うさぎ! 書きまつがい! 映画! 音楽! お笑い!

平凡な日常だからこそ楽しんだもの勝ち!
http://twitter.com/usako_usagiclub/

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (6)

2016-09-30 22:51:35 | 日記
早速ですが、「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (5)」の続きを。

翌日の8月27日は土曜日。このブログのタイトルとは直接関係ありませんが、早朝からとんでもないことが起こりました。朝5時半頃起きたら、うさぎのサラがいなくなっていたのです。リビングルームも、キッチンも、バスルームも、玄関も、空いている洋室も、くまなく探しましたが、まるで神隠しに遭ったかのようにどこにもいないのです。唯一の可能性としてはロビンさんの部屋。彼がサラと一緒に寝ようとして部屋に招き入れ、何かのはずみで彼女を潰してしまい、殺してしまったのではないか、でも私に彼女の死体を見せるわけにはいかず、どこかに隠したのではないか・・・そんなことまで考えました。でも、肝心のロビンさんはまだ寝ていたので、すぐに確認もできず、呆然としたままリビングに立ちつくしていたら、サラがひょっこり私の目の前に現れました。しかも足は泥だらけ。えぇ? どういうこと?

全部説明すると長くなるので手短に。私はいつもベランダに面した窓のカーテンを半分だけ開けっぱなしにし、残りの半分は閉めているのですが、なぜかカーテンが閉まっている方の窓が少しだけ開いており、そこからうさぎが勝手にベランダに出て、お隣やさらにお隣のお隣のベランダにまで侵入していたのです。開いていた方の窓はカーテンに隠れており、うさぎが出入りできる隙間があったことに私はまったく気づきませんでした。後でロビンさんに「この窓、開けた?」と尋ねましたが、ロビンさんの返事はNo。もちろんうさぎが自分で開けられるわけもなく、なぜその窓が開いていたのかはいまだに謎です。ま、ロビンさんがサラを殺して隠していたわけではなかったので、この件はよしとしましょう(もちろんお隣やお隣のお隣には後でお詫びに行きました)。

朝ごはんが食べたいかロビンさんに聞くと「いらない」とのことだったので、私一人で朝食。ロビンさんはテレビを観ていたのですが、その時たまたま関西テレビ「にじいろジーン」の中の「ぐっさんと行くならこんなトコ!」で町田リス園が紹介されていました。リスが大好きなロビンさんは画面に釘付け。実は8月31日に町田リス園に行く予定だったのですが、超過密スケジュールになってしまったため、町田リス園行きは中止。でも、その番組を観て「やっぱりリス園に行きたい!」ということになり、急遽翌28日に行くことに決定。

で、27日に楽しんだのは「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」。私の故郷が高知ということもあり、ロビンさんには以前からよさこい祭りの話をしていて、せっかくの機会なので今回は東京のよさこいを観に行くことになったのです。その前に渋谷郵便局でドイツあてに荷物を発送。スーパーよさこいの会場の一つであるNHK前ケヤキ並木通りに向かっている途中、コージーコーナーで足を止めるロビンさん。どうやらお腹が空いていたよう(朝ごはん、食べへんかったからや!)で、ガトーショコラを購入。しかも、空腹が我慢できなかったようで、西武渋谷店の横を歩きながら箱を開け、ケーキを食べ始めました。えぇー? 歩行者が多かったので、私は他の人にチョコレートクリームをつけてしまうのではないかとドキドキ。でも、ロビンさんは人様に害を及ぼすことなく完食。後で聞くと、さすがにケーキを食べながら歩くのはドイツでもやったことはないそうですw

NHK前ストリートに到着すると、たくさんの人が見物に来ていて、外国人の姿もかなり見かけました。ロビンさんは初めて生で見るよさこいを興奮気味に撮影。動画もたくさん撮ったようでした。私も何枚か撮影したつもりだったのですが、カメラには何も残っていませんでした。不思議です。あいにく小雨が降り始め、踊りは続いていたものの、近くで開催されていた「うどん天下一決定戦」で昼食を取ることに。私が「韓国風だから辛いと思うよ」と注意したにもかかわらず、ロビンさんは小平市の「冷麺風ぶたしゃぶうどん」をオーダーし、辛さと冷たさに四苦八苦。私は高知県の「四万十青のりうどん」をいただきました。同じ場所で「じまん市」も開催されていたのですが、そこで販売されていた「高知県大川村」の「はちきん地鶏」の唐揚げがとても美味しかったです。

その後もしばらくよさこいを見ていたのですが、雨がかなりひどくなってきたので、会場を後にし、近くのサンマルクカフェでしばし休憩。その日は夕方までスーパーよさこいを見るつもりだったのですが、予定を変更してゲームセンターに行くことに。井ノ頭通りにあるアドアーズ渋谷店に入りました。「ドイツのケルンに行ってみた (24)」にも書いたとおり、私はゲームをまったくやらない人間で、ゲーセンも今年の2月にロビンさんとケルンで行って以来初めて。ロビンさんは去年日本のゲーセンで見た面白そうなゲームを自分もやってみたい!とのことで、そのゲームを探し、アドアーズの店内を見て回りました。

そして、2階でそのゲーム機を発見! それは「REFLEC BEAT(リフレクビート)」というゲームでした。その時は男性が一人でプレイしていたのですが、彼がプレイし終わるのを待って、リフレクビートの前に。私はゲームに超疎いわ、ゲームが好きなロビンさんも日本語は読めないわで、最初の設定にずいぶん時間がかかり、やっとゲーム開始。ロビンさんは楽しんでプレイしていましたが、私はタイミングをはずしまくりで散々な結果に。数回プレイしましたが、ゲームのコツがようやく掴めた頃に若いカップルが近くに来たので、場所を譲りました。その後は3階、4階を見て回りましたが、初めて見た大型競馬ゲームには本当に驚きました。日本のゲームって本当にすごいんですね・・・。

