笑顔の伝道師 ゆうちゃんのイカす『やんちゃジジイ』

音楽、サッカー、演劇・・・・
還暦を過ぎた『やんちゃ』な爺さんが目標とするのは
毎日を楽しく、笑顔で生きる事。

退院後は、次女との時間

2015年08月31日 | Weblog

今日の午前中、病院を退院し、8日ぶりに娑婆へ戻ってきました。
真面目な話、朝の外気は本当に美味しい。
病院と云う場所は、病室とトイレが近かったりで、独特の臭いがします。

10時に病院を出て、電車を使って荻窪まで戻り、ブラブラ歩きながら
秘密基地に戻ってきました。
今日は、先週出来上がっていた眼鏡を受け取るのと、
次女に新しい眼鏡を買ってやる約束をしたので、ついでにランチデイト。

と言っても、僕が食べられるのはお腹に優しいものだけ。
武蔵境にある『ヨーカドー』にある、お店を色々見たけど、結局は地下のフードコート。
僕はスープ付きの五目チャーハン、次女は豚骨ラーメンと簡単なものになっちゃった。

眼鏡は良い感じで出来上がりましたよ。
次女には値段を気にしないで好きなのを選べって言ったのに、
気を使って9000円くらいのフレームを選んできた。
目の監査をして貰って、レンズのオプション込みで2万円弱。

眼鏡を購入した後は、学校に行きたいらしく新宿まで送って行ってやる事に。
駐車場の入口にある、アイスクリームを買って車に乗り込んだ。
このアイスクリーム、小さい頃から帰りがけに買うのが定番。
次女は「チョコミント」、僕はビニールケースに入った「ラムネ味」。

新宿まで1時間足らず。
就職の話や、将来の事なんかを話しながらのドライブ。
以前は、長女がそう云う相手だったけれど、最近は次女になった。
僕は普段一緒に住んでいないから、こう云った時にしか話が出来ない。
二人きりだと、本音を話してくれるし、僕の話もキチンと聞くし、自分の意見もハッキリと言う。

これは長女も同じでしたね。
きっと父親と娘なんて言うのは、他に誰かが居ると照れ臭かったり、
なにか意識して、言いたい事を言えなくなるのかも知れないと感じています。

だから親馬鹿と言われようが、娘の送り迎えで『アッシー』になるのは
僕としては、凄く大事な時間になるのです。

夕方、秘密基地に戻ったら、ちょっと疲れちゃった。
夕飯は、御飯を炊いて卵2個を使った雑炊を作りました。
お茶漬けを食べたかったけど、明日の楽しみに取っておきます。

食事の後は、入院中に出来なかった同窓会の内職。
印刷物を3つ折りにして、ハガキと一緒に封筒へ入れる。
封筒へは宛名用と差出人のラベルを張ればおしまいです。
週末の幹事会までには、多分終わるでしょう。
終わらなければやって貰えば良い・・・・・

幹事会で皆の作業として封筒詰めを取っておいてくれ・・・・なんて言うけれど、時間の無駄。
色々と、メールで発信しても、返事すら帰って来ない。
都合の良いところだけ手伝いますって言う感じで、ちょっと腹が立つので
無視して、一人でせっせとやってます。
やれる人間がやればいいだけです。僕は別に苦になって居ないし・・・・

ちょっと愚痴ぽかったですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院7日目 やっぱり病み上がり

2015年08月30日 | Weblog

入院7日目。
今日は『外出許可』を貰って、外出してきました。

まずは自転車で、秘密基地まで帰宅。雨が止んでいたので、ラッキーでした。
帰宅して、すぐさまサッカーの道具を車に積んで昭島に向かいました。

今日は壮年(40歳以上)のカテゴリーで、来春に行われる三多摩大会の出場権をかけて
市の代表を決める決定戦。
僕が率いる『マスターズ』を倒そうと、『打倒、マスターズ』を目標に、
色々なチームの上手い連中を集めたいわゆる選抜チーム。

うちはゲームメーカーの郁也が仕事、その他にも主力が3人欠場。
でも代わりに普段は子供のコーチで来られない幸司が来て、メンバーは12人。

僕が着替えずに居るから、協会の連中が『どうしたの?』って訊いて来る。
僕は腕に着けて取れない、入院者のリストバンドを見せて
『今、入院中で外出許可取って来たんだけど、終わったら病院に帰るんだよ』
と言ったら、みんな大笑い・・・・僕らしいってさ・・・・

で、試合の方はエースFWのナベちゃんに、秘密兵器の幸司が躍動。
ゲームメーカーの郁也が居ないので、ちょっと中盤のパスが落ち着かなかったけど
1点目は幸司とナベちゃんのコンビで、お手本のような得点。
2点目はナベちゃんが今度は、ダイレクトボレーでネットを突き刺した。
その後、いつもの悪い癖が出て、つまらないパスミスから相手に点を奪われたけど
3点目を勇ちゃんの弾丸シュートで奪って、勝負あり。
壮年の市代表として、三多摩大会に出場する事になりました。

