笑顔の伝道師 ゆうちゃんのイカす『やんちゃジジイ』

音楽、サッカー、演劇・・・・
還暦を過ぎた『やんちゃ』な爺さんの目標は、
笑顔を振りまいて、毎日を楽しく生きる事。

見舞い

2010年10月31日 | Weblog
今日はお袋の見舞いに大勢集まった。
兄貴の嫁さんが居て、秋葉原の叔父夫婦が見舞いに着て居て
叔父の妹と一緒に着てくれた。

この叔父は、珈琲の輸入問屋をついこの間まで営んでいてが
跡継ぎが居ないので、廃業して今は悠々自適に生きている叔父。
その叔父はお袋と子供の頃から一緒に育って、一時期は
荻窪の実家から学校へ通っていた、いわば一人っ子のお袋にとって
兄弟みたいに可愛がっていた弟のような存在。

叔父は子供に恵まれず、舞台の仕事を辞めてブラブラしていた僕を
見かねたお袋が、叔父に頼んで仕事をさせようと頼んだ経緯がある。
当然、叔父は養子縁組をして跡継ぎに迎えようと、
思っていたらしいが、それに関してはお袋が
『本人がその気にならなければ言っても無駄』とその時点での
縁組はやめて、とりあえず跡継ぎ修行をする事になった。

半年間、直営の喫茶店でウェイターをやりながら、客商売を学び
お客さんに頭を下げて、珈琲一杯にお金を頂く・・・・
こういう事が、その頃はアホ臭く思ってたんだけど
叔父はそういう事をお見通しで、なかなか問屋の仕事をやらせてくれなかった。
その後、問屋の仕事で珈琲の焙煎やブレンド法を教わりながら
喫茶店へ豆や喫茶道具を届ける営業に回った。
その時、叔父は僕が跡継ぎって思っていたから、
営業車もフェアレディーZ買ってくれたり、僕は我侭し放題。

そのくせ、つまんないと言って2年半で辞めちゃったから
叔父は暫くショックで立ち直れなかったそうです。
今考えてみたら、いい仕事だった。
若かったんだなぁ・・・・・・僕は・・・・

そんな叔父と僕は、今はそういった事を忘れて
いつも漫才みたいな会話をする。
お袋がそういう事を喜ぶのを叔父が知ってるから、
今日の病室は笑いが耐えなくて、一緒に居た義姉も大笑い。
叔父には、色んな意味で頭が上がらないのであります。
お袋は、叔父が帰った後は疲れて寝ちゃった。

叔父と入れ替わりに、弟夫婦が来てまた暫く話をした。
お袋が嬉しそうに話を聞いているのが、僕は嬉しかった。
僕はお袋の笑顔が、このままずっと続いてくれたらなぁって
思いながら、病院を後にした。
賑やかな後は、一人になってきっと寂しいだろうなぁ・・・・
なんて、いつも思いながら・・・・
コメント

やっぱり、僕は料理の天才・・・

2010年10月30日 | Weblog
お袋が入院して、一安心。
今日は、台風が近づいていて雨が降っている。
10月下旬だっていうのに、猛烈な台風。
関東地方をかすめるように北東へ進み
昼過ぎから、横殴りの雨が降る。

昨日、飲みすぎて起きられないかな?と思ったけど
意外にすっきりとしていて、朝飯も美味しかった。
今朝は、トーストにハムエッグ。
珈琲入れて、簡単に済ませた。

本当は会社の創立50周年記念パーティーがあって、
昼過ぎから長女と行く予定だったのだけれど、
お袋の見舞いに出かけ無くてはならずキャンセル。

昼過ぎに、病院へ行ってお袋の様子を見てきた。
点滴のお陰で、少し元気が出てきたみたい。
トイレに行きたいというので、立たせてやったんだけど
ここまでしか僕には出来ない。
やっぱり、介護や看護っていうのは男には限界がある。