私はたくさんのゲーム機を見るだけでもうお腹いっぱいという感じだったのですが、ロビンさんはまだ遊び足りないようだったので、1階の「太鼓の達人」をやってみることに。もちろん私も初めてだったのですが、これも曲を設定するまでにかなり時間がかかりました。実際にプレイしてみると予想以上に難しく、特にふちが上手く叩けない。確か3回プレイしたと思うのですが、いずれも最初はクリアできず、復活連打でようやく次に進めた記憶が。私って本当にゲームに関してはからきしダメなのだと痛感しました。

ゲーセンの後は「本屋に行きたい」というロビンさんのリクエストにより、ブックファースト渋谷文化村通り店へ。実はロビンさんは、日本の本屋さんが無料でブックカバーをかけてくれるサービス(こんなサービスがあるのは日本だけですよね?)が気に入っており、おしゃれなブックカバーを期待していたようなのですが、残念ながらブックファーストのカバーはロビンさんの期待に沿うものではなかったようです・・・。ちなみに東京の本屋さんで私が一番おしゃれだと思うのは八重洲ブックセンターのカバー。いかにも女性好みという感じなので、ロビンさんは気に入らないかもしれませんが。あと、以前「映画『県庁おもてなし課』のロケ地を説明しながら、いろいろつっこんでみる(ネタバレしまくりです) (3)」でも書いたのですが、私が日本で一番好きなブックカバーは高知の金高堂さんのもの。「本」という言葉がいろいろな言語で書かれているのです。シンプルだけど国際的でセンスが良いと思いませんか?



それでは今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」を。
1. 機会があれば日本のお祭りを楽しんでもらおう。よさこい祭りは国内のいろいろなところで開催されているのでオススメ。
2. 「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」を見るなら、同時開催のイベントも要チェック!
3. 夏はゲリラ豪雨など急な雨に遭遇することもあるので、折り畳み傘は忘れずに(同行者が外国人でなくてもw)。
4. 相手がゲーム好きなら、ゲームセンターに連れて行ってあげよう。
5. 本屋さんで無料でブックカバーをかけてもらえるのは日本ならではの文化。本屋に行く機会があれば、ぜひブックカバーについて説明してあげてください。

それでは今日はこの辺で。続きはまた後日ということで。
コメント

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (5)

2016-09-28 20:58:22 | 日記
早速ですが、「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (4)」の続きを。

「京はやしや 西武百貨店池袋本店」を出て、山手線に乗り、次に向かったのは巣鴨。ロビンさんから「「お年寄りの原宿」と呼ばれている巣鴨地蔵通り商店街に行ってみたい!」とリクエストされたからです。私自身、地蔵通りに行くのは初めてだったのですが、さすがお年寄りのお客さんが多いだけあって、薬、和菓子、せんべい、お年寄り(?)のための服などのお店が多いことにびっくりしました。竹下通りとはまったく違う佇まいが逆に良かったのか、ロビンさんは地蔵通り商店街がかなり気に入ったようで、「連れて来てくれてありがとう」とお礼を言ってくれた上に、ごま福堂の金ごまソフトクリームをごちそうしてくれました。黒ごまソフトクリームを食べたロビンさんは、ドイツにはないフレーバーに感激。それ以降は、アイスクリーム屋さんで黒ゴマ味を探すようになりました。

巣鴨から再び山手線に乗り秋葉原へ。LANポートがないロビンさんの Surface からもインターネットにアクセスできるよう、USBのLANアダプターを購入するため。ヨドバシAkibaに入り、2階のパソコン周辺機器コーナーに向かいました。ロビンさんはお店で一番安いLANアダプターを購入。お次はデジタルカメラのストラップを求めて3階へ。普通のストラップは首からかけて胸とお腹の間くらいにカメラがぶら下がる長さだと思うのですが、ロビンさんは肩からカメラをかけられるようもっと長いストラップを探していたのでした。意外にもストラップはかなり値段が高く、ロビンさんも私もびっくり。とりあえずコスパの良さそうなものをお買い上げ。予定ではその後カラオケに行くことになっていたのですが、私が9階のバッティングセンターに行くことを提案すると、ロビンさんは快諾。

「アクティブAKIBAバッティングセンター」に来たのは初めてだったのですが、金曜日の夜ということもあってか、お客さんでいっぱい。ここの特徴は、大型液晶を使用した現役プロの投球映像を見ながら、彼らのボール(いや、もちろん実際に投げるのは機械ですが)を打てること。3回プレイできるプリペイドカード(1,030円)を購入し、入り口から一番手前のストレートマシンの打席の後ろへ。前の人が打ち終わるとロビンさんに打席に立つよう促しました。ドイツでは野球は一般的なスポーツではありませんが、ロビンさんはアメリカ映画を通して野球のルールや面白さは理解していて、去年日本に来た際にバッティングセンターも経験済。投球が始まり、バットを振りますが、なかなか当てることができません。でも、終盤は何回か打球を捉えることに成功。後ろにいた人に座席を譲りました。もちろん私もやってみましたが、一球も打つことができず、散々な結果。一応小学生の時は野球少女だったのに、悔しいー! 最後にもう一度ロビンさんが打席に立ち、何球かヒット。満足のいく結果ではなかったと思いますが、日本のプロ野球投手との対決を楽しんだようでした。

「アクティブAKIBAバッティングセンター」を後にし、次はカラオケ!のはずだったのですが、ヨドバシAkibaのエントランス前スペースに期間限定でミニ四駆のサーキットが設置されているのを発見し、興奮するロビンさん。目の前で繰り広げられるレースを動画で撮影したり、ミニ四駆関連商品をカメラに収めていました。その後はその日のメインイベント、カラオケ。英語の歌がたくさん歌えるよう「曲数世界一」と豪語する「パセラ 秋葉原 昭和通り館」へ向かいました。



お店に入り、2時間飲み放題+室料込みの「飲み放題パック」(税込3,500円)を選択。部屋が空いていたのですぐに入ることができました。「ちゃぶ台和室」という名のその部屋は、4つの座椅子が置いてあるものの、私の感覚では2人でいっぱいいっぱい。丸くて小さなちゃぶ台は、オーダーした飲み物やフードが乗り切らなくなるほどでした。