相手チームのキャプテンに『今回は粒を揃えて来たね』と言ったら、
『練習しないで勝つのが俺たちの主義』と生意気な事を返してきた。
僕はこう言うチームには絶対負けちゃいけないと思いましたね。
実際、毎日のように練習して居る我々とは圧倒的にレベルが違う。
練習しない連中が勝てるのは、その程度のレベルの相手だけ。
僕らは練習して居るから、ちょっと上手いだけでは倒せません。

しかし、やっぱり病みあがり。
小雨が降る中、ゴール裏で1試合球拾いしただけで疲れました。

試合後は、次女が成人式前に着物で写真を撮りに行っていたので
直接、吉祥寺までお迎えに行きました。
着物を着て、髪の毛をセットして、化粧して・・・・・
長女もそうだったけど、やっぱり女の子は良いですね。
いきなりお姉さんになったような感じで、何だか嬉しかった。

僕は、夜に病院に戻るので急いで帰宅。
化粧を落としたり、出かける支度をして、御飯を食べに行く事にした。
先に合宿から帰っていた長女も合流して家族4人。

僕は肉が食べたいと言ったら娘が
『病人は、雑炊でも食ってろ』と、近くのファミレス『夢庵』へ。
僕はカニ雑炊と、揚げだし豆腐。

『病院の夜は動物園』の話をしたら大笑い。
やっぱり家族で話しながら食べる食事は良いですね。

今日は
病院(阿佐ヶ谷)⇒秘密基地(荻窪)⇒サッカー(昭島)⇒お迎え(吉祥寺)⇒
ファミレス(三鷹)⇒秘密基地(荻窪)⇒病院(阿佐ヶ谷)
と、病院に帰ったのは八時過ぎ。

病みあがりにはちょっと厳しい一日でしたが、いよいよ明日は退院です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院6日目 夜の病院は動物園

2015年08月29日 | Weblog

入院6日目は土曜日。
何だか曜日感覚も薄れてしまう病院生活です。

昨日から点滴だけの生活から、五分粥と中心の食事。
病院食は不味いという先入観があったけど、食べてみるとそうでもない。
意外と美味しいですよ。
と云う訳で、食事は全て完食の模範生です!

病院に居て、確かに体は健康体に戻っている実感があります。
4日間の点滴生活で、お腹の中は綺麗になったし、お腹も少し凹んだ。
体重は2kgくらい減ったし、体脂肪率も16%を切りました。

明日は先生の許可を貰って『外出許可書』を頂けるので、
一旦、秘密基地に戻って、昼からサッカーの試合を指揮しに行きます。
その後は、次女の成人式の前撮りのお迎え。
夜は、外でお腹に優しいものを家族と一緒に食べて、夜に病院に戻る予定。

病院は昼間の方が良く眠れます。
夜になって、消灯した途端に同じ部屋に居るお爺ちゃん達が吠え出します。
4人部屋で僕の向かい側のお爺さんは、脳血栓で介護状態。
夜になると痰が絡むらしく『おぇ~』って、声を出し始めると、
看護婦さんが来て、ギュルギュルって音を立てて吸引をするのです。

もう一人の叔父さんは、同じように昼間は大人しいのに、
夜になると声をあげて『痛い』を連発し、そのたびに『頑張るんだぁ』と
何だか自分に言い聞かせているのか?・・・・
良く解りませんが、この2大テノールがとにかくウルサイ!

そして、今度は夜中に隣のオジサンのいびき・・・・・
ガーガーと言う他に、口を開けて寝るのか?
口で呼吸する音が混じって、気になって寝られないのです。

その他に、他の部屋からは叫び声が・・・・・

さながら夜の病院は動物園と化します。
病院は静かな場所・・・・と云うのは、全くの認識不足でした。

そんな訳で、夜中は熟睡できず、昼間に寝ています。
まぁ、会社に居る時と同じですね(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院5日目 図書館の記事

2015年08月28日 | Weblog

土日は診察などがないので、退院は月曜日以降。 
外は雨みたいで、僕が入院してからずっと涼しい日が続いているらしい。 
あれだけ記録的な猛暑が続き、猛暑日の連続記録まで作ったと言うのに、 
後半に入って、雲の多い日が増えて、今週は雨降りの日ばかりだったようで、 
終わってみれば、8月の日照時間は平年より少なかったそうだ。 
その8月も今日を入れて残り三日、来週の火曜日からは9月となり 
長い夏休みが終わり、新学期が始まる。 