次女が3時半から塾なので、台風の風雨の中を歩いて行かせるのは
可哀想なので、2時半までお袋の所へ居てやって、急いで帰宅。
友達も3人一緒に、車で送って行くからと電話して・・・・

塾まで女の子4人を乗せてやったんだけど、良く見ると
随分、大人っぽくなったなぁ・・・って感心しちゃった・
夕方、7時半に迎えに行く約束をして帰宅。

夕飯は、僕が家にあるもので作る事にして冷蔵庫を探る。
ジャガイモ7個、玉ねぎ2個、ベーコン3パックを発見。
ジャガイモの皮を剥いて、スライサーで薄切りにする。
玉ねぎも同じようにスライサーで薄くスライス。
ベーコンを塩・コショウで味付けして軽く焦げ目をつける。
ホットプレートにオリーブオイルを敷いて、ジャガイモを隙間無く敷く。
その上に玉ねぎ1個分を同じように隙間無く重ねて、
焦げ目の着いたベーコンをその上に敷く。
そして塩と胡椒を少し大目の、ちょっと強めの味付けにする。
そして残りの玉ねぎ1個分で覆うように敷き詰め、
その上にまたジャガイモのスライスを乗せて、軽く味付け。
蓋を閉めて150度で焼く。ここまで30分足らず。

娘を迎えに行くついでに、パン屋でフランスパンを調達。
娘を迎えに行ったときは、雨も降ったり止んだり・・・・
台風も、抜けたみたいだ・・・・

帰宅して、インチキ料理のジャーマンポテトを、パンと一緒に食べる。
これが意外に上手かった。いや、予想通り・・・・・
やっぱり、僕は料理の天才だなぁ・・・・・

お袋が入院して、皮肉にも家族と一緒の晩飯は久しぶり・・・
会話しながらの食事は、やっぱり美味しい。

外を見たら、雨はすっかり止んだ様子。
明日は晴れそうです。
コメント

A Hard Day・・・・再び

2010年10月29日 | Weblog
今日はお袋が、新宿の東京女子医大から地元荻窪の病院へ
転院するので、朝早くから家を出て大忙し。

なんせ、受け入れ側の病院が10:30までに入ってくれって言うので
新宿へは8時頃に行かなきゃ、退院の荷物を片付ける時間も必要で、
事務手続きの窓口が始まるのが9時だから、意外と余裕が無い。

てな訳で、女子医大を出たのが10時。
金曜日の朝の下りだから、道はそんなに混んでいないのだけれど
病人乗せて、飛ばせないからやっぱりギリギリ。
何とか10時半に到着して、今度は入院手続きで時間がかかる。

午後から仕事に行こうなんて甘かった。
結局、お袋が落ち着いたのを見計らって病院から
自宅へ戻ったのが、夕方。
6時半から立川で飲み会があるので、急いで支度して
出かけたんだけど、ここまで朝から何も食べてない。

立川での飲み会は焼肉屋なので、そこで食べればいいや・・・
なんて思ったのがまずかった。
空きっ腹にビールとハイボールを調子に乗って飲んじゃった。
最初は調子良かったんだけど、二軒目はカラオケ。
僕はカラオケが苦手なのも手伝って、じっとしてたら
だんだん酔いが回ってきた。

ハッキリ言って、気持ち悪くなっちゃった。
それで一足先に帰らせてもらったんだけど、
家に着いたら、気持ち悪くてそのまま蒲団でバタンキュー!
目が回るほど酔うのは、本当に久しぶり・・・
格好悪いよなぁ・・・・自己管理が出来ない酒って最低です。

てな訳で、最後は散々だったけど、飲み会は楽しかった。
僕がある発言をしたら、盛り上がった奴も居たし・・・・
内容は秘密ですが・・・・・・

でも、お袋の事で今週は疲れてたのかな?
反省しきりのゆうちゃんなので有りました。
A Hard Day・・・・再び・・・です。
コメント

精神的な余裕が無い・・・

2010年10月28日 | Weblog
いきなり12月の陽気になっちゃった。
本当に寒いですねぇ・・・・
こういう時は早く帰って、ゆっくりしたいけど
明日はお袋の入院先を、実家の近くの病院に変更するよう
今の入院先から紹介してもらえたので転院です。

