久遠の絃

-くおんのいと-
since 2003/9/1
キレイな写真なんていらない。もっと本当の姿が見たい

ついった

いろいろ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

落ちていく

2006年04月30日 21時18分45秒 | 久遠
落ちていく夕の陽は 雲の隙間
胸躍るほどに大きな空に 差し込んではねる海の上
線を引いたような光は 暖かな今日を支えて
コメント

2006年04月29日 20時37分21秒 | 久遠
初夏を告げるように咲く花に 雲の上の温かさ
雲を通して温かな光り差し込み
熔け出していく春の日 季節の変わる場所で
コメント

けむりでるそら

2006年04月28日 21時19分40秒 | 久遠
煙の出ているような雲を見つめ
近づいてきた初夏の香りを見つける
暑いほどの日差しと 人混みを思い
コメント

シロバナタンポポ

2006年04月27日 21時27分32秒 | 久遠
ここに咲く花は どこか遠いところから
白くみずみずしく 春の風に吹かれて
雨上がりの空 のっそりと過ぎゆく雲の下で
コメント

ななふし

2006年04月26日 21時43分21秒 | 久遠
まだまだ小さいナナフシの子供
過ぎゆく春の日差しの中で まだ知らぬ世界を見つけに
冒険 いつかくる夏の日を見つめて
コメント

おちゃっぱ

2006年04月25日 20時37分55秒 | 久遠
またこの香りが部屋に広がり
新しい季節が 鼻をくすぐる
懐かしい香りと 迎える季節とともに
コメント (4)

大きな太陽

2006年04月24日 19時38分23秒 | 久遠
大きな太陽は暮れていく空の下で かすむ街に降り積もり
暖かだった昼間を忘れるほどに 風は冷たく変わる
夕の音の中 終わりゆく今日の日を見つめて
コメント (2)

紅く

2006年04月23日 22時36分41秒 | 久遠
紅く庭を彩る春の花
雨降る空の下でも ちゃんとその花を咲かせ
流れ出していく春の日々 始まる初夏の香りとともに
コメント

えくすとらすてーじ

2006年04月22日 20時59分30秒 | 久遠
みなさま飲み過ぎには注意です。
コメント

月への階段

2006年04月22日 00時29分54秒 | ことばのうみ
また今日も月が出ていた。淡い光があたりを照らす。それを僕らは止めるすべはなく、ただあるがままにぽっかりと空いた空の穴に魅入られていく。
”ねぇ、寒くない?”
ぼくは小さく声をかけた。
”うん。大丈夫”
そういって君はぎゅっとぼくの手を握りかえした。
秋の空を歩くように乾いた春の風が駆け抜ける。空に光る月は強さを増して、人の明かりのない道を明るく照らす。持っていた懐中電灯さえ今はバッグの中にある。
”今日は明るいね”
君がそういってぼくは小さく頷く。明るい月は見上げるほどに大きく変わっていく。空にあるはずであろう満天の星空はすべて月に吸い込まれ、乾いた空には小さく月だけが顔を覗かせている。
夜の小道はあの場所へと続く。誰も知らない僕らだけの場所。いつか母に連れられて来たことがある。その場所に僕らは向かっている。
父と母が見つけたその場所は、ほかの誰にも知られることなくいつまでもそこにある。誰も知らない道を通り、少しだけ山を登るように。まるで空に月がある時にしかその姿を見せない、そんな道。僕らは歩いていく。
”ありがとう・・・・・・”
そっとぼくのジャンパーを君の肩にかける。春まだ冷たい夜の風が吹き抜けていく。
”もう少しでつくよ”
そう言って、君はうなづいて、僕ら二人は歩いていく。
時。時間。風。月。
何かが通り過ぎていくほどに、ゆったりとした時間が僕らを包み込む。言葉を交わすこともなく、ただ静寂の中に二人の足音だけが響いていく。
たぶん、怖いのかもしれない。静まりかえった場所。その場所を声で乱すのが怖いのだ。凛とした空気の中に、人の声はたぶん大きすぎるのだろう。僕らは時折ぎゅっと手を握りあう。
”さぁ、ここだよ”
道が開けて小さな丘が見える。柔らかな草原が闇の色に染まり、月の光に揺れる。凛とした空気は風をはらみ、駆け抜けていく風の道が見える。息をすることも忘れるほど見上げた月は大きく、手を伸ばせば届きそうなほど。
”あら、波の音がする・・・・・・”
君は小さくそうつぶやいた。
”うん。いってみようか?”
丘の向こう側には海の見える場所。断崖と海から吹く風。見下ろす先には小さな海岸も見える。
”月への階段。”
それ以上の言葉が見つからない。海から上りくる月の光が遠くまで続く階段のように、ずっとずっと続いている。海面を漂う光は空の月へと続くように、淡くゆらりゆらりとたゆたう。小さく聞こえる波の音と耳の奥に聞こえるつばを飲み込む音。感嘆の声さえ上げることなく、ただ見つめるだけの景色。
ほんのりと漂う潮の香りと、君の髪の香りが揺れて僕らは唇を重ねた。
柔らかな風が通り抜け月がゆっくりと僕らを包み込むように。


コメント