笑顔の伝道師 ゆうちゃんのイカす『やんちゃジジイ』

音楽、サッカー、演劇・・・・
還暦を過ぎた『やんちゃ』な爺さんの目標は、
笑顔を振りまいて、毎日を楽しく生きる事。

僕は、まともじゃない人間です

2007年02月28日 | Weblog
不愉快なことがあった一日。
それも人間関係。事は簡単、返事が出来ないこと。
相手は40歳過ぎた、いい大人です。
人が質問したら、「わからない」とか、何か応えるのが礼儀でしょう。

自分のやっていることに、何かを言われると顔色が変わって
黙ってしまう。それから一切、会話が成立しなくなるんです。
こちらは仕事が間違った方向に行きそうなので、訊いているのに・・・・

人と、議論が出来ない。
話が自分の都合の悪いことになるとへそを曲げる。
こういう人間は大人とは言えません。

いわゆるディペードって言ったかな?
人の厳しい意見に耳を傾けたり、反論したり・・・・・

その訓練が出来ていない大人。
まぁ、それはいいとしても、僕は挨拶や返事が出来ない人間は
信用できない。

案の定、今日は挨拶もしないで帰ってしまいました。
こういう人の下で働くのは大変です。
資質って言うのかな?
挨拶できない人や、人の顔をみて話が出来ない人に、
まともな奴は居ないです。
少なくとも僕はそれだけが出来る、まともじゃない人間です。
コメント

今日はライブでデイト

2007年02月27日 | Weblog
今日は20年来のお付き合いで、いまだに僕を可愛がってくれる
T美さんのお誘いで、渋谷にある「TAKE OFF7」という
ライブスポットへ出かけてきました。

今日のライブは3グループが出演するアマチュアバンドのライブ。
ここに「De'Feat#9」http://music.geocities.jp/de_feat3/
というバンドが出演するので見に行ったのです。
実はこのバンドは高校生のバンド。
ボーカルでギターの野村和大君が、ウィンドサーフィン関係の
仲間の息子さん。今は高校2年生の17歳。
9歳でギターを弾き始め、中学生の頃から
オールマンブラザーズに傾倒してブルースギターを弾きまくり、
同じ年代の仲間と演奏しても乗りが合わなくて、
大人に混ざって弾いていた子なのです。

ウィンドサーフィンの仲間の間でも話題になっていて、
僕がオールマンブラザーズをこよなく愛している上に
沢山のギターを持っていることが彼も親から聞いていて
本日、初のご対面となったのであります。

観た感じの第一印象は、10代の頃のCharを思い出しました。
今日はお目当てのブルースギターは聴けなかったけど
正直言って、荒削りだけど「華」があります。
バンドは高校生にしては上手い方かな?
ドラムの女の子がスティック折っちゃうくらい力強くて
それと、ベースの子はまぁまぁ上手だったかな?
他のサックス、キーボード、バッキングボーカルは居なくても
良かったかな?・・・・・

今後は出きればロックの王道、トリオでのライブが聞きたい
と、本人には言ってきましたが、久しぶりに新鮮なロックを
楽しんできました。

その他はこのバンドの前に出た岡山から来たと云う
「種子島」が印象的だったかな?
打ち込みのラップだったのだけど、いわゆるアメリカの真似じゃなく、
まるで一人芝居を観ているような感覚になるほど、
ぐいぐい入り込んできた。
詩の内容も、世界平和や戦争反対みたいな硬派な内容。
一緒に行ったT美さんと、二人で気に入っちゃって
ライブの後に、御飯食べに誘おうか?なんて言ってたほど。
でも、ライブの後に片づけがあるらしく今日は叶わなかったけど、
何だか、エネルギーがあって今時の腰抜け少年とは違った
強いメッセージが、アート好きなT美さんと共に好きになった理由。
次にまた聴いてみたいバンドでした。

ライブの後は、久しぶりのデイトなのでT美さんの行きつけの
「MILLIBER」という音楽パブへ。
デイトらしきものは、2年ぶりかなぁ・・・・・
その時は、六本木で朝まで飲んで音楽聴いていて朝帰り。

