うさぎ! 書きまつがい! 映画! 音楽! お笑い!

平凡な日常だからこそ楽しんだもの勝ち!
http://twitter.com/usako_usagiclub/

2012年に観た映画(下半期総集編 + 下半期マイベスト20+2012年マイベスト10)

2012-12-31 01:10:44 | 映画!
早いもので2012年ももうすぐ終わり。2012年上半期に劇場で観た映画は7月3日の日記「2012年に観た映画(上半期総集編 + マイベスト20)」で書いたとおりですが、今回は下半期に観た映画のリストをお届けします。左から、通し番号、日付、タイトル、評価(◎、○、△、×)、料金。同じ作品でも字幕版と吹替版、2Dと3D は分けて表記しています。基本的にはロードショー中の作品がほとんどですが、今年日本公開でない作品は(ギンレイ)(午前十時の映画祭)などと記載しました。DVDをレンタルする時の参考にでもしていただければと思います。リストの次に映画に費やしたお金と1回あたりの平均料金、そしてと下半期のマイベスト20、そして2012年のマイベスト10も書かせていただきます。

165 7/1 先生を流産させる会 ○ (映画サービスデーで1,000円)
166 7/1 ベルフラワー ○ (映画サービスデーで1,000円)
167 7/1 夜のとばりの物語 かなり◎に近い○ (映画サービスデーで1,000円)
168 7/3 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して かなり◎に近い○ (シネマートポイントカードデー(?)で1,000円)
169 7/4 少年は残酷な弓を射る ○ (レディースデーで1,000円)
170 7/6 きっと ここが帰る場所 ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
171 7/6 プレイ-獲物- ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
172 7/7 さらば復讐の狼たちよ ○ (TOHOシネマズ シネマイレージカードポイントで0円)
173 7/7 アメイジング・スパイダーマン 3D 字幕版 ◎ (ムビチケで1,800円)
174 7/7 グスコーブドリの伝記 ○ (レイトショーで1,200円)
175 7/8 アタック・ザ・ブロック ○ (チケット・リターンシステムで1,000円)
176 7/8 クレイジーホース・パリ 夜の宝石たち ○ (Bunkamuraル・シネマ日曜日最終回で1,000円)
177 7/10 崖っぷちの男 ○ (109シネマズの日で1,000円)
178 7/12 ユナイテッド -ミュンヘンの悲劇 ○ (シアターN渋谷のレディースデーで1,000円)
179 7/13 BRAVE HEARTS 海猿 かなり◎に近い○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 7/14 ジェーン・エア かなり◎に近い○ (TOHOシネマズデイで1,000円)
180 7/14 だれもがクジラを愛してる。 ○ (TOHOシネマズデイで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 7/14 ワン・デイ 23年のラブストーリー ○ (TOHOシネマズデイで1,000円)
181 7/15 ロボット 完全版 ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
182 7/16 それでも、愛してる ○ (特別鑑賞券で0円)
183 7/16 いわさきちひろ~27歳の旅立ち~ ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
184 7/17 ヘルタースケルター △ (ユナイテッド・シネマレイトショーで1,300円)
185 7/18 バットマン ビギンズ ◎ (再上映で1,000円)
186 7/20 リンカーン弁護士 ○ (MOVIXデイで1,000円)
187 7/21 メリダとおそろしの森 3D字幕版 ○ (前売券+3D料金で1,600円)
188 7/22 おおかみこどもの雨と雪 ◎ (前売券で1,300円)
189 7/22 ダークナイト ◎ (再上映で1,000円)
190 7/25 ローマ法王の休日 △ (レディースデーで1,300円)
191 7/26 ディクテーター 身元不明でニューヨーク ○ (試写会で0円)
192 7/27 ダークナイト ライジング IMAX版 ◎ (IMAXで2,000円)
193 7/28 依頼人 ○ (前売券で1,300円)
194 7/28 苦役列車 ○ (前売券で1,300円)
195 7/29 蜂蜜 ○ (ギンレイホールで750円)
196 7/31 闇を生きる男 ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
197 8/1 マダガスカル3 3D字幕版 ◎ (3Dメガネなしで1,900円)
198 8/3 3D SEX&禅 △ (シネマートポイントカードのポイントで0円)
199 8/4 ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE ○ (TOHOシネマズシネマイレージカードのポイントで0円)
200 8/4 マダガスカル3 2D吹替版 ○ (前売券で1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 8/4 おおかみこどもの雨と雪 ◎ (前売券で1,300円)
201 8/4 プロメテウス 3D字幕版 ○ (ムビチケで1,800円)
202 8/4 仮面ライダーフォーゼ THE MOVIE みんなで宇宙キターッ!/特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ! ○ (レイトショーで1,200円)
203 8/5 The Lady アウンサンスーチー ひき裂かれた愛 ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
204 8/5 トガニ 幼き瞳の告発 ○ (シネマライズ×シネクイント 半券相互割引で1,300円)
205 8/5 屋根裏部屋のマリアたち ○ (Bunkamuraル・シネマ日曜日最終回で1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 8/8 マダガスカル3 3D字幕版 ◎ (ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円)
206 8/10 あの日 あの時 愛の記憶 ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
207 8/10トータル・リコール ○ (109シネマズデーで1,000円)
今年3回目なので通し番号なし 8/11 マダガスカル3 3D字幕版 ◎ (ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円)
208 8/11 桐島、部活やめるってよ 限りなく◎に近い○ (ユナイテッド・シネマ CLUB-SPICE ポイントで0円)
209 8/11 気狂いピエロの決闘 ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
210 8/12 ニッポンの嘘 報道写真家 福島菊次郎90歳 ○ (前売券で1,500円)
今年2回目なので通し番号なし 8/12 ヘルプ ~心がつなぐストーリー~ ○ (ギンレイホールで750円)
211 8/12 テイク・ディス・ワルツ ○ (Bunkamuraル・シネマ日曜日最終回で1,000円)
212 8/14 アベンジャーズ 3D字幕版 ◎ (ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円)
213 8/14 ダークナイト ライジング 通常版(IMAXではない) ○ (前売券で1,300円)
214 8/14 かぞくのくに ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
215 8/15 メリダとおそろしの森 2D吹替版 ○ (レディースデーで1,000円)
今年4回目なので通し番号なし 8/17 マダガスカル3 3D字幕版 ◎ (ユナイテッド・シネマ豊洲一般席ご鑑賞券で1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 8/17 アベンジャーズ 3D字幕版 ◎ (前売券+3D料金で1,600円)
今年2回目なので通し番号なし 8/18 プロメテウス 3D字幕版 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年3回目なので通し番号なし 8/18 裏切りのサーカス ◎ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
216 8/18 アベンジャーズ IMAX 3D字幕版 ◎ (IMAX 3Dで2,200円)
今年2回目なので通し番号なし 8/19 ダークナイト ライジング 通常版(IMAXではない) ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
217 8/19 The GREY 凍える太陽 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年2回目なので通し番号なし 8/20 桐島、部活やめるってよ 限りなく◎に近い○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
218 8/21 セブン・デイズ・イン・ハバナ ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
219 8/22 ヘッドハンター ◎ (レディースデーで1,000円)
今年5回目なので通し番号なし 8/23 マダガスカル3 3D字幕版 ◎ (2,000円)
220 8/24 ラ・ワン ○ (1,800円)
221 8/25 あなたへ ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年3回目なので通し番号なし 8/25 アベンジャーズ 3D字幕版 ◎ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で300円(3D料金のみ))
222 8/25 WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々 ○ (シネマートデーで1,000円)
223 8/26 るろうに剣心 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
224 8/26 闇金ウシジマくん 限りなく◎に近い○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年3回目なので通し番号なし 8/27 プロメテウス 3D字幕版 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
225 8/28 フェイシング・アリ ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
226 8/29 遊星からの物体X ファーストコンタクト ○ (レディースデーで1,000円)
227 9/1 放課後ミッドナイターズ ○ (映画サービスデーで1,000円)
228 9/1 プンサンケ ◎ (映画サービスデーで1,000円)
229 9/1 籠の中の乙女 ◎ (映画サービスデーで1,000円)
230 9/1 メリエスの素晴らしき映画魔術+月世界旅行 ○ (映画サービスデーで1,000円)
231 9/2 エイトレンジャー △ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
232 9/2 映画 ひみつのアッコちゃん ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
233 9/2 最強のふたり ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年2回目なので通し番号なし 9/3 最強のふたり ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
234 9/4 神弓 KAMIYUMI ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
235 9/5 コロンビアーナ ○ (レディースデーで1,000円)
236 9/8 プロメテウス 2D字幕版 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年2回目なので通し番号なし 9/8 ディクテーター 身元不明でニューヨーク ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
237 9/8 夢売るふたり ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
今年2回目なので通し番号なし 9/8 アベンジャーズ 3D字幕版 ◎ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円300円(3D料金のみ))
238 9/9 デンジャラス・ラン ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
239 9/9 サンセット大通り ○ (「午前十時の映画祭」で1,000円)
240 9/9 バレエに生きる パリ・オペラ座の二人 ○ (Bunkamuraル・シネマ日曜日最終回で1,000円)
241 9/12 I'M FLASH! △ (レディースデーで1,000円)
242 9/14 ぼくたちのムッシュ・ラザール ○ (シネスイッチ銀座レディースデーで900円)
243 9/15 ウェイバック-脱出6500km- ◎ (前売券で1,500円)
244 9/15 レベッカ ○ (「午前十時の映画祭」で1,000円)
245 9/15 踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
246 9/15 コッホ先生と僕らの革命 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
247 9/16 白雪姫と鏡の女王 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
248 9/16 天地明察 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
249 9/16 鍵泥棒のメソッド ◎ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
250 9/17 ファインディング・ニモ 3D ◎ (1,200円)
251 9/17 バイオハザードV リトリビューション 2D字幕版 ○ (TOHOシネマズ 1ヶ月フリーパスポート使用で0円)