そんな矢先、こんな事が話題になっている。 
http://matome.naver.jp/m/odai/2144057523356381401 
既に御存知の方が多いと思うので、これについてのコメントは控えます。 

僕は子供の頃に親の転勤が多く、幼稚園、小学校、中学校と 
三回の転園、転校を経験している。 
4年生になる春に、父親が浦和市(現さいたま市)から、猛暑で有名な熊谷市に 
転勤になり、当然のごとく僕も転校となった。 
今はどうか判らないけれど、その当時の浦和市は京浜東北線沿線のベッドタウンとして、
超満員の、電車に乗って都心へ通うサラリーマンが多い街だった。 
当然、街は都会の文化をそのまま持ってきたような街だった。 

対して熊谷市は、いわゆる『ローカル』。 
半ズボン履いて、蝶ネクタイとベレー帽をかぶってデパートへ買い物に行くような 
そんな文化は持ち合わせて居ない、いわゆる典型的な田舎の都市だった。 
そんな『ローカル』の子供達の前に、突然現れた『スカした都会もん』は、 
格好の虐めの標的だった。 
だから、虐められる側の気持ちは、凄くよくわかる。 
僕の場合は、相手がしつこいのでグループの一人を病院送りにしてしまった。 
今なら大きな問題になっていただろうけれど、その頃は親が子供の喧嘩に 
首を突っ込むことは、滅多に無いことだったから、その後僕は手土産を持たされて 
喧嘩の相手に謝りに行き、和解して、その後は親友へと変わっていった。 

今の子は喧嘩をしないし、喧嘩をしたら、今度は負けた側の親が出て来たりで、 
今の虐めの構造は、陰険な大人たちが半分作り上げた気がします。 
そんな経験があるから、この図書館の話にある『夏休み終わりの憂鬱』は凄くよくわかる。 
この図書館のメッセージが話題になるほど、世の中は荒んでしまったのですね。 

喧嘩をしたくても出来ない立場に、相手が居るのを知っていて、 
執拗に虐めの行為を続ける、陰湿な行為は子供より大人の世界の方が深刻です。 
この数年間、言われなきパワハラに遭い、我慢してきた。 
特にこの1年間、僕は会社に行くのが憂鬱で不眠症に陥り、 
週末にリフレッシュしても、日曜日の夜になるとまた憂鬱になる。 
図書館に逃げ込むように、休暇を取ったりして何とか乗り切ってきた。 

子供たちに言いたい。 
学校なんて、楽しく無ければ行かなくて良い。 
勉強なんて、大人になってからでも出来る。 
死ぬなんて、その気になったら、何にも怖くない。 
大事なのは『笑顔で暮らすこと』 

今の入院生活が明ける時は、まさに夏休み終わりの心境。 
何処かに図書館みたいな場所は、無いだろうか・・・なんて、 
図書館の記事で、色々な事を考えさせられました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院4日目 点滴から5分粥へ

2015年08月27日 | Weblog

今朝から、5分粥の食事になりました。 
入院してから丸三日間、何も口にしない点滴だけの生活でも、 
不思議なくらい、お腹が空いた感じもなく生活できています。 
空腹感と言うのは、胃に何も入っていなくても、点滴で生命維持に必要な 
ビタミン剤等を与えれば、脳が食を欲さないと云うことなんですねえ。 

かつて、ダイエットした時に、『血糖値を適度に保てば、空腹感が無くなる』 
と、書いたことを極限の所で身をもって証明した感じがします。 
こういうところは、やっぱり技術者の血なのかも知れませんね(笑) 

さて、今日のメニュー。 
朝は5分粥に、鶏肉と野菜の煮物、小松菜のお浸し、味噌汁。 


まずは鶏肉と野菜の煮物を口に入れる。 
味は薄味だけれど、僕には丁度いい。 
良く噛んで、塊が無くなるまで咀嚼して、 
久しぶりに喉を、物が通過する感触。美味しいです。 
病院の御飯もなかなかいけますよ! 
鶏肉と野菜の煮物は、完食。 
暫く食べてなかったから、胃が小さくなったみたいで、これだけで満腹。 
5分粥は、半分食べた所でギブアップ! 
何だか、残すのは申し訳ない気持ちでした。 



昼は鳥団子と野菜の煮物、ブロッコリーのお浸し、かぶのお清まし。 
鳥団子の煮物は完食、苦手のブロッコリーはパス(ごめんなさい!)、 
お清ましと5分粥は、七割くらい食べたかな?。 


夕飯は肉豆腐に、里芋の煮物、大根の味噌汁、バナナ1/2 
昼から間があってお腹もすいていたけど、苦手なものがなく、 
おかず、5分粥ともに初めて完食。 

残さず食べると、食べた後に食器を片づける時の後ろめたさが無くて、 
何だか気持ちが良いですね。 
これは、病院の食事に限った事ではない。 
お弁当や、定食もそうだし、家で食べる食事でも同じ気がします。 