が、ロビンさんは昔の日本の部屋の雰囲気が気に入ったらしく、うれしそうにメニューから料理やお酒をチョイス。私は言われるがままに端末からオーダーしました。料理は日本語でしかオーダーできなかったと思いますが、歌は英語でも検索できるため、ロビンさんに端末の使い方を教えてあげると、その後は問題なく使いこなしていました。で、肝心のロビンさんの歌なのですが、正直あまり上手くはありませんでした・・・(しかもHIPHOPとかヘビメタ歌ってるし・・・)。そもそも欧米人と一緒にカラオケに行って、「この人うまい!」と思ったことが私は一度もありません。よほど才能のある人でなければ練習なしでうまくは歌えないし、練習できる環境、つまりカラオケが日本のように一般的でない国の人に歌のうまさを期待してはいけないとあらためて感じました。

歌の上手い下手は別として、ロビンさんは歌っては飲み、飲んでは歌いと、とてもカラオケを楽しんでいました(もちろん私もひさびさのカラオケを満喫しました)。興味深いと思ったのは、ロビンさんが自分で歌った曲をすべて手帳にメモしていたこと。日本人はもちろん、いろいろな国の人とカラオケに行ったことがある私ですが、自分の歌を記録している人は初めて見ました。ひょっとすると曲名だけでなく、その歌の難易度や自分の課題点なども書き記していたのかもしれませんw 二人で2時間たっぷり(!?)歌って、カラオケはお開き。ハシゴもせずに帰宅しました。

それでは今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」を。

1. 原宿竹下通りと巣鴨地蔵通り商店街の両方に行けば、ギャップを楽しんでもらえるかも。
2. 胡麻のアイスクリームは日本ならではのフレーバーだと思うので、お試ししてもらってみては。
3. ヨーロッパ人で野球に興味がある人なら、バッティングセンターに連れて行くのもアリ。
4. カラオケに行くなら曲数が多い場所を。コスプレができたり、部屋そのものが面白いところもあるので、相手の好みも考えて。

今回はこの辺で。続きはまた後日。
コメント

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (4)

2016-09-27 20:37:55 | 日記
早速ですが、「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (3)」の続きを。

ロビンさんと私が「牛骨らぁ麺マタドール」のラーメンを食べ終わる頃には店内はお客さんでいっぱい。さらにお客さんが来たので、ロビンさんとお店を出ました。次に行ったのは北千住駅近くの細い路地にある「Robin's Bar」というお店。以前私がロビンさんに「東京にあなたのバーがあるよ」とお店の画像を送った時から、ロビンさんがずっと行きたがっていたバーなのでした。



お店に入って驚いたのは、バーテンダーさんが外国人女性だったこと。とりあえずカウンターに座り、ロビンさんも私もおつまみとお酒のセット(1,000円、メニューにあるお酒なら何でもOK)をオーダー。当然、話はお客さん(ロビンさん)とバーテンダーさんがそれぞれどこの出身なのかということになったのですが、その女性はネパール出身で、しかもドイツのフランクフルトに旅行予定とのこと。あと、お店の名前Robinは彼女の弟さんの名前とのことでした。ほろ酔い気分でお店を出て、帰宅。私は翌早朝ジムに行き、その後午前中だけ仕事をする予定だったので、早々に就寝しました。

翌8月26日の午後、私は半休を取って、ロビンさんとの待ち合わせ場所、高田馬場駅へ。ロビンさんは一人で電車を乗り継ぎ、高田馬場まで来てくれました。実は、スマホでインターネットが自由に使えるよう、前の日にロビンさんにJAPAN TRAVEL SIMをプレゼントしていて、それを使って高田馬場までの行き方を自分で調べてくれたのです(ただ、タカダノババを発音するのは彼にはとても難しいらしく、私はその日以降、ことあるごとにそれをネタにロビンさんをからかいました)。二人ともお腹が空いていたので、食べログでTOP5000に入っている「愛川」という鰻屋さんへ。昨年、一緒に行ったお寿司屋さんで、ロビンさんは目の前で鰻が捌かれるのを見ているのですが、実際に食べたことはなかったため、食べさせてあげたかったのです。店内はテーブル席と掘りごたつ席があり、私たちは掘りごたつの方に着席。いろいろ迷った末、ロビンさんは鰻重の菊、私は竹をオーダー。するとお店の方から「関東風にしますか? 関西風にしますか?」との質問が。私はロビンさんに「確か関西が蒸して焼いて、関東が蒸さずに焼くんだと思う」と自信なさげに言うと、ロビンさんが「じゃ、僕は関東風でいいよ」とのこと。違いを見てもらうために、私は関西風を選びました。



鰻はとても美味しくて、大満足。ロビンさんは最後の1粒までごはんを食べるのに苦労したようです(残すと私がうるさく言うので)が、きれいに完食。で、みなさんはすでにお気づきかと思いますが、私は関東風の焼き方と関西風の焼き方を完全に取り違えていました。それに気がついたのは食べ終わって、お会計で私の鰻に100円プラスされているのを見た時。お店の方から「堅焼き(関西風)の追加料金です」と言われて、自分の間違いに気がついたのでした。どうりでロビンさんの鰻を一口食べさせてもらった時、私のものよりふっくらしていると思った・・・orz。知ったかぶりせず、最初にお店の方に聞いておけばよかったです。もちろんロビンさんにも間違って説明したことを謝りました。後でググってみると鰻の開き方や串の種類・刺し方にも関東と関西で違いがあるようで、いやぁ、鰻料理って本当に奥深いですねぇ。

「愛川」を出て、都営荒川線面影橋駅方面へ歩きました。神田川を渡り、しばらく歩くとアニメ映画『時をかける少女』の舞台のモデルになったニ叉路に到着。ロビンさんはその景色に覚えはあったものの、どんなシーンだったかすぐには思い出せず、私が「真琴が千昭からつきあおうって言われるシーンの前に功介と二人がここにいて、千昭の告白にとまどった真琴が何度もタイムリープする場所」(映画を観ていない人には意味不明な日本語ですみません)と説明するとやっとわかってもらえました。立派な家が立ち並ぶ住宅街をさらに歩き続けるとめちゃくちゃ急な坂が! この辺りが真琴の家があった場所とされ、この坂でも真琴はタイムリープしています。坂の上から眺めるとこんな感じ! ヒャッハー!