252 9/18 スリープレス・ナイト ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 9/20 プンサンケ ○ (シネマートポイントカードデー(?)で1,000円)
253 9/21 ロック・オブ・エイジズ 限りなく◎に近い○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
254 9/22 劇場版 TIGER & BUNNY The Beginning ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
255 9/22 王様とボク △ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
256 9/22 そして友よ、静かに死ね ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 9/23 ウェイバック-脱出6500km- ◎ (前売券で1,500円)
257 9/23 ソハの地下水道 ○ (TOHOシネマズシネマイレージカードのポイントで0円)
258 9/23 わたしたちの宣戦布告 ○ (Bunkamuraル・シネマ日曜日最終回で1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 9/25 ロック・オブ・エイジズ 限りなく◎に近い○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
259 9/26 ボブ・マーリー/ルーツ・オブ・レジェンド ◎ (レディースデーで1,000円)
260 9/27 SAFE/セイフ ○ (試写会で0円)
261 9/28 エージェント・マロリー ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
262 9/29 エイリアン ◎ (「午前十時の映画祭」で1,000円)
263 9/29 ハンガー・ゲーム ○ (前売券で1,300円)
264 9/29 ボーン・レガシー ○ (前売券で1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 9/30 劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning- ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
265 9/30 アイアン・スカイ △ (前売券で1,500円)
266 10/1 イラン式料理本 ○ (岩波ホールの映画サービスデーで1,400円)
267 10/1 壊された5つのカメラ ◎に近い○ (映画サービスデーで1,000円)
268 10/3 ロビイストの陰謀 ◎ (レディースデーで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 10/5 ボーン・レガシー ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
270 10/6 アウトレイジ ビヨンド ○ (109シネマズポイント鑑賞で0円)
271 10/6 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ 前編/始まりの物語 ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
272 10/7 ロラックスおじさんの秘密の種 3D字幕版 ○ (TOHOシネマズシネマイレージカードのポイントで300円(3D料金のみ))
273 10/8 ビラルの世界 ○ (前売券で1,300円)
274 10/9 最終目的地 ○ (シネマートポイントカードデー(?)で1,000円)
275 10/10 コンフィデンスマン/ある詐欺師の男 ○ (レディースデーで1,000円)
276 10/12 推理作家ポー 最期の5日間 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
277 10/13 荒野の七人 ◎ (「午前十時の映画祭」で1,000円)
278 10/13 ミステリーズ 運命のリスボン 前編 ○ (前売券で1,100円)
279 10/13 ミステリーズ 運命のリスボン 後編 ○ (前売券で1,100円)
280 10/14 劇場版 魔法少女まどか☆マギカ [後編] 永遠の物語 ◎に近い○ (TOHOシネマズデイで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 10/14 ロラックスおじさんの秘密の種 3D字幕版 ○ (TOHOシネマズデイで1,300円)
281 10/16 アルゴ ◎ (試写会で0円)
282 10/18 エクスペンダブルズ2 ○ (試写会で0円)
283 10/19 くろねこルーシー △ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
284 10/19 エレベーター ○ (シネマライズ×シネクイント 半券相互割引で1,300円)
285 10/20 希望の国 △ (MOVIXデイで1,000円)
286 10/20 情熱のピアニズム ○ (1,000円+シアターイメージフォーラムメンバーズカード会費2,000円)
287 10/20 これは映画ではない ○ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
288 10/21 荒野の用心棒 △ (「午前十時の映画祭」で1,000円)
289 10/21 桃さんのしあわせ ○ (Bunkamuraル・シネマ日曜日最終回で1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 10/22 ヘッドハンター ○ (アンコール上映で1,000円)
290 10/23 ライフライン ○ (東京国際映画祭で1,300円)
今年3回目なので通し番号なし 10/24 ロラックスおじさんの秘密の種 3D字幕版 ◎に近い○ (レディースデー3D料金で1,300円)
291 10/26 ハンナ・アーレント ◎に近い○ (東京国際映画祭で1,000円)
292 10/26 もうひとりの息子 ◎に近い○ (東京国際映画祭で1,000円)
293 10/27 NO ○ (東京国際映画祭で1,000円)
294 10/27 危険なメソッド ○ (TOHOシネマズシネマイレージカードのポイントで0円)
今年2回目なので通し番号なし 10/27 アルゴ ◎ (レイトショーで1,200円)
295 10/28 シェーン △ (楽天市場ポイント交換で0円)
296 10/28 終の信託 ○ (前売券で1,300円)
297 10/31 009 RE:CYBORG 3D版 ○ (レディースデー3D料金で1,300円)
298 11/1 リンカーン / 秘密の書 ○ (映画サービスデーで1,000円)
299 11/2 のぼうの城 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
300 11/3 北のカナリアたち ○ (前売券で1,300円)
301 11/3 黄金を抱いて翔べ ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
302 11/3 大いなる西部 ◎に近い○ (「午前十時の映画祭」で1,000円)
303 11/4 高地戦 ○ (前売券で1,300円)
304 11/4 ザ・レイド ○ (角川シネマ有楽町のビックカメラカード割引で1,300円)
305 11/4 ウォリスとエドワード 英国王冠をかけた恋 ○ (レイトショーで1,200円)
今年3回目なので通し番号なし 11/6 アルゴ ◎ (TOHOシネマズ シネマイレージデイで1,300円)
306 11/7 思秋期 ○ (レディースデーで1,000円)
307 11/8 カリフォルニア・ドールズ ○ (シアターNのレディースデーで1,000円)
308 11/9 シルク・ドゥ・ソレイユ 3D 彼方からの物語 ○ (TOHOシネマズシネマイレージカードのポイントで300円(3D料金のみ))
309 11/10 演劇1 ◎ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
310 11/10 演劇2 ◎ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
311 11/10 オレンジと太陽 ○ (ギンレイホールで750円)
312 11/11 風と共に去りぬ ◎ (「午前十時の映画際」で1,000円)
313 11/13 映画と恋とウディ・アレン ○ (TOHOシネマズ シネマイレージデイで1,300円)
314 11/14 悪の教典 ○ (レディースデーで1,000円)
315 11/16 みんなで一緒に暮らしたら ○ (シネスイッチ銀座レディースデーで900円)
316 11/17 その夜の侍 ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で0円)
317 11/17 ふがいない僕は空を見た ○ (テアトルシネマグループ会員カードで1,300円)
318 11/19 任侠ヘルパー ○ (109シネマズポイント会員感謝の日で1,000円)
319 11/21 チキンとプラム~あるバイオリン弾き、最後の夢~ ○ (レディースデーで1,000円)
320 11/22 トールマン ○ (シアターN レディースデーで1,000円)
321 11/22 ザ・ウーマン ○ (シアターN レディースデーで1,000円)
322 11/23 ペンギン夫婦の作りかた ○ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
323 11/23 人生の特等席 ○ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
324 11/23 ロックアウト ○ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
325 11/23 カラスの親指 ○ (ユナイテッドシネマ会員サービスデーで1,000円)
今年3回目なので通し番号なし 11/24 ドライヴ ○ (ギンレイホール シネパスポートで750円)
326 11/24 ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ ◎ (早稲田松竹で650円)
今年2回目なので通し番号なし 11/24 きっと ここが帰る場所 ○ (早稲田松竹で650円)
327 11/25 アバンチ・ポポロ ○ (東京フィルメックスの招待状で0円)
328 11/27 ボディ・ハント ○ (レディースデーで1,000円)
329 11/27 エピローグ ○ (東京フィルメックスで1,700円)
330 11/30 HICK ルリ13歳の旅 ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
331 12/1 恋のロンドン狂騒曲 ○ (映画の日で1,000円)
332 12/1 007 スカイフォール ◎ (映画の日で1,000円)
333 12/1 ミロクローゼ ○ (映画の日で1,000円)
334 12/1 ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! ○ (映画の日で1,000円)
335 12/3 クイーン ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト '86 ○ (2,000円)
336 12/4 マリー・アントワネットに別れをつげて △ (試写会で0円)
337 12/5 ボス その男シヴァージ ○ (レディースデーで1,000円)
338 12/7 声をかくす人 ◎に近い○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
339 12/8 エルドラド ○ (前売券で1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 12/8 ル・アーヴルの靴みがき ○ (ギンレイホール シネパスポートで750円)
340 12/8 汽車はふたたび故郷へ ○ (ギンレイホール シネパスポートで750円)
341 12/9 リターン・トゥ・ベース ○ (前売券で1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 12/10 007 スカイフォール ◎ (109シネマズデーで1,000円)
342 12/12 砂漠でサーモン・フィッシング ○ (レディースデーで1,000円)
343 12/13 秘密のオブジェクト ○ (シネマート六本木会員サービスデーで1,000円)
344 12/14 ホビット 思いがけない冒険 2D字幕版 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
345 12/15 フランケンウィニー 2D字幕版 ○ (TOHOシネマズ シネマイレージカードポイントで0円)
346 12/15 ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ ○ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
347 12/16 裏切りの戦場 葬られた誓い ◎ (前売券で1,300円)
348 12/18 アナザーハッピーデイ~ふぞろいな家族たち~ ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
349 12/19 ルビー・スパークス ○ (レディースデーで1,000円)
350 12/21 レ・ミゼラブル ◎ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
351 12/22 マルタ △ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
352 12/22 マリア・ブラウンの結婚 ◎ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
353 12/22 もうひとりのシェイクスピア ◎に近い○ (TOHOシネマズ レイトショーで1,200円)
354 12/25 恋愛だけじゃダメかしら? ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 12/26 人生の特等席 ◎ (レディースデーで1,000円)
355 12/28 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
356 12/29 フランケンウィニー 2D吹替版 ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
357 12/29 映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん! ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 12/29 もうひとりのシェイクスピア ◎に近い○ (楽天市場ポイント交換で1,000円)