嫁さん公認の間柄なので、今日も夜中だろうと思っていたでしょう。
会うのは4ヶ月ぶりなので音楽の話やら、T美さんの仕事である
スタイリストの話や、ウィンド仲間でもある写真家のJさんとの、仕事で起こった話などであっという間に12時になっちゃった。

僕はT美さんと会うと、凄く素直になれる。
何でも喋れるお姉さまなのです。
また、デイトしようって約束して別れたのでありました・・・
コメント

ドキドキしたいよなぁ・・・・・

2007年02月26日 | Weblog
2月ももうおしまいです。
何だか、正月からな~んにも仕事してません。
一人、実験室で遊んでいるだけ・・・・・

今日は今度の装置に使う回路を作ってみました。
思ったとおりに動くかどうか・・・・・

昔みたいにワクワクしないのです。
電源を入れる瞬間のドキドキ感とか・・・・
慣れちゃって、新鮮味が無いのでしょう。

まるで夫婦の間柄みたい。
両方とも、もう少しドキドキしたいよなぁ・・・・・

やっぱり新しいものの方がいいのかなぁ・・・・・

ワクワク、ドキドキ
あっ、音楽や演劇、サッカーはするなぁ・・・・
うん、がんばろっと!
コメント

いきなり立ち稽古?劇団「ステージドア」

2007年02月25日 | Weblog
今日は劇団「ステージドア」の稽古。
まずは発声練習から。あいうえお、いうえおあ、うえおあい・・・・・
なんてやった後に、「外郎売」のさわりを朗読して口慣らし。

劇中歌が2曲出来てきているので、早速練習。
劇の冒頭で使われる合唱は、そんなに難しくない。
ところが、男性だけで歌う曲が強敵。
ただでさえ唄が苦手な男性陣。
タンゴのリズムで女性が牛耳っている町を嘆くのだが
なんせKEYがFと高い。出だしの音がf(ファ)から始まるので
普通の男性ではちょっと高いのかな?
それが、どんどん高くなる。五線譜の上の方で歌うのです。

僕は元々、声が高いのでそのあたりの音のほうが出しやすいのだけど
他の方は、どうも声が出ないみたい。
オクターブ下げて歌うと今度は低い方のe(ミ)の音が苦しい。
てな訳で、まともに歌えるのは去年と同じ僕と若手の子だけ。
でも、楽しいシーンになりそうな愉快な曲です。
練習しかないな・・・・って、みんな判ってるみたいだしね。

稽古のほうは、今日も全員が揃わなくて本読みのはずが
いつの間にか、立ち稽古に変わってしまっている。
僕も最初、椅子に座って台詞を言っている時は、何となくだけど
テンションの上げ方や、相手に対する仕草の感じが出なくて
ちょっと困っていたのだけど、立ち稽古の感じになったら
やっぱり、台詞が言い易くなった。

普段喋るときもそうだけど、相手の顔が見えないと喋りにくいもの。
電話が苦手なのも、そういうところなのかも・・・・・

相手役のアカリさんが凄く上手なので、
僕の下手くそな演技や台詞にも
きちんと合わせてくれるので、去年に比べると凄く楽。
上手い人が、下手な人に合わせて降りてくる・・・・・
これ、サッカーチームでも同じようなことがあります。

僕が上手いって訳じゃないのですが、やっぱり経験は違う。
シニアチームに行くと、歳を取ってから始めた人も居たりで
僕がそういう人のカバーをしたりすることが当たり前になる。
そうすると、勘のいい人は少しずつ上手くなってくれるんですよ。

今の僕は、アカリさんや他の上手い人に教わったり助けてもらって
少しずつ上手くなってきている気がします。
まだまだ、自分的には100点満点で、15点くらいですけどね。

結局、1部の終了部分までやって時間切れになり、今日は終りになった。
先輩のOさんと、二人で一杯飲んで7時前に帰宅。
来週から振り付けも入るらしく、いよいよ本格的になってきます。