本来の予定ではこの後面影橋駅に戻り、荒川線に乗るつもりだったのですが、そのまま目白通りをぶらぶら歩いてみることにしました。その日は本当に暑い日で、そのままずっと歩き続ければ、ロビンさんも私も熱中症になっていたかも。途中で素敵なカフェでもあればすぐに入ったでしょうが、良さそうなところも見つからず、荒川線の鬼子母神前駅に到着。前日の「林屋茶園 京・スイーツ ルミネ新宿店」のリベンジの意味でも、周辺に抹茶スイーツを扱ったお店がないかググってみました。すると「京はやしや」さんのお店が西武池袋店にあることを発見! 興奮した私は「池袋に林屋茶園さんのお店があるから行きましょ!」とロビンさんに提案し、次の電車に乗ったのでした。東池袋四丁目駅で下車し、西武池袋までは徒歩だったわけですが、結構な距離で、「あとで冷たい抹茶スイーツが食べられる!」というご褒美がなければ、二人ともあの暑さの中を歩けなかったと思います。

やっと西武池袋に着き、8階へ。エレベーターの冷房で生き返りました。「京はやしや 西武百貨店池袋本店」に到着すると、案の定行列が。ここまで来て帰るわけにはいかないので、もちろん列の最後尾へ。並んでいるのはほぼ全員女性で、その中で一人背の高い自分がいることに気恥ずかしそうなロビンさん。20分ほど待ってついに店内へ。メニューには涼しそうなスイーツが並んでいましたが、ロビンさんは特製林屋プレートを、私は宇治氷あんみつをオーダー。暑さの中死にそうになりながら歩いてきたのに、ロビンさんがかき氷を頼まなかったのが不思議だったのですが、ロビンさん曰く「つきつめて言えば、かき氷は味がついた水だよ。水にお金をかけるなんて・・・」とのこと(でも、ロビンさんの大好きなビールもつきつめて言えば味のついた水だと思うのですが・・・)。というわけで、ロビンさんはその後もかき氷をオーダーすることは一度もありませんでした。そんなことはさておき、ついに私たちが注文したスイーツが運ばれてきました。宇治氷あんみつ、デカい、デカすぎるぅ!



普段、私がオーダーしたものまで写真は撮らないロビンさんも、さすがにその大きさに圧倒され、思わずシャッターを押していましたw 正直食べ切れるか心配だったのですが、終盤はロビンさんにも手伝ってもらい、完食。大量のかき氷とお店の冷房で体は冷え切り、外の暑さが恋しくなったほどでした。

それでは今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」を。

1. スマホでインターネットが使えるよう、到着時にプリペイド型のSIMカードをプレゼントしてあげてみては?(残念ながら日本ではWi-Fiが使えないところが結構ありますし・・・。ちなみにJAPAN TRAVEL SIMなら成田空港や羽田空港でも販売されています。)
2. 同行する外国人の名前を冠したお店に連れていってあげれば喜ばれること間違いなし。
3. 鰻を食べるなら関東風・関西風の違いを説明してあげよう。
4. 相手がアニメ映画ファンなら、作品の舞台になった場所に連れて行ってあげると良いかも。
5. 「暑い日にはかき氷」という感覚は外国人には通用しないかもw

今回はこの辺で。続きは後日書かせていただきます。
コメント

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (3)

2016-09-26 20:59:10 | 日記
早速ですが、「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (2)」の続きを。

新宿での「『ロスト・イン・トランスレーション』ロケ地ツアー」で次に向かったのは都庁の前。映画に出てくるパークハイアット東京の「ニューヨーク バー」にも入ってみたかったのですが、午後5時オープンということで断念しました。歩いている間、私の頭の中でリピートされていた歌は、はっぴいえんどの「風をあつめて」。都庁の前の通りは、『ロスト・イン・トランスレーション』の終盤でタクシーの中にいた主人公のボブが道を歩いているシャーロットを見つけ、彼女を追いかけようといったんタクシーを下りたところ。都庁に吊らされている「TOKYO 2020」の看板を見たロビンさんは「ああ、次のオリンピックって東京だったんだ!」と驚いた様子。リオオリンピックの開催期間中とほぼ重なる形でインドネシアにいたロビンさんは、オリンピックはまったく観ておらず、次の開催地をやっと認識したのでした。

そのまま都庁の前の通りを北に向かって歩き、見えてきたのは東京医科大学病院。ここは『ロスト・イン・トランスレーション』で足を怪我したシャーロットがボブに連れてこられる病院です。その隣にあるヒルトン東京のスイーツブッフェのことをロビンさんに話すと、「行ってみたい!」と大興奮。テンションのあがったロビンさんに今度は血圧が上がる出来事が。彼は新宿三井ビルのすぐ近くの街路樹の下で大きな昆虫を見つけたのでした。「これ、何?」「あっ、これがセミだよ!やっと見られたね!」と私はセミを拾い上げてロビンさんの顔に近づけると、すぐさま飛び退くロビンさん。怖がりか! そのセミは私の手の上を力なくやっと這っている感じで、私は「このセミは死にかけてるみたい」とロビンさんに言いました。そんなセミを手に載せてもまったく平気な様子の私にロビンさんも安心したのか、セミを自分の手に載せ、カメラでパチリ。木に戻してあげてまたパチリ。私たちはセミに別れを告げて次の目的地を目指しました。