というわけで、2012年下半期に観た映画は193作品。同じ作品を複数回観たものもカウントすると全部で226回、劇場で映画を観ました。料金の総額は205,600円。ひえー! 1回あたりの平均料金は910円! そして、上半期と下半期合わせると、2012年に観た映画は通し番号のとおり357作品、劇場で観た回数は419回、料金の総額は375,150円。1回あたりの平均料金は895円で、去年の12月30日の日記で設定した2012年の目標、「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」の目標を見事に達成しました! やったー! なせばなる! 目標の1,000円どころか900円を切ったのが本当にうれしいです!

そして、私が選ぶ下半期の邦画ベストは『演劇1』、洋画ベストは『アルゴ』です。下半期のベスト20は以下のとおり。

20位 裏切りの戦場 葬られた誓い
19位 もうひとりのシェイクスピア
18位 プンサンケ
17位 ヘッドハンター
16位 声をかくす人
15位 ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して
14位 おおかみこどもの雨と雪
13位 桐島、部活やめるってよ
12位 鍵泥棒のメソッド
11位 演劇2
10位 ダークナイト ライジング
9位 ロビイストの陰謀
8位 籠の中の乙女
7位 演劇1
6位 マダガスカル3
5位 アベンジャーズ
4位 レ・ミゼラブル
3位 ウェイバック-脱出6500km-
2位 007 スカイフォール
1位 アルゴ

1位の『アルゴ』は初めて観た時からこうなるだろうと思っていました。4位以降は私の中では「だんご状態」でほとんど差がありません。ただ、『籠の中の乙女』と『ロビイストの陰謀』はどうしてもベスト10に入れたいと思ったほど思い入れの強い作品です。そして、悩みに悩んで出した私の2012年ベスト10は以下のとおり。

10位 マダガスカル3
9位 戦火の馬
8位 J・エドガー
7位 アベンジャーズ
6位 アニマル・キングダム
5位 レ・ミゼラブル
4位 ウェイバック-脱出6500km-
3位 007 スカイフォール
2位 裏切りのサーカス
1位 アルゴ

今年は私にとって「洋画当たり年」で、残念ながらベスト10にランクインする邦画はありませんでした。自分でもおもしろいと思うのは、上半期のベスト20では4位だった『裏切りのサーカス』が2012年のベスト10では2位に浮上したことですね。これは8月の3回目の鑑賞で、この作品の素晴らしさをようやく認識したことが大きいと思います。ちなみに作品の鑑賞回数で一番多かったのが、3D字幕版と2D日本語吹替版あわせて6回の『マダガスカル3』、次が3D字幕版とIMAX3D字幕版あわせて5回の『アベンジャーズ』でした。