かつては好き嫌いが激しく、偏食だったけれど、歳を重ねるうちに 
何でも食べるようになりました。 
そして、最近は味付けも以前に比べると、かなり薄味を好むようになった。 

病院にいる間に、少しスリムになれるかなあ?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

入院3日目

2015年08月26日 | Weblog

前回の入院は、35年前に膝の半月板を損傷したとき。 
3週間の入院後は、脱走するように退院したものだった。 
若い頃には見えなかったり、気にしなかったりしたものが、 
最近は良く見え、些細なことでも妙にじっくりと、考えるようになった。 
歳を取ったと言う、証拠なのでしょうね? 

病院に限らず、会社や組織というものは『人』によって形成され、動いている。 
病院と言う場所は、それが露骨に見えるので、色々と考えさせられる。

朝6時半になると、看護師さんが検温と血液検査の採血にやって来る。 
採血は隔日らしく、今朝はその採血の日。 
男性の看護師なので、嫌な予感がしたのだけれど、予感的中! 
女性の看護師さんは、血管の辺りをつまむようにして『チクリ』と言う感じ。 
ところが、今朝の看護師さんは『プツリ』と言う感じで、針が刺さる感触があった。 
当然、こちらの方が格段に痛いし、採決後の出血も多い。 

7時半。朝御飯がやって来る。 
でも、僕はまだ栄養剤と抗生物質を投与する点滴だけで食事は、明日かららしい。 
この河北総合病院だけでは無いのだろうけれど、医師、看護師、準看護師のほかに 
看護師の助手のようなスタッフがたくさんいて、病院がまわっている。 

一昔前は、何でも看護師や準看護師がやっていたであろう、医療行為以外の 
いわゆる『雑用』を、専門のスタッフが付いて、身の回りの世話をしてくれる。 
高齢化で、身の回りの世話が必要な患者が増えたり、そういった事をする家族が 
居なくなったりと、色々事情はあるのだろうけれど・・・ 

それに、こういった光景は患者が多い都会の病院だけのものかも知れない。 
被災地なんか、復興住宅が建ったところで病院が近くに無かったり。 
多くの人が、都会での生活に憧れる要因に、こんな事も関係しているのかな? 

でも、その『雑用』をこなす人がいないと、組織は上手く回らない。 
サッカーの用具係『ホペイロ』も、今では重要な仕事だと認識されている。 
会社でも、実は雑用をこなす人間が凄く重要なんだけど、『見た目難しそうな仕事』 
を、やっている人間ばかりで、上手く回らない事が多かった。 

人なんて、生かそうと思うかどうかで大きく違いがでる。 
なんか、こんな事を考えてしまいました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急入院、原因分析

2015年08月25日 | Weblog

入院二日目。

腹痛は少し和らいだけれど、相変わらず前かがみにしていないと痛い。
突然、襲ってきたこの腹痛。
原因を考えるべく、この1週間の行動を思い出して、医師に話した。
先週の火曜日は、休暇を取って奥歯を抜歯。
出血が止まるまで、ほぼ流動食のような物を食べていた。
抗生物質と頓服薬を飲み続けていたので、胃の粘膜も弱って居た気がする。
それにも関わらず、金曜日は飲酒、それも急ピッチの深酒。
僕は、これが腹痛の原因だと、自己判断していた。

翌日は、酒が残っているのか?食欲も湧かず、同窓会の印刷作業を進めた。
夕食を作るのも面倒なので、印刷用のインクが切れたのを見て、
買い物ついでに、夕飯は外食で済ませることにした。

食べたのが『新サンマの塩焼き定食』。
これが、美味かった。御飯も久しぶりに食べる白米と、味噌汁。
秋刀魚は脂がのっていて、極上の味に思えた。
ちょっと苦みのある、はらわたまで綺麗に頂いた。

医師の話では、これが良くなかった可能性が高いという。

秋刀魚や鯖といった、いわゆる『青魚』には、『アニサキス』
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%82%B5%E3%82%AD%E3%82%B9
という寄生虫が居ることがほとんどで、生食する際は気をつけないといけない。
今回のように焼き魚にしても、はらわたの中まで火が通すには、
昔の七輪で焼くように、表面が焦げるほど焼かないとダメらしく、
外食のように見た目を綺麗に焼くと、はらわたには火が通らない。
つまり外食で、はらわたまで食べるのは、止めた方が良いらしい。

嫁さんには、『拾い食いでもしたのか?』と言われるし、
ウサギのウーも、調子が今ひとつなので娘たちは見舞いに来れないとか…
完全にペットより、格下扱いです!