抹茶味のお菓子が大好きなロビンさんのリクエストにより向かったのは「林屋茶園 京・スイーツ ルミネ新宿店」。ルミネ新宿1に入り、案内板でフロアをチェック。でも、案内にはお店の名前がありません。「えー? どういうこと?」とスマホでググってみるとなんと7月31日で閉店したとのこと! もちろんロビンさんも私も超ガッカリしたわけですが、新宿なら抹茶が楽しめるお店は他にもあるに違いないと思い、再び検索。実際お店はいろいろあったのですが、画像を見てロビンさんが選んだのは「茶の池田や」さん。小田急にあるらしいので小田急のインフォメーションで尋ねると、小田急エース南館のお店とのこと。というわけで、地下に移動し、お店発見。抹茶ソフトクリームにいろいろトッピングしてもらいました。お店周辺には座る場所はなく、立ち食いせざるを得ませんでしたが、それでも食べる価値は十分の美味しさでした。

ソフトクリームを楽しんだ後は、モザイク通りを抜けて新宿駅へ・・・向かうつもりだったのですが、一番最初のお店 Antenna Box by TOKYU HANDS で鳥のイラストが描かれたグッズが置いてあり、思わず足を止めるロビンさん。期間限定で KOTORITACHI というブランドのお店が営業中だったのです。ロビンさんは自身も鳥の名前(Robinはコマドリ)を持つだけあって、鳥が大好き。所狭しと並ぶ鳥グッズの中、ロビンさんはさんざん迷ったあげくかわいい絵葉書を数枚購入。店内ではイラストを手掛けた作家さんご自身が小さなテーブルで創作中で、少しお話しできたのもラッキーでした。

モザイク通りを抜け、新宿駅を南から東に回り込む形で東口に到着。ロッカーから荷物を取り出し、改札へ。山手線と京成本線を乗り継いで、ロビンさんのホームステイ先、つまり私のマンションを目指します。これからロビンさんがほぼ毎日利用することになる日暮里駅では電車を乗り換える際の注意事項を伝授。最寄り駅で下車した時に私のPasmoは返してもらい、ロビンさんのPasmoをチャージ。駅周辺のお店やスーパーを案内した後、無事マンションに到着。まずはロビンさんにうさぎのサラを紹介し、それから空いている洋室と和室の両方を見てもらいました。ロビンさんが選んだのは和室。畳の上に荷物を置いて、各部屋とベランダを一通り案内し、一息つくとまたお出かけ。今度はアニメ映画『時をかける少女』のとあるシーンのモデルになった場所に向かいます。

商店街を案内しながらひたすら歩くこと約30分。日は暮れかかり、あたりが薄暗くなってくる中、到着したのは荒川の河川敷。ここは『時をかける少女』で主人公真琴が川に向かってジャンプするシーンと終盤のシーンの舞台と考えられている場所。川の向こう側に見えるのは首都高速中央環状線。ロビンさんは映画と同じ情景にとても感激したようで、この時も何枚も写真を撮っただけでなく、翌日の朝もこの河川敷行ったそうです。日もすっかり暮れた頃、河川敷から北千住方面に向かって歩きます。ラーメンが大好きなロビンさんのリクエストにより、めざすは有名なラーメン屋さん「牛骨らぁ麺マタドール」。ロビンさんはひらがなしか読めないはずなのに、途中で「みそ味専門 マタドール」を目ざとく見つけるところはさすがだと思いましたw

「牛骨らぁ麺マタドール」に到着したのは確か19時過ぎ。当然行列を覚悟していたのですが、驚いたことにお客さんはゼロ。ロビンさんは贅沢焼牛らぁ麺、私は贅沢焼牛塩らぁ麺の食券を購入。お店の方に言われた通り、カウンターの端に二人で腰かけました。待つことしばし、私たちのラーメンがテーブルに。



ロビンさんもうれしそうにカメラでパチリ。私がオーダーした贅沢焼牛塩らぁ麺は想像以上にあっさりしていました。ロビンさんは贅沢焼牛らぁ麺に大満足な様子。途中で二人のどんぶりを交換しましたが、私もロビンさんも贅沢焼牛らぁ麺の方が好みということで意見が一致しました。

それでは今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」を。

1. お目当ての店が突然閉店する可能性もあるので、事前にチェックを!
2. 抹茶味のスイーツを好む外国人は多い。抹茶味が初めての人ならアイスクリームやソフトクリームを試してもらうのも良いかも。
3. ラーメンも絶対に食べてもらいたいものの一つ。美味しいお店を紹介してあげましょう!

今回はこの辺で。続きはまた後日。
コメント

2016年に観た映画+目標の達成度(38)

2016-09-24 23:59:59 | 映画!
1月5日の日記で、2016年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。9/18から9/24までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)

60 9/19 君の名は。 ◎に近い○ (109シネマズポイント会員感謝の日+楽天のポイント利用で1,000円)
61 9/19 スーサイド・スクワッド ○ (109シネマズポイント会員感謝の日+楽天のポイント利用で1,000円)
62 9/21 キング・オブ・エジプト ○ (レディースデー+楽天のポイント利用で1,000円)

合計 3作品(3回) 3,000円

今週はなんと3本。いずれもサービスデーに鑑賞し、なおかつ楽天のポイントも利用しましたので、1本あたり1,000円。今週はセーフ!

さて、今週お勧めするのは『君の名は。』。ポスターは電車の中や街でよく見かけていたのですが、なぜか予告編は一度も見たことがなく、観に行くつもりもまったくなかったのですが、なかなか評判が良いので、観に行ってみました。湖を臨む美しい田舎町に住む女子高生三葉と東京に住む男子高生瀧。お互いまったく見ず知らずの二人の体がなぜか突然入れ替わり、混乱しながらも互いの体で1日を過ごす三葉と瀧。翌朝にはまた元の状態になっていたが、その後もたびたび二人の体が入れ替わり・・・という物語。でも、この作品のすごいところは単なる体の入れ替わりだけでなく、もっと大きなテーマを扱っているところ。あと、東京のさまざまな場所が本当に美しく描かれていて、東京に住んでいる私でさえ、その作品の中の東京に行ってみたいと思ったほど。東京に来たことがない人もこの作品を観ればきっと「東京に行ってみたい!」と思うのではないでしょうか? ぜひ劇場でご覧ください!