ところで、来年も引き続き「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」をやるかどうかですが、実は今も迷っています。目標はクリアできたものの、正直今年は映画を観すぎて「映画ビンボー」になってしまったので、来年は鑑賞回数は今年よりセーブしたいと考えているのです。鑑賞本数が減ると当然ポイントやマイルが貯まりにくくなり、目標の達成も難しくなるのは目に見えている・・・でも、安く観るに越したことはないので、来年もやるかもしれません。結局どうするかは来年の私の日記でご確認ください。
コメント

2012年に観た映画(52)

2012-12-30 08:45:02 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。12/23から12/29までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

354 12/25 恋愛だけじゃダメかしら? ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 12/26 人生の特等席 ◎ (レディースデーで1,000円)
355 12/28 トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part2 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
356 12/29 フランケンウィニー 2D吹替版 ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
357 12/29 映画かいけつゾロリ だ・だ・だ・だいぼうけん! ○ (ユナイテッド・シネマ ポイント交換で1,000円)
今年2回目なので通し番号なし 12/29 もうひとりのシェイクスピア ◎に近い○ (楽天市場ポイント交換で1,000円)

合計 4作品(6回) 6,000円

リピートした『人生の特等席』と『もうひとりのシェイクスピア』。『フランケンウィニー』も2回目だったのですが、前回は字幕版、今回は吹替版なので別作品としてカウントしています。今回の1回あたりの料金はジャスト1,000円でギリギリセーフ! 最終週になる今回は楽天市場のポイントを使うことにより、なんとかアウトを回避しました。「じゃあ、1年を通しての結果は?」と思われた方、集計結果と2012年のベストは明日発表できると思いますので、もう少しお待ちください。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント

ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(7)

2012-12-27 22:47:07 | 映画!
5/20の「ユナイテッド・シネマ豊洲のプレミアメンバーズで元を取る!(6)」でノルマ残高がマイナス1,600円で、めでたくノルマを達成したことをご報告しましたが、今回はその後7か月でどれだけサービスを利用したかご報告・・・する前にお知らせしたいことが! ついに、ついに今日届きました、「ユナイテッド・シネマ豊洲 プレミアメンバーズ更新のご案内」! 実を言うと来年はプレミアメンバーズの制度そのものがなくなるんじゃないかと密かに心配していたのです。だって、私、メンバーの特典をさんざん使い倒して(!?)いる上に、ブログでもどれだけ得しているかを書いて、ユナイテッド・シネマ豊洲さんに「こんな使われ方をされては困る!」と思われているのではないかと恐れていたのです。でも、更新のお知らせが届き、来年もこの制度が続けられるがわかってホッとしました。ちなみに新規入会も更新も1月24日から3月31日が申込み期間なので、メンバーになりたい方/引き続きメンバーでいたい方は手続きをお忘れなく!

さて、前置きが長くなりましたが、今回の本題である5/20以降の特典の利用状況を。

5/20 時点のノルマ残高 マイナス1,600円

5/26 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,040円。

6/8 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

7/13 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

7/17 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

8/1 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

8/11 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,040円。

8/14 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)×2、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2、サントリーウーロン茶のSサイズ(290円)でマイナス1,730円。

8/17 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,040円。

8/20 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

9/5 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

9/21 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

9/22 サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)、サントリーウーロン茶のSサイズ(290円)でマイナス610円。

9/28 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

9/30 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,040円。

10/5 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

10/6 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

10/12 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

11/1 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)×2、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,440円

11/2 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

11/3 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)、サントリーウーロン茶のSサイズ(290円)でマイナス1,010円。

11/14 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)×2、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,440円

11/17 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

11/23 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)×2でマイナス1,040円。

12/14 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

12/21 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

12/26 ポップコーンバター醤油味のSサイズ(400円)、サントリーウーロン茶のMサイズ(320円)でマイナス720円。

サービスしてもらった合計金額 22,950円!
12/27現在のノルマ残高 マイナス24,550円

というわけで、なんと、ポップコーンとドリンクだけですでに34,550円分サービスしてもらっていることに! ひえー! ユナイテッド・シネマ豊洲さんに申し訳ない気持ちすら感じるのですが、会員の期限が切れるまでまだまだ使い倒しますよ!
コメント

ルピシアの福袋

2012-12-25 23:35:15 | 日記
去年の日記「福袋(前編)」と「福袋(後編)」で、紅茶・緑茶専門店ルピシアの福袋について書きましたが、なんと今年(というか2013年分ですね)は10月からオンラインで予約注文を受け付けていたので、私は早々と「竹 紅茶(ノンフレーバード)」を注文しました。そしてその福袋が届いたのが23日。ハーフサイズのハンディークーラーもついていて、うれしいクリスマスプレゼントになりました。中に入っていた紅茶は以下のとおりです(マランギ・クオリティー以外はすべて50g)。

シロニバリ 450円
アフタヌーンティー 500円
ニルギリ・ブロークン 525円
ティーブレイク 550円
ペティアガーラ 550円
グッドモーニング 600円
ディクサム・フルリーフ 600円
キャメロンハイランド, BOP 650円
キームン・クイーンズホープ 700円
カルゾン 700円
伊勢 玉露紅茶 880円
ウバ・ハイランズ・クオリティー 950円
バラスン 1,300円
マランギ・クオリティー 30g 1,800円

合計10,755円。値段は5,000円だったので倍以上の価値! 去年私が買った福袋はダージリン系が多かったのですが、今年送られてきたものはダージリンは少なめで、初めて飲む種類もいくつかあります。もちろん、同じ「竹 紅茶(ノンフレーバード)」でも福袋の中身はそれぞれ違うはずで、上記と同じではないと思いますので、くれぐれもご注意ください。とにかく、これから毎日いろいろな紅茶が楽しめるのがうれしいです!
コメント

2012年に観た映画(51)

2012-12-23 16:20:50 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。12/16から12/22までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

348 12/18 アナザーハッピーデイ~ふぞろいな家族たち~ ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
349 12/19 ルビー・スパークス ○ (レディースデーで1,000円)
350 12/21 レ・ミゼラブル ◎ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
351 12/22 マルタ △ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
352 12/22 マリア・ブラウンの結婚 ◎ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
353 12/22 もうひとりのシェイクスピア ◎に近い○ (TOHOシネマズ レイトショーで1,200円)

合計 6作品(6回) 6,200円

リピートした作品はなし。今回の1回あたりの料金は1,033円で残念ながらアウト! 次回もたぶんダメです、ハイ。

さて、今回お勧めするのは『レ・ミゼラブル』、『マリア・ブラウンの結婚』、『もうひとりのシェイクスピア』の3作品。『レ・ミゼラブル』は言わずと知れたミュージカル『レ・ミゼラブル』を映画化した作品。お正月映画にふさわしい大作です。吹替版はないのでずっと字幕を追い続けなければなりませんが、たとえ字幕を読まなかったとしても歌と音楽だけで絶対に感動できるはず! とにかく観てくださいとしか言いようがありません。そして、映画が気に入ったら、舞台も観ていただきたいです。あの素晴らしい歌は生で味わってこそ本当に価値があると思います。