そうそう、もし観劇希望の方が居りましたら早めに連絡ください。
確保できるチケットに限りがあるので・・・・・
土曜日は夕方一回。日曜日は昼と夕方の二回。計3回の公演です。
コメント

気が付いたら・・・・・

2007年02月24日 | Weblog
今日は、Charlieと二人で久しぶりにデュオの練習。
思っていたよりは出来が良かったかな?
カバーの曲がだいぶ増えたけど、意外な選曲もあって・・・・・

散々練習したギターも、二人でやると思ったように弾けない。
歌の方は逆になんとかなりそうかなぁ・・・・・
来週、もう一度練習して曲を決まるつもり。

オリジナルも普段、自分がリードギターを弾くなんて事は無いから
ちょっと戸惑ってはいるけど、それなりに何とか・・・・

2時間の練習は、収穫がありました。
Charlieと、コーヒーを飲みながら雑談。
これは無理そうだな・・・・という会話にならないからライブは
久しぶりにデュオ「Boocho&Yoocho」でやる事になりそう。

Charlieは、夜から小岩でライブを聞きに行くらしくその場で別れた。
僕は帰宅して、夕食の後はギターを練習。

気が付いたら夜中の3時になっちゃった・・・・・
コメント

明日は・・・・

2007年02月23日 | Weblog
バンドの練習です。
と言っても、「Cynthia」はリードギターのDera氏が離脱。
解散とかじゃなくて、スケジュールが合わなくて・・・・

それで3月10日に予定していたライブに黄色信号が灯った。
もう一人のCharlieが中止にしようかと言い出して、僕は
二人でもやりたいと言って、明日練習することになった。

かつてCharlieとは「Boocho&Yoocho(ブーチョ&ユウチョ)」という
名前のフォークデュオで暫く活動していたことがある。
とあるパブで、週3回の弾き語りをやってみたり
コンサートに出てみたり、はるばる仙台のライブハウスに呼ばれて出演してみたり・・・・・

そんなわけで、久しぶりに僕がいつもより積極的にギターを
弾かなくてはならなくなったのであります。
Dera氏には到底及ばないけど、それなりに練習してます。

メニューもオリジナルにカバー曲を加える事にしたので、
さて、どうなることやら・・・・・
明日の出来を見て、ライブをやるかどうか決める予定。
僕は折角だからやりたいのだけどね。

今年は、ちょっと別の事も考えているしねぇ・・・・・
コメント

本当にラ・フランス(洋ナシ)

2007年02月22日 | Weblog
トラブルに見舞われた韓国の装置も、現地のエンジニアと
根気強く連絡を取って、出張の必要が無くなった。
ホッと一息ついたところだが、どこか寂しい気も・・・・・

人を育てるために、敢えて出張を拒否したり
若手に行かせたりして、自ら「ラ・フランス(洋ナシ=用なし)」への
道を築いているものの、そのたびに何処か寂しくなる。

いつまでも、自分が第一人者という訳ではないが、
いつまでも若手に道を空けないで居てはいけないと思う反面、
今まで自分が積み上げてきたものを、簡単に若手や後輩に
与えてしまうことに、ジレンマのようなものも感じる。

また、次の目標を探してチャレンジするのだけれど
それもいつかは、同じように若手に譲るわけで
それなら自分が苦労する必要なんか無いじゃないか!
なんて・・・・・
いつも自分の気持ちと葛藤している僕が居る。

まぁ、それでいいのでしょうねぇ。
僕は自分の好きなことをやる、プライベートな時間を
大切にしようって、決めたんだから・・・・・

ちょっと、疲れてるみたい。

でも今日は、あるカップルが入籍して自分まで幸せな気分に
してもらった。
そういう感覚になるのも、歳を取ったということなのかな?