あと、2016年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 語学の勉強を頑張る」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする
9/18 ヒップホップ 60分
9/20 トレーニング 65分
9/21 ヨガ 45分
9/23 トレーニング 60分
を実践したものの、トレーニング時に20分以上走らなかったため目標クリアならず!夏休み以降、すっかり走れなくなってしまい、かなりヤバイ状態です。

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
今週の体脂肪率は23%台~25%台。夏休み中の食生活(甘いもの多量摂取)がいまだにやめられず、まさかの25%台までリバウンド。ヤバイ、ヤバすぎる!

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
起床後と夜に測定した数値の平均値が、上115、下が76。先週と比べると上は大幅にダウン、下もわずかにダウン。体脂肪率は最悪ですが、血圧はなぜか良くなってきています。

目標4. 語学の勉強を頑張る
先週は夏休み明けでダメダメでしたが、今週は Duolingo で毎日 Daily Goal が達成でき、目標もクリア! 10日連続で目標達成です。レベルは16のままですが、German Fluency は 44% に戻りました。よっしゃ。
コメント

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (2)

2016-09-24 13:56:17 | 日記
早速ですが、「ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (1)」の続きを。

ブルックリンパーラーの店先でしばらく待った後、店員さんに案内され着席。広々した空間としゃれた内装にロビンさんは感心した様子。でも、お客さんたちの話し声と音楽がうるさすぎて、ゆっくり話をするのにはあまり向いていない場所だと思いました。あれこれ迷った挙句、ロビンさんはアボカド&チェダーチーズバーガー、私は自家製スモークサーモンとグリーンリーフのサラダをオーダー。ロビンさんはちゃんと料理の写真を撮っていたのに、私は撮り忘れていたことが自分でも信じられません。残念・・・と思ったらちゃんと写真、撮っていました、ワタクシも。



お料理は美味しかったのですが、野菜サラダは残してしまうロビンさん。お子様か! 食べ物を残すことが大嫌いな私は、ロビンさんのサラダの残りもいただきました。あと、ロビンさんが近くの席にいたスーツ姿の若い女性について「さっきから彼女をずっと見ているけれど、顔以外体がまったく動いていない。信じられない!」と言っていたのが印象的でした。

ブルックリンパーラーを出て向かったのは新宿御苑。この日はお天気が良かっただけでなく、強烈な日差しが照りつけ、非常に蒸し暑かったのを覚えています。ロビンさんは「8月の終わりに東京がこんなに蒸し暑いなんて思ってもみなかった。バリ島と変わらないじゃないか!」と予想外の東京の暑さに不満そう。でも、暑さ以上にロビンさんを驚かせたものが新宿御苑にいました。それはセミ。園の外にまで響き渡るセミの大合唱にロビンさんは「これは何の音?」。「Cicada(シカーダ、セミは英語でこう言うのです)。昆虫だけど、ドイツにはいないの?」「いないと思う。少なくともこんな鳴き声は聞いたことがない。コオロギみたいな虫なの?」「コオロギとは全然違う。鳴き声が聞こえる木に絶対いるはずなんだけど・・・」とセミの姿を探してみたのですが、すぐには見つけられませんでした。ロビンさんはうるさすぎるセミの鳴き声にうんざりしているよう。日本人にとっては夏の風物詩であるセミの鳴き声も、ヨーロッパ人にとってはうるさい雑音でしかなかったようです。「彼らは何年も土の中にいて、やっと地上に出てきたの。しかも数日間しか生きられないから一生懸命鳴いているんだよ」と私なりにセミを弁護してみましたが・・・。

20年以上東京に住んでいる私ですが、新宿御苑を訪ねたのは初めて。なぜ来たかと言うと、ロビンさんから「『言の葉の庭』(日本のアニメ映画)に出てくる公園に行ってみたい!」とリクエストされたからでした。というわけで、それぞれ入園料200円を支払い、園内マップを手に、作品の中でも特に印象的な、日本庭園内の旧御涼亭の近くにある東屋へ向かいます。平日でしたが、予想以上に多くの人が来ていて、外国人の姿もちらほら。美しい庭園だけでなく、園内から見える代々木や新宿のビル群を写真の収めていました。私も写真、撮れば良かった・・・と今さら後悔。東屋に到着すると、「映画で見たのと同じだ!」と感激するロビンさん。もちろん座ってひと休み。日本庭園を満喫した後はイギリス風景式庭園へ。うわぁ、広ーい! 気持ち良い風が吹き、芝生の上に寝っ転がりたくなったほど。その芝生を横切り、フランス式整形庭園へ。見ごろとは言えませんでしたが、それでも世界のいろいろなバラを楽しめました。バラの後は玉藻池に沿って歩き、大木戸休憩所でまたひと休みしてから新宿門に向かいました。歩いている時はセミが見られないかずっとキョロキョロしていたのですが、なぜか一匹も姿を見ることはできませんでした・・・orz。

新宿御苑を出た後、ロビンさんに映画『ロスト・イン・トランスレーション』のロケ地に行きたいか、それともアニメ映画『時をかける少女』(どちらもロビンさんが大好きな作品なのです)の舞台になった場所に行きたいか聞くと、ロビンさんは『ロスト・イン・トランスレーション』のロケ地をチョイス。というわけで、新宿通りを西に向かいます。しばらくすると見えてくるのは『ロスト・イン・トランスレーション』の舞台になったパークハイアット東京。もちろんロビンさんは立ち止まって撮影。バスタ新宿の横を通り過ぎて入ったのは私が大好きなパン屋、ゴントラン シェリエ。翌日の朝ごはん用に2つずつパンを購入。西新宿一丁目の信号を渡り、ヨドバシカメラ時計総合館の前に。ここは『ロスト・イン・トランスレーション』の終盤で主人公のボブとシャーロットがキスをした場所。日本に来る前にインドネシアで『ロスト・イン・トランスレーション』をまた見たというロビンさんは、その場所でも何度もシャッターを押していました。

それでは今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」を。

1. レストランでは日本人をよく観察できるよう、見晴らしの良い席に座らせてあげる。
2. 東京の蒸し暑さは強烈なので、心の準備ができるよう事前に教えておいてあげると良い。
3. セミを知らない人にはセミの生態などを説明してあげよう。
3. 新宿御苑は絶対オススメ! 中でも日本庭園はマスト!
4. 『ロスト・イン・トランスレーション』を観てもらった後、新宿に連れていってあげると感激してもらえるかも。