『マリア・ブラウンの結婚』はドイツのライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督による作品。彼はニュー・ジャーマン・シネマの担い手の一人でしたが、1982年に37歳の若さで死去。ちょうど今、シアター・イメージフォーラムで彼の没後30年記念で彼の作品の特集が組まれていて、『マリア・ブラウンの結婚』はその中の一本。物語はドイツの戦後をその美貌・肉体・知性すべてを使って逞しく生きた主人公マリアを描いたもの。マリアをはじめ、彼女の夫ヘルマンや彼女の愛人となるオズワルトなど登場人物のキャラがうまく設定されていて、彼らの「清濁併せ呑む」生き方がかっこいい。またマリアを演じた女優、ハンナ・シグラが本当に素晴らしく、この作品でベルリン国際映画祭女優賞を受賞しています。シアター・イメージフォーラムの「ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督 没後30年 ファスビンダーと美しきヒロインたち」は来年1月18日までですので、ぜひこの機会にご覧ください。

最後に紹介するのは『もうひとりのシェイクスピア』。シェイクスピア別人説(ストラトフォード・アポン・エイヴォンのウィリアム・シェイクスピアなる人物によって書かれたとされている作品は、実のところ他の作者もしくは"ウィリアム・シェイクスピア"という共有のペンネームを用いた作家集団によって書かれたものではないかという学術的な議論)に英国王室スキャンダルや未遂のクーデターを絡めて描いた壮大な作品。シェイクスピアの数々の戯曲の名場面が楽しめますし、当時の宮廷や劇場の様子、貴族の生活も垣間見ることができ、英文学や当時のイギリス文化に興味がある方は必見。VFXもなかなかのクオリティです。あと、物語の主人公、オックスフォード伯の若き日を演じるジェイミー・キャンベル・バウアーが超かっこいいのでイケメン好きな方にもお勧め! 年末年始のお休み、帰省も旅行もしない方でも、映画館でシェイクスピアの謎を探る旅はいかがですか?

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント

映画界のユダヤ系の人々 (3)

2012-12-20 00:10:28 | 映画!
早速ですが、「映画界のユダヤ系の人々」の続き、というか最終回を。今回は興行成績第7位から第1位までの発表ですぜ、奥さん!

第7位 塔の上のラプンツェル (興行収入25.1億円)
脚本のダン・フォーゲルマンはユダヤ系。主人公ラプンツェルを声を担当したマンディ・ムーアもユダヤ系。フリン・ライダー役のザッカリー・リーヴァイの苗字はユダヤ系っぽいのですが、リーヴァイは姓ではなくミドルネームで、ユダヤ系ではないとのこと。フックハンド役のブラッド・ギャレット、スタビントン兄弟役のロン・パールマン、ビッグノーズ役のジェフリー・タンバーはユダヤ系です。

第6位 ナルニア国物語/第3章: アスラン王と魔法の島 (興行収入25.8億円)
この作品ではユダヤ系の監督/プロデューサーを見つけることができなかったのですが、出演者ではカスピアン王を演じたベン・バーンズがユダヤ系のようです。

第5位 カーズ2 (興行収入29.6億円)
この作品ではユダヤ系の監督/プロデューサー/主要な出演者を見つけることができませんでした。フィン・マックミサイルの声を担当したマイケル・ケインはイディッシュ語(ドイツ語の一方言とされ、崩れた高地ドイツ語にヘブライ語やスラブ語の単語を交えた言語。世界中で400万人のアシュケナージ系・ユダヤ人によって使用されている)を流暢に話すようですが、ユダヤ系ではないとのこと。

第4位 トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン (興行収入41.6億円)
監督のマイケル・ベイはユダヤ系のようです。サム役のシャイア・ラブーフもユダヤ系、ロージー・ハンティントン=ホワイトリーは曾祖母がユダヤ系ポーランド人とのことです。

第3位 ミッション:インポッシブル ゴースト・プロトコル (興行収入55.4億円)
プロデューサーの一人であるJ・J・エイブラムスがユダヤ系。ユダヤ系の主要な出演者は見つけられませんでした。

第2位 パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉 (興行収入83.5億円)
プロデューサーのジェリー・ブラッカイマーがユダヤ系。ユダヤ系の主要な出演者は見つけられませんでした。

第1位 ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 (興行収入95.1億円)
プロデューサーの一人であるデヴィッド・ハイマンがユダヤ系。ハリー・ポッター役のダニエル・ラドクリフ、ミセス・ラヴェット役のヘレナ・ボナム=カーター、ルシウス・マルフォイ役のジェイソン・アイザックスもユダヤ系です。

いかがでしょう? 出演者だけでなく監督やプロデューサーとしてもこれだけユダヤ系の人々が活躍しているとわかると、神様がこの民族に映画作りの才能を与えたのではないかと思えませんか? もしユダヤ系の人々が映画産業に携わっていなかったら、今まで私たちが観てきた数々の素晴らしい映画も存在しなかったかもしれません。いち映画ファンとして彼らのこれまでの貢献に感謝するとともに、今後ますますの活躍も期待したいと思います。
コメント

映画界のユダヤ系の人々 (2)

2012-12-18 13:19:44 | 映画!
すっかり間が空いてしまいましたが、12月12日に書いた日記「映画界のユダヤ系の人々」の続きを。今回は興行成績第14位から第8位までの発表です。

第14位 ガリバー旅行記 (興行収入15.5億円)
プロデューサー兼主演のジャック・ブラックはユダヤ系。ダーシー・シルバーマン役のアマンダ・ピート、ホレイショ役のジェイソン・シーゲルもユダヤ系です。

第13位 SUPER 8 (興行収入15.8億円)
監督・脚本そしてプロデューサーも務めたJ・J・エイブラムスはユダヤ系。スティーヴン・スピルバーグも製作を担当しています。出演者ではネレク大佐を演じたノア・エメリッヒがユダヤ系です。

第12位 英国王のスピーチ (興行収入17.3億円)
プロデューサーの一人であるエミール・シャーマンはユダヤ系。エリザベス妃を演じたヘレナ・ボナム=カーターもユダヤ系です。イギリス映画はハリウッド映画と比べるとやはりユダヤ系の人々が少ないですね。

第11位 ツーリスト (興行収入18.1億円)
プロデューサーのロジャー・バーンボームとジョナサン・グリックマンはユダヤ系のようです。レジナルド・ショーを演じたスティーヴン・バーコフもユダヤ系です。

第10位 三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (興行収入18.9億円)
プロデューサーの一人であるスティーヴン・マーゴリスはユダヤ系と思われます。脚本のアレックス・リトヴァクも恐らくユダヤ系。ダルタニアンを演じたダルタニアンもユダヤ系。あと、リシュリュー枢機卿を演じたクリストフ・ヴァルツですが、本人はユダヤ系ではありませんが、最初の結婚相手がユダヤ系だったようです。

第9位 ブラック・スワン (興行収入22.0億円)
監督のダーレン・アロノフスキーはユダヤ系。プロデューサーのマイク・メダヴォイもユダヤ系。主役のニナを演じたナタリー・ポートマン、リリー役のミラ・クニス、ニナの母親役のバーバラ・ハーシー、ベス役のウィノナ・ライダーもユダヤ系です。

第8位 猿の惑星: 創世記 (興行収入23.2億円)
プロデューサーのピーター・チャーニン、プロデューサー兼脚本担当のアマンダ・シルヴァーはユダヤ系。同じくプロデューサー兼脚本担当のリック・ジャッファも名前はユダヤっぽいのですが、実際はどうなのかわかりませんでした。主演のジェームズ・フランコもユダヤ系です。

今回はユダヤ系云々より、興行成績的に「本国ではコケたのに日本ではウケたんだ!」という作品があって興味深かったです。今回はこの辺で。続きはまた後日。
コメント

2012年に観た映画(50)

2012-12-16 00:20:44 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。今回は記念すべき第50回! 12/9から12/15までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

341 12/9 リターン・トゥ・ベース ○ (前売券で1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 12/10 007 スカイフォール ◎ (109シネマズデーで1,000円)
342 12/12 砂漠でサーモン・フィッシング ○ (レディースデーで1,000円)
343 12/13 秘密のオブジェクト ○ (シネマート六本木会員サービスデーで1,000円)
344 12/14 ホビット 思いがけない冒険 2D字幕版 ○ (ユナイテッド・シネマ 会員サービスデーで1,000円)
345 12/15 フランケンウィニー 2D字幕版 ○ (TOHOシネマズ シネマイレージカードポイントで0円)
346 12/15 ドキュメンタリー映画 100万回生きたねこ ○ (シアターイメージフォーラムメンバーズカードで1,000円)
347 12/16 裏切りの戦場 葬られた誓い ◎ (前売券で1,300円)

合計 7作品(8回) 7,600円

今回リピートしたのは『007 スカイフォール』のみ。今回の1回あたりの料金は950円でセーフ! 次回はヤバイかもしれません。

さて、今回お勧めするのは『裏切りの戦場 葬られた誓い』。予備知識ほぼゼロで観ました。舞台はフランス領ニューカレドニア。日本では「天国に一番近い島」として有名な美しいところ。作品はここで1988年に実際に起こったのウベア島虐殺事件を描いた物語です。まずびっくりしたのは冒頭で結末が出てきたこと。例えば殺人事件を扱った刑事ドラマで最初に結末がわかったら、犯人を推理する楽しみがなくなってしまいますよね。私も「えー?」と思ったのですが、最後まで観て、きっと作り手はこの映画を、観客をハラハラドキドキさせる単なる娯楽作品にしたかったのではなく、フランス史の汚点の記録として映像化したかったのではないかと思いました。どんな汚点なのかはネタバレになってしまうので詳しく書きませんが、この事件のことをまったく知らなかった私は、「人権先進国であるはずのフランスでさえも市民の人命より政治家の政治生命の方が優先されたのか!」と驚きを隠せませんでした。結局どの国の人間でも力(権力・財力・武力等)を持つと、それを保つあるいは大きくすることに心を奪われ、人々のためにその力を正しく行使するどころか悪用・乱用してしまうものなのだ…。先週観た『声をかくす人』の感想でも書きましたが、人権や正義が後回しにされることは、いつの時代のどの国でも起こり得るのです。今日は衆院選の投票日。東京では都知事選もあります。できればこの映画を観て、どの立候補者/どの政党が人々のために正しく力を行使できるかあらためて考えて投票していただきたいと思います。選挙前の鑑賞はムリだとしても、12月20日(木)まで新宿のシネマスクエアとうきゅうで上映されていますので、お見逃しなく!

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント

映画界のユダヤ系の人々 (1)

2012-12-12 22:08:46 | 映画!
すっごくありきたりなタイトルになってしまい、すみません。11月18日の日記「2012年に観た映画(46)」で「ユダヤ系の監督、プロデューサー、俳優のリストを作ってみようかと。」と予告したはいいものの、どうやって書こうかといろいろ迷いました。実際、英語でググればリストも出てくるしなぁ、なんて。それに、ただの名前の羅列だと誰が誰なのかわかりにくいかもしれないし…。

というわけで、ここでは日本で2011年の洋画の興行成績の良い作品に、監督・プロデューサー、脚本家、俳優などとしてどれだけユダヤ系の人々が関わったかで表現したいと思います。ちなみに、ここでの「ユダヤ系」とは必ずしもユダヤ教徒という意味ではなく、むしろ親や祖父母、それ以前の祖先にユダヤ人がいるという結構ざっくりした定義です。私がネット上で調べた結果ユダヤ系だと思われる人々を書いていますので、本当にユダヤ系なのかという真偽についての責任は取れません。何とぞご了承ください。また、興行成績については「映画ランキングドットコム」の情報を元データにしました。今回は興行成績第21位から第15位までの発表です。

第21位 カンフー・パンダ2 (興行収入10.2億円)
主役のポーの声を担当したジャック・ブラック、シーフー老師役のダスティン・ホフマン、カマキリ役のセス・ローゲン、ツル役のデヴィッド・クロスがユダヤ系です。

第20位 タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (興行収入10.4億円)
監督のスティーヴン・スピルバーグがユダヤ系であることは有名ですね。彼はこの映画のプロデューサーでもあります。

第19位 アンストッパブル (興行収入10.5億円)
プロデューサーの一人であるミミ・ロジャースはユダヤ系(ちなみに彼女はトム・クルーズの最初の結婚相手です)。ウィル・コルソンを演じたクリス・パインも祖先にロシア系のユダヤ人がいるようです。

第18位 RED/レッド (興行収入11.6億円)
ほんの少しだけ登場するアレクサンダー・ダニング役のリチャード・ドレイファスはユダヤ系。シンシア・ウィルクス役のレベッカ・ピジョンは夫がユダヤ教徒で、ユダヤ教に改宗したとのこと。

第17位 ライフ -いのちをつなぐ物語- (興行収入11.9億円)
この作品ではユダヤ系の監督・プロデューサー・脚本家・出演者を見つけることはできませんでした。

第16位 ソーシャル・ネットワーク (興行収入13.6億円)
プロデューサーのスコット・ルーディン、マイケル・デ・ルカはユダヤ系です。脚本のアーロン・ソーキンもユダヤ系。主人公のマーク・ザッカーバーグを演じたジェシー・アイゼンバーグ、エドゥアルド・サベリン役のアンドリュー・ガーフィールド、双子のウィンクルボス兄弟役のアーミー・ハマーもユダヤ系ですね。

第15位 リアル・スティール (興行収入13.8億円)
監督兼プロデューサーのショーン・レヴィはユダヤ系。主要な出演者でユダヤ系の人物は見つけられませんでした。

とりあえず今回はこの辺で。続きはまた後日書かせていただきます。
コメント

グローイング・アップ

2012-12-11 08:53:21 | 映画!
40代以上の方でないとピンと来ないと思いますが、昔『グローイング・アップ』という映画が話題になりました。1979年の日本公開当時、私は小学高学年で、近所の同い年の友達と一緒に映画館に観に行った記憶があります。そして、私も彼女も何の疑いもなくその映画の舞台がアメリカだと思っていました(いや、彼女はきっと今でもアメリカだと思っているはずです)。

それが1978年に製作されたイスラエル映画だと私が知ったのは数年前。その時の驚きたるや! ちなみに英語でのタイトルは "Growing Up" ではなく、"Lemon Popsicle"(レモンのアイスキャンデー)。Lemon Popsicle でググるといろいろな情報が出てきます。そんなわけで、早速『グローイング・アップ』のビデオを借りてきて確認。アメリカ人だとばかり思っていた登場人物はよく見るとユダヤ系あるいはアラブ系の顔立ちで、街並みや風景もアメリカのそれではないことは一目瞭然でした。この映画の原語はもちろんヘブライ語ですが、日本では英語吹替版で公開されたはずです(私が見たビデオも英語吹替版でした)。でも、当時ヘブライ語版で公開されていたとしても、小学生の私にはそれが英語以外の原語であるとは判断できなかったと思います。

いくら小学生だったとは言え、イスラエルをアメリカと間違えてたなんて、なんて私はバカな子供だったんだろうと思いました。でも、当時の私にとって外国と言えばアメリカ、イギリス、ソ連、中国、フランスなどで、イスラエルの映画が日本で公開されるなんて夢にも思わなかったのです。

では、みなさんはいかがでしょう? 私のようにイスラエル映画をアメリカ映画と勘違いすることはないかもしれません。でも、例えばアメリカ映画の、白人に見える登場人物をユダヤ系の人々とそうでない人々を見分けることはできるでしょうか? これは結構むずかしいと思います。というわけで、次回からユダヤ系の映画人について書きたいと思います。
コメント (6)

2012年に観た映画(49)

2012-12-09 00:07:04 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。12/2から12/8までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

335 12/3 クイーン ハンガリアン・ラプソディ:ライブ・イン・ブダペスト '86 ○ (2,000円)
336 12/4 マリー・アントワネットに別れをつげて △ (試写会で0円)
337 12/5 ボス その男シヴァージ ○ (レディースデーで1,000円)
338 12/7 声をかくす人 ◎に近い○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
339 12/8 エルドラド ○ (前売券で1,300円)
今年2回目なので通し番号なし 12/8 ル・アーヴルの靴みがき ○ (ギンレイホール シネパスポートで750円)
340 12/8 汽車はふたたび故郷へ ○ (ギンレイホール シネパスポートで750円)

合計 6作品(7回) 6,800円

今回リピートしたのは『ル・アーヴルの靴みがき』のみ。今回の1回あたりの料金は971円でセーフ! 次回もたぶん大丈夫。何とか今年いっぱいセーフでいきたいものです。

さて、今回お勧めするのは『声をかくす人』。リンカーン大統領暗殺事件に関わったという疑いでアメリカ合衆国政府によって処刑された最初の女性、メアリー・サラットの裁判(軍法会議)を描いた物語。この映画を観れば、この死刑執行がいかに不当なものだったかよく理解できます。そもそも軍人ではなく一般市民を軍法会議にかけること自体おかしいですし、彼女にかけられた疑いも死刑に値するとはとても思えないもの。ネタバレになるので詳しくは書きませんが、裁判という場ですらも人権や正義が最優先されないケースがあることを思い知らされます。南北戦争が人の心にどれほどの憎しみを植えつけ、大統領暗殺が人の心の目をどれほど曇らせたか。いえ、この人権や正義が後回しにされるケースは当時のアメリカだけでなく、いつの時代のどの国でも起こり得るかもしれません。これからの日本でそのようなことが起こらないことを祈るばかりです。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント (2)

くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~ at 中野サンプラザ (5)

2012-12-06 08:55:29 | 音楽!
お待たせしましたが、「くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~」@中野サンプラザ1日目のレポの続きを。

いよいよアンコールの演奏。楽器を持ってスタンバイすると、「何曲かやらせて下さい」と岸田さん。「敦賀市長からの賄賂のカニを食うなという英語の歌」という紹介で始まった1曲目は「crab, reactor, future」。私、ずっとこの歌の歌詞変だなーと思っていたのですが、そんな意図があったなんて初めて知りました。歌が始まった時はお客さんはみな着席していたのですが、そのうちポツポツ立ち始め、私も前の席の人が立ったタイミングで立ち上がりました。

お次は岸田さんの「旅に出る理由はね、特にないじゃないですか。出てみると、「ああ、こういうことやったんか」って気づくことあるよね。そういう歌ですね」という紹介で始まったのは、言うまでもなく「ハイウェイ」。この時にはお客さんはほぼ全員立っていました。アンコール2曲目が終わると、岸田さんが「くるり、17年ぐらいやってるんですけど・・・」と言い始めるも、突然「眉毛も茶色いなぁ、ええなぁ」と佐藤さんに向かってコメント。佐藤さんはこの日のために髪の毛に合わせて眉毛も染めた(脱色した?)ようです。「男性メンバーのそういうのに気付くオレって・・・」と岸田さんは若干複雑な心境だったようですがw

「僕たち東京から京都に帰っちゃったんですけど」と岸田さん。そんなことはまったく知らなかった私は驚愕。「東京でこれを演奏するのは格別なものがあります」と始まったのはもちろん「東京」。私も泣きそうになりながら一緒に歌いました。演奏が終わり切らないうちに水を飲み、「ありがとう」と岸田さん。

「東京」がアンコール最後の曲になるかと思いきや、「もうあれやな、クリスマスやな」とトークを始める岸田さん。突然のクリスマスの話題に客席からはうっすら笑い声。「もう今年も終わりやな。来年も元気でな」で始まったのは「宿はなし」。そうか、ついにこれで最後かと感慨深く歌に聴き入りました。最後は「ありがとう!」と5人でおじぎ。時計を見ると21時13分でした。

というわけで、ライブのレポは以上です。最後にセットリストを書いておきますね。

1. ワンダーフォーゲル
2. everybody feels the same
3. chili pepper japones
4. argentina
5. dancing shoes
6. bumblebee
7. シャツを洗えば
8. 春風
9. soma
10. white out (heavy metal)
11. 惑星づくり
12. jumbo
13. トレイン・ロック・フェスティバル
14. すけべな女の子
15. コンチネンタル
16. ブレーメン
17. glory days
18. ロックンロール

アンコール
1. crab, reactor, future
2. ハイウェイ
3. 東京
4. 宿はなし

以上、全22曲でした!
コメント

くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~ at 中野サンプラザ (4)

2012-12-04 23:00:00 | 音楽!
早速ですが、「くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~」@中野サンプラザ1日目のレポの続きを。

17曲目が終わり、岸田さんが「最後の曲になっちゃった。早いなぁ」とポツリ。客席からは「えー!?」とガッカリした声。「俺、もうちょっと(やれる)って感じやわ。最後にボカッといきます!」と頼もしい言葉を残し、始まったのは「ロックンロール」。いや、そら泣きますわ。ファンファンさんの手にはタンバリン。舞台奥のスクリーンは薄暗い橙色。演奏が終わると岸田さんは「ありがとう!」と軽く礼をして、佐藤さん、吉田さん、ファンファンさんたちと舞台を去っていきました。

時計を見ると20時39分。私はひとまず着席。客席からはもちろんアンコールの拍手。最初はバラバラだったのが、だんだん手拍子のように聞こえるようになったものの、レゲエのリズムのように裏打ち(いや、音楽ではないから裏も表もないはずなんですが)している人もいて、妙におもしろい会場内。

その手拍子がだんだん揃ってきた20時41分、照明が点灯。ステージにやって来たのは佐藤社長と吉田さん。吉田さんはシャツを着替えた模様。佐藤さんは「ありがとうございます」とお客さんにお礼。「立ってくれてる方、お座りください」と気遣いを見せる吉田さん。ここしばらくライブでの物販の紹介をしていなかったらしく、佐藤さんは「久しぶり、3回ぶりくらいやなー」と感慨深げ。

まずは「ツアーと言えばTシャツ!」と佐藤さんが最初の品を紹介。ちなみに性欲Tシャツにうさぎが描かれているのは「哺乳類で一番性欲が強いのはうさぎ」(ホントですかね?)だからとのこと。お次のマグカップの時、吉田さんはなぜかオネエ言葉とレスポンス。ポーチセットは「入れるものは自分で工夫してください」と放置プレイ!? コインケースは佐藤さんが「キーホルダーとして使ってほしい」と提案。自転車の鍵を入れるのにぴったりだそうですよ。

そしてチャリティーCD「石巻復興節」も紹介。製作費はすでにペイできたとのことで、売り上げはすべて仮設住宅の生活支援等に使われるそうです。また「HOW TO GO」はくるりが旅した街を紹介する「旅冊子」とのこと。第一弾の今回は福島の浜通りが掲載されているそうです。

ひととおり物販紹介が終わった20時50分、岸田さんたちがステージに登場。きちんと着席したお客さんたちを見て、「あー、いいですね、座ると。壮観ですね」とコメント。これには観客も悪い気はしなかったはずです。「お客さん、ええ奴やなー、オーディエンスはミュージシャンに似るっていいますからね」と今度は自画自賛!?

うわー、今回で終わらせるつもりなんですが、書ききれずにすみません。最終回は次回ということで。
コメント

くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~ at 中野サンプラザ (3)

2012-12-03 13:00:13 | 音楽!
大変お待たせしましたが、「くるりワンマンライブツアー2012~国民の性欲が第一~」@中野サンプラザ1日目のレポの続きを。

9曲目の「soma」の雰囲気とは打って変わって、激しいイントロで始まったのはアルバム『坩堝の電圧』の1曲目「white out (heavy metal)」。ライブの臨場感のせいか、アルバムよりもサウンドに厚みがあるような気がしました。お次はインストゥルメンタルの「惑星づくり」。この曲がライブで聴けるとは思っていなかったので、ちょっとびっくり。照明も幻想的というか未来的というか不思議な感じ。ちなみに吉田さんは椅子に座ってエレキチェロを演奏。多才な方なんですねぇ。

12曲目は佐藤さんボーカルの「jumbo」。岸田さんはこの曲ではキーボードを担当。円を描きながらゆっくり会場内を照らすブルーの照明。終盤時々髪をかきあげる佐藤さん。あ、すっかり書き忘れていましたが、私、佐藤さんが金髪(っていうかアッシュっていうんですかね、あの色?)になったこともこのライブで知りました。なかなかお似合いだと思いましたよ。お次は「トレイン・ロック・フェスティバル」。実は私、アルバム「TEAM ROCK」は持っておらず、この曲を聴いたのは初めて。「へー、こんな雰囲気の曲あるんや」というのが感想。吉田さんのギターパフォーマンスがかっこよかったです。

14曲目は「すけべな女の子」。この曲をライブで聴いたのは初めてですが、ドラムのリズムが気持ちよくて、予想以上にノれました。次の曲が始まる前、岸田さんは水を飲んで、「コンチネンタルという曲をやります」と一言。この曲もライブで聴いたのは初めて。途中でテンポが変わるところがいいですよね。曲が終わると岸田さんは「どうも!」とお礼。

15曲目の後、岸田さんはお客さんに「爆風スランプ、聴いてた?」と質問。なぜに爆風スランプ? 中野サンプラザだから?と私が考えていると、岸田さんは「昔ね、爆風スランプって書いてあるテープが家にあって、その中に武道館について歌った歌が入ってたんですよ。で、僕は歌に出てくる玉ねぎがずっと中野サンプラザにあると思ってたんです。」もちろん客席からは笑い声がw くるりにとっては「中野サンプラザはとても思い出がある場所」だそうです。

「あと数曲やらせて下さい、ありがとう!」とMCを締め括って始まった16曲目は大好きな「ブレーメン」。岸田さんは声が出にくくなったのか、少し苦しそうでしたが、そんなことは一切関係なく、私は号泣。お次は「glory days」。吉田さんはエレキチェロを担当。舞台は暗く、4人にはスポットライト。この歌の一節に「九州のお客さんも」という歌詞が出てくるのですが、岸田さんは今回「中野のお客さんも」と歌ってくれました。照明はだんだん明るくなり、最後には舞台後方の幕が開けられ、スクリーンが登場。

ふー、あと少しなのですが、今回はこの辺で。続きはまた後日ということで。

コメント

2012年に観た映画(48)

2012-12-02 01:26:53 | 映画!
12/30の日記で、2012年の目標を「劇場で映画を観る時は1本あたり1,000円以下で観る!」と発表した私。11/25から12/1までの映画料金は以下のとおりです(左端の番号は今年1年用の通し番号、作品名の次は◎、○、△、×の4段階評価)。

327 11/25 アバンチ・ポポロ ○ (東京フィルメックスの招待状で0円)
328 11/27 ボディ・ハント ○ (レディースデーで1,000円)
329 11/27 エピローグ ○ (東京フィルメックスで1,700円)
330 11/30 HICK ルリ13歳の旅 ○ (テアトルシネマグループ会員サービスデーで1,000円)
331 12/1 恋のロンドン狂騒曲 ○ (映画の日で1,000円)
332 12/1 007 スカイフォール ◎ (映画の日で1,000円)
333 12/1 ミロクローゼ ○ (映画の日で1,000円)
334 12/1 ファースト・ポジション 夢に向かって踊れ! ○ (映画の日で1,000円)

合計 8作品(8回) 7,700円

今回はリピートは一切なし。今回の1回あたりの料金は963円でセーフ! 次回もその次も大丈夫そうなので、しばらくはリラックスして映画を観られます。

さて、今回◎がついたのは『007 スカイフォール』のみですが、先週と同様他の作品もなかなかレベルが高かったです。作品として良かっただけではなく、私の好みのタイプが多くてしっかり目の保養をさせていただきました! 具体的に誰かと言うと・・・まず、『ボディ・ハント』でライアンを演じたマックス・シエリオット。いやー、こういう一見優男(やさおとこ)なのに実は腕っぷしの強い人、大好きですわ。作品の終盤でライアンの真の人間性が明らかにされるのですが、途中までの彼のキャラがあまりにも好みすぎて、本当の彼を受け入れられない自分がいましたw

お次は『HICK ルリ13歳の旅』でエディ役だったエディ・レッドメイン。それまでの私の中の彼のイメージは『マリリン 7日間の恋』のコリン。つまりまだ人生の荒波に揉まれていないイギリスの良家のご子息。ところが、『HICK ルリ13歳の旅』はそれとは真逆の、荒くれカウボーイ。声色を変えてアメリカ英語を話すだけでも大変だったのではないかと思います。実際、演技はなかなか良かったのですが、それ以上に私の目を引いたのは、ほんの一瞬垣間見えるエディ・レッドメイン自身の育ちの良さ。「この人は完全なワルにはなれないんだな」と妙に納得してしまいました。

最後は『007 スカイフォール』のQ役、ベン・ウィショー。これまでの007シリーズでのQはおっさんばかりでしたが、今回一気に若返りましたね! キーボードを打つ指が意外にぶっとい(ひょっとすると本人の手ではないかもしれませんが)のはちょっと残念でしたが、もう、あのメガネとカーディガン、いい感じに乱れた(!?)髪型、ちょっと小生意気な態度、そしてイギリス英語がたまりませんわ! 彼は来年3月公開の話題作『クラウド アトラス』で5役(!?)担当しているようで、どんな演技を見せてくれるのか今から楽しみです。

*各作品の簡単なレビューはこちらでどうぞ。
コメント (2)