ大司教で、現教皇のフランシスコ教皇からの信頼が厚く、次期ローマ法王の候補者です。
アジアからローマ法王が出るのは歴史的なことです。そうなるように祈っています。