病人を抱えると、やっぱり大変です。
少しでも近いところのほうが、何かと都合がいい。

で、仕事は今日中に色々やっておかなくちゃならない。
帰りがけに、機械設計の仲間から高電圧部品の
シミュレーションのやり方を教えてくれと頼まれて
結局、結果の解説までやって遅くなっちゃった。
でも、雨が降っていたのでその仲間の奥さんが
車でお迎えに来るついでに、駅まで便乗しちゃった。
ラッキー♪

明日は朝早いから、もしかして午後は会社に行けるかも?
夕方から僕主催の飲み会が設定されているので
会社を休んでも、飲み会の時間に立川まで出かけなくちゃいけない。
久しぶりに組合の同期会の飲み会。
今回の幹事を頼んだ男は、出張でキャンセル。
こいつは中日ドラゴンズのファンで、どうやら出張先が
名古屋なので、日本シリーズを見に行くに違いない・・・・

会社の出張で行くついで・・・・・
にしては、どうも用意周到な感じがして、怪しいな・・・・

そういえば、出張って暫く行ってないなぁ・・・
日帰りとか、一泊の出張は慌しいから好きじゃないんだけどね。
それでもたまには東京を離れるのもいいかなって思う。
いままで、きついシチュエーションでの出張が多かったけど
それなりに楽しみもあったりしたんだけど・・・・
でも、出張に出ると早く帰りたくなるから我侭なんだな・・・・

今はお袋の容態が芳しくないから、出張も一日で帰れる距離がいい。
前みたいに海外で1ヵ月半なんて、今は出来ないから・・・・
お袋の転院で、面会とかは少し楽になるかな?
そんな事しか、今は考える精神的な余裕が無い・・・
コメント

久しぶりの観劇

2010年10月27日 | Weblog
今日は夕方から、今年の劇団公演で一緒だった
西原沙矢香ちゃんがオーデションに合格して出演する事になった芝居、
『ラフカット2010』
http://www.platinum-papers.com/rh_cut/rh_info.html を観てきました。

会社を少し早めに出て、お袋の顔を見に病院まで出かけて
偶然回診に来ていた主治医に、転院の手はずが整ったと伝えられた。
お袋は、ちょっと元気無い感じだけど、まぁ仕方が無い。
新宿河田町から、南口にある全労済ホール/スペースゼロへ移動。
約、800人ほどの中型ホール。座席は可動式の客席。

芝居の方は、全部で4話のオムニバス形式の芝居。
その中の第一話「第二の心臓」脚本・演出:堤 泰之
に我らが西原沙矢香ちゃんが出演するのです。
30分の短編だけど、何だか楽しみで出かけました。



沙矢香ちゃんの演技、ひいき目じゃなくなかなか良かった。
仕草や表情が豊かだったし、とにかく台詞がしっかりしていた。
僕達と一緒にやった芝居も、いい意味で役に立ったのかな?
もしそうならば、ちょっと嬉しいけどね。

芝居は足つぼマッサージ店の話。
沙矢香ちゃん扮する、お見せのマネージャーは地域の
エリアマネージャーとなんやら怪しい関係にある。
ところが、店の従業員は元キャバクラ嬢だったり、
父兄と関係して幼稚園をクビになった元先生や、
エリアマネージャーが二股かけてるママさん従業員などなど・・・・
とにかく良くある話なので、新鮮味は欠けたけどね・・・・

第二話「鳥葬」
第三話「そんなもんなんだ」
は説明出来ないほど、良く判らない芝居。
役者も余り上手くなくて、なんせテンポも悪い。
ハッキリ言って、この間は退屈で眠っていました。