いや、もっとやんちゃな中年で居なくてはいけないのだ!
ガンバ!
コメント

究極のギター練習帳

2007年02月21日 | Weblog
今更のようですが・・・・・これにはまってます。
と云うより、これで一生懸命練習してます。

去年から、ジャズやブラジル系音楽のライブを聴く事が多くなって
やっぱりギターがもっとうまくなりたくなっちゃいました。
この歳になって、今更と思いますが、それでもやらないより
やった方が上手くなるのは当たり前の話。

サッカーでも同じように、今からいくらでも上手くなる。
要は、どんな事でも一生懸命にやって続けていると
それなりに上達するって事なんですな!
実際、この2ヶ月で左指がだいぶスムーズに動くようになって来ました。

実は、去年の暮れ辺りから両手の指先に何となく違和感があって
多分、運動不足で血行が悪くなっているのかも知れないです。
とにかく指を動かさないと力が入らなくなっちゃって・・・・

それで、それならば好きなギターで指を思い切り動かそうと
こんな本を買って来てしまったのであります。

今までは我流の適当な弾き方でごまかしていたけど、
この本で練習すると、基本的な運指が出来るようになって
今まで弾けなかったような、フレーズやアドリブが
以前に比べるとスムーズに弾けるようになってきました。
と言っても、ど素人レベルに変わりないのですが・・・・・。

「いいギター持ってるんだから弾かなくちゃ!!」
って、言われるけど本当にそう思うようになって来ました。

難点は夢中になって夜中の3時過ぎまで弾いているので
朝起きられない。
でも、元々10時半の重役出勤だから関係ないか・・・・・ははは

さて、今日も1時間は弾けるな♪
コメント

体が2つ欲しかった日

2007年02月20日 | Weblog
大嫌いな出張の危機が迫っているのに加えて、
もう一つの大きな仕事である、今開発中の新型顕微鏡の問題が
発生して、両方を一人で見る羽目に・・・・

新型装置は、若手技術者の相棒と2人3脚でやってきたものだが
最近、僕が他の仕事に携わっていて面倒を見てやれなかった。
そのせいか、最近はコンビの関係がギクシャクしていて
何かと云うと喧嘩腰で僕に物を言ってくるようになった。
今日は問題の原因追及をしていたのだけれど、途中で韓国から
電話が入って中断。

そんな状況なのにリーダーと言われている人間が、自分の仕事だけ終わらせて、
さっさと先に帰ってしまった。
「お先に・・・・!」だとさ。
何処がリーダーなんだよ?兵隊戦わせて、自分は退却か?

新装置の面倒は明日見ると相棒に言ったら、明日の10時に
お客さんが見に来るらしく、相棒も相当焦っている。
僕がここをこうしろと指示したら、もっと早く言えだとか・・・
僕より20歳も若い奴なのだが、遠慮が無い。

一方の韓国は、電話とメールで対応。
ところが電波状態が悪く、携帯電話が通じない。
そのためにエンジニアは1階で電話して、指示を聞いては
2階へ行って作業をする。そしてその結果をメールで送って
電話してくる。このサイクルが30分間隔。

結局、新型装置の方は相棒が僕を諦めて帰ってしまった。
だったら言うなよな!
僕は韓国のエンジニアの連絡を待つ時間でイライラする。
それでも、駄目な場合の次の手を考えておかなければならない。
韓国のエンジニアはプライドばかり高く、自分で考えようとしない上に、
次は何をしますか?なんて、平気で訊いて来る。
メールと電話でこちらの指示を伝え、送られてきた写真を見て
状況判断しながら何とか、復旧が果たせそうで一息つく。
一晩ランニングさせて、明日の午前中に確認する事で終了。

電話を待っている間、皆が帰ってしまって僕は頭に来て
「この会社は、アホばかり!俺も万歳してやろうか?」
って、一人で吠えたらすっきりした!

吠えた声を聞きつけて、僕を見に来たのが僕を育てた先輩Oさん。
「まだ、引退するわけには行かないみたいだねぇ」
と、ねぎらうような言葉をかけてくれた。

今日ほど体が2つ欲しいと思った日は無い。
久しぶりに12時過ぎの帰宅。
明日は少し、早く出社して相棒の面倒を見てやらなくっちゃ!!

