笑顔の伝道師 ゆうちゃんのイカす『やんちゃジジイ』

音楽、サッカー、演劇・・・・
還暦を過ぎた『やんちゃ』な爺さんの目標は、
笑顔を振りまいて、毎日を楽しく生きる事。

卒業式

2005年03月25日 | Weblog
長女の卒業式に、休暇を取って出席してきた。
この2年間は仲の良い友達が全て別のクラスになってしまい
男の子にからかわれ、女の子とも上手く行かず辛かったようだが
良く我慢して登校したと思う。担任の先生も、卒業前は自分で頑張って
いるのがよく分かったと、誉めてくれていた。
卒業式は、いつも子供の成長を見れて感動させられる。
式の後に、下級生が花道を作ってくれて退場したのだが
先生に付き添われ、嬉しそうに歩いていた。
一番世話になったカウンセリングの先生から、手紙を頂いた。
「2年間、毎週週末に会いに来てくれてありがとう。貴方に出会えて
先生も嬉しかった。中学校に行ったら新しい友達がきっと出来るよ!」
と書いてあった。それを読んで、目頭が熱くなった。
暖かい先生に囲まれて励まされ、辛かった学校生活も何とか乗り切った。
娘にとっては、大人になった時にそういった方々の愛情が判ると思うし
逆に、他の子には体験出来なかった部分もあったように思う。
卒業式から帰宅し、改めて学校へ行きカウンセラーの先生にお礼の手紙と
卒業前にビーズを使って一生懸命作った携帯ストラップをプレゼントに
持っていった。娘のそんな気持ちにも心が温まる思いがした。
担任、カウンセラーの先生方には本当に感謝している。
そして長女にはよく頑張ったね!卒業おめでとう!と言ってやった。
コメント

卒業

2005年03月24日 | Weblog
明日、長女が小学校の卒業式を迎える。前日の終了式ではクラスを代表して修了証書の授与をするそうだ。体が小さい事でイジメの対象になり、友達もうまく作れず、辛い学校生活だったと思うが、嫌々ながらも休まずに、良く頑張ったと、親馬鹿かも知れないが誉めてやりたい。絵画等で何回か表彰され、何か他の子と違う才能を持ち合わせて居たのかも知れないが、逆にそれが妬みやイジメの原因になってしまったのかも?・・・・言うことは聞かない、約束も守らない等でつい、手を挙げてしまったことも何度かあったのだが、それでもやはり一番可愛い。卒業式はそんな事も含め、またウルウルしてしまいそうな予感がする。自分にとって子供は、何にも変えられない宝物だなあと、つくづく感じるのも卒業式だ。中学に進学したら少し変わってくれるかも知れないが、ずっと今のままで居て欲しいと思うことも良くある。次女が生まれてから母親に甘える事がうまく出来なかった長女。今、二人きりでしたいことは、もう一度背中にオンブして歩きたい。多分、お互いに照れがあって出来ないだろうけど、もう二度とそんな時間は持てない気がするから・・・・
コメント

福岡西方地震

2005年03月22日 | Weblog
福岡西方地震の知らせを聞いて、九州大学に納入中の超高圧電子顕微鏡の事が咄嗟に頭に浮かんだ。
今年に入って、納入時の事故があったりで災難続きの納入だが、M7の規模の地震でしかも震源地のすぐ近くという事もあり、大きな被害を被りそうな気がする。
すぐに携帯電話で連絡を取ろうと試みたが、通常の電話を含め全て災害用に切り替わってしまい連絡がつくまでに少々時間がかかってしまった。
幸い、納入員に怪我は無く装置の被害だけで済みそうなのだが、会計監査は地震があろうが容赦なく行われると思うので、復旧工事は過去に例が無いほど厳しいスケジュールになりそうだ。
M7クラスの揺れなど、消防署でやっている加震実験位でしか体験出来ないのだが、実際に遭遇したらと思うとぞっとする。
でも、何年かしたらその場にいた事が、話のネタになって行くだろう。
多分、尾ひれがついて楽しい話題になるのだろうと予想している。
そういう意味では、ちょっと悔しい部分もあるかな?・・・・・・・
コメント

イライラ

2005年03月13日 | Weblog
正直な話、少々頭に来ている。会社って、こんなにも人を馬鹿にした事を平気でやるのかな?って、今度の人事は何も言うことが無いくらい裏切られた気持で一杯だ。まあ、期待に応えなくても、知った事無いと開き直れば良いのかも知れないな・・・・何だかガックリとやる気を失ってしまったのだが、これを誰に相談したら良いのやら・・・・
コメント