それでも、夕方に着替えをもって嫁さんが来てくれました。
なんでも、今日は雨降りの一日で、気温も低く肌寒いとか…
とにかく、二日目も何とか過ぎそうです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

緊急入院

2015年08月24日 | Weblog

昨日からの腹痛に絶えられず、かかりつけの内科がある近所の城西病院に行って、

血液検査に始まって、腹部レントゲン、腹部CTなどの検査をしたら、

外科のある処に転院を薦められた。

外科ということは『手術』…

下手すると、長期療養で休暇を使う羽目に…

そんなことより、この激痛を何とかしてくれい!

余裕かましたふりの、点滴オヤジです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

腹痛にて、一日ダウン!

2015年08月23日 | Weblog

昨夜から、怪しかった腹の具合。

どうやら、単なる飲みすぎからくる腹痛では無さそうです。

今日は、起きることも出来ず、一日ダウン。

腹がパンパンに張って、触ると痛いし、痛くて前かがみにしていないと

とてもじゃないが、ジッとしても居られない。

明日は医者に行こう!

あぁぁぁぁぁぁ痛いよぉ…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

二日酔い気味の中、印刷完了

2015年08月22日 | Weblog

 昨日は、年に数回開催する『ハゲを増す会』、夏の例会でした。

例によって『いつもの場所で、いつもの時間』と言う集まり。
組合役員の同期会から始まったこの会も、あっという間に12年も経過してしまった。
年に4回の集まりだけれど、毎回ウィスキーを飲み干したり、
個室を借りての飲み会とは言え、飲食費はメンバー8~9人で平均して一人大1枚と、
お店としても、悪い客ではない気がしている。
そんな、気の合う仲間との飲み会も、在職中は多分これが最後。
これ以降は、メンバーが声をかけてくれるか?…でしょう。

は、飲み会はいつも通り気合十分で、のっけから『白州』のハイボール。
通ぶった人は、勿体ないとか言うのでしょうが、我々は
『美味い酒は、どんな飲み方でも美味い』という、信念があるので
この時とばかりに、高い酒を飲むのです。

昨夜の議題は『合宿』
場所は、懐かしの熱海後楽園ホテル。ここで始まった、我々の付き合い。
出来れば、組合の合宿に重ねて開催しようという話。
しっかり、印刷物も用意されていて、用意も良いですな…

飲み会は凄いピッチで飲んで、10時過ぎに終了。
いやあ、ちょっと飲みすぎたかなあ…。

一夜明けた今日は、同窓会の印刷物を全部作成しました。 
出欠確認用の返信用葉書の裏表に印刷して、A4の案内状、送り先の宛名ラベル、 
それらを送るための封筒に料金別納の印刷を、それぞれ260人分。 
後で差出人の印刷をし忘れたのに気がついて、そのためのラベルを購入。 
封筒に直接、印刷した方が良いかも知れないけど、 封筒への印刷は、
封筒を一度に20枚しかセット出来ず、意外と手間がかかるので、
宛名同様のラベルを作って貼ることにした。

しかし今日は、早めの夕食を外で食べてから、なんとなく胃が痛い。
昨夜、飲みすぎて胃に負担がかかったかな?
残りの作業は、明日にしよう。 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お笑いコンサルタント

2015年08月21日 | Weblog

会社を休む理由、これってセーフorアウト!? マナーの専門家に聞きました
マナーコンサルタント/西出ひろ子
http://doda.jp/careercompass/compassnews/20150814-13385.html

こう言う記事を見ていると、何だか情けなくなる。
この中に10通りの事が書いてあるんだけど、その中で
『セーフ』と書かれて居るもの
・友人の結婚式
・身内の結婚式
・身内の病気の看病・通院付き添い
・飼っているペットの病気
『アウト』
・田舎の親や親戚の来訪
・町内会の集まり
・自転車や自動車のパンク
・気分が優れない、乗らない
『ケースバイケース』
・マンションの立ち会い工事
・人間ドック

この西出っていうコンサルタント、こう言う人が世の中をおかしくする。
でも、逆に会社の経営者とかには受けが良さそうですね。

しかし、この分類・・・・笑えます。
そもそも、結婚式を平日にやる人間がどれだけいるのかね?
会社員だったら殆どあり得ないでしょう・・・・

敢えて当たり前なので『セーフ』の項目については何も言いません。
問題はそれ以外の項目。

親や親戚が来訪したら、普通は優先順位が高いんじゃないのかね?
僕なら友人や身内の結婚式より優先するけど・・・・
結婚式に出ないで、祝儀だけ渡すなんて良くやってますよ。
だって、結婚式って会社の延長なんだもん・・・・基本的に出たくないですね。

