みなよか日記

NPO法人UDくまもとが発信するユニバーサルな観光情報です。
写真の無断転用は厳禁です。必ずご連絡下さい。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

牛深 牛深温泉やすらぎ荘

2009-09-24 16:05:23 | 牛深
牛深シリーズ最後は、宿泊と温泉です。

牛深でもっとも安心して過ごせるバリアフリーの宿泊施設が「やすらぎ荘」です。温泉もありますし、車いすでの利用もスムーズです。

P9180426

障がい者用の駐車場も整備してあり、入口もフラットです。施設内は木をふんだんに使ってあり、暖かい雰囲気です。
P9180416


随所に車いすへの配慮がしてあり、従業員のみなさんのやさしい心遣いがつたわります。
P9180414

バリアフリーに対応する部屋が1室あり、過ごしやすい雰囲気です。

P9180403


室内にも手すりのついたトイレがあり、広めに造ってありますので、室内のトイレを使える車いすユーザーも多いと思います。
高齢の方にも使いやすいでしょうね。
P9180406

室内の段差は入口の1カ所のみです。介助者が一人一緒ならば問題なく過ごせそうです。


さて、楽しみな温泉ですが、ほぼバリアフリーで入浴できます。

P9180420

浴槽の縁も高さがあり、車いすからの移乗も楽にできそうです。ありがたいことにシャワーチェアも準備して頂いています。

P9180419

洗い場のスペースも広いので、車いすで乗り入れても気兼ねなく利用できます。せっかくの旅ですから、みんなといっしょに温泉を楽しめるはいいですね。

P9180421

浴場のすぐ横にも多目的トイレがあります。こちらの温泉は立ち寄り湯もできますので、これはうれしいですね。
P9180409


お食事どころは、テーブル席で、高さもありますから気楽に食事を楽しめます。
テーブル間のスペースも広く、メニューも豊富ですからお食事だけでも立ち寄りたいお店です。
ちなみに今の季節は「伊勢海老祭り」が行われています。料理も楽しみですね。
P9180425


お年寄りの利用も多い施設ですから、スタッフのみなさんも車いすに慣れています。取材当日も、突然お邪魔したにもかかわらず、親切に対応していただきました。
付近にバリアフリーに対応した宿泊施設は少ないですから、お問い合わせも多いそうです。牛深方面の観光は距離もありますから、ゆったりと一泊を考えて楽しんでいただきたいと思っています。
そんなとき、安心して泊まれる宿として、是非、牛深温泉やすらぎ荘を利用されて下さい。牛深市内への移動も時間がかかりませんので、ここで疲れをとってゆっくり牛深に足を延ばすのもいいでしょう。

温泉施設ですので、月に一度清掃のために休館日があります。事前に問い合わせをされて伺って下さい。
心も体も温まる安心の宿です。みなさんも是非足を運んでみてください。

<お問い合わせ>
牛深温泉やすらぎ荘
℡ :0969-72-6666
fax :0969-73-5015
URL :http://www.usibuka.jp/yasuragi/
〒863-1902 熊本県天草市久玉町内の原2193-1

ホームページ  http://www.usibuka.jp/yasuragi/index.html
 

大きな地図で見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 牛深 グラスボート | トップ | 人吉 市内散策その1 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今日お世話になった「観光ボランティアガイド」の... (すずじー)
2009-09-25 13:42:45
今日お世話になった「観光ボランティアガイド」のものです
「やすらぎ荘」には何回か泊まりましたが、いい所ですね
伊勢エビも美味しく食べた事があります

下田、牛深の記事も読まさせていただきました
今まで、バリヤフリーについて、あまり考えてなかったのですが
今後は注意して見て回ることでしょう

車椅子、自分で乗ってみて、押してみて、大変いい経験ができました
今後、ガイドをしていくうえで、きっと、役に立つと思います
ありがとうございました
こちらこそ、暑い中熱心に取り組んでいただける姿... (管理人)
2009-09-25 22:54:14
こちらこそ、暑い中熱心に取り組んでいただける姿に感動さえ覚えた一日となりました。
改めてお礼を申し上げます。

すずしーさんが仰られるとおり、
今後様々な場面で今日の時間が少しでもお役に立てば、
それが私たちにとって最高の喜びです。

今後、
UD・バリアフリーの件で何か疑問が起こったり、
素晴らしい事案に遭遇したなど、
私たちがアドバイスできること、私たちが勉強させていただけること、
なんでも気兼ねなくご一報・ご連絡いただけたら幸いです。
そんな機会を楽しみに今後も頑張って務めてまいりますので、
どうぞ、よろしくお願いいたします。

コメントを投稿

牛深」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事