あ~、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ
コメント

あ~、嫌だ、嫌だ

2007年02月19日 | Weblog
先週、僕が週末に休んでいる間に韓国の装置がトラぶって
てんやわんやだったらしい。
僕の後釜の若手が対応して、一件落着!・・・・・・
に見えたのだけど、実は直ってなかった。

韓国は旧暦の正月休みで、明日までお休みらしく
明日の朝から、電話とメールを使ってトラブル対応を依頼されて
下手をすると、週末に韓国出張の可能性が出てきちゃった。

韓国なんて寒そうで、本当に憂鬱。
札幌の装置も同じようなトラブルが発生して、そちらは来週
若い子に出張させるんだけどね。
韓国は、食べ物が合わなくてちょっと辛い。

おまけに週末は劇団の稽古があるので、出きれば来週月曜日に
延期したいところ・・・・

それよりも出張が大嫌いな僕。
何とか電話とメールで乗り切ろうと思ってるんだけどね。
韓国のエンジニアは正直なところ、レベルが低い。
文書で指示を出すため、今から夜中にインスト作りです。

会社で散々、「今や私はラ・フランス(用無し)」と吹聴して
歩いているのだけれども、まだ浸透していなかった・・・・・

あ~、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌だ、
コメント

趣味の違いはあれど

2007年02月18日 | Weblog
今、日本茶を啜りながら好物の「干し芋」別名:乾燥芋を
口にしながら日記を書いています。
この干し芋、サツマイモを乾燥させたものらしいのだけれど
いわゆる乾燥した状態じゃなくて、むしろベタベタと
餅状になっていて、サツマイモの自然の甘味がとてもいい。

僕はちょっと火で炙って、表面を少し焦がして食べるのが好き。
こういうものは、我家の嫁さんは一切口にしない。
食後も嫁さんはコーヒー。つまり趣味が違うのだ。

趣味が違うけど、それでも長続きする間柄って沢山ある。
嫁さんとは早くも18年。食べ物の趣味から始まって
布団派にベッド派、畳にフローリング、菜食に肉食・・・・・
まぁ、結婚してみてこんなに違うものかと驚いた。

その他では、やっぱりバンド仲間かな?
我々のバンド「Cynthia」の3人は音楽の趣味が違う。

ギターのDERA君はグループサウンズに始まり、ベンチャーズ、PPM、
そしてビートルズからエリッククラプトン、イーグルスなど
聴く音楽の範囲が凄く広いのだが基本は、エレキギターの演奏。
これといって偏って聴く方ではない。

もう一人のCharlieはもっぱら、ビートルズ。
最近ではオールディーズのライブにご執心で、週末は横浜や
赤坂、六本木辺りでライブ三昧。
彼はカラオケも好きで、そういった類のお店に行くみたい。

僕の中心はウェストコーストのロックや黒人系のブルース、ハワイアン、C&Wかな?
基本的にギターの演奏が好きで、最近はギターの演奏を楽しみに
ライブハウスへ音楽を聴きに出かけている。
それとボーカル、男性のコーラスは特に好き。
女性のボーカルやコーラスも嫌いじゃないけど、日本にはそう多くないかな?
そうそう、大好きなボーカルはマイミクさんに何人か居ます。

基本的にオリジナルの曲をやらないミュージシャンは好きじゃ無い。
カバーやコピーはどんなに上手くても、本物には勝てないかラ・・・・
唯一、ジャズのスタンダードやカバー曲はアレンジを楽しむ意味で大好きですけど。

てな訳でCharlieとは、一緒に行くライブってほとんど無いかな?
僕はオールディーズやカラオケって云うのが好きじゃ無いので仕方ないのです。
時間も合わないし・・・・でも、全く一緒に行かないわけじゃないですがね・・・・。

そう考えると30年も、趣味の違う仲間とよくバンドを続けてるなってよく思う。
共通の好きな音楽はあるんだけれど、同じ歌でも捉え方や料理方法がそれぞれ違う。
コーラスのつけ方一つでも、3人の趣味は全く違う。
だから、何かをアレンジする場合には誰かがイニシアティブを取らないと、
全く纏まらないことが間々ある。