ところが第四話「 "it's a smoke world"」は面白かった。
台詞のテンポが本当に良い。
某浦安のリゾートが舞台なんだけど、とにかく笑える。
頭が焦げちゃったネズミのキャラクターや、Gと呼ばれる
犬のキャラクターの中に入る女性などが、某リゾートの
裏舞台を連想させて、『こんなことありそう・・・・』って
見ているほうが勝手に想像できたりするのが面白かった。

芝居のスピード感、台詞の活舌も小気味良くて
前の2つの芝居が、全く面白くなかった反動も手伝ってか
この芝居が、物凄く引き立って見えた。
もしかして?これも演出?・・・・・

久しぶりに見た芝居は、若い沙矢香ちゃんが頑張っているのを見て
ちょっと嬉しかった。
コメント

さぁ、一気に行くぞ!

2010年10月26日 | Weblog
この7月に飛び込みで入ってきたような開発が
いまだに何の説明も無く時間が過ぎるだけ。
もう待ってる時間が無いので、設計部署のメンバーを
勝手に僕が召集して次期装置の仕様を概ね決めてしまった。

実は明日の午前中に、説明会が開かれる事になったのだけれど
今、手元に来ている仕様書は公式のものじゃない上に
こんなもの本気で作らせるのかよ?
って思うようなもの・・・・・

どう考えたって、設計者が考えた仕様じゃなくて素人が作った物。
設計的な詰めや。技術的な後ろ盾みたいなものが無く
平たく言えば『素人が作ろうとしている装置』なのです。

それで、時間が無いので勝手に方針を決めて
『これで文句があるならやらない』と言うスタンスで
とにかく動き出さなくちゃ間に合わないぞって発破をかけた。

実際に着手2ヶ月で設計を完了しなくちゃならない。
少なくとも試作は3月に完成しないと評価する時間が無くなる。
僕の感覚からすると、残業をすれば2ヶ月で終わる。
後は、作りながら変更を入れてゆけば何とかなる。

とにかく、僕の役割はみんなの頑張りを引き出すしかないなぁって思う。

やるって言ったら、やるんだよ!
一気に行くぞ!
コメント

会議なら結論出せよ!

2010年10月25日 | Weblog
自分の会社の恥を晒すようだけれど・・・・
この一ヶ月、会社で何やってるのか?
自分の時間を細かく分析してみた。
なぜかって言うと、自分がやろうとしていた仕事が
全く進まないから・・・・

僕は管理職なので、いわゆる残業手当とかが無いから
残業時間そのものの概念が無い。
これが問題・・・・
会社は就業規則で8:30に出社しろと公言する。
僕は幹部会議の中で『管理職は時間管理されないはず・・・』
と言ったら、『みんな来てますから』という答えにならない返答。
労働基準法の41条だったか?忘れたけど・・・・
あれに抵触するんだよ、本当は・・・・

そんな事も含めてとにかく、時間の観念がおかしくて
すぐに会議とか打ち合わせで招集がかかる。
僕の感覚では、何かを決めたいから集まって決めるんで有って
そのためには、主催側は自分なりの結論を持っていなければならない。
そこで議論して、いかに自分の主張を通すか、潰されるか・・・・
要は、会議ってそこで結論を出さないと意味が無いはず。

ところがそうじゃない会議が山ほどある。
だらだら、ウダウダ・・・・それでいつも僕が噴火する。

開発会議にいたっては、市場発表の時期が重要なのに
キチンとした説明もしないで、何ヶ月も過ぎている。
遅れると、その分計画をずらそうとする。
『おいおい、ずらすなら誰でも出来るぜ、何処で詰めるか?だろう・・・・?』
なんて事を、何で僕が言わなくちゃならないのか・・・・・

話が逸れちゃったけど、そんな訳で一ヶ月でどれくらい
会議に時間を喰われているのか?調査したのですよ。
一ヶ月の定時間は156時間、それに残業を含めると
毎月200時間は会社に居る。
156時間のうち、仕事に使える時間は毎月120時間。
残りの36時間は、いわゆる事務処理などに使う間接業務。
会議は前出の120時間の中から使われる。

