久遠の絃

-くおんのいと-
since 2003/9/1
キレイな写真なんていらない。もっと本当の姿が見たい

ついった

いろいろ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

冷たく

2005年01月31日 19時48分19秒 | 久遠
冷たく冷える夜を越え 昼間の日差し
吹き付ける北風は強く どこかでは雪
街は冬の気配に包まれて ゆっくりと季節を超えて
コメント

2005年01月30日 21時48分59秒 | 久遠
冷たい風の中でも花を開き
通り過ぎる雲を眺める
昇っては沈む毎日を肌で感じて
コメント

煙る

2005年01月29日 20時15分45秒 | 久遠
煙る空の色に 湿る夕の風
まるで雨でも降り出しそうな空を 黒い雲が行く
知らぬうちに夜はやってくるようで
コメント

夕焼け

2005年01月28日 22時21分46秒 | 久遠
焼けていく空は ゆっくりと夜を吐き出し
暮れていく空は ゆっくりと今日の日を終わらせる
吹き始めた冷たい風と 変わっていく空の色を眺めながら
コメント

線路

2005年01月27日 21時05分33秒 | 久遠
この場所から見る景色は変わらず
行き過ぎる汽車だけを眺める
遠くの踏切の音と
近づいてくるあの音にふっと振り返りながら
コメント

立ち並ぶ

2005年01月26日 20時11分28秒 | 久遠
見上げるほどに立ち並ぶテトラポット
空を行く雲も不思議そうに下を眺め
どこへ行くとも知れぬそれは まだその場所で空を眺め
コメント

かげ

2005年01月25日 22時02分47秒 | 久遠
伸びる影もなく弱い日差しは街を包み
雲の下でよどむ風は柔らかく
見上げた空は まるで泣き出しそうな予感
コメント

きんかん

2005年01月24日 21時11分17秒 | 久遠
暖かな日差しに見守られ 太陽の色へ
甘酸っぱい味は強くともやさしく
変わる季節の中で 今年も小さな実を付けて
コメント

2005年01月23日 20時55分57秒 | 久遠
うつむくようにして小さな花を開き
太陽に向かって手を伸ばす
暖かな光りと 夜の月に見守られて
コメント

風の中

2005年01月22日 22時23分38秒 | 久遠
風の中に遠くの街を感じ
運ばれてくる冷たい空気に風のながれる道を知る
冬の深まりと 冷たい夜に光る丸い月を眺めながら
コメント