町内会の付き合いを軽視して居るのは、東京に住む田舎者の発想だな。
最近、近所付き合いの大事さを身に浸みて感じているから、余計にそう思います。

自転車や車のアクシデントだって仕方が無い事でしょう?
まぁ、それで遅刻する事は有るだろうけど、休むっていうのはあまりない気がする。
でもそれで、気分が乗らなくなったら休んだ方が良い。

気分が優れない、乗らないのは、いわゆる『鬱』の前兆かも知れない。
僕はこれに関しては、無理して会社に行く必要なんてないと思っている。
自分が管理職だった時も、部下の様子を何時も見ていたからね。

お笑いは『休んだ翌日に職場でやっておくべきこと』
お礼の言葉を伝える、可能であれば職場にお菓子を差し入れる・・・・だとさ。
休暇で遊びに行って、職場にお土産要らないでしょう・・・・
これ、笑えないんだよな。
今の職場、必ず休む前日にお決まりのように来るメール。
『明日、休暇を頂きます。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします』
こうやって、皆で縛り合ってるのですよ。

かつて僕は部下に
『休むなら病気なんかで休むな!同じ休むなら遊びに行くとかしろ!』
と言っていました。
僕は自由業などを経て、サラリーマンになって、一番良かったと思ったのが
『有給休暇』がある事。

自営業や自由業には『有給休暇』どころか『休暇』という概念が無い。
自営業は盆、暮れ、正月以外は定休日以外まず休めない。
気分で店を開けたり閉めたりして居たら、お客さんが来なくなってしまう。
自由業も同じ。ミュージシャンや俳優なんて、もっと過酷です。

会社員でも、お客さんと接する営業、サービス部門はそう云う意味では可哀想。
金を稼いで来ているのに、僕みたいな無能な、役立たずの人間に搾取されてる(笑)
『成果主義』なんて、サラリーマン以外の世界では当たり前なんですよ。

会社に行けば給料が貰える。
成果が出ても出なくてもある程度は保障される。
そう云う意味では『有給休暇』の取得はサラリーマンだけの特権。
遠慮なんかしないで、どんどん取ればいいのだよ。
そして、リフレッシュして仕事に励めば、『成果』も上がるはず・・・・・
成果を出すために適度に休む・・・・・と思ってます。

しかし、こんなお笑いコンサルタント・・・・僕もやってみたいなぁ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かけがえのない人へのメッセージ

2015年08月20日 | Weblog

今日はとある人に読んで欲しくて書いてみました。

僕の友人に、膵臓癌で旦那さんを亡くした人が居ます。
その旦那さんは、高血圧、高脂血症、軽度の糖尿病などの
いわゆる成人病のオンパレードで、知らないうちに沈黙の臓器
膵臓に癌を発生し、病気が発覚した時には既に手遅れでした。
丁度、僕の年齢の頃だったそうです。

僕は数年前に、ダイエットを試みました。
目的は脇腹の肉の塊をつかむ、劇団のババアを見返してやる為でした。
その頃の僕はサッカーをやっているにも拘らず顔も丸く、
体重が84kg、体脂肪率25.4%と完全な肥満でした。
当然、走ると膝が痛くなる、そして体の切れも無い。

ダイエットは食べてダイエットする『1日5食ダイエット』を自分流にした方法で
2週間くらい経過してから体脂肪率に変化が現れました。
25%以上あった体脂肪率が、毎日少しずつ下がって行きました。
体脂肪率が22%くらいまで下がった所から体重にも変化が現れ、
右肩下がりで体脂肪率と体重が徐々に減り始めました。
そして4ヶ月後、体重が16kg減の68kg、体脂肪率が12%減の13.8%まで下がったのです。
そして今はダイエットして居ないけれど、体重は71~72kg前後、
体脂肪率は16%台を維持して居ます。

ダイエットには目的があって、ただカロリーを下げても駄目です。
例えば極端な言い方をすれば、一日の摂取カロリーを守って、
全て油で摂取したとします。カロリーを守ってもこれでは意味がありません。

この記事を読んで欲しい人は、カロリー制限が目的になってしまっている。
見ていると、友人の旦那さんが辿った道とそっくりなのです。

友人の旦那さんは、高脂血症だと言うのにラーメンや外食が好きだった。
アルコール依存症の人が酒を好むように、高脂血症の人は脂を好む。
病気がそう云ったものを欲しがるんですね。

今流行りの『ココナッツオイル』を何にでも使って食べている。
体に良いと言われて居ても、所詮は脂。
案の定、体重が12kg減ったのに体脂肪率はいまだに30%もある。

これは筋肉が落ちて居るにほかならない。
筋肉量が減ると、代謝も悪くなる。つまりは体脂肪率は落ちないのですよ。
これは理屈通りの結果だと僕は見ている。
だから警鐘を鳴らしているんだけれど、聞く耳を持たないのです。
毎日、フェイスブックに載っているのが食べ物の話題ばかり。
見ると、僕以上に体に悪いものを毎日摂取して居る。
それを見て、周りは『美味しそう』だとか言って持て囃す。

気がついたら・・・・成人病が蔓延する体になっていたなんて事になりそうで、
本当に心配して居るのに・・・・・。
糖尿病の気もあるらしいから、失明したら大変です。
そんな病気になったら、誰が面倒看るのだろう?