考えてみればサッカーチームの仲間も、ウィンドサーフィンの
仲間も、劇団の仲間も、みんな趣味が違う。
どうやら僕の友人は、趣味が違う人間を好んで選んでいるようだ。

同じものを、同じように捉えて仲間意識を持つ方が一般的なのだろうけれど、
何故か僕の場合、どこか一点共通の部分があって仲間になっちゃうみたい。

ほとんど趣味の同じ人間は、結局いつも同じ顔ぶれになって
飽きちゃうというか、お互いの事を知りすぎて、逆に煩わしくなって来る。
職場や同級生の集まりに好んで行かないのも、共通の話題のみで
延々と時間が過ぎてゆくのが我慢できないというのかなぁ・・・・

でも、バンドの仲間は唯一の例外?
若い頃は、週末になると必ず一緒に居て夜中までギター弾いて、
疲れたら車で深夜ドライブしては、戻ってきてまたギターを弾く。
そんな中で曲を作ったりしていたから、飽きなかったのかな?
今だからこそ、べったりの生活はしなくなったけど不思議と
バンド仲間とは何時間一緒に居ても飽きないのです。

そんなこと考えながら、もう一杯日本茶を・・・・・
そうそう、僕は日本茶も濃いのが好き。
最近は寿司茶という粉のものを買ってきて飲んでいます。
コメント

劇団「ステージドア」の稽古

2007年02月17日 | Weblog
今日また劇団「ステージドア」の稽古でした。
前回の稽古にお休みだった僕の相手役、あかりさんが来ました♪
それも、僕の隣に座ってくれちゃったのであります!

でも彼女、どうやら花粉症のようです。
鼻がクシュクシュして、時折可愛いくしゃみをしておりました。
それにコンタクトレンズが痛いらしくて、目が真赤・・・・・
涙目になっていました。それが妙に色っぽく見えるのは
やっぱりエロおやじなのでしょうか?

相変わらず、僕は思うような台詞の言い回しが出来ない。
それにコンプレックスである高い声。
音楽をやる分には全く問題が無くて、
むしろ自分の特徴になるのだけれど
演劇で台詞を言うには、何だか甲高くて嫌で仕方がない。

かつて人気があった「ズートルビ」の山田隆夫みたいな声・・・・・
要は色気がないのであります。男の色気がね・・・・・・

テンションあげると、当然他の人に比べると甲高いから
声が裏返ったように聞こえる。コンプレックスです。

実はバンドでも同じ。
自分の声はリードボーカル向きじゃない。
この間作った曲も、自分で歌うと何だか気持ち悪い。
Keyを変えて自分に合わせるのだけれど、何だかねぇ・・・・・
高校生の頃は、南こうせつみたいって言われて喜んでたけど
あれが間違いの始まりだった気がする。

それで、家に帰ってから低い声で喋る練習をしています。
その時に鏡で自分の顔を見たら、宍戸錠みたいな顔になってる。
これじゃお笑いになっちゃうよなぁ・・・・・・
低くて、セクシーな声で喋る男が憎い!

発声練習ぢゃ!あえいうえおえおかけきくけこかこ・・・・・・
コメント

「ズル休み」

2007年02月16日 | Weblog
不覚にも・・・・風邪をひいてしまいました。
咳がひどく、鼻水が止まらない。
幸い熱は高くないのですが、咳をすると
胸や腹筋が痛い。

原因は今、やっている実験棟の空調。
普段は暖房を入れないのですが、他の実験をやるグループが
寒いので、暖房を入れたのです。
僕の居る2階は、暖房が効きすぎて30度以上になってしまう。
汗をかく、薄着になる・・・・休憩時間に上着だけ羽織って
外へ出たら、最初は良かったけどやっぱり寒い。
それで風邪です・・・・

普段、風邪ひいても医者の世話になったり
寝込んだりしないのに今回は医者へ行って注射。
もらった薬を飲んだら、一日中寝ていました。
お陰で咳や鼻水もだいぶ治まりました。