で・・・・・会議の時間はと言うと、一ヵ月で46時間。
週あたり、12時間弱。
部下の会議時間は、週平均5時間。これでも多いと思うけど・・・
要は部下の10倍会議に参加してるんよ・・・・
これじゃ、仕事は出来ないよね・・・

せめて、会議をするならその場で結論出して欲しい。
こんな事で悩んでいる自分が、情けない・・・
コメント

A Hard Day・・・・Again

2010年10月24日 | Weblog
昨日、お袋が入院して今日も見舞いやらで忙しい。
今日も動きが激しくて大変でした・・・・
移動した場所
三鷹→秋葉原→女子医大→三宿→三鷹→吉祥寺→帰宅

三鷹→秋葉原
朝、姪と待ち合わせてお袋の病院へ行く約束をしていたのに
僕が時間を間違えて、八時半に実家で姪を拾って
九時過ぎに到着すれば、姪は仕事の前にお袋と話が出来る。
それなのに、今から行くと電話したのが九時半。
結局姪は、電車で先に行き、お袋の顔を見てから仕事へ行ったらしい。

それで僕は、先週修理に出した娘のパソコンを取りに秋葉原へ。
その足で、昔さんざん世話になった目と鼻の先に住む叔父の家へ
ちょっと顔を出して、お袋の様子を報告。
僕はもう一つ、叔父夫婦の様子も気になって見てきたのです。
叔父は元気そのもの・・・・心配なんか、まだ100年しないで大丈夫!

秋葉原→女子医大
そして小一時間話をした後に、お袋の居る新宿河田町まで移動。
東京なんて本当に狭い。日曜日の都心は、車が少ないから
普通に走っても、秋葉原から新宿まで15分足らず・・・・
病院の入口近くで、何処かで見たカップル発見!
兄貴の長女夫婦でした。相変わらず、目立つ夫婦です。

そして一緒に病室まで行くと、そこには弟夫婦が来ていて
我々と入れ替わるように帰って行った。
その後、明日から仕事でブラジルへ行く兄貴夫婦も到着。
にわかに賑やかな病室になって、お袋も嬉しそう。

女子医大→三宿
僕は、この後知り合いが脳梗塞で入院したので三宿にある
三宿病院へ移動。ここでも小一時間話をして帰る。
病院を出たら、4時。おなかが『グゥゥゥゥ』と鳴った。
考えてみたら、朝から何も食べずに居た。
で、デニーズで珈琲とフレンチトーストでお腹を落ちつかせた。

三宿→三鷹
雨が降ってきて、吉祥寺に買い物に出た嫁さんと子供たちに連絡。
吉祥寺はまだ雨が降っていない様子。
で、お腹が落ち着いたところで、帰宅。
ところが、雨がどんどん強くなる。また、嫁さんに電話。
迎えに行ってあげると言ったら『自転車なので、子供たちだけでいい』と言う。

三鷹→吉祥寺→帰宅
こんな雨の中を傘さして、自転車なんて危ないから
自転車と子供たちの買い物だけ車に積んで、帰宅。
嫁さんと、娘2人の3人で御飯を食べて帰れと言って別れた。
僕は家で、余り物を見繕って、簡単な粥を作った。
これが意外と美味かった。やっぱり、僕は料理の天才・・・・

何だか忙しかったけれど、お袋のところに兄弟が揃ったのが
嬉しかった一日。
コメント

世界で一番大好きな人

2010年10月23日 | Weblog
今日、午前中にお袋を検診へ連れて行こうと朝早く
実家を訪れたら、なんやら様子がおかしい。
何と、お袋がトイレへ行こうと思ったが、体に力が入らず
前のめりに転んで、自力で動けなくなった。

一緒に住んで居る姪が、僕に目覚ましメールを送っている最中。
か細い声で助けを呼ぶ声に気がついて、姪が抱き起こしたので
大事に至らずに済んだのだが、これが一人だったら・・・・
オマケに週明けの平日朝だったら・・・・・・・

