ウリパパの日記

自由気ままに・・・

ひたちなか海浜鉄道開業10周年記念きっぷ 2018.9.22

2018-09-22 17:31:10 | 電車
昨日は久しぶりに国分寺の事務所に外出でした。夜遅くまで打ち合わせ、そのまま高尾に帰宅しました。勝田駅の2番線で特急を待っているときに、ひたちなか海浜鉄道の改札口の掲示物を眺めていあたところ、開業10周年記念乗車券(1000円)と記念入場券(600円)が販売されていました。早速記念乗車券をいつものように衝動買いしてしまいました。


内面のデザインです。10年のあゆみが記載されています。茨城交通湊線を引き継ぎひたちなか海浜鉄道が発足したのが平成20年4月1日。平成23年の3月11日に東日本大震災により被災し、全面復旧運転再開が7月23日。平成25年12月25日に湊線100周年。そして記載にはありませんが2017年は単年度黒字を達成しました。大震災の苦難を乗り越えた経営者の手腕は見事です。


こちらは表面のデザイン。

ところで、ひたちなか海浜鉄道では新駅を設置する計画が進んでいるそうです。候補地は平磯駅と磯崎駅の間。市内の小中学校5校を廃止して小中一貫校を開校する市の方針に合わせて開業予定。また阿字ヶ浦駅からひたち海浜公園まで延伸計画もあるとか(決定ではないと思います)。楽しみですね。
コメント

横浜線開業110周年記念HM車 2018.9.17

2018-09-17 16:57:05 | 電車
横浜線は9月23日に開業110周年を迎えます。それを記念したヘッドマーク車が1編成運用されているとの情報を入手しました。一昨日、町田まで行く用事がありましたが、残念ながらHMを掲出したH001編成は日中運用されていませんでした。そこで今日の運用予定を調べてみたところ、14時37分に橋本止まりとして入線するとの情報。午前中はお墓のお掃除、昼食を食べてから早速出かけてきました。


定刻通りに2番線にHM車が入線してきます。


折り返し桜木町行きとなります。


ヘッドマークをズーム。


もう一度。とてもシンプルなデザインです。10年前の開業100周年ヘッドマークのほうが文字が大きく印象に残りますね。国鉄時代の面影が残っていました。最後に参考にリンク貼っておきます。


横浜方面の先頭車も記念にパチリ。


帰りに八王子駅中央線連絡階段に寄ってみました。開業110周年を祝う階段アートです。


上側はヘッドマークと同じデザインです。


開業日である9月23日には小机駅で記念イベントが開催されます。記念グッズや記念弁当も販売されます。お墓参りの予定があって行けませんが。。。

参考)2008年の開業100周年記念ヘッドマーク (写真が小さいです)
2008年8月20日の記事

コメント

189系木曽あずさ号新宿到着 2018.8.26

2018-08-27 21:54:24 | 電車
昨夜は久しぶりに電車で友部のアパートへに戻ってきました。新宿駅で京王線から中央線に乗り換えるため8番線ホームに到着したところ、7番線にカメラを構えた親子連れや鉄ちゃんが何かを待っているようです。帰りのときわ号まで時間があるので、中央線を1本やり過ごして7番線で待っていたところ・・・
189系の臨時列車が入線してきました。臨時列車木曽あずさ号の到着です。25日に新宿駅を出発し、昨日南木曽から戻ってきました。


方向幕は”臨時”です。


乗客を降ろして出発の準備。方向幕は”普通”に代わりました。


最後に残った189系は長野総合車両センターのN102編成です。昔、あさま号として活躍した車両ですね。そういえば昨年運行された木曽あずさ号は189系のあずさ色でした。


正面から見た姿。


新宿駅7番線の様子。

もしかしたら、昨日が189系の見納めになってしまったのかもしれません。
コメント

ホリデー快速富士山1号通過 2018.8.26

2018-08-26 10:51:13 | 電車
今日も暑い一日になりそうです。先ほど自宅近くの中央線観察スポットに出かけてきました。お目当てはホリデー快速富士山1号。従来は189系が使われていましたが、今年の3月からE257系が充当されているようです。定刻の9時57分に通過します。


先頭の方向幕は"快速"です。




河口湖へ向けて駆け抜けていきました。次は高尾駅に停車します。


ホリデー快速富士山が通過する4分前にJR貨物のブルーサンダーがやってきたので練習でパチリ。こちらは撮影成功ですが、本番はボケボケになってしまいました。
コメント

鹿島臨海鉄道大洗鹿島線 2018.8.3

2018-08-04 17:15:14 | 電車
大洗鹿島線は水戸駅から鹿島サッカースタジアム駅を結ぶ鹿島臨海鉄道が運営するローカル線です。全線単線、非電化です。利用客の多い水戸駅から大洗駅までは1時間に2本程度の列車が運行されています。茨城県に単身赴任を始めて4年げ経過しますが、通勤途中に水戸駅で見かけることがあっても、今まで一度も乗車したこおtがありませんでした。