週末なので無理せず、完治していない体調では仕事も
やる気が起きず、今日は半分サボり。
いわゆる「ズル休み」なのであります。

明日は劇団の稽古があるので、体調整えとかなくちゃ!
コメント

春一番が吹いた

2007年02月14日 | Weblog
東京に春一番が吹いたそうだ。
平年より20日早く、しかも初雪の前・・・・・
やはり、地球規模で何処かおかしくなっている気がする。

今から20年前のことになるが、ウィンドサーフィンに
夢中になっていた時期がある。
ウィンドサーファーにとって春一番はお祭り。
僕はその当時、始めたばかりでやっとファンボードと云う
上級者の使うサーフボードを購入した頃。

僕は海に行ってものんびりと道具のセッティングをする。
「のろま」と周りから煽られて居たのだけれど、
僕はどんなスポーツもガツガツむさぼるようにやるのが嫌いで
ウィンドサーフィンでも、ひたすらマイペースで居た。
そういう楽しみ方をするのをガタガタ言われるのも嫌いだった。

初めて乗った春一番の強風は、今から考えると凄く無謀だった。
セイルのサイズが一回り大きく、吹き飛ばされる。
それでも、行けるところまで行ってみて、戻るのに必死。
結局、ボードを壊して帰ってきたのだが、それでもヘラヘラ笑っていた。
一歩間違うと、命を落とすような危険な状況でよくやってたと思う。

今や道具は、実家の廊下に山積みされて、早くも10年以上経った。
春一番が吹くと毎年決まって「今年こそ、また海に行こう!」
って、思うのだけれど、全くやらないのであります。
多分、もう二度とやらないのだろうな。
あれって、海へ行って仲間と騒ぎながら、ワイワイやるのが好きだっただけみたい・・・・

でも、実家にある古いボード3枚と色々なサイズのセイル、マストやブーム、
中には一回も使っていない道具まである。
お得意の無駄遣い。子供と一緒にウィンドサーフィンに行きたかったけどね。
あの山積みになったウィンドサーフィンの道具、どうやって処分しようかなぁ・・・・・
コメント

バレンタインチョコ

2007年02月13日 | Weblog
帰宅したら、テーブルの上はチョコレート作りで占領されていて
嫁さんと子供2人が、一生懸命チョコ作りをしていた。

明日はバレンタインデー。女の子にとっては楽しみの一つなんでしょう。
大人になると、義理チョコだとか本気だとか、なんだか儀式みたいだけど
子供の頃のバレンタインデーはもう少し違ったものなのかも?

こう見えても、独身時代は結構貰ってました。
だから2月の後半になると、
「ゆうちゃんおじちゃんのところはチョコレートが食べ放題」
なんて言って、弟のところの子供がやってきてました。
それも、結婚してからどんどん数が減って、
最近では娘がくれる手作りチョコのみになってしまいました。

幸い、今年はある美女から一足早いチョコを頂きましたが、
これに関しては好いた惚れたのとは次元の違う、
もっと崇高なチョコだと思い込んでおりまする。
食べてみないと、本物かどうかも判らないのであります。

テーブルの周りではチョコレートを溶かして、
型に入れてトッピングして・・・・
ワイワイガヤガヤ・・・・女の子だなぁって思って見ていました。

その間、僕は一人黙々と厨房でステーキの肉を、
さいころサイズにして焼く。最後に赤ワインで香り付け!
まるでレストランの賄い宜しく、たったまま台所で食事。
たまにはこういうのも楽しい。

チョコが出来上がり、友達に上げるためにラッピングをしている。
最近は、学校で友達にプレゼントしちゃいけないらしい。
何でも禁止。
学校も子供たちから楽しいことを取り上げて、何処が面白いのか?

まぁ、そんなことはどうでもいい。
それでも子供が楽しんでいるのが一番。
ところが、ラッピングしている最中に
テーブルから何個か床に落ちた。
すると嫁さん、
「落ちたのはパパので良いよ!」だと!・・・・・・
なんと、心の無いお言葉・・・・・
でも、もらえないよりはいいかな?
複雑な気持ちの、D35なのでありました。
コメント