少し真面目に他人の言う事に耳を傾けて欲しいなぁ・・・・
僕の人生の大事な、かけがえのない友人なのだから。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

顧客満足度(CS) の高い仕事

2015年08月19日 | Weblog

昨日は次女に付き合って貰いながら眼鏡店へ行ってきました。

今の眼鏡はフレームが壊れそうで、つい1カ月ほど前に『JINS』という
眼鏡屋で単焦点のものを買ったのだけれど、良かったのはフレームだけ。
とにかくある距離の一点だけしか焦点が合わないので、そのたびに顔を寄せるような
眼鏡としては、本を読む以外には全く使い物にならなくて困っていた。

そこで武蔵境のヨーカドー内にある『FACE ON』と云う
もう20年近い付き合いになるお店へ出かけたと言う訳です。
眼鏡を買うのは今回で10本目。安いからと言って買って失敗したので
今回はフレームも安物じゃ無く、そこそこの値段の物にする。
やっぱり安物は長持ちしないし、高いものには理由があるのですよ。

次女も自分の眼鏡を欲しがっていたので連れて行ったのだけれど、
今はそんなに緊急性が無いので、物色する程度。
僕は色々悩みながら、黄色の鼈甲(べっこう)色のフレームと、
金属製の丸メガネ(ジョンレノン風のクラシック)の2本に絞った。
両方とも3万円前後の、ちょっとだけ高いフレーム。

眼鏡をかけて次女に見て貰った。
鼈甲色の眼鏡はお洒落だけど服装が難しそうだと言う。
対して丸メガネは、似合うけど鼈甲色の眼鏡と比べると
7~8歳は歳を取った、お爺ちゃんみたいに見えるらしい。
良いじゃないの・・・・もう、還暦になるお爺ちゃんなんだから!

で、最初は鼈甲色のに決めて居た。
ところがいつもと何かが違う。横に居る次女を見た途端にそれに気がついた。
黄色いフレームが視界に入って、真中に仕切りが常に見えるような状態。
つまり目の間隔とフレームが合っていないのでした。

もう一つの丸メガネは、そう云う事が無い。
それで今回は『ジョンレノン』みたいな丸型のフレームに決定した。

目の検査も前出の『JINS』とは明らかに違う。
単焦点を止めて、今使っている近近(手元20cm~PC画面の60cm程度)両用レンズが
凄く使いやすくて、データーも有るので同じものにしようと思ったけれど、
お店の方から、もう一度目のチェックを薦められて検査した。

その時に店長から少し前よりも使いやすくしましょうと
近近から中近(手元から90cmくらいまで)の3か所くらいに焦点が合う物に
変えてみたらどうかと云う提案があって、試してみた。

これが凄く快適、顔を動かさず視線だけ変えた時にも焦点が合う。
やっぱり、高いものを売るにはそれなりの理由があるのと、
顧客の要望をしっかりつかんでいるからこそ、自信を持って薦められる。
信頼するからこちらも買う。そして結果がついてくる。
顧客の方を向いている商売とは、まさにこう言う商売。

これこそが 『顧客満足度(CS) の高い仕事』なんだ、と改めて勉強になりました。

最後に視野の中心の位置を購入する眼鏡フレームで確認して作業は終了。

1万円で1時間で作れる眼鏡と、検査に1時間かけて作る眼鏡。
当たり前のように後者は値段も高く、掛け心地も良い。
『安物買いの銭失い』とは、昔の人は良く言ったものです。
次女も、そう云った値段の違いを実感した様子。
次に買う眼鏡は、またこの店で作ろうと思ったようです。

眼鏡が出来上がる1週間後が楽しみです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『正しい休暇の使い方』

2015年08月18日 | Weblog

定年後の再就職の希望を取り下げたので、取っておいても仕方がない休暇。
オマケに会社に居ても何一つやる事が無い生活は、時間の無駄なので、
最近は、何かと用事が有れば休暇を取っている。

『正しい休暇の使い方』には
何も予定が無くボケーっとマイペースで過ごす『何もしない有意義な1日』と、
時間をまんべんなく使う『無駄のない1日』の、二通りある。
これは予定を立てているかどうかに関係ないのです。
きっちり予定を立てても予定通りに進まずに『無駄な一日』になった、
そんな経験をお持ちの方は、沢山居らっしゃると思います。