それで急いで、東京女子医大へ連れて行く準備。
お袋は、普段の格好のまま、玄関まで手助けされて歩くのがやっと。
僕が背中におんぶして、車に乗せてやった。

かつて『デブ』と言われて、プロテインダイエットまでして
痩せなくちゃならなかったお袋が、信じられないほど軽かった。
27年前にオヤジが癌を患って、最後に家を出たときに
同じように背負って車に乗せてやった。
7年前の祖母も、僕が背負って車に乗せた。
二人とも、その後2度と家に帰ることなく、この世を後にした。

今日はその時のことが、頭によぎった。
二度あることは3度ある。本当にそうだ。
肉親が病魔に襲われ、やせ細って行くのを見て来ては居るが
背負って、その軽さを知った時の、何とも言えない気持ちは
何とも表現できない。

病院へ向かう車の中で『もういいよ、このまま簡単に逝きたい』とか
入院後に落ち着いた病室でも、『姪の成人式も見れないかなぁ・・・・』とか
ずっと我家の二人の娘の事を、何かと気にしていてくれていたのだが、
『あの子達の成人まで頑張れない、ごめんね』などと
弱気な言葉ばかりを吐くようになっていた。

『そう思ったら、そうなっちゃうんだよ』と励ましてきましたが
そう言っている自分の言葉が、なにかむなしく聞こえて・・・・

親父のガン宣告も一緒に立会い、帰りの車の中で泣いていたお袋。
家に帰ってから、布団の中で丸くなって寝ていた姿が今も目に浮かぶ。
その後数日、何にも考えられない日が続いた時も、僕は黙って見守っていた。
婆さんの痴呆症状が出て、その宣告を受けた時もやっぱり泣いていた。
その後の介護施設探しもお袋と駆け回って・・・・・
そういう時はいつも、必ずお袋と一緒でした。
悲しい時間を、いつも共有して、励ましてやってきた。
その間に、自分は癌に犯されてボロボロになっていた。
これ以上、病気になる部位があるのかよ?・・・・って言いたくなるほど・・・・

子供の頃からずっと離れず一緒に暮らしてきたお袋。
太っちょで我侭だけれど、呑気で明るくて、いつも笑っていたお袋。
子供の頃から世界で一番大好きで、優しかった人・・・・。
帰りに荻窪の実家に戻って、お袋の寝ていた6畳の部屋を見て、
なんだか、切ない思いで帰宅しました。
コメント (1)

悩み事

2010年10月22日 | Weblog
何か、最近毎日頭から離れない事。
お袋の事が心配・・・

もう80歳過ぎてる高齢者なのに、一人で住まわせてる。
本人の希望でそうなった経緯が有ると言っても
今の状況では、どう考えたって傍にいてやらないと可哀想。
それに病気がちだから、毎日生きているのか?
本当に心配になる。

本当は一緒に住むのは無理でも、傍に移り住みたい。
毎日、顔を見てやっていれば、こちらも安心だし・・・・
自分を産んで、育ててくれた母親だもの・・・・
こういう事言うと、必ず『マザコン』とか言われるんだ。

でも、母親の事を話さないのは日本人だけのような気がする。
僕はお袋と子供の頃からずっと一緒に暮らしてきて
子供の時に、僕が叱られて口答えしたら、お袋が手に持っていた
物差しで僕の腕を叩いて、赤く腫れた事もあったりしたけれど
その後は、ずっと涙を流しながら『ゴメンね』って
言っていたことが有った。僕は自分が悪いのに・・・・
って、逆に親が子供を叩いた時の辛さを知らされた気がした。

今、考えてみればその頃、お袋はもう一人子供を宿していて
その子供を流産しちゃった頃じゃなかったかな?
精神的に不安定なところに、僕が悪戯ばかりして
イライラさせられたんだと思う・・・・

自分が親になって、子供を何度も叩いたけれど、
その後はやっぱり、謝らないと眠れ無かったもんな・・・
腕枕して、一緒に寝た事も有った・・・・
親子って、そういう事も絆なんだと思う。

お袋の事が、心配で仕方が無い。
我侭で、お茶目で、呑気な太っちょだったお袋。
今すぐには、どうにも出来ない事が、今の悩み・・・・
コメント

ちょっとさぁ、・・・早いんじゃないの?