今回はこの辺で。続きはまた後日ということで。
コメント

ドイツ人と日本のいろいろなところに行ってみた (1)

2016-09-22 14:25:40 | 日記
これまで「ロビンさんのケルン/カーニバル講座」シリーズや「ドイツのケルンに行ってみた」シリーズで時々このブログに登場していたドイツ人のロビンさんですが、夏休みで8月25日から9月12日まで日本に滞在していました。というわけで、これから何回かに亘ってロビンさんと私が出かけた場所を書きつつ、日本国内で外国人旅行者と行動する際のTipsもご紹介したいと思います。

8月25日の朝、ジムでの早朝トレーニングを終えた私は、そのまますぐに成田空港までロビンさんを迎えに行くことになっていました。が、成田国際空港公式WEBサイトのフライト情報を確認すると、ロビンさんのフライトは50分ほど遅れている様子。というわけで、東京駅八重洲地下街のカフェでゆっくり朝ごはんを食べてから、THEアクセス成田というバスに乗車。THEアクセス成田は事前の予約はいらず、直接バス停から乗車でき、本数もかなり多く、なおかつ値段も1,000円ぽっきりなので、東京から成田空港まで行かれる方にはオススメです。

バスは75分ほどで成田空港第一ターミナルに到着。バス停から北ウイングまで移動し、到着便の案内ボードを確認すると、ロビンさんの乗った飛行機もちょうど到着したようでした。その後待つこと数十分、大きなバックパックを背負った上に、腕にも小さめのバックパックと靴、防寒着を抱えたロビンさんが疲れた顔で出てきました。実はロビンさんは日本に来る前にインドネシアに滞在していたのですが、バリ島で病気になってしまい、体調は万全ではなかったのです。それでも日本に来てくれたことに感謝しつつ、私とロビンさんはTHEアクセス成田のバス停へ。バスは千葉県から都内に入ってから渋滞にはまってしまいましたが、無事東京駅近くに到着。そこから東京駅まで歩いている途中、ロビンさんにPasmoを持っているか聞きました。ロビンさんは「持っているけれど残額がわからない」とのことだったので、私のPasmoを一時的に貸してあげることに。八重洲中央口から入場し、中央線に乗り込み、新宿に向かいました。

ロビンさんと一緒に計画した旅程では、新宿駅に到着後、まずコインロッカーにロビンさんの荷物を入れ、ATMでロビンさんがお金を下ろし、ブルックリンパーラーでランチを食べ、新宿御苑を散策することになっていました。新宿駅周辺にはコインロッカーがたくさんあるのですが、誤算だったのは当初予定していた東南口のロッカーに空きがまったくなかったこと。駅員さんに聞くと、東口のロッカーが空いているかもしれないとのことで、東口へ移動。確かにロッカーにいくつか空きはあったのですが、大きなサイズは600円で、私は小銭を持っておらず、ちょっと離れた自販機まで走って行き、お茶を買って、小銭ゲット。と思ったら、500円玉もダメで、再び自販機でさらにお茶を購入。やっと100円玉6枚でコインロッカーに荷物を預けることができました。ホッ。

今度は日本円を入手するため、近くの三菱東京UFJ銀行のATMに入ったものの、なぜかロビンさんのクレジットカードは受け付けられず、その次に行った三井住友銀行のATMでもダメ。去年東京に来た時はローソンのATMでお金を下ろせたということだったので、ローソン新宿三丁目中央通店へ。すると、信じられないことに、お店が改装中で入れない! スマホで「新宿 コンビニ」を検索すると近くにセブンイレブンがあるようだったので、今度はそちらのATMへ。そこでなんとか無事にお金を下ろすことができたのでした。ホッとするのも束の間、そのまま私はロビンさんを近くの Antiknock というライブハウスまで案内しました。週末ロビンさんはここでヒップホップのライブを一人で楽しむ予定だったので、場所を覚えておいてほしかったのです。

Antiknockを確認した後は新宿マルイ アネックスへ向かいました。ブルックリンパーラーはここの地下にあるのです。すでに13時を過ぎていたと思いますが、店内には行列が。ロビンさんと私も列の後ろに並びました。このお店に行きたいと言ったのはロビンさんですが、なぜこのお店に行きたくなったのかまったく覚えていないというのが本人の弁。私も初めて行ったので興味津々でメニューを確認。ちなみにメニューは英語併記だったのですが、ロビンさんから質問されたのは「Sangen Porkって何?」つまり三元豚について聞かれました。私は「日本では有名な豚肉のブランドだよ」と答えたのですが、あとで調べたら三元豚ってブランドではなくて「3種掛け合わせの豚」のことだったんですね! 全然知りませんでした。ロビンさん、間違った答えを言ってごめんなさい。

というわけで、今回の「日本国内で外国人旅行者と行動する際のTips」は以下のとおり。

1. 東京駅-成田空港間の移動はTHEアクセス成田が安くて便利。
2. 電車に頻繁に乗るならPasmoやSuicaを事前に買っておいてあげると良いかも。
3. コインロッカーを使う予定なら小銭の用意を忘れずに!
4. ATMを使うなら銀行ではなくコンビニで。
5. 三元豚は「3種掛け合わせの豚」のこと ← 忘れていても多分大丈夫w

とりあえず今回はこの辺で。続きは後日書かせていただきます。
コメント

2016年に観た映画+目標の達成度(37)

2016-09-17 23:59:59 | 映画!
1月5日の日記で、2016年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。いつもなら9/11から9/17までの映画料金を発表するところですが、今週は忙しすぎて1本も観ることができませんでした。「2016年に観た映画+目標の達成度(34)」に続いて2度目の残念な結果。毎週このブログをご覧くださっている方、誠に申し訳ありません。