昨日会社帰り、常澄駅近くの田んぼアートを見に行くため、始めて利用してみました。帰りに常澄駅で水戸駅行きの列車を待つ間、ローカル線の風情を満喫しました。18時25分に、大洗行きの下り線が常澄駅に入線します。日没間近の太陽が大きく見えています。


大洗行きのようです。


先頭は「大洗サメラッピング車」


後方は「ガルパンラッピング車」です


正面に大きな「洗」のマーク。


駅の待合室で見かけた運賃表。水戸から鹿島神宮まで全15駅。片道1360円です。SUICAは利用できず、駅員さんに頼んで切符を購入します。


がんばっぺ!茨城 のステッカー


車内の路線案内図


水戸駅で発車を待つ大洗行き列車。


水戸駅7・8番線ホームのニューデイズはE653系を模した売店です。これも以前から気になっていました。


7番線側にフレッシュひたちで使われていたE653系の説明がありました。
コメント

リゾートやまどり富士山 高尾駅通過 2018.7.15

2018-07-15 21:40:54 | 電車
この3連休、JR高崎駅から富士急行河口湖行きの直通列車「リゾートやまどり富士山」が運行されています。今日の夕方、河口湖発高崎行きの上り列車を見に高尾駅まで出かけてきました。


18時20分、10分ほど遅れてリゾートやまどり富士山が高尾駅にやってきました。


コンデジで流し撮りは難しいですね。




次の停車駅は八王子。高崎駅着は20:35予定です。
コメント

東京駅歴代「銀の鈴」勢揃い 2018.6.16

2018-06-16 14:26:47 | 電車
梅雨の主役であるオホーツク海高気圧が強まり北東から湿った冷たい気流が流れ込んできました。今朝は八王子で13.7℃まで気温が下がっています。

今週は仕事が忙しく昨夜も23時過ぎにアパートに帰宅。今朝6時7分友部発の常磐線各駅停車で戻ってきました。朝は駅のコンビ二が空いていなかったため東京駅に立ち寄り地下1階で朝食の場所を探していたところ、銀の鈴広場にひとだかりが出来ていました。近寄ってみたところ、歴代の鈴が展示されていました。



初代銀の鈴です。これは当時の写真に基づいて作成された復元品です。


初代銀の鈴の説明です。銀の鈴広場は、昭和39年の東海道新幹線開業によって増加した利用者の待ち合わせ場所として誕生したそうです。初代銀の鈴は昭和43年6月10日から展示されましたが破損が厳しく、この復元品は駅員が業務の合間を縫って竹と和紙の骨組みに銀紙を貼って作成したそうです。


翌年昭和44年11月24日に登場した二代目です。八重洲中央改札前に設置されました。


説明によるとクロームメッキの躯体と隠しスピーカーの仕掛けが施されていました。


50年弱の歴史があるため相当傷んでいます。よく今まで保管されていたものです。


昭和60年2月に登場した3代目です。こちらは銀メッキです。


3代目は東京駅名店会により名店街30周年記念事業として寄贈されました。当時は構内1階の中央待ち合わせ場所の改良工事完成とともに設置されました。平成6年8月には北陸新幹線の乗り入れなどに伴う駅改良工事に伴いの現在の地下1階に移転しています。確かに昔、銀の鈴広場といえば、1階の八重洲中央待ち合わせ場所であったと記憶しています。


こちらは現在の4代目。アルミ合金製です。


平成19年10月、駅ナカ商業施設「グランスタ」の開業に合わせ、東京藝術大学の宮田亮平学長のデザインにより誕生しました。現在の文化庁長官ですね。

コメント

JR四国予讃線のアンパンマン列車 2018.5.14

2018-05-14 23:25:04 | 電車
昨日から今日にかけて、四国の伊予西条へ出張してきました。今日の帰り、伊予西条駅で岡山行きのしおかぜ18号を待っていたところ、松山行きの特急が入線してきました。なんとアンパンマン列車です。思わず先頭まで走ってパチリ!