2010年10月21日 | Weblog
ここの所、急に気温が低くなった。
ちょっとさぁ、早いんじゃないの?大嫌いな冬が来るの・・・・

ついこの間まで、熱中症だとか脱水症だとかを気にして
昼間のサッカーをやっていたのにさぁ・・・
今週は一週間、サッカーは休む予定だから
昼休みは屋外にある会社のウッドデッキにある
喫煙所で時間を過ごす事が多いのに、
日差しは少ないし、曇り空だから外に居ると寒いんだよなぁ・・・

『涼しい』時期を過ごしてから、『寒い』の移行でしょう?
ちゃんと段階を経て、寒くなって欲しいなぁ・・・
この時期の寒さって、着る物の選択が面倒なんだな。

今日はノースリーブのアンダーシャツに長袖のTシャツで
外に出たらちょっと肌寒いので、上着と言うかウィンドブレーカーを
羽織って出かけたんだけど、それが微妙に暑い。
結局、駅に着くと暑いからウィンドブレーカーは、
脱いじゃって電車に乗る。

電車の中は、人の活気と言うか体温で少し暖かいから
乗り換えの時に、車両から降りるとまたひんやりとする。
これが嫌で、またウィンドブレーカーを羽織る。
要は、暑いか寒いかのどちらかを我慢すればいいのだけれど
汗をかくのが嫌で、ウィンドブレーカーを脱ぐ方が多い。

寒いと、こういう事も有るから嫌いなんだよなぁ・・・
って言うか、嫌いだから難癖つけてる感じ?
世間で言う『クレーマー』見たいなもの???
嫌なオヤジだなぁ・・・・俺・・・・
コメント

馬鹿だから・・・その2

2010年10月20日 | Weblog
俺って、本当に馬鹿だわ・・・・
気がつかないところで人を傷つけてる・・・・
他人だけじゃなく、嫁さんや子供も
同じように傷つけてるんだろうな・・・・

ちょっとした言葉に、もっと気を使わないといけないな・・・
いつも自分が正しいと思っちゃいけないんだよな・・・・
謙虚さって言うか、そんなものが足りないのかも?

ちょっとした事だと思うから、いけないのかも?
相手に対して、「これくらいならいいだろう・・・」
みたいな、甘えが有るんだろうなぁ・・・・

とにかく、僕は本当に大馬鹿者だわ・・・・
コメント

馬鹿だから・・・・

2010年10月19日 | Weblog
またサッカー、サボっちゃった。
言い訳になるけれど、左手首と左足首がちょっと痛いのだ・・・・
左の手首は捻ったわけじゃなく、強いシュートを受けたときに
手首に衝撃があって、昨日は暫く痛かった。
幸い、ギターを弾くのに支障は無いから良かったんだけれど・・・・
足首の方は、ちょっと捻った時にアキレス腱がピッと来て
試合中に『やばいなぁ・・・』っていう感じだった。

市民リーグが行われる河川敷のグラウンドは、とにかく凸凹。
元々は芝生だったみたいだけれど、今はご他聞に漏れず
ピッチの真ん中を中心に、見事に芝が剥げていて、いまや芝が草に変り
ピッチのコーナーと、ライン沿いだけが草のあるエリアになっている。
まぁ、何処のサッカーグラウンドも手入れをきちんとしない限り
こういう状況になってしまうし、そういうところが日本がまだ欧州に比べて
サッカーでは100年以上遅れて居るといわれる一因だと思う。

そんな訳で、月曜日は階段の昇り降りで左足に違和感が合ったので休んだ。
そして、今日は昼に雲行きが怪しくなって小雨が降っていたし
会議が続いて気合が削がれたり・・・・・・
言い訳しながら、今週は少し体を休ませようと思ってます。

