久遠の絃

-くおんのいと-
since 2003/9/1
キレイな写真なんていらない。もっと本当の姿が見たい

ついった

いろいろ

にほんブログ村 ポエムブログ 写真詩へ
にほんブログ村

桜咲き始め

2016年03月31日 23時08分02秒 | 久遠
やっとここにも桜が咲き始めた
いつの間にかつぼみが膨らんで 1つ2つ
さぁこれから忙しくなるぞ 週末には花見ができそうだ
コメント

どうしたもんだか

2016年03月30日 23時27分45秒 | 久遠
土曜と日曜は仕事 休みは平日
何をしろっていうんだ みんな働いてる時間にふらふらしてる
人と遊びに行くなんて 夢の様なことだよなぁ
コメント

一つの時代が終わる

2016年03月29日 22時43分54秒 | 久遠
よく通った本屋がもうすぐ閉店
なんだか一つの時代が終わってしまうような寂しさ
跡地にはなにか来るんだろうか 放置されないことを願う
コメント

きっと運がいい

2016年03月28日 23時56分41秒 | 久遠
ふらりと外を見ると 山の向こうに沈む夕日
しばらくして太陽は消えていった
海の上に明るく真っ直ぐな道 こんな景色に出会えるなんてね
コメント

なぜだ?

2016年03月27日 22時48分43秒 | 久遠
なぜだ なぜ僕はこんなところにいるんだ!?
海藻の影に隠れて寝てたのに なんで陸に上がってるんだ
ちょっとここ空気が濃すぎる 早く海の中に帰らなきゃ!
コメント

狙われてる

2016年03月26日 23時00分07秒 | 久遠
こんなところに矢が刺さってる
きっとなにか狙われてるのかもしれない
それにしても透明なガラス窓 浮いてるようにも見えてなんだか素敵
コメント

お茶が黒ずむ

2016年03月25日 22時49分56秒 | 久遠
こんな写真ばかりでお茶を濁す
でもあまりに場当たり的で 濁しすぎている
もういい加減お茶が黒ずんできたような そんな気がしてしまうんだ
コメント

花束

2016年03月24日 23時59分27秒 | 久遠
寒の戻り 冷たい朝の透き通る空
ただそこに花束が置いてある ただそれだけなのに
なぜだか今日は 心があたたか
コメント

2016年03月23日 23時14分37秒 | 久遠
ぼんやりとした夜に 揺れる光
道の向こうを走る車は ただひとつの線となる
ぽつりぽつりと明かりが灯る 街はゆっくりと眠りにつく
コメント

撮らない

2016年03月22日 23時02分04秒 | 久遠
カメラ持ち歩いてても 時々何も撮らない
今になってぼんやりと天井を見上げてひと押し
このままじゃダメだと何回言ったことだろうなぁ
コメント