カラフルな装飾です。車内もきっと・・・


しおかぜ9号といしづち9号の連結部分です。


松山駅へ向かって出発しました。


駅で見かけた掲示板です。

アンパンマン列車は、予讃線、土讃線、瀬戸大橋線、高松ー徳島間など四国中を走り回っているそうです。偶然お目にかかれてラッキーでした。


やってきた「しおかぜ18号」は8600系でした。従来の振り子式傾斜機構に代わり空気バネ式傾斜機構を採用したため、乗り心地は改善したと言われていますが・・・

帰りもずっとパソコンで仕事だったので、やはり辛かったです(笑)

コメント (1)

特急「ひたち」のヘッドマーク弁当 2018.3.2

2018-03-03 12:27:41 | 電車
最近仕事がトラブル続きで忙しく、連日6時15分にアパート出て帰宅が22~23時。平均睡眠時間は3~4時間の生活が続いています。会社の近くにアパートを借りなおそうかとも考えたのですが、高尾への帰宅や利便性を考えて、友部での生活を続けることにしました。昨夜も夕方から緊急会議が2つ入り、会社を出たのが22時15分。高尾へ戻ることもできず、夕食をどうしようかと思い勝田駅のコンビニ(NewDays)に立ち寄ったところ、見慣れない駅弁が一つ売れ残っていました。値段が2160円とお高いですが、昔のL特急ひたち号をテーマにした駅弁のようです。うーん、どうしようか・・・22時32分の電車が入線する時間です。思わず衝動買いしました。


お弁当の容器はクリームと赤の国鉄色。蓋は特急ひたちの方向幕(梅のマーク)です。


蓋を開けました。白飯(茨城県産コシヒカリ)、常陸牛しぐれ煮、桜しゅうまい、青梅の甘露煮、さつまいも(紅あずま)の甘露煮、厚焼きたまご、子持ちきくらげ生姜煮、明太子(かねふく明太子使用) の8品。茨城県にこだわった食材となっています。


献立表です。

ネットで調べてみたところJR東日本リテールネットのオリジナル商品「特急列車ヘッドマーク弁当」の第4弾でした。在来線特急列車のヘッドマークがデザインされた弁当箱に、実際に走っていた沿線にゆかりのある名店が中身を監修しているそうです。昨年7月に第1弾の「ひばり」が販売されて以降、第2弾の「あさま」、第3弾の「あずさ」と続き、今回は第4弾の「ひたち」が2月5日に登場しました。水戸駅にある駅弁屋「しまだフーズ」が手掛けたお弁当となっています。量は少なめですが、メインの常陸牛しぐれは甘くて柔らかく、美味しくいただきました。
コメント

丸善池袋店 2018.1.19

2018-01-19 23:39:23 | 電車
今日は久しぶりに電車で茨城県から戻ってきました。会社の鉄ちゃんから池袋の丸善へ行ってみたらと勧められていたことを山手線内で思い出し、池袋で途中下車。スマホの地図を頼りに東口から丸善へ向かいました。

丸善 池袋店は都内最大級の文具専門店です。現地に到着してびっくり。ビル1階の正面に西武の新2000系電車と、京急の800形運転台部分が外を向いて展示されていました。


カフェスペースとなっている店内に入ると、切り出された運転台の裏側に説明がありました。京急800系の説明です。


こちらは西武の新2000系。


店内にはもう一台、東急の7700系です。こちらは店内を向いています。行先表示はLEDではなく方向幕です。


再び表にまわり足元を見ると京急は軌間1435mmの広軌。


西武は軌間1067mmの狭軌。いやー、凝ってますね。


斜めから見ると運転台だけを切り出した様子がわかります。

都内最大級の文具専門店「丸善 池袋店」は昨年の8月にオープンしたばかりです。昼間に訪れてみたいですね。
コメント

ひたちなか海浜鉄道のHM車 2018.1.5

2018-01-05 23:18:11 | 電車
今日は仕事始めでした。1日出勤すると3連休です。しかし新年度がスタートしたため、どっさりと仕事を持ち帰ってきました。今日は朝7時から出勤していたため、早めに退社して勝田駅18時21分発のひたち24号で高尾の自宅に戻ってきました。18時10分過ぎに勝田駅1番線に入線してきたキハ11-7の那珂湊側にはヘッドマークが掲出されていました。


2番線ホームからでは暗くて見えずらいためコンデジでズーム。2018年をお祝いするヘッドマークでした。


一方、勝田駅側には何も付いていません。わざわざ先頭部まで確認しにいった甲斐がありました。
コメント

スーパーあずさ 新型E353系デビュー 2017.12.23

2017-12-23 12:53:04 | 電車
今日から新型E353系がスーパーあずさとしてデビューしました。先ほど、あずさ11号の通過を自宅近くで見てきました。