でも、天気が回復したりすると、我慢できずに
サッカーしちゃうんだろうなぁ・・・馬鹿だから・・・・
コメント

いい加減にしろい・・・Boss

2010年10月18日 | Weblog
http://www.suntory.co.jp/softdrink/boss/simplestyle/cm.html
の宣伝が気に入ってます。
なんせ、僕の好きな山崎努さんの役どころが好き。

まずタイトル『いい加減に白』編が面白い
Boss『企画書、どうなった?』
部下『全力で取り組んでおりますが、中途半端なものはお見せ出来ませんので・・・』
部下『とても重要なプロジェクトですし、全力投球する必要が有るんですけど・・・・・』
Boss『シンプルに言え!』
部下『やってません!』
Boss『いいかげんにしろ~いBoss』

続いて『連絡白』編
Boss『なぜ、遅刻した?』
部下『強風の影響で、ダイヤが大幅に乱れまして・・・・近くで祭りがあったりで・・・』
Boss『シンプルに言え』
部下『寝坊しました・・・・すみません・・・』
Boss『ちゃんと、連絡しろ~いBoss』

これ、僕が笑っちゃうのは自分の会社での生活に似たところがあるから・・・・
僕の会社でのキャラはこんな感じを目指してるのですよ。
だって、今の部署に来た時に、仕事が遅れた言い訳ばかりする奴が
余りにも沢山居て、イライラして熱くなって、会議室で上着を脱いだら
『赤フン先生』と言われるようになっちゃったくらい。

これって、他にも色々似たようなことがあって
報告書一つとっても、結果を簡略に書かずに前置きが長い報告書とか
そういうのもこの類だな・・・・

会社の販売機で、この「Boss」が売っていて早速受け狙いで買って
何かあったら部下に「○×しろーいBoss」ってやろうと思ったのだけれど
最近は僕の威圧的な管理が浸透してきて
「○×しろーいBoss」をやる場面が、全く無くガッカリ・・・
こういうのは喜んでいいのかネェ・・・・

結局、遅くまで仕事をして居る若手に
『さっさと家に帰る支度しろーいBoss』って、やって先に帰って来た。
コメント

やっぱり試合は楽しい♪

2010年10月17日 | Weblog
今日は久しぶりの試合。
今年から参加した市民リーグも残り2試合。
ところが、今日はメンバーがギリギリ。

それなのに、助っ人の若者は試合が終わってから連絡がついて
一人は試合に来る途中で、熱が出たらしく欠場。
結局、14人集まるつもりが10人で試合に臨む事になった。
オマケに相手は、先週の試合で11点も取った若いチーム。

10人で勝てなくても、いい試合がしたいって皆思ってる。
相手に一泡食わせたいって、何処かで思ってる。

試合は久しぶりにフィールド。
後半はGKと交代する約束で、我侭聞いてもらった。
久しぶりの割には良く走れた。
最初はディフェンシブにセンターに居たんだけど
途中からサイドにチェンジして、外から駆け上がる。
僕の一番好きなサッカーは、中から外へボールをまわして
相手を外に引っ張り出す事。
もう一人居れば、もっと楽しく出来たのになぁ・・・・

前半は僕が競り負けた瞬間に、強烈なミドルを打たれて失点。
もう少し体を当てればよかったんだけど、ボールを
見失った瞬間でどうしようもなく、相手が上手かった。

後半は僕がGK。一点取られて、もう守っても仕方が無いから
全員で攻撃に出るように指示。
これ以降、相手が攻めてこれなくなった。
たまに強烈なシュートが飛んできたけれど、全部止められた。
今日はそういう意味でも、まぁまぁの出来だったかな?

後半、我チームがついに一点を返して引き分けが見えてきた。
でも、結局人数不足でそこまで・・・・
1-2で負けちゃいました。
試合は負けて、しんどかったけれど、楽しかった。
やっぱり勝ち負けは、二の次で気の合った仲間とやる
サッカーは最高です。
コメント