今朝はいつも通り、6時に目覚ましで目が覚めたけれど、
休暇だと気がつき2度目の睡眠。次に7時に目が覚めて、また睡眠。
2度寝ならぬ、3度寝してやっと8時になって起床。

虫歯の治療やら、メガネを新しく作ったりと、今日は色々やる予定があった。

今まで掛かっていた荻窪の歯医者さんから、三鷹の歯医者さんに転院。
予約制の医者なのだけれど、『死ぬほど歯が痛い』と言って泣きついて
待ち時間覚悟で、診て貰える事になった。

待つ事1時間。
親不知を抜いた東京医大で言われた歯の状況を先生に話して診て貰ったら
『うわ・・・これは僕でもどうしようもないなぁ・・・・』と絶句。
歯の土台からぐらぐらで、手の施しようが無いらしい。
迷わず抜歯する事にした。麻酔をしていざ取り掛かったら数秒で抜けちゃった。
オマケに前の先生はやっぱりヘタクソで抜糸が完全に出来て居なかった。

あとは出血が治まるのを待つだけ・・・・
『長かった歯の痛みとの闘いはこれで終わりです』と先生に言われた。
しかし、親不知と奥歯がこの2週間で一気に無くなって変な感じ。
口の中は血の味がして気持ち悪いし・・・・今夜は痛そうだなぁ・・・・

終わってから三鷹の自宅へ戻り、家に居た次女を誘って眼鏡を買いに行った。
眼鏡を買う前に昼御飯。
次女はラーメンを食べると言うが、僕は傷口に浸みそうなのでSUBWAYの
サンドイッチにコーラにしたけど、結局飲み物以外は駄目で持ち帰りにした。
何も食べられず、次女とアイスを食べながら帰宅したのが5時。
次女とは3時間くらいデートしていたみたい。
眼鏡はなんとか良いものが見つかりました。
この事については明日詳しく書きましょう。

5時になったら、嫁さんが帰宅。
すると、ウサギのウーを医者に連れて行きたいと言うので急いで出発。
以前に手術した場所の様子を見せるだけで、大した事は無かった。

その後は嫁さんの買い物に行き、僕はウーと二人で車の中でお留守番。
買い物は夕食の食材の他、重量があるペットボトルなどが中心。
僕は、その荷物を運んだら、秘密基地に戻る事にした。

食べ物は噛まないで済む、リゾットの用意がしてあるし
同窓会のハガキを印刷しないとならず、印刷トレイに一回30枚しか入らないので
ハガキの枚数を数えながら260枚印刷するのに、結構手間がかかる。

取り敢えず片面だけ印刷が終わった所で、黒インクがインク切れ。
また明日反対の宛名を印刷して終わらせる予定。

そんな訳で、今日は意外と『無駄のない1日』を過ごした。
もう一つの『正しい休暇の使い方』となったのでした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

週明け、雨降りの一日

2015年08月17日 | Weblog

週明け、久し振りに本降りの一日でした。
酷暑ほどの気温までは上がらなかったけれど、蒸し暑い一日でした。

今日は次女が、学校の友達と東京ディズニーランドへ出かけたらしいけど
どうやら豪雨に遭ったらしく、花火もパレードも中止になったらしく
朝一番に出かけ、夕方6時にはディズニーランドを後にした様です。

それでも、逆にお客さんが少なかったらしく、屋内のアトラクションは
殆ど乗って帰ってきたらしく、考えようによってはラッキーだったのかも?

会社に行っても、雨が降って昼のサッカーが出来ないと、
やる事が全くないので、本当に一日が無駄に感じる。

今日から会社のパソコンへUSBの機器は接続制限されたため、
あらかじめUSBメモリーに3本に吸い上げておいた、僕の個人的データーは
ついに見られなくなっちゃった。
しかし8Gのメモリー3本だから、20Gものデーター量になる。
半分は写真データだけど、これも退職したら持って居ても意味が無いから
処分してしまうつもりのものです。

夏休み中に親不知を抜歯してから、ずっと歯痛で悩んでます。
親知らずの手前の奥歯が虫歯になってしまい、根っこの3/4が死んでいる状態。
今まで親不知に圧迫されていた奥歯が、つっかえ棒を失ったようになって
手前の奥歯が、ぐらぐらと動いている。
物を噛むと歯が当たって痛いので、ここ2週間はリゾットの様な
噛まずに済む食事ばかり食べている。

そんな訳で、明日は休暇を取って歯医者に行く予定。
多分、90%以上の確率で抜く事になるでしょう・・・・。
夏休みから、左の歯茎に何回麻酔しただろう。
いまだに歯茎が腫れて、炎症起こしてるし・・・・

あー、嫌だなぁ・・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加