従来車両のE351系のデビューは24年前の12月23日。従って、約四半世紀ぶりの新型車両です。


JR東日本のHPによると、外装デザインのコンセプトは、伝統の継承、未来への躍動。あずさのDNAを引き継ぎながら、日本の中央を走り抜けるダイナミズムを表現しているそうです。


E353系は4往復で運用され、来年3月17日のダイヤ改正ですべてのスーパーあずさがE353系に置き換わります。

E353系では全車両に動揺防止制御装置が設置され、カーブの通過速度を上げられる車体傾斜装置もE351系の制御付き自然振り子式から、揺れの少ない空気バネ式に変わりました。性能面ではE351系とほぼ同じですが、快適性・機能性が“現代の最先端”になっているそうです。一度乗車してみたいですね。


コメント (2)

初めて見かけた京王新型5000系 2017.10.21

2017-10-21 16:53:51 | 電車
京王新型5000系が運用開始して3週間が経過しました。平日は茨城県に単身赴任、週末は病院通いなどで非常に慌ただしく、お目にかかる機会に恵まれませんでした。今朝、奥さんから先日高尾線で見かけたという話を聞き、先を越されて悔しいです。今日こそはと思ってネットを検索したところ、新宿8:01発、高尾山口行の各駅停車に5000系が使われているとの情報。狭間駅の到着時間を調べたら9時26分で、残り僅か4分! 10時に生命保険のおばちゃんが来る予定なのでグッドタイミングです。高幡不動駅で車両交換されていないことを祈りつつ、観察地点の上椚田橋までダッシュ。


期待通り5000系がやってきました。


狭間駅から初乗車したいところですが、10時からの予約があるため断念。またの機会ということで。。。

今週末は秋雨にたたられ、どこにも外出できません。しかも超大型で非常に強い(925hPa)台風21号が日本列島をうかがっています。1959年の伊勢湾台風と非常に似た気圧配置になっているそうです。このまま北上して月曜日に本州を直撃する予想。特に首都圏では進行方向東側に入るため猛烈な南風が吹き荒れ、交通機関が麻痺することが予想されます。各地で倒木が相次ぎ、深刻な被害が出る恐れがあります。高潮被害も懸念されています。今後の台風の動きに注目。台風のコースと中心気圧、スピードの上がり方です。予想より東にそれ本州南岸をかすめてほしいところです。明日は衆議院選挙どころではありませんね。今日は停電(工事)ため訪問禁止となっていた病院に明日行こうか、悩んでいるところです。明日夜は、大雨の中、茨城県へ車で戻ります。明後日朝は常磐線あるいは水戸線が動くかどうか心配。。。何となく落ち着かない週末となっています。週末の持ち帰り仕事が相当溜まっているので、こちらは捗りそうです。
コメント (4)

京王レールランドで開催中の高尾線開通50周年記念イベント 2017.10.15

2017-10-15 15:58:45 | 電車
秋雨前線が本州の南岸に停滞して雨が降り続いています。金曜日から気温が14℃前後を推移して、肌寒い週末となっています。昨日は午前中歯医者、昼から病院と実家、夜は仕事(在宅)と慌しく過ぎ去りましたが、今日は夕方までフリーです。天気が良ければ最終日を迎えた全国都市緑化はちおうじフェアを見学しようかと考えていましたが、残念ながら終日雨の予報。庭仕事も今週末に延期することにして、鉄道イベントが開催されている京王レールランドに出かけてきました。各駅停車で運用を開始した新型5000系の出会うことも期待したのですが、今日は車庫から出てきていないようです。

今年は八王子市制100周年に加え、京王では新型5000系のデビュー、高尾線50周年と八王子ではイベント続きとなっています。特に新型5000系のアピールは半端ではありません。


レールランドでは往年の名車5000系が展示されています。昭和47年の高尾線開通時の姿が復元展示されていると聞いたので、これを見るのが目的でした。


半世紀前のイベントが掲載されていました。第二次佐藤内閣発足、東京では美濃部さんが当選し12年にわたる革新都政スタート、高見山が初の外国人関取に昇格、着せ替え人形「リカちゃん」登場、ブルーシャトウがヒットなど懐かしい名前が連なっています。