あと、2016年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 語学の勉強を頑張る」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする
9/15 ヨガ 45分
9/16 トレーニング 70分
9/17 トレーニング 70分
を実践したものの、トレーニング時に20分以上走らなかったため目標クリアならず! 夏休みでトレーニングをお休みしていたツケが回ってきました。

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
今週の体脂肪率は22%台~24%台。夏休み中の食生活(甘いもの多量摂取)がやめられないことが原因です。

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
起床後と夜に測定した数値の平均値が、上123、下が78。先週と比べると上は変わらず、下はわずかにアップ。早く生活を正さないと・・・。

目標4. 語学の勉強を頑張る
今週は夏休み明けで Duolingo はやったり、やらなかったり・・・。当然目標は達成できず、レベルは16のまま、German Fluency も43% のままです。来週は頑張ります、ハイ。
コメント

2016年に観た映画+目標の達成度(36)

2016-09-10 23:59:59 | 映画!
1月5日の日記で、2016年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。9/4から9/10までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)

59 9/7 グランド・イリュージョン 見破られたトリック ○ (レディースデーで1,100円)

合計 1作品(1回) 1,100円

今週は1本のみ。レディースデーに鑑賞しましたので、1本あたり1,100円。今週も残念ながらアウト!

今週も1本しか観ていませんので、お勧めするのも当然『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』。2013年の『グランド・イリュージョン』の続編になるわけですが、先週観た『X-MEN:アポカリプス』以上に、前作も観ていないと完全には理解できないと思います(ここまで予習が必要な作品は最近では珍しいですが、『グランド・イリュージョン』自体とても面白い作品ですので、ご覧になっていない方はこの機会にぜひ!)。3年前の騒動以来影を潜めていたマジシャン集団、フォー・ホースメン。彼らはとあるハイテク企業の不正を暴露するため、再び人々の前に姿を現し、ショーを繰り広げるが、正体不明の人物の策略により失敗し、捕らえられてしまう。その人物が企てた陰謀に巻き込まれてしまったフォー・ホースメンは・・・という物語。みどころはフォー・ホースメンのメンバーたちによる様々なイリュージョンと、徐々に明らかになる登場人物たちのつながりと意外な過去。個人的にはウッディ・ハレルソンが二役を演じる双子の兄弟が印象的でした。ぜひ劇場でご覧ください!

あと、2016年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 語学の勉強を頑張る」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする
9/6 トレーニング 70分
今週は夏休みを取っており、1回しかジムに行きませんでしたので、目標クリアならず! ジムに1回しか行かなかったなんて今年初めてではないかと思います。

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
上でも書いたとおり、夏休み中だったので、体脂肪率が測れなかった日もあるのですが、とりあえず計測できた日の体脂肪率は23%台。あれほど暴飲暴食していたのに23%台に留まっていたのが逆に不思議なくらいです。

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
こちらも夏休み中で計測できなかった日もあるのですが、測定できた数値の平均値が、上123、下が76。先週と比べると上は変わらず、下はかなりダウン。下はリラックスできていると下がるんですかねぇ?

目標4. 語学の勉強を頑張る
しつこいようですが、今週は夏休みで Duolingo はほとんどできず、目標もクリアならず! 当然、レベルも16のまま、German Fluency も43%のままです。だって夏休みを満喫してたんだもん。
コメント

2016年に観た映画+目標の達成度(35)

2016-09-03 23:59:59 | 映画!
1月5日の日記で、2016年の5番目の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る&観る回数を100回以下にする」と発表した私。8/28から9/3までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)

58 8/31 X-MEN:アポカリプス 3D字幕版 ○ (レディースデーで1,500円)

合計 1作品(1回) 1,500円

今週は1本のみ。レディースデーに鑑賞しましたが、3D作品だったので1本あたり1,500円。今週も残念ながらアウト!

今週も1本しか観ていませんので、お勧めするのも当然『X-MEN:アポカリプス』。前作『X-MEN: フューチャー&パスト』の続きになるわけですが、前作、そしてその前の『X-MEN: ファースト・ジェネレーション』も観ていないとそれほど楽しめないかもしれません。本作では世界最初のミュータント、エン・サバー・ヌール(別名アポカリプス)が登場するのですが、なかなか見た目も性格もインパクトの強いキャラだったので、私は「誰が演じているんだろう」と上映中ずっと気になっていました。ついにエンドロールで俳優の名前を確認して超納得。他にもジーンやスコット、ストームなど、『X-MEN』シリーズ初めの3作でおなじみのキャラクターのヤングバージョンも登場していますが、彼らに関しては配役がイマイチでインパクトが薄かった気が。そして一番のツッコミどころとしては物語が『X-MEN』シリーズ最初の3作と繋がらなくなってしまった点ですが、これは仕方ないとあきらめるしかないですね。物語に納得できなくても、映像は見応えがあると思いますので、ぜひ、劇場でご覧ください。

あと、2016年の私の他の目標である「目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする」「目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする」「目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする」「目標4. 語学の勉強を頑張る」の達成度もこの場を借りてご報告させていただきます。

目標1. 週に最低2回はジムに行き、また最低2回は外でランニングする
8/30 トレーニング 70分
8/31 ヨガ 45分
9/1 トレーニング 70分
9/2 トレーニング 70分
を実践しましたので、目標クリア!「トレーニング」は20分以上のランニングが含まれているため、今回もトレーニングをランニングとしてみなしています。

目標2. 体脂肪率は極力22%以下をキープする
今週の体脂肪率は21%台~23%台。先週23%台からやっと脱却したと思ったら、またリバウンド・・・orz。

目標3. 上の血圧(収縮期血圧)110mmHg以下、下の血圧(拡張期血圧)70mmHg以下をキープする
起床後と夜に測定した数値の平均値が、上123、下が81。先週と比べると上も下も変わらず、良くない数値。体の不調ではなくただテンションがあがっているだけだと思いたい。

目標4. 語学の勉強を頑張る
今週は Duolingo で9月3日に Daily Goal が達成できず、目標もクリアならず! 連続記録は98日でストップしてしまいました・・・orz。当然、レベルも16のまま、German Fluency も43%のままです。はぁ・・・。
コメント