花で彩られたヘッドマークをズーム。


5000系の横には2010系。前回(9月17日)に訪れたときはスタンプラリーのHMが掲掲出されていました。今日は多摩動物公園行きの方向幕です。


ライオンの絵がデザインされた方向幕は懐かしいです。


5000系の車内でミニ写真展が開催されているので見学してきました。


車内に入ると、いきなり何?何? レールランド開業4周年??
ばかな!そんなはずない。息子が小さいときにはジオラマを運転するために何度も通っていたのに。暫く悩んでしまいましたが、リニューアルオープンしてから4周年を迎えたのですね。ようやく納得です。昔のレールランドは駅舎に隣接した小さな施設でした。車両が実体展示されるようになったのは4年前のことだったのです。


車内では高尾線開業当時の貴重な写真が展示されています。1枚拝借。工事中の京王家片倉駅です。


社内の中吊りにも新型5000系。壁掛けカレンダーの宣伝です。参考までに卓上カレンダーは既に完売しています(購入済です)。


5000系が引退してからすでに20年が経ちます。1964年にはローレル賞を受賞しています。一方、新型5000系は2017年度のグッドデザイン賞を受賞しています。


最後にデハ2410の車内を紹介しておきます。昭和15年製造です。木の床、窓枠や扉も木目調です。車内の立ち入りは制限されていて運転席を見ることはできません。


レールランドからの帰りは7000系のTamazooTrainです。ヘッドマークをつけていました。


へードマークをズーム。イベント開催中のようですね。車内のアナウンスもいつもと違っていました。スマホや集音マイクを掲げている人がたくさんいいたので、何かイベント開催中のようです。


レールランドの帰りに、久しぶりに狭間のイトーヨカドーに立ち寄りました。秋も深まりハロウインの季節ですね。

今週も秋雨前線の影響で雨が続きそうです。秋雨シーズンが終わる頃には一気に秋が深まりそうです。
コメント

京王高尾線開通50周年 2017.10.1

2017-10-01 17:54:46 | 電車
今日から10月がスタート。爽やかな秋晴れに恵まれ、今朝は八王子で12.4℃とこの秋一番の冷え込みでした。平野部の紅葉はまだまだ先ですが、これからは一雨ごとに秋の深まりを感じるようになります。

現在、八王子市では市制100周年を記念した各種イベントで盛り上がっています。さらに今日10月1日は京王高尾線(北野ー高尾山口間)が開通して50周年を迎えました。京王電鉄では一昨日の新型5000系導入に加え、今日から高尾線開通50周年をするイベントが開催され、その一環として記念乗車券の発売が始まりました。

しかし、今週末は非常に慌しく、昨日は下期授業が始まるため娘を神奈川県のアパートへ送っていき、今日は会社の内定式(来年の新卒)のタイミングで配属面談を行うため、先ほどまで本社まで出かけてきました。50周年記念イベントの雰囲気だけでも味わいたいので、今朝会社へ出かける前に、高尾山口駅に寄り道して記念乗車券をゲットしてきました。


開業50周年を迎えた高尾山口駅です。


駅前に設置された特設売り場の様子です。ハイキング客も立ち寄り購入していました。明日からの高尾線内での通常発売に先立ち、今日は高尾山口駅前で3000セットが販売されます。


ゲットした記念乗車券。記念乗車券のNoは1377なので、9時20分の段階ではまだ余裕がありそうでした。


高尾線の前身である御稜線(1945年に休止) が運行していた当時の「京王電車沿線名所図絵」が専用台紙の表紙となっています。





台紙の中身です。高尾線の建設時の様子が紹介されています。

京王高尾線の開業は昭和42年。府中から八王子に引っ越してきたのが昭和45年の年末で長沼駅から北野駅前まで1駅京王線に乗って由井第1小学校に通っていました。京王高尾線は小学校からも見ることができ、高尾線とはあれこれ46年のお付き合いとなります。


当時の北野駅の様子が駅で紹介されていました。高架になる前の北野駅。懐かしいです。


もう一つイベントを紹介しておきます。高尾線開通50周年に合わせて、記念HMを掲出した準特急が運行されていました。その情報を朝に入手し、HMを付けているグリーン車(8000系)の運行情報を特定して、一足早く北野駅の入線を待ちます。


おなじみ高尾号のHMを付けた準特急新宿行きがやってきました。


記念HMを掲出した準特急で豊洲にある本社へ向かいます。


ヘッドマークをズーム。「祝 高尾線開通50周年」の文字が追加されていました。

記念乗車券、HM車以外の企画として、9月23日から「高尾599ミュージアム」でのパネル展示、昨日から高尾線でのスタンプラリーが実施されています。スタンプラリーの景品に惹かれますがちょっと時間ありません。来週末パネル展示は9日まで開催されているので、来週末に空き時間を確保できたら見学してきます(7日は新国立のオペラ、その後は病院などあって厳しいかな・・